小川輝晃で怪獣なおすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの小川輝晃で怪獣な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年01月29日の時点で一番の小川輝晃で怪獣なおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

66.7 1 小川輝晃で怪獣なアニメランキング1位
GANTZ:O(アニメ映画)

2016年10月14日
★★★★☆ 3.8 (87)
385人が棚に入れました
地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ帰るため、死線を潜り抜けていく。やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる…!

声優・キャラクター
小野大輔、M・A・O、郭智博、早見沙織、池田秀一、津嘉山正種、小野坂昌也、津田健次郎、小川輝晃、梶裕貴
ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ぬらりひょんを甘く見てはいけない!

 ヤングジャンプで連載されていたことも、実写映画があったことも知ってたけど、見るのはこれが初めてです。MX4Dで見たです。椅子が動いて迫力あって、水蒸気みたいな風が耳元に吹いたりしたです。

 CGアニメしては、リアルすぎる感があってキャラが、アニメというより表情のあるマネキンにしか見えない印象だったです。

 この世界において、トラブルなどで一度死ぬとGANTZと呼ばれる黒の大きい球体の所に転送されて、現実世界を舞台にした生死をかけたゲームに参加させられるというお話かなぁです。
 ボスキャラを倒してゲームクリアすると4つの願いのうち一つを叶えてくれるという。その一つに、これまでの記憶を消して日常に戻るというのがあって、普通の人はそれを目指すんだろなです。

 GANTZのゲーム世界を初めて見ると良く分かりづらかった真に迫った前置きから、主人公の加藤勝が一度死んで東京のGANTZチームのところに転送されてから話が進むです。
 舞台は大阪に移され、ぬらりひょんを倒すことがゲームクリアに繋がるです。リアルな妖怪たちが結構見ものです。暴走族みたいな大阪のGANTZチームも現れて、バトルも凄いです。

{netabare} 話は、大阪に来た始めなのかな?から、加藤くんを見守ってきた大阪のお姉さんにも助け合いながら進むです。加藤くんが惚れられて、加藤君も満更でもないのかなぁな感じになるです。積極的なお姉さんだったです。協力して、ぬらりひょんを倒しに行くけど、大阪のお姉さん大変なことになっちゃうです。
 苦労して何とか倒すわけだけど、加藤くんはGANTZを彼らしく願いを叶えてこれからに向けて締めくくったです。{/netabare}

 このアニメは、妖怪とのバトルが凄くて、配下みたいな天狗とか、怪獣も一筋縄でいかなかったし、大阪のGANTZチームのもつ武器も個性的だったです。
 特にぬらりひょんは、弱そうに見えてとんでもない怪物に変化していって、ただの武器攻撃が全くという程通じず凄すぎたです。ぬらりひょんってこんなに強いんだぁと思ったです。

投稿 : 2020/01/25
♥ : 7

jujube さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

MX4Dシアターで見たい

試写会で観て、ついにVFXで世界レベルで出せるものができたなと!

ぬらりひょんの変態すげー
西くんもいいけど、鈴木さんが自然すぎて良いおっさん!
まさに漫画から飛び出てきた感じ。
下手な実写よりCGとの親和性が良く、PVでのクオリティを全く下げなかったのが凄い‼︎
最近良くあるPV詐欺の輩は見習え!

大阪編だけで物語に独立性あるけど、初見の方は公式HPの基本設定だけでもさらっておいた方が良いかも。

過去に実写映画化2回された作品だが、時系列的にはその後の話。
今作だけ主役交代してます。
舞台は大阪で、大阪弁が可愛いし、大阪チームのふてぶてしさが想像通りで良い!
若干表現がマイルドなとこがあれど、戦闘にも迫力あるし申し分ない感じ。

今なら新宿で展示中のVRとか空きまくりだから良いぞ!
映画公開後は1週間くらいしか営業してないから混むこと必至でもったいなすぎ。

こちらの監督はCG畑出身てことで、今後も良質なSF映画を作ってくれることを期待☆

投稿 : 2020/01/25
♥ : 4

ねいばー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

あほほどよく出来てる

ストーリーが素晴らしいのは当たり前なのでここでは述べない。

早見沙織と小野Dが良い。
ケンコバとかレイザーラモンたちがいるのがちょっと不安だったけど、
不自然な感じはなく、良かった。

3DCGの出来はほぼ完璧で、全編これでつくってくれってレベル。
ほんとうに良くできてた。

EDだけ微妙だったかなぁって感じ。
大阪の人たちのキャラにあわせたような選曲だったので、
まぁ悪くはなかったけど。

投稿 : 2020/01/25
♥ : 2

計測不能 2 小川輝晃で怪獣なアニメランキング2位
モンスターVSエイリアン(アニメ映画)

2009年7月11日
★★★★☆ 4.0 (2)
15人が棚に入れました
それまで日陰の存在だったモンスターたちが突如地球に襲来したエイリアン相手に大活躍する痛快SFアドベンチャー・アニメ。ごく普通の女性がひょんなかことから巨大化してしまったばかりに奇妙な生き物たちと一緒にモンスター扱いされ、果てはエイリアンと戦わされるハメになるさまを、SF映画はじめ過去の名作へのオマージュをふんだんにコミカルに描き出す。声の出演にオスカー女優リース・ウィザースプーン、「24」のキーファー・サザーランド。監督は「シャーク・テイル」のロブ・レターマンと「シュレック2」のコンラッド・ヴァーノン。 今まさに幸せの絶頂にいたスーザン。恋人とついに念願の結婚式を迎えようとしていたのだ。ところが、式の直前しばしテラスでひとり佇んでいたところ、突然落下してきた謎の隕石の直撃を受けてしまう。そして、何が起きたのか分からないまま式に臨んだスーザンの身体はおよそ15mにまで巨大化し、周囲のみならず自らもパニックに陥るスーザン。すると、そこへ軍隊が駆けつけ、彼女を捕獲して連れ去ってしまうのだった。やがて、冷たく固い建物の中で目覚めたスーザンの前には、奇妙奇天烈な生物たちが。彼らはみなモンスターとしてこの施設に監禁されていた。スーザンもまた、事情を説明するモンガー将軍から“ジャイノミカ"と名付けられ彼らの仲間入りとなる。一方その頃、米政府は地球侵略を目論むギャラクサーが放ったエイリアン・ロボットへの応戦に苦しんでいた。窮地に立たされた人類は、ついにモンスター軍団の出動を決断、スーザンも当然のようにエイリアンとの戦いに駆り出されてしまうのだが…。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ