布川ゆうじで本間勇輔なおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの布川ゆうじで本間勇輔な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月15日の時点で一番の布川ゆうじで本間勇輔なおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

63.6 1 布川ゆうじで本間勇輔なアニメランキング1位
幽★遊★白書(アニメ映画)

1993年7月10日
★★★★☆ 3.5 (13)
79人が棚に入れました
週刊少年ジャンプに連載された富樫義博原作の同名コミックの初の劇場映画化作品。「93夏東映アニメフェア」にて公開。監督は阿部紀之、脚本は大橋志吉が担当。人間界に潜り込んだ霊界の犯罪人を捕らえる使命を持つ浦飯幽助は、コエンマがコアシュラに誘拐されてしまったとの知らせを受け、霊界を支配する証である金印を携え救出へと向かう。途中合流した桑原、蔵馬、飛影たちの助けを得て、何とか金印をコエンマと交換にコアシュラに渡す。だが、その金印を部下の牙瑠餓が奪い取ってしまった。全ては霊界を支配するために牙瑠餓の企んだ罠であった。

声優・キャラクター
佐々木望、千葉繁、緒方恵美、檜山修之、田中真弓、深雪さなえ、青野武、松本梨香
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

タイトルなし

{netabare}コエンマが誘拐され金印を要求され幽助たちが助けにいく→
途中途中敵に邪魔される→
小さいのが敵だと思っていたらその部下が真の敵だった~{/netabare}
というのがストーリーのだいたいの流れ。

{netabare}マグマがぶつかって反射するのを開けなくなるって倒しかたも
別に悪くないと思うし{/netabare}
短編映画らしいノリでわりと好きですね~。

ただラスボスに対して幽助しか戦わないのがちょっと残念です。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 1

計測不能 2 布川ゆうじで本間勇輔なアニメランキング2位
NINKU-忍空-<劇場版>(アニメ映画)

1995年7月15日
★★★★☆ 3.4 (4)
21人が棚に入れました
「週刊少年ジャンプ」の人気連載作品がTVアニメ化を経て、「東映アニメフェア」の一環として劇場アニメに。 風助たち一行は、用心棒を募集している村に自分たちを売り込みに行くが、そこにはなんと自分たちのニセモノがすでに名乗りを挙げており、悲しいかな彼らの世話係としてこき使われるハメに。結局彼らはただのサーカス団くずれだったのだが、そこへ拳法の使い手である盗賊の三兄弟が現れる。忍空使いを標的とする彼らを相手にニセモノたちは為す術もないが……。 本作封切り後、間もなく逝去してしまった人気声優・富山敬が演じるニセ風助の演技が味わい深い一作。

計測不能 3 布川ゆうじで本間勇輔なアニメランキング3位
おそ松くん スイカの星からこんにちはザンス!(アニメ映画)

1989年3月18日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
ギャグ漫画の巨匠・赤塚不二夫の名作『おそ松くん』が原作。本映画はスタジオぴえろによる『おそ松くん』のTVアニメ版第2作めの劇場用新作で、原作の一編「テンノースイカばんざいよ」を翻案した物語。 ここは宇宙のスイカ星。人口増加に頭を悩ませたスイカ大王は地球侵略を計画し、その手段として食べると頭がおかしくなってスイカ星人のいいなりになるスイカ菌入りのスイカを地球にばらまいた。おそ松たち松野家の六つ子の父さんやガールフレンドのトト子ちゃんたちが悪のスイカの被害にあう一方、これを知ったデカパン博士たちはスイカ菌に対抗しうるメロン菌の生成に成功。おそ松たちは地球防衛隊を結成して侵略者に挑むが。 本作は1989年春季「東映まんがまつり」の一本として公開。同時上映作品には同じ赤塚原作の『ひみつのアッコちゃん』(第2作)も併映された。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ