おすすめ山口愛人気アニメランキング 5

あにこれの全ユーザーが人気アニメの山口愛成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月22日の時点で一番の山口愛アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

65.1 1 ミチコとハッチン(TVアニメ動画)

2008年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (221)
1189人が棚に入れました
舞台は、太陽と原色に溢れる国。そこは貧困によって街は荒廃している上に、国を出た先は荒野が広がる危険な無法地帯。そんな中で、人々の心は欲望に満ち溢れていた。その国で暮らす少女ハナ・モレーノス(通称:ハッチン)は、養家の家族から酷い仕打ちを受けており、密かに家を出て自由に暮らす事を望むが、自ら行動を起こせず、ただ、いつか誰かが迎えに来てくれる事を祈るばかりであった。しかしある日、ハッチンの前に脱獄不可能と言われた監獄要塞を突破した謎の美女ミチコ・マランドロが、突如現れる。彼女はハッチンの母親を名乗り、ハッチンを誘拐して逃亡。訳も分からず、ミチコに着いていくハッチンは、彼女に翻弄されつつ、旅に同行する事になる。

声優・キャラクター
真木よう子、大後寿々花、坂井真紀、津田寛治

みかみ(みみかき)

★★★★★ 4.5

バカで、かわいくて、かっこいい

 とにかく、スタイリッシュな映像を見る快楽にひたりたいのであれば、これほどのアニメに出会える確率はごく稀なことだろう。



 ミチコはどこまでバカで、ハナの後日談もいい。ハナの声優を大後寿々花が担当している、というのはアニメの作法からすると、いささか違和感も残る。けれども、大後寿々花のキャラ自体が非常にたっている女優なので、大後寿々花が声をあてている、と思うとそのこと自体にも味を感じる。

 ヘタレは、やっぱりヘタレでクズとして描きながらも、それでもその一方でヘタレをどうしようもなく愛するという眼差しもすばらしい。

 とにかく格好のいい映像をつくった。日本のアニメのなかにこういうものがキチンとある、というのは実にすばらしいことだと思う。

■関連推奨作品

 バカかわいいヤンキーの暴力女と、理知的で気丈ながらも頭のネジがどこかはずれている女の子…という組み合わせは、『下妻物語』を彷彿とさせる。未見の方はぜひご覧あれ。

 一方で、丁寧に描かれた南米の風景は、『City of God』『City of men』『Carandiru』といったロクデナシだらけのブラジル映画を見ているような気分にもなる。ブラジルをスタイリッシュに描いた作品、ということではここらへんの映画がネタもとになっているのではないだろうか。

 また、アニメとしては、これに先行するかっこいい作品としてはやはり『cowboy bebop』を挙げないわけにはいかないだろう。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 10

ソーカー

★★★★★ 4.8

これぞ大人の嗜み、もっと評価されて欲しいアニメNo.1

舞台は南米。
脱獄囚ミチコは、養家で虐待を受けていた娘ハッチンを救いだす(誘拐?w)
そのまま一緒に父親を捜すため逃走劇をくりひろげる。
全22話のアクション・ロードムービー風アニメである

スタイリッシュなOP、渋くてクールな作風から
「カウボーイビバップ」と比較されやすいが、ビバップとは全く違うものとして見た方がよい
ビパップはハードボイルドを突き詰めた作品で娯楽性も抜群だが
「ミチコとハッチン」は全然違った趣向の作品です
迫力と疾走感溢れる描写も結構あるので
単純な娯楽作品としても見れなくもないが、クールでかつ趣深い作品。

バイオレンスなシーンは多いが、爽快感が得られるアクションはむしろ少ない
そういったカタルシスを得るアニメではないということです
むしろ、ミチコとハッチンの二人を中心とした人間ドラマを描いた作品です
各エピソードは不意に終わったり、しみじみとした終わり方だったりする。
もちろん大筋のストーリーはあるが、繋がりの薄いところもあるので、ひとつひとつの物語を噛みしめて見るべき。

ミチコとハッチンは二人とも非常に人間味溢れる魅力的なキャラクター
世間の理不尽さをかっとばしながら、ぎこちなくも親子愛を育んでいく
そんな人間味溢れる二人を中心に人間を描き出す

愚かな大人と無垢な子供、どうしようもない世の中と二人の絆
これらを巧みに対比をして人間を描いたハートフルな物語である
しかし、必要以上に視聴者に感情移入は求めない。
暗い話しみじみとした話が多いが、しつこくもなく重く感じることもなく、むしろ心地良い。

声優に俳優を使っていることに否定的な意見が多いが、個人的はむしろ味があって良かった。
人間味溢れる独特なキャラクター性を作り上げていて、悪くない
もちろん拙い場面もあるが、徐々に上達していくので問題ないw

これだけ独自のスタイルを貫いたアニメは本当に珍しいし
あらゆる面において非常に完成度の高い作品で、
もっと評価されてほしい作品の筆頭ですが、あまり万人受けはしないかも。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 26

兎ツ音

★★★★★ 4.1

ヒロシはいったいどこにいるんだ!?

まず特徴としては
有名俳優さんなどが声優を担当してます。
あまり気にしない方はいいかもしれないが
個人的には、ちゃんとした声優さんにして欲しかった;
まぁザックリと内容を言うと
ミチコと八ッチンがヒロシと言う男を捜す話です!
作画はとてもいいです。
キャラも背景も独特で
動きがあり、世界観だけでも観ていて楽しい!!
内容は
少し分かりづらいと感じるとこもありますが
しっかりと観れば分かるかな;
想像力などが問われるかも・・・
あと暴力シーンや虐待シーンもあるので
苦手な方は、好きにはなれないかも^^;

とにかく、世界観、躍動感、キャラなど
魅力的な部分はたくさんあるので
観てみて欲しいですね。
まぁそれだけに
内容をもっと細かく分かりやすくとか
声優をプロの方にして欲しかったとか
悔やまれる部分も強く感じました;

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

79.9 2 NEW GAME!!(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.9 (728)
3436人が棚に入れました
————かなえたい、夢がある! 「まんがタイムきららキャラット」にて連載中の大人気4コマ「NEW GAME!」のTVアニメの続編が待望の製作決定! 高校卒業後、ゲーム制作会社「イーグルジャンブ」に入社した涼風青葉は、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームソフト「フェアリーズストーリー」のシリーズ最新作「フェアリーズストーリー3」の制作に携わることに。 キャラクターデザイナーを志すきっかけになった八神コウとの出会いを始め、頼りになる先輩たちに助けられながら少しずつ成長していく青葉。 そして「フェアリーズストーリー3」も無事に完成を迎え、青葉が入社してからちょうど1年が過ぎ、イーグルジャンプに新入社員が入社する季節がやってきた。 右も左も分からない新入社員だった自分が、ついに先輩になることを考えると、どうしようもなく胸が高鳴る青葉。 「先輩の涼風青葉だよ!よろしくね!」とイーグルジャンプの入り口で青葉は挨拶の練習を繰り返すのだが……。 ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが再び幕を開ける!

声優・キャラクター
高田憂希、日笠陽子、茅野愛衣、山口愛、戸田めぐみ、竹尾歩美、朝日奈丸佳、森永千才、喜多村英梨、大和田仁美、石見舞菜香、名塚佳織、鈴木亜理沙
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.9

前半の良さを台無しにする後半の中途半端にすら及ばない浅い安易なリアル志向。きらら系のレゾンデートルを自ら否定

1話
NEWGAME二期を先行配信するとはさすが赤字200億のAbemaTVである。
前の声優の番組で声優陣が喜多村英梨を「キタエリさん」と呼んでいたのが気になった。

{netabare}2年目の春からスタート。新入社員は無し!
八神さんの第一回のパンツは赤!
ねねっちが自作したNENEQUESTはフラッシュゲームみたいやなw
プログラムのコードも出てきたけど言語はC++だね。調べたけどVC++のデバッグビルドのみで出るエラー「BLOCK_TYPE_IS_VALID」で、ポインタを移動した後に開放しようとしたり、開放したポインタにアクセスしたりすると出る。「何度も同じ処理をしていた」とはそういうことだろう。
現役ゲームPGに指導してもらうとか恵まれてるなあねねっち。そのせいで後で…おっと。

一応会社なのでみんなの評価面談。女性しかいないのはたまたまですか。
遠山さんはレズ化が進行してるw
うみ子さんの面談も相手が葉月さん遠山さんだけどプログラマの上長を出して欲しかった。メインPGに昇進したけどもともとメインだと思ってたが。
はじめは企画に転向したがってる?
ゆんはいずれ辞めるつもりなの?
OPEDの映像はまだみたい…。EDに流れた曲はOPだろうけどいいんじゃない。満開ステップステップ♪{/netabare}
23分が早いなーやはりそこらの日常アニメとは格が違った。

2話
きらら難民「今期はNEWGAMEで癒させてもらうか」→「おいなんだよこれ…」
{netabare}ついにコンペのギスギス展開炸裂!もはやいつものきらら系ではない!
自分の都合の良い先輩像を押しつけてくる青葉に八神さんが苛立って青葉を怒鳴りつけ、涙を流す青葉。こういう展開はきらら難民には不評そうだな~。
「あんな八神さんは見たくなかった」という相手の気持ちをわかってないセリフから青葉はまだまだに感じる。共同でやるというオチもなあなあ感はある。
ゆんも周りの頑張ってる人を「どうせ結果は出せないのにカッコワルイ」と見下していた卑怯な胸の内をさらけ出したね。その考えは改めたけど。
ずいぶんリアルなドラマになってきた。でもキャラデザの師弟関係話はSHIROBAKOのゴスロリ様と井口さんで先にやったけどね。ゴスロリ様の「その遠慮は何なのですか?」が印象に残っている。井口さんは青葉より大人だったからな。
ギスギス展開は今後もあるみたいやね。{/netabare}
ED曲が公開されたけど、マーチ曲みたいな感じ。一期のED曲が凄く好きだったが今回は普通の声優ソングだな。

3話
{netabare}焦る青葉。1年でステップアップしすぎた弊害が出てきたね。
ファーシェーディングは確かアルファブレンディング使うから重くなるんだよな(今はシェーダか…)。
青葉との百合カップル相手はひふみ先輩で決まり?一期ではねねっちか八神さんだと思っていたが。
ねねっちが読んでたのはロベールのC++入門のパロディだなw
ねねっちのメガネの友人は誰なんだろ。
二期はキタエリの出番が多いなwプロトタイプ制作の段階なら仕様変更も仕方ないと思うが。{/netabare}

4話
{netabare}今回はひふみん回。ひふみんキャラリーダー就任。
それにしても遠山さんのレズはいい加減どうにかして欲しい。
どうでもいいけどこのゲームあまり面白そうに思えないなw
デベロッパーとパブリッシャーの関係はこれから描かれるんだろうか。{/netabare}

5話
なんか二期は見ててストレスがたまるな…。内容がステラのまほうっぽく冗長になったような。セリフもトゲがあることが多い。一期はふわふわしてたけどそれを意図的に除去してガチにした感じ。
{netabare}はじめは企画志望なら大量のアイデア出して選ばせるくらいじゃないと。
このゲームって制約多くて爽快感がなくてつまんなそう。
青葉はコウに対する嫌味が多いよな。上司への不満がたまってる。まぁリアルではあるがNEWGAMEってリアルでいいんだろうか。
いきなりほたるんとか新キャラ登場で旅行の風呂で百合百合するのは唐突過ぎたw脚本が原作者なのでアニメ脚本のことがわからなかったからだろう。原作者だから他が直しづらいだろうし。{/netabare}

6話。神回!ゆるい日常は終わり男と男の勝負!あ女か。
{netabare}コウと青葉の勝負再び。青葉は全力を尽くしたが及ばず…敗北を悟り涙するが、慰めを振り切り最後までやり遂げる姿がせつない。青葉はもうブラックコーヒーが飲める大人だからね。でも土日は自宅作業とか労基的には完全アウトやなw
絵の絶対的な優劣は決められないが、青葉の絵は窮屈な感じがするね。コウの絵のほうがダイナミック。
イラストレーター同士の勝負はアニメ制作会社にも切実な問題なので力が入るね。SHIROBAKOで有名なゴスロリ様を無名の井口さんに変えたらナベPが怒ったのを思い出す。
前半のねねっちのゲームのお披露目がふっとんじゃった感あるな。{/netabare}

7話。いよいよ地獄の門が開く…NEWGAMEに癒しを求めて円盤予約している人は今日の話を見てキャンセルするのだろうか?
{netabare}最初はねねっちの面接。友人を面接官にするのがいやらしい…ねねっちが真面目にならなかったら落とす可能性はあったんだろうか?ねねっちの志望動機はなし崩し感があって綺麗じゃないけど嘘言ってもしょうがないしね。3カ月更新の厳しい契約だが人気ゲーム会社ならこれが現実。
大和さんの話は前回カットされたとか言われてたけど今回に持ってきた。嫌われていると思いこんじゃうことはあるよね。向こうは良く知らない人としか思ってないのに。大和さんが言ってたフランスの会社はUBIでゲームはアサシンクリードかな。
…そして…ついに…インターンの新人二人が到来!!きらら系だし二人をかわいいゆるふわな子にするという選択肢もあったのだろうが、原作者はそうしなかった。元ゲーム開発者としてここは譲らず現実を描きたいというプライドがあるのかな。
かわいい後輩を期待していた青葉にとって紅葉は真逆の子だった。宣戦布告できらら系らしからぬギスギス空気が漂う…でも新EDに紅葉が加わってニコニコしてたからいずれ打ち解けるのだろう。
…もう一人の一見まともそうに見えるツバメのほうがもっとやべーんだよなw{/netabare}

8話
{netabare}前半は一期みたいなユルいノリだったな。二期はキタエリの出番多い。
不愛想な新人の指導に苦慮するひふみリーダーが面白い。
紅葉は少しずつ打ち解けてきたけど青葉への敵意は抜けないな。競走社会だしずっとこうなのかもしれない。青葉も腹くくった感じはある。
ねねっちとツバメはすぐ打ち解けた様に見えるが…次でアレが来るのかな。
ねねっちは大学があるから不利だよね。{/netabare}

9話
ついにツバメのあの発言がさく裂!!
{netabare}…でも見てるとその前のねねっちの不真面目な発言の方が悪いと感じた。ただツバメもうみこさんまで悪く言うのはアカンな。ねねっちをコネ呼ばわりするだけならまだしも。
ねねっちは自分は目的意識の無いテキトーな奴だと自嘲する意味で言ったのだろうが、ツバメには嫌味に聞こえたんだろうね。
その後のツバメと紅葉のシェアルーム生活のエロエロシーンでギスギスの流れを中和したように見えた。
その前にゆんとハジメの過去話をやったけど、二期はキャラを掘り下げる話が多いね。{/netabare}

10話
{netabare}はじめがこんな後手後手で仕様変更してるとディレクターなんかいらない、プログラマーだけで作ればいいって思っちゃうよな。
ツバメがどっちの責任になるのかとか鬱陶しいこと言ってるけど、確かにはじめも悪い。はじめがディレクターとして経験を積めば最初からいい仕様を出せるようになるのかというと…そうでもないんだよなぁ~w
ツバメとねねっちはだいぶ差が開いたように見えるが…追いつけるのかな。ツバメが態度を軟化したのも、もう追いつかれないだろうと思ってるからだろうし。
コウと遠山さんはレズレズしいなw
ここまで強烈なイベントがある回ばかりだったけど今回は中休みだな。{/netabare}

11話
{netabare}ツバメの悪行三昧でさすがのねねっちも人間関係に疲れてしまう。うみこさんの前で評価が下がるようなことを言うなとか、見ててムカムカしてくる。円盤の予約もかなりキャンセルされてるんじゃないかな。
紅葉はねねっちとは相性良さそう?ツバメが見苦しく必死になっている理由を教えてくれた。
ここまでのツバメの暴言を全て水に流すねねっちは聖母マリアのように神々しいな。こんなサッパリした性格の女なんか現実にはおらんわ。
そしてマスターアップ。やっぱりこのゲームあまり面白そうに見えないw
コウは海外に行ってしまうわけだが…遠山さんはレズレズしてないでいい歳なんだからしっかりしろと言いたい。{/netabare}

12話
{netabare}二期がダメになった最大の戦犯はツバメだが、レズおばさん遠山りんもなかなかに酷い。20代の百合は見苦しい。
フランスに行って勉強って言うけど、アメリカのほうが良くね?フランスもUBIとかあるけど今の落ちぶれた日本でもフランスには負けてないだろ。{/netabare}
PS2の時代まではゲームは日本が世界一だったのになあ…。

【総評】
二期を駄目にした鳴海ツバメについて、SHIROBAKOの平岡やサイコパス2の霜月と比較して悪役キャラクター論を展開するつもりだったが、駄作に労力かけるのもアホらしいのでやめた。あにこれが金くれたら書くけど!
でも一言だけ言うと、ツバメのような奴は現実にいるとかいないとか、そういう問題ではない。業界で抑圧されてきた平岡に比べると小娘のツバメの醜態には全然リアリティも共感も無いし、霜月のような悪役としての一貫性も存在意義もないからただ不快にさせただけで…おっと、長々と語りそうになってしまった。簡単に言うとそういうことなのだが。
それと遠山りんについての描写も稚拙で見苦しく、これでさらに追い打ちをかけてしまった。
12話はツバメと遠山の顔を見るのも嫌で、苦痛でたまらなかった。

一期の円盤を買った人の多くは「見るストレス解消薬」のつもりで円盤を買っているはず(一期の内容で売れたのだからそれが事実)。今回はどういう数字が出るのか注目している。もちろん二期は下がるのが普通なのでそこは勘案する必要もあるが。
かつて「天体のメソッド」のつまらないギスギス展開が叩かれていた時に、以下の言葉が非常に印象に残った。このアニメの後半を見てそれを思い出した。
「こんなアニメの円盤誰が買うんだ。不快になるためにわざわざ買うのか」


あと最近、この作品のキャラクター構成が「あずまんが大王」に酷似していることに気付いた。そもそも全てのきらら系があずまんが大王の影響を受けてはいるのだが、それでも他のきらら系の人気作のキャラはここまでは一致していない。
青葉=ちよ(一人だけ若い主役、まじめで前向き、見た目からして似てる)
ゆん=大阪(関西人)
ねねっち=智(アホ、トラブルメーカー)
はじめ=神楽(体育会系の巨乳)
葉月=暦(眼鏡ロング髪で腹黒い)
ひふみ=榊(気の小さい無口キャラ、巨乳)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 24
ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.7

《前半》毎週ワクワクが止まらない➝《後半》ん~?あれあれ・・・?

原作未読。最終話まで視聴。
この作品は、前半と後半で評価を分けた方が分かり易いような気がする。

《前半》
圧巻の第1話。
他の追随を許さない、圧倒的なほのぼの感。
待っていた甲斐があった。
第2話以降も、毎週ワクワクが止まらなかった。

第4話は、私のとって”前半の象徴回”
『はじめとゆんが面白可愛い』からの『ひふみんが最高に可愛い』神回。
逆に、主人公・青葉の出番が極端に少ない。
この回以降も青葉の出番が少ない回があったが、青葉の出番が少なくても全く問題なかった。
第1期では主に青葉の成長を描いたのに対し、第2期では、全員が少しずつ成長していくさまが描かれていた。
その象徴回だと思います。

神回は第6話。
6話のタイトルにもなっている、青葉の『あぁ・・・、すごいなあ・・・』は泣きそうになった。
高田憂希さんの好演が光る。

{netabare}キャラデザからキービジュアルに至る『少々ギスギスする展開』も、コウや青葉の成長を描くためと思えば納得がいく。{/netabare}

《後半》
専門学校からのインターンシップという形で、青葉にとって念願の後輩がやってくる。

{netabare}紅葉:コミュ障なのは良いとして、青葉にいきなりの戦線布告って・・・。
ツバメ:一見まともそうだけど、突如、辛辣キャラに豹変・・・。{/netabare}

前半のギスギス感とは明らかに異なる、きらら系らしからぬ展開。
{netabare}まあ、2人の立場を考えると、その行動も理解できなくはないけど、{/netabare}視聴者を少しイラつかせるギスギス感。

{netabare}極端な二面性を印象付けたツバメは、これ以降、どんなに明るく振る舞っていても、笑えないキャラになってしまった。{/netabare}
この作品の最大の魅力である「ほのぼの感」を犠牲にしてまで登場させる必要があったのかな?
正直、新キャラの2人には、あまり魅力を感じなかった。

ほのぼのとギスギスは相性が悪すぎると実感した。

《第2期全編を通じて》
第1期もそうだったけど、リアルな所はリアルに描くのがこの作品の魅力の一つ。

そういう意味で、キャラデザにまつわるコウと青葉のギスギス感は、後味の良いものだったし、キービジュアルの件で発生したギスギス感も、心地良い形で回収されていた。

最終話。
{netabare}コウが青葉に言った『青葉。ここまで登っておいで』は、泣きそうになった。
ラストの、ゲームパッケージの大写し。『キャラクターデザインに新進気鋭の涼風青葉を据え・・・』も感動した。{/netabare}

ほのぼのと感動は本当に相性が良い。

----------------------------------------

第1期で、しっかり者の良きお姉さんキャラだった”りん”が、第2期では百合要素ばかりが目に付く残念キャラに・・・。
プロデューサーになってグラフィックチームから抜け、青葉たちとの交わりが少なくなったせいもあるんだろうけど・・・。

----------------------------------------

逆に、りんの抜けたお姉さんポジション(?)に収まった”ゆん”。(特に”はじめ”の・・・(笑))
第1期と比べても、可愛さ増し増し。

----------------------------------------

第7話から変わったED。5人Verに。
最終話のEDは最終回にぴったりで、とても心地良く感じた。

OPも作品のイメージに良く合っていた。とても心地良かったです。

----------------------------------------

第1期と比較して、物語とキャラの項目が低評価に。
足を引っ張ったのは{netabare}、ツバメの極端な二面性。{/netabare}
初見の時、さすがにちょっと引いちゃったので・・・。マイナス評価。

とはいえ、第1期同様、ほのぼの明るいお仕事アニメ。
登場人物全員の成長も含めて、かなり楽しめた作品でした。

第3期もあるといいなぁ!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 63

えたんだーる

★★★★★ 4.3

1期目よりもストーリーは重め(とはいえそんなに重くはない)→新ED、良いです!

『NEW GAME!』(1期目)の続編。
原作マンガ(「まんがタイムきららキャラット」掲載作品)は既読です。

「登場キャラクターの成長」という意味では、もちろん1期目にもその要素はありますが、2期目の本作品の方がその要素は大きいと思います。

2017.8.24追記:

終わるまではレビューを更新する予定はなかったんですが、7話目から変更になったED歌詞が、2期目の最終回と想定されるエピソードを想うと素晴らしいものだと思えたのでメモ…。

2017.9.27追記:
最終回まで視聴終了。ED主題歌は想定通り最終回の内容にふさわしいものになりました。

思えば、OP主題歌も2期目を通しての「社会人としての成長・キャリアアップ」という内容にマッチした良い曲でしたね。

アニメ2期目も(1期目にも増して)面白かったです。原作はまだ続いています。これからも追っていくつもりです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 45

64.0 3 スカイクロラ - The Sky Crawlers(アニメ映画)

2008年8月2日
★★★★☆ 3.6 (398)
1873人が棚に入れました
現代に似たもうひとつの世界。平和を実感するために“ショーとしての戦争”が行われる中、思春期のまま戦闘機のパイロットとなることを余儀なくされた通称“キルドレ”たちの運命を描く。

CountZero

★★★★☆ 4.0

僕はまだ子供で、ときどき、右手が人を殺す。

理系作家として有名な森博嗣先生のスカイクロラシリーズを、押井守監督が映像化した作品です。
原作のシリーズは私の大切な小説の一つです。
鈴木成一デザイン室による装丁もお気に入りなので、全部ハードカバーで手に入れて本棚に収まっています。
これまで何度となく読み返しては、詩的で徹底的に感情をそぎ落とした透明な色の文章と白昼夢のような世界観にうっとりとしていました。
私は映画化するなら絶対押井監督と思っていたので、制作が発表された時は本当に「キター!」っていう感じでした(笑)
が、重要なのは、やっぱりあの雰囲気をどれだけ再現できるのかといところです。

そんな私の観終わった感想は、「すごく良かった」です。

どこが良かったか?
まず、原作と同じように淡々とパイロットの待機と出撃を繰り返す日常が、上手に映画でもただ淡々と描かれていたところです。
「淡々と」を演出するために、BGMなしで、空調機の物音や基地で聞こえる機械音や作動音のみのシーンや、同じ視点から見たシーンが多用されているのがとても効果的でした。
私はすごくいいと思いましたが、そのように物語の起伏が意図的に抑えられたこの演出の仕方を、退屈と感じるかどうかで賛否も分かれるとは思います。
でも、そのおかげで本来あるべき感情が失われた「キルドレ」と呼ばれる主人公たちの思いや考えが表面に現れる時、ぐっとその感情が強調され、悲しみや、切なさや、やるせなさや、諦めが伝わってきます。

そして、意外にも良かったのが、草薙水素役の菊地凛子さん。
彼女は俳優としてすでに高い評価を得ている方なのですが、声優としてはどうなのか?と最初は思いましたが、今ではイメージにかなり近い、草薙水素になっています。
「あの棒読みのどこがいいの?」って思う方もいるでしょう。
確かに棒読みです(笑)
でも、いいんです!
それがキルドレなんです。
話す言葉に感情はないんです。
とりわけ、クサナギは他のキルドレが兵器として「繰り返し」どんどん死んでいくの目にしながら、エースパイロットとしてずっと長く生き残ってしまった、という流れがあるのでぶっきらぼうで棒読みな感じが逆に良かったです。
そしてキルドレは成長しない子供たちという設定なので、菊地さんの大人のようにも子供のようにも聞こえる独特な声がクサナギにぴったりだった、と私は思います。

原作好きな私としては、基本的にダウナーでオルタネイティブな小説の雰囲気が、映画でもきちん再現しようとされていたことに満足していますが、それに加えて原作とは少し異なる映画のラストも良かったと評価しています。
あの終わり方は、暗くて絶望的な状況に明るい一筋の希望を感じさせて、物語に救いをもたらしていたと思います。
諦めが希望に変わるシーンに感動しました。

もちろん飛行機の戦記ものなので、空中戦もよくできています。
確か押井監督はインタビューで「宮さん(宮崎駿監督)よりもいい空中戦を描く」って言ってたと思いますが、確かにその自信だけのことはあるかっこよくて迫力あるシーンだったと思います。
でもまあ個人的にはそれでも宮崎駿監督の空中戦の方が好きですけど(笑)

他にもいろいろいいところはあったんですが、この辺でやめておきます。
あとは観て感じてみましょう(笑)
原作を知らないと良く分からない設定なので、誰にでもおすすめな作品ではないですが、「繰り返される」生と死、その先にある絶望と希望なんて感じのシリアスな物語に興味のある方はどうぞ!

そうそうあとね、この作品はエンドロールの最後まで全部観て完結です。
お忘れなく!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 30

MAZ

★★★★☆ 3.6

押井作品にしてはめずらしく…

押井作品にしてはめずらしく
1回見れば、だいたい内容がわかる作品でした
すべてのことをキャラがしゃべってくれるので
こちらが推察する必要はあまりない
パトレイバー2やイノセンス(攻殻機動隊の2)、実写だったアヴァロン
あたりは、何度か見ないと「わかった気」にはなれなかった
(アヴァロンは、2回目を見たいとはあまり思わないがw)
ただ、戦闘シーンとかは大画面で見といた方がいい
先端技術の映像は、先端のうちに見とくほうがいい
というのが、これまでの作品見て思っていたことだったので
今作は劇場に足を運んだ次第
実は、押井作品を劇場で見るのはこれが初^^ゞ
CGは、アニメに近づけるんじゃなくて
リアル方向に持っていった感じで
いうなれば、模型を使った特撮な質感
戦闘機なので、そのほうがいいということなのだろう

投稿 : 2019/09/21
♥ : 10

むんむん

★★★★★ 4.1

大人にならない子供

人を選ぶ作品というより、使う引き出しが違うんだと思います。
少ない情報で音楽も少なめで表情もなく、淡々と進んでいるように見えるとおもうんですけど、大人にならない人間が、死ぬ理由を操作されて、生きながらえても生の実感がないという行き場のない空気は、あの無表情につながってるのではないでしょうか。
ただ、音のない歩くだけの音や、すばらしい作画による光の感じなど、あの無表情のキャラクターが、この精巧に作り出した世界の大地に立っている実在感というか 空気感は普通のアニメではまったく見たことない表現方法で、他のアニメと比べられない高レベルだと思いました。
キャラクター一人一人の何気ないしぐさ等が、嫌味なく存在し
淡々とその空気を生成していてセリフがなくともそこに不思議な人間性と彼らの日常が繰り返されている本当に細かい演出ですけど、そのテーマが生きるようにできていると思います。
お話を見に来ている人と、あの空気を楽しんでいる人とその中間くらいの引き出しで見るとあの非現実的で無表情なキャラクターが。妙にリアルで精巧に描かれた世界に立っている不思議な空気を堪能できると思います。
かつてみた大友克洋のアキラや士郎正宗のアップルシードなんかを思い出して、「ちょっと懐かしい匂いがするなぁ」と。
ミリタリーが好きでない人も普通にいつも見ている引き出しを変えてみればこの作品の良さに出会えるかもしれませんよ
まぁ、現実的には大人になりたくない「俺ら」ということでしょうか(笑)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

62.7 4 アイカツスターズ!(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (38)
170人が棚に入れました
『アイカツスターズ!』では、新たな主人公・虹野ゆめをはじめとするフレッシュなアイドルが、四ツ星学園へ入学するところから物語がスタート。アイカツ界で大活躍する4人のトップスター・S4を目標に、新たなアイドル活動に励んでいく。

声優・キャラクター
富田美憂、朝井彩加、山口愛、村上奈津実、津田美波、諸星すみれ、田所あずさ、大橋彩香

馴鹿R

★★★☆☆ 3.0

エルザ様が圧倒的すぎる。

55話良すぎた。
エルザ様尊すぎてやばい、エルザサイズとかいうネーミングセンスもやばい。
opの終わりのエルザ様が翼広げるシーンのテテテテーテテ-テッテッテテテテーテテッテッテーのところが癖になってきたしどうしよ?
何よりもライブ、今回のライブやばすぎんよ、エルザ様、キャラと違くないっすか!?と思ったのもつかの間、さすがパーフェクトアイドル、個性を消した上で滲み出る個性こそとか言って基礎的な事しっかりやらせて、自ら滲み出る圧倒的セクシーさだけじゃなくて他の武器、圧倒的可愛さ見せつけれるエルザ様素敵。笑顔で腕フリフリまじスコ
みくるが美月に合わせるの神だったけど、圧倒的セクシーさを持つ美月がみくるに合わせるのはセクシーさがほかの要素より突出しすぎていて少し違和感があった。

だけど今回圧倒的セクシーさを持つエルザ様でもきららに合わせることになんの違和感も感じなかった。だからといって美月にセクシーさが劣るわけでなく、エルザ様を構成するセクシー以外の要素が総じて高いために他の曲にも対応可能なのだと思う。
自分の中でのアイカツランキングが
星宮いちご>大空あかり>エルザ様>美月になった。


下でボロクソ書いたことに謝罪
衣装メチャいい、やっぱり翼って大事だね。
小春ちゃんいらない子とか言ってごめんなさい。
ここからのスターズめちゃくちゃ期待してます(V)(*'ω'*)(V)

50話までの感想
アイカツよりもいいところ
キャラデザ
キャラデザに関しては時間が経てば勝手に流行変わってレベルも上がっていくから良くなっていて当然なので言及はしない。
男キャラの早期登場
男キャラに関しては高評価、恋愛対象に入りうる異性を登場させることで前作よりも主人公の感情の幅、ストーリーの幅が広がり、ライブバトル以外でのドキドキ度が高まった。

前作よりも劣る点

少ない
毎回同じ曲のバトルで退屈だった
衣装
少ない
s4までも同じ衣装ばかりで退屈な上曲も上記の通りで、ライブ全体がつまらない
学園長
何がしたいのかわからない
回想本気でやってでももうちょっとまともな解説欲しかった、映画のラストの台詞もわけわからん
小春
展開と主人公スランプのきっかけづくりのためだけの存在、いらなかった。


総評価
アイカツが好きで期待して見てきたが、正直つまらなかった。特にライブシーンが糞、アイカツでは新衣装や新曲の追加の度にライブでのドキドキが止まらなかったし、特にコンセプト衣装の個々に特化しつつも共通点のあった衣装は複数ライブでの盛り上がりをひきたたせていたが、スターズにはそれがない。ゆめとローラ、s4が揃っていててもライブ衣装にまとまりがなく、イマイチ一体感がなくライブシーンを楽しめず残念。あと幹部の扱いが雑、ホントただの秘書、アイカツでは出すアイドルにはちゃんと輝けるライブがあったのに、
あの程度の扱いなら出す必要なかった。



映画もメインのスターズよりも、アイカツの方が興奮した

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

おきらく

★★★★☆ 3.9

見るのを途中でやめましたが、30話以降から視聴を再開

ストリーの質は、まだら状でしょうか、おもしろい回とつまらない回との差が激しいです。

よく比較されるのが、前作「アイカツ!」シリーズですが、何でこんなにも世界観を変えたのか理解できません。アイカツという名前をおいているけど、アイカツのようでアイカツではないと思います。

キャラクターが少なくなった。
アイカツ!では逆にアイドルキャラが多すぎて収集が効かなくなる危険性があったためにリセットしたのでしょうか。

キャラの使い分けが上手い。
早乙女あこというキャラが、コメディな雰囲気を作り上げているので、極端にシリアスな雰囲気へと至らせないです。かといって、某女児向け「○リ○ラ」みたいにギャクだらけで、かえってシラケてしまうような雰囲気にではないのが救いです。あまりにもシラケる逆ばかり見させられると、途中でやめてしまいうからです。途中で見るのをやめたら、評価しようがないです。

七倉小春というキャラを上手に使った話しが、心が温まる30話。イタリアにいくということで、虹野ゆめがお別れ会をおこなったことです。

とにかく個性的なアイドルキャラをバランスよく使い分けて、上手にストーリーを作り上げていくところは評価するべきではないかと思います。

ただ欠点は、中毒性があるほどの名曲が、あまりないことでしょうか。
ステージの曲(挿入歌)の質が落ちたような気もするのですが、今の子供たちの好みに合わせた感じなんでしょうか。その辺が良くわかりません。

で、諸星学園長は何をしたいのか、イマイチ把握できないところ。
最初はダークな雰囲気でしたが、今じゃ性格が丸くなって善玉キャラになりました。最初は虹野ゆめをアイドルにさせない悪玉キャラだと思いました。あとは白鳥ひめちゃんも、見た目が善良そうでも、実は性格が悪く、虹野ゆめのアイドルへの道を閉ざす意地が悪い悪玉キャラではないかとさえ考えたことがありました。スターズ・シリーズで、ドロドロした展開へと至ると期待したけど、前作「アイカツ」と同じ路線へと至ったのは、保守化と安定化路線、冒険せず慎重になって安全な道へと至ったわけでしょうか。

ただ前作「アイカツ」が良かった分、比較されてしまい、厳しく見られ、途中で断念した人も多いので、その辺が少し残念な気もします。

2期からは、カオスの始まりなのか?期待通りなのか。バンダイの営業や企画者たちが、どう動くか?エルザというキャラ達による対立で、これからおもしろくなりそうな雰囲気がします。ちょっとシリアスな雰囲気になれば最高なんですが・・・。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

シャベール大佐

★★★★☆ 3.9

方向性にやや迷いが感じられた、シリーズ第2作目

女児向けアイドルアニメのシリーズ第2作目。全100話。
3年半続いた前作の後継作品ですが、キャラや舞台設定は一新しており、この作品から観ても全く問題ありません。
毎回オープニングに主人公の挨拶風の語り、CM前後のアイキャッチ、カードを使ってドレスメイクするアイカツシステム、3DCGによるステージシーンなど、作品の基本的な作りは前作のスタイルを踏襲しています。キャラデザは少し変わったものの、背景画は前作と同じ雰囲気なので、アイカツシリーズとしての違和感はありませんでした。
ストーリーは、第1部(前半50話)では、アイドル学校・四ツ星学園に入学した主人公・虹野ゆめが、仲間と切磋琢磨しながら学園のトップアイドルを目指すという王道の流れ。前作と大きく違う点として、四ツ星学園では各アイドルが目指す方向性によって歌組、劇組、舞組、美組という4つのクラスに分かれており、その各クラスのトップ4人がアイドルユニット「S4」となるという設定があります。最初は深く考えずになかなか面白そうな設定だなと思ったのですが、観続けていくと、実は結構これが物語の足枷になってしまったような印象でした。主人公世代の主要なキャラは、虹野ゆめ、桜庭ローラ、七倉小春、早乙女あこ、香澄真昼の5人ですが、それが4つのクラスに分かれてしまうので、全員が直接のライバルというわけではなくなってしまいます。また彼女らが目標とする先輩も合計4人もいるわけで、全キャラが1つしかない頂点の椅子を目指すというシンプルな物語に比べると、ストーリーの盛り上がりの度合いでは、かなり落ちるという感じは否めませんでした。また、前作のように、頂点に立てるアイドルが1人だけならば、それ以外のキャラは全員涙を呑むわけで、負けてしまうキャラがいても個々のダメージはそれほど大きいとは感じなかったのですが、今作のように頂点が複数あって、負けてしまうキャラのほうが少数となると、その不遇感はちょっと気になってしまいました。
一方、本筋に直接関係のない、個別キャラ回などには良いエピソードもあって、特に香澄真昼、二階堂ゆず、白銀リリィあたりを中心に描く回は面白い話が多かったと思います。
第2部「星のツバサ」(後半50話)では、巨大な豪華客船を校舎にして世界中の有能なアイドルを集めるアイドル学園・ヴィーナスアークが登場、それを率いる世界最高のアイドル「パーフェクトエルザ」ことエルザ・フォルテやその仲間たちと、四ツ星学園のアイドルたちが競い合っていくお話になります。こちらも個別のエピソードには良い話もあったけれど、本筋の面白さはそこそこといった感じでした。
キャラについては、アイドルたちは全体的に悪くなかったです。ただ、主人公が超えるべき目標となる白鳥ひめは重要ポジションのキャラにしてやや影が薄かったですし、最初は何か謎を秘めてそうだった学園長の諸星ヒカルはいつの間にかキャラが変わってしまい、歌組担任のアンナ先生はキャラの魅力で前作のジョニー先生に遠く及ばずという感じだったりと、要所でいろいろと惜しい部分はありました。
音楽は、OPが全5曲、EDが全4曲ありましたが、どれも悪くなかったです。特に、OPではMUSIC of DREAM!!!、EDではSo Beautiful Storyが好みでした。挿入曲では、香澄夜空の未来トランジット、香澄姉妹のSummer Tears Diaryがとても良かったと思います。
ステージシーンについては、前作の終盤には映像の完成度が非常に高くなっていたので、そのままの流れで楽しめるかと思っていたら、それまで外注(サムライピクチャーズ)だったCG製作が今作から自社グループ(サンライズD.I.Dスタジオ)に変更になり、作品開始時点ではクオリティがやや落ちたような印象でした。途中からはかなり良くなりましたが、それでも前作ほど魅力のあるステージシーンは少なかったように思います。
声は、二階堂ゆず役の田所あずさ、白銀リリィ役の上田麗奈が良かったです。
最後まで観終わって振り返ると、序盤の段階では、前作より少しシリアスな展開も視野に入れているような描写が所々であったのですが、途中から軌道修正して前作の安心路線に戻したような印象で、方向性にやや迷いがあったのかなと感じました。数年で視聴者がごっそり入れ替わる子供向け作品なので、無理に新しい要素を加えなくても良かったような気もします。また4月からはシリーズ第3作のアイカツフレンズ!が放送されるので、引き続き楽しみたいです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8

82.6 5 NEW GAME!(TVアニメ動画)

2016年夏アニメ
★★★★☆ 3.9 (1286)
6116人が棚に入れました
高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。
憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。
ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!

声優・キャラクター
高田憂希、日笠陽子、茅野愛衣、山口愛、戸田めぐみ、竹尾歩美、朝日奈丸佳、森永千才、喜多村英梨
ネタバレ

dbman

★★★★★ 4.8

もはや、ただの詐欺

原作未読。

ゲーム会社のお話ということのみの予備知識で視聴したところ、全12話一気に完走してしまうほどに楽しめました。笑いあり、涙あり、癒しありの超良作!

この設定の物語において男がひとりも出て来ない登場人物すべて女性というのはある意味で特筆すべき点ではないでしょうか。そして何よりも驚いたのは、これだけの女の子たちが登場するにも関わらず、全てのキャラが個性溢れていてキャラ被りがない! これって凄まじくないですかい?

愛すべきキャラが多すぎて目移りしてしまったが一番のお気に入りは、ねねっちこと、桜ねね(声優:朝日奈丸佳)でした。大学生詐欺としか思えないその容姿もさることながら好奇心のままに行動するさまは完全にただの幼稚園児w 彼女が動けば何かが起きる。もう完全に主人公である青葉ちゃん(声優:高田憂希)を食っちゃってるよねこれ。お腹がすいている音「きゅるるるる」を自分の口で言っちゃってるのは可愛すぎて反則すぎるだろ! 出来うることならばねねっちを主人公にしたスピンオフが観たいw そんじょそこらのアニメよりよっぽど面白い作品になるのではないでしょうか。

そして彼女の {netabare}飼い主的な立場として、欠かせない存在である阿波根うみこ(声優:森永千才)。出来る上司ながらその実、他者の迷惑をかえりみないミリタリーマニアっぷりはもはや変態といっていいだろう。作者いわくねねっちとうみこのコンビの人気は高いようで大いに納得。{/netabare}

また物語終盤で {netabare}いつの間にやらねねっちと意気投合しているはじめちゃん(声優:戸田めぐみ)も大好きなキャラだ。私がショートカットに弱いというのもあるが、自身の身を削ってでもフィギュアなどを買い漁るその純粋無垢さゆえ、ねねっちとコンビになっていたのも頷ける。 {/netabare}

駄目だ、ホントに愛すべきキャラが多すぎて語りつくせないのでここらでストップしときます。もちろん物語も素晴らしい構成で、ゲーム会社内輪の片鱗が垣間見れたし、主人公・青葉ちゃんの成長はもちろん、その上司である八神コウ(声優:日笠陽子)の成長までも描かれているとは感服するばかり。ラストの締めくくりも涙せずには見られませんでした。

続編である第二期もあるようなので、期待せずにはいられない!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 36
ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.9

一生懸命とお仕事している話。

原作未読。最後まで視聴。

ゲーム制作会社を舞台にした日常ほのぼの系の作品。

正直言って、最初はあまり期待していませんでした。
登場人物(会社の同僚・上司)が女性ばかりでリアルさに欠けること。
主人公の平凡さに対して、周囲の登場人物の個性が強すぎること。

しかし、物語が進むにつれ、徐々に引き込まれてしまいました。
主人公が周囲の人々に支えられながら一生懸命に仕事に取り組んでいること。

{netabare}そして、一番の魅力は、徐々にゲームが完成に近づいていくこと。
そして、ゲームが完成して・・・。{/netabare}

物語の終盤は、少なからず感動がありました。

ほのぼの系には感動が良く似合うと、改めて痛感した作品でした。

2017/05/19追記
BD/DVDの全巻購入特典のOVA第13話視聴しました!
「フェアリーズストーリー3」の完成後の社員旅行での出来事が描かれた作品。
{netabare}
社員旅行でスキー&温泉旅行へ行った青葉たち。

スキーが苦手な青葉と、コーチ役のひふみん。
同じくスキーが苦手なゆんと、コーチ役のはじめ。
熱が出ちゃったコウを看病するりん。
サバゲーに夢中の阿波根etc・・・。

ブラック青葉は爆笑必至。
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 94
ネタバレ

ルル

★★★★★ 4.3

おめでとう!第2期決定! OAは2017年7月から。

原作未読で視聴。


内容は単純で、『涼風 青葉(18歳)が入社したゲーム制作会社でのお仕事風景を描く全12話の物語』 ジャンル的には日常系なので、ダイナミックなインベントはありません。


いやぁ~面白かった。評判通りの面白さで12話一気観コースです。一話完結型でとても観やすくて、この内容なら第2期があるのは当然で納得です。


ゲーム業界と言うとイメージ的に、むさ苦しい社畜の男性社員が会社に寝泊りして仕事をしているイメージがありました。昨今の言い方で言い換えるなら、働き方改革が必要な業界というイメージがありました。ので、この作品を観た当初、女性社員しかいなかったのでちょっと違和感がありました。しかし、回が進んでキャラが馴染んで行くに連れ、キャラ同士の会話が面白くて気にならなくなりました。


この作品はジャンル的には日常系に分類されるそうですが、内容的にはお仕事風景を描いているのでお仕事系の要素も含んでいるのではないか思います。おまけにキャラを見てもらえば分かると思いますが、キャラデザインも萌え的な要素も含んでいるのではないかと思います。不思議なのはこれだけいくつもの要素を1つの作品に詰め込むと、普通は器用貧乏になって最終的に「万策尽きた!」というどっち付かずの結果になり兼ねませんが、この作品はそれらを見事に調和させています。これがこの作品の最大の特徴ではないかと思いました。


個人的には、阿波根うみこと桜ねねの関係が好きです。絶対にうみこはねねがお気に入りですよ。(個人的な好みですいません・・。)


この作品を観終えて、「ゲーム開発ってこんな大変な思いをして作っていたんだぁー」という事が分かりました。ですから私は猛省しなければなりません。これまで私は面白くないゲームに対して、「あのゲームはつまらないゲームだ!」と周りに吹聴していました。本当に申し訳ないです。最低ですよね私って・・人の苦労も知らないのに・・・。ですからこれからは面白くないゲームに対しては、 {netabare} 「クソゲー」{/netabare}と周りに吹聴していきたい思います。(冗談です)

とにかく2期の7月が待ち遠しいです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 53
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ