知らないと損する岡田麿里アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ岡田麿里アニメランキング

検索結果:50件
アニメを並び替え:
総合得点 90.6 感想・評価 5312 棚に入れた人 19806
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.3  作画 : 4.4  声優 : 4.2  音楽 : 4.2  キャラ : 4.2

海と地上、そのどちらにも人が暮らす世界。中学が廃校になり、幼なじみと共に地上の学校へ通うことになった海村の少年・先島光が転校初日目撃したのは、大切に守ってきた少女まなかが、地上の少年と特別な出会いをした瞬間だった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

物語は海の人と地上の人がいる世界
ある日、海の中学校が廃校になり、光、まなか、ちさき、要の海村の幼馴染4人が地上の学校へと転校する...
海の人、地上の人。いがみあっていた別世界の人たちが出会いそこから物語が生まれていきます。

制作がP.A.WORKSということで映像が素晴らしい。風景、顔の表情、瞳の中に映る心の揺れに至るまで繊細に描いています。
映像を豊かに彩るサウンドを聴いてください、歌詞がまるで情景からあふれでたようです。音楽が醸し出す幻想的な世界に心惹かれます。

海はこの世界の美しさを強く表現しています。圧倒的な存在感で私の心を掴む。
沖へいくにつれて海の色は透明、水色、青、深い青…神秘的な程美しく、波の動きにあわせて太陽の反射した光がきらきら揺らめく、多彩に変化する光や波の表情を見てください。

出会い、友情や恋愛が生まれ、人の数だけ かけがえのない物語がありました。
{netabare}
自分の想う人は違う人を見つめている…
それに気づいていても諦めきれない
ちょっとした言葉に一喜一憂している自分がいて
気付いているからこそ何気ない自分への優しさが辛かったり
それぞれに想いをよせ、交差する気持ち

例えば好きな人が違う子を想っていたら・・
自分が身をひいて応援できますか?
私は、そんな風に思えないかもしれない
頭では分かっていても、きっと心が追いついてこない
心の中で何度「切ないね」って叫んだことでしょう...


一番感動したドラマティックな場面

踏み切りのシーン

さゆから要への告白

「あんたがいない間も、あんたはここにいた!ちゃんと、この真ん中にいた!」

電車が目の前を通り過ぎ、遮断機がゆっくりと上がる

踏切を挟んで、さゆと要

想いを全てぶつけた、さゆがそこにいた。

そして、あの要が涙をながす...
「そうか、僕は、さゆちゃんの中にいたんだね、本当は淋しかった・・・」

5年ごしの気持ちをストレートな言葉で伝え、それを受けとめた要。
心の底から感動しました。

切ないのも、苦しいのも、楽しいのも、全部大切な気持ち…恋なんですよね
{/netabare}
それぞれが想いを抱く恋する気持ち、葛藤、繊細な表現はどこまでも美しく、最後まで泣いたり笑顔になったり、感情を揺さぶられ続けました。
ストーリー、作画、デザイン、音楽、本当に素晴らしい。
この作品に出会えたことに感謝します。ありがとうございました。

最後に、またいつか皆に会えることを願っています!!

総合得点 58.2 感想・評価 90 棚に入れた人 819
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.2  作画 : 3.4  声優 : 3.3  音楽 : 3.3  キャラ : 3.3

大仕事を成し遂げ火星に帰還した鉄華団は、テイワズの庇護の下、ハーフメタル利権に由来する豊富な資金を元に、地球に支部を置くほどの大企業となる。一方、彼らの活躍によって少年兵の有用性が示されたことで、戦場に駆り出される子供やヒューマンデブリの数は激増し、世界の治安は悪化の一途を辿る。エドモントンでの戦いから2年後のある日、アドモス商会の社長となったクーデリアからハーフメタル採掘場の視察の護衛を依頼された鉄華団は、サンドバル・ロイター率いる宇宙海賊夜明けの地平線団の襲撃を受ける。テイワズ本部からガンダム・バルバトスルプスを受領した三日月の活躍で撃退に成功するも、地平線団は主力艦隊を投入して鉄華団を殲滅しようとする。鉄華団と協力関係を結んでいたマクギリスは、部下の石動・カミーチェ率いる援軍を派遣するも、そこにマクギリスを警戒しているアリアンロッド司令のラスタル・エリオンが派遣したイオク・クジャン率いる第二艦隊が介入し戦況は混迷を極めるが、三日月がサンドバルの身柄を抑えたことで戦いは終結。彼らと手を結んでいた活動家団体テラ・リベリオニスも三日月たちによって粛清される。その頃、アーブラウでは防衛軍の発足式典が行われるが、その最中に蒔苗を狙った爆弾テロが発生する。やがて、この事件はSAUの関与が疑われ始め、両者の間では戦争の機運が高まる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

いぁ・・・ガンダムだ

元々、戦争の悲惨さとかを主題にした作品故に、多くの仲間や人々が
敵・味方双方の持つ理想を実現する為、互いの抱える矛盾を払拭する
べく大きな波に巻き込まれながら平和を求めて戦う話

当然、その中で、主人公のグループだから死なないって事も無く
おかげで人間ドラマも深みを増す感は有る・・・が!!
2期16話まで見て、何もそこで殺さなくても・・・って、お気に入りのキャラだったのに!!

この悲しみを越えて、少年達はどこへ辿り着くのだろうか?

お勧め度 7+/10

総合得点 90.9 感想・評価 16478 棚に入れた人 46645
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.4  作画 : 4.1  声優 : 4.3  音楽 : 4.0  キャラ : 4.3

その目つきの鋭さ故、不良に見られてしまうことを気にしている高須竜児は高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須は不良」と言う誤解をまた最初から解かなくてはならなくなるのかと憂鬱であったが、「手乗りタイガー」こと逢坂大河との邂逅により意外に早くその誤解は解かれることとなる。
ある放課後、大河は想い人の北村祐作にラブレターを出そうとするがそれを間違って竜児のカバンにいれてしまう。ラブレターを送ったことを知られたと思った大河は、竜児に闇討ちを決行する。その夜のやりとりがきっかけで一人暮らしである大河の家事の面倒も見るようになって大河は竜児の家に入り浸るようになり、お互いがお互いの親友との恋を応援する共同戦線を張るようになる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作未読。


主人公の貧乏学生、高須竜児(たかすりゅうじ)。
ヒロインのツンデレお嬢様、逢坂大河(あいさかたいが)。
ふたりは、家がお隣さん同士。
竜児は、大河の親友である櫛枝実乃梨(くしえだみのり)に。
大河は、竜児の親友である北村祐作(きたむらゆうさく)に。
それぞれの親友に恋をしている。
竜児と大河が結託して、それぞれの恋を成就させようと奔走するラブコメディ。

まず、大河のキャラが強烈です。
たどたどしいのにトゲのあるしゃべり方。
ふいにやってくる、甘い言動。
ツンデレ黄金比と言われる「ツン9:デレ1」を守っている気がします。
とりあえず見ているだけで飽きません。
{netabare}ステージでのウィンクにはやられたよ……キュンって……。{/netabare}

そしてニヤニヤさせられる展開。

1.お約束のギャグでニヤニヤ
2.今後を予感させる意味深な発言でニヤニヤ
3.想い人の前でデレてるシーンにニヤニヤ
4.大河と竜児の掛け合いでニヤニヤ

ずっとニヤニヤしていたので、表情筋が鍛えられました。

そんなラブコメ展開がしばらく続きますが、それだけで終わらないのがこの作品の魅力。
さりげなくこめられた伏線が忘れたころに回収されていきます。
{netabare}
特に感心したのが、
・冒頭の「何だ?ちっさい体。人形みてえ」
→人形のように、自分の力で立ち上がることをしてこなかったことの表れ
・最後の「ちょっとでかくなったんじゃないの?」
→自分の力で問題に対処し、帰ってきたことに対する言葉

あやうく聞き逃すところでしたが、細かい部分にも隠されたメッセージがあるんですよね。
{/netabare}

複雑な恋愛関係を描いた作品なのですが、嫌な気持ちにはなりません。
それは、コメディタッチに描いているからというわけではないんです。
シリアスなシーンは徹底してシリアスです。

しかし、嫉妬心でドロドロになるのではなく、親友のことを思っての言動。
そして、ぶつかり合うときは徹底的にぶつかり合う。
そんなみんなの優しさや素直さからくる恋愛関係だからこそ、不快にならずに見ていられるのだと思います。


終盤には感動シーンの連発です。

ゆっくりゆっくり近づいていたからこその、キャラクターへの感情移入。
ためにためた言葉。
「やっと言えたね」って声をかけてあげたくなります。

ツンツンしてた人がデレたら、普通はニヤけるのがお約束。
でも、このアニメでは涙が出てきます。
{netabare}
・大河「みのりんをパーティーに行かせるのが、私からあんたへの本当のプレゼントなんだから」
・大河「この気持ち、全部消して……私を強くしてって。だめだよ全然。……どうしたって……竜児のことが、好きなんだもん」
・大河「寒いし、もう一度。……もう一度……もう一度……」

全部泣いたシーンです。
{/netabare}


テーマは「ツンデレ」!

……といいたいところですが、隠されたテーマは「理解」と「エゴイズム」だと思います。

「相手のためになることをする」
これは、常に正しいのか?

相手の気持ちは、目に見えません。
本人ですら、自分の気持ちがわからないものです。
それに加え、本心を隠すことだってしょっちゅうあります。
そんな他人の心を、本当の意味で「理解」するなんてことは不可能です。

たしかに、相手のことを思いやるのはいいことです。
だからといって、それを行動に移すのが正しいとは限りません。
逆効果になってしまうこともあります。

結果に対して責任を取るがつもりもない。
それなのに、理解したつもりになって相手に接する。
そして、失敗したら逃げ出す。
それは「優しさの押し付け」、つまりエゴともいえるのではないか。

登場キャラクターは、最初から誰も相手を傷つけるつもりはないんです。
みんないい人ばかりなんですよね。
ところが、人のためになると思って、突っ走ってしまった結果、心が傷ついていく。

そんな中、素の自分を出してヒールに徹し、みんなにそのことを気付かせた{netabare}亜美{/netabare}。
彼女は、一番大事な人間だったと思います。
主要人物を4人ではなく5人にした、配役の妙ですね!
「とらドラ!」の「!」がポイント、5文字で良かったです。


複雑な人間関係と、コメディのバランスが見事。
次の回への引っぱりもうまく、1話見たら止まらなくなります。
そして、キャラクター、声優、BGM、演出の絶妙なハーモニー。
全話通して笑えて、最後には泣ける。
突出したところもありませんが、欠点らしい欠点もない、優等生。

そういうふうにできている作品です。

総合得点 87.5 感想・評価 5655 棚に入れた人 23489
★★★☆☆ 3.9   物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.8  音楽 : 3.9  キャラ : 3.9

絵本作家を目指す高校生「仲上眞一郎」は、仲上家に引き取られてきた同じ高校に通う「湯浅比呂美」、そして両親の4人で暮らしている。眞一郎の母は、ある理由から比呂美につらく当たっていた。
 ある日、眞一郎は学校の裏庭で、木に登って降りられなくなった少女「石動乃絵」と出会う。彼女は過去に起こったある出来事がきっかけで、涙が流せなくなったのだという。眞一郎は彼女との出会いをきっかけに比呂美、親友「野伏三代吉」、幼馴染み「安藤愛子」らとの関係や、自分自身との向き合い方に変化を生じさせていく。彼らはそれぞれに悩み、すべきことを模索し、成長していく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

主人公の優柔不断というか意気地なしみたいな性格に最初のは多少イライラさせられますが、途中でそんなの吹っ飛びます。

女の子が3人出てくるのですが、全員の個性が立っていていい。
主人公の親友(名前忘れた)もいい味だしてる!というより切ないです。

最初は完全に乃絵派で、比呂美とかいやな女だなーと思ってました。
そこから、幼馴染がしかけてきて、切なくなって。比呂美と家族の葛藤がわかって、そのあと比呂美もいい奴だってなって、、全員に感情移入してました。
どの作品でもそうなんですけど、フラれた子たちの去り際って、切ないけどすごくいいんですよね・・・

しっかりと主人公が白黒付けてくれる(意外と男らしい)ので、、当然成就しない子達もいるわけで、、、去り際にキュンキュンさせてくれました。

ラストに向かっていく上でのハラハラドキドキ感はかなり良い。多少2クールでもよかったかなという思いもありますが、結末にほったらかし感がなく、きちんとクライマックスでみんなにスポットを当てていくので、納得させてくれる内容です。

うまくまとまっていると思うし、観て損はないです。オススメの良作。

総合得点 90.2 感想・評価 5339 棚に入れた人 22155
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.1  作画 : 4.3  声優 : 4.1  音楽 : 3.9  キャラ : 4.1

突然の夜逃げ、突然の告白、そして突然の別れ――。今までとは違う自分になりたかったという夢は、急に現実となりました。私、松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎えたのです。通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、話したことや会ったこともない祖母の元で暮らすのです。大正浪漫あふれる温泉旅館・喜翆荘(きっすいそう)。そこで出会う人たち。花の芽が地上に出て新たな世界を知るように、私も、今までとはまったく違う、新しい生活を始めます。それは辛いことかもしれません。でも、めげても、くじけても、泣きじゃくっても明日は来るんです。だからこそ私は頑張りたいんです、そして輝きたいんです。太陽に導かれるよう咲く花のように。いつか大輪の花を咲かせられるように……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

家庭内ではしっかりしていた娘さん、緒花。
しかしいざ社会に出てみると考えの甘さが浮き彫りに。

この作品は社会に出る前と後では感想が違ってくると思う。


学生時代、バイトを始めた時に周りの友達が子供に見えた。
自分は社会に出たことで大人になったと思い込んでいた。
後に就職してバイトの人間がいかに無責任か分かった。
あの頃は自分もまだまだ子供だったんだなと思い知った。
今後もこの無責任勘違いスパイラルは続いていくのだろう。

しかしいつの頃も自分は正しいと思っていた。
主人公の緒花を通してそんな青かった自分を思い出させられ
緒花の言動や暴走がどこかむず痒くなるアニメ。


話のテンポや登場人物のキャラクターがとても良いので、
すんなりとストーリーに入ることができて楽しめる。

ただ、主題歌を歌っている人の声がちょっと耳になじまない。

総合得点 68.4 感想・評価 570 棚に入れた人 3094
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.8  作画 : 3.8  声優 : 3.5  音楽 : 3.6  キャラ : 3.7

「女の子になりたい男の子」二鳥修一はその気持ちを押し隠していたが、あるときクラスメイトのさおりに女装しているところを見つかってしまう。以前から修一に好意を持っていたさおりは、それから修一に積極的に女装させるようになるが、今度はよしのにも女装がバレてしまう。しかし、よしのは「男の子になりたい女の子」だった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

正直な所、最初の方の印象は…
性同一性障害とまではいかないまでも、女の子になりたい男の子・男の子になりたい女の子っていう話を強調している雰囲気で、個人的には少し気持ち悪く感じて良い感想は持てませんでした。
音楽もOP・ED共に初めて聞いたときは好きでは無かったのですが…
音楽に関しては、何度も聞いてる内に結構好きになりましたね♪

で、話に関しては…だんだんと面白くなってきたし、学園祭の劇の話が終わってからはそんなに性別の意識問題を強調していなく、普通に面白いです。

それと、自分が中学の頃なんかは家がお堅く田舎だったというのもあって…中学の頃の自分の思考と比べると、一部の登場人物達の思考が中学のガキにしたらませてるなぁとか思ったのですが…
まぁ、最近の中学の多感な時期の子供達はこんなもんなんでしょう。
ですから、その点は上手く描写されてるなと関心しました。

そして、なんと言っても特徴的なのが絵ですね。
水彩調の作画が気になる所ですよね♪
結構、いい感じに雰囲気を醸し出してると思いますよ。
その部分は見てみて損は無いかも?

まだ、放送中なので続きが気になります。。。

総合得点 91.4 感想・評価 13325 棚に入れた人 42058
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.4  作画 : 4.2  声優 : 4.1  音楽 : 4.3  キャラ : 4.2

昔は仲良しだった幼馴染たち。でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。ヒキコモリぎみの主人公“じんたん”。ギャル友達に流され気味の“あなる”。進学校に通う“ゆきあつ”と“つるこ”。高校に進学せず旅を重ねる“ぽっぽ”。そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女“めんま”。ある日、“お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。困りながらも“めんまのお願い”を探るじんたん。そのめんまの願い事がきっかけとなり、それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染たちは再びかつてのように集まりはじめる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

4話=いやぁ・・・毎度ながら2度観してるわけですが今回もウルっとさせられました。。見せ場が多くて伝えるのは控えますけど少なくても背筋がゾワってしたのは5回はあったかも? なんとなく予想はしていても表情の動きが繊細すぎて目が離せなくなるのはもう言うまでもないと思います。
来週はどうなるだろうなぁ・・・今から気になってしょうがないですね

_____________________________________________________

完結したわけでもないですが各話何度観ても感動してしまう

表情・仕草・言葉・行動・それに合わせて聞こえてくるサウンド全てにそれぞれの感情が込められていて目が離せないのと、一度観て少し時間を空けて同じ話を二度目観ると同じものを観ているはずなのに更に惹き込まれてしまうという不思議な感情が沸いてきます

これ以上どう言い表していいか自分でもわからないのですが・・・

自分の中では間違いなく今期NO.1は言うまでもなく、今までの観てきたアニメの中でもNO.1


是非観て欲しいです

総合得点 74.0 感想・評価 1020 棚に入れた人 5632
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.0  作画 : 4.3  声優 : 4.1  音楽 : 3.9  キャラ : 4.1

美しい北陸の四季を背景に、祖母の経営する温泉旅館に住み込みで働くことになった東京生まれの女子高生の成長を描いたTVアニメ「花咲くいろは」(2011年4~9月放送)の劇場版。温泉旅館「喜翆荘(きっすいそう)」での住み込み生活にも慣れた松前緒花は、次第に変化していく自分に気づきはじめていた。そんなある日、緒花のクラスメイトでライバル旅館「福屋」のひとり娘・和倉結名が、女将修行のため喜翆荘にやってくる。自由奔放な結名に振り回されながらも、面倒をみていた緒花だったが、物置の中であるものを見つけて……。監督の安藤真裕、脚本の岡田麿里、アニメーション制作を担うP.A.WORKSほか、TVシリーズのスタッフが再結集。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

時系列はTV版20話~21話の間の話。

この劇場版では緒花の母・皐月の過去話が主軸として描かれます。
「花咲くいろは」という作品は
皆が何かに向かって一生懸命、悩んで迷って成長していく物語であるわけですが
皐月に関しては、TV版ではそういうキャラとして描かれていなかったので
今回あの皐月にもこんな過去が・・・といった感じで掘り下げてくれたのが良かった。
初登場となる父との馴れ初めや、緒花の名前の由来なども明らかに。

{netabare}偶然発見した業務日誌を通じて、皐月の過去を知ることになる緒花。
そして興奮を抑えきれず夜中にジャージで全力疾走ww{/netabare}
本作の象徴とも言える「走る」シーンは、劇場版でも健在でしたね。
上手く言葉にできない感情の発露。見ていて気持ちがいいし、テンション上がります。

皐月-緒花の話と並行して描かれる、ミンチや菜子のエピソードも良かったです。
66分という短い尺の中で多くのキャラの見せ場をしっかり作って
それぞれ中途半端になることなく、きっちり纏め切っています。
各エピをリンクさせて最終的に一大テーマへと昇華させていく構成も見事。
ラストでTV版のOPのシーンが出てくるとこも良かった。こういう演出には弱いですホントw

生々しいエロネタも健在で、冒頭シーンからやってくれました。
良くも悪くも岡田麿里脚本。そういう意味でやはりTARITARIとは違いますねw

TV版をリアルタイムで観て以来、久々に本作の雰囲気に触れたことで
「花咲くいろは」ってこんな作品だったよな~って見ながら思い出しました。
パンフにも書いてあったけど、それがスタッフの狙いでもあるようです。
というわけで、本作は完全にTVシリーズのファン向けに作られていますが
ファンなら観て損はなし!非常に満足できる内容に仕上がっていると思います。


※余談
上映前の「変態仮面」の宣伝うぜええええええ
劇場マナーCMでも迷惑行為や違法行為の禁止を訴えていたけど
まずはお前の変態を禁止するべきだ、と突っ込みたくてしょうがなかった。

総合得点 71.5 感想・評価 721 棚に入れた人 3823
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.1  作画 : 4.3  声優 : 4.2  音楽 : 4.1  キャラ : 4.0

監督 長井龍雪
脚本 岡田麿里
キャラクターデザイン 田中将賀
制作 A-1 Pictures
青春群像劇 第2弾 劇場版完全新作オリジナルアニメーション 

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。
そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

凄く良かったです。
幼少期に何気なく発した言葉によって思わぬ喪失を強いられ、喋ることが出来なくなってしまった少女、順。彼女を始めそれぞれ鬱屈した気持ちを抱える少年少女達が、地域交流会でのミュージカルを演じることを目指して徐々に心を開き、お互いを知り、様々なことへの気づきを通じて成長を遂げる青春群像劇。

まず、ど頭からから普段TVアニメを観ている人間にとって、脚本家、岡田麿里の名前を意識せざるを得ない展開がある訳ですよ。

順が喋れなくなってしまったきっかけ、コレが実に露悪的で意地が悪い。それでいて、一方では良かれと感じていたことが、別の側から見るとまるで違う意味になる仕掛けの上手さがある。
しかもそこで用いられているモチーフが、ただ不快感をもたらすためだけに持ち出された訳ではなく、後々にも活かされてくるんですよね。もうここだけですげー面白いなーって。なりました。
非常に練り込まれたシナリオ感強く感じましたね。

美しい秩父の背景も、ここぞの場面では回り込みなどの技法を駆使した作画も見応えありますし、ディテールがしっかりした映画だと思いますので、特にアニメを熱心に追いかけていない方にこそ実際にご覧になっていただきたいんですけど、気になるであろうこと、と言うか、鑑賞前個人的に凄く気になってたことがあるんですよね。

それは『あの花の名前を僕達はまだ知らない。』の主要制作スタッフによる作品だってことですね。力量については、知られたことで。長井龍雪監督、脚本家岡田麿里は、この10月からのTVアニメ 新ガンダム『鉄血のオルフェンズ』放送も控えてますし。

でも、ですね、私がそうですし、同様に感じる方いらっしゃると思うんですけど、あの花、凄いあざとくないですか。泣かそう泣かそう、ってのが露骨に感じられて仕方なくて、物凄い苦手でして。なんでそんな設定終盤に盛り込むんだよ、脚本の都合じゃねえか、的にですね、揚げ足取りばかりしてしまってまるで楽しめなかったんです。

ひとまず、どうせあの花と同じでしょ、心が叫びたがってるんだ、なるタイトルからして、少年少女達がクライマックスでぎゃんぎゃん叫びまくって的危惧なさる方いるかと思うし、自分自身思ってたんですけど、違いますよ、とはお伝えしたい。

[映画短評]『心が叫びたがってるんだ。』2015年のアニメ、いや日本映画を語るうえでマスト。/くれい響
http://m.cinematoday.jp/review/2214


あの花ファンへの目配せもしっかりあります。文言こそ書きませんが、Tシャツ、DTM研究会の片割れが着ます。またキャラにも合ってるんですよね。
DTM研なんて、オタク当たり前世代ならではでありながら、部室ではボカロに伊勢佐木町ブルースを歌わせながら、カード麻雀に興じるなんてのも岡田麿里脚本らしさかもしれません。
喋れない順でもLINEと思しきSNSを用いてコミュニケーション取るだとか、今ここ感ある現代的アイディアもいいです。

個人的グッときたのは、ふれあい交流会の出し物を決めるまだ話し合いの中で、ミュージカルの提案に消極的空気が広がる中、ダンスの振り付けや、DTM研が音楽等から参加への意志を示す場面。自分らの好きなモノを持ちよって新しいモノを作り上げるのっていいよなと。ここもオタクが当たり前世代的でもあるし。

自分が学生の頃思い出しちゃいました。何もせず、何も出来ず、ただ他グループの陰口でガス抜きに興じるだけだった頃のこと。何かをしてみても良かっただろうに、せめて冷笑的態度やめろよって今なら思えるんですけどね。

好き度6/7
2015.09.19 TOHO新宿

総合得点 64.8 感想・評価 559 棚に入れた人 2579
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.6  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

舞台は、埋立地に作られた街・洲籠市。

かつては未来型都市として栄えたこの街に住む高校生・阿形勝平は、なぜか痛みを感じない不思議な身体を持っていた。

夏休み目前となったある日、勝平は謎の少女・園崎法子の手引きにより、痛みを共有する仲間「キズナイーバー」の一人に選ばれてしまう。

そして、同様に「キズナイーバー」として繋がれたクラスメイトたち。

しかし、彼らは本来なら仲良くなることのない別々のグループに属していた。

園崎は言う「これは、争いに満ちた世界を平和に導くための実験なのです。」

その言葉とともに数々の試練が彼らに降りかかる。

互いの傷を背負うことになった、少年少女たちのひと夏の物語がここから始まる!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

オリジナルアニメーション。

互いの傷を繋ぐ「キズナシステム」により繋がれた高校生たち。
痛みを分け合うことで本当の繋がりを得る、という説明を受けるのだが……。


面白いですねぇ。

冒頭だけを見るとシリアスなバトルとかそっち方面に見えます。
ちょっと進むと、はちゃめちゃなゲームに巻き込まれる、カイジとかライアーゲームとかそっち系の作品に見えます。

……でも実は甘酸っぱい青春ドラマだった!


この作品、設定はゆるゆるです。
キズナシステムがどういう仕組みなのかとか、バックボーンはどうなっているのかとか、
設定部分にはあまり触れません。

また、特筆すべき伏線もありません。
流れに任せ、トラブルが次々に降ってくるタイプのアニメです。
{netabare}
かっちょんとのりちゃんが知り合いだった、ってのはわかりやすすぎるし、よくある設定。
当たり屋の話をしたあとにかっちょんが当たり屋みたいなことをやったり、小ネタは効いてるんですけどね。
{/netabare}
キャラクターも、一般的な感性からは理解しにくい思考の持ち主。
これからどういう行動を取るか予想がしにくいです。


ですが、そんな彼らの人間関係が構築されていくさまを見るのがとても楽しい!
たしかにキャラクターは変人揃いで個性的。
しかし、内面は歳相応の少年少女であり、悩み、あこがれ、恋をする。


クラスメイトという設定はあるものの、親密度はほとんど0です。
そこからどうやって1になり、2になり……と進んでいくのか、
各個人の立場から丁寧に描いています。

各個人によって違う、つまり、メンバーに温度差があるのがポイント。
「一緒の境遇だからもうお友達!」という人もいれば、いつまでたっても「強制的に繋がれただけのあかの他人」という人もいる。
グループとしての達成度ではなく、最後まで個人の考え方を重視しているのがいいですね。
この温度差をどう埋めていくのか、どこが落とし所になるのか、少しずつ模索していきます。


設定もキャラも破天荒に見えますが、芯はしっかりしています。
「繋がる」とはどういうことか、「友達」とは何か、テーマはぶれることがありません。

{netabare}
心の中が見えればすべてうまくいくか。

決してそんなことはない。
人の心の中なんて汚いもので、きっと聞きたくない言葉がどんどん胸に突き刺さる。
アニメ内の表現なんてまだマイルドなほう。

わからなくたっていい。
むしろわからないからこそ「わかろうと努力」できる。

それが「繋がる」ってことの本質なんじゃないか。

シンプルながらいいテーマ、いいまとめ方です。
{/netabare}

こういう話好きですねー。
特殊な環境に置かれた特殊な人間関係を扱った思考実験。
それでいながら、扱っているのは普遍的なテーマ。
そして、大事な場面では共感できる心理や行動をちゃんと表現。

作るのが非常に難しそうですが、うまくまとめ上げていると思います。


映像もすごく活き活きしていました。
綺麗だとかリアルではなく、動きを重視した「アニメーション」。
電撃ビリリのリアクションとか昭和チックで好き。
表情豊かで見ていて飽きませんでした。


良かったよ!

総合得点 68.0 感想・評価 413 棚に入れた人 2396
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.7  声優 : 3.9  音楽 : 3.6  キャラ : 3.9

全寮制の私立「黒主学園」には、一般生徒が通う普通科(デイ・クラス)と、エリートで美形揃いの吸血鬼(ヴァンパイア)が通う夜間部(ナイト・クラス)が存在するが、普通科の生徒は夜間部全員が吸血鬼という事実を知らない。5歳以前の記憶を持たない主人公・黒主優姫は、麗しい吸血鬼で夜間部のクラス長を務める玖蘭枢に命の恩人として憧れつつも、錐生零と共に学園の秘密を守るため、風紀委員として守護係(ガーディアン)を務めている。人間と吸血鬼を共生させる学園、そして、吸血鬼を激しく憎む零には、それぞれにひた隠す秘密があった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

回を増すごとに真剣に見入ってしまいました。
これハマる人はハマりますね(^^)
主題歌もどう言う人が歌ってるのか気になってしまって〜。
日本の歌手は全く興味なかったのですが、このアニメで珍しく!そこで今更ながら調べました。
on/offと言う双子(一卵性)の歌手で割とイケメンだったんですね(^^)
劇中で、ヴァンパイアの族種とか、ちょっとわからない用語が時々出てくるので、それって何???だったので、調べながら観てました(苦笑)
自分の様にスルー出来ない方はWikipediaでヴァンパイア騎士の世界観、用語を事前に見ておくとスムーズに楽しめると思います。でもミステリアスなところもあるので、STORYを楽しみたい方は、あらすじと言う項目は見ないように、結構詳しく書かれてたので要注意です!
最終回も、始めから2期があることを知ってて観てたので、続きは2期だなって感じで観終えたけど、当時ハマってた方はさぞかし2期が待ち遠しかったかと思います。
絵が割と美形、イケメン系だからこんなにハマれたのだと思います。
実写のヴァンパイアって不気味なのが多いから(苦手)
さ〜て続きの2期観に行きま〜す(^-^)/

総合得点 67.2 感想・評価 312 棚に入れた人 1671
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 3.6  キャラ : 3.9

緋桜閑の死によって、学園は平和を取り戻していた。相変わらずガーディアンの仕事を忙しくこなす優姫。
そこへ、しばらく姿を見せなかった零が戻ってくる。零が無事だったことに安堵する優姫。ところが、零は閑殺しの嫌疑をかけられ元老院から狙われてしまう。枢が零の無実を証明しなかったことで、優姫は枢に反発し…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

続きが気になって止まらなくなる。

1期よりも展開早かったし
次が気になって
あっという間に観終わってしまった。

戦闘シーンは少女漫画だからなのか
かなりチープ、というか一瞬で終わる。
あれ?これでおしまい?
っていうあっけらかんとした感じ。


メインは切ない禁断の
恋愛ストーリーみたいな。

出てくるキャラ出てくるキャラ
イケメンだったし、女の子向け。


エンディングは前触れが長くて
はじまってしまえばあっという間な
展開だったんだけど
私は納得のいくエンディングで。

感動しました。

総合得点 88.7 感想・評価 4586 棚に入れた人 21408
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.8  キャラ : 4.1

学園の問題児の巣窟『さくら荘』に住む高校2年生の神田空太は、変人たちに振り回されながら、『脱・さくら荘!!』を誓う毎日。そんなある日、『さくら荘』に、可愛くて清楚で、しかも世界的な天才画家である椎名ましろが越してくる。彼女を寮の変人達から守らねば!と考える空太だったが、ましろにはとんでもない秘密があった。なんと彼女は外に出れば必ず道に迷い、部屋はめちゃくちゃ、ぱんつすら自分で選べないし、穿けない、生活破綻少女だったのだ!空太は寮生たちによってましろの“飼い主”に任命されてしまう。こうして凡人・空太と天才少女・ましろの“飼い主とペット”生活が幕を開け―?この物語は、変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメである。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

【物語】

ユニークなツッコミ劇が楽しめる反面、真面目に考えさせられるテーマが根底にある。
キーワードは「才能」ですかね。
その意味で単なるラブコメではない。
とらドラ!より断然こちらの方が面白いと感じました。

あと、ラッキースケベが少ないのが良い。
私はスケベシーンがどうも苦手で・・・。
たしかに、ちょっぴりエッチなシーンは多々ありますが、それはあくまで演出上やむをえない程度。
キャラ付けに必要な程度ということです。
無意味なラッキースケベシーンが意外と少ない、だからコメディ要素が強いにもかかわらず全体的に締まりがあるのかもしれません。

ストーリー展開もテンポ良く、最後まで一気に見ることができました。

ただ、芸術高校という設定の下、それぞれのキャラのクセ・スペックは標準的とは言えません。
そのため、他の作品に比べキャラに感情移入しにくいかもしれません。
多くの方のレビューで評価がいまいち伸びないのはその辺りにあるのではないでしょうか。
逆に、その点を気にしない方、あるいはキャラに十分感情移入できる方にとっては高評価でしょう。



【作画】

安定しており、背景も綺麗に描かれています。



【声優】

松岡禎丞さん(神田空太役)と高森奈津美さん(上井草美咲役)の演技に注目してほしいところです。

松岡さんのツッコミの爽快感は抜群です。
SAO同様、イケメン叫び声も良かった。
うまいというより、キャラと合っているという印象です。

そして、何と言っても高森さんの演技力には脱帽でした。
天真爛漫なキャラって相当難しいんですよ、実は。
特に、美咲先輩は作中で最もテンションの振れ幅が大きいキャラですしね。
演技の幅広さがすごいな、と素直に思いました。



【音楽】

個人的に物語前半のOP・EDは大好きです。
それほど人気がない(?)ようですが、両曲ともに隠れた名曲だと思います。
バックミュージックは可もなく不可もなくといった感じ。



【キャラ】

主要キャラに関しては申し分ないです。
モブキャラの描写がもう少し丁寧に描かれていればなお良かったと思います。



※標準☆3.0 最高☆4.5で評価しています。

総合得点 83.0 感想・評価 2283 棚に入れた人 12316
★★★☆☆ 3.9   物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.9  音楽 : 3.8  キャラ : 4.0

ある日、魔法使いの姫君が、魔法が使えない無人島に閉じ込められた。またある日、一人の少年が復讐のために魔法使いと契約した。復讐と魔法が織り成す前代未聞の戦いが始まる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

友人に「絶縁のテンペスト」はマジ名作だから観ろと強く勧められたので視聴。

あらすじとしては、(知っている方は飛ばしてください)
ある日、魔法使いの姫君である鎖部葉風が魔法を使えない無人島に閉じ込められた。
葉風が海に流したボトルメールの中には小さな人形が入っており、声だけの通信が可能。
それを偶然拾った不破真広は
1年前に妹の愛花を殺した犯人を探す手助けをしてもらうことを条件に
葉風に手を貸すことになる。
一方、街では無数の蝶たちが舞う中、黒鉄病と呼ばれる奇病により人々は金属化していく。
真広の親友、滝川吉野も巻き込まれていき、壮絶な戦いの幕が上がる。

まず、キャラデザを見て友人に文句を言いました。

不破真広は金髪の釣り目でオラオラ系のオレイズム。
頭も切れるし、運動神経バツグン。
「チッしょーがねーな」とか言いつつ子猫を拾うタイプですw

滝川吉野は一見優男風なんですが、
非常に頭が切れ、いざという時は躊躇なく銃の引き金を引ける冷酷さもあり、
芯が強いタイプです。

その他出てくる男キャラ全員が美男ばっかりです。いや、美男しかいません。

俺 「おい、なんだこのイケメンパラダイスは!
   俺が腐女子だったらカップリングはかどりまくりじゃねーか!!」

友人「ポイントはそこじゃねー!ストーリーだ!!」

俺 「ストーリーってどうせ魔法バトルの復讐劇だろ。
   しかもテンペストって。どうせイケメンがシェイクスピア気取りの
   キザいセリフのたまうんだろ?なに?ハムレットもかよ。うぜー!」

友人「いいから黙って8話まで観ろ!いいか、8話までは絶対観ろよ!!
   文句はその後聞いてやる」

俺 「お前は上島竜兵か! そこまで言うなら観てやんよ!!
   だが、つまらなかったら熱々のおでんを鼻から食えよ!!」

ということでのろのろと8話まで視聴したんですけど・・・これは驚愕の展開!!
そこからは全24話のこの作品をほぼノンストップで完走でしたw 友人サーセン!!

この作品では、魔法バトルと言っても火や雷を使うというようなものじゃなく、
加速や防御といった地味なもので鉄パイプとかを武器にして戦うといったものです。
駆け引きや戦術といった面が大きく、バトルそのものもなかなかの迫力です。

ただ、この作品はバトルメインではないのです。
テーマは「運命」もしくは「運命への抗い」
そして一体誰が真広の妹愛花を殺したのか?

伏線の張り方やミスリードさせるような仕掛けが上手く
「続きはよっ!!」とのめり込んでしまうようなおもしろさがあります。
だだ、物語の後半(14話くらい)からはラブコメ要素が強くなる部分もあるのですが、
正直この辺はちょっとダレました。
ピークは8話から前半ラスト、後半は人によっては評価が分かれるでしょうが、
それでも引きつけられる展開だとは思います。
それに物語の幕も綺麗に下ろしてくれたので心地良い余韻に浸れると思います。

いや~おもしろかった~
ここ最近のアニメの中では、相当いい出来の作品だと思います。
今度友人にセブンイレブンのおでんでもおごってあげようと思います。


「ネタバレありの雑感」(未視聴の方は絶対に見ないで下さい)

{netabare}愛花が自殺したのは、吉野と真広の為というのは分かる。
愛花が生きていたら1年後に吉野と真広が生きている保証はないわけだし、
それこそ黒鉄病で死亡してたかもしれないしね。
でもやけにあっさり受け入れちゃったよね。
まぁ愛花らしいと言えば愛花らしいけど。
今思えば愛花の回想シーンがやたら多かったのも
愛花ってそういう人だからと視聴者に納得させる為だったかもね。

あとは絶縁の魔法使いが吉野だと完全に思ってましたw
でも、そっちの方がおもしろかったかもって思ったりします。
最後の戦いでは、吉野も真広もただの傍観者だったしね。
もうちょっと二人の活躍シーンが見たかったです。
でもあの二人が本気の殺し合いをするところなんて見たくないですしね。
難しいところですね。

最後に好きなキャラは鎖部左門です。
彼のリアクション芸はそれこそ上島竜兵、いやカイジばりでしたねw {/netabare}

総合得点 85.3 感想・評価 2450 棚に入れた人 12216
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 3.9  声優 : 3.8  音楽 : 3.8  キャラ : 4.0

聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

舞台は中世ヨーロッパ。
悲しい過去を持つ少女ヴィクトリカと日本人の少年久城一弥との物語です。
ミステリー・推理ものということですが、実際はちょっと違う感じがしました。
前半は事件が中心の推理もので、あまり中身がないなぁってのが正直な感想でした。
しかし、後半になるにつれてただの推理ものとは違うストーリー重視の展開になっていき、なかなかの見応えでした。
特にヴィクトリカの母コルデリアの登場からの展開はよかったと思います。
彼女のヴィクトリカに対する愛がすごく感じられました。
悲痛な運命にありながらも最後まで娘を愛したコルデリア…
真の親子愛というものをそこに感じました。
そしてヴィクトリカと久城の出会いから最終回に至るまでの2人の関係や触れ合い。
辛い過去を持つヴィクトリカにとって久城の存在は本当に大きな存在となっていたんだと思います。
時にはぶつかり合ったりもしたけど、やはり2人の愛は永遠なんだと感じました。
最終回は本当に感動しました!

主題歌はOPもEDも素晴らしいと思います。
OPの『Destin Histoire』はすごくいい曲で自分は大好きです!
OPを歌う吉木りささんはグラビアアイドルでもあるのにすごく歌がうまいです。
EDは2曲ともコミネリサさんが歌っていますがすごく壮大な曲で聴き入ってしまいます。

キャラについてですが、ヴィクトリカがかわいすぎます!
こんなにアニメキャラがかわいいと思ったのは久しぶりです。
服装や表情もいろいろ変わりますが、自分は風邪を引いた時のヴィクトリカが1番好きです。
すごくシリアスな展開にも関わらずヴィクトリカのかわいさで癒されます。
でも病んでるヴィクトリカはあまり見たくないです…
容姿、声、服装、言動、行動、そのすべてがかわいいです。
ヴィクトリカは声優の悠木碧さんが好きになったきっかけでもあります。
でも、ヴィクトリカだけが目立ちすぎて他のキャラの影が薄かったのは残念でした。
アブリルとかアブリルとか…

ヴィクトリカのかわいさが視聴を継続した理由でもあったわけですが、完走してみると作品としてもとても素晴らしい作品で個人的には非常に満足できました。
この作品はけっこう頭を使う作品という印象です。
決してヴィクトリカのかわいさだけが魅力の作品ではありません。
ストーリーもとてもしっかりしています。
しかし、途中で少し話が難しくなってしまい全てを理解することは自分にはできませんでした。
全てを理解できた人は本当に素晴らしい作品だと思えるでしょう。

総合得点 73.9 感想・評価 970 棚に入れた人 5522
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.6  声優 : 3.8  音楽 : 3.8  キャラ : 4.0

引きこもりの日々を過ごす少年・桜田ジュン。彼はネット通販で買った商品を、期限ギリギリでクーリングオフしてスリルを楽しむという、鬱屈した性格の少年であった。
ある日、彼は怪しげなダイレクトメールを受け取る。そこに書かれた、「まきますか まきませんか」との問いに、軽い気持ちで応えてしまう。すると翌日、薔薇の装飾金具の付いた重厚な革製の鞄が送り付けられて来た。
鞄を開けると、中にはまるで生きているかのように精巧に作られたアンティークドール(少女人形)が収まっていた。興味半分にジュンが螺子を巻くと、人形は目覚め、「ローゼンメイデン(薔薇乙女)の第5ドール真紅」と名乗り、ジュンに対して、自分と契約して家来となる事を要求する。
最初こそ真紅の尊大な態度に反発したジュンだったが、突如窓ガラスを割って侵入してきた人形に命を狙われ、訳も分からぬうちに真紅と止む無く契約を交わしてしまう。こうして、真紅に関わる事により薔薇乙女達の争いに巻き込まれてしまったジュンは、様々なドール達やその関係者達との出会いを通じて、その心を成長させていく事になる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作未読。

引きこもり中学生、桜田ジュンの元に、「真紅」という人形が現れる。
ゼンマイを巻くことで、まるで人間のように行動する真紅。
真紅は「ローゼンメイデン」と呼ばれる人形たちの1体だった。
しかし、ジュンはローゼンメイデンの争いに巻き込まれてしまう。
戦いの中、ジュンがドールたちを通して成長していく話。


ローゼンメイデンのドールたちは、自分の力だけでは動くことができません。
誰も見つけてくれなければ、永遠に動かないままカバンの中にいるしかありません。
対して、ジュンは自分の力で動くことが可能なのに、部屋に閉じこもって出てこない。
この対比がストーリーの中核を担っています。


また、本来心をもたない人形がジュンの心を成長させる。
そういう切り口で見ると深いテーマが隠されていそうですが、そこまで立ち入っていません。

あくまで「戦いの中で得る成長」がテーマです。


ただ、ジュンが引きこもるきっかけは弱い気はします。
まあそこはご愛敬。
本編でもちゃんとフォローされていますので良しとしましょう。
{netabare}
真紅「時には雨が降り、嵐が吹き荒れることもある。景色が移り変わり、放っておくと取り返しが付かなくなることもあるの。その度に、アナタは戦い続ければならない。それが……」

ジュン「それが"生きている"ことだから」

このように、
「生きることは戦いである」ということを、今まで何度も戦い続けてきた人形に教えてもらったわけですね。
{/netabare}

今でも色あせないキャラクターデザインと、各キャラの個性の強さ。
また、ギャグとシリアスのバランス、物語のテンポもいいですね!

階段回は大爆笑でした。

ペース配分が絶妙なので、一気に見てしまう勢いがあります。
ドールのネーミングも独特で素敵です。
ただし、人名は……。


老若男女問わずオススメできる作品。
麻生太郎も絶賛です。

↓ローゼン閣下の真相↓
{netabare}
司会:『ローゼンメイデン』を読んだことはありますか?

麻生:「あります」

何でこの話を聞いたかというと、『ローゼンメイデン』っていう本がたまたま羽田の飛行場で売ってたんですよ。で、このローゼンメイデンというのを、「これが、『ローゼンメイデン』って言うのか』って思ってたまたま見てたら、そこに中学生の修学旅行がいて、パシャパシャパシャって(携帯電話で撮られて)。それがあっという間に流れて、「麻生は少女漫画を読む」って話になっちゃったんです。たまたまこれが、と。
だけど、最近みんなこう……どれもこれもやたら目玉が不必要にデカく描いてある漫画が多くて、『ゴルゴ13』みたく目の小さいのってのは本当に少ねぇな。ははははっ。ねぇ、どうしてこんなに大きく目玉が描いてあるんだろう。

司会:あれはたまたまだったんですか?

麻生:『ローゼンメイデン』はそう。ただ、「ローゼンメイデン閣下」(というフレーズ)がいつのまにか何となく(広まって)、とにかく、何だろうね(私に対する)ハンドルネームまで「閣下」みたいな形になってたりしてるでしょ?

http://www.garbagenews.net/archives/1447038.html
{/netabare}

総合得点 70.3 感想・評価 836 棚に入れた人 5085
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.5  作画 : 3.9  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.7

渋谷で起こった大規模テロから2年。少女・カナンは、上海で対テロリスト組織の依頼により、武装集団「蛇」に対抗する日々を送っていた。渋谷テロの実行犯と目される「蛇」の首領・アルファルドは、かつてカナンと共に戦った仲間でありながら、現在は袂を分かち、南アジアで潜伏を続けている。
一方、フリーライターの御法川は、日本の三流雑誌社「ヘブン出版」の取材で、カメラマンで助手のマリアと共に上海へ向かっていた。マリアはそこで、中東で知り合った少女・カナンの気配を感じる。
華やかさと猥雑さが交じり合う"魔都"上海。かつて渋谷を震撼させた"ウーアウイルス"の脅威の影で、それぞれの運命が再び交錯を始める…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作は知らないが、P.A.WORKSの元請けアニメなのでTrue TearsやAngel Beatsや花咲くいろはと同様に原作はあって無いようなものと思われる。

バトルシーンの作画は素晴らしく、他ではTVアニメでこのレベルはまずない。
ストーリー的にはラストは意味があるものだったが、不思議と続きが気になるほど引き込まれる内容でもなく、なんだかなぁという感じ。
1クールの物としてはレベルは凄く高いのだが、絶対に見ておかないと後悔する、と言えるほど人に薦めたい内容でもなかった。

True Tearsで感動したっていう人なら一応見ておいた方がいいと思う。
自分はアレよりは良いと思った。

総合得点 61.2 感想・評価 883 棚に入れた人 4689
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.1  作画 : 3.6  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.3

中学校へ進学した黒衣マトは、同じクラスの小鳥遊ヨミと親しくなる。1年間を通じて友情を深めあった2人だったが、2年生になって違うクラスに分かれ、マトに友人が増え始めた頃から、2人は少しずつすれ違うようになっていく。ある日、ヨミが学校を欠席していることを気にかけたマトはメールや電話をしてみるが、一向に通じない。落ち込むマトの携帯に一通のメールが入るが、それはヨミからではなく母からのものだった。「小鳥遊さんが行方不明になり、警察が事情を聞きに来ている。すぐ帰ってきなさい」と…

同じ頃。この世界とは違うどこかの世界で、左目に青い炎を灯し、大型の砲を左腕に装着した謎の少女が、何者かと戦いを繰り広げていた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

OVA視聴済み。

「ブラック★ロックシューター」というボーカロイドの曲から作られた物語です。

主人公の黒衣マト(くろいまと)は、中学生活を始めたが、同じクラスの小鳥遊ヨミ(たかなしよみ)と親しくなることで、周囲の環境が変化していく。
その頃、どこか別の世界ではブラック★ロックシューターが何者かと戦い続けていた。
通常世界のキャラクターと、精神世界のキャラクターが密接にリンクするストーリー。


十分な出来じゃないか!

迫力のあるキャラクターの動き、色鮮やかな世界、スピード感あふれるアクション。
映像作品としてだけでも楽しめました。

ただ、精神世界での戦いと日常の作画に差がありすぎたのがちょっと残念。

設定に関していえば、世界観の説明不足があります。
しかし、何でもかんでも説明し尽くしてしまうと、キャラクターの行動に矛盾が生じたり、ご都合主義な展開が目立ってしまうんですよね。
世界観を小出しにしていったのは、プラスに働いたと思います。

そして、要所要所に歌詞と全く同じセリフが出てくるのも、忘れちゃいけないポイントです。
視聴前に歌詞を見ておくといいかもしれません。
内容、セリフともに歌詞と上手に繋がっています。

たった1曲の歌から作られたアニメとしては、ストーリーも演出も満足のいく仕上がり。


テーマは「心のつながり」です。
人間はそれぞれ自分の「色」を持っている。
しかし、他人と触れ合うことでその色は混じり合い、やがて濁ってしまう。
そんな真理を「コトリトリ」という本のエピソードを通して表現しています。

また、中学生という多感な時期の少女の心。
ちょっとしたことで、心が大きく傷ついてしまいます。
それが、異世界での激しく、そして痛々しい戦いとして描かれています。


みなさんのレビューを読むと、「意味が分からない」という意見が多いようですね。
世界観が明らかになるのは後半ですし、前半は抽象的な表現を使っているので、流し見していると、たしかに意味が分からないと思います。

↓分からなかった方はこちら(私の解釈です)↓
{netabare}
心が傷つくたび、その傷を異世界の自分が、肉体的ダメージとして代わりに引受けてくれる。
そして、異世界の自分が死んでしまえば、その傷は綺麗さっぱりなくなってしまう。
その影響は現実世界にも及び、「忘却」という形で心の奥底にしまいこまれてしまう。

他人や自分が傷つく(他の色に染まる)のを怖れ、心を開くことなく暮らしてきた黒衣マト。
おかげで彼女の分身であるブラック★ロックシューターは、力を隠し、常に戦い続けています。

一方、現実世界での苦しみに耐えきれず、精神世界のストレングスと役割を交換した神足ユウ(こうたりゆう)。
ここから、現実世界と精神世界は互いに行き来できることが分かります。

そして、この二人の立場から、心のつながりによって生じる「痛み」をどう扱うか描いています。
心の痛みの原因を作らないようにするのか、心の痛みから逃げるのか。

自分のせいでヨミがおかしくなってしまったと思ったマトは、現実世界にいたユウ(=実はストレングス)の力によって、精神世界に行くことになります。
しかし、それがブラック★ロックシューターの本当の力を目覚めさせてしまうことに……。


コトリトリのエピソードにあるように、人間の持つ色は、混じり合うとどんどん濁ってしまいます。
しかし、そうしないと人間は繋がっていけないものです。

異世界での戦い、そして、ストレングスやサヤ先生の呼びかけの中、人間は傷つけ合わないと、本当の意味で繋がっていけないことを知ったマト。
彼女は、自分を傷つけ、人を傷つけ、そうやって繋がっていく方法を選択……つまり、心を開き、世界の壁を壊すことを決意しました。

そして、最後に放った光は七色に輝き、真っ白な世界を作り上げました。
その時に混じり合った色は、絵の具の色ではなく、光の色だったのかもしれません。

すべてが終わり、精神世界にいたマトもユウも現実世界に戻ってきました。
この後も、精神世界での戦いは続くでしょうが、それはお互いがいがみ合っているからではなく、そうしないと人は繋がっていけないから。
好きだからこそ、傷つけあい、本当の友情をはぐくんでいく。
そうやって、彼女たちは大人になっていく、という物語です。
{/netabare}

8話という短さですが、内容は濃いです。
もっともっと評価されてもいい作品だと思います。

総合得点 77.9 感想・評価 968 棚に入れた人 4629
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.1  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 4.1  キャラ : 4.0

甲賀卍谷と伊賀鍔隠れに潜む一族は、ともに服部半蔵に率いられる忍者群同士でありながら、源平の昔より数百年、互いに憎悪を抱く不倶戴天の敵同士でもあった。服部の統制下、両門争闘の禁制によりかろうじて和平を保っていた。そのような中、甲賀組の首領甲賀弾正の孫弦之介と伊賀組の頭目お幻の孫娘朧は恋仲にあり、両家の縁組がすめば長きに亘った甲賀と伊賀の確執も解けるかと思われた。

そんな事情を知ってか知らずか、慶長19年4月末両首領を駿府城に呼び出した徳川家康と半蔵(二代目)が甲賀・伊賀の忍びに与えた使命は実に戦慄すべきものであった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

次を見たくなる衝動、ストーリーの完成度、そして音楽とまさに完璧の作品!

アニメにおいて、人が死ぬことはそう珍しくない。
そして、バトルものにおいては死など日常茶飯事。

しかし、バジリスクにはその死、すべてにおいて意味がある!
愛・友情・欲望・プライド・譲れぬ想い…。
理由は異なれど、自分の貫いたものを譲らぬ結果の死というものは価値があり、それ故に物語に入り込め共感できます!

間を置かないスピーディーな展開に、白熱のバトル、そして感動の数々!
個人的には今まで見たアニメの中で、最高傑作と言う他のない作品だと思います!!

ちなみに余談ですが、私個人としては蛍火が好きでした♪

総合得点 71.0 感想・評価 720 棚に入れた人 4360
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.6  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.7  キャラ : 3.9

19世紀後半、英国名門貴族トランシー家。若き当主アロイス・トランシーは生まれてまもなく攫われ行方不明となっていたが、漆黒の執事クロードとともに帰還した。クロードはアロイスに絶対的忠誠を誓っており、広大なトランシー邸の一切を切り盛りしていたが、名前以外はすべてが謎に包まれていた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

…というワケで、OPが1期は【シド】から、
2期は【the GazettE】に変わりました♪

ので、思わずタイトルで口ずさんでしまいましたw
いや、熱唱でしょうか?

…冗談ですwwwww

えぇ…、でも僕、結構【黒執事】の選曲、キライじゃないですよw

ガゼットの曲聴くのは初めてでしたけど…
1期同様、飛ばさずにちゃーんと毎回観ました♪
いや?聴きました、か…?w


…と、肝心の物語ですが…全12話の前半はギャグ多め。
恐らく1期よりもギャグ多めwいろいろ可笑しい、笑えますw

そして、フツーの人間様たちはあまりお見受けできなくなりましたw

使用人登場率さらに低下↓(´・ω・`)フィニたん…うぅっ…。

≪黒執事×黒執事≫
セバスチャン以外にもう1人“あくまな執事”が現れます♪
もちろん、執事にはご主人さまがおりまして、
名を
【アロイス・トランシー】と申します。
・金髪、青い目…見た目は可愛らしい…
・だが…何故だ!!君には可愛げが見当たらない!!щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!ぼ、僕はどうしたら…(;∀;)

そして彼に仕える執事、
【クロード・フォースタス】
・櫻井さんのヴォイス☆キラリ
・金色の瞳にメガネっ!メガネ♪

どちらも原作にはでて来ない、キャラでして。。。
(どーりで、なかなか原作読んでてもでてくる気配がないワケだw)
(え?原作買ったの?∑(゚Д゚))
(えぇ、買いましたケド、何か??ww)

中々、この新キャラ方には心奪われずでして…
1話はたまらなく落ち着かなかったですwww

でも、愛するシエルたんとの再会(*´∇`*)ニヘヘ…
そして、死神グレルの相変わらずな扱い…w
やっぱり執事はセバスチャンに限るd(>_・ )いい声グッ!
(シエルポジションのセバスのお姫様だっこ…(゚ρ゚*)ウラヤマシイ…)

で、完走いたしました☆
もちろん、これから視聴なさる方は1期からでないと
状況が呑み込めませんので、そちらからぜひともどうぞ(*゚▽゚)ノ

終わり方は…そうね…ん~そう来たか、と。
なんかモヤっとしなくもないかな…
衝撃的といえば衝撃的…ね。
シエルたん…(´・ω・`)

…ただ、まだ話として続けようという気なのか
と見れば、まぁ、そうですか…な終わり方です(´・ω・`)

(どんなだよ(`△´)って怒らないで~wネタバレしないって難しいわ~♪あたしの語彙力では不可能DEATH!!☆キラリ)

-シエル・ファントムハイヴの魂は、
誇り高く、気高い、揺らぎのない…痺れるような極上の魂-


☆OVA収録-死神ウィルの物語☆
たまたま録画していたので、いい機会だと本編視聴後に視聴♪

物語は死神【ウィル・T・スピアーズ】と【グレル・サトクリフ】の
新人“死神”時代の思い出話…

いやん♥若かりし頃のウィル…素敵…モジモジ(。_。*)))
グレルもなかなか…?と思ったら、やっぱりグレルはグレルでしたwwwそれにしても福潤楽しそうだww

そして、死神たちには“メガネ”が必需品☆
そう…、死神の世界はメガネ天国~♥アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

総合得点 77.0 感想・評価 756 棚に入れた人 3998
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.2  作画 : 4.0  声優 : 4.1  音楽 : 4.3  キャラ : 4.3

ARIAシリーズ第2期のアニメ作品。前シリーズ最終回で描かれた大晦日のエピソードから数日後。ARIAカンパニーで修行中の灯里(あかり)たちは、新年を祝うカーニヴァルへ繰り出そうとしていた。しかし、毎年この時期になると、アリア社長ら猫たちはなぜか姿を消し、街にはカサノバの扮装をした者が現れるのだった。少女たちの「出会い」をテーマに、切なくも心温まるストーリーが展開する「癒し系」作品。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

癒されます。なぜか泣きそうになります。

ストーリーがいいのか?と聞かれれば、
答えはNOです。

じゃあ、何がいいんだろう?

それはわかりませんw

当たり前の日常の、本当に些細なこと。

景色がきれいだった。
ちょっとした人の優しさにふれた。
少しだけ良いことがあった。

そんなたいした事のない出来事ばかりなのに、
なぜか感動する。

ほのぼのするし、癒される。

ほのぼのを極めると、なぜか感動するという事がアリアのおかげでわかりました。

つかれている、時間に追われている人は、
寝る前に1話ずつでもいいので、観てみてはいかがかと。

総合得点 64.1 感想・評価 747 棚に入れた人 3818
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.2  作画 : 3.6  声優 : 3.5  音楽 : 3.4  キャラ : 3.4

舞台は世界を管理する“フラクタル・システム”が完成し、人類が働かなくても生きていける楽園に足を踏み入れてから1000年後の未来。システムはかろうじて稼働していたが、誰もシステムを解析することはできず、ただ維持し続けることが幸せの条件だと信じて疑わなかった。しかし、大陸の片隅ではフラクタルが崩壊し始めていた。漫然と日々を生きる少年・クレインは、ある日何者かに追われ崖の下に転落した少女・フリュネを助ける。少女との出会いに心躍らせるクレイン。だが、フリュネはブローチを残しクレインの前から姿を消した。ブローチに残されたデータには、少女の姿をしたアバター、ネッサが閉じ込められていた。ネッサとともにフリュネを探し旅にでるクレイン。そこで彼は“システム”の秘密を知ることになる―

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

この作品はかなり自分の好きな要素を盛り込んでいました。
未来、冒険、世界観とかなり質が良かったです。

ですが私の理解力がないせいか。
分からない事なども出てきて楽しんでは見れたのですが・・・
モヤモヤが残るとやはり清清しく見れた感じは起きませんでした。

あと最初はかなり子供向けなピュアなアニメだなーと思って居たのですが。
あとあと変態男やクローンやグロいシーンなどがあり。
自分的にはピュアを突き進んでいって欲しかったです^^;

好みによると思いますが。
私は結構楽しめました!参考になりましたら幸いです!

総合得点 65.4 感想・評価 787 棚に入れた人 3805
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.7  作画 : 3.6  声優 : 3.7  音楽 : 3.7  キャラ : 3.7

都会に引っ越してきてから、友人もなくただ日々を特に不満もなく過ごしていた女子中学生「小湊るう子」。そんなるう子を気遣う祖母をみかねて、兄がるう子に買い与えたものは、中高生の男女を中心に人気のWIXOSS(ウィクロス)というカードゲームであった。渡されたカードゲームを開け、中に入っていたある1枚のカードを見ると、カードの中に描かれた少女が突然動き出した。不思議に思うるう子をよそに、その少女はるう子にバトルがしたいと言い続ける。その少女の事をタマと名付けつつ、不思議な事態に困惑している彼女の前に、るう子の事をセレクターと呼ぶ、同級生の紅林遊月からカードバトルを挑まれる。タマは一体何者なのか?セレクターとは?希望、願望、欲望。それぞれの想いを胸に少女たちは危険なゲームの渦に飲み込まれていく──

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ただのカードゲームアニメかと思いきや・・・^^

■第1話~第12話
{netabare}
カードバトルに勝ち続けると願いを叶えられる一方で
3回負けると・・・ってのがありましたが、
3回って結構キビシイですね。

その割に叶えられる願いも、ルリグによっては
イマイチだったり^^;

秋から2期始まるみたいですが、途中退場した
アキラッキーは再登場するんでしょうか。

ひっとえーも一時退場しましたが、復活したので
2期で活躍してくれるといいですね^^

OPの曲がかっこいいです♪
{/netabare}

総合得点 64.6 感想・評価 770 棚に入れた人 3785
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.3  作画 : 3.8  声優 : 3.7  音楽 : 4.0  キャラ : 3.6

アクエリオンのかつての激戦から1万2千年後――次元ゲートを超えた「異次元」からのアブダクターが人間を拉致し、その襲来に人々はおびえて暮らしていた。これに対抗できるのは「アクエリア」と呼ばれる合体兵器のみ。構成する3機のベクターマシンに乗り込むのは、学園「ネオ・ディーバ」に集められた若きエレメント候補生たちである。だが学園の男女間は恋愛できないよう障壁で隔てられ、男女間の合体もかたく禁止されていた。ある日、エレメント能力を隠して孤独に生きてきた少年アマタは、少女ミコノと運命の出逢いをはたす。危機を目前にして彼女を抱いたままベクターマシンに乗りこんだアマタは、無意識に叫んだ!――永らく禁じられた、その言葉を・・・。その真の姿が明らかになったとき、敵味方のすべてが変わり始める。恋愛禁止、男女合体禁止の状況で、《終わりを抱いた神話》が、いまここに起動する!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

物語は、あの「創聖合体」から1万2000年が過ぎた世界。
っていっても、実は前作を視聴していないのだけれど、
いろいろと笑い含めてツボな部分が多いので、充分楽しかったり。

アルテア界 と呼ばれる異界から侵略を受け、人々を拉致する
謎の巨大兵器アブダクター によって危機に瀕していた地球が舞台。
人類はアブダクターと戦うために伝説の機械天使「アクエリア」に
乗り込むが、男女によるアクエリアの合体は固く禁じられていた。
というところからこの物語はスタートする。

アクエリアのパイロットを育成する、ネオ・ディーバ学園は
男女合体禁止の掟を受けて男子・女子の交流をも完全に断つべく、
それぞれの寮には、ジェリコの壁やベルリンの壁的な
越えがたい壁まで作られているのだが、
そもそも男女合体禁止っていうのがもう、
その言葉だけでも笑ってしまう。

そんな中、出会った少年・アマタと少女・ミコノが主人公。
彼らの周囲を固める登場人物も、それぞれ特徴のあるキャラで面白いし、
毎回、そのキャラの組み合わせごとに合体を披露してくれて、
大げさなリアクションにも、バラエティ感覚で笑えるので、
当初の「途中で断念するかも」といった不安はすっかり消えてしまった。

全26話中、中盤あたりで男女合体禁止という掟も、
アマタやミコノを中心に、学園も世界もいろいろ変化を見せ
かすかな期待をさせる展開になった。

と言いつつ、個人的に一番楽しんでいるのは音楽であって。
物語の内容は2の次だったりするw
とにかく、菅野よう子さんによるこの作品のOP、ED、挿入曲が
たまらなく好きだった。特に1期のEDは、フルで聴くとすごくいい!
高音の爽快感、重厚ながら透明感のあるメロディー。
聴くたびにいつも指が自然に動いてしまい、
物語そっちのけでピアノを弾き始めたくなる(えっ)

いやいや、ちゃんと展開も追ってましたよ~?
中盤から登場したユノハがかわいくてたまらなかったり、
彼女にピュアな恋をしてしまうジン君にはけっこう感情移入できたり。

とにかく、ツッコミ入れながら楽しんでいた。
それは決して、不真面目な態度で見ていたという意味ではなく
次は何が出るだろう?っていう素直な、楽しみ。

だからか、最終回までの2話には少し、物足りなさを感じてしまった。
実はこっそり、期待しすぎてたのかもしれないけれど。

とはいえ、楽しいキャラがいっぱいで、
普段はあまりキャラ萌えしない自分でも、キュンときてたりしたしw
そのあたりで許しておこう(笑)

総合得点 57.4 感想・評価 712 棚に入れた人 2704
★★★☆☆ 3.0   物語 : 2.7  作画 : 3.2  声優 : 3.1  音楽 : 3.2  キャラ : 2.9

興味本位で参加した胡散臭いバスツアーで合流した若き30人の男女。
ツアーの目的地は納鳴村(ななきむら)と呼ばれる存在が定かではない幻の村。
『納鳴村』では現世でのシガラミに縛られないユートピアの様な暮らしができる……と都市伝説のように囁かれていた。
現実の世界に絶望している…退屈な日常を抜け出したい…人生をやり直したい…。
それぞれの思惑や心の傷を抱えた30人を乗せ、バスは山奥深くへと導かれてゆく……。
そして30人が行き着いたのは、朽ちつつも微かに生活の匂いが残る無人の集落だった。
30人につきつけられる『納鳴村』の真実とは?
1話たりとも見逃せない!
謎が謎を呼ぶスリリングな展開!
閉鎖された村での人間模様と主人公の心の葛藤を描く、前代未聞の群像アニメが幕を開ける!

公式サイト
http://mayoiga.tv/

公式twitter
https://twitter.com/mayoiga_project

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

現実生活で問題を抱えた人たちが「人生やり直しツアー」に参加して、納鳴村(ななきむら)という謎の村に行く、みたいな設定のオリジナルアニメ。
ジャンル的にはホラー、ミステリー、ファンタジーといったあたりになるのでしょうが、なんだかどれも微妙にしっくりこなくて、どう分類していいのかよくわからない感じ。とりあえず、全体のストーリーが面白かったかというとそうでもなくて、最後まで観終わっても何か心に残るようなものは特に感じなかったけれど、毎週の話を観ていると、どの回もそれなりに楽しめました。
登場人物は非常に多くて、第1話で一気に大量のキャラが紹介されますが、当然いっぺんに覚えられるわけもなく、観ているうちに流れで目立つキャラだけ覚えるくらいでも特に問題ないと思います。
作品全体の雰囲気は、ちょっと頭のおかしいキャラがいて物騒な言動があったり、謎めいた不穏な空気が漂っている割には、あまり陰湿ではなく、ユーモアを感じる部分もあったりします。特に、処刑処刑と叫ぶ「らぶぽん」というキャラは、観ているとつい笑ってしまいました。
作画は綺麗。キャラデザも結構好みで、かわいい女性キャラもいたりしたのが、なんだか少しもったいない気がしました。(こんな変人だらけの作品ではなく、もう少し普通の作品に出してほしかった的な思考でしょうか)
声、音楽も悪くなかったです。
この感想を書くにあたって他の方の採点をさらっと見たところ、どうも評判は微妙なようですね。自分は動物園が好きでたまに行くのですが、動物たちを眺めていると、特に何か事件が起きるわけでもなく、ずっと観ているからといって最後に面白いオチがあるわけでもないのに結構退屈せずに楽しめたりしていて、今回この「迷家-マヨイガ-」という作品を振り返ったときに、なんとなくそんな感覚の面白さだったのかなと思いました。(そういえば、らぶぽんを愛でるのも珍獣を観察するのに近い感覚だったのかもしれません)

<< 前へ 12
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。