おすすめ川瀬敏文人気アニメランキング 24

あにこれの全ユーザーが人気アニメの川瀬敏文成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月21日の時点で一番の川瀬敏文アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.9 1 ひぐらしのなく頃に礼(OVA)

2008年12月26日
★★★★☆ 3.7 (871)
4269人が棚に入れました
『ひぐらしのなく頃に礼』(ひぐらしのなくころに れい)は、07th Expansionが製作した同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』のファンディスク。
運命の果てにある最終章いよいよ開幕!
社会現象を巻き起こした話題の「ひぐらしのなく頃に」がOVAシリーズとなって待望の第3期アニメーション映像化。制作はTVシリーズを手がけたスタジオディーン。新キャラクターデザイナーとして、今最も注目されるクリエイターの黒田和也が参加。
「ひぐらしのなく頃に礼」で、あなたは新たな真実を目撃する―――!!

けみかけ

★★★★☆ 3.9

【賽殺し編】が最重要です!コレを見ずしてひぐらしは終わらず!

ひぐらしシリーズの後日談で全5話のOVAなのですが、テレビシリーズの『おまけ』程度に考えてパスする方がいたのなら「それは絶対に間違いだぁぁぁぁ!!!!!」と叫びたい!!!


最も重要なのは2~4話の【賽殺し編】です!
そもそも『完璧な終結』を迎えたはずの前作ラスト【祭囃し編】だったのですが、この『完璧な終結』に疑問を投げかけてあのトゥルーエンドを崩壊させてしまうのが「賽殺し編」なのです!


誰しもが納得のハッピーエンドだったはずの祭囃し編ラスト、でもそれでホントにイイの?
↑この流れがまさにひぐらしワールドならではだと思いましたよ!
素晴らしいっす!


一連のシリーズにおける、真の最終章ともいうべき驚きの展開で、これを見なければ本当の意味でひぐらしシリーズを“観終わった”ことにならないんです
なのでファンならずとも必見!


スタッフの一部が入れ替わり、特にキャラクターデザインが黒田和也さんに変更になったのが顕著なところです
これに関しては好みなのレベルでしょうが、実際の作画には黒田さんは参加されておらず、各巻のジャケットを担当している岡真里子さんや中嶋敦子さんも不参加


と、言うことで作画に関しては若干“詐欺”ってる感があったのが残念ですw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 12
ネタバレ

てけ

★★★★☆ 3.7

賽殺し編は見応えあり

原作未プレイです。
この作品だけを見ても意味が分かりません。
先に無印と解を見る必要があります。


羞晒し(はじさらし)編、賽殺し(さいころし)編、昼壊し(ひるこわし)編という3つのショートストーリーで構成されています。

羞晒し編と昼壊し編は、各1話のお遊び回。
本編からひっぱってきたネタが満載です。
しかもオールスター。
{netabare}レナ「嘘だッ!!!」{/netabare}
いい感じに笑わせてくれました。

賽殺し編は、「過去」に関わってしまった梨花(リカ)を描いています。
話数も2~4話までの合計3話となかなかのボリュームです。
内容はそれほどひねっていませんが、しっかりと作られています。
また、丁寧すぎるほど丁寧に説明してくれるので、問題なく理解できると思います。
西暦と昭和の年号換算に数分かけるほどの念入りっぷりです。やりすぎ。


話はいたってまじめです。
しかし、導入部がギャグっぽいです。
それに引きずられて内容もギャグっぽく見えます。
{netabare}自転車のスピードの出し過ぎで事故。
梨花にしては間抜けすぎますよ……。{/netabare}
そこは演出でなんとかごまかしている感じです。


テーマははっきりしています。

「罪」

誰にも罪のない世界は正しいのか?
そんな問いを投げかけてきます。
まあ、これまた丁寧に語ってくれるので、答えは出ちゃってますが……。
{netabare}
私の好きなテーマですね!
数々の失敗があったからこそ、今の人生がある。
{/netabare}

注意点が一つ。
登場人物に対するイメージが変わってしまう可能性があります。
特に梨花ファンには黄色信号です。
あくまで外伝として楽しみましょう。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 40

エウネル

★★★★☆ 3.6

無くてもよかった

今回は5話の短い作品でした。そのうちの2話が「ひぐらしの頃に」とは思えない謎の明るさだった。正直あまり面白くない。1期や2期とのギャップが楽しみたい人は見てみるといいのではないでしょうか。
残りの3話は惨劇のループが終わったあとの話です。前に書いた2話もループが終わった後の話かもしれませんが、あんまり関係ありません。ループが終わり、圭一たちと一緒に楽しく遊べるようになった梨花ちゃんが自転車に乗っているときに事故に会い意識を無くしてしまいます。梨花ちゃんが意識を取り戻すとそこは別の雛見沢であるという話です。
この話もひぐらしらしいグロさや恐怖がないので少し物足りない気がしました。
暇ならどうぞといった感じですね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 25

65.6 2 覇王大系リューナイト(TVアニメ動画)

1994年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (40)
273人が棚に入れました
騎士に憧れる見習い騎士アデュー。真の騎士になるため、「アースティア」の中心に突き刺さっている剣、通称「アースブレード」に向かい旅を続ける。旅先で出会う仲間達(魔法使いのパッフィー、忍者のサルトビ、僧侶のイズミ)と共に旅を続ける途中、アースティアの支配を目論む敵に立ち向かう。

声優・キャラクター
優希比呂、矢島晶子、小杉十郎太、西村朋紘、折笠愛、置鮎龍太郎、松本保典、関俊彦、永島由子、辻谷耕史

はとぽん

★★★★☆ 4.0

王道を行く王道

騎士道大原則!!

懐かしい作品ですね。

かなりの数のキャラクターがそれぞれリューという専用のロボを扱い、冒険をするという物語です。
いわゆるファンタジーRPGをアニメにした感じです。

今はもうアニメなんて当たり前のように受け入れられているので、
今とは違って少し声優さんの演技が大袈裟風なところもありますが、それはそれで楽しめます。

やっぱり昔のアニメなので、今から比べると綺麗な作画ではなく、キャラクターもどことなく古臭い感じはあります。

若干子供向けな空気もなくもないですが、とにかく熱い。

リアルタイムで見ていたときはもう毎週楽しみにしていました。

wikiなんかを見ていただければわかると思いますが、とにかく設定が凄い練りこまれています。
とても覚えられたものではありません。ですが何となくわかってしまうのが不思議です。

全52話と長いですが、個人的にはオススメです。
DVDBOXなんかも出てたはずです。

コミック版もありますが、こちらは全3巻でアニメとは全然別物です。ちょっと試しに読んでみるぐらいならありだと思います。

興味があれば見てみてはいかがでしょうか。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

61.3 3 元気爆発ガンバルガー(TVアニメ動画)

1992年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (12)
73人が棚に入れました
主人公のひとり虎太郎は、忍術の修行中にそれとは知らず、地球を大魔界に変えようとする暗黒魔王ゴクアークの封印を解いてしまう。地球を守る光の戦士エルドランは、その身を挺してゴクアークを再び封印するが、ゴクアークはヤミノリウスIII世を地球に遣わした。ひょんなことからガンバルガーを手に入れた虎太郎、力哉、鷹介の三人はエルドランの願いにより、ガンバーチームとなってヤミノリウスが繰り出す魔界獣と戦うヒーローとなった。しかし、その正体を知られると大魔界の呪いにより犬に変えられてしまう。虎太郎たちは小学生とヒーローの二重生活を送ることになってしまったのである。

声優・キャラクター
折笠愛、南央美、島田敏、緒方賢一、白鳥由里、深見梨加、大谷育江、伊藤美紀、曽我部和恭

HeX

★★★☆☆ 3.0

エルドランシリーズ2作目

前作ライジンオーで採用されたクラス全員クルー制から打って変わって、本作ではロボに乗っていることは重大な秘密であり、パイロットたちの孤独な?戦いが繰り広げられる。

確かに秘密を保持しながらの戦いは燃えるものもあるが、クラスが一丸となって悪に立ち向かうという構図が気に入っていただけに、個人的にはちょっと残念。
視聴当時は、いずれ秘密が漏れるが、理解者たちに囲まれ、クラスがチームになって…という展開を期待したけど、そんなこともなく。

本作特有の話としては、サブメカが登場早々敵にのっとられるという失態があったり、敵キャラがラスト付近では味方になったり、同敵キャラがなんと人間と結ばれたりする点か。

ストーリーの中には、やはり主人公である小学生特有の問題、悩みなんかが含まれるが、これは他の2作品と同じ傾向。

3作あるエルドランTVシリーズの中では、やや異色かつパッとしない感じがする。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 0
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.8

俺たちは!元気、爆発だぁー!!

エルドランシリーズ2作目。
クラス全員で協力していた前作とは違い、ロボットを動かすのは3人。
{netabare}最初はライジンオーと同じで3体のロボから
一体のロボに合体してガンバルガ―になっていたけど
途中からはひとり一台ずつ強力なロボットに乗るようになる。{/netabare}

発進場所はいろいろ変えることができて面白いです。
世界観はどうやらライジンオーとつながっているみたいで
タイダーがちょこちょこ映ってたり
別の場所に飛ばされた回ではライジンオーに乗った仁たちが登場しました。

序盤はそんなにって感じだったけどだんだん面白くなってきますし、
特に終盤は熱い展開がよかったです!

{netabare}正体を隠さなければならないというのが虎太郎たちにとっては不便なもの
かつこの作品では何度も重要なキーワードとなり
ばれた後の感動につながっていきました。{/netabare}

ただ正体わかってなかったから云々関係なく虎太郎くんに
対する他キャラの当たり方がどうも強いなぁと思いました。
{netabare}千夏ちゃんは終盤で優しい所がようやく発揮されるけど
それ以外は常に取材に燃えているか怒っているかだし
虎太郎のお姉ちゃんに関しては、
千夏ちゃん同様常に怒ってるような印象しかなかったし
終盤でもちょっとセリフがあるだけで特にイメージの挽回がない。
別に悪いことしてる時に怒ってるのはいいと思うんですが、
たとえばクリスマス回みたいな
サンタが一度もきたことがないから少しでも
大きなくつ下を飾っておきたいという虎太郎の
かわいらしい気持ちを、頭ごなしに叱るっていうのが
さすがにちょっと・・・って思ってしまいました。{/netabare}
これは 前作のライジンオーが欠点が少しくらいあっても
みんな好きになれる人物だったから余計にかなぁ。

とはいってもガンバルガ―でも{netabare}メイン3人や先生とヤミノリウスの関係とか、
ラーメン届けてくれた町の人{/netabare}とか好きになれる人も結構いますけどねー。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1
ネタバレ

yuugetu

★★★★☆ 3.9

子どもの可愛さとコミカルで親しみやすい作風が良い

1992年4月~1993年2月放送のTVアニメ。全47話。
三作あるエルドランシリーズの二作目です。

【あらすじ】
青空町の青空小学校4年生・霧隠虎太郎(きりがくれ こたろう)は霧隠流忍者の家柄。父・藤兵衛との親子喧嘩の際、藤兵衛が魔王ゴクアークの封印を解いてしまいます。魔王は光の戦士エルドランにより再度封印されるものの、その部下ヤミノリウスⅢ世が、地球を大魔界に変えて魔王を復活させようと動き始めます。
エルドランは魔王を押さえていて動きが取れないため、虎太郎は友達の風祭鷹介(かざまつり ようすけ)、流崎力哉(りゅうざき りきや)とともに、ミラクル忍者・ガンバーチームとなり、巨大ロボガンバルガーを駆ってヤミノリウスの召喚する魔界獣と戦うことに。しかも、ヤミノリウスに「誰かに正体がバレると犬になる呪い」をかけられてしまいます。


本作の魅力は少し間の抜けたコミカルさと親しみやすさ。正体が知られると犬になるというのも、本人達には大問題ですが視聴者としては気が抜けますね。
ほぼ一話完結形式なので、一気見よりもTVで毎週見る方が楽しい作品かも知れません。
全体的に引きが弱い印象なので、中盤にもう少し盛り上がりが欲しかったです。

音楽は使い方は普通でしたが曲はとても良かったです。OP、EDは懐かしき良きアニメソングで、作風に合っていて奇をてらわない所が良いですね。

青空町の生活をよく描いていて、子どもの生き生きした様子や地に足の付いた生活感が明るい作風を生み出しています。
近藤高光さんのキャラクターデザインは可愛らしく親しみやすいですし、全体的に作画に躍動感があり表情豊かで、見ていて楽しかったです。

バリエーション豊かな魔界獣の攻撃や予想のつきにくい展開はなかなか楽しいですが、シュールになりがちではありました。そういう所も好きですけどw
それが超展開と感じずに楽しめるのは、主人公側が自分達に出来ること考えて解決していくからです。
カブトボーグみたいに振り切ってしまうと子ども向けなんて口が裂けても言えないのですが、本作はそういうことは無かったですね。

{netabare}
町の中で闘うことがほとんどなので、町の人たちが応援してくれる展開はお約束。パターンではあるのですが、雲の上の英雄ではなくご町内の親しみ易いヒーローだからこそで、やんちゃ坊主を見守るような空気でガンバーチームを助けてくれるのが和みます。
最終決戦の「俺たちを踏んで行け!」の流れはそれまでの積み重ねもあって良かったです。こう書くと何がなんだかって感じですがw

大人たちだけでなく、3人それぞれのヒロインや年下の子ども達の役回りがとても良かったと思います。虎太朗でさえ焦るくらい危なっかしい元気ぶりを発揮していて、彼らを守るエピソードがガンバーチームは一番頑張っていたかも。


力哉は基本しっかり者で弟の哲哉とのハートフルな話があったり、敵に操られたりと見所が多かったです。リーダーは力哉。レッドだから間違い無いw
鷹介も母親やヒロインとの話で成長を描いていて地味ですが好印象です。

ただ虎太朗にももう少し心温まるエピソードが欲しかったかな。
虎太朗のお父さんとお姉ちゃんが叱るタイプなので、おおらかなお母さんを間に立てるなどできれば、悪戯をして叱られるパターンにももっとバリエーションが出て良かったのではないかと思います。ドラマ作る素材が沢山設定されていたのに活かし切れていない印象で、ちょっと勿体ないですね。


終盤の見所はやっぱりヤミノリウスが改心する展開です。
味方になるまでの流れは段階を踏んでいて、最初のきっかけは亜衣子先生と心が通じ合った事なのですが、最終的に魔王から離反した理由はヤミノリウス自身の誇りで、納得できない点はまったくありませんでした。
町の人たちが最初ヤミノリウスに反発するのも自然で、そこが描かれたことでさらに良いラストになったと思います。
{/netabare}

ストーリーの主軸が弱めで全体的に軽く明るい作風なので、先が気になる!とはなりにくかったですが、見ていて楽しい作品でした。(2016.10.20)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 7

計測不能 4 銀河漂流バイファム13(TVアニメ動画)

1998年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (9)
57人が棚に入れました
人類が宇宙に進出し、遠く44光年離れたイプザーロン系まで開拓の手を伸ばしていた時代・・・。イプザーロン系第3惑星クレアド、地球人が第 2の故郷として“発見”したその星は、異星人ククトニアンが長い年月をかけて再生している途中の星であった。地球軍はわずかな居住者しかいないその星を武 力で侵略し、異星人の存在は民間人には極秘とされた。ククトニアン達は地球軍に対し撤退を要求するも、地球側はこれを無視。地球は何も知らない民間人をイ プザーロン系に入植させ続けるのであった。ところが、地球のクレアド侵略より数年、ククトニアン達はついに反抗の準備を整え、地球軍に戦いを挑むときがやってきた。ククト軍の電撃作戦 によりクレアドは陥落。大量の避難民が発生することとなった。地球軍は避難民を地球に避難させるために、避難民の地球移送計画を実施する。最後の避難民を 乗せた宇宙練習艦ジェイナスは地球に向けて出発するものの、度重なるククト軍の攻撃により、大人達は一人、また一人と死亡し、ついには乗組員は子供13人 だけとなってしまった。誰にも頼れずに生きる、13人の子供達の旅が始まる・・・。

声優・キャラクター
保志総一朗、菊池英博、鳥海勝美、竹村拓、野沢雅子、あきやまるな、冨永みーな、笠原弘子、原えりこ、佐々木るん、滝沢久美子、千々松幸子、手塚ちはる、大塚芳忠、渡辺美佐、川上とも子、緒方賢一

計測不能 5 絶対無敵ライジンオー 陽昇城カラクリ夢日記(OVA)

1992年12月16日
★★★☆☆ 3.0 (1)
11人が棚に入れました
サンライズの人気ロボットアニメ『絶対無敵ライジンオー』の完全新作OVA第二弾。 時は江戸時代。陽昇城の城下町にある陽昇塾では、少年剣士の飛鳥が修業に励んでいた。世間からは剣の達人といわれて鼻が高い飛鳥だが、実はそれは周囲の錯覚で、本当は腕前の方はからっきし。実力と名声のギャップに悩む飛鳥は、ある日、深編笠をかぶった謎の剣豪チャンバラーに出会う。その見事な剣技に感銘を受けた飛鳥は、彼に何としても弟子入りを願うのだが……。 今回は番外編の時代劇編。とはいえ江戸時代風の異世界を舞台にした完全なパラレルワールド譚ではなく、巧妙な構成によってちゃんと正編世界に含まれる内容にもなっている。TVシリーズの3人のみのパイロットではなく、18人の少年少女全員の搭乗で起動する今回の主人公メカ・雷神王の活躍も見ものだ。

64.7 6 ひぐらしのなく頃に煌(OVA)

2011年7月21日
★★★★☆ 3.6 (576)
2759人が棚に入れました
原作シリーズの発表から2012年で10周年を迎えることを記念し、新シリーズがいよいよ始動!完全オリジナルエピソードを中心に「喜(き)・努(ど)・愛(あい)・楽(らく)」に分かれたキラびやかなエピソードで贈る新シリーズ。従来からの原作ファンは勿論、10周年で初めて「ひぐらし」を知った方でも問題なくお楽しみ頂ける、想像の“斜め上”を突っ走る衝撃映像をご覧あれ!!

大和撫子

★★★★☆ 3.8

ひぐらし十周年記念作品

始めに申し上げておきますが、私この「ひぐらしのなく頃に」というアニメが凄く好きでございます。
私がアニメに本格的にハマった作品だと思っております。
なので評価の方は甘めに付けているのでご了承下さい。

◆この作品の内容は・・・
OVAで4話構成。
それぞれ「喜・努・愛・楽」に準じた内容となっております。
「喜・怒・哀・楽」ではありませんのでお間違えないように^^;

◆作画が・・・
第1話冒頭を見たときは、ひぐらしが帰ってきた~と心躍りました。
しかし、前原圭一を見た時に・・・あれ?
こんな顔だっけ?
キャラによりけりですがデザインが少し変わって違和感がありました。
制作会社は同じですが、作画監督が違います。
前のキャラデザの方が良かったですね。

◆第1話、罰恋し編・・・
このエピソードは「喜」に準じた内容です。
さて、もう言いたい事はたくさんあるのですが、この1話はひどすぎる!!!
ひぐらしファンでなければ見るに堪えない内容とも思えました。
いやひぐらしファンでも・・・。
もうただの妄想アニメ化となっております。
オヤシロ様、タタリを起こして下さい・・・と、思っておりましたがラストの展開はひぐらしらしく?なんとか持ち直したなという感じでした。
ラストの展開がなければストーリーの評価は★1でしたよ。
とりあえず2話以降に期待ですね。

◆第2話、妖戦し編・・・
このエピソードは「努」に準じた内容はにゅ。
これはもうひどいはにゅ。
見るに堪えないはにゅ。
このエピソードは「努」に準じたエピソードで梨花と沙都子がパラレルワールドの世界に迷い込み魔法少女になって戦うお話はにゅ。
「まどマギ」を冒涜してるはにゅ。
良かったところは、魔法少女となった梨花が可愛かったくらいで、あとはメチャクチャだはにゅ。

◆第3話、結縁し編 ・・・
「愛」に準じたエピソードです。
恋に悩む魅音を中心に、その周りではドタバタしたラブコメ展開。
このお話では、やっぱりレナは可愛いな~とあらためて実感(〃 ̄ω ̄〃ゞデヘヘ
シナリオも第1話・2話よりも全然楽しめて、物語星評価ここでアップです♪

◆第4話 夢現し編・・・
「楽」に準じたエピソードです。
4歳の頃の梨花が現代にタイムスリップしてきます。
その梨花を元の時代に変えそうとするお話。
4歳の梨花、この時の梨花にはまだ何も起きていなかった。
だから元の世界に返せば、その後この子に待っているものは・・・。
その事を考えるとやりきれない気持ちになります。
この小さな梨花はこの先に起きる自分の運命を知らない・・・でもこの子の無邪気で強い意思は光っていました。
第1話~3話と違ってこの4話目は本編に合った内容で、きわめて単純な展開なのですが、この作品のラストを飾るのにとても良いお話でした。
ただキャラデザ、特に顔の輪郭が相当変に描かれているのが残念。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 30

風来坊

★★★☆☆ 2.8

10周年記念シリーズ!(暫定黒歴史)

file.1~4までの4部構成。

file.1は同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』のファンディスクで
ある『ひぐらしのなく頃に礼』に再収録された『罰恋し編』を
アニメ用に再構築したOVA作品。
 
なぜ「再収録」なのかというと、本編のおまけとして収録
されていたものの、本編にそぐわない内容で削除されたから
らしい。そのいわくつき通りのハイテンションコメディで「ひぐらし」
本編を観た人が「おまけ」として観るための作品。
 
file2は完全にオチャラケタ内容でまるで授業中に描いた
マンガ。もはや完成度とかそーゆー問題ではなく、何故社会に
発信しようと思ったのか理解に苦しむレベル。もはやどこが
どうとか言う気にもならない…。

file3はラブコメ調の作品。それなりに楽しめるものにはなって
いるが、「ひぐらし」が好きだった人がこーゆーの求めている
とは思えない。まぁ、これも「ひぐらし」なんだけどさ。

file.4は比較的ひぐらしっぽい雰囲気を纏った作品。
あくまで「ぽい雰囲気」であって比べるべくもない…。
梨花ちゃんに焦点が当たる話なので、まんまる(?)になって
すっかり以前の作画における面影を無くした梨花ちゃんを見て
嘆き悲しむこと間違いないでしょう。

総評
この作品を観て良かったと思える人がどれほどいるものか…。
一気に評判を落としてしまったのではないかと危惧するばかり。できればあまり観ないでもらいたい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 20
ネタバレ

てけ

★★★★☆ 3.7

完全にファン向け。でもこれもありなんだよなぁ

「ひぐらし礼」に引き続きのOVAです。

ファン向けのアニメ。
サービスシーンも多めです。
全4話。

1.罰恋し編~喜~(ばつこいしへん):エロ
2.妖戦し編~努~(あやかしせんしへん):魔法少女
3.結縁し編~愛~(むすびえにしへん):恋愛
4.夢現し編~楽~(ゆめうつしへん):しんみり

相変わらず読めないタイトルですね。
よく見ると、ネガティブな「怒」と「哀」を使用していません。
ポジティブな「努」と「愛」を使っているのがいいですね。
内容も前向きです。

最初の3本は頭を使わずにながめられました。
1話目は、妄想が爆発。けっこうエロいです。
2話目は、黒いキャラたちが見られます。
3話目は、ハーレムと見せかけて、それをひっくり返す笑えるオチ!

最後の1本はやや特殊です。
4話目は、世界観を生かしたシナリオで、他より内容が濃いです。

ただし、テーマ性は見あたりません。
ストーリーもお遊びが多いです。
あくまでキャラクターとおかしな世界を楽しむファンディスクです。

なお、今までの作品に比べて、絵がだいぶキレイになっています。
特に1期と比べるとその差は歴然。
どうやら監督が代わったようです。
前監督かわいそうに(´;ω;`)

いやー、それにしても面白いですねー。
何が面白いって、{netabare}どのシナリオも本編のパラレルワールドと考えればありえる{/netabare}ってこと。
↑ひぐらし解まで見た方はネタバレ部分をあけても大丈夫です。

あらためてひぐらしシリーズの力を思い知った作品でした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 46

66.7 7 GIANT KILLING[ジャイアントキリング](TVアニメ動画)

2010年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (461)
2444人が棚に入れました
低迷を続けるETU(East Tokyo United)に一人の男が監督として迎えられた。男の名は達海猛、イングランド5部のアマチュアクラブを、FAカップでベスト32に導きプレミアリーグのクラブをギリギリまで追い詰めた手腕の人物だ。そんな彼に古巣のクラブが白羽の矢を立てた訳だが、チーム内は開幕前から騒動ばかり、果たしてこの起用は吉と出るか凶と出るか。

華凜

★★★★★ 5.0

今一番のサッカー漫画(私的)

物語はサッカー漫画だけどそこまで熱血!と言うわけでもなく、笑わせる所は笑わせてくれる気持ちいい進み方をしてくれる!
試合でも変に技とかもなく純粋にサッカーをしてるので見てるこっちが暑くなれる!

話の中に選手1人1人の心境や想いなどが書いてあって私的には凄く分かりやすかったです。

「負け続けだったチームが勝ち進んでいく」よくある設定だけど絶対勝つ分けじゃ無くて負ける時は負けるし引き分けもあるから先が読めないそこも楽しみの一つかも!

監督が選手に出す作戦内容も分かっている場合と試合中に分かる場合とあってドキドキする!

監督同士の探り合いや駆け引き、選手の想い力、毎回ハラハラしながら見るのが楽しい!
試合が終わった後に笑わせてくれるのもありがたい^^

サッカーアニメでは一番のおすすめです!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 7

ぶっかけ

★★★★☆ 3.8

強いチームとは何によって機能するのか? その回答が少し見える

弱小チームを立て直す!! 
何時の時代にも必ずニーズのある、スポーツ物の王道作品 

アナタはこれまでに、プロスポーツにおける監督の価値に、疑問を抱いたことはありませんか?
ベンチに座り、その効果が如何ほどか素人には分からない指示を出し続ける
成果が出なければ、お払い箱…
私達素人には、基本的に成果によってしか、その人の能力を判断することが出来ない、 厳しく、そして刹那的な職業です
大したことはしていなさそう、と思いがちですが
サッカー、野球、共に世界のトップクラスで指揮を執る彼等の中には、年棒が5億を超える者も見受けられます

さぁて、彼等は日々何をやっていて、何処にそれだけの価値があるのでしょうか?
その理由の一端が、この作品を見れば、少しだけ分かるかもしれませんよ

投稿 : 2019/08/17
♥ : 12

ラスコーリニコフ

★★★★☆ 3.3

地味だった。

最初の段階で監督の設定凄そうだから、
もっと派手なエセ理論が出てくるものだと期待したが
蓋を開ければ地味な感じでずっと続いていく

話も中途半端で終わるし、なんだかなーな作品
ゲームのサカつくを何作かやってたから、サッカーの
監督業にはちょっと興味があった。

面白くなくはない ちょっと面白い くらいのお話。
実際にサッカー経験者だと楽しめるのかもね

キャラは悪く無いんだよ、もっと現実離れしたミラクルが
見たかっただけでさ。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

61.4 8 天上天下(TVアニメ動画)

2004年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (139)
898人が棚に入れました
百余年の歴史を持ち日本中の武道家の子弟が通う統道学園に最強のケンカ屋を目指す凪宗一郎とその相棒・ボブ牧原は入学する。
だが、気合や根性では太刀打ちできないツワモノたちの存在を知るのだった。凪とボブは柔剣部に入部し部長の棗真夜らと共に、学園を強大な力で支配する執行部に対し戦いを挑むのだった。
それはまた、数百年に渡り日本の武道界を裏で支配する謎のフィクサーとの時代を超えた因縁の対決の始まりでもあった。
血ぬられた宿命、叶わぬ想い、取り戻せぬ命。この戦いの最後の勝者とは…。

声優・キャラクター
保志総一朗、茅原実里、久川綾、三木眞一郎、関智一、森川智之、矢尾一樹

ジョニー

★★★★☆ 3.3

後半

前半はストーリーもスムーズに展開され、天上天下の世界を楽しめます。
が、問題は後半からで、過去編の中盤で一旦止まり、現在のストーリーに変わると、急にストーリー展開のスピード感が無くなり、グダグダし始めます。
ストーリー自体は面白いのですが、24話という決まった話数でそこまで長くない過去編をアニメ化したためなのか後半はグダグダしすぎてもう一度観る気にはなれませんでした。
クオリティーに関しては、当時としては十分のレベルですが、今観るとどうでしょう。。
二話の主人公フルボッコシーンは頑張ったと思います。
棗慎という今は亡き、棗姉妹の兄の過去の話は、結構面白いのでオススメします。
評価は辛口ですが、自分はこのアニメから漫画にハマったクチなので漫画を未読の方は挑戦してみるのも良いでしょう。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

P/AKEMI

★★★★★ 4.2

Bomb A Head!

♪主題歌、オープニングテーマのBomb A Head!が大好きぃ♪
作詞・歌 - m.c.A・T / 作曲 - 富樫明生 / 編曲 - DJ FUMIYA

ジャンル的には、格闘漫画でいいのかなぁ?
女性漫画雑誌には無いストーリー展開と作画だけどぉ、これ好きぃ(^_-)-☆

陰なエロじゃなくぅ、陽なエロ(露出)なので、明るくて心地よいですねぇ!
ギャグ的要素も程よく笑えたし、バランスもいいんじゃないかなぁ?

ただぁ、鞘(さや)に収まった式刀零毀を持ってる時に、鞘(さや)ではなく
柄(つか)を持つのは、実際には有り得ないですねぇ・・・残念。。。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

Britannia

★★★★★ 4.1

全殺しだ!

■ジャンル
少年漫画らしい、学園バトル物

日本中の武道家の子弟が通う統道学園に最強のケンカ屋を目指し
保志さんと三木さんが入学。

数々の強者、シャアの池田さんを頭に
森川さん・矢尾さん等、ベテラン声優達とバトルします。

久川さんの色気と関さんのオチャメが魅力的な1本!

キャラ立ちがしっかりしていて面白いo(^▽^)o
こんなん好きなので高評価ナノdeath。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 14

62.5 9 しおんの王(TVアニメ動画)

2007年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (132)
818人が棚に入れました
幼い頃に何者かに両親を殺害され、そのショックから事件での記憶と、言葉を失くしてしまった主人公の少女「安岡紫音」。殺害された両親の遺体には、犯人により「将棋の王将」が残されていたが、犯人の意図がつかめぬまま、事件は迷宮入りとなってしまっていた。
 さらに、紫音の両親の殺害された翌日、羽仁真(当時八段)は、神園修から、初めてのタイトル「角聖」を奪取。そして同日、羽仁真の実弟・悟の婚約者であった瀬戸一美が心臓発作で死亡した。瀬戸一美は、事件の数日前に安岡家を訪れ、紫音にも会っていた。これらの事件の重なりは、果たして偶然なのか。

声優・キャラクター
川澄綾子、朴璐美、水野理紗、郷田ほづみ、松風雅也、松本保典、國府田マリ子、中尾隆聖

チヒロ

★★★★☆ 3.8

本格将棋アニメ!紫苑ちゃんがかわいいw

本格将棋アニメでした。

タイトルの絵が将棋っぽくないのですが、
ヒカルの碁の将棋版みたいな感じかも。

両親を殺されたトラウマを持つ主人公の中学生の女の子が、
将棋のプロを目指し、成長していくストーリー。

よくできていると思う。
OPが糞でしたが、それ以外はとてもおもしろかった。

最後に向けて、徐々に事件の真相が明らかになっていく
ところとかも、とても良かった。

紫苑ちゃんかわいいよ紫苑ちゃんw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

★★★★☆ 3.6

まさにサスペンス

半年前に見た作品。
主人公の紫音が4歳のときに目の前で両親を惨殺された精神的ショックから失声症になるが、最年少でプロ女流棋士となり、活躍していく話。


作画がちょっと怖くて苦手だったのですが(ひぐらし?、神霊狩の作画と似ている???)、その作画と相俟って、両親の殺害シーン、血のりなど詩音の昔のトラウマシーンがちょっと毎回怖い。
ただ、最後まで意外な人物が犯人とわかるまで、一気に見終えたと思う。
ちょっと見終えた後、背筋が凍るかんじだったかと・・・
将棋に関しては、そんなに詳しくなくても見れたと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18

とうみょう

★★★★★ 4.5

7手で十分

私は将棋なんかに興味はないって人いますね?
でも実は皆さんも常に将棋を指してますよね?

例えば→こうしたら→こうなって→こうなる

↑こんな思考を日常でするでしょ?それが将棋です

ね?指してないとは言わせませんよ!
だから皆さんも立派な棋士ですね!!

では早速始めましょうか!
先手は僕から行きますよ!

それでは、お願いしますm(__)m

先手、とうみょう「このアニメを観てください」

後手、あなた「面白いんですか?」

先手、とうみょう「しおんちゃん可愛いです」

後手、あなた「はぁ?頭大丈夫ですか?」

先手、とうみょう「しおんちゃん可愛いです」

後手、あなた「・・・いや、私の話聞いてます?」

先手、とうみょう「しおんちゃん可愛いです」

後手、あなた「まいりましたm(__)m」

以上、7手を持ちまして、
先手とうみょう初段の勝ちでございます

お疲れ様でしたm(__)m

投稿 : 2019/08/17
♥ : 28

63.2 10 ぴたテン(TVアニメ動画)

2002年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (49)
358人が棚に入れました
中学受験を控えた、ちょっぴりクールな小学6年生「樋口湖太郎」が、天界から彼の元にやって来た見習い天使「美紗」や、突然どこかから現れた謎の女性「紫亜」、同級生のテンちゃん、小星達と共に悩み、成長して行くストーリー。

声優・キャラクター
田村ゆかり、沢城みゆき、ゆかな、斎賀みつき、釘宮理恵、くまいもとこ、野川さくら、冬馬由美、岡村明美

パパどる

★★★★★ 4.2

笑いあり、ほんわかあり、涙あり

母を亡くし、さめた小学生の「こたろう」に
ハチャメチャな落ちこぼれ見習い天使の「みさ」がまとわりこたろうの心の成長していく物語

回りの人達を騒動の渦に巻き込む黒い服を着た見習い天使「美紗」(田村ゆかり)と
家庭的で弱気な白い服を着た見習い悪魔「紫亜」(ゆかな)の立場とは反対の性格を持つ二人の設定がおもしろい

「湖太郎」のクラスメイト「小星」(釘宮理恵)の湖太郎への一途な思いが可愛いです。

心温まる作品です
一度見て作品評価を上げてください。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 0

59.6 11 ドラゴンドライブ(TVアニメ動画)

2002年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (31)
352人が棚に入れました
何をやっても長続きしない中途半端な中学生、大空レイジ。
彼はある日幼なじみの雪野麻衣子に連れられて、駄菓子屋「竜宮城」へとやってくる。そこで出会ったヴァーチャルゲーム「ドラゴンドライブ」。自分のパートナーとして与えられたキャラクター「チビドラゴン」との出会いがレイジを成長させていく。
また、ドラゴンドライブは単なるヴァーチャルゲームではなくレイジ達の進む先には驚くべき運命が待ち受けているのだった…。

声優・キャラクター
朴璐美、笹本優子、四反田マイケル、西村ちなみ、杉田智和、ゆかな、鈴村健一、宮崎一成、篠原恵美、黒田崇矢、大原さやか、吉沢希梨

61.1 12 爆転シュート ベイブレード(TVアニメ動画)

2001年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (34)
265人が棚に入れました
「コロコロコミック」(小学館)に1999年~2004年まで連載された「爆転シュートベイブレード」のTVアニメ。世界一のベイブレーダーを目指す少年たちの熱き戦いがアニメの中心です。ベイバトルのなかから登場人物のひととなりが分かるような展開は視聴者を熱くし、引き込まれることでしょう。ベイバトルを物語の柱に据え、そのバトルに向かう少年たちのひたむきで真剣な横顔を余すところなく描きます。ベイバトルでの一投のために全身全霊をかけ、あるときは悔し涙を流し、あるときは宿敵同士お互いを認め合う・・・。そして再び合いまみえることを誓う少年たち・・・。

声優・キャラクター
くまいもとこ、高乃麗、折笠愛、久川綾、桑島法子、大塚周夫

Baal

★★★★☆ 3.3

一時期はまっていた記憶が・・・

青木たかおの同名の漫画を原作とした作品です。

このシリーズの第一期にあたる作品です。全51話。

タカラの玩具ベイブレードをもとに

ベイブレードバトルで世界一を目指す少年たちの

物語です。

内容は小学生低学年向けの感じになっていて、

当時ドンピシャの年齢層の私はものすごくハマって

見ていました。

アニメの影響で玩具を買ってもらい、よく友達と

遊んだものです。(こんなことどうでもよかったですね)

その年齢層には十分楽しめる内容に

なっているのではないかと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 7

58.4 13 天上天下 ULTIMATE FIGHT(OVA)

2005年3月16日
★★★★☆ 3.3 (43)
233人が棚に入れました
百余年の歴史を持ち日本中の武道家の子弟が通う統道学園に最強のケンカ屋を目指す凪宗一郎とその相棒・ボブ牧原は入学する。
だが、気合や根性では太刀打ちできないツワモノたちの存在を知るのだった。凪とボブは柔剣部に入部し部長の棗真夜らと共に、学園を強大な力で支配する執行部に対し戦いを挑むのだった。
それはまた、数百年に渡り日本の武道界を裏で支配する謎のフィクサーとの時代を超えた因縁の対決の始まりでもあった。
血ぬられた宿命、叶わぬ想い、取り戻せぬ命。この戦いの最後の勝者とは…。

64.9 14 絶対無敵ライジンオー(TVアニメ動画)

1991年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (32)
183人が棚に入れました
小学校が変形して秘密基地となり、そこからスーパーメカが発進するといった奇想天外な設定でファンのド肝を抜いた通称“エルドランシリーズ”第一作。地球を守る戦士エルドランは、宇宙において悪のジャーク帝国と戦いその結果小学校へと墜落してしまう。そこで居残り授業を受けていた5年3組の生徒18名に、自らが操るロボット・ライジンオーを託すエルドラン。今ここに“地球防衛組”が誕生した。

声優・キャラクター
松本梨香、岩坪理江、まるたまり、吉田小南美、島田敏、梁田清之、林原めぐみ、吉村よう、辻村真人、笹岡繁蔵

ひげ

★★★★☆ 3.7

以後ひとつのテンプレとかした設定、エルドラン3部作の最初。

こういうのは思い出補正がはげしいのでなんとも・・。
小学校自体が秘密基地になるという当時は斬新な設定。
以後の作品に多大な影響を与えました。
とにかくぶっとんでるんですww。

内容は勇者シリーズとおなじく変形、合体、テコ入れで新メカ登場でゴットライジンオーにww。お約束です。

ただキャラクター、OP,ED、ドラマ仕立てとかなり凝っていたのでものすごい人気に。いまでもかなり人気ありますね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

Tuna560

★★★★★ 4.2

『絶対無敵ライジンオー』作品紹介と総評

「勇者シリーズ」と共に1990年代のロボットアニメを代表する「エルドランシリーズ」の第1作。
「勇者シリーズ」同様”子ども向けの作品作り”となっていますが、教室が司令室になり、学校が変形してメカが出撃するなどの、前代未聞の展開が特徴で、独自路線を歩んでいます。

(あらすじ)
陽昇学園の5年3組は元気な少年少女たちの集まりだ。元気が良すぎて脱線気味なのが担任の篠田俊太郎の悩みの種。そんな5年3組が居残っていた土曜日の午後、陽昇学園の上空から巨大ロボットとそれを操縦していた「光の戦士 エルドラン」が落ちてくる。5次元人との戦いで深く傷付いていた彼は自分が戦えないことを語り、「大地の使者ライジンオー」を子供たちに託す。その日から5年3組改め、「地球防衛組」と5次元世界「ジャーク帝国」との戦いが始まる。(wikipedia参照)

物語の基本は一話完結で、主要生徒がロボットを操縦し、「ジャーク帝国」の怪物を倒すという物です。しかし、主要生徒のみならず、クラス全員に役割があったり、全員が集まらないと出撃出来なかったりと、結構細かい設定があって面白かったですね。

また、「ジャーク帝国」の怪物は大人達が行う”迷惑行為”をパワーにして生まれ、大人の”迷惑”を子ども達が倒すという構図も面白く感じました。

ロボットのデザインも格好良く、当時「勇者シリーズ」よりもハマっていたのを今でも覚えています。

子ども向けアニメなんですけど、しっかりと道徳的な事が描かれていた印象を受けます。
最近、この手のアニメが無くなってしまった事を残念に思いますね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

天上しょーと♪♪

★★★★★ 4.6

ひとーりじゃーないさー♪

エルドランシリーズの1作目。
突然地球を守る使命を与えられた子供たちは、
いろいろな迷惑が怪獣となって
襲ってくる邪悪獣たちと戦い成長していく話です。
いちおう単独機を動かしたりはできるけど
全員揃わないとちゃんとした力が発揮できないという設定ゆえに
メインパイロット以外の子たちもそれぞれの
得意なことや特徴を活かしメインキャラのように輝ける作品。
子供たちだけでなく先生や敵キャラもいい感じでした!

学校が教室が変形し基地になり、
体育館やプールや校庭が開きロボットが飛び出すというのは
非常に夢があり今でもわくわくしますね!

特に後半は面白かったですねー。

音楽もいいです。主題歌はもちろん、BGMもいいです。
特に基地変形時や敵関係のBGMがいいですねー。
ただ邪悪獣がパワーアップしたときのBGMが
毎回途中で途切れちゃうのが残念あそこからがいいとこなのにー。

今見ても楽しかったし元気がもらえる作品です。
ほんとは100話くらい考えてあったらしいからもっと見たかったなー。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

62.4 15 勇者指令ダグオン(TVアニメ動画)

1996年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (12)
107人が棚に入れました
謎の事故によって凶悪な囚人(宇宙人)たちが解放され、宇宙監獄サルガッソが占拠された。彼らの目的は惑星狩り、その最初の標的は地球! 宇宙警察機構ブレイブ星人は、事件に巻き込まれた大堂寺炎ら5人の高校生を「ダグオン」に任命。彼らは、地球を、そして自分たちの未来を守るため、勇者としての戦いの日々に飛び込むのだった。

声優・キャラクター
遠近孝一、子安武人、山野井仁、優希比呂、私市淳、江川央生、山口勝平、広瀬裕、長沢美樹、永澤菜教
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★★ 4.2

トライ、ダグオン!

ヒーロー側は戦隊、敵側はウルトラ的な勇者シリーズ7作目。
前年のガンダムWの人気もあってかイケメン兄ちゃん揃いでかっこいい!

ちいさい子との絡みの多い熱血リーダーエン、生物絡みの話が印象強い謎多きイケメンリュウ
真面目キャラ委員長カイ、女の子大好きシン、研究熱心ヨクなど・・・
{netabare}最期の追加戦士ライ{/netabare}は登場が遅めなのもあってちょっと印象は弱いけど
それぞれのキャラクターのバランスは良い感じっ!

話は地球に攻めてくる宇宙人たちを仲間と力を合わせて倒していく王道なもの。
{netabare}考えさせられる話の猫回、教頭先生が好きになった学園祭回、
まさかシンの行動に泣かされるとは思わなかったユカリ回
正体ばらしやエンとマリアの恋愛方面など盛り上がる展解の多い終盤など
{/netabare}中盤から印象深い回が多くなったっていった気がします!

{netabare}最終回は内容も良いし、特種ed映像でエンと絡んだいじめられっ子が元気にサッカーしてたり
約束してたひよこの見分け方を教えるリュウなどが描かれていて微笑ましく余韻に浸れます。{/netabare}

力強くストレートに熱い歌詞なOP曲がすごく好きだけど挿入歌としてopやed曲が
英語verで流れるのがまた格好良くて好きです!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

62.4 16 EAT-MAN 98 [イートマン](TVアニメ動画)

1998年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (12)
104人が棚に入れました
 クールな世界観と意外な展開が人気の吉富昭仁の同名コミックをTV化したSFアクションアニメ。冒険屋のボルト・クランクは、ネジや歯車など、バラバラにした機械部品を食べて、それを体内で再生できてしまうという特異能力の持ち主だ。再生した機械は、右手が出現させることができるのだ。その能力を使って、今までにさまざまなトラブルを乗り越え、事件を解決した来た彼は、世界一の冒険屋と呼ばれている。そして、今日も彼のもとに仕事の依頼が…。

Вистерия

★★★★☆ 4.0

時間切れだ…一時間の、契約だった。

深夜アニメ黎明期の傑作。の、続編。
前作無印EAT-MAN(ラヴィオン篇)と違い、ボルトが原作通りの渋さを醸しだすEAT-MAN'98。
原作に則っているのは性格だけではなく、ストーリー、キャラデザも原作を踏襲。
よりハードボイルドになっています。

金属片(ネジなど)を常に食べていて、
体内で銃等任意の形で再構築して体外に排出できる特殊能力をもっている寡黙で依頼は絶対に熟す伝説の冒険屋(殺し以外の依頼を請け負うなんでも屋)、ボルト・クランクが狂言回しとなり、様々な事件に依頼を通して関わっていくというスタイルは不変。

ですが監督が真下監督からエルドランシリーズの川瀬敏文監督に代わったこともあり
前作とは全く別のアニメになっていましたね。
個人的にお気に入りのストーリーが3話の「BODY GUARD」と
9話10話の「MEGA MIX」。
この2つのストーリーがEAT-MANの醍醐味である、大どんでん返しの気持よさと
見えない設定から悲哀を導きだす構成、ボルトが契約という制約の中でどう人を救っていくのかを最も美しく描いていると思います。
2段階3段階のどんでん返しとサイバーパンクのエッセンスがある後者が特にツボでした。

声優もこの時代ならでは。使い捨てキャラたちがこれでもかってくらい豪華です。
宮村優子、鈴置洋孝、高山みなみ、玉川砂記子、子安武人、銀河万丈などなど。

無印に比べると全体の重さが減り、無印でハマった人や
原作を一度読んでいる人には少しもの足りないと思いますが、
初めて観る人にはオススメできますね。
特に攻殻機動隊やCOWBOY BEBOP系統が好きでまだ見ていない人は一期と併せて是非チェックしてみて下さい。
レビューどころか評価さえついていなかったので書いてみました。
あにこれは利用者層が若めみたいなのでおっさん寂しいです…

シャーリフ!シャーリフ!シャーリフ!シャーリフ!


投稿 : 2019/08/17
♥ : 15

64.5 17 熱血最強ゴウザウラー(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (15)
94人が棚に入れました
ある日のこと、太陽系の惑星が次々と謎の光によって機械に変えられた。始業式の前日の夜、自室で寝ていた春風小学校に通う6年2組の峯崎拳一は隕石が自宅に落下し、自分の身体が機械になってしまうというおぞましい夢を見る。結局拳一はその事が引っかかって翌朝まで一睡も出来ず、釈然としないまま友人の立花浩美とクラスメートの喧嘩相手でもある朝岡しのぶらと一緒に登校する。しかし登校途中に変な恐竜のロボットを見た拳一たちは驚いて逃げ出した矢先に、宇宙からやってきた機械王「歯車王」と手下「ギーグ」に襲われる。しかし突如出現した恐竜ロボットに6400万年前に飛ばされる。そこでも光の戦士エルドランが螺子のロボットたちを相手にしていた。自分たちの世界を守るよう3体の恐竜ロボを託され再び転移した先は学校だった。自分たちの教室と融合し、身動きが取れない。しかも町では敵が暴れている。こうして拳一とその同級生たちは「ザウラーズ」として恐竜ロボを操りながら、小学校生活最後の一年が戦いと冒険の日々に変わっていく。

声優・キャラクター
高乃麗、林原めぐみ、天野由梨、上村典子、島田敏、篠原あけみ、大谷育江、小林通孝、梁田未夏、菅原正志、青森伸

ichinana

★★★★☆ 3.5

小学生×ロボ×恐竜 で外れるわけがないっ!!!!

エルドランシリーズ3部作では、本作は一番好きだったかな~
前作のガオガイガーも良かったけど、この学校がロボになるっていうところとか
クラス一丸となって戦うところとか、リアルタイム小学生世代としては燃えまくったってもんです。

ストーリーはあやふやですが、こういうストレートな作品ですとやっぱり敵に惹かれます。もうエンジン王かっこよすぎ!!
敵(ライバル)が仲間になる設定は、少年誌の王道中の王道ですが、やっぱりいいですね。主人公サイドが霞みます。

クラスの中ではハカセがいい味を出しています。
「失敗は成功の元です」が口癖な彼女ですが、そのセリフを吐いている時は、メガネを反射させて心情が映らない描写にすることが多く、彼女の悔しさ、歯がゆさを表しているのだなと、今さらながら思います。。。
本当に視聴当時は全く分かりませんでした。科学の礎は間違いなく多くの失敗のもとに成り立っているのですが、やはり失敗はしたくないものです。

でもそんな彼女もキングゴウザウラーの合体シーンでは主役3人とは別にセンターポジションをゲットです。いやマジ投票したくなるから・・・(←選挙じゃない!!)

OP,EDは人気曲ですが、キングゴウザウラー合体シーンの挿入歌が好き。麗さん・・・さすがはジャズシンガーです!!
主人公の声とちょっと変えて、妙にミスマッチ(アダルト)な感じでしたが、口ずさむのに丁度いいテンポで中毒性のある一曲です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか最近低年齢層向けのロボットアニメって減りましたよね。
特撮も日曜午前の○様向けになってるし・・・

変身(合体)、ロボ、ドリルは絶対捨てちゃいけないよな~

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★★ 4.2

タイトルなし

エルドランシリーズ3作目にして現状最後の作品。(パイロット版のみのダイテイオー除く。
再びライジンオーのようにクラス全員で戦う形になり
この作品では全員がロボットの搭乗員になります。
物語の最後には卒業が待っている6年生という設定や
{netabare}敵や恐竜との{/netabare}悲しい別れなどエルドランシリーズでは一番シリアスな感じがする作品。
でもやっぱりこのシリーズらしく明るさも強いので暗くなりすぎないです。

先生、エルドラン、防衛隊が結構活躍してくれるところもいいですが
やっぱりザウラーズがよかったかなー。よくありそうなそこそこに仲は良いけどばらばらな感じのクラスが
ゴウザウラーと出会い数多の戦いを乗り越えていくことで大切なことを学んでいく。
そして子供たち自身がゴウザウラーに感謝し卒業式をやってあげるあのラスト、良い・・・!
特に拳一はデリカシーなくて問題児なとこもあったけど
{netabare}機械化されて{/netabare}からの成長っぷりが良かったです。

あと最後の運動会に最後の夏休み、みんなが塾などで忙しくて昔のように遊べないなど
6年生ってのを活かした寂しいけど前向きな話が多いのが好きですね!

悪い所は
・{netabare}校長先生や高木先生など{/netabare}嫌な人に見えてもだんだんといい所が出てくるって感じなんだけど
{netabare}洋二くんの親{/netabare}って結局そうゆうフォローがないような・・・。

・ひろみくん後半影薄すぎるかなぁー。メインキャラだったのに。

それでも面白かったです!特に終盤は泣きまくりでしたw。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

60.9 18 獣神ライガー(TVアニメ動画)

1989年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (11)
66人が棚に入れました
遥か神話の時代より繰り広げられた、善と悪の戦い…。「善神アーガマ」の血を受け継ぐ「大牙剣」は、現代に復活した「邪神ドラゴ」の末裔「女帝ザーラ」率いる「ドラゴ帝国」から人々を、世界を救う為、「バイオアーマー」「獣神ライガー」と一体化して戦う…。

声優・キャラクター
田中真弓、沢りつお、松井菜桜子、伊藤美紀、塩屋浩三、藤井佳代子、神代知衣、有馬端香、梁田清之、勝生真沙子、島田敏、戸谷公次、中村秀利、速水奨、堀内賢雄、こおろぎさとみ、池田勝
ネタバレ

yuugetu

★★★★★ 4.2

レトロでハードな王道熱血系

1989年放送のテレビアニメ。全43話。
原作は永井豪先生。当時でも作風としてはちょっと古めだったかも?

全体としては王道の熱血ヒーローものですが、永井豪の作風のため、子ども向けとしてはエログロやハードな展開・描写が目立ちます(まあ大分ソフトにはなっていますが)。ハッピーエンドではあるものの、失ったものが多くて悲壮感も。
子どもたちが元気で常に前向きで、ストーリーラインが良く出来ているのが良いですね。

【ストーリー】
小学6年生の大牙剣(たいが けん)は、古代の善神アーガマの血を引く少年。
あるとき、剣の通う小学校が現代に復活したドラゴ帝国の尖兵ドラゴナイトに襲われてしまいます。
剣はバイオアーマー・獣神ライガーと一体化して、同じく善神の血を引く神代ゆい、まい姉妹やクラスメートである団五郎(だん ごろう)と共に、邪神ドラゴを復活させようと目論むドラゴ帝国と戦います。

ストーリー展開が丁寧で堅実なのがとても良かったです。
シリーズ構成はクレジットされていませんが、重要回を担当する事が多かった高橋義昌さんかな。高橋さんと川崎裕之(ヒロユキ)さんの回は特に素晴らしいと思うことが多かったです。
最序盤は地味な回が多いですが、ほとんどの話数が本筋に関わるので視聴意欲が続きましたし、終盤は熱い展開が多くて飽きなかったです。
ただ、夏休み期間中の単発回はあまり面白くなかった印象。

味方キャラは皆で助け合いながら困難な状況を乗り切っていくので印象が良く、心が洗われます。フォローする大人達も人格者なので人間関係のストレスは無いですが、一般市民の行動で人間の業や醜さを描くので、時には嫌な描写も。
敵キャラクターの非道ぶり、まとまりの無さも印象的でした。

作画は良い回とそうでない回でかなり差がありますが、作画監督の個性も顕著で個人的には楽しいですね。
マッシブで格闘メインなロボットバトルも魅力で、重量感のある作画がかなり好きなタイプ。
OP、EDはとても良かったです。BGMは違和感なくて好きです、使い方は割と普通ですかね。

エログロ多めなので、嫌いな人は気をつけてくださいね。
パンチラ・ヌードシーンが多い点は、まあ時代的にギリここまではできるか~ってくらいなんですが、{netabare}ドル・サタンに捕まったまいの尋問シーンでポカーンって感じでしたw{/netabare}
普段のゆいまいへのスカートめくりとかは、ゆいまいが強い女の子達できっちりやり返すというよくあるパターンで、基本的に皆仲が良いのもあってそれほど嫌な気持ちにはならずに見られました。

グロに関しては8話、11話の描写が丁寧で、感心すると同時に若干へこみました…最終決戦も含め(ザーラ様とか、一般市民の行いとか)、永井豪テイストきちんと入れてくれて嬉しいです(泣)

【男性キャラ】
{netabare}
剣は真っ直ぐで子どもらしく、悩むこともありますが、心の強さを持つ王道主人公。やんちゃですがお祖父ちゃんにしっかり躾けられてる印象。
…お祖父ちゃんを必死で探す剣の姿には、さすがに心が痛みました。たった一人の家族だったんですよね…

五郎(通称ダンゴ)は影に日向に頑張ったなあと思います。特殊能力の無いことにジレンマを抱えながら頑張る姿は応援したくなります。
物語的にも、一般人であることを最大限に生かした役回りは見事。

リュウ・ドルクもまた王道のライバルキャラで、後にドラゴ帝国を離反。
最終回で邪神ドラゴを封印したのはきっとドラゴ帝国の一人として人々を傷付けたことへの責任だったのだろうと思います。無事戻ってゆいまいと幸せに暮らしても良かったのでしょうが、それが本人の意地だったんだろうなあ。犯した罪の責任をきっちり取るあたり永井作品らしくて好きですね。
{/netabare}

【女性キャラと恋愛模様】
{netabare}
本作のターゲットである子どもが本当についていけないのは、意外と複雑な恋愛要素なんじゃないかなw

子どもからすると、剣がまいと良い雰囲気になるのはピンと来ないかもしれないなあとか思いました。
あ、私としてはイイ感じになるのならまいが良いな~とか思っていたのですごく嬉しいですw

個人的にはゆいが思った以上に芯が強い女の子で良いですね。
紳士的な大人の男性である神埼にアプローチしようとしたり、その神崎が女性のグラビア雑誌を持っていることに過剰に反応したりする潔癖さは女の子としては結構リアルだと思いますし、可愛いだけのキャラじゃないのが好きです。

でもまいがそれ以上に好き過ぎて困るw
気が強く芯も強く、でも女の子らしくないことにコンプレックスを抱いていて、皆に好かれるゆいや大人の女性である冴子が少し妬ましいとかなかなかリアル。剣達のスケベにしっかりやり返して、でもお姉さん属性で男の子達を叱咤激励し続けてるところとか。中身が可愛いですね。
ドル・サタンにあれほど怖い思いをさせられて、それでもゆいの身代わりに敵要塞に乗り込めるその勇気と剣に対する信頼たるや、これで好きにならないのは無理ってもんですw
最終話は剣とまいが手を繋いで走り出してFin。爽やかで可愛らしいラストシーンで和みました。

それで、問題があるなと思ったのは単発回。
単発ヒロインとフラグ立てて死に別れるエピソードは二つもいらないです…女の子が舞台装置になっちゃうのは好きじゃない…
しかもリュウ・ドルクは本筋でドル・サタンとの関係もあるので、そちらが印象薄くなってしまって頂けない…

ドル・サタンについては行動・心理共に描写がしっかりしていてとても良かったです。ドルガとは戦士として肩を並べたいのか、女性として愛されたいのか、最初は自分の気持ちを見極めていなかった気がする。そのことがガイストの台頭を許したのかな、と思います。
そういうのがちゃんとストーリーラインに絡んでいるのが上手い。
視聴者感覚としては、真一の一件とまいへの仕打ちがあるので彼女を許すことはできないですし、ドラゴ帝国で情を解する者には居場所がない以上、ああなるのは哀しいけれども仕方ないという印象。

冴子さんと神崎さんは一番安定したカップルでした。殺伐とした展開が続く中では一服の清涼剤だったと思います。

ザーラ様は…許すことは出来ないけれど、ちょっとかわいそうでした…
{/netabare}

極限状態で人間性が問われる展開が好きなので、私は本作はとても楽しかったです。
永井豪先生リスペクトな作風でしたが、暗いラストでもないので、永井作品の入り口としてもいいかもしれないですね。{netabare}東京の復興とか言ってるのが地味に胸を抉りますが;{/netabare}
レトロな王道熱血系が好きな人にはオススメします。……大人ならですがw(2016.9.8)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

HeX

★★★☆☆ 3.0

プロレスラーではない

もはや同名のプロレスラーのほうが有名。

本作のライガーは、いわゆる生体ロボ。操縦者の動きをトレースして動くという、Gガンダムのような操縦方式だった。

話は永井らしく、邪神の血を引く悪の軍団に、善神の血を引く主人公&ライガーが立ち向かうというもの。王道といえばそうだが、マンネリ感でもある。

よく人が死んだ覚えがある。永井らしいといえば永井らしい、グロ寄りのエログロ感は子供心になんとなくいやーな感触でもあった。

のちにサンダーライガーにパワーアップする。
同じ時期にたしかプロレスラーのほうもサンダーライガーになったような。

そういえば、プロレスとアニメのタイアップというのも珍しいね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.7

テテテテン!テテテテン!テテテテーン デーン!(イントロ

ハードで熱血なロボット(?)アニメです!

第1話からして{netabare}好きだった子{/netabare}が目の前で死に、
その後も{netabare}自分を慕ってくれてる子や家族や好きになった子{/netabare}が死んでいく。
といっても適当に殺してるようには感じませんでした。
これらの回はどれも強烈な印象の残る回で
飽きさせないための絶妙な位置でそうゆう感じの話があったように思いました。
+最終回では関わって死んでしまった人と関わって
助けることができた人の両面が話の展開に活かされていてよかったです!

ハードな展開とはいっても普通の時間に放送されていた作品なのでえぐさは
あっても(そんなに)グロくはないので特に気にならず視聴できました。

主人公のケン及び友達のダンゴはスケベでお色気シーンが多々出てくるという要素も持ち合わせていますが
ヒロインズは結構やり返すし、
ケンやダンゴはそうゆう所はあっても友達想いのいい子たちだったので嫌いになることはなかったです。

{netabare}裏切り者が多発してるけ{/netabare}ど敵キャラもわりと印象に残るキャラが多かったです。
特にやっぱりリュウドルクが顔も性格も格好良くて好きです!

2クール目から登場したミニナイトは最初は雰囲気に合わなそうな感じがしたけど
結構活躍もするしシリアスを緩和する材料としても合ってたと思います。

{netabare}ゲストキャラが死ぬ回は印象に残ると言ったけど逆に違和感を抱く回もありました。
それはアキ姉ちゃんの回です。この回はケンとリュウドルクの
戦いによってアキは死んでしまうのですが
死亡後リュウドルクが悲しむ場面はあるんですけど、ケンたちが悲しんでるとこがないんですよね。
しかもその次の話ではいきなり明るい感じで始まります。
尺が足りなかったのだろうけどそれ以外の死亡回では
どの回も悲しんでいたのでちょっと変に思いました。

あとダンゴは好きなキャラだったし海に飛び込んでアイテムを取りに行く回の
あたりまでは所々に目立つ所があって良かったんだけど
それ以降はケンとスケベなことしてるとこばっかだなーと思ってたらロボットのパイロットに抜擢されて活躍が増えるかな?と思いきや
喋るだけで目立つリエとペアだったため結局印象が薄かったのがちょっと残念かな。{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

計測不能 19 Bビーダマン爆外伝V[ボンバーマンビーダマン](TVアニメ動画)

1999年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (6)
64人が棚に入れました
宇宙警察「ビーダコップ」として宇宙各地をパトロールしていたしろボンとあおボンは、ボーダー星が宇宙海賊団「デビルベーダー」に襲われているところに遭遇し、応援に向かう。デビルベーダーはボーダー星にある秘宝「ビーダキャリバー」を狙っていたのだが、ボーダー王は侵略される直前にビーダキャリバーを12個の「クリスモンド」という石に分割し、さまざまな惑星のさまざまな時代にばら撒くことで、ビーダキャリバーを守った。(そのときにボーダー王本人も行方不明になった。)しかし、デビルベーダーは12個のクリスモンドを全て集めてビーダキャリバーを復活させることを狙い始めた。しろボンたちビーダコップはボーダー星に基地を構えて時空転送装置により様々な時空へ向かい、ボーダー王の捜索とデビルベーダーより早くクリスモンドを回収することを目指す。

計測不能 20 ネクスト戦記EHRGEIZ [エーアガイツ](TVアニメ動画)

1997年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (4)
34人が棚に入れました
「S.A.C.」通称Sという最新鋭無人兵器を回収する為に、アカネ・アオイ隊長が率いるネクスト同盟軍、地球政府軍、ハルが率いる地球革命組織(TERRA)が三つ巴で戦っていた。それとは別に、かつての戦いで廃墟となってしまった「ネクスト7」というコロニーに暮らす主人公達がいた。彼らは、宇宙を航行する船をMVで襲って生活物資や武器を調達して、勝手気ままに生きていた。そんな主人公達が、Sと関わる事になり…。

計測不能 21 AWOL[エイウォール アブセントウィズアウトリーブ](TVアニメ動画)

1998年冬アニメ
★★★☆☆ 2.8 (6)
29人が棚に入れました
元連合軍人が、惑星防衛システムの開発者を引き込んで部下と共に反逆し、惑星破壊ミサイルを奪って連合政府を脅迫した。連合軍は特殊部隊を送り込んだが返り討ちにされる。彼らの教官だった元特殊部隊隊長は、一芸に秀でた犯罪者をスカウトし、この困難な任務に挑む。

計測不能 22 勇者指令ダグオン 水晶の瞳の少年(OVA)

1997年12月28日
★★★★☆ 3.5 (3)
15人が棚に入れました
90年代におけるサンライズの看板タイトルの一つ「勇者シリーズ」。その第7弾である『勇者指令ダグオン』の放送後に制作されたOVA(全2話)で、「勇者シリーズ」初のOVAでもある。 凶悪な犯罪宇宙人たちサルガッソ陣営との戦いを経て、今は普通の日々を過ごしているエンこと、大堂寺炎たち勇者=ダグオンチーム。ある日、エンは謎の男たちから追われる不思議な少年を救出。少年をケンタと名づけてかくまうエンは、カイこと広瀬海たち地球にいるダグオンの仲間に助力を請う。ケンタのかわいらしさにカイが心を動かされる一方、さらなる敵が出現、それは宇宙に帰還したはずのライこと地球名・宇津美雷だった……。『ダグオン』は他の「勇者シリーズ」と違い、等身大の集団変身ヒーローものの要素が強い点が特色だが、本OVAではエンたちの変身する強化服=ダグテクターのデザインがTV版から一新。物語の最後には本作のみの最終大型ロボット形態(別名:ファイナルダグオン)も登場する。
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.9

タイトルなし

一部ファンには腐向け扱いで嫌われてるってよく聞いてたOVA作品だけど
裸のシーンがどうたらいうならお風呂と冒頭の逃亡シーンとラストあたりの精神描写くらいだし
TVの時点でも普通にそうゆうのあったし
僕にはどの辺がそう言われてるのかよくわからなかったなー。
(イケメンとか可愛い美少年とか好きな僕だから気がつかないってのもあるかもだけど・・・?

TVでも無神経なとこはあってもガクくんとかツヨシとか小さい子に優しいエンが大好きだったので
エンとケンタくんのシーンは見てて微笑ましい気持ちになりました!

TVからして作画は良質に感じてたけどOVAともなるとそれ以上に良くなってるし
ひと時の楽しさ、どうしようもならない運命の残酷さ、切なさの織り交ざった
ダグオンの一エピソードとして悪くないものだったと思う。
みんなが悲しい顔しながら光を見つめてる寂しげな終わり方も好きです!

けど僕でも不満に思ってる所はあります。
ライの扱いです。正直TVでも加入が遅いせいか思い入れがあんまりないキャラクターだけど
{netabare}それにしても仲間に疑われてその後仲直りするようなシーンもなく{/netabare}可哀想だし
ファンのためのおまけ作品としてはここはダメな部分だと思う。

ちゃん付けして呼ぶようなキャラに見えないカイ、
TVよりマッドサイエンティストじみてきてるヨク
あたりも評価が分かれそうだけど僕的にはその辺は許容範囲かな。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

計測不能 23 絶対無敵ライジンオー 初恋大作戦(OVA)

1992年9月30日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
TVシリーズの人気を受けて制作された続編OVAシリーズ第一作。 無事に6年生に進級した地球防衛組。しかし地球の危機はまだ去ってはいなかった。五次元からの新たなる刺客ゴクドーが暗躍を開始したのだ。そんなこととはつゆ知らず、防衛組のクッキーと幼馴染の高森ひろしは周囲にからかわれてちょっと気まずい関係に……。一方で「人を好きになるのは迷惑」のキーワードで生まれた邪悪獣ハツコーイは、目の前の人を好きになる矢を乱射して大騒動を巻き起こす! TVシリーズそのままのノリで復活しファンを喜ばせた一作。ただ、ふとしたことで男女の関係を意識するなど、防衛組の面々も少し成長したことを垣間見せる物語だ。

計測不能 24 絶対無敵ライジンオー みんなが地球防衛組(OVA)

1993年2月24日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
多岐に渡りメディア展開を行った大人気ロボットアニメ「絶対無敵ライジンオー」の、正真正銘ラストを飾る完結編。 業を煮やしたゴクドーは、防衛組の卒業を間近に控えた陽昇小学校に堂々と襲撃をかける。次々と捕えられていく子供たちだが、ひとり抵抗を続ける日向仁はゴクドーの背中に取り込まれていたかつての宿敵・ベルゼブの救出に成功。とうとう最後の決戦が始まる! 物語の発端を作った、ある意味無責任な地球の守護者エルドランを「迷惑」と言ってしまい、生まれてしまった邪悪獣ワルドランが笑える。最終回といってもヘタにしめっぽくならず、ドタバタとした展開でまとめるのもある意味本作らしさか。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ