幸野善之おすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの幸野善之成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月10日の時点で一番の幸野善之おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

66.2 1 幸野善之アニメランキング1位
ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(アニメ映画)

1994年3月12日
★★★★☆ 3.6 (98)
608人が棚に入れました
『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』で新惑星ベジータが崩壊した瞬間、一つの宇宙ポッドが惑星から脱出していた。そこに乗っていたのは伝説の超サイヤ人ブロリー。惑星崩壊の直前まで対決し、自らを打ち破った孫悟空を追い、地球に漂着したブロリーであったが、悟空から受けたダメージは想像以上に大きく、そのまま氷の下に閉じ込められてしまう。7年後、孫悟天とトランクス、そしてミスター・サタンの娘で孫悟飯のクラスメイトであるビーデルはドラゴンボール探しをしていた。それぞれ子供ながらのかわいらしい願い事や単に神龍を見たいというだけといういたって遊び心にあふれた冒険であったが、その途中、悟天の泣き声に感応し、氷壁の中に眠っていたブロリーが覚醒してしまう。

声優・キャラクター
野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、嶋方淳子、高木均、茶風林、島田敏、江川央生、幸野善之

nk225 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

大全集には「劇中では悟空が死んでいること、ビーデルの髪型などから第25回天下一武道会開催の直前と推測できる」と書かれている。

悟天、トランクスとミスター・サタンの娘、ビーデルは6つのドラゴンボールを集め、あと残り一個を探しに大氷河が広がるナタデ村に向かう。一方、7年前惑星ベジータで悟空との戦いに敗れた伝説の超サイヤ人ブロリーが大氷河の万年雪から復活していた。悟天とトランクスの“気”がブロリーの眠りを目覚めさせたのだ!怖いもの知らずの悟天とトランクスはブロリーに戦いを挑むが全く歯が立たない。そこに悟飯が登場するがブロリーのパワーに圧倒されていると、ドラゴンボールが不思議な輝きを発し、光の中から何とあの悟空が!?

1994年3月12日に公開された「ドラゴンボール」シリーズの劇場公開作第13弾である。

大全集には「劇中では悟空が死んでいること、ビーデルの髪型などから第25回天下一武道会開催の直前と推測できる」と書かれている。この期間の孫悟飯は、自身の強さや超サイヤ人のことはビーデルには秘密にしているため、悟飯が超サイヤ人に変身するのはビーデルが居合わせていないか気絶している時であり、ビーデルにブロリーを倒したことを問い詰められた時も「僕じゃない」と否定していた。

オープニングテーマ - 「WE GOTTA POWER」
エンディングテーマ - 「奇蹟のビッグ・ファイト」

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8

AKIRA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ブロリー

生きてたんかい!

最後の親子3人かめはめ波にしびれました!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

唯衣 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

タイトルなし

劇場版第13作目
1994年3月12日公開

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

71.6 2 幸野善之アニメランキング2位
コードギアス 反逆のルルーシュ 【Ⅰ興道】(アニメ映画)

2017年10月21日
★★★★☆ 4.0 (72)
580人が棚に入れました
 母を何者かに殺され、父である神聖ブリタニア帝国皇帝に国を追われた忘却の皇子、ルルーシュ。彼は神聖ブリタニア帝国に占領された日本――エリア11でその正体を隠しながら暮らしていた。母を死に至らしめ、妹ナナリーの目と足の自由を奪った神聖ブリタニア帝国の打倒。謎の美少女C.C.から絶対遵守の力・ギアスを授けられた時、ルルーシュの野望が実現へと向けて動き出す――。10年の時を経て、華麗なるピカレスクロマン再び!
公式サイト http://www.geass.jp/

ようす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

大事なものは決まっている。だから退くわけにはいかない。

劇場版「コードギアス 反逆のルルーシュ」三部作の第一部。

この劇場版はアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の
1期・2期を再構成し、
さらにその後の物語が描かれる予定になっています。

アニメは1期・2期ともに視聴済みです。

ストーリーはおもしろいから好きなんだけど、
戦争が進むにつれて辛い気持ちになるから、
繰り返し見たくはない作品(´;ω;`)

久しぶりに見ましたが、
やっぱりおもしろいなーと思いました。

相変わらず
やるせない気持ちにもなりましたが(´;ω;`)

130分ほどの作品です。


● ストーリー
世界の三分の一を支配する大帝国・ブリタニア。
日本はブリタニアの植民地となった。

日本は“エリア11”と呼ばれ、
日本人は“イレブン”と呼ばれていた。

ブリタニアの皇太子だったルルーシュは、
エリア11で暮らしていた。

ある日、ルルーシュは謎の少女・C.C.(シーツ―)と出会い、
特別な力“ギアス”を手に入れる。

ルルーシュは母の復讐と妹の未来のため、
ギアスの力を使って、ブリタニアへの反逆を誓う。


ストーリーは相変わらず面白い。

一度見たから展開は知っているけれど、
それでもわくわくしちゃう。

表向きはロボット戦ですが、
内容はルルーシュの頭脳による、清々しいほどの頭脳戦です。

本当は二周目を見るつもりはなかった作品ですが、
劇場版なら手軽に観れるからちょうどいい^^

新規の方にも問題なく楽しめる構成です。
(設定や流れはTVシリーズと異なる部分もあります。)


ルルーシュ&イレブン vs ブリタニアという、
とてもわかりやすい構図。

ルルーシュはイレブンにとって、
正義のヒーロー。

しかし、ブリタニアにとっては、
目的の邪魔をし、
味方をたくさん死に追いやる厄介な敵。

正義や悪は、
どの立場から見るかによって簡単に変わるもの。

戦争なんて場合は特に…。


ルルーシュには、
ナナリー(妹)と一緒に幸せになってほしいなと思う。

だけど、
私にはルルーシュのことを心から応援することはできません。

人が殺し合うことなく、
みんなが幸せになる方法はないのか、と思うから…。

そんな私の思いを作中で実行してくれるのが、
ルルーシュの大事な友人・スザク(♂)。

彼は日本人ですが、力による制圧や抵抗ではなく、
正当な方法で声を上げようと、ブリタニア軍に入ります。

だけど争いを止めるためには、
どうしても戦いが必要。

だからスザクも戦うことを決意する。
自分の正義を貫くために。いつか訪れる平和を信じて。

イレブンと共にブリタニアに抗うルルーシュと、
ブリタニアと共にイレブンの反逆を止めようとするスザク。

そして二人の道はすれ違う…。

そんな切なさがあるから、
私はこの作品を見るとモヤモヤした気持ちになるんだろうな…。


● キャラクター&声優
声優さんは、基本TVシリーズと同じ。
それに加え、新規アフレコという豪華さ。

安定のキャストさんで、
音声だけでも十分楽しめます♪


私のお気に入りは、
スザク(cv.櫻井孝宏)です。

ルルーシュを応援したい気持ちもあるので、
スザクの活躍は複雑に思うところもあるのですが…。

だけどスザク個人は、
自分の信念を貫くかっこよくていい人。

反則だわー(*´Д`)


● 音楽
【 OP「COLORS」/ FLOW 】

1期と同じOP。
流れた瞬間すごくテンション上がりました!

私の中では、
コードギアスと言えばこの曲なのですよね♪


【 主題歌「赤だけが足りない」/ Iris 】

この曲もよかった♪
胸がぎゅっとして、切ない気持ちになりますねー。

インパクトとしては弱かったけれど。

まあ、「COLORS」という名曲を越えるインパクトなんて
難しいでしょうし…。笑


● まとめ
総集編としては、
かなりわかりやすくまとめられた良作です。

もちろん、
展開のテンポはかなり速いですけれど。

絵もTVシリーズの時と比べると
きれいになっています♪

一度見たことがある人も、
初めて見る人も、
どちらも楽しめると思います^^

第二部も楽しみです♪

投稿 : 2019/12/07
♥ : 20

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

ルルーシュ主にとスザク、それぞれ

 「コードギアス 反逆のルルーシュ」が、今になって編集され劇場上映されるとは思わなかったです。

 見始めると最初のほうは、書下ろしなのかなぁ?と思えるブリタニアにいたころの子供のルルーシュが出てくるです。
 全体的にうまくまとめられたTV放送で、知っている面白い内容だったです。

 あの当時の作画も織り交ぜられているため、書下ろしと当時の作画との違いが、はっきり見受けられたところに少し残念だったですかねです。10年たったあとの劇場版と、ユーフォみたいに数年もしないうちでの劇場版とでは、はっきりとした差が出てしまうのも仕方ないかもしれないけどですねです。
 ファンにとっては、それが良いのかもしれないけど・・・です。

 ルルーシュとスザクの再会から、CCとの出会いは、必要不可欠なシーンは、懐かしかったです。
 ギアスを手に入れたことで、ブリタニアに復讐を進めるルルーシュと、ゼロ(ルルーシュ)の誘いも断ってでもブリタニアを変えようとするスザクの立場の違いがはっきりしていた印象だったです。
 それに加えて、カレンをはじめイレブンと黒の騎士団の活動、ナナリー、CCなどが絡むでしたです。よく立ちはだかるランスロットもかなり目立っていたです。

 最後のほうで、ルルーシュはランスロットに乗っているのが誰だったかを知ることになるのだけれど、これからルルーシュがどうしていくのか?次回にいうことになっているです。

 確かに「コードギアス 反逆のルルーシュ」を知らない人でもわかるようになっていたかなぁです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7
ネタバレ

ハロパ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

期待してはなかったのに、がっかりしました

アニメはとっくに視聴しました。面白かったと思いました。今でもストーリ構成が比較的に凄いと思います。

この劇場版はアニメの続きの前提として組み合わされてきました。文句をいうべからず。ですが、意見を吐露すれば、あちこちの細かいことが気になったわけです。
第一、あるキャラクターについてのプロット変更は不服です。 {netabare} (アシュレイのことです){/netabare}
第二、もともとタースすぎたかもの原作に対して、このタース所を(死んだキャラなど)清算するかのように省くところが多すぎると感じます。
加えて、作画が変わらずにそのまま残っていました。劇場版にすると勿体ないと思います。

結局、このバージョンを見て原作を見たい気分になったのが、私にはただひとつの長所だったということまで言えるかもしれません(原作を見ていない者には違うと解りますけどね)。

残念です。コードギアスは新しい世代にも楽しみに見られるべきいい作品なのからです。

暇のある人間ならば、原作を見てくれれば必ずおすすめします。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

73.0 3 幸野善之アニメランキング3位
コードギアス 反逆のルルーシュⅡ 叛道(アニメ映画)

2018年2月10日
★★★★☆ 4.0 (65)
545人が棚に入れました
仮面の反逆者ゼロとして、反ブリタニア勢力・黒の騎士団を増強していくルルーシュと、第2皇女ユーフェミアの騎士に任じられるスザク。それぞれに力をつけていく二人に運命の転機が訪れる。エリア11副総督としてユーフェミアが行政特区「日本」の発足を発表したのだ。行政特区日本の実現は、黒の騎士団の存在意義の消失を意味する。状況を打開するため、ユーフェミアとの面会を試みるルルーシュ。しかし、これが新たな悲劇の幕開けとなった。結果的に、黒の騎士団を中心とした反乱ブラックリベリオンは失敗に終わり、囚われたルルーシュは仮面と記憶を奪われた。「ニセの記憶」という檻に閉じ込められたルルーシュ。守るべきユーフェミアを失い、神聖ブリタニア皇帝直属の騎士ナイトオブラウンズの一員となったスザク。二人を中心に世界は再び動き始める。

声優・キャラクター
福山潤、櫻井孝宏、ゆかな、小清水亜美、名塚佳織、折笠富美子、大原さやか、杉山紀彰、千葉紗子、成田剣、水島大宙、若本規夫、井上倫宏、白鳥哲、井上喜久子、皆川純子、南央美、梁田清之、幸野善之、渡辺明乃、中田譲治、真殿光昭、檜山修之、三戸耕三、保志総一朗、後藤邑子、山野井仁、宝亀克寿、私市淳、二又一成、島香裕、かないみか、須藤沙織、緑川光、河城英之介、内田聡明

ようす さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

少年の純粋な思いが、世界を揺るがす悲劇を生む

劇場版「コードギアス 反逆のルルーシュ」三部作の第二部。

この劇場版は、アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の
1期・2期を再構成して作られています。

カットされたシーンや、
それに伴って設定が変更されているシーンも多くあります。

怒涛の第二部…。
ものすごい展開と情報量に圧倒されました。笑

130分ほどの作品です。


● ストーリー
世界の三分の一を支配する大帝国・ブリタニア。
日本はブリタニアの植民地となっていた。

ブリタニアの皇太子だったルルーシュは、
エリア11(かつての日本)で暮らしていた。

ある日、ルルーシュは謎の少女・C.C.(シーツ―)と出会い、
特別な力“ギアス”を手に入れる。

ギアスを使うと、
他人に絶対服従の命令をすることができる。

ルルーシュは仮面をかぶって“ゼロ”と名乗り、
ブリタニアに抵抗する人間を集めて“黒の騎士団”を作った。

ルルーシュは母の復讐と妹の未来のため、
ブリタニアへの反逆を誓う。


一部もおもしろかったですが、
二部はそれを上回る怒涛の展開ばかり。

面白すぎて、
あっという間に時間が経ちます。

日本人もブリタニア人も、
みんなが幸せになる未来が一番のハッピーエンドなはず…。

そこへ届きそうな希望と、
一気に底へ叩きつけられる絶望と。

この落差によってやるせない気持ちになり、
目をそむけたくなることもあります。

しかし不思議なことに、
それが目が離せない面白さでもあって。

TVシリーズだと怒涛の展開を細切れに見ていましたが、
劇場版だと一気に見れるのが嬉しいところ♪

その分怒涛の展開過ぎて、興奮が止まりませんw
収まらない山場に、むしろ戸惑いさえ感じましたww

短い時間で見るには中身が濃すぎるから、
後半は情報量の多さにしんどさを感じたほどでしたww


やはり限られた時間でまとめなければならないため、
大幅に経緯がカットされているところもありました。

まあ、総集編のようなものだし、
詳しい説明は贅沢というものか。

見どころを逃さないように見せてくれているだけでも
十分ありがたいです。


戦争×ギアス。

戦争=やるせないストーリー。
ギアス=“不思議な能力に隠された秘密”というオリジナルスパイス。

この2つが交わることで生み出される興奮は、
この作品ならではの面白さだと、改めて感じました。


● キャラクター
ブリタニアとイレブンによる戦争。

たくさんの人が死にます。殺されます。

彼らには大きな信念と目標がありますが、
ためらいなく人を殺していく姿を見ていると、
全然応援したい気持ちになりません。

誰もが守りたい人を守るために戦い、
守る人を失った怒りや行き場のない想いが
戦うしかないという気持ちを生み出し…。

人は、何かを守るためには、
戦うことしか選べる道はないのでしょうか…。

でもそれが真理なのだろうと、
この作品を見ていて思ったり。

誰かを愛し、守りたいものを持てば持つほど
戦う運命に絡めとられていくのだと…。


声優さんはほぼTVシリーズと同じですが、
劇場版になって変わったキャラもあります。

V.V.の声優は子役のようでしたが、
棒読みがひどい…。

初挑戦だったのか?
周りのベテランの方に比べて、浮きすぎでした。

V.V.は大事なキャラなのになあ。


●音楽
【 OP「勇侠青春謳」/ ALI PROJECT 】

TVシリーズと同じOPですね。

個人的にALI PROJECTの曲は苦手なのですが、
この曲は嫌いではありません。


【 主題歌「The Moon」/ 藤原さくら 】

これまでのOPやEDに比べるとインパクトには欠けますが、
いい曲だと思います。

これから待ち受けているルルーシュやスザクの避けられない運命を
静かに予感させる一曲。

ルルーシュが奥底に一人抱えている
孤独な心を思い浮かべながら聞くと、響きます…。


● まとめ
初見の人にとっては説明が十分とは言えませんが、
かなりわかりやすくまとめられた良作です。

一度見たことがある人ももちろん楽しめると思います。

いよいよ次が最終章。

それぞれの運命が導き出す未来を見届けるのが、
怖いような、楽しみなような。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 16
ネタバレ

ニワカオヤジ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

コードギアス 復活のシャーリー

注意! 完全にネタバレなのでテレビ版~復活のルルーシュまで見た方のみご覧ください。

{netabare}
総集編3部作の中でも、本作は最も大胆に端折っていて、R2の前半がほぼ無かったことに…。さすがにこれで新規のファン獲得は無理でしょう。

しかしそんなのは些末なことです。
本編では会長にセクハラされまくるわ、ルルが好きだけどイマイチ相手にされないわ、父親はルルに殺されるわ、ギアスで記憶がなくなるわ、あげくにロロカスに殺されるわ、とユフィどころではない薄幸の少女シャーリーですが、そのシャーリーが死ななかっただけで本作は許せました。
ユフィは話の進行上死ぬしかなかったけど、シャーリーは死ななくても本筋には全然関係ないことがこの映画で露呈しましたね。それもまた不幸・・・ そういう意味でも、「復活のルルーシュ」エンディングでのシャーリーの笑顔は感慨深く、映画で一番泣けました。

しかし反面、ロロはシャーリーを殺さないのでムカつくところがかなり減って、ルルが殺したいほど嫌っている理由が無く、ルルが一方的に性格悪いだけのように見えました。
そしてジェレミアは、ルルに忠誠を誓うシーンがなくなったので影が薄くなったような…
テレビ版ではジェレミア大好き、ロロ嫌い(だけどロロの最期は泣けた)でしたが、ジェレミア普通、ロロもまあ普通、という評価に変わってしまいました。

…しかし扇だけは不動の最低評価。死ね。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7
ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

ルルーシュとスザクの対峙が主なテーマかなぁ

 一作目の後半と二作目のR2の半分以上?までの内容だったです。これもほとんど、TV放送を再編集して、まとめたような印象だったです。

{netabare} 一作目の山場になるゼロ(ルルーシュ)とユフィの面会の中で、思いもよらないことが起こり、事態は最悪の展開になる所を、再び見れたことは、良かったです。
 それを巧みに利用する、ルルーシュの硬骨さも見ものです。
 VVの登場、スザクによって、ゼロの正体を暴くシーンも懐かしかったです。

 R2の内容に進むとき、ロロが出てくるわけだけども、この劇場版では、ルルーシュの記憶がいつ戻ったのか?TV放送と違って、良く分からなかったです。ロロがどういう役割で、ルルーシュに付き添っていたかはわかるけど・・・・。
 ジェレミアもいつの間にか仲間になっていたように見えたです。ここら辺に{/netabare}詳しく興味ある人は、R2を良く見るようにとのことなのかなぁ?と思ったです。
 ルルーシュ、特にスザクが目立つ感じでそれ以外が、省かれている気がしたです。初めてみた人にとっては、上手い展開だったと思うです。

 新作カットがあったのか?良く分からなかったです。
{netabare} 今後、ナナリーが絡んで、ルルーシュ、スザクがどうするのかは、再び楽しみにしているです。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

64.0 4 幸野善之アニメランキング4位
ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(アニメ映画)

1994年7月9日
★★★★☆ 3.5 (85)
481人が棚に入れました
天下一武道会の賞金の取立てを行いにミスター・サタン宅には18号たちが訪れていた。 散々取立てを行ってもまだ賞金が届いていないと言い張るサタンの下にいとこのジャガー・バッダ男爵の使い・メンメンが現れる。 サタンのために用意した戦士と戦えという要求に対していやいやジャガーの下へ向かうサタン。しかし、人造人間18号や同じ場にいた孫悟天、トランクスも付いて行ってしまう。サタンの弟子として何故か戦うことになった18号たちだが、ジャガーの準備した戦士など彼女らの敵ではなくバイオ戦士たちを一蹴してしまう。 その後、見慣れない施設群に興味津々の悟天たちだったが、そこでサイヤ人と思われる一体のバイオ戦士のカプセルを発見、中にいた戦士がこちらを向いた瞬間に悟天たちは驚愕した。それは前回の戦いで死亡したブロリーのクローン、バイオブロリーだった。

声優・キャラクター
野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、藤原啓治、鈴木富子、郷里大輔、佐藤正治、龍田直樹、伊藤美紀、茶風林、島田敏、江川央生、幸野善之、麻生智久、木村明日香、嶋方淳子、高木均、八奈見乗児

nk225 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

本作のEDには、原作にもアニメ本編にもなかった悟天とトランクスの生まれた頃のシーンが描かれている。

ある日、ミスター・サタンの幼馴染、ジャガー・バッタ男爵が、サタンに挑戦状を突きつけてきた。ジャガーはバイオ戦士を造り、幼い頃サタンに敗れた屈辱を晴らそうとしていたのだ。悟天、トランクスと人造人間18号はサタンについてジャガーのところへ行き、カプセルの中のバイオ戦士を観察していたが、その中にブロリーの姿が!動きだしたブロリーに、超サイヤ人に変身した悟天とトランクスは連携プレーで攻撃をかけ、なんとか互角の戦いを繰り広げるが、カプセルの培養液が溢れ出し、ナタデ村を飲み込んでいく・・・

1994年7月9日に公開された「ドラゴンボール」シリーズの劇場公開作第14弾である。

大全集には「劇中で18号がミスター・サタンに、優勝賞金を渡せと迫る点から天下一武道会終了後だろう。だがこの時期、超戦士達は魔人ブウ戦で大忙しのハズ。劇場版ならではの物語」と書かれている。
また本作のEDには、原作にもアニメ本編にもなかった悟天とトランクスの生まれた頃のシーンが描かれている。

オープニングテーマ - 「WE GOTTA POWER」
エンディングテーマ - 「ドラゴンパワー∞」

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8

AKIRA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

当時

見ていた自分としてはバイオブロリーがグロくて嫌いでした

もう少し原型を残すなりできなかったのかなぁ

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

watanyu- さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

感想

ああ、ああブロリー。
我が愛しのぶろりーがなぜちびっこに殺されなアカンの?
バイオブロリー♥

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

61.5 5 幸野善之アニメランキング5位
地獄先生ぬ~べ~ THE MOVIE(アニメ映画)

1996年7月1日
★★★★☆ 3.3 (16)
116人が棚に入れました
「週刊少年ジャンプ」連載で人気を呼んだ真倉翔原作による学園コメディ漫画の劇場版。96~97年に公開された『地獄先生ぬ~べ~』『地獄先生ぬ~べ~ 午前0時ぬ~ぺ~死す!』『地獄先生ぬ~べ~ 恐怖の夏休み!!妖しの海の伝説!』の3作を収録。
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

映画1作目

この映画オリジナルの新キャラ久美子の成長を主軸に原作の部分を少し
加えつつもほぼオリジナルで作られたぬ~べ~映画第1作目。
(学校に泊まることになったりぬ~べ~たちが川のほうの堤防の
決壊を止めにいこうとするあたりが赤いちゃんちゃんこの話からのもの
原作者のコメントでも映画での
完全オリジナルは2作目だけというふうになっています。)

【良い点】
・郷子とオリジナルキャラ久美子がいい感じ。
{netabare}赤いリボンでイニシャルがk・iな子を狙う悪霊と知っていて
久美子にはリボンを失くしたと言って身代わりになろうとする郷子
気弱だけど殺人犯のような悪い人でも可哀想と思える優しい子で
赤いリボンを渡してしまった事で狙われることになった
郷子ちゃんからさりげなく
返してもらおうとしたり、悪霊との対面するシーンでも
他人を助けようとしてたりで
ふたりともいい感じに描かれてました!{/netabare}

・敵
仮面つけてるだけなのに結構迫力ありますよねー。
逆に正体はちょっとしょぼかったかな?
{netabare}でも赤い毛が生えだしてからはまた迫力が出ましたねー。{/netabare}

【悪い点】
ほとんどないんだけどまことの喋り方がなんかちょっと変になってるような?

【総合評価】
アニメぬ~べ~は怖いとこはしっかりと雰囲気があるのと表情が
多彩で生き生きとしてるのがまたいいですねー。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

しーん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

2018
50分、殺人犯と女の子

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

62.8 6 幸野善之アニメランキング6位
グレゴリーホラーショー(TVアニメ動画)

1999年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (17)
80人が棚に入れました
ごく平凡に日常を生きる主人公はある時ふと見知らぬホテルの前に辿り着く。支配人に部屋を宛がわれ、奇妙な宿泊客たちと交流し、理不尽な恐怖とそれに伴う奇妙な居心地のよさに惑いながら、主人公は徐々に自分の本当の心やグレゴリーハウスとは一体どんな存在なのかに気付いていく。ホテルから脱出し元いた「現実」に帰還すべく奮闘する主人公。果たして彼らは真実を受け止め、無事に帰ることが出来るのだろうか。

arts さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

可愛いけどどこか怖い

2分半程度の3Dアニメ。
本作を元にしたゲームもあり、私はこのゲームのプレイ動画を視聴後に本作を視聴しました。

ホラーショーとありますがもの凄く怖い内容ではありません。
コミカルな作風という訳ではありませんが、登場キャラはどこか可愛らしいデザインのため作品全体が独特な雰囲気を持っています。
また、ゲームに未登場のキャラが多数登場するため、ゲームから興味を持った自分でも大変楽しむことができました。

「可愛いけどどこか怖い」という独特な雰囲気を楽しむことができます。
一気見も可能ですので、ちょい怖の作品をお探しの方に本作をおススメします。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4

アグリ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

いい

グロさがまちまち
自分だったら怖い

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

田中タイキック さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

狂気とポップが融合した不思議なグレゴリーワールドに迷い込んでみませんか?

1999年10月~テレビ朝日系にて放送
1期 全25話、2期 全25話、3期 全26話、4期全12話

1話2分半のショートアニメ
作画はすべてCGで制作されています

【第1シーズン】
平凡な日常を過ごしていた男はあるとき森に迷い込んでしまう
出口を探していると見知らぬホテルに辿り着き
事情を察した支配人は快く部屋を用意してくれる
しかし、そのホテルでは理不尽な怪奇現象に次々とあい
次第に男の心は疲弊していく
果たしてこのホテルから脱出できるのか…?


【第2シーズン THE SECOND GUEST】
第1シーズン同様ホテルに閉じ込められた女の話
前回の男とは少し視点の違った話が続き
機械的で無感情な女の声が
独特な雰囲気に誘っていく


【第3シーズン THE LAST TRAIN】
前回までのホテルから飛び出し
舞台は列車に移り変わっていく
ホテルの支配人のグレゴリーが中心の物語
前回までのキャラが様々な関わり方をしてくる
第1シーズンの過去編のような話


【第4シーズン THE BLOODY KARTE】
今回の主人公は看護師のキャサリン
舞台は怪しげな病院
キャサリンと様々な患者たちとの関わりを描いていく
前作とは雰囲気は違い番外編のような空気感があった


特徴的なのはポップでキュートでどこか不気味な
ティム・バートン的なキャラクターデザインと
デフォルメされたペーパークラフトのグラフィグのようなキャラクター造形が強烈なインパクトを残します

それに加え第1、2シーズンは基本的に主人公の一人称視点で進んでいき
CGの質も時代のせいかあまり良くない
PS時代のローポリなホラーゲームをやっているような感覚で視聴できる中々貴重な作品

メインキャラであるグレゴリーの声優 茶風林さんの演技が実に絶妙
喪黒福造のような怪しさ満点でねっと~りとした喋り方がクセになります

そしてショートアニメとは思えないほど重厚で深いストーリー展開
がっつりとしたホラーものというよりはどこか教訓めいた話や
皮肉の効かせた話が多いのも印象的
だけど終盤はやはりホラーものなんだと思い出させてくれる展開もありで飽きずに視聴できました
一度見ればその世界観とキャラクター、独特な雰囲気に魅了される人は多いんじゃないかな
自分がそうでした。一気に全話視聴しちゃいましたもん


まぁでも怖いものを見るぞ!と気負って見るものではないです
実際あまり怖くはないですから
あくまでホラー”ショー”なんでね

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

計測不能 7 幸野善之アニメランキング7位
地獄先生ぬ~べ~ 午前0時ぬ~べ~死す!(アニメ映画)

1997年3月8日
★★★★☆ 3.5 (9)
52人が棚に入れました
悪霊から子供たちを護る小学校教師の活躍を描いたTVアニメの劇場版を、「東映アニメフェア」内のプログラムとして上映したシリーズ第二弾。 気弱な転校生・加々美潤はうまくぬ~べ~のクラスに馴染めず、話し相手といえば自分の部屋にあるピエロの模様の鏡だけ。ある日その鏡からピエロの仮面が落ちてきて、それを顔につけた潤には予知能力が授かるようになった。しかしそれは妖怪ピエロの罠であり、言うなりになってしまった潤は鏡の中に閉じ込められてしまう。代わりに自由を得たピエロは子供たちを操って邪魔なぬ~べ~を襲うが、相手が生徒とあって反撃できない彼はやがて致命傷を負ってしまう! 監督の貝澤幸男、作画の大西陽一と、テレビシリーズの主力スタッフが参加し制作された。
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

映画2作目!

ぬ~べ~映画唯一の完全オリジナル作品で
昔見た中で一番強烈に印象に残った映画です。
というのも {netabare}この作品の敵であるフリーザ声の
ピエロと生徒たちがそのピエロに操られるという {/netabare}
展開が怖かったからかなーと思います。

今改めて見返すとインパクトが強いだけでなく
{netabare}郷子の髪がコピー機に入れられるとか
ピエロが操ったりする前でも
普通にえぐいことやってたり
アニメではメイン回がないマサルがいい味を出してたり
生徒達が操られている時それぞれの特徴でぬ~べ~を攻撃してたり
ぬ~べ~が死んでしまったことでピエロの催眠がとけるシーン {/netabare}など
今見ても非常にどきどきし楽しめる部分ばかりです。

ぬ~べ~が原作やTV版ではないような技を使う部分はあるものの
全体的に違和感の無い仕上がりになってます。
ついでにいうと劇場版なので作画もいつも以上に迫力があります。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

しーん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

2018
45分、ピエロと男の子

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

61.9 8 幸野善之アニメランキング8位
地獄先生ぬ~べ~ 恐怖の夏休み!!妖しの海の伝説!(アニメ映画)

1997年7月12日
★★★★☆ 3.4 (10)
48人が棚に入れました
悪霊から子供たちを護る小学校教師の活躍を描いたTVアニメの劇場版を、「東映アニメフェア」内のプログラムとして上映したシリーズ第三弾。 生徒たちやゆきめ、律子先生も引き連れぬ~べ~がやってきたのは南の島。その美しい光景からはこれまで悩まされてきた悪霊騒ぎなど無縁に思われたが、この島には200歳になると人を食らうようになる海蜘蛛の伝説が伝わっていた。そんな話はまるで気にしない子供たちだったが、彼らの前に姿を現したのは妖怪ならぬ渚という不思議な雰囲気の美少女だった。子供たちを引き連れ、沖に浮かぶ蜘蛛島へと向かった彼女の正体とは一体? TVシリーズの放映終了後に上映された一編で、この後本作はOVAシリーズへと続投されていく。
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

タイトルなし

ぬ~べ~映画3作目で今のところ最後の映画作品です。

映画オリジナルキャラ渚の元のキャラの話
「女郎蜘蛛」の回をメインベースとして
そして渚以外で登場する妖怪や、ゆきめの水着が熱を
吸収して体が溶けるとか、砂かける
ところなどの細かいネタの部分などを海関連の話をベースとしています。

{netabare}登場する妖怪としては渚とオリジナルの手下とミサキって感じでしたが
大量のミサキの手が伸びてくる所なんてどちらかというと舟幽霊っぽいですw。

元との大きな違いとしてはまずメインの妖怪が女郎蜘蛛から
海蜘蛛に変わり舞台が海に変わった事と
渚が女の子たちとも仲良くなった事、
女郎蜘蛛回では死んでいたゆきめが生きていることですかね。

まあそこらへんの違いは話の組み合わせなどで
上手い具合に変えられているので
違和感は特にないですねー。
あのゆきめの印象に残るセリフ「妖怪って幸せになれないの?」
もまた違った印象で受け取れますねー。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

しーん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

2018
40分、海、島

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ