大賀俊二おすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの大賀俊二成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月04日の時点で一番の大賀俊二おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

57.0 1 大賀俊二アニメランキング1位
最強武将伝・三国演義(TVアニメ動画)

2010年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (27)
95人が棚に入れました
後漢末年、漢朝廷の腐敗は頂点に達し、生活に困窮した民の中からは、 ついに黄巾の乱が起こり、時代は乱世に呑み込まれてゆく。 暴徒と仮す黄巾族に対し、朝廷は各地に黄巾族討伐の義勇兵を募った。その頃、啄県では、漢王室の血を引く劉備は関羽、張飛と出会い、 国を救う大義の下、桃園の誓いを交わし、義勇軍への参加を決意する。一方、朝廷より派遣された義勇軍に加え、豪州の曹操ら各地の豪族も兵を起こしたため、 次第に追い詰められていった黄巾族は、董卓将軍率いる朝廷の軍隊の突破を試みる。 黄巾族の猛烈な反撃にあった董卓は惨敗するが、危ういところを劉備軍に助けられる。
やがて、黄巾の乱は終焉を迎えるが、 董卓将軍の救出という大きな功績にも関わらず劉備は小さな平原県の県令とういう官吏起用に留まった。
挙句の果てに、朝廷より派遣された官吏監視の役人の堕落しきった心を憂い、 自らの大義を為すため、官吏の職を捨て、県民たちに惜しまれながらも希望を胸に旅立っていく。

◇fumi◆ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

一年間楽しませてもらいました ほぼ中国製の三国志演義

2010年 毎週日曜朝に三国志が見れる幸せ

三国志は5作品の小説と横山光輝の漫画を読んで、いろんなゲームをそれなりにやり込みました
一番面白かったのは陳舜臣という在日が書いた秘本三国志という小説で、モブキャラである張魯が主人公で、孔明や趙雲などがゲス野郎として描かれています

これはもちろん基本的な三国志演義で、黄巾の乱勃発と桃園の誓いから魏呉蜀が滅亡して司馬氏の晋が中国を統一するまで描かれます
コーエイなどのゲームをやった人ならこのストーリーは常識ですが、ほとんどの小説は蜀滅亡前に終わっていますので、勉強になる作品だと思います

やはり、日本の指導があったとはいえ主に中国で作成されたため、前半は作画もキャラのセリフも日本人のアニメファンには不評でしたが、本当の三国志オタであれば、どんな曹操も劉備も袁紹もありというのが基本です

ヒロイン貂蝉も美しく、ヒーロー孫策もかっこよかったです

最大の見どころは、劉備死後の3国県立です
諸葛孔明対司馬懿仲達をどう描くかですが、慣れてきたのか非常に見ごたえがありました
孔明死後の姜維の活躍も描かれ、満足です

アニメとしては2流でも三国時代のすべてを描き切ったこの作品は、「わたしは」評価しています

追記
孔明の南蛮討伐で、孔明をたぶらかすために送り込まれた女性たちを、2chでは地方のキャバ嬢と呼んでいたのを思い出して笑ってしまいました
たぶん想像しているより楽しい作品だと思います

投稿 : 2020/08/01
♥ : 9

skeaga さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

三国志アニメの中でもオススメ

一部、演技とも異なる場面も存在していますが、基本的には原作を再現した無難な作品に仕上がっています。
珍しく呉滅亡まで描いています。

作画は安定。ただし日本人には向いていない感はあります。
一騎打ちや群集の場面などは結構動きます。

作品内の音楽も三国志の世界に合ったモノでよかったです。
そしてOPの風の会話は素晴らしい曲でした。
OPの映像は本編からのカット合わせですがそれでも普通に良く出来ているから凄い。

声優がちょっと残念で、未経験者をを採用したことにより、演技が酷い酷い。特に趙雲が酷く、ネットでも話題に。

つぶやきシローさんの劉禅なんかは笑えるキャスティングでよかったですし、後半は皆さんも慣れてきたか、序盤ほど酷くはありませんでした。曹操なんか普通に良かったですし。

私自身は普通に良作だと思っています。
三国志アニメの中でもオススメです。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 1

風来坊 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

三国志好きのための作品です

そもそもが日本で制作されたアニメではないようで、日本のアニメとは違う独特のテンポがあります。
展開も早めでどちらかというと三国志を知りたいという方よりは、三国志を知っている方が「あぁ、あの場面ね」っていう感じの方が楽しめる作品のような気がしました。
そうなると全話観る必要がなく、私は飛び飛びで観てしまいました…ごめんなさいw

投稿 : 2020/08/01
♥ : 2

計測不能 2 大賀俊二アニメランキング2位
ザ・ハード BOUNTY HUNTER(OVA)

1996年5月1日
★★★☆☆ 3.0 (2)
8人が棚に入れました
「ビジネスジャンプ」で連載された漫画家・猿渡哲也のバイオレンスガンアクションコミック『ザ・ハード』をOVA化。ハイブリッドプロレス団体=パンクラスの代表格である船木誠勝が主題歌のほか、ハードの商売敵である男タイロン役の声優に挑戦している。 ここは世紀末都市N.Y.。バウンティハンター(賞金稼ぎ)の青年ハードは商売敵のタイロンと競り合いながら今日もターゲットを狙っていた。凶悪犯のフレディを追うハードだったが、そんな中で彼はタイロンの惨殺死体と対峙する。さらにハードは凄腕の殺し屋チョッパー&スージーとの対決を強いられることに。事件の真相ははたして……? 本作の実制作はJ.C.STAFFが担当。キャラクターデザインは『北斗の拳』ほかのアニメーターである須田正巳が務めた。
ページの先頭へ