おすすめ島香裕人気アニメランキング 34

あにこれの全ユーザーが人気アニメの島香裕成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月23日の時点で一番の島香裕アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

71.5 1 コードギアス 反逆のルルーシュ 【Ⅰ興道】(アニメ映画)

2017年10月21日
★★★★☆ 4.0 (69)
543人が棚に入れました
 母を何者かに殺され、父である神聖ブリタニア帝国皇帝に国を追われた忘却の皇子、ルルーシュ。彼は神聖ブリタニア帝国に占領された日本――エリア11でその正体を隠しながら暮らしていた。母を死に至らしめ、妹ナナリーの目と足の自由を奪った神聖ブリタニア帝国の打倒。謎の美少女C.C.から絶対遵守の力・ギアスを授けられた時、ルルーシュの野望が実現へと向けて動き出す――。10年の時を経て、華麗なるピカレスクロマン再び!
公式サイト http://www.geass.jp/
ネタバレ

ぴの@

★★★★☆ 3.7

面白いが…

2017年10月21日公開。

コードギアス反逆のルルーシュの4クールに及ぶ作品を劇場三部作にまとめた第一弾。
2時間20分近くの長い作品ではあるが、それでもこの作品を語るには短すぎるように感じました。
{netabare} 特に日本解放戦線との繋がりや京都との関係を端折りすぎていてすごくわかりづらかったです。 {/netabare}
あまり初見の人にはお勧めできません。アニメ版をきちんと見たほうがいいと思います。

音楽は高評価です。特にOPのCOLORSをまさか劇場で聞くことができるとは思いませんでした。

第二部、第三部にも期待です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4
ネタバレ

ハロパ

★★★☆☆ 3.0

期待してはなかったのに、がっかりしました

アニメはとっくに視聴しました。面白かったと思いました。今でもストーリ構成が比較的に凄いと思います。

この劇場版はアニメの続きの前提として組み合わされてきました。文句をいうべからず。ですが、意見を吐露すれば、あちこちの細かいことが気になったわけです。
第一、あるキャラクターについてのプロット変更は不服です。 {netabare} (アシュレイのことです){/netabare}
第二、もともとタースすぎたかもの原作に対して、このタース所を(死んだキャラなど)清算するかのように省くところが多すぎると感じます。
加えて、作画が変わらずにそのまま残っていました。劇場版にすると勿体ないと思います。

結局、このバージョンを見て原作を見たい気分になったのが、私にはただひとつの長所だったということまで言えるかもしれません(原作を見ていない者には違うと解りますけどね)。

残念です。コードギアスは新しい世代にも楽しみに見られるべきいい作品なのからです。

暇のある人間ならば、原作を見てくれれば必ずおすすめします。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

ようす

★★★★★ 4.2

大事なものは決まっている。だから退くわけにはいかない。

劇場版「コードギアス 反逆のルルーシュ」三部作の第一部。

この劇場版はアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の
1期・2期を再構成し、
さらにその後の物語が描かれる予定になっています。

アニメは1期・2期ともに視聴済みです。

ストーリーはおもしろいから好きなんだけど、
戦争が進むにつれて辛い気持ちになるから、
繰り返し見たくはない作品(´;ω;`)

久しぶりに見ましたが、
やっぱりおもしろいなーと思いました。

相変わらず
やるせない気持ちにもなりましたが(´;ω;`)

130分ほどの作品です。


● ストーリー
世界の三分の一を支配する大帝国・ブリタニア。
日本はブリタニアの植民地となった。

日本は“エリア11”と呼ばれ、
日本人は“イレブン”と呼ばれていた。

ブリタニアの皇太子だったルルーシュは、
エリア11で暮らしていた。

ある日、ルルーシュは謎の少女・C.C.(シーツ―)と出会い、
特別な力“ギアス”を手に入れる。

ルルーシュは母の復讐と妹の未来のため、
ギアスの力を使って、ブリタニアへの反逆を誓う。


ストーリーは相変わらず面白い。

一度見たから展開は知っているけれど、
それでもわくわくしちゃう。

表向きはロボット戦ですが、
内容はルルーシュの頭脳による、清々しいほどの頭脳戦です。

本当は二周目を見るつもりはなかった作品ですが、
劇場版なら手軽に観れるからちょうどいい^^

新規の方にも問題なく楽しめる構成です。
(設定や流れはTVシリーズと異なる部分もあります。)


ルルーシュ&イレブン vs ブリタニアという、
とてもわかりやすい構図。

ルルーシュはイレブンにとって、
正義のヒーロー。

しかし、ブリタニアにとっては、
目的の邪魔をし、
味方をたくさん死に追いやる厄介な敵。

正義や悪は、
どの立場から見るかによって簡単に変わるもの。

戦争なんて場合は特に…。


ルルーシュには、
ナナリー(妹)と一緒に幸せになってほしいなと思う。

だけど、
私にはルルーシュのことを心から応援することはできません。

人が殺し合うことなく、
みんなが幸せになる方法はないのか、と思うから…。

そんな私の思いを作中で実行してくれるのが、
ルルーシュの大事な友人・スザク(♂)。

彼は日本人ですが、力による制圧や抵抗ではなく、
正当な方法で声を上げようと、ブリタニア軍に入ります。

だけど争いを止めるためには、
どうしても戦いが必要。

だからスザクも戦うことを決意する。
自分の正義を貫くために。いつか訪れる平和を信じて。

イレブンと共にブリタニアに抗うルルーシュと、
ブリタニアと共にイレブンの反逆を止めようとするスザク。

そして二人の道はすれ違う…。

そんな切なさがあるから、
私はこの作品を見るとモヤモヤした気持ちになるんだろうな…。


● キャラクター&声優
声優さんは、基本TVシリーズと同じ。
それに加え、新規アフレコという豪華さ。

安定のキャストさんで、
音声だけでも十分楽しめます♪


私のお気に入りは、
スザク(cv.櫻井孝宏)です。

ルルーシュを応援したい気持ちもあるので、
スザクの活躍は複雑に思うところもあるのですが…。

だけどスザク個人は、
自分の信念を貫くかっこよくていい人。

反則だわー(*´Д`)


● 音楽
【 OP「COLORS」/ FLOW 】

1期と同じOP。
流れた瞬間すごくテンション上がりました!

私の中では、
コードギアスと言えばこの曲なのですよね♪


【 主題歌「赤だけが足りない」/ Iris 】

この曲もよかった♪
胸がぎゅっとして、切ない気持ちになりますねー。

インパクトとしては弱かったけれど。

まあ、「COLORS」という名曲を越えるインパクトなんて
難しいでしょうし…。笑


● まとめ
総集編としては、
かなりわかりやすくまとめられた良作です。

もちろん、
展開のテンポはかなり速いですけれど。

絵もTVシリーズの時と比べると
きれいになっています♪

一度見たことがある人も、
初めて見る人も、
どちらも楽しめると思います^^

第二部も楽しみです♪

投稿 : 2019/09/21
♥ : 20

73.3 2 コードギアス 反逆のルルーシュⅡ 叛道(アニメ映画)

2018年2月10日
★★★★☆ 4.0 (62)
508人が棚に入れました
仮面の反逆者ゼロとして、反ブリタニア勢力・黒の騎士団を増強していくルルーシュと、第2皇女ユーフェミアの騎士に任じられるスザク。それぞれに力をつけていく二人に運命の転機が訪れる。エリア11副総督としてユーフェミアが行政特区「日本」の発足を発表したのだ。行政特区日本の実現は、黒の騎士団の存在意義の消失を意味する。状況を打開するため、ユーフェミアとの面会を試みるルルーシュ。しかし、これが新たな悲劇の幕開けとなった。結果的に、黒の騎士団を中心とした反乱ブラックリベリオンは失敗に終わり、囚われたルルーシュは仮面と記憶を奪われた。「ニセの記憶」という檻に閉じ込められたルルーシュ。守るべきユーフェミアを失い、神聖ブリタニア皇帝直属の騎士ナイトオブラウンズの一員となったスザク。二人を中心に世界は再び動き始める。

声優・キャラクター
福山潤、櫻井孝宏、ゆかな、小清水亜美、名塚佳織、折笠富美子、大原さやか、杉山紀彰、千葉紗子、成田剣、水島大宙、若本規夫、井上倫宏、白鳥哲、井上喜久子、皆川純子、南央美、梁田清之、幸野善之、渡辺明乃、中田譲治、真殿光昭、檜山修之、三戸耕三、保志総一朗、後藤邑子、山野井仁、宝亀克寿、私市淳、二又一成、島香裕、かないみか、須藤沙織、緑川光、河城英之介、内田聡明
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★★ 4.3

ルルーシュとスザクの対峙が主なテーマかなぁ

 一作目の後半と二作目のR2の半分以上?までの内容だったです。これもほとんど、TV放送を再編集して、まとめたような印象だったです。

{netabare} 一作目の山場になるゼロ(ルルーシュ)とユフィの面会の中で、思いもよらないことが起こり、事態は最悪の展開になる所を、再び見れたことは、良かったです。
 それを巧みに利用する、ルルーシュの硬骨さも見ものです。
 VVの登場、スザクによって、ゼロの正体を暴くシーンも懐かしかったです。

 R2の内容に進むとき、ロロが出てくるわけだけども、この劇場版では、ルルーシュの記憶がいつ戻ったのか?TV放送と違って、良く分からなかったです。ロロがどういう役割で、ルルーシュに付き添っていたかはわかるけど・・・・。
 ジェレミアもいつの間にか仲間になっていたように見えたです。ここら辺に{/netabare}詳しく興味ある人は、R2を良く見るようにとのことなのかなぁ?と思ったです。
 ルルーシュ、特にスザクが目立つ感じでそれ以外が、省かれている気がしたです。初めてみた人にとっては、上手い展開だったと思うです。

 新作カットがあったのか?良く分からなかったです。
{netabare} 今後、ナナリーが絡んで、ルルーシュ、スザクがどうするのかは、再び楽しみにしているです。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

ようす

★★★★☆ 4.0

少年の純粋な思いが、世界を揺るがす悲劇を生む

劇場版「コードギアス 反逆のルルーシュ」三部作の第二部。

この劇場版は、アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の
1期・2期を再構成して作られています。

カットされたシーンや、
それに伴って設定が変更されているシーンも多くあります。

怒涛の第二部…。
ものすごい展開と情報量に圧倒されました。笑

130分ほどの作品です。


● ストーリー
世界の三分の一を支配する大帝国・ブリタニア。
日本はブリタニアの植民地となっていた。

ブリタニアの皇太子だったルルーシュは、
エリア11(かつての日本)で暮らしていた。

ある日、ルルーシュは謎の少女・C.C.(シーツ―)と出会い、
特別な力“ギアス”を手に入れる。

ギアスを使うと、
他人に絶対服従の命令をすることができる。

ルルーシュは仮面をかぶって“ゼロ”と名乗り、
ブリタニアに抵抗する人間を集めて“黒の騎士団”を作った。

ルルーシュは母の復讐と妹の未来のため、
ブリタニアへの反逆を誓う。


一部もおもしろかったですが、
二部はそれを上回る怒涛の展開ばかり。

面白すぎて、
あっという間に時間が経ちます。

日本人もブリタニア人も、
みんなが幸せになる未来が一番のハッピーエンドなはず…。

そこへ届きそうな希望と、
一気に底へ叩きつけられる絶望と。

この落差によってやるせない気持ちになり、
目をそむけたくなることもあります。

しかし不思議なことに、
それが目が離せない面白さでもあって。

TVシリーズだと怒涛の展開を細切れに見ていましたが、
劇場版だと一気に見れるのが嬉しいところ♪

その分怒涛の展開過ぎて、興奮が止まりませんw
収まらない山場に、むしろ戸惑いさえ感じましたww

短い時間で見るには中身が濃すぎるから、
後半は情報量の多さにしんどさを感じたほどでしたww


やはり限られた時間でまとめなければならないため、
大幅に経緯がカットされているところもありました。

まあ、総集編のようなものだし、
詳しい説明は贅沢というものか。

見どころを逃さないように見せてくれているだけでも
十分ありがたいです。


戦争×ギアス。

戦争=やるせないストーリー。
ギアス=“不思議な能力に隠された秘密”というオリジナルスパイス。

この2つが交わることで生み出される興奮は、
この作品ならではの面白さだと、改めて感じました。


● キャラクター
ブリタニアとイレブンによる戦争。

たくさんの人が死にます。殺されます。

彼らには大きな信念と目標がありますが、
ためらいなく人を殺していく姿を見ていると、
全然応援したい気持ちになりません。

誰もが守りたい人を守るために戦い、
守る人を失った怒りや行き場のない想いが
戦うしかないという気持ちを生み出し…。

人は、何かを守るためには、
戦うことしか選べる道はないのでしょうか…。

でもそれが真理なのだろうと、
この作品を見ていて思ったり。

誰かを愛し、守りたいものを持てば持つほど
戦う運命に絡めとられていくのだと…。


声優さんはほぼTVシリーズと同じですが、
劇場版になって変わったキャラもあります。

V.V.の声優は子役のようでしたが、
棒読みがひどい…。

初挑戦だったのか?
周りのベテランの方に比べて、浮きすぎでした。

V.V.は大事なキャラなのになあ。


●音楽
【 OP「勇侠青春謳」/ ALI PROJECT 】

TVシリーズと同じOPですね。

個人的にALI PROJECTの曲は苦手なのですが、
この曲は嫌いではありません。


【 主題歌「The Moon」/ 藤原さくら 】

これまでのOPやEDに比べるとインパクトには欠けますが、
いい曲だと思います。

これから待ち受けているルルーシュやスザクの避けられない運命を
静かに予感させる一曲。

ルルーシュが奥底に一人抱えている
孤独な心を思い浮かべながら聞くと、響きます…。


● まとめ
初見の人にとっては説明が十分とは言えませんが、
かなりわかりやすくまとめられた良作です。

一度見たことがある人ももちろん楽しめると思います。

いよいよ次が最終章。

それぞれの運命が導き出す未来を見届けるのが、
怖いような、楽しみなような。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 16
ネタバレ

ニワカオヤジ

★★★★☆ 3.9

コードギアス 復活のシャーリー

注意! 完全にネタバレなのでテレビ版~復活のルルーシュまで見た方のみご覧ください。

{netabare}
総集編3部作の中でも、本作は最も大胆に端折っていて、R2の前半がほぼ無かったことに…。さすがにこれで新規のファン獲得は無理でしょう。

しかしそんなのは些末なことです。
本編では会長にセクハラされまくるわ、ルルが好きだけどイマイチ相手にされないわ、父親はルルに殺されるわ、ギアスで記憶がなくなるわ、あげくにロロカスに殺されるわ、とユフィどころではない薄幸の少女シャーリーですが、そのシャーリーが死ななかっただけで本作は許せました。
ユフィは話の進行上死ぬしかなかったけど、シャーリーは死ななくても本筋には全然関係ないことがこの映画で露呈しましたね。それもまた不幸・・・ そういう意味でも、「復活のルルーシュ」エンディングでのシャーリーの笑顔は感慨深く、映画で一番泣けました。

しかし反面、ロロはシャーリーを殺さないのでムカつくところがかなり減って、ルルが殺したいほど嫌っている理由が無く、ルルが一方的に性格悪いだけのように見えました。
そしてジェレミアは、ルルに忠誠を誓うシーンがなくなったので影が薄くなったような…
テレビ版ではジェレミア大好き、ロロ嫌い(だけどロロの最期は泣けた)でしたが、ジェレミア普通、ロロもまあ普通、という評価に変わってしまいました。

…しかし扇だけは不動の最低評価。死ね。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 7

64.9 3 ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎(OVA)

1990年7月20日
★★★★☆ 3.5 (56)
331人が棚に入れました
この泥棒業界、折に触れて語り続けられている有名な謎…それがヘミングウェイ・ペーパーだ。アメリカ小説界の巨匠、アーネスト・ミラー・ヘミングウェイは、最後の冒険で膨大な財宝を発見し、それを小説に書こうとしたが、製作途中に自殺に見せかけて殺害され、原稿も持ち去られた…という噂とも事実ともつかない話。だが、ルパンより先に動いた者がいた。私設傭兵のマッシュが、没落ドイツ貴族を殺害し、「黄金の鍵」を奪ったのだ。マッシュの雇い主である密売武器商人、別名「死の商人」とも言われるマルセスはマッシュに奪わせた鍵をスイス銀行の貸金庫に保管し、自分は最新鋭戦車を手土産に、カルロス大統領軍とコンサノ軍が政権を争って内戦の続くコルカカ島へと乗り込む。

声優・キャラクター
山田康雄、納谷悟朗、小林清志、井上真樹夫、増山江威子、富田耕生、小林修、筈見純、佐々木優子、立木文彦、島香裕、谷口節、峰恵研

月夜の猫

★★★★☆ 4.0

うっかり屋のカルロスさんw

モンキー・パンチ原作のアニメシリーズ「ルパン三世」の
TVスペシャルシリーズ第2作。

1990年7月20日に日本テレビ系の「金曜ロードショー」にて
放送された。視聴率は19.6%。

以降、ルパン三世のTVスペシャルは全て金曜ロードショー
の枠内で放送されるようになる。


あらすじ。

この泥棒業界、折に触れて語り続けられている有名な謎…
それが"ヘミングウェイ・ペーパー"

アメリカ小説界の巨匠"Ernest Miller Hemingway"は最後
の冒険で膨大な財宝を発見し、それを小説に書こうとした
原稿を持ち去られ…自殺を装い殺されたという噂がある。

情報屋から地中海の島に、"ヘミングウェイ・ペーパー"の
隠された「ンドラの箱」がある事を聞き出したルパンは・・

パンドラの箱を開ける「黄金の鍵」を持つドイツの没落貴族
の元へと向かう。だが、ルパンより先に動いた者がいた・・

「地中海の鮫」と恐れられる死の商人・マルセスの私設傭兵
部隊のリーダーである"クレイジー・マッシュ"が、貴族を
殺し黄金の鍵を奪った。ルパンは一先ずコルカカへ向かう。

一方次元は嘗て組んで仕事をした事がある、裏切りの果て
に仲間を全滅させて、宝を独り占めして逃げた"マッシュ"
に復讐する為、島へ出向きコンサノ軍の用心棒になる。

五ェ門は"斬鉄剣"でも斬れないパンドラの箱を求めて島へ
出向きカルロス大統領軍の用心棒になっていた・・

次元は仇討ち、五ェ門は修行とそれぞれの事情で両軍に・・

折角3人が揃ったコルカカ島で"ヘミングウェイ・ペーパー"
の財宝の謎が解けるのか?次元は・・五ェ門は・・


感想。
紛争地帯を舞台に怒派手な銃撃戦・・あ・・いつもの事かw
ナンセンスに描いているけど・・案外戦争とかってこういう
個人の矮小な私怨とか安いプライドとかそんなもんかなとか
思えてならないwそういうバカバカしさが有る。

銭形節!!音のアレンジも多彩で楽しみのひとつ♪
不二子も相変わらず常に金銀財宝の匂いの傍にw

メカデザ云々で言えばギミックには常に拘りがあり面白い♪
キャラデザは毎度基本以外相当違うけど、声がルパン三世♡

次元=コニャック飲んでたりで色々だけどバーボンだなぁ♪

何となくノリがTV放送向けで見易い感じの作品。
何故ルパンと仲間を続けるのか?という次元と五ェ門の
二人の解り易いエピソードでも有るのかな♪


キャスト

ルパン三世  - 山田康雄
次元大介   - 小林清志
石川五ェ門  - 井上真樹夫
峰不二子   - 増山江威子
銭形警部   - 納谷悟朗

マリア    - 佐々木優子
コンサノ   - 富田耕生
カルロス大統領 - 小林修
マルセス   - 筈見純
クレイジー・マッシュ - 立木文彦
ロペス    - 島香裕
リベラ    - 谷口節
高僧     - 峰恵研
アントニオ  - 塚田正昭
メンゲル   - 村松康雄
ヘリコプター運転手 - 星野充昭
カルロス大統領軍兵士 - 秋元羊介
小形満
沢木郁也
天野由梨

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0
ネタバレ

唯衣

★★★★☆ 3.6

メモ

~TVスペシャル2作目~

お宝
   ヘミングウェイ・ペーパー
   パンドラの箱に入っていて黄金の鍵でないと開かない
   アーネスト・ヘミングウェイの財宝について記している

キーパーソン
   マリア
   コルカカ島のバーの女主人

{netabare} この泥棒業界、折に触れて語り続けられている有名な謎…それがヘミングウェイ・ペーパーであった。

アメリカ小説界の巨匠、アーネスト・ミラー・ヘミングウェイは、最後の冒険で膨大な財宝を発見し、それを小説に書こうとしたが、製作途中に自殺に見せかけて殺害され、原稿も持ち去られた…という噂がある。しかし、それを事実と証明する根拠は何処にも無かった。

情報屋から地中海の「コルカカ島」に、ヘミングウェイ・ペーパーの隠された「パンドラの箱」がある事を聞き出したルパンは、ヘミングウェイの発見したとされる財宝を得るべく、パンドラの箱を開ける「黄金の鍵」を所有するドイツの没落貴族の元へと向かう。だが、ルパンより先に動いた者がいた。「地中海の鮫」と恐れられる死の商人・マルセスの私設傭兵部隊のリーダーであるクレイジー・マッシュが、貴族を殺害して黄金の鍵を奪ったのだ。マッシュはかつて次元と組んで仕事をしたが、これを裏切り全滅させて、お宝を独り占めしたという過去があり、その生き残りである次元は復讐の機会をうかがっていた。

そんなわけで、やむなくパンドラの箱から手に入れることにしたルパンは、一足先にコルカカ島へと乗り込む。奇しくもマッシュを追って島へ出向きコンサノ軍の用心棒になっている次元、斬鉄剣でも斬れないパンドラの箱を求めて島へ出向きカルロス大統領軍の用心棒になっている五ェ門の2人が島に居合わせた。これで頭数は揃った…と思いきや、次元は仇討ち、五ェ門は修行とそれぞれの事情でコンサノ・カルロス両軍に分かれた2人はウンとは言わない。

マッシュに奪わせた鍵をスイス銀行の貸金庫に保管したマルセスは、最新鋭戦車を手土産に、カルロス大統領軍とコンサノ軍が政権を争って内戦の続くコルカカ島へと乗り込む。マルセスは、政権を握るカルロス大統領が秘蔵する古美術品の権利を得ようとコンサノに持ちかけるが、実はマルセスの狙いもヘミングウェイの財宝だったのだ。

一方、新興勢力同士の戦場と化した島で、たった1人で酒場の経営をしている女性マリアは、財宝目当てにこの島を踏みにじった山師たちへの怒りをルパンに語る。彼女の正体は、カルロスとコンサノに反抗していたレジスタンス組織「サソリ」のリーダーの妹だったのだ。ルパンは、マルセスの秘書としてやってきていた不二子と組み、箱と鍵をイタダキにかかる。その過程でドジを踏んだ次元・五ェ門も助け、ヘミングウェイ・ペーパーの示す島の南側にある、通称「死の谷」へと向かった。一行が目のあたりにしたヘミングウェイの財宝とは何なのか?そして、そこへルパン一行を追ってやってきたマッシュ!

次元とマッシュ、生き残るのはどっちだ!?
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

計測不能 4 太陽の勇者ファイバード(TVアニメ動画)

1991年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (6)
77人が棚に入れました
サンライズの児童向けロボットアニメ「勇者シリーズ」の第2弾。前作「勇者エクスカイザー」の好評を意識しつつ、地球文化にカルチャーギャップを示す主人公の愉快な姿をさらに強調。高い年齢のファンからも人気を集めた。地球に飛来した宇宙犯罪者ドライアスは、地球人の悪の科学者ジャンゴと手を組んだ。だが一方、ドライアス捕縛に現れた宇宙警備隊隊長ファイバードは、善意の天野博士一家と協力し、地球人・火鳥勇太郎の姿を得た。

声優・キャラクター
松本保典、伊倉一恵、岩坪理江、永井一郎、笹岡繁蔵、神代知衣、滝口順平、郷里大輔、島香裕、梁田清之

計測不能 5 太陽の黙示録(TVアニメ動画)

2006年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (9)
61人が棚に入れました
舞台は大震災で富士山噴火や首都・東京及び関西水没により国土の五分の一を失い、地割れによる日本海峡誕生で本州が東西に分断されてしまった近未来の日本。南(サウスエリア)をアメリカ、北(ノースエリア)を中国に管理され、福岡と札幌にそれぞれ首都を構えて互いに自らの正当性を主張する南北両政府、分断された国民、台湾へ流れた難民、全世界に散った『棄国者』などを描く。

声優・キャラクター
松田洋治、小山力也、森川智之

Moji

★★★★☆ 3.3

某宗教アニメ作品みたいなタイトルですがこれは違います。

前編「海峡」では、大地震に見舞われ日本が壊滅状態に陥ります(「日本沈没」みたいに)。
やけに正義感の強い小学5年の舷一郎の落ち着きぶり、日本の行く末を真剣に考える政治家の落ち着きぶり。
原発でガタガタ騒ぐどこかの国の政治家に見せたい作品です。(「ローゼンメイデン」好きの首相もいましたが ・・・注)私も好きです)
後編「国境」では、舷一郎が青年になり、米中に分割統治されている日本から台湾に渡った難民達の苦悩の話です。
「国」とは何なのかを考えさせられる作品になっています。
原作漫画ではまだまだ続きます。今みたいに年一ペースで全話製作してほしかった作品です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1
ネタバレ

じぇりー

★★★☆☆ 2.8

【注意】震災トラウマのある方の視聴は慎重に…

と、表題には書いたものの、私自身も被災経験があるが、冒頭の震災のシーンはそれほど見てて辛くなる…ということはなかった。当然、思うところや感じることは色々あったけれど。

ただ、今のご時世このアニメを見て、何も感じないということは、もうないと思う。

むしろ、私が戦慄を覚えたのは、他国による「復興援助」という大義名分を掲げた事実上の簒奪行為や政治的介入、そして国が2つに分断されてそれぞれ別の政府が立ち上がることにより、もはや別々の国家になってしまうこと、そして台湾への難民となった日本人たちが{netabare}受ける迫害や差別、そしてそれに抗うためにテロリストとなってしまう姿だ。{/netabare}

もちろんこの話はフィクションだけれども、実際に、このアニメのような日本の中枢を壊滅的にさせてしまう災害が起こっても、このような状況には陥らないと、言い切れるだろうか。

「黙示録」という言葉が示す通り、私はこの物語をある種の予言…というか、「首都圏、関西主要都市、中部地区が一気に大災害を被ると恐らくこうなるよ」という「予測」と捉えた。

本アニメは80分程度でそれぞれ「海峡」編と「国境」編の2話構成だ。特に前編の海峡編は、震災のシーンからその後の政治的な動きが非常にリアルに描かれており、この物語の世界観が出来上がるまでの内容を含んでいる。

後編でようやく主人公が動き出し、日本を変えるべく旅立つまでの様子が描かれている。

娯楽作品では全くない。観終わった後の気持ち良さなんてまるでない。

向き合えるかどうか、観ていて試されている気がしたアニメだった。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

計測不能 6 魔法陣グルグル(アニメ映画)

1996年4月20日
★★★★☆ 3.9 (5)
48人が棚に入れました
94年からTVで放映されたアニメ「魔法陣グルグル」の映画化作品。原作は衛藤ヒロユキの人気コミック。むりやり勇者にさせられてしまった少年・ニケと、召喚魔法“グルグル"を操る魔法使い・ククリの冒険ファンタジー。どんな願いでもかなうという“幸せのピクルス"を求めてメガロ山に向かうニケと仲間たち。途中、さまざまな妨害にあうが、魔法陣で攻撃をかわしつつ旅を続ける。山頂に着いたニケたちは、ピクルスを守るメガロドラゴンと出会うが…。

声優・キャラクター
瀧本富士子、吉田小南美、天野由梨、高乃麗、緒方賢一、神代知衣、千葉繁、二又一成、堀内賢雄、塩屋浩三、龍田直樹、郷里大輔、鈴木勝美、横尾まり

計測不能 7 Little ROBOTS リトルロボット(TVアニメ動画)

2012年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
12人が棚に入れました
本国イギリスで、コアターゲットの4~6歳児の視聴シェアが平均60%という大ヒット教育番組が日本上陸! 子供たちの集中力に合わせてテンポよく作られ、想像性や独創性を刺激する。 スクラップの山の中に捨てられた、壊れたおもちゃのロボットたち。それぞれに得意なことがあり、あふれんばかりの想像力とエネルギーを持っているロボットたちは、ガラクタをかき集めて“メタルドーム"を完成させる。リーダー的存在のタイニィを中心に、カラフルで、楽しくて、個性派ぞろいのキャラクターたちが大活躍! 毎回さまざまなハプニングがロボットたちを襲うものの、彼らは協力し、「やればできるさ、なんとかなるさ」の精神で問題を解決していく。“みんなでがんばる"ことのすばらしさを教えてくれる、ハートフルストーリーだ。

計測不能 8 亜人戦士(アニメ映画)

1990年11月17日
★★★☆☆ 3.0 (2)
8人が棚に入れました
星雲賞や日本SF大賞を受賞し、架空戦記ほか幅広い主題の物語を綴るSF作家・川又千秋。その川又が1980年代初頭から執筆した長編SF連作『亜人戦士』のアニメ化。 西暦2200年。銀河文明と交わった地球人は多様な宇宙人との間に「亜人(サブ・ヒューマン)」と呼ばれるハーフを芽生えさせていた。そんな中、銀河系で唯一の機械文明を有すると判明した地球人は自分のみが文明人と奢(おご)り、他の宇宙人や亜人を蛮族として蔑視していた。だが地球人に蔑まれる亜人の青年ゼロは、実は古代銀河を支配していた魔神の末裔だった。己の素性を知ったゼロは宇宙の支配者という宿命を自覚。強大な銀河帝国マンジタラとの戦いの道を歩むのだった。 100分のOVAを先行して劇場公開したアニメ映画。原作の壮大な物語世界を映像化すべく、当初はアニメ版も連作として制作される予定だった(初期には『亜人戦士1』の題名で雑誌などに紹介された)が、単発に終わった。

計測不能 9 劇場版 ハーメルンのバイオリン弾き(アニメ映画)

1996年4月20日
★★★☆☆ 3.0 (1)
8人が棚に入れました
渡辺道明原作による人気コミックの劇場作品。楽器を武器にして魔族のモンスターたちと戦う、ハーメルとその仲間たちの物語。北の都へ向かって旅を続けるハーメルたちは、魔族によって卑劣な攻撃を受けた小国を訪れた。そこでハーメルは、悲しみにうちひしがれる国王と王妃に出会う。娘のベルリラ姫が魔族にさらわれてしまったというのだ。姫の救出を頼まれたハーメルは、仲間と共に敵の城に潜入し、ボスのメデューサーに立ち向かう。

計測不能 10 フラニーズ・フィート(TVアニメ動画)

2005年夏アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
2004年にカナダで制作された短編アニメーション。日本語版のフラニー役には宮崎あおいを迎え、カートゥンネットワークで放送された。 主人公の少女・フラニーはある日、おじいちゃんの靴修理の店に運び込まれた靴を履くたびに不思議な世界へ旅ができることに気付く。彼女はその世界に旅を続けるうち、人を笑わせられない道化師のバートや、友達と握手するたびに足が絡まってしまう不器用なタコのクラレンスなど、ちょっと問題を抱えているもののとても魅力的な人や動物たちに出会う。フラニーは彼らと親しくなり、なんとか元気になってほしいと一緒になって悩み、励ましながら問題を解決しようとする――。フラニーと、その仲間たちが繰り広げる、ほっこり心温まるハートフルストーリー。

79.3 11 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(OVA)

1989年3月25日
★★★★☆ 3.9 (679)
3213人が棚に入れました
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』は、ガンダムシリーズの1989年製作のOVA作品。一年戦争末期、地球連邦軍が新型ガンダムを開発しているという情報を掴んだジオン公国軍の特殊部隊「サイクロプス」は、機体を奪取すべく北極の連邦軍基地を襲撃する。しかし作戦は失敗、目標物は宇宙へと飛び立ってしまう。
その後、偶然入手した情報により、新型ガンダムが中立コロニーのサイド6に運び込まれていると知ったジオン軍はサイクロプス隊をサイド6に送り込み、再び新型ガンダムの奪取の任務に就かせるルビコン計画を発動するのだった…。
サイド6のリボーコロニーに住む小学生アルフレッド・イズルハ(アル)とサイド6に潜入したサイクロプス隊の新兵バーナード・ワイズマン(バーニィ)を軸に物語りは展開する。

声優・キャラクター
浪川大輔、辻谷耕史、林原めぐみ、鈴木健、丸尾知子、吉田小南美、秋元羊介、島田敏、島香裕、稲葉実、増岡弘、折笠愛、榊原良子

偽ニュー隊長

★★★★★ 4.6

嘘だと言ってよ、バーニィ・・・(90点)

OVA作品。
全6話。

個人的満足点:90点
アニメ系統:ロボット

ガンダムシリーズの中では異色。
主人公がガンダムのパイロットではない。
主人公は一般人の子供アル。
アル目線でのサイドストーリー。

少年「アル」、ザクのパイロット「バーニィ」、ガンダムのテストパイロット「クリス」。
この3人を主軸とした物語。

ガンダムというだけで敬遠する方もいるかもしれないが
ガンダム本編を知らなくても十分楽しめる作品だと思う。
ロボット物苦手でも問題なし。
話も6話構成で短いので気軽に見れる。

6話に凝縮されたストーリーを堪能していただきたい。
切ない恋の物語を・・・
衝撃のラストに思わず涙が・・・

個人的にはガンダムシリーズの中でも1番好きかも。

嘘だと言ってよ、バーニィ・・・
そう言わずにはいられない。
そんなガンダム作品。

また、浪川さんがアル役をやっている。
当時12歳の浪川さんにも注目してほしい。

と結局のところ
何が言いたいかというと

ロボット物が苦手なあなたにこそ薦めたい

投稿 : 2019/09/21
♥ : 34

だんちょー

★★★☆☆ 3.0

戦争を肌で感じる小学生

OVA全6話。

ファーストガンダムの終盤に某コロニーであった事件を描いた作品。

子供の視点から描いた、ガンダムとして異質というか変わった作品です。

内容はアムロ専用の新型ガンダムを中立地帯で秘密裏に作る連邦軍。そのテストパイロットのクリス。

それを奪取・破壊するために潜入したジオン軍。そこの新米バーニィー。

戦争に憧れを抱き、両陣営のパイロットと知り合ってしまった少年アル。

中立地帯で非情に始まる戦争を目の当たりにして、成長するアルの悲しい物語です。

ガンダム作品の中では、あまり評価が高くないみたいですが、私はかなり好きです。

やはりロボット物といえば『戦闘シーン』を求められる方が多いのでしょうか?

しかし戦争の裏側で、関係ない人間が巻き込まれてる事実とそれによって成長する人間ドラマを描いたこの作品。感動しますよ。

余談ですが、私は毎年クリスマスに必ずこれを見てます(劇中がクリスマスシーズンなので)

そして毎年涙を流してます。

決してリアルが淋しいとかじゃないですからね!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 20

ciKPm64096

★☆☆☆☆ 1.0

驚異的につまらない

あちこちで高評価のレビューを見かけるので観てみましたが、ひどくうすっぺらで陳腐な作品でした。
愛着のわくような魅力的なキャラクターもなく、印象的なモビルスーツ戦などもありません。
盛り上がりを期待して観ていたらいつのまにか終わっていた作品。
スピンオフ的な設定は嫌いではないですが、登場キャラクターの関係性の描写や設定もパッとせず、ただめんどくさいガキが右往左往している感じ。
酷評するような作品というのはあまりないのですが、これはひどかったので 書き留めておきます。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

66.1 12 エルゴプラクシー(TVアニメ動画)

2006年冬アニメ
★★★★☆ 3.8 (372)
2313人が棚に入れました
焦土と化した大地と大気中に蔓延する未知なるウィルス、太陽光は粉塵により遮られ、地球は荒涼を極めていた。そのような環境下で生きていくために人々は隔離されたドーム型都市の中での生活を余儀なくされる。完全な管理体制下にある都市ロムド。人々は「オートレイヴ」と呼ばれるロボットとともに模範的、従順なる「良き市民」として生活していた。しかし近年、犯罪とは無縁と思われていたロムドでオートレイヴに自我の発症をもたらすコギトウィルスの感染が増加し、問題となっていた。ロムドの市民情報局に勤める若きキャリア、リル・メイヤーは、ウィルスに感染し制御不能に陥ったオートレイヴの暴走事件、そして多発する謎の市民斬殺事件の捜査にあたっていた。

monoface

★★★★☆ 3.5

史上最高にかっこいいOP

90年代で一番かっこよかったOPはエヴァンゲリオンだと信じて疑わないが、00年代で一番かっこよかったのがおそらく本作である。オープニングだけをヘビーローテ。美しい映像。ちなみにエンディング曲はRadioheadのParanoid Android。

内容としては、硬派な大人向けアニメであり難解。超展開かつ謎展開。そして2011年現在、日本のTVアニメとしてはおそらく最後の本格派SF作品。系統としてはサイエンスよりもフィロソフィーに重きを置いたものであるが、この作品以降採算が見込めないためか、こういった硬派なSF作品は世に送り出されていない。非常に残念である。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 12
ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.7

デウス エクス マキナ

村瀬修功×マングローブの黒い衝撃。
哲学的に存在理由を問うダークサイファイ。

焦土と化した大地と蔓延する未知のウィルス。
太陽光は粉塵により遮られ全編を通じて暗い。
陰鬱とした荒涼な世界は「12モンキーズ」だ。
人々は完全に管理されたドーム型居住区で、
全き「良き市民」として生きる。

ここでは誰も外部(世界)を知らない。
管理された平穏なる善良な世界で、
情報局捜査官リルメイヤーを襲った、
オートレイヴの自我発症による暴走事件。
パラノイドアンドロイドの行進。
{netabare}上層部の思惑と沈黙が意味するもの、
怪物プラクシーの存在の秘匿は最優先である。{/netabare}

善とは善なるものだけで出来ているのか!?
創造主はなぜ人に「心」を持たせたのか!?
その答えがシンプルな形で提示されている。

運命に従うのか、逃れるために抗するのか。
リルメイヤーは存在理由を求め外部にアクセスする。

娯楽性に乏しいものの気迫は伝わってくる。
レディオヘッドの傑作楽曲が許諾され、
時代を彩るトムヨークの叫びに感動する。
そして愛玩型オートレイヴ少女ピノ。
彼女にどれだけ救われたか…素晴らしいキャラだ。

滅びの世界から再生しつつある大地の強さ。
人類の可能性は未来に到達できないと、
そんな失望した人の群れにあくびが出る。

僕もまたあなたのように強くありたいと願う。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 27

ホンコン

★★★★☆ 3.8

惜しい・・・

ほんと最初の5話くらいきついけど、乗り切ったら深い!
と・・・途中まで思ってたのだけれど・・・
惜しい(泣)

基本暗いの嫌いだけど、世界観がしっかりしてるから平気だわこれ!と思ったのもつかのま、あれよあれよと途中から暴走しだし、最後の最後がもう意味不

私が作品の良さを掴めきれなかったのか、それともこの作品が失敗なのかは不明だけど、とにかく不完全燃焼・・。

もちっと凡人にわかるまとめ方してほしかったな~。

ただ旅をしてる最中のリルとビンスの何とも言えない距離感だけは良かった。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

62.5 13 しおんの王(TVアニメ動画)

2007年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (132)
818人が棚に入れました
幼い頃に何者かに両親を殺害され、そのショックから事件での記憶と、言葉を失くしてしまった主人公の少女「安岡紫音」。殺害された両親の遺体には、犯人により「将棋の王将」が残されていたが、犯人の意図がつかめぬまま、事件は迷宮入りとなってしまっていた。
 さらに、紫音の両親の殺害された翌日、羽仁真(当時八段)は、神園修から、初めてのタイトル「角聖」を奪取。そして同日、羽仁真の実弟・悟の婚約者であった瀬戸一美が心臓発作で死亡した。瀬戸一美は、事件の数日前に安岡家を訪れ、紫音にも会っていた。これらの事件の重なりは、果たして偶然なのか。

声優・キャラクター
川澄綾子、朴璐美、水野理紗、郷田ほづみ、松風雅也、松本保典、國府田マリ子、中尾隆聖

チヒロ

★★★★☆ 3.8

本格将棋アニメ!紫苑ちゃんがかわいいw

本格将棋アニメでした。

タイトルの絵が将棋っぽくないのですが、
ヒカルの碁の将棋版みたいな感じかも。

両親を殺されたトラウマを持つ主人公の中学生の女の子が、
将棋のプロを目指し、成長していくストーリー。

よくできていると思う。
OPが糞でしたが、それ以外はとてもおもしろかった。

最後に向けて、徐々に事件の真相が明らかになっていく
ところとかも、とても良かった。

紫苑ちゃんかわいいよ紫苑ちゃんw

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

★★★★☆ 3.6

まさにサスペンス

半年前に見た作品。
主人公の紫音が4歳のときに目の前で両親を惨殺された精神的ショックから失声症になるが、最年少でプロ女流棋士となり、活躍していく話。


作画がちょっと怖くて苦手だったのですが(ひぐらし?、神霊狩の作画と似ている???)、その作画と相俟って、両親の殺害シーン、血のりなど詩音の昔のトラウマシーンがちょっと毎回怖い。
ただ、最後まで意外な人物が犯人とわかるまで、一気に見終えたと思う。
ちょっと見終えた後、背筋が凍るかんじだったかと・・・
将棋に関しては、そんなに詳しくなくても見れたと思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 18

とうみょう

★★★★★ 4.5

7手で十分

私は将棋なんかに興味はないって人いますね?
でも実は皆さんも常に将棋を指してますよね?

例えば→こうしたら→こうなって→こうなる

↑こんな思考を日常でするでしょ?それが将棋です

ね?指してないとは言わせませんよ!
だから皆さんも立派な棋士ですね!!

では早速始めましょうか!
先手は僕から行きますよ!

それでは、お願いしますm(__)m

先手、とうみょう「このアニメを観てください」

後手、あなた「面白いんですか?」

先手、とうみょう「しおんちゃん可愛いです」

後手、あなた「はぁ?頭大丈夫ですか?」

先手、とうみょう「しおんちゃん可愛いです」

後手、あなた「・・・いや、私の話聞いてます?」

先手、とうみょう「しおんちゃん可愛いです」

後手、あなた「まいりましたm(__)m」

以上、7手を持ちまして、
先手とうみょう初段の勝ちでございます

お疲れ様でしたm(__)m

投稿 : 2019/09/21
♥ : 28

66.8 14 宇宙の騎士テッカマンブレード(TVアニメ動画)

1992年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (59)
342人が棚に入れました
連合地球暦192年。謎の宇宙生命体『ラダム』が突如として地球に来襲、人類の宇宙進出の夢を懸けて作られた軌道エレベータ基地・オービタルリングを瞬く間に占拠し、地球侵略を開始した。地球製兵器では傷つけることすらできない強靭無比のラダム獣に対し、唯一対抗し得る兵器であるオービタルリングのレーザー砲を奪われた人類には対抗する術がなく、その侵攻をただ黙って見ているしかできなかった。そんなある日、地球上のラダム獣や地上に根付くラダム樹の調査・分析をしている外宇宙開発機構の前に、正体不明の記憶喪失の青年が現れる。

声優・キャラクター
森川智之、松本保典、林原めぐみ、横山智佐、鈴置洋孝、飯塚昭三、中原茂、子安武人、水谷優子、小杉十郎太、島香裕、横尾まり、飛田展男

チョコ太郎

★★★★★ 4.1

テックセッターー!!

ラダムと地球人類の壮絶な戦いを描いたスペースオペラ!!

この作品の見所はテッカマンブレードであるDボウイのあまりにも重く過酷な運命を、遊びなしのシリアス路線で全49話に渡り描ききっているところだと思います!!  
個人的に48話は神回でした!!^^


作画が安定せず作画崩壊している回も多く、映像の使いまわしも多いです^^;しかし、見ごたえのある作品なのは間違いないです!!

90年代の傑作アニメだと思います!!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

ひげ

★★★★☆ 3.5

あかほり渾身のシリアスアニメ。

同タツノコのテッカマンとはあんま関係ない。
あくまでネタ元というだけでまったく別の作品。
スパロボにでたたりするがどっちかつーと仮面ライダーのほう。変身?SFヒーローです。

シリーズ構成、脚本があの時代のギャグアニメのカリスマ。
外道あかほりさとる。
しかし別作品のようなあまっちょろいギャグはない。
終始シリアス。
マジで夢も希望もありゃしない・・・。
続編のOVAはその反動。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4

ワドルディ隊員

★★★★★ 4.1

作画は不安定だが、とても見ごたえのあるSFヒーローもの

この作品は、1975年に放送された『宇宙の騎士テッカマン』
を元に制作されたオリジナルアニメである。

私は、この作品の後に宇宙の騎士テッカマンを知ったため
詳しくはコメントできないが、一部の設定を除き、全く
異なる作品として作り上げられているようだ。
別物として、考えた方がいいだろう。

作品のジャンルとしては、復讐劇としての要素が非常に強いSF
ヒーロー物だが、1990年代の作品の中でも特にハードで、主人公が
最初から最後まで報われない鬱展開に仕上がっている。少なくとも、
近年のテレビアニメでは中々お目にかかれない卓越したストーリー
展開であることは間違いない。

一時的に暴走したのを機に戦意を完全に喪失したり、自分の目的を
達成するために、後半では寿命を削ってでも肉体を強化しようと
試みるのだが、今度は脳に障害を起こす等とことん負のスパイラルが
連鎖していくのだ。最終的には平和をもたらすことに成功したものの
その代償はあまりにも大きいものだった。
今までの事を考えると、あの終わり方が彼にとって一番幸せ
なのかもしれない。切ない。耐性がない人は視聴しないほうがいい。

それを可能にしたのは、主人公の憎むべき敵であり、全ての
元凶ともいえるラダムの凶悪さにある。いわばキャラクター設定だ。
なぜ、ラダムがオービタルリングを占拠したのか、
どうして主人公以外のテッカマンが存在するのか、
ラダム獣が植物化してラダム樹へと変化すると何が起きるのか
こういったことは作中できちんと説明されるので安心して欲しい。
ラダムの凶悪性が把握できている頃には、主人公がなぜあそこまで
ラダム討伐に力を注いでいるのか分かってもらえると思う。
(ここまで行くともはやいじめの領域に達しているような
気がしないでもない)

ラダムだけに関わらず、主人公を支えるブルーアースのメンバー
やラダム側のテッカマン達にもきちんと焦点が当てられているため
そういった点にも抜かりはない。

個人的に思い入れのあるキャラクターが非常に多く、選び出すと
キリがないだが、ここではあえて劇中屈指のネタキャラとして
愛されているテッカマンランスを挙げていこうと思う。
彼はラダム側のテッカマンの一人であり、戦闘力も高いのだが、
やたら自信家な人物として描かれている。

単独行動を取り、先にブレードを仕留めようとウキウキな気分で
立ち向かっていたのだがタイミングが悪かったのか、たいした
活躍を見せずに消えてしまったなんとも哀れな奴だ。
要はただの咬ませ犬である。

まあ、別の見方をすれば自らの命を犠牲に
死亡フラグを丁寧にレクチャーしてくださるありがたい教師ともいえる。
彼を象徴する代表的な台詞と言えばやっぱりこれ。

「フッ、いくら進化したと言えど、この至近距離からの
ボルテッカではひとたまりも……なにっ!?」

文字だけ見ても、典型的な咬ませ犬のテンプレそのものだ。
そりゃあ、テッカマセランスと呼ばれても仕方ないわな。合掌。
(他のラダムテッカマンと比較しても存在感はかなり薄い方だったので、
ぶっちゃけいなくてもいいんだけどね。)

作画に関してだが、非常にムラがあり、とても不安定な点はぬぐえない。
キャラクターの顔が多岐にわたっているのは勿論の事、
一部のシーンは色塗りがされていなかったり、使いまわしている
場面も多い。

原因は、予算や時間の都合によるものだというのは納得していたが
流石に48話のエビル作画だけは非常に目についてしまった。
なんせ顔だけでなく、髪の色がまるっきし違うのだ。
「あいつこんな色してたっけ?」と自分に問いかける始末。
もう少しで話が終わるのでせめて色だけはきちんとして欲しかった。
勿体ない。声優の演技に救われたのは言うまでもない。

作画はそこまで気にしない、濃厚なストーリー展開を好む
SF好きの方にはオススメ。但し、これでもかといわんばかりの鬱要素が
詰まっているのでそこだけ注意して欲しい。

個人的には、名作の域に入っても不思議ではないと感じるほど
とても面白かった。 名作だと思う。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 11

64.2 15 ゴクドーくん漫遊記(TVアニメ動画)

1999年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (37)
201人が棚に入れました
その名の通り自分勝手で極道な性格の冒険者「ゴクドー・ユーコット・キカンスキー」は自由気ままに生きることを本分としており、金儲けなどの悪巧みのために仲間を利用することも多々あるが、大抵はしっぺ返しに遭っている。彼を取り巻く個性豊かなキャラクターが繰り広げる笑いあり涙あり?の冒険活劇。寓話的要素が見られることもある。

声優・キャラクター
石田彰、吉田小百合、島香裕、金月真美、三木眞一郎、水野愛日、堀絢子

たこ

★★★★☆ 3.2

一昔前のラノベ王道的物語

ラノベにはそれほど詳しいわけではないのだが
『悪党で自己中な主人公が大暴れ』的な作品は一時期流行しており
アニメ放送時の典型的ラノベ、いわゆる「スレイヤーズ」時代の産物である。
今や悪影響どうこうで夕方に放送することなんて出来ないだろうが
不良がいいことをすると~なギャップに近い感覚として
単なる悪党退治物語も主人公が悪側になるだけで結構新鮮に映り
その酷い行動・発現には痛快さを感じていた。
テンションの高さとテンポの良さで見る人を選ばずそれなりにウケそう
後半は若干失速したが許容範囲内。
作品の質こそ違えどいつの時代も『かっこいい悪』は憧れの対象である。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

chance

★★★★☆ 3.5

【FTラノベ】【悪逆非道バカギャグ】駄菓子菓子!初見作品

ラノベありきたりFT世界でゴクドー・ユーコット・キカンスキーが悪逆非道を繰り返すギャグコメディー。

自分の都合の良い方に流れる(結果裏切り)は日常茶飯事、自分に気の有る女がいれば酒場に売る、召還に応じる魔剣を手に入れたら質に売った後召還する、戦闘になったら女を盾に置いて逃げる等々「自分が一番大事」を臆面も無く堂々と行う主人公の人間臭さはもちろんながら、そんな主人公に呆れ卑下しつつ、これまた自己中心的な正義をかざす、自己の都合に利用する、局面打破の為に嫌々協力する脇役達も人間味溢れ、数あるラノベ作の中でも一風変わった珍作。
当時「ロードス島戦記」「スレイヤーズ」「フォーチュンクエスト」とあわせて見てたであろうメジャー作でもあります。よね?

愛と友情と正義にムズシが走るタイプにオススメ?ながら、本質はギャグコメディなので昭和のギャグノリに耐えれないと辛いかも。

ちなみに私はED曲のWAKE UP!WAKE UP!WAKE UP!WAKE UP!好きで当時よくカラオケで歌ってました。

別な話、原作者の中村うさぎは最近朝日ニュースター等の政治番組にコメンテーターとしてよく出てくるので違和感バリバリです。ゴクドーくん作者→悪党心理に精通→政治コメンテーター、な訳ないか・・・

イースOVAの評価書きたいなぁ・・・

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

Maskwell

★★★★☆ 3.9

かっこ悪いところがカッコいい、そんな主人公

ゴクドー・ユーコット・キカンスキー
彼は傍若無人な性格で、他人の迷惑など全く考慮せず(むしろ進んで迷惑をかけて)自由気ままに生きている。
そして、とてつもなく屁がくさい。

しかし、そんな彼がひとたび「魔剣よ来い!」と叫べば虚空からは炎の魔剣が現れ、眼前の敵を薙ぎ払う。

悪だろうが魔王だろうが神様だろうが、彼の前に立ちはだかるものに歯向かい、自分の私利私欲、自分のアイデンティティの全てをぶつける。

人間としては決して尊敬できない面の方が多い。しかし、我々にはできない「自由」をゴクドーくんはいとも簡単にやってのける。
彼が世界を自由に駆け回る漫遊記。

今となっては古臭く感じる部分ももちろんあるが、少年心を思い出させてくれる作品であることに変わりはない。



あばよ!誰にも文句はいわせねーぜ!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

63.2 16 機甲戦記ドラグナー(TVアニメ動画)

1987年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (34)
182人が棚に入れました
舞台は西暦2087年。月に誕生した軍事政権による統一国家・ギガノス帝国が地球連合に対して一方的に独立を宣言し、宣戦を布告。戦火はスペースコロニーと地球本土に拡大し、月面のマスドライバーやメタルアーマー (MA) などの兵器によって、地上の7割[3]はギガノスに占拠されていた。そんな中、スペースコロニー「アルカード」の住人である主人公・ケーン・ワカバ、タップ・オセアノ、ライト・ニューマンの3人は、ひょんなことから新開発メタルアーマー・D兵器(ドラグナー)のパイロットとして登録されてしまい、追撃部隊を撃破する。こうして、彼らはギガノス帝国の追撃艦隊と戦いながら地球連合軍本部を目指すことになる。

ひげ

★★★★☆ 3.7

見たとおり、ガンダムの正当な後継作品

サンライズが模索した新たなロボットアニメ。飛行用のバックパックを装着することでかっこいい空戦ができる。当時の流行といばそう。しかし目の付け所はいい。
不細工な3号機が総合的に最強、ダントツな高コストというのも今でも印象的。劇中でも別格扱い。最強ゆえにお約束のバージョンアップもされない。ほんのちょっとだけ。
凶悪な電子戦機で、索敵、ジャミングによるミサイル攻撃の無力化どころか相手コンピューターの乗っ取りまでできる。
スタッフも言う、D3は戦う必要がない。


肝心の作品自体のターゲット、方向性が非常に中途半端でどういうことがやりたかったのが謎である。子供向けのようでそうでない・・前身のZZ以上に製作の苦悩が伺える。初期はZZ+トップガン的なノリ。しかし後半はワタルのような荒唐無稽な子供向け。まぁだいたいバンダイのせいだろうけどさwww。
そのせいか、敵もグン・ジェムたち以外は光るやつがいない・・

それを体現していたのがライバル、マイヨ。
まったく魅力を感じないのと、何がしたいのかよくわからないキャラだった。基本自分からどうこうってのがない。
最初はまんまシャアなんだけど・・その後はネタバレになるので、観ればわかる。今の人はゲームでどうなるか知ってるでしょ。

ワタル誕生の伏線になった作品と考えるのが妥当か。
バイファムのほど子供目線でもなく、ガンダムほど大人でもない。考えに考えた結果、生まれた答えがワタルだったんだね。

ただ大張氏のOPだけでご飯何杯いけるという・・・かっこよすぎてバンダイからクレームがきてしまったのは伝説。
プラモとあまりに違ってしまうから問題になると。。。
現在ではそのOP版『通称バリグナー』として同じバンダイから買える。いい時代だと思わんかね。。
OPが汚れた英雄っぽい?それ言っちゃダメ。

ドラグナーの設計コンセプトは時を経てガンダムSEEDに受け継がれます。ちょっと感動的。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 7

自分はなんだったのか

★★★★☆ 3.4

サンライズのお約束

サンライズが得意とするロボ系

地球連合とそれに対する敵(ギガノス帝国)との物語
流れ的にはガンダムに似てます
主人公達3人が住んでる宇宙コロニーで戦闘に巻き込まれ
偶然の出来事でタイトルでもあるドラグナーに乗り戦争に駆り出される

80年代モノですが作画はいいですが
これははっきり言ってサンライズのロボ系が好きじゃないと飽きると思われます
理由は様々ですが4クール48話あるためか中だるみ傾向にあります
中国大陸に入って出てくるグンジェムあたりは
北斗の拳に出てくるようなキャラクターで、なんだこりゃ?みたいな

でも今になって見ると当時は感じられなかった事とか思えて
私にはとても懐かしく見れました

因みに後半のOpとEdは当時アイドルだった山瀬まみさんが歌っています。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 22
ネタバレ

ユニバーサルスタイル

★★★★★ 4.3

帝国の腐敗とともに崩壊していったストーリー

1987年にサンライズにて制作されたリアル系ロボットアニメ。

流れとしては、Zガンダム・ガンダムZZ・レイズナー辺りの後に制作されたため、それらの影響が強いと思われます。


一応あらすじですが、長いので注意。

{netabare}
地球に住む人類に不満をもつ人間たちが、月に軍事独立政権を樹立し地球に対して一方的に独立を宣言した。
彼ら『ギガノス帝国軍』は地球を自分達だけの星にするため、スペースコロニーと地球に侵攻を開始する。
地球の人間も『地球統合軍』を組織し、帝国軍と統合軍の戦争は激化していった。


スペースコロニーで生活していたケーン・タップ・ライトの三人の若者は、
突然帝国軍の部隊に襲撃され、なりゆきでその場にあったロボットに乗り敵を撃退する。
そのロボットは統合軍の最重要軍事機密ともいえる代物であり、三人はこのロボットを地球にある統合軍本部まで運ぶよう命令される。


これら三体のロボットはD兵器、通称『ドラグナー』と呼ばれ、一度搭乗者として登録してしまうと簡単に他の人間は搭乗できない厄介なシステムであり、三人は抗うすべもなく、この命令に従うのだった。
{/netabare}


最初通しで見たとき後半の展開に唖然としてしまい、低評価にしてしまいました。が、駄作と評するにはあまりに勿体ない作品だと思ったのでもう一度その魅力について。


まず何より、主人公のケーンをはじめとする三人組の面白さですね。
どこかでズッコケ三人組と言われているのを見てなんとなく共感しました。

彼らは帝国軍・統合軍という対立軸や戦争という行為に関係なく、ただ自分たちの平穏を奪ったギガノス軍に一矢報いてやる!という半ば利己的な意志で敵を撃退していきます。

既存の戦争モノに風穴を開けるがごとく、豪快で愉快な三人の快進撃は見ていて非常に爽快感がありました。


MA(メタルアーマー)と呼ばれるドラグナーについても、三者三様の個性的なデザインは一線を画しています。

特に頭脳派のライトが操る3型[D-3]の見た目の異様さと言ったら凄いです。電子戦用のメカが前線で活躍するってけっこう新鮮でした。


音楽も軽快で楽しい。とてもワクワクしますね。

それから、OP「夢色チェイサー」がカッコよすぎます。
鮎川麻弥さんの歌声も鷺巣詩郎さんの演奏も完璧!映像も細かい所まで凝りに凝っていてハイレベルです。


キャラ・ロボット・音楽、様々な面で新しい試みが見られたのは評価すべきです。
リアル系、と肩ひじ張らずに気楽に楽しめる作品だと思います。
リアルと言っても凝り固まったパターンやデザインに捕らわれず、「自由」に作ろうという意識が根底に見えます。
若者の反骨精神が生むエネルギーとか自由を謳歌する楽しさとか、多少古臭さはあっても今なお共感できる部分もあるんじゃないでしょうか。




路線変更後・・。
{netabare}
当初異例の快進撃を成し遂げた三人組。しかし、これが続くのも彼らが地球に降り立ち任務を遂行するまで。


その後の展開は、結局奇を衒ってはみても今までの軍人同士が闘い合うだけの戦争に他ならず、元々のキャラの魅力もみるみる衰えていくようでした。

いや、最早戦争という形となっていたかどうかさえ疑問です。

帝国が身勝手な理由で争いを起こし、結果身勝手な者共の手で自滅していく。

ただのテロリストの暴動のように映ってもおかしくないと思います。

世紀末と化したグンジェム隊辺りとか、個人的にかなり苦痛でした。

今から見る人には、1話~13話、または24話辺りまでなら勧められますが、その先はあまり目新しい面白さは感じられないと思います。
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9

60.3 17 魔動王グランゾート(TVアニメ動画)

1989年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (25)
147人が棚に入れました
西暦2050年。月面で突如起こった大地震により、その裂け目から月に空気と重力が生まれ、やがて月に人々は移民し町が形成されていった。それから半世紀後の西暦2100年。町内の福引きで月旅行を当てた少年遙大地は、月で自作のジェットボードで飛ばし迷子になった途中、オルゴールの音色で忽然と現れた"ウサギ人間"の少女グリグリに遭遇する。突然のことで混乱し彼女の住処に転がり込んでしまう。そこにもう一人、彼女の祖母である大魔法使い「V-メイ」から自分たちが耳長族と呼ばれる種族であることを告げる。そこへ、彼らと敵対する「邪動族」の攻撃が。言われるままに「魔動機」の一つ「魔動銃」を使い耳長族に伝わる魔動王「グランゾート」を召喚する大地。戸惑いながらもグランゾートとともに尖兵「ヘルメタル」を撃破。偶発的に魔動力を発揮。メイは大地こそが邪動族と戦える「魔動戦士」だと言う。武者修行中の少年ガスと耳長族の少年ラビを加え、彼らは邪動帝国の手に落ちたラビルーナと聖地ルナを解放する旅に赴くことになる。

声優・キャラクター
松岡洋子、松田辰也、安達忍、鈴木れい子、林原めぐみ、緒方賢一、山寺宏一、島香裕、龍田直樹

ひげ

★★★★☆ 3.4

ドーマキサラムーン

大ヒットしたワタルの後釜として作られた作品。
ワタルと違うのは主人公が3人。前作のように助っ人のサブではなくちゃんと必殺技で倒す。
それぞれ魔動王の召還に束縛があるのが面白い。それぞれの属性の広大な場所、水、風が必要で簡単には召還できない。
でも最終的にはめんどくさくなってww都合よく召還できちゃんだけどね・・
一躍スターとなった林原さんはヒロイン続投。
問題は敵がいいやつがいなかった。
ワタルのガッタイダーの兄弟とか虎王とかドンゴロみたいなさ。同じくライバルメカもいまひとつ。てか覚えてない。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

66.4 18 ゲンジ通信あげだま(TVアニメ動画)

1991年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (12)
85人が棚に入れました
濃厚なパロディの数々やハイテンションなギャグでカルト的人気を得た、コメディタッチのヒーローアニメ。ヒーロー星から地球にやってきた少年・源氏あげだまは、世界征服を企てるノットリダマスII世一味の悪事を許せず相棒のロボット・ワープ郎を身にまとって気合と共に正義の“あげだマン”に変身する。だが、ノットリダマスの手先として戦う怨夜巫女なる少女の正体は、実はあげだまのクラスメイトだった!

声優・キャラクター
佐々木望、渡辺久美子、三石琴乃、玉川砂記子

61.5 19 銀河戦国群雄伝ライ(TVアニメ動画)

1994年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (16)
84人が棚に入れました
神聖銀河帝国皇帝であった光輝帝が崩御したことにより帝政が崩壊する。多数の軍閥による権力抗争が始まる中、北天を制したのが元 帝国左将軍の比紀弾正である。比紀弾正は自身の最も信頼する側近の四天王と共に北天を瞬く間に併呑。五丈国を建国し、残る南天の制圧を掲げ、銀河統一へ向けて動き始めた。そんな折、四天王の一人である狼刃は、その軍団の中で一兵卒であった竜我雷に興味を示し、一躍師団長に抜擢する。ついに戦国時代の風雲児が歴史の表舞台に立つ時がきたのであった。

64.8 20 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー(TVアニメ動画)

1985年夏アニメ
★★★★☆ 3.6 (20)
76人が棚に入れました
はるか昔、超ロボット生命体「トランスフォーマー」が住む惑星・セイバートロンでは、平和を愛するサイバトロンと、武力による惑星の統治を目指すデストロンの2つの種族が永きに亘り戦争を続けていた。
この戦争の影響によって、セイバートロン星のエネルギーは枯渇しようとしていた。
サイバトロンは総司令官コンボイの指揮の下、外宇宙へのエネルギー探索を開始。
デストロンも、破壊大帝メガトロンの指揮下で、これを妨害すべく追撃を開始。宇宙空間での戦闘中、双方の宇宙船が「とある惑星」の重力に引き寄せられてしまう。両宇宙船はその惑星に墜落。彼らは全員、機能を停止した。
400万年後、火山の噴火のショックで宇宙船のコンピューターが再起動し、生命再生装置により、トランスフォーマーたちは「その惑星」の到る所にあるエネルギーを蓄えられた物体の姿を借り、復活を遂げた。
メガトロン率いるデストロンは「この惑星」の豊富なエネルギーに目をつけ、宇宙支配の野望を抱く。対するサイバトロンも、それを阻止せんと立ち上がった。
こうして、サイバトロンとデストロンは1985年(原語版では1984年)の地球で、戦いを再開することになった。
彼らが目覚めるまでに、「とある惑星」で起こった戦いは『ビーストウォーズ』と『ビーストウォーズメタルス』の二作品で描かれている。これらの作品には今作のキャラクターも、わずかながら登場している。

はくす

★★★★★ 5.0

破天荒だけど心の奥にずっとすみ続けるアニメです。

今となっては突っ込みどころ満載なアニメですが、、、

当時はあの海外チックなへんなアニメーションが好きでした。

妙にコマの多かったり、ズレてたりするアニメーション
毎回違うトランスフォームの仕方
作戦がすぐ失敗したり、見破られたりするダメな司令官
けっこう役立たずな部下たち
無法者な部下もいる

と、むしろこれは気になる要素ばかりであるとも言えます。

なので、気づいたら5点満点でした。


そして、歌が良い。
音楽もなんか大袈裟なものが多くて良いです。

キャラも良かった…
もうなんていうか、敵方の大将の口の悪さとか、その部下のへたれっぷりとか、すぐ裏切る部下とか、頭の悪い部下の頭の悪い行動とか!!

もう意味がわかりません!!!


登場キャラが多いので、アレなんですが、基本ダーティな感じでした。


ていうか、作品がダーティでした。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

カートューンMAN

★★★★★ 4.2

いろいろな意味で、本当にスゴイ作品でした‼︎

GYAOでの期間限定の全話配信(但し総集編等は未配信)で全話観ました。(自分はこのTFをちゃんと最初から最後まで観たのは初めてだったので‥。)第1話こそはストーリー・設定・作画等、1985年に初回放送した当時のテレビアニメのレベルとしてはまずまずの出来だったと自分は思いました。個人的な推測ですが、アメリカのオリジナル版の第1話の内容を観て、日本版のスタッフの皆様は「アメリカ版機動戦士ガンダム」的な物語展開するだろうと、強く思ったかもしれません。(あくまで自分の推測ですが‥。)自分もその様な感じで物語は進むだろう、と思いました。が!このアニメに詳しい皆様はお解りだと思いますが、その後の展開は、時より多くて出てしまう信じられない形での作画ミス、物語のあらえる設定が急激に変わったり(あるいは無かった事にしている事も‥。)、そして肝心のストーリーの方は基本ワンパターン(例・メガトロンが悪知恵を思い付きデストロン行動開始。それに気が付いてコンボイの作戦でサイバトロンが反撃。しかしデストロン優勢になってしまってサイバトロンピンチ。だが超展開的な一発逆転の発想や作戦・武器等で、あっと言う間に形勢逆転。(または時々、スタースクリームがメガトロン討伐する事がデストロンにとって、かなり災いに転じてしまう。結果、サイバトロン有利に自然となっていく。しかも、スタースクリームのメガトロン討伐はいつも失敗に終わる。で、いつものスタースクリームの「メガトロン様、お許しください」の情け無いセリフが出るのが毎回のオチ。(笑))結局サイバトロンの勝利。最後はメガトロンの捨てセリフを言いながらデストロン軍団退却。コンボイらサイバトロンのメンバー達がアメリカンジョーク的なセリフを言って一同笑いながら、物語終了。)で、時にはこれ大丈夫なのか⁉︎と思わせるエピソードも多くありました。(例・正義のサイバトロンの一部のキャラ達が平気でカジノでギャンブルしたり、映画俳優になったりする等。)ここまでだと、とても面白おかしいだけにしか思わないですが、悲しく切ないエピソードもありました。(オメガ・スプリームの生い立ちについての話や、スカイファイヤーが苦しく葛藤しているのが印象的だったエピソード、そして戦いによって楽園と言われた自然が失ってしまい落胆するあるサイバトロンの戦士の物語等。)また、サイバトロン・デストロンだけではなく、地球人、宇宙人、過去の古代人、とかなり個性的なキャラクター達が大勢いたのも、この物語を盛り上げるのに不可欠だったと思います。その他にもいろいろな事を書きたいですが、かなり長文になってしまうので、ここで自分のレビューは終わりにしたいと思います。本当にツッコミ、笑い、しかし時にはジーンとくる、インパクトのとても強い、そして何よりロボットアニメだけど、いい意味での人間味がとても強い物語だったと思います。最後になりましたが、自分をいろいろな意味で楽しませてくれたトランスフォーマーに感謝です‼︎ツッコミと笑いと、そして時より魅せてくれた感動を本当にありがとうございました‼︎

投稿 : 2019/09/21
♥ : 6

Prism_Ace

★★★★★ 5.0

さあ!戦いだ!

すべてはここから始まった!
平和を愛するサイバトロン(オートボット)と武力による惑星の統治を目指すデストロン(ディセプティコン)の果てしない戦いを描いた作画がゆるふわアニメ。
基本はデストロンが発電所や工場を襲撃するところをサイバトロンが止めに行くスタイルですがハリウッドで映画撮ったりギャンブル惑星に行ったり中世ヨーロッパにタイムスリップしたりなど変化球も楽しい一本です。
翻訳の軽妙さによる超ロボット生命体達のユニークな掛け合いもまた魅力の一つです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

計測不能 21 超音戦士ボーグマン(TVアニメ動画)

1988年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (9)
62人が棚に入れました
葦プロが製作したサイボーグ変身ヒーローもの。同社の作画を中心に活躍してきたアニメーターきくちみちたかのキャラクターデザインが話題に。人工都市メガロシティで進む新種のサイボーグ研究=バイオテックシステム。だが研究者のひとりギルバートは世界征服の野望から犯罪集団ギルを組織した。ギルの妖魔軍団に対抗するため天才美人科学者メモリーは、若者・響リョウたちをもとにバイオテックシステムの結晶である戦士ボーグマンを誕生させた。

計測不能 22 HAUNTEDじゃんくしょん[ホーンテッドジャンクション](TVアニメ動画)

1997年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (7)
59人が棚に入れました
S東高等学校(アニメでは私立斉東高等学校)は、その立地と由来の故から数多くの学校に関わる精霊や幽霊(学校霊)が集うことで知られている。その学校の中で生徒会の役員を務める北城遥都(生徒会長、教会の息子)、朝比奈睦月(副会長会計、神社の娘)、龍堂和御(副会長書記、寺の息子)の3人は「S東高聖徒会」として学校霊と生徒たちとの仲立ちを行い「霊と人間の理想郷」をこの世に顕現するために奮闘するのである

60.9 23 The Spirit of Wonder チャイナさんの憂鬱(OVA)

1992年6月3日
★★★★☆ 3.3 (10)
40人が棚に入れました
1986~95年にかけて「モーニング」及び「月刊アフタヌーン」に掲載された、鶴田謙二によるコミックをアニメ化。天涯孤独の少女チャイナと、自称天才発明家ブレッケンリッジ博士の交流を描いた、心温まるSFファンタジーだ。監督は『劇場版クレヨンしんちゃん』シリーズなど数多くの作品で知られる本郷みつる。主人公チャイナの声は日高のり子が演じる。 舞台はイギリスの港町。中華料理店「天回」を切り盛りするチャイナさんの悩みは、居候のブレッケンリッジ博士が怪しい発明にお金をつぎ込んで家賃を払ってくれないことと、密かに思いを寄せる青年ジムもその発明に没頭していること。ある日、チャイナさんはジムから「一緒に月へ行こう」と誘われて……。

計測不能 24 ケチャップ(TVアニメ動画)

1998年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (3)
28人が棚に入れました
1998年10月から1999年3月にかけてNHK教育にて放映されたTVアニメ。オーストラリアのサザンスター・エンターテインメントとNHKとの共同制作により、全65話が制作された。猫たちの住む街にある料理屋カフェ・コルジェットの料理人兼ウェイターのピクルスと、ライバルのスカンピらが繰り広げる愉快な騒動を描く。月~金の5分枠の帯番組として放映。後には「ケチャップ フルコース!」と銘打ち、30分枠で6話を一気に放映するプログラムも幾度か放送された。

計測不能 25 機甲警察(アーマードポリス)メタルジャック(TVアニメ動画)

1991年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (2)
19人が棚に入れました
『機動戦士ガンダム』や『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』等で知られるサンライズ制作の近未来サイバーアクションアニメーション。2015年。世界の犯罪はこれまでに無い殺人、テロ、電脳犯罪など警察の想定範囲内の限界を超えていた。警視庁捜査課の若手捜査官、神崎ケンは署内きっての射撃の名手。ある日、財前コンツェルンのパーティーの警備中、犯罪組織「イド」のクライムモビルが現れ、主賓の少年、財前純を襲うという事件が起きた。彼を救う為に瀕死の重傷を負ったケンとF1レーサーのアグリ・亮、覆面レスラーの豪田剛は、その行動に感服した警視庁の醍醐により体をサイボーグとして蘇生される事に。新たなボディと任務を与えられ「機甲警察メタルジャック」へと生まれ変わった3人は、あらゆる犯罪に敢然と立ち向かうのだったが……。

声優・キャラクター
神奈延年、中村大樹、山口健、加藤精三、荒木香恵、天野由梨、稲葉実、まるたまり、速水奨、小野健一、冬馬由美、島香裕、小杉十郎太

計測不能 26 Ys イース 天空の神殿 アドル=クリスティンの冒険(OVA)

1992年12月16日
★★★☆☆ 2.7 (3)
17人が棚に入れました
人気パソコンゲーム『イースII』を原作としたOVAシリーズで、全4巻が発売された。勇者アドルはイースの書の力によって、魔物に支配された天空の島イースへと飛ばされてしまう。そこの住人は地上の存在を知らず、真実を知らしめようとする彼を異端者として受け入れない。エステリアの少女フィーナとの思いもかけぬ再会を経て、世界の果てへと辿り着くアドルだが? 旧シリーズよりビジュアル面を強化し、物語もオリジナル色が増している。

計測不能 27 勇者指令ダグオン 水晶の瞳の少年(OVA)

1997年12月28日
★★★★☆ 3.5 (3)
15人が棚に入れました
90年代におけるサンライズの看板タイトルの一つ「勇者シリーズ」。その第7弾である『勇者指令ダグオン』の放送後に制作されたOVA(全2話)で、「勇者シリーズ」初のOVAでもある。 凶悪な犯罪宇宙人たちサルガッソ陣営との戦いを経て、今は普通の日々を過ごしているエンこと、大堂寺炎たち勇者=ダグオンチーム。ある日、エンは謎の男たちから追われる不思議な少年を救出。少年をケンタと名づけてかくまうエンは、カイこと広瀬海たち地球にいるダグオンの仲間に助力を請う。ケンタのかわいらしさにカイが心を動かされる一方、さらなる敵が出現、それは宇宙に帰還したはずのライこと地球名・宇津美雷だった……。『ダグオン』は他の「勇者シリーズ」と違い、等身大の集団変身ヒーローものの要素が強い点が特色だが、本OVAではエンたちの変身する強化服=ダグテクターのデザインがTV版から一新。物語の最後には本作のみの最終大型ロボット形態(別名:ファイナルダグオン)も登場する。
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.9

タイトルなし

一部ファンには腐向け扱いで嫌われてるってよく聞いてたOVA作品だけど
裸のシーンがどうたらいうならお風呂と冒頭の逃亡シーンとラストあたりの精神描写くらいだし
TVの時点でも普通にそうゆうのあったし
僕にはどの辺がそう言われてるのかよくわからなかったなー。
(イケメンとか可愛い美少年とか好きな僕だから気がつかないってのもあるかもだけど・・・?

TVでも無神経なとこはあってもガクくんとかツヨシとか小さい子に優しいエンが大好きだったので
エンとケンタくんのシーンは見てて微笑ましい気持ちになりました!

TVからして作画は良質に感じてたけどOVAともなるとそれ以上に良くなってるし
ひと時の楽しさ、どうしようもならない運命の残酷さ、切なさの織り交ざった
ダグオンの一エピソードとして悪くないものだったと思う。
みんなが悲しい顔しながら光を見つめてる寂しげな終わり方も好きです!

けど僕でも不満に思ってる所はあります。
ライの扱いです。正直TVでも加入が遅いせいか思い入れがあんまりないキャラクターだけど
{netabare}それにしても仲間に疑われてその後仲直りするようなシーンもなく{/netabare}可哀想だし
ファンのためのおまけ作品としてはここはダメな部分だと思う。

ちゃん付けして呼ぶようなキャラに見えないカイ、
TVよりマッドサイエンティストじみてきてるヨク
あたりも評価が分かれそうだけど僕的にはその辺は許容範囲かな。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

計測不能 28 銀河探査2100年 ボーダープラネット(TVアニメ動画)

1986年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (3)
13人が棚に入れました
日本テレビ夏期の「24時間テレビスペシャルアニメ」の一本で、手塚治虫アニメの第8弾。手塚プロダクションが制作した同路線内の手塚アニメとしては、第6本目に当たる。 ともに星の世界を目指す若者スバルとプロキオン。深い友情で結ばれた二人を常に幼なじみの少女ミラが見守っていた。ともにミラを愛していた二人だが、やがて彼女はプロキオンを選び、スバルは哀しみを堪えて両者の幸福を祝福した。だが新婚直後、プロキオンは未知の宇宙病によって死亡。残されたミラも同じ病気に罹病し、発病寸前だと判る。治療法が判るまで小康状態で無期限冷凍処置されたミラを残し、宇宙へ旅立つスバル。その胸には、自分の生涯を掛けても愛するミラを救う強靱な決意が秘められていた。 手塚治虫がオリジナル脚本を用意したスペースロマンで、物語を序章と終章を含めて5つのパートに分割。実制作アニメスタジオごとの個性を拾いながら、各挿話の作風(作画と演出)を変えていく凝った趣向が図られた。なお切なくも胸が熱くなるクロージングは、アニメ作家・手塚治虫の晩年の最良の仕事の一つ。十年以上にわたって放映された「24時間テレビスペシャルアニメ」の一つの頂点といえる傑作である。

計測不能 29 バツ&テリー(アニメ映画)

1987年3月14日
★★★★☆ 3.1 (2)
11人が棚に入れました
漫画家・大島やすいちの同題野球コミックを劇場アニメ化。サンライズ(当時は日本サンライズ)による制作で、同社の『ダーティペア』と同時上映だった。 バツとテリーこと、抜刀軍と一文字輝は横浜の海峰高校野球部の一年生。二人とも野球の実力は超高校級だが、素行が悪くいつもケンカやナンパにうつつをぬかしている。甲子園が近づいたある日、バツとテリーの二人は美少女・白木アンと知り合う。実は、アンには恋人の邦夫がいたのだが彼はバイク事故で他界していた。さらに邦夫は海峰高校が予選で対戦した相手校の選手だったのだ。様々な想いをからめながら近づく決勝大会。だがそんな時、バツとテリーに恨みを抱くかつての仲間・辰夫がアンを拉致し……。 本作のアニメーションディレクターは『銀河漂流バイファム』などの芦田豊雄が担当。原作者の大島は『バイファム』のファンだったという。

声優・キャラクター
井上和彦、塩沢兼人、有森也実、渡辺篤史、龍田直樹

計測不能 30 心霊恐怖レポート うしろの百太郎(OVA)

1991年8月21日
★★★☆☆ 3.0 (2)
10人が棚に入れました
人気漫画家・つのだじろうによる、名作・恐怖心霊漫画のOVA化。 この世の心霊現象を科学的に研究する後(うしろ)心霊研究所。だがその所長・健太郎の息子・一太郎は、さほど霊の存在を信じていなかった。そんな中、一太郎は級友とこっくりさんを始めるが、それを担任の先生が正しい手順も踏まず終了させてしまう。その結果、先生に何かが憑依。やがて翌日、こっくりさんに参加していた友人の一人が教室で惨殺される事件が起きた……。 原作初期編の一エピソードをOVA化。一太郎を守る守護霊・百太郎や一太郎の相棒である霊犬ゼロももちろん活躍する。本OVAの企画制作はネクスタートが担当し、つのだじろうのもう一つの恐怖漫画の代表作『恐怖新聞』とほぼ同時に、制作が進行した。監督はタツノコプロ作品などで活躍の演出家・原征太郎。

計測不能 31 ペコラ(TVアニメ動画)

2002年秋アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
1人が棚に入れました
世界40カ国以上で愛されているフルCGアニメ。四角いキャラクターとカラフルな色使いが斬新でおしゃれな作品。監督は若林弾、ビル・ギッギー。アニメーションのほか、絵本でもシリーズ展開されている。物語の舞台は小さな港町“キューブタウン"。主人公のペンギン・ペコラは、とても元気で好奇心旺盛な男の子。退屈が大嫌いな彼は、しょっちゅう騒動を起こしては街の住人を巻き込んでいく。その街の人たちも個性的なキャラクターの持ち主ばかりで、事件はいつも変な方向へ転がっていって…!?

計測不能 32 JINGI 仁義(OVA)

1991年12月4日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
少女漫画とヤクザ漫画の両ジャンルで長年にわたって大活躍する異色の漫画家・立原あゆみの原作をOVA化したもの。 暴力団・砂川組の一員である神林仁は、血気は荒いが根は純朴なチンピラ青年。そんな彼はある日、東大卒の元セクト活動家で、のちにエリート銀行マンとなった青年・八崎義郎に出会う。当初は相手を間違えて義郎の命を狙った仁だが、これが縁で互いの度胸と頭脳の冴えを認め合った二人。彼らはともに自分にはない相手の資質を信じて手を結び、極道の世界でのし上がって行く。 日映エージェンシー制作による同じ原作者のOVA「本気(マジ)!」シリーズが好評なことを背景に企画制作された作品。アニメ映像の実制作はJ.C.STAFFが担当。

計測不能 33 笑劇 新選組(OVA)

1989年5月21日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
幕末の時代を駆け抜けた「新選組」を主人公にしたほのぼのコメディタッチの単発オリジナルOVA作品。嘉永6年。日本に異国の黒船が来航。これにより幕末の争乱が引き起こされた時代。安政の大獄、桜田門外の変といった歴史上の変遷を経て、策士・清川八郎のペテンを契機に、京都に幕府側の警護職・新選組が結成された。そんな新選組の主体となったのは、大きな顔で饅頭が好きな試衛館道場の主・近藤勇、剣術に長けてダイコンを切るのもうまい土方歳三、甘えん坊だが働き者の若者・沖田総司、それにウンチク好きな山南敬介ほか、試衛館に集う八人の猛者だった……。史実の流れを丁寧に追いながらも、トイレットの前で順番を争う試衛館の面々とか、怪獣のような赤ら顔で酒を飲む芹沢鴨など、ぶっとんだ演出や作画が満載のコミカル史実アニメ。演出は東映動画(現・東映アニメーション)の諸作品でも活躍した川田武範。

計測不能 34 新・超幕末少年世紀タカマル(OVA)

1992年11月21日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
監督・芦田豊雄が率いる制作集団スタジオライブの持ち味が最大限に発揮された、OVAシリーズの第二弾。 相変わらず鎖国を続けているちゃんぽん王国に、一人の美少女が飛行機に乗って空からやってきた。カリンと名乗るその娘は、墜落のショックにより名前以外の記憶がないらしい。少年剣士タカマルと発明好きの親友アルはなにかと彼女の世話を焼くが、一方その周囲ではおかしな事件が立て続けに起きていて……? 前後篇でコンパクトに完結した前作の好評を受け、この新シリーズは全6話が刊行された。スタジオライブの十八番である、少年キャラクターのビビッドな活躍こそが見どころなのだが、一方で芦田監督の提言する「理想の国、そして民主主義とはいかなるものか」というメッセージが本作には込められている。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ