おすすめ2019年度の恋愛人気アニメランキング 40

あにこれの全ユーザーが人気アニメの2019年度の恋愛成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月21日の時点で一番の2019年度の恋愛アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

85.0 1 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 4.0 (769)
2834人が棚に入れました
家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

声優・キャラクター
古賀葵、古川慎、小原好美、鈴木崚汰、花守ゆみり、青山穣
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.6

※畠山守監督はシャフト出身です

視聴前
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のキャラ人気投票「もこっちとくっつくのは誰だ選手権」で1位になったキャラの特別編が描かれるという話があって…
このアニメの原作者の赤坂アカがTwitterで自分がゆりの短編を描くからみんなネモに投票して!と呼び掛けて(もうどこから突っ込んだらいいのか…)、そのせいで途中までゆりが1位だったのに結果はネモが1位になってしまった。
それでネモの特別編が公開されたわけだが…(この話自体はとても良かった。さすがは谷川ニコ先生)自分が描くと言っていたゆりの特別編はどうなったん?

この事件はワタモテファンとしては非常に不愉快でこのアニメについての印象も極めて悪くなっているのだが(こんな頭悪いことをする作者の漫画で頭脳戦だとか片腹痛い)、2019年冬アニメでは一応期待作なのかな。

1話
A-1 Picturesなのにすげーシャフトっぽいって言われそうだけど、畠山守監督がシャフト出身だからなんだよね。まどかマギカもやってるし。でもシャフトを離れた後はそれほどシャフト演出やってなかったけど、今回はシャフト節全開って感じ。
内容なんだが、頭脳戦頭脳戦とやたら強調する割には別にたいして頭脳戦じゃない。まぁワタモテ騒動であんなアホなことをやらかした作者だしこの程度だろうと思っていた。
つーか、かぐやより藤原さんの方が可愛いよなw
あとなんでOPが鈴木雅之w

2話
{netabare}ガラケーでもLINE使えたよな。まぁ今のガラケーのアプリはもうどこもサポートしてないんだろうけど。ドコモだけに!
海山の話と恋愛相談の話はオチが読みやすかった。
EDの映像が良かったけど元ネタあるのかな。{/netabare}

3話
やっぱナレーションがうざくない回は良いなw
{netabare}モンスター童貞w
かぐやが非処女だと誤解した時に白銀はなんでショックあまり受けなかったんだろうか…。
EDの藤原の踊りは3DCGだろうな。ED何種類あるんだろう。 {/netabare}

4話
{netabare}実は一番恐ろしいのは藤原書記だそうだがなるほど確かに。あそあそでやってたNGワードゲームに完勝、フランス語もペラペラ。
今回が初めての早坂の本格的な出番だがゆみりちゃんがこういう演技するのは珍しい。
EDは2話に戻った。{/netabare}

5話
{netabare}バレー練習であれだけ世話になって白銀は藤原が好きにならないんだろうか…。
最後の勝負はかぐやが傘を押し付けて白銀が折れたから引き分けじゃなくて白銀の負けじゃないの?{/netabare}

6話
{netabare}ついに石上会計登場。まぁ普通の男子やな。普通の人視点があった方がいいので加えたのだろう。
石上が知らぬままかぐやに振られたのが面白かった。藤原書記にも見下されている感じ。{/netabare}

7話
{netabare}石上の運動部批判はワタモテの喪59のパクリやろ。作者はワタモテファンだし。
石上って見た目より結構エロ下品な事言う奴やったんやなw
しかし3つ目のちんちんの話で{/netabare}それまでの話がぶっとんでしまったw

8話
{netabare}今回は白銀の妹の顔見せくらいか。石上の過去が気になる。{/netabare}

9話
{netabare}電池交換で何でドライヤー使ったんだろう。
藤原のカードの角度変える作戦はさほど悪い事に思えないが石上ボロクソに言いすぎじゃw
早坂はなんで正体隠す必要があるんだろう。
かぐやの声優は天使の3P!のそらの演技が良かったからこういうロリ演技の方があってるな。{/netabare}

10話
{netabare}藤原がケーキ食べるのはミエミエ過ぎたのでこのワンパターンはどうにかした方がいいのでは。
この流れだと最後は原作で好評の花火の話で締めそうだね。{/netabare}

11話
{netabare}通のとんこつラーメンの店は紅ショウガ入れて出したりしないだろ。
なぜ俺はおっさんになってしまったのか!は共感してしまったw
CパートでEDの伏線を生かしてきたね。いよいよ花火回。
しかしあの父親はかぐや以外の子供ができなかったのか。妾たくさんいそうだけど。{/netabare}

12話
{netabare}花火回は神回と言われてたがなんか微妙だったな。スタッフは二期が出来ると踏んでアニオリで感動ENDにせず中途半端な終わらせ方を選択したのかな。
最後の走るEDはアニメのワタモテみたいだったが作者がワタモテファンだからだろうか。{/netabare}

【総評】
作者が「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」にからむ酷い失態をやらかしたせいで、ワタモテファンの私には非常に印象が悪いままでのスタートとなった(作者は宣言した通り今からでもゆり特別編を描いてほしい)。
が、作者がワタモテファンだけにその作風・センスはワタモテファンの自分と相通ずるものがあり、結局楽しんで見ることができた。
しかしワタモテと通じるというのはそれはつまり大多数の人間にとってはセンスがズレているわけで、王道ラブコメを期待した人なんかには「作者が一人で面白がっているような寒い自己満足話ばかりで微妙…」という印象で終わったのではないかとも思う。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 15
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 4.0

とっとと 御くっつきなさい

原作未読

原作はタイトルを知っていた程度。『惚れたら負け』をどう料理するのか興味がありまして。
いわゆる“惚れた者の弱み”とは、熱量のあるほうが気を揉んで焦る機会が多く往々にして上手くいかないことを指すと思うのですが、本作はそれが先鋭化していって、

・自分から誘うと「負け」
・自分から告白するともちろん「負け」

誘うと負けってww
ラブよりはギャグ色強めかと。どんなものでも先鋭化するとお笑い要素が出てきてその美味しいところを掬った感じです。
四宮かぐや(CV古賀葵)と白銀御行(CV古川慎)。両主人公のゴールは、『相手に告白させること』。前段として、『いかに相手に誘わせるか』に権謀術数張り巡らせるお話です。
{netabare}序盤こそは『天才たちの恋愛頭脳戦』でしたが、徐々に意地の張り合いになっていくのがなんとも微笑ましかったです。{/netabare}


2019年冬期で最も笑った作品でした。いいですね平和で (^^)


さっそくのOPは鈴木雅之feat.伊原六花。  ・・・出オチです。いきなりそう来たか!
組み合わせがバブル過ぎて、ハイここ笑うところですよ~の狙いかと思いきや、回を重ねるごとに病みつきになってく大人の味でした。このねっとり感は久々です。
{netabare}第4話。『渋谷で11時』 そう今から恋が始まるわけでもなく、土砂降りで会えずじまいというのもこの二人らしい。いつの日か二人でサボタージュできる日が来ると良いな~っておっさんしかわからん。{/netabare}
それに『ラブ・ストーリーは突然に』のあまりにも有名すぎるイントロギターのカッティングもろパクリだろっていう劇伴があったり、そんな古臭ささえも心地よく、去り往く平成に思いをはせてみました。


※こう見てました、の3つのポイント

■頭脳戦?ちゃうやろ
『天才たちの恋愛頭脳戦』の看板はちょっと違いますかね。天才を″ヘタレ”に置き換えるとしっくりきます。

{netabare}向こうが好意を持っているのを薄々感じているのに確証を得られないから動けないだけのことで、主人公二人を高スペックのヘタレと見て楽しんでました。
まじめにラブとして観てしまうと、「早くくっついちゃいなよ」か「はーめんどくせー」と思ってしまいます。「お可愛いこと・・・」ってかぐや様は一度たりとも言ったことない、というのがポイントです。やはりヘタレてるのであります。
ではイラッとくるかというとそうではない。白銀は筋を通すいい奴でかぐやは別の理由なんですが二人とも応援したくなるようなキャラなんですよね。{/netabare}

{netabare}むしろ時折登場する柏木さんと柏木さんの彼氏だけが普通にラブしてました。付き合いたて女子は成績落とし男子は上げるあるある。藤原書記の助言で『頑張って』最終話のエンドクレジットでは仲睦まじそう。絶対こいつら夏休みになんかあったな。カップルとしてはこちらがまともですしよっぽどストーリーになってます。{/netabare}


■テンポがいいよね
オムニバスになってもおかしくない一週につき3エピソードのサ○エさんスタイル。テンポの良さと合わせて物語としてきっちり進行していました。{netabare}ラーメン四天王ネタさえ回収する脚本の繋がりはお見事です。{/netabare}
1エピソード7分弱の計算になります。R-1で3分、M-1で4分、キングオブコントで5分の持ち時間。こうみると10分超えるネタ見せってないんですね。前の出番の組のネタを拾って繋げるリレー漫才を堪能するようなもんでした。


■狂言回しが優秀
脇役みんな優秀過ぎませんか?

藤原千花(CV小原好美) 石上優(鈴木崚汰) 早坂愛(花守ゆみり)の3名。 

空気の読みあい化かしあいの白銀VSかぐやが膠着状態に陥らないように波風立てるのは藤原書記と石上の両名。空気は読むものではない。作るもんだ藤原と壊すもんだ石上がいてくれてよかった。二人とも空気は全く読めません。
{netabare}弓道部からの胸の話で墓穴を掘りまくる石上に腹抱えて笑いました。{/netabare}


なんだかんだイチャコラを楽しむ作品になるのですが、ラブ ↓ コメ ↑ でテンポの良さと脇役たちの突っ込み突っ込まれが楽しい作品でした。

あと、かぐや様の声はしばらく茅野愛衣さんだと思ってました。




-----
2019.09.19追記


視聴時期:2019年1月~3月 リアタイ視聴


実写版公開。つきあいで鑑賞。
アニメを観るようになってから、実写とアニメの歴然たる差に気づくようになった。普段良いアニメ作品に私が触れてるということですね。



2019.04.14 初稿
2019.09.19 追記

投稿 : 2019/09/21
♥ : 74
ネタバレ

すがさ

★★★★★ 4.6

天才(おバカ)たちの恋愛頭脳戦(茶番劇)

正直、最初は寒いラブコメだと感じてたんだけど、書記ちゃん可愛いな~って思いながら観ていくうちにハマっていった。

具体的には、{netabare}3話・チカ千花EDからの、4話・「NGワードゲーム」回{/netabare}が決定打だったかなあ。

この作品はギャグ色が強いから忘れてたけど、ラブコメの"笑い"って基本的には、
"smile"に寄った"laugh"だったなって。
好きでないところからはひとまず目を背けて、好きだと感じた部分を軸として受け入れ範囲を拡げていくのが、私流のラブコメの楽しみ方だった。

石上会計がその代表例で、
{netabare}登場回である6話に、私のお気に入りキャラであるチカの「きぃもーっ!あははw」を引き出したファインプレーで好感を抱き、
キャラクターが馴染んできた頃の9話で反撃「でも死なないでくださいねぇ↑」が爽快だった。{/netabare}

で、この作品にハマるのが遅れた原因なんだけど、私、実はかぐやさんが最初からそんなに好きじゃなくて、そのことを意識しすぎてしまったせいかも。
白銀会長は普通にイケメンだと思えるのに、なんでだろ?


…よし、最終話の話をしよう!
最終話は、{netabare}他の話とはかなりテイストが違っていたから、途中までなんだこれって思っちゃったけど、
《その横顔から、目が離せない。》というモノローグでは興奮した。良い最終回だった。

{netabare}…と、なりそうなところを、後半ギャグで上塗りしたのはこのアニメらしいなってw{/netabare}{/netabare}


全体を通して、製作陣の力の入れようが見て取れたし、本当に秀逸なアニメだと思う。
こんな作品が増えるといいな。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 43

76.8 2 天気の子(アニメ映画)

2019年7月19日
★★★★☆ 4.0 (223)
798人が棚に入れました
「あの光の中に、行ってみたかった」高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には、不思議な能力があった。「ねぇ、今から晴れるよ」少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

声優・キャラクター
醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子、小栗旬
ネタバレ

でこぽん

★★★★★ 4.7

人の命は何事にも代えられない尊いものであると言い切った映画

この映画を一言で言い表すのは、とても難しいです。
しいていうならば、人の命は何事にも代えられない尊いものであると言いきった映画だと感じました。
ここまで言い切る新海監督は凄いです。尊敬しました。

物語は、
あるきっかけで、雨天を晴れに変える能力を身につけた少女、陽菜(ひな)。
離島から飛び出し、都会へとやって来た少年、帆高(ほだか)。
この二人が、都会で雨の日に出会います。
そして、帆高と陽菜は、雨天を晴天に変えるための仕事を始めます。

世の中には晴天を望む人が沢山いることを、二人は知ります。
そして、晴天を望む理由も、人それぞれで違うことを知ります。
その理由は、それぞれの依頼人にとって、とても大切なことなのです。
だから、空が晴れ渡ると、依頼人の顔が皆、笑顔になる。
二人は、依頼人の笑顔を見るのが好きでした。

仕事は一見、順調に進みますが、無理をして天気を変えると、それなりの『みかえり』があります。
そのみかえりとは・・・


作画はこの上なく美しい。
但し雨のシーンが多いので、美しさを感じる場面が少ないですが、だからこそ、晴れたときの青空は格別に綺麗に見えます。
音楽も大変すばらしい。
そして、帆高が陽菜をとても大切にしているのがわかるので、思わず応援したくなります。

ぜひ、映画館で鑑賞してください。良い思い出となります。

{netabare}
ところで、
陽菜(ひな)は、子供なのに、弟と二人で暮らしています。
都会で、子供だけで生きるのは、とてもつらいことです。
帆高も、都会で暮らし始めて、子供が一人で生きることの厳しさを知りました。

皆さんは、毎日三食を食べていると思います。
でも、子供が都会で一人で生活をすると、仕事にありつけず、食事もまともに食べられません。

おそらく、皆さんの中には、将来都会で暮らすことを計画されている人がいると思います。
都会は、お金を持っている人であれば、快適な生活が送れます。
但し、都会でお金を稼ぐためには、とても厳しい現実があることも、覚えておいてください。
そして、安易にお金を稼げる悪の道に入ることが無いように、切に願います。
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 40
ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★★ 4.1

もう少し器用な賛否の割り方があるのでは?と思ってしまいました……。

主人公に共感できない人もいるかもしれない……。
もっと叱られる作品を目指す……。

事前にこうした新海監督の決意表明も拝見していた私にとっては、
賛否が分かれる内容も評判も想定内。

むしろ、国民的な大ヒットとなった『君の名は。』の次という
王道大衆娯楽作への期待と、
前作から制作スタッフが倍増し、工程がさらに大規模化し、
監督の個性を出し辛い体制が続く中、
よく怯まずに作家性を発揮して下さった。

ウリとなった天候の描写も、
人々の都合など知らずに天の気分でゲリラ豪雨を浴びせる、
監督らしい狂気も戻って来たように感じ、何だか嬉しくなりました。

ですが、それでも鑑賞していて、私は、
にしたって、もう少し一般大衆との折り合いも考えても良いんじゃないか?
などモヤモヤした感情が沸いてきてしまいました。


以下、ストーリーの重大なネタバレを含む辛口コメント
{netabare}
結局、主人公少年は東京や文明社会の安定より、少女を選択した本作。

そもそも新海作品においては大抵、
人間社会とは残酷で、大人たちは頑固で分からず屋で、
こんな人間たちや世界なんて知らない!と登場人物たちが青臭く思ったとしても許される。
こうしたムードが一つの形……と言うより前提であることが多い印象ですが、

今回の人間社会。すなわち東京は、
少女か皆かの天秤にかけるにはリアルで生々しかった印象。
SoftBankに、日清食品に、マクドナルドに、ヤフー知恵袋
とスポンサーの物量が凄まじく、
目に付く物の多くが実名で他人事とは思えませんでした。

だからこそ、東京に対する大した弁護もなく、ほぼ少年少女だけの秘密の内に、
東京を劇的に変えてしまう決断が成された点には、
審理不足の裁判を見せ付けられたような不条理さも感じてしまいました。

加えて、東京があんな風になってしまったら、
例え直接、被災して死ななくても、経済的損失等で、
きっと万単位の死者や自殺者が出てしまうと思うんですよ。
その辺りの描写が飛ばされたのもアンフェアだと感じました。

こうした不公正な刺々しさも新海作品らしいと言えばらしいのですが、
本作における圧倒的な東京の存在感故なのか、
私の嗜好が擦れたオッサン化してきているからなのか……。
今回はスルーしきれませんでした。

それでも、天への感謝も、天と交信する伝統も忘れ、世界の仕組みを知ろうともせず、
ちょっとした気候変動を“異常気象”と大騒ぎするのは
人間たちの身勝手と言えば身勝手と言うことなのでしょうが、
それにしたって世界の理を二人だけの秘密にされちゃ分らないでしょう。
与えられた常識に従って職務を遂行する警官たちが、
分ってない大人の代表格にされているようで少し可哀想に思えました。

一応、主人公少年は晴れ女ビジネス……晴れを願う東京都民への利他などを通じて、
捨てたもんじゃない人間社会の一端も知りはしますが、
家出少年らに審判を委ねたら、そりゃ人間社会の安定より大切なあの娘を取るでしょう。


少女か人間社会か世界か……これほど大きな決断を、
一人の主人公少年に背負わせ自己完結の内に結論を迫る。
このプロット構造にも、そろそろ限界を感じます。

これだと、主人公の拒絶が、作品の否定に直結しかねません。

私は代案として、少女に与する少年主人公に敵対する、
人間社会や“天気の巫女”の伝統を背負った側に
ラスボス役、ライバル役のキャラクターを確立し、
アンチの心情を代弁させ溜飲を下げさせる。
こんなパターンもあっても良いのかなとも思いました。

これなら、例え主人公に反感を覚えたとしても、
対立軸は作品の可否ではなく、主人公派かライバル派かに帰結し、
作品への支持は保たれると思われます。

いやいや、青臭い少年の心に諸々のジレンマを混在させてこそ新海作品。
心の葛藤を他のキャラクターとして外部化させるなど、
それこそ、大衆迎合による新海監督らしさの喪失だろうとお叱りも受けるかもしれませんが、
私は制作が大規模化しても個性を失わなかった新海監督には、
人物相関のパターンを変えても尖った表現ができる引き出しはあると思っています。{/netabare}


プロモーションについて……

スポンサーの物量に比例してコラボCMも盛りだくさんな本作。
これも、作品だけでなく、宣伝も評価も自分が完璧にコントロールしたい!
と言う新海監督の強烈な意志の賜物なのでしょうが、
今回、私は流石にしつこいと感じてしまいました。
私も危うく、みんなが観るゴリ押し作品は観たくないと言う天邪鬼が発症する所でしたよ。

特に本作みたいに賛否を割りに行く尖った作品では、
事前のメディアへの露出を敢えて控えて、
観たい欲求を煽ってみるのも有効な宣伝方法だと思います。

新海監督はもう既に黙って作品出しても観に来て貰える存在でしょうから。


色々と批判的な感想を書き連ねてしまいましたが、
作画、音楽などクオリティは高い本作。
劇場で体感する価値は十分にある映画だと思います。

今回、擦れた大人である私なんかはモヤモヤしてしまいましたが、
大人は分ってくれないとささくれ立っている青少年なんかには、
スッキリと背中を押してくれる勇気を与えてくれる作品になるのかもしれません。

是非、色んな人に体験してもらって、賛否を聞いてみたい一本です。


最後に、そう言えば、昨年の盆、墓参りをサボってしまった私……。
天や、先祖の方々にお叱りを受けないように、
今年は線香を上げて、行き帰りの道を確保して差し上げようと思い直しました。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 40
ネタバレ

shino73

★★★★★ 4.1

空の青み

待望の新海誠、最新監督作品。

雨の降りしきる東京のとある病室から、
憂鬱に外を眺める少女。
不意に射し込んだ光に誘われ、
少女は不思議な力を手に入れる。
同じ頃、家族と離れ東京に降り立つ少年がいた。

彼特有の日常への機敏な眼差しは健在で、
映像は満点でしょう。劇伴も素晴らしい。
置き時計、蛇口、錆びた三輪車、雨粒、
きっと配置にまで意味があるに違いない。
…と、思わせる描写の力に感嘆です。
敬愛する村上春樹文学の匂いも健在である。
鳥居とは現世と幽界を繋ぐ門なのでしょう。

母なる海の物語を壮大に描く「海獣の子供」、
広大で青く美しい透明な空を描く「天気の子」、
重力が躍るその上下運動の美しさに圧倒される。
僕たちは空と海の子供だと教わる。

セカイ系2.0と呼ぼう。
新時代の映像作家として自らを更新していく。
そしてここにこそ賛否が問われるだろう。
僕なりの主題を簡潔に伝えればこうだ。
{netabare}希望的観測に従えば「個の回復」であり、
そして「個々人が繋がる強さ」でしょう。
例え不調和な世界でもいい、君と寄り添う。
歪んだ世界を歪んだまま共に歩こうと。{/netabare}

序盤から中盤にかけて素晴らしい演出が続き、
豪雨の中、結末に向け悲劇性は増すばかりで、
{netabare}強烈なナルシシズムと世界が衝突を始めるのだ。{/netabare}
ここに於いて、この衝突には参った。
物語の構造的観点からは「前進」でしょうが、
率直な印象としては「後退」だと感じる。
{netabare}否、これは「君の名は」の次なる挑戦ではなく、
登場した人物描写の通り並行する世界なのでしょう。{/netabare}
ならばますます次に期待がもてますね。

なんて不思議な作品なのでしょう。
フィクションが歪んだまま愛を知るなんて。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 50

70.9 3 ぼくたちは勉強ができない(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (278)
1053人が棚に入れました
苦学の高校3年生・唯我成幸は、大学の学費が免除される「特別VIP推薦」を得るために、受験勉強に苦戦する同級生たちの教育係となることに。指導する相手は「文学の森の眠り姫」古橋文乃、「機械仕掛けの親指姫」緒方理珠といった学園きっての天才美少女たち! 完全無欠の学力と思われた彼女たちだが、苦手教科に関してはとことんポンコツだった…!? 個性的な「できない娘」たちに振り回されつつ、成幸は彼女たちの入試合格のために奔走! 勉強も恋も「できない」天才たちのラブコメディ、ここに開幕!!

声優・キャラクター
逢坂良太、白石晴香、富田美憂、鈴代紗弓、Lynn、朝日奈丸佳
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.4

うるかにしてください

お静かに!って意味合いではもちろんございません。
原作は週間少年ジャンプ連載中。いつもながら未読です。

努力型秀才である貧乏男子高校生が、大学進学に係る費用の一切合切を学校に賄ってもらえるという “VIP推薦” をエサに同級生女子に勉強を教えるというお話。
似たような作品が続いてますが、元来主人公男子は貧乏であるにこしたことはありません。トキワ荘以来の伝統芸能です。
同級生女子は二名。得意科目はほぼ満点だが苦手科目はてんでダメというのと、進路希望・将来の夢だと苦手科目を超絶レベルアップさせないと進学もおぼつかないという点が共通する二人です。

 「お勉強」 + 「ラブコメ」

あらすじや第1話からそんな話かなぁという出だしでしたが、これがまた絶妙につまらなかったです。
少し経って{netabare}(第2話){/netabare}からもう一人、武元うるか(CV鈴代紗弓)が投入されて、元からの二人である古橋文乃(CV白石晴香)、緒方理珠(CV富田美憂)の三名体制となり屋台骨が出来たことで好転していきました。

 「ラッキースケベ」 +「ハーレム」 featuring「お勉強」

早々に路線変更です。真面目に言うようなことでもありませんが、、、路線変更です!


実際にお勉強要素の配分が多いまま、まっとうに学力向上を目指す内容でしたら視聴継続はしんどかったでしょう。リアル志向でもエンタメ志向でもなくガバガバの設定でしたので。
・学校側が生徒の学力向上と進路指導の責任を放棄してる時点でOUT!(これ大事)
・文乃と理珠の出来ないっぷり描写にもいろいろ言いたいことはある
設定もそうなんですがいまさら英語の構文や数学の公式にお付き合いするのもなんだかねぇ。

{netabare}「Don't you kiss someone , NARIYUKI?」(6話)
意訳) あんた成り行きでキスまでしたんとちゃう?成幸だけに(嘘) えっ音読みしたら・・・きゃーっ(もっと嘘)

これ文法だとanyoneが正解じゃなかったっけ? うるかが必死こいて覚えた構文を頑張って使ってみたけどちょいミスがあってかわいいじゃん、と普通なら思うところなんですが、ここに至るまでに、「この作者(編集含む)は絶対まともに勉強したことなさそうだな」の説得力ない描写が連発してましたので、素直に受け取れません。
なお現場ではanyだろうがsomeだろうが通じるっちゃ通じます。{/netabare}


いざラッキースケベハーレムアニメとの立ち位置が固まってしまえば、お作法に則ってすんなり観ることのできる普通の作品でした。
小学校高学年ないし中学入学したての芽生えの時期にお世話になった(かもしれない)少年誌の『お色気マンガ』の佇まいです。
ヒロインの裸を見たり接触する程度の描写に留まるのが通例で、また、何かしらのトラブルに巻き込まれてサービスカットを披露する「お約束」のアレです。

肉体関係ありの最近のマガジン案件(あれはあれで良い)と違い、こちらのジャンプ案件はきちんとお色気止まりにしているのが良いですね。なんとも懐かしい香りがしていて、その雰囲気を楽しむような感覚です。
自分の場合このへんのルーツは連載終盤の『やるっきゃ騎士』(※ナイトと読む)でしょうか。
少年の夢と希望とスケベ心が詰まったこういう品は、健全な少年が親に見つからないようにどきどきしながら観てほしいタイプの作品です。


最終話で3か月後の2期放送が発表されました。
私の視聴優先順位としては低いです。少し懐かしい匂いを堪能したところでややお腹いっぱいかしら。自分にとってはそんな位置付けでした。



■オマケ1
どうせなら健全なお色気ものだったらよかったのに。
{netabare}ブラコン妹が登場して、兄のふとんをくんかくんかしてましたが、アニメ向けアレンジでしょうか?
視覚的なお色気どまりだったほうが健全な気がしていて、フェチまで踏み込むと大人向け指数がアップしちゃいます。なんかもったいない。{/netabare}

■オマケ2
球技大会にクレームw
{netabare}自分が高校生の時だったら、男女混合なんてありえんと思ったでしょう。
勝ちにいきたいのに遠慮が入っちゃうから。クラス対抗ならなおさら負けるわけにはいかないのであります。
もしこれが、校内レクリエーションでなくてガチものだったとしたら女だってやりづらいのではなかろうか。{/netabare}



2019.07.02 初稿
2019.07.25 修正

投稿 : 2019/09/21
♥ : 44

えたんだーる

★★★★★ 4.2

文系/理系/体育会系、ある意味「裏『人生』」!?

しかし、作中でヒロインたちの得意分野はあまり活かされないので「凸凹解決せんせーしょん」という訳には行かないのです…。

第2話まで観終わった時点で、このレビューを書いています。週刊少年ジャンプに連載の同タイトルの原作マンガは、最新巻が11巻です。

アニメ化範囲でもストーリーが進むと増えるかもしれませんが、とりあえず主な登場人物は下記の5人です。

ちなみにタイトルが『ぼくたちは勉強ができない』なのですが、開始時点ですら全く勉強ができないのはうるかだけです。

唯我成幸(ゆいが なりゆき): 主人公。母子家庭で育ち、経済的な理由から大学へのVIP推薦なる枠での進学を目指すが、その条件として女子生徒3人の「教育係」に任命される。学業的にはどの科目もわりと成績が良いオールラウンダーだが、文系科目/理系科目のいずれも校内1位にはなれない。運動は苦手。

古橋文乃(ふるはし ふみの): ヒロイン枠。国語(現代文・古文・漢文)が得意科目だが、ある思い入れから理系の進学を目指す。しかし、数学を筆頭に理系科目の成績は壊滅的で、成幸に勉強を教わることになる。

緒方理珠(おがた りず): ヒロイン枠。数学と物理が得意科目だが、趣味がきっかけで文系の進学を目指す。しかし、気持ちを読み取ったり小論文を書いたりするのは苦手で、国語を筆頭に文系科目の成績が良くない。やはり成幸に勉強を教わることになる。

武元うるか(たけもと うるか): ヒロイン枠。水泳部で好成績を残すスポーツ少女。志望の大学にはスポーツ推薦で進学できると思っていたため勉強をしてこなかったが、推薦時に英語の試験成績を問われることが急きょ決まり、成幸に勉強を教わることになる。

桐須真冬(きりす まふゆ): ヒロイン枠(?)。世界史を担当する教師。文乃と理珠の初代教育係。才能がある分野に進まないのは無駄なことだという考えがあり、二人にも得意分野に沿った進学を強く勧めるが反発され、教育係を断念する。サブタイトルなどで「前任者」と出てくる場合は桐須先生のことを指す。

成幸が女子3人に勉強を教えることでいわゆる「ハーレム物」の構図になっているのですが、本作のフックとして機能しているのが桐須先生の存在です。

当初は成幸の「ライバル」として配されたと思われる先生ですが、おそらくアニメの中盤くらいから「ヒロイン」として機能しだしてからが本作の「本番」だと思いますので、お楽しみに!

2017.7.1追記:
第13話まで視聴終了。分割2クールということで、2019年10月からの2クール目の放送予定の予告がありました。

終盤でのあしゅみー(小美浪あすみ)先輩の登場で、主な登場キャラクターは出揃った感じですので第2クールでは各ヒロイン達の肉親たちの出場機会などもありつつ、お当番回的な物が回っていく感じになると思います。

原作では真冬センセー、先生とは思えないくらいに活躍してますがアニメではどうなることでしょうか。楽しみです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 42

える908

★★★★☆ 4.0

ユイガ君がマッチョじゃないから、ハーレムっぽくても楽しめました(^^)

ユイガ君、天才でもないし、ルックスも平凡だけど、凄くステキだと、思います!

私、マッチョっぽい感じのハーレム系アニメって、わりと苦手なんですけど、こういうのなら大丈夫です。

ギャグアニメのジャンルとして、
ラブコメがあって、
そのバリエーションにハーレム系があるんだと思いますけど、
ハーレムの頂点に立つ主人公男子が、なんでそんなので女子からモテまくるのか、私には理解出来ない感じの「女の子の気持ち解ってないキャラ」なこと、多いと思うんです。
なんか喧嘩が強くてとか、女の子に対する態度が無遠慮とか、発言が思いやり足りなくてとかで、イラッとさせられちゃう、そんな主人公男子が、ちょっとした一言や何気ない仕草ひとつで、それまで嫌ってた女の子にいきなり恋をされちゃう、みたいな展開。
そういうのって、女の子を根本的にはモノとしてしか見てないし、女の子の気持ちの繊細な部分を無視しちゃってると、思うんです。

前置きが長くなっちゃいましたけど、
ぼく勉のユイガ君って、そういう、ありがちなハーレムの頂点に君臨するキャラとは全然違うと思うんです。
女の子・・・っていうより、人と接する時の、
基本的な姿勢がしっかりしてる。
ちゃんと相手がどう考えて行動してるのか、よく考えて相手の気持ちを尊重しながら対応してくれる。
それに、もともと天才でなんか全然なくて、努力で勉強を出来るようになった、言うなれば普通の才能しか持たない人で、
しかも家は母子家庭で貧乏で、幼い兄弟の面倒も見なくちゃいけなくて、ヒロイン女子たちの教育係を引き受けたのも、家計のために特別VIP推薦での大学進学を考えてのことって、格差社会のせいだとはいえ、健気すぎです。ついでに言っちゃうと、キャラ造形も、とてもモテそうにはない、垢抜けないというか平凡な感じで、ああ、この男の子は、真面目に頑張って生きて行くしか人生を成功する方法は無いよねって感じです。
でも、だからこそ、人に勉強を教えることに、真面目に取り組めるし、工夫も出来るし、一生懸命になれる。
自分が、勉強を頑張って、努力して成績を上げてきたから、他人の苦手科目克服を手助けするのにも長けている。
なんかすごく、教育係に適役な、素敵な人ですよね!!

そんなユイガ君だから、
学校内でも有名な、
特定の科目に特化してる天才タイプの女子3人が信頼を寄せてくれるの、とてもよく解ります。
それぞれ、得意科目はズバ抜けてるのに、苦手な科目ではとことんポンコツな訳だけど、
それでも苦手を克服して、自分の希望する学部に進みたいという意志と理由を持ってるから、
ユイガ君と出会ったおかげで、少しずつ苦手科目の成績を上げられるようになるのが、いいお話だって思います。


ただもちろん、これはハーレム系ラブコメなんで、
信頼や感謝の気持ちが、徐々に恋心に昇華してっちゃう訳で。
もともとユイガ君を好きだったうるかちゃんは、英語とスポーツを頑張りながら、うまくユイガ君に気持ち伝えられるといいなって思うし、
まだ自分のユイガ君への恋心を自分でもよく解ってない緒方さんには自分の気持ちを理解出来るようになって欲しいし、
ユイガ君の相談相手みたいなポジションになっちゃってる文乃ちゃんは、どういう風にユイガ君を意識するようになってしまうのか興味津々です。

そしてもう一人、桐須先生!
ユイガ君の前任の、天才ポンコツ女子教育係にして、才能優先主義のこの人が、苦手科目を習得させるのが上手なユイガ君とこれからどういう風に絡むのか、凄く、気になります!!
桐須先生って冷徹クールな教師を装ってるけど、実は生徒思いの優しい性格なのをユイガ君には見破られてるし、
掃除や片付けが極端に苦手な汚ギャル系なんだけど、掃除とか片付けとかいった生活能力って、
そうなんです!ユイガ君の最も得意な領域なんですね!
これはこの二人の関係が、今後どういう風に展開していくのか、桐須先生までもがユイガ君にデレるときが来るのか、大注目です(≧▽≦)



・・・・・・・・・・^○^・・・・・・・・・

観終わりました(^^)

うるかちゃんスゴイ可愛い!
でも気持ちをちゃんと伝えられないまま・・・(><)
ちょっと可哀想、かなー。
りずちゃんは、自分の気持ちをわかったのはいいんだけど、
まだまだ幼いなー。
これで心理学を専攻したいって、ちょっと無理あるなー。
もっと小説とか読んでがんばって。

で、文乃ちゃん!
女子ふたりの恋の相談役 兼、ユイガ君の女心のお勉強の師匠だったのが、
最終回で、ようやく大事件!
これから三つどもえのハーレム展開?
桐須先生やあすみ先輩とはどうなるの?

いいところで終わっちゃったよー(≧△≦)

つづき、待ってます~(*^,^*)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 33

69.8 4 からかい上手の高木さん②(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.7 (94)
784人が棚に入れました
とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片。
高木さんをからかい返そうと策を練るも、いつも高木さんに見透かされてしまう。

季節はめぐり2年生に進級した西片は、
今度こそ高木さんをからかい返すことができるのか…?

「ニヤキュン」必至、照れたら負けの”からかいバトル" 第2ラウンドがいよいよ開幕!

声優・キャラクター
高橋李依、梶裕貴、小原好美、M・A・O、小倉唯、内田雄馬、小岩井ことり、岡本信彦、落合福嗣、内山昂輝、悠木碧、田所陽向
ネタバレ

イムラ

★★★★★ 4.2

鉄板

<2019/7/8 初投稿>
1話観ました。

感想は

ニヤニヤ( ・∇・)
奏♪
ススキ♪

こんな感じです。

観始めですが評価は4.0からスタート♪

<2019/7/15 追記>
2話観ました。

ニヤニヤ( ・∇・)
脇腹っΣ(-᷅_-᷄๑)
「義理だよ、{netabare} こっちは♡{/netabare} 」( ・∇・)ニヤ♪
え?粉雪?

2話もこんな感じでしたわ。

西片くんに一番共感できるとこは「脇腹が弱いところ」です

<2019/7/23 追記>
3話観ましたよ

あれ?西片くん、背伸びた?
ドキる高木さんが◯
君に巡ーり逢えた、それって「キセキ!」♪♪

今週も安定感抜群のニヤニヤ( ・∇・)

<2019/7/31 追記>
4話

鞄を、重ねて置く!
情緒ありますねえ

ちなみにあの濃くて苦〜いエスプレッソ。
本場のイタリア人は砂糖がっつり入れて飲むそうです、
がんばれ!西片くん!

今日も全盛期のフェデラー並みの勝率の高木さんでした。

<2019/8/5追記>
5話です。

ダンディ→脇腹→脇腹→脇腹のコンボ
自分が猛烈に脇腹弱いもんだから見てるこっちも跳び上がりそうで(>_<)
つーか、もはやセクハラ 笑

で、ケーキの話。
{netabare} バースデイケーキをプレゼントされてまだ気がつかない西片。
もう中二だよね。
さすがに鈍すぎるぞ西片くん{/netabare}

で、くしゃみ
{netabare}
西「高木さんのくしゃみってちょっと変だよね」
高「そお?どこら辺が?」
しばし考え(可愛らしいしか出てこない)と愕然とする西片くん。
そんな西片を弄ぶ小悪魔っぷり全開だな高木さんめ。

もしも、ここで西片くんが素直に「ちょっと可愛い」とか言っちゃってたら高木さんはどんなリアクションしたんだろ。
{/netabare}
で締めは『キュンッキュン!』ってなんだそれ 笑

EDは{netabare} ゲゲゲの女房でした。
「あ、長年連れ添ってる夫婦の選曲!」
(※)東京ホテイソン風にお読みください{/netabare}

<2019/8/20 追記>
7話の感想

林間学校とかいいですよね。
私は小学校の時でしたが、ときめくようなものではないものの今だに忘れられない情景はあります。

ましてや7話の二人のような経験なら、それこそ目に焼き付いて一生忘れられない想い出

アバンで懐かしそうに写真を眺める大人高木さんも出てましたし。

ちょっと評点引き上げました。

<2019/9/2 追記>
第9話

神社の会話の話は珍しい高木さんでかなり好きです。
高木さんが惚れ直す回 笑。

他の2つのエピソードはもうなんかね。
どうやって西片にこっち向かせようかという高木さんのバトルみたいになってきてますね 笑。

そしてぶれない木村のネタとタイミングは素晴らしい。

<2019/9/16 追記>
11話

高木さん爆発してましたね

投稿 : 2019/09/21
♥ : 34
ネタバレ

かんぱり

★★★★☆ 3.8

高木さんの照れ顔増量中♪

2年になった高木さんと西片くんが相変わらずからかい、からかわれるお話。
2期は1期よりも高木さんが照れたり困ったりするところがあるといいな。
以下、印象に残った話です。

1話。「水切り」{netabare}川に落ちそうになった高木さんを助けようと、とっさに高木さんの手をにぎって引っ張って、代わりに川に落ちた西片くん。でも西片くんは手をつないだっていう意識がなくて・・んー思春期って感じだね。{/netabare}

2話。「氷」{netabare} 西片くんにカイロをもらって赤くなる高木さん。うん。こういうの見たい。{/netabare}
   「外見」高木さん、1期よりもさらに積極的に攻めるなあ。
   「バレンタインデー」バレンタインあるあるがいっぱい。懐かしいな。{netabare} 西片くん、チョコもらったらありがとうはちゃんと言おうね♪でも無理かな。{/netabare}
あとEDの粉雪良かったです。

3話。「エイプリールフール」嘘、やめにしない?・・確かに西片くん考えすぎ。もっと自然体でいいのにな。
高木さん相変わらずぐいぐい来るなあ。でも1期より優しくなったような気がする。
「進級」高木さんの表情がくるくると変わって面白かった。あと高木!って言われた顔もね♪
わ、EDキセキなんだー。いいね。あらためて聞くと、歌詞とかすごく合ってるかも。

4話。「にがみ」そういえばブラックコーヒーっていつ飲めるようになったんだろ私。。
   「自転車」西片くん考えすぎ。高木さんは普通に西片くんと一緒に歩きたかっただけなのにね。
今回もEDキセキかー。もうずっとキセキでも別にいいけどね。

5話。「質問」高木さん、どさくさで西片くんの脇腹さわりまくりw
       高木さんの好きな人は誰って何をいまさら(-_-)いい加減分かれよ西片くん。。
   「バースデーケーキ」高木さんは西片くんの誕生日をちゃんと把握してるんだね♪
      あんなプレゼントもらっても高木さんの気持ちわからないってどんだけ(-_-)
   お、EDありがとうきたー。これもなかなか。選曲いいね♪

6話。「リベンジ」西片くんって年上のお姉さんにからかわれてる小学生みたい。
   「デート」いや、2人でドッヂボールしてる時点でもうデートみたいなもんだから。

7話。「林間学校」雨宿りで山小屋に2人きりになったり、夜抜け出して岩場に体をくっつけあって隠れたり。
もう誰が見てもカップルそのものだよね。西片くんだけがそれを知らない(-_-)

8話。なんか体育倉庫とか保健室とか、2人だけでいちゃいちゃしてるだけだよね、これ。
んー、ただいちゃいちゃしてるんじゃつまらないというか飽きるなあ。。

9話「お悩み」8話でつまらないって書いちゃったけど、うん。これは良いです♪こういうのが見たいな。

10話。「目薬」定番のいちゃいちゃ話。あれじゃ高木さんにキスしようとしてるように見えるよね。
「かくれんぼ」高木さん積極的だなあ(*^_^*)あれは西片くんじゃなくてもドキドキするよね♡

11話。「歩数」わざわざ待ち構えて勝負を挑むとか、高木さんが好き意外の理由なんてないよね。
「お土産」高木さんに夏祭りを誘われてる西片くんの気持ちは甘酸っぱいお菓子みたいなんだろうな。。
「約束」とぎれとぎれの会話と沈黙の間がもどかしいけどそれがいい。
西片くんが勇気を出して誘う場面はドキドキした。
高木さんも一番の照れ顔で良かったです(*^_^*)

うんうん、11話はすごく良かったです(*^_^*)あのもどかしい間の取り方は絶妙でした。西片くんに高木さんがジュースをいっぱい渡して嬉しさを表現してたのも良かったかな。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 18

える908

★★★★★ 4.5

実は1期は苦手でした。②は大好きです(^^)

中1位のときって実際、男の子って幼く感じられて、
何か見下すような感じになっちゃうのは解るんです。

でもだからといって、男の子をからかっていいのかって言ったら、
ダメに決まってます。

モラルとか思いやりとかの前に、
切れられたりしたら、大変じゃないですか!

実際、小6のときに、
女子に対してだれかれ構わないで悪さする男子がいて、
クラスの女子みんなで、いたずら気分で、仕返ししようってなって、
その男子を取り囲んで、とっちめてやろうってしたことがあって、
その男子からしたら脅迫って思える感じに説教したりしたんですけど…
そのときは、その男子、突然大声出しながら暴れ始めて、
結局、仕返し説教もウヤムヤになっちゃったし、
そのあとも、男子の悪さが治まったりはしなかったけど、
今思い返すと、そのときの男子、泣いてたのかも知れません。

イタズラもよくないけど、
からかうのもいけないですよね。


1期のときは、ずっとからかい続ける高木さんが嫌らしく見えて、
それでむしろ嫌いな番組でした。

それが、今期の「高木さん②」、
嫌な感じがしないんですよね。

高木さんから仕掛けてた感じの1期と違って、
西片君がなんとか高木さんをからかってやろうって攻勢に出てることが多いっていうのもあるし、
何より、
1期の時には最後の最後までかかって、
西片君を好きな高木さんが、ようやく見れたんだけど、
②では、
結構あからさまに、
高木さんからの西片君への好き好きオーラ、
出てますよね!

手を繋ぎたがったり、
顔を間近からじっくり観察して照れさせたり。
バレンタインのチョコだって照れ隠ししてたり。

ただからかうのじゃなくて、
好きって気持ちを、
少しずつでもちゃんと伝えられたらいいなって思いますし、
そういう気持ちが伝わることで、
今はまだ幼い西片君が、
ちょっと大人になれればいいなって、
応援したい気持ちになれる。
そんな作品に、
なって来てるんだと、思います(^^)



☆☆☆☆☆第7話「林間学校」☆☆☆☆☆

なんですかこの回!!
素敵素敵♡
高木さんの好き好きオーラ全開じゃないですか?!
っていうかもう、完全に告ってるんですけど!!

西片君、がんばって!
早く、じゃなくてもいいけど・・・
階段を一歩、のぼってみせてー!

林間学校。
キャンプ。
ほしぞら。
高木さんがこんなに可愛いって思える回が来るなんて!
いーなー、恋に一途な高木さん(≧▽≦)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 29

69.7 5 荒ぶる季節の乙女どもよ。(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.6 (114)
719人が棚に入れました
あなたの“はじめて”を、わたしにください――。高校の文芸部に所属する小野寺和紗たち女子5人。「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じたある一言……。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

声優・キャラクター
河野ひより、安済知佳、麻倉もも、黒沢ともよ、上坂すみれ、土屋神葉、福山潤、広瀬裕也、咲野俊介、戸松遥、花江夏樹

える908

★★★★★ 4.5

たたかえ!女子高生!・・・何と?www

愛とか、性とか、恋とか、友情とか、自意識とかで、
頭の中がパニックしまくる孤立系女子たち五人の大奮闘!

なんとなく苦手意識みたいのがあった岡田麿里さんの作品なんですけど、
これ、メチャメチャ面白い!ですww

文芸部という逃げ場があるから、
孤立してても学校に居場所は確保できていて、
クラスではグループにも入れない変わり者女子たち五人の、
前向きなんだか後ろ向きなんだかさえよく解らない頭でっかちな迷走劇がすごく真面目で、
マジメ過ぎて、毎回なんか身悶えしながら笑っちゃって観ています!

こんな子って、たしかにクラスにいたけど、五人も集まってるって、すごいって思うし、
しかも、とんがり方のベクトルが全部違う子が五人も集まると、
もうなんか物凄いパワー!圧倒されて爆笑してしまいます!

本人たちはすごく真剣なんですよ。
それはもう、人生観というか死生観に関わる大問題に日夜悩んでて。
この時期を通り過ぎるのに、
すごく手間のかかる繊細な女の子、
やっぱりホント、いるんですよ。

愛とか恋とかえすいばつとかゴチャゴチャになって
猛り狂う彼女たち。
本当観てて楽しくて笑い転げちゃいます!

岡田さん、原作から立ち上げるとこんな面白いものを見せてくれるんだ!
って、すごく生意気だけど、再評価急上昇しちゃってます。

ちょっと嫌なのが、
オープニング曲はとっても戦ってる感じでいいのに、
エンディング曲が、まるっきりハニワのままで、これは違うかなって思います。

たしかに、荒ぶってる彼女たちそれぞれに、
「しなければ、ならないとしたら・・・」って想定してる男性がいるけど、
予定調和なラブコメになるんですよって、歌われてるみたいで、
そんな風に収まって欲しくないな。
本郷さんとか、メチャクチャに突っ走って欲しいなwww


4話目に彼女たちを表す、いい言葉がありました。
「黒い摺り硝子のような透明感」

屈折して、猛り狂って、轟いて!!



☆☆☆☆☆☆☆第8話「Legend of Love」観ました!

曾根崎先輩の、「ごめんなさい!」からの決死の告白、
最高でした!!!
もうね、鬼気迫る形相で天城君に迫り相撲のシコ踏むみたいに影を踏みつけながら
「私は今まで、肉欲と男女交際を、イコールでつなげて糾弾して来たわ!」ってまくし立て、そのあと一気に天城君に叩きつける台詞!
あんまり凄くて、爆笑しながら号泣しちゃいました!(*T▽T*)

しかも
そのあとの、泉と、和紗と、新菜の、
それぞれに荒ぶり猛る本気度!!
荒乙サイコーです!!!!!!



☆☆☆☆☆☆☆第9話「キツネノカミソリ」観ました!

リピートしまくって朝になっちゃいそうです。
予定調和的なラブコメ化して大団円・・・なんてならないぞ!って感じ、
すごくいいです!!!!
曾根崎先輩のハッピーリタイアと、
ももちゃんのサブキャラ化で、あとはハニワぽく甘口な展開かなって、
危惧も少しあったんですけど、
そんな甘いままじゃ、終わらせないって気合い、いい!

ここで「星の王子さま」もって来て、しかもメインの
飛行士と王子さまとヘビのエピソードじゃなくて、
王子さまと薔薇とキツネの話にアレンジしてしまう強引さ、
岡田さんさすがです、素敵です!

新菜の生まれて初めての、泉君の手を引っ張って自らに触れさせる捨て身の特攻戦と、
本郷さんの「捨てる覚悟」をパンツで象徴する修羅場の顛末、
とことん観続けて行きたいです!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 34
ネタバレ

shino73

★★★☆☆ 3.0

揺れる思い、荒ぶる乙女心

原作 岡田麿里・漫画 絵本奈央。

文芸部に所属する女子高生が、
思春期特有の「性」の悩みに振り回される。
お年頃な乙女たちの青春群像コメディ。

初回からキャラ立ちが良く楽しい。
大胆で繊細なテーマですが、
コメディタッチで描かれているため嫌味がない。
小さな共感とクスッと笑える展開が、
どこかにきっとあるだろうと思います。

とある美少女の大胆な発言から物語が展開する。
隠喩化された表現も素晴らしく好印象ですね。
主題歌はメロディも歌詞も演出も好き。
ブルーハーツが流れて歓喜しますが、
{netabare}その間抜けな行為たるや(笑){/netabare}

4話視聴追記。
時代錯誤的に誇張された表現が微笑ましいなと、
お気楽に見ていたのですが、
少女たちのあるべき葛藤が群像的に顕在化し、
ちょっと待てと…僕は襟を正し始める。
{netabare}通過儀礼により失くしたものを問いただし、
失ったものの賞味期限を確かめているようだ。{/netabare}

これはただのコメディではなかった。

11話視聴追記。
揺れる思い、荒ぶる乙女心。
終幕に向け大きく動き始める青春群像。
現状を維持するための行為が、
むしろ現状を理想から遠ざけてしまう。
青春のもどかしさが上手く表現されている。
思いやりもわがままも裏目に出た時、
チェインギャングが心に響き渡るのです。
やはりブルーハーツは最高ですね。

負けるな乙女たち。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 44
ネタバレ

イムラ

★★★★★ 4.3

「みだらな和紗ちゃんは月がきれい」

<2019/7/16 初投稿>
原作未読
観始めなので評点はデフォルトの3.0です。

文学部の女子高生たちが文学で性の知識にあれやこれや荒ぶる話です。

自分で書いてて何言ってるかよくわかんねえ٩( ᐛ )و

「月がきれい」に「みだらな青ちゃん」を叩き込んだ感じ・・・なのかな


1話を観て
・THE BLUE HEARTSをそのまま流したのは素敵
・どうみても和紗さんより泉くんの方が傷は深いだろう。致命傷だよ 笑
・これまでずーっと「爪(つめ)」だと思ってた。「瓜(うり)」だったとは・・・でもなぜ瓜(うり)?
・総じて面白かったよ。でもマリー原作・脚本なので最後まで信用はしません 笑。

<2019/8/26 追記>
第2〜8話の感想です。

第2話
{netabare} 「S◯Xの別称」{/netabare} 大喜利大会
青春シーンだとへっぴり腰になる曾根崎さん。

第3話
強い子のミロ先生。{netabare} →「おまわりさん!この人です!」{/netabare}
泉くんの災難その2ですね。末広ひかるってありそう。

第4話
原稿用紙50枚の{netabare} ラブレター{/netabare} 笑。それもう原著論文だろ 笑。天城くんは立派。

第5話
{netabare} ロリコン{/netabare} 演出家登場。{netabare} →「おまわりさん、この人です!」{/netabare}
原稿用紙50枚の{netabare} ラブレター{/netabare} に{netabare} 校閲{/netabare} でお返事って。ありそうで絶対ない、もはやSF 笑。でも可愛らしいね。

第6話
合宿で第2回大喜利大会。
「この恩は絶対に軀で返す」あんま聞いたことない台詞出ました 笑

第7話
菅原さんは全身凶器だな
そして{netabare} 「おまわりさーん、現行犯です」{/netabare}

第8話
寸劇→内紛勃発からの{netabare} 告白大会{/netabare} であります。
菅原さんと百々ちゃんにはがんばれと言いたい。

マリーさんは本作、自分の書きたいこと自由に書いてる感じして良いですね。
和紗も菅原さんも曾根崎さんも本郷さんも百々ちゃんもホントに良いキャラしてる 笑

中間評価、付けてみました。

<2019/8/31 追記>
バトル展開の第9話(ウソ)

前回の盛り上がりから良い感じでお話が転がってます。

曾根崎さんのチョロいこと 笑
菅原さんはがんばってますね。つかあれはなんのプレイだ 笑。
あの引きだと本郷さんは次回、まさかあのシチュエーションで笑いを取りに行くのでしょうか 笑

<2019/9/7 追記>
第10話「穴」
「穴を覗くとき、穴もまたこちらを覗いているのだ」

いや、そういう話じゃないです 笑。
穴もいろいろありますが、パンツだったり股間だったり心だったり。

本格的に荒ぶってきました。
起承転結で言えば「転」の回かな。

あと2話でどうまとまるか楽しみです。

<2019/9/14 追記>
11話
最近のアニメではあんまり見かけない展開かな。

マリーさんと言えば広げた風呂敷をきれいに畳めず微妙な感じになること多い印象ですが・・・

今回の笑いのツボは{netabare} 「和紗のキス顔」{/netabare}
なまじ真面目な分笑えました。

あとあの体勢からの右フックは体重が乗らないと思う。

最終話はどうなるんでしょうね。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 35

75.8 6 五等分の花嫁(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (559)
2164人が棚に入れました
貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

声優・キャラクター
松岡禎丞、花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのり
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.6

船頭多くして船山に上る

原作は雑誌でパラパラと


視聴動機は、マガジン案件だったから。けっこう近年のマガジン頑張ってるんですよね。
そして蓋を開けてEDのキャスト陣を見たらこれまた豪華。

中野家のご姉妹
長女 : 一花 (いちか) CV 花澤香菜
次女 : 二乃 (にの) CV 竹達彩奈
三女 : 三玖 (みく) CV 伊藤美来
四女 : 四葉 (よつば) CV佐倉綾音
五女 : 五月 (いつき) CV水瀬いのり

進級も危うい五つ子ちゃんの家庭教師を請け負う学年一の秀才上杉風太郎主演のハーレムラブコメとなります。風太郎の声は松岡禎丞さん。日本にはハーレムラブコメに松岡さん以外を出演させると禁固刑となる法律でもあるのでしょうか?出ずっぱりです。
富裕層中野家と貧民層上杉家の対比です。バイト代の高さを動機付けになにかとたいへんな五人の成績を上げるべく奮闘しながら、とはいえ同学年の美人五姉妹相手に健康な高校生男子が何も思わないわけでもなく、、、いやその前に先方が機先を制してデレ始める鉄板の展開でした。
わりきって観る感じでしょうか?キャラとストーリーを持て余してる序盤です。


観終わって、、、
ぶーぶー言いながらも後半面白くてそれなりに満足しました。
結局のところ、

{netabare}五人まとめてかかってこいやー!{/netabare}

というわけで選べん。


まずは良い点。キャラの配置から。五人がそれぞれ個性的でキャラが被りません。おかげ様で名前と顔の一致が早い。

一花:THEお姉ちゃん。ふわふわしながら締めるところは締める。長子の割に合わないところを飲み込んで責任を全うしようとしてる。意志の強さがショートヘアーに表れているのか?{netabare}良い{/netabare}
二乃:勝気さと家族思いのギャップ。女子力も高い。風太郎への警戒は人一倍強いが、こういった子のバリアを突破した時に見せるだろう情の深さは楽しみである。{netabare}良い{/netabare}
三玖:不器用女子。人との距離の取り方に難があれど、あばたもえくぼってやつ。心根の良さと頑固さが見え隠れしほっとけないタイプ。{netabare}これまた良い{/netabare}
四葉:奉仕の心。明るくアホそうに見えてそのくせ周りへの気遣いを欠かさない。もっと自分だしていいんだよ、の守ってあげたいタイプ。{netabare}なんだかんだ良い{/netabare}
五月:キタ!ツンデレ。頑張っても結果が出ない。そこを男のValueで彼女の不足を補ってあげるぜ!と勘違いしたい。主人公にだけ冷たい。落としたい。{netabare}というわけで良い{/netabare}

声優さんの魅力もさることながら、誰がヒロインでも一本書けそうです。さらに風太郎の妹らいはも存在感出してくるので侮れません。


ただしこちらは全体のバランスを無視して単品で一人一人に焦点を絞ったら?という前提が必要なんです。みんな良い=どうでもよい、なのです。

・みんな巨乳はやりすぎでは?安直な感じもします。
・狭い空間(中野家のマンションの中)が主戦場なので一対一になりにくく、かといって姉妹同士牽制しあう描写もソフトで消化不良。
・順に攻略した末での落としどころが見えづらい。結局情感揺さぶられるほど感情移入するにはせいぜい三角関係ぐらいにしとかないと破錠するよね。難しい設定。
・言っても同年代5人ですから。先輩後輩のような縦の関係もないと物語を膨らませることは難しい。これも設定になるのかな。


こういった背景もあって、数話観ると割りきってブヒる視聴姿勢で臨むか、嫌気さすかどちらかになりそうな気配です。

{netabare}アバンの結婚式描写などご都合展開飛び越えての超展開も期待できそうな伏線は配置されてますが、{/netabare}

作品の焦点をどこに置けば良いのかイマイチ掴みきれておらず、途中しんどかったです。船頭多くして船山に上る感じ。
まるで、ホテルのビュッフェで和洋中華それ以外と単品のクオリティがそこそこ良いけど全部食べろと言われると持て余しちゃうような感覚に近いかもしれません。

それと、五つ子全員お勉強が出来ないというのもなんか釈然としません。
勉強ができるのと地頭の良さは別物とはいえ、一定の尺度の中でだったり要求水準を求められて成果を上げるとか努力することって人として必要でしょうに、それがないというのが一点。それなりにインプットがないとアウトプットするネタに困るのが人間だと思うよ、が二点め。
それが揃いも揃って全員かよ!ある意味すごい姉妹だと思われます。

 {netabare}お母ちゃんも空の上で泣いてるで。{/netabare}


{netabare}林間学校編に突入してから{/netabare}加速していった後半が良かったのでOK!とします。
ちょっと五人それぞれが揺れ動いてくるあたりから物語が締まってくるので序盤で切っちゃうともったいないかもしれません。


OPの ご ・ と ・ お ・ ぶ ・んっ  もTHEアニソンらしくて良かったですよ。
{netabare}タイムリーにスキー場で流れてて、ウチの子供は「きもっ」って言ってましたが。。{/netabare}



-----
2019.09.16追記


視聴時期:2019年1月~3月 リアタイ視聴


2019.04.06 初稿
2019.09.16 追記

投稿 : 2019/09/21
♥ : 50
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 3.0

物語のゴールを明確に見せていることだけはいいと思う

五つ子のハーレム物。男性向けおそ松さんと言った印象。
それぞれの性格は一花=トド松、二乃=カラ松、三玖=一松、四葉=十四松、五月=チョロ松だろうか。異論はあるだろうけど。

ハーレムヒロインたちが五つ子であるメリットは、
・乳のサイズが平等
・顔が同じでも非難されない
・先にゴールのシーンを見せても顔が同じなので誰と結ばれるか分からない
だろうか。全員平等で誰とくっつくか分からないと言うのはハーレムラブコメとしては大きなアドバンテージだろう。

この作品は中高生男子に強く支持されているようだが、内容自体はシスタープリンセスの頃から山ほどあるような古くっさいハーレムラブコメでしかない。
主人公の恋愛アンチでガリ勉な性格など「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」に似ていると思った。

最も矛盾を感じる点は五つ子の顔が同じ事を利用したトリックで、原作マンガは無声の白黒なので髪型を変えられると区別がつかなくなるのだろうが(でも原作の時点でそれぞれ髪の色が違う設定なんだが…)、アニメは髪の色の違いがあるので「なんで入れ替わりに気づかないんだ?」としか思えない。さらにアニメでは声の違いもあるので入れ替わりトリックが全く成立してなくて疑問ばかりを感じた。

あとは、
{netabare}「俺はこいつらのパートナーだ!(ドヤァ」
これほんと意味不明。パートナーだから何だと言うのか。
それと12話のハゲ出っ歯の教師が雰囲気ぶち壊してるw{/netabare}

そもそも長期連載前提のせいだろうが、{netabare}みんなで花火を見るだとか{/netabare}どうでもいいようなことをさも重大な事のようにして引き伸ばしていてテンポが悪い。
ただゴールは明確に見せているので、ラストまでのストーリーは決めているのだろう。でもその分引き延ばしずらいだろうなと思う。

あと細かい点では、{netabare}三玖が信長は頭蓋骨に酒を入れたと言っているが、入れてない。信長公記では薄濃にして飾ったと書かれているだけ。講談社に入れた編集者ならそのくらい知ってて当然だと思うんだが。
それと石田三成と大谷吉継の逸話で垂れたのは鼻水と確定してないんだよな。ハンセン病で崩れた顔の肉片とも言われている。
ただ戦国ネタで歴史の勉強の興味を引く手法は自分が家庭教師バイトの頃にやっていたのでなつかしかったw{/netabare}

声優陣については、五月の水瀬いのりがいつもと違う固い演技をしているので個性が出せていない(ネトゲ嫁とかもそうだったが)。これだったら水瀬いのりじゃなくてもいいような。
三玖と五月を逆にすべきだったと思う。水瀬いのりは三玖みたいなクールキャラは得意だし、伊藤美来は五月をろこどるのなにゃこみたいに演じればそれでいい。
そもそもこの一期は{netabare}五月だけが冷遇されているように感じた。一期は三玖がメインヒロインのように感じる。二期から違ってくるのだろうけど。一期のラストは前田夫妻が全部持って行った感じ。{/netabare}

問題にされた作画だが、確かに悪い。崩れているというより、表情や歩き方、体の動きがおかしいと感じることが多い。12話のキャンプファイヤーで炎が動いているのに皆が固まってるのは酷すぎた。
11話はシャフトが協力して改善していたが(山村杉山伊藤潮月となぜかシャフトオールスターwマギレコはどうなったの…)この作画で普通だろうってくらい。
ただ「ゲーマーズ!」「Just Because!」「はじめてのギャル」辺りよりは作画はいいと思った。←クソ作画アニメで鍛えられている

投稿 : 2019/09/21
♥ : 14

鰺鱒

★★★★☆ 3.2

評価に困るなぁ・・

[2019/03/30 v1]

原作知らず。

完走したというべきか、しちゃったと言うべきか。

作画は初っぱなから怪しく、案の定崩れていき、11話でどえらいクオリティのカットが入り終盤でのてこ入れかと思ったら12話は平均やや下で終わる。見るに堪えないというほどではなかったが、未来の「花嫁」を描くのならもう少し気を遣って欲しいところ。1と3だけずるいじゃん。ま、個人的にはこの二人が好ましいのでかまいませんが。

だらだらと見てしまったせいでお話しとしてあまり印象が残ってないのですが、それでも完走できたと言うことはそれなりの訴求力があったのだろうと思います(僕には)。ラスト4話くらいの展開は、ありがちかもしれないけど、個人的には良かったと思う。

平等と公平、機会平等と結果平等の違い、真の意味でのFairnessの概念は、もうすこしプッシュして欲しいなどと思うところもありましたが。。。。アニメに社会教育求めちゃ駄目よね。届いて欲しい層には届かないし。

終わり方は、良いとも悪いともいえない。「視聴者が思うお好きな子を花嫁に」ということなのか、原作終わってないから「空白」にしました、なのか。
今なお、もやっとしたままです。

五つ子で他人には見分けがつかない、ということらしいのですが、、、見た目の時点でだいぶ差異がある上に、5人姉妹のそれぞれに異なるCV起用していて、かつ、5人とも互いに大きく質の異なる演技(というか発声)をされているという、見る側としては画面で展開している状況にどう対処すればいいのかよく分からない気持ち。これは、あれですかねぇ。「しむらー!うしろうしろー!」のノリ、見る側のお約束、お作法ということですかね?(ちょっと記憶の彼方だけど)。

おいっすー

投稿 : 2019/09/21
♥ : 18

68.3 7 川柳少女(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (196)
721人が棚に入れました
言いたいことは五七五の川柳で伝える女の子・雪白七々子と、見た目は怖いけど心優しい文芸部の毒島エイジ。たった17音で紡がれる2人の日常は、いつだって幸せいっぱい!

声優・キャラクター
花澤香菜、畠中祐、矢作紗友里、逢田梨香子、久野美咲、上坂すみれ
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.3

ざーさん喋んなくても良かったのでは?

原作未読


タイトルに惹かれたのがきっかけ。“文学的”ななにかを期待しての視聴開始です。
蓋をあければ、コミュニケーション手段が川柳のみという内向的な少女をヒロインにしたラブコメ寄りのショートストーリーでした。1話15分で全12話。
雪白七々子(CV花澤香菜)が自分の想いを五七五で短冊に書きとめて、周囲が各々アクション/リアクションしていく進行が基本的な流れです。


で、これ、、、ツッコんだらだめなんでしょうけど、すごい不自然です。
{netabare}何より不自然なのは、ヒロインがなんでこの方式!?を採るまたは採らざるを得なかったかの説明が最後までなかったこと。特異なコミュニケーションスタイルの理由背景は欲しかったかな。{/netabare}

短冊どこにストックしてんの?
いつ書いてるの?

なーんてのは微塵も気にしてません。会話があっても二往復止まりです。それは筆談しかも五七五縛りと制約があることが影響しているのでしょう。会話の内容もテンポも悪くなってしまいました。
また、七々子が句を詠みあげる音声が視聴者には聞こえても、登場キャラには文字情報だけでリアクションする設定ですから、キャラと私たちとで受け取る感覚に差が生じます。


そして川柳…

捻りもなければ奥行きも感じられない凡句のオンパレード。俳句や川柳は短い語の組み合わせだからこそ言外に意味を含ませるようにするものです。堅苦しいものではありません。サラリーマン川柳の入賞作など身近なやつを検索してみればわかります。
または技法。韻を踏むことも言葉遊びもありません。あくまで口頭会話の代替手段で音だけを五七五に収めただけ。それ以上の意味を成さないため五七五が単なる足枷にしかなってないのがもったいない。設定の独自性をもっと活かして欲しかったところです。

{netabare}例えば、
 ・回の終わり “今日の一句” のようなパートで渾身のやつをあてがうとか。
 ・返歌のイメージで以前詠んだ句を想像させるような句をもってくるとか。{/netabare}

それなりに川柳だということを意識させる仕掛けをやろうと思えばできたはずなのに。
音や動きの入るアニメだと原作漫画では目立たなかったであろう“粗”が出てきちゃったんでしょう。漫画止まりでアニメ化しないでも良かったのではないかと思います。



そして悲しい哉、設定を活かせないぶん他で活路を見出さざるを得ず、皮肉にもそこが本作の良いポイントとなったように見えました。
以下の点だけでもニーズはあると思いますので、ご興味のある方はどうぞ。それは、

 雪白七々子の表情

句を披露する時。相手の反応に応えるかたちで。はにかんだり、恥じらったりと。このへんのざーさんの演技はさすがです。画も表情は頑張ってた気がします。
恥ずかしがり屋さんがもじもじするところを愛でるにはとても良い、とあまりその気のない私でもそう思うクオリティでした。

{netabare}結局キャラでもたせるしかなくて、絵でのみ会話する子を登場させたり、水着回(第8話)設けて隠れ巨乳設定入れてみたり、と後半は顕著になっておりました。{/netabare}

ヒロイン以外では、喋らない七々子の通訳としての片桐アマネ(CV矢作紗友里)の存在が救い。矢作パイセンのツッコミはさすがのキレがあります。
想い人のはずの毒島エイジ(CV畠中祐)がここにのっかかってくればもう少し違ったでしょうが、七々子と双璧をなす存在感を発揮できたか?または見事な引き立て役を演じられたか?というとどちらも中途半端だったと思います。これは演者の力に依るところが大きい。



総論としてはこんな感じ↓


 川柳で なくてもいいじゃん キャラだけじゃん


コミュニケーションの不自然さはしょうがないですが、私の場合“文学的”ななにかを期待してしまったことで追い打ちをかけられちゃいました。これはもう私の失敗です。


うーん、これ全く別物になるんでしょうけど、七々子の句を会話相手が代読するみたいな台本は考えられなかったんでしょうか?
七々子の表情の豊かさはそのままに。ざーさんの台本は「あ」とか「うーん」止まり(笑) ここに全てを集中してもらうのです。
「なんて贅沢な使い方をするんだ」と話題先行させといて、ここ一番でざーさん情感たっぷりに句を読み上げる(心の声)!みたいなので良かったんじゃないかなあと夢想してます。



■余談
エーちゃんは「しゃばい」と何度言っただろう 若い子は分かるんかいな



2019.06.24 初稿
2019.07.17 修正

投稿 : 2019/09/21
♥ : 42

える908

★★★☆☆ 2.7

川柳で レビューしたくて してみます(`_´)

週末の 川柳少女 観てみたよ(@_@)
初回では 作画は割と いい感じ(^o^)
脚本は どうなんでしょう 微妙かな(-.-;

五七五の レベルの低さ 気に掛かる(>.<)
文芸部 名乗るのならば 和歌でしょう?
ちはやふる 気にして和歌を 避けたかな?

短冊と 筆はしっかり 持つけれど…
五七五を 歌い上げてよ 七々子ちゃん!
これもまた 花澤さんの 無駄使い?

然りとて 川柳少女 可愛くて(///▽///)♪
金曜の 夜はとうぶん 楽しそう(*^_^*)
フルバスも ぼっちもこれも いい出だし(^~^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
漫然と 視聴終了 にべもなし(-.-)
ギミックの 川柳だけが みせどころ?
展開が 何もないのが 退屈で・・・
最後まで みてはいたけど 惰性かな(><)


川柳も 文藝なのに ぞんざいな!
原作が よくなかったのかも知れず(・_・)
短冊に なんのひねりも ないままに・・・
五・七・五が なかったならば 何もなし(๑`^´๑)


アニメには 不向きな素材 だったかも(ーー;)
青ちゃんの 引き立て役に なっちゃって(´△`)
ざーさんの ちからをしても 楽しめず( ・ὢ・ )
やっぱりね 川柳縛り 駄目ですよ!!!




■■■ここからは勝手に俳句詠みました■■■

つゆしらず庭木をすべる梅雨の露

傘の柄が隔つきみとの梅雨そぞろ

梅雨の降りみてTo Youと独りごち

梅雨のみず乳呑み児のごつつち吸いし

投稿 : 2019/09/21
♥ : 28

ISSA

★★★★☆ 3.1

「なんだこれ・かんそうなぜか・ごうひちご」

1話視聴

川柳少女のレビューも五・七・五にしろ…強迫観念が凄いw

「ヒロインは・ざー さんあんてい・みやすそう」
「きんぱっの・かれしはなぜか・しすこんか」?
「ななこちゃん・かいわはいつも・ひっだんか」
「あとアニメ・なぜかしもねた・みだらあお」

尺は15分と短いけど、だれないしテンポもいい感じ。


視聴完了
テンポの良さで見やすかったです。
ただ題材が入口が入りやすいけど、奥の深い川柳ってのハードル高かったかも。

読まれてる川柳がパロディ中心で「あっ …なるほど、奥深い…」みたいな詩が読まれなかった。

あと最終回みたいな、ちょっとイイ話が多かったらキャラの掘り下げもあって良かったかも。

「せんりゅうの・おくのふかさが・ほしかった」
お粗末。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 21

78.1 8 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(アニメ映画)

2019年6月15日
★★★★★ 4.2 (76)
529人が棚に入れました
空と海が輝く街”藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。
先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心踊る日常は、初恋の相手、牧之原翔子の出現により一変する。
何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。
やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。
そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始めるー。

声優・キャラクター
石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり、東山奈央、種﨑敦美、内田真礼、久保ユリカ
ネタバレ

ぽ~か~ふぇいす

★★★★★ 4.7

初日舞台挨拶にも行ってきました

~・~・~・~・~公開記念舞台挨拶に行ってきました~・~・~・~・~

第一希望の上映後舞台挨拶は落ちて
上映前舞台挨拶に行ってきました

上映前ということはつまり
これから見る人に向けたメッセージですから
原則ネタバレ無しということです

本当はネタバレありで面白い裏話をたくさん聞ける
上映後舞台挨拶の方が好きなのですが
まだ観ていない大多数の方にも
ネタバレなしでトークの内容をお伝えできる点は
いいかもしれませんね

原作は現在読んでいる途中で
まだ劇場版相当部分に辿り着いていませんが
映画の内容は原作の6巻と7巻にあたるようです
TVシリーズは
1巻バニーガール先輩
2巻プチデビル後輩
3巻ロジカルウィッチ
4巻シスコンアイドル
5巻おるすばん妹
までを中心に
最終話で6のエピソードを少し添える形で
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
という題名で放送していましたが

今回の劇場版は
6巻ゆめみる少女
7巻ハツコイ少女
の二つを
青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
というタイトルでアニメ化しています

1~5巻がそれぞれ
麻衣、朋絵、理央、のどか、かえでの話なので
舞台挨拶に行くまではゆめみる少女という題名から
翔子がメインの話だと思っていました
しかし舞台挨拶でこれから見る人たちに向けて監督から出た言葉は
「TVシリーズはそれぞれの女の子達の話でしたが
劇場版は咲太の話です」
というもの
そして実際翔子が重要な役割を担って入るものの
咲太が自身に起きている思春期症候群を解決するため奔走する話であり
TVシリーズで少しずつ蒔いてきた伏線を
がっつり回収する構成になっています

したがってTV版見てないよ!という方は
これを観る前にTV版を見てくるか
原作小説を5巻まで読む必要があります

逆にTV版を観たのであれば
ぜひ劇場版もセットで見るべきだと思います
TV版とは独立したエピソードというよりは
TV版の完結編とでも言うべき作品なので
(原作はそこで完結せずにそのまま続いていますが)
これを見ることでTV版の評価も変わるんじゃないかと思います

一般公開前ということもあり
内容に関してのより突っ込んだ話は控えることにして
一般公開後に原作読了状態で
再び劇場に足を運ぶ予定なので
そのあとでまたレビューしようと思います

おまけ:舞台挨拶雑感(ネタバレ無し)

{netabare}監督:増井壮一

4日前まで今日が何曜日かもわからないような
忙しい生活を続けていた
ふらふらと入ったコンビニで
ちょうど青ブタコラボをやっていて
コラボ商品をぼんやり眺めながら思ったのは
「へぇ・・・青ブタ映画やるんだなぁ」

あんたがボロボロ二なりながら作ってるやつだよ!

梓川咲太役:石川界人

作品の見どころを聞かれて

「人間の限界を越えようと頑張ったけど
実際には全然できてなかった
あれは山寺宏一さんにしかできないやつだと思う」

簡単に説明するとテンションの違う二人の掛け合いを
一人芝居でこなさなきゃいけないシーンがあるんですね
実際には無理だったということなので
おそらく2度に分けて録ったのだと思います

彼は山ちゃんにしか無理と言っていましたが
君嘘フィナーレにおける朗読劇では花江夏樹が
公生と黒猫の一人芝居を見事に生で演じきっていましたよ?(・x・;

桜島麻衣役:瀬戸麻沙美

水瀬「アフレコがだいたい・・・2月くらいだったと思うんですけど」
瀬戸「あれ?3月じゃなかった」
石川「いや4月だったような気も・・・」
瀬戸「それはないよ!4月じゃ昨日じゃん!」

いや・・・昨日ではないと思うよ?
というかそこはそんなに掘り下げ必要かなw?

牧之原翔子役:水瀬いのり

事前情報の無いサプライズ登壇でした
水瀬「この後でみんながツィッターとかにあげて
私のファンが悔しがるやつですよ(にやにや)」
石川「でも、絶対欠かせない役だし、水瀬さんのイベントスケジュール確認して、サプライズ目当てでここにきてるファンもいるかもしれませんよ?」
水瀬「・・・」
司会「今日水瀬さんが来るのを予想してここに来た人っていますか?」
ぱらぱらと手が上がったのを見て、心の底から嫌そうに
水瀬「怖っ!!」

ファンにそういう態度とってるとまた換金所のババァって言われちゃうよw

思春期症候群の話になって
それぞれどんな思春期を送っていたかという質問になりました

監督:増井壮一

「高校の時は勉強とか全然してなかった
数学の二階建ての公式が覚えられなくて
こんなもの覚えて俺の将来に何の役に立つのか?
と先生に訊いたけど
『とにかく覚えろ!』しか言わないから
それ以来勉強するのをやめた」

まぁ勉強なんかしなくてもほかの手段で食べていけるなら
それはそれでいいと思いますねw

梓川咲太役:石川界人

石川「高校生くらいの頃は・・・周りに誰もいませんでしたね」
司会「それはぼっちというやつでは?」
石川「人の傷をえぐらないでください(悲)」
石川「まぁ・・・人間が嫌いでしたからね・・・」

桜島麻衣役:瀬戸麻沙美

瀬戸「高校に入って知り合いが全然いない環境になったのをきっかけに
いわゆる高校デビューってやつで
クールな一匹狼キャラになろうと思った
そういうのがカッコいいと思ってた
でも入ってすぐにクラスの子に話しかけられて
すぐ仲良くなって部活とかにも入って
全然そういう感じにならなかったw」
石川「( ゚д゚)<・・・」

一匹狼がカッコいいとか言い出した時は
石川君のフォローしてあげるのかな?
とか思ったんですが最終的には
石川君のぼっちぶりが際立つ方向にw

牧之原翔子役:水瀬いのり

水瀬「高校生くらいの頃は
大人のどこがえらいのか?
ちょっと30㎝くらい大きいだけで
なんでそんなに偉そうなのか?
オーデションに行っても
お前ら私を評価するとか何様のつもりだよ!?
って思ってました」
瀬戸「評価してもらうために自分からオーディションにきて
評価されたくないって矛盾してますねw」
水瀬「ほんとその通りですよね
まぁそれでたくさん炎上したりもしました・・・」
瀬戸「自分からほじくり返さないでいいからw」

どうやら炎上の件を多少は気にしている模様w
{/netabare}

~・~・~・~・~公開記念舞台挨拶にも行ってきました~・~・~・~・~

原作をしっかり読んだうえで初日舞台挨拶に行き
その翌日に3回目をあにこれメンバーといってきました

これでもかというくらいぎゅうぎゅうに詰め込んだ作品なので
原作からはいろいろ削られてる部分があったり
地の分の説明が無くなってわかりにくくなっているところがあったり
原作で補完してから見た方がより引き込まれる作品でした

実際初見のときより原作読んでから見た2回目の方が
一人一人の細かい心情まではっきりとわかって倍くらい泣けた
というか上映時間の半分くらい泣いてた気がします(つдT)

おまけ:舞台挨拶雑感(ネタバレ込み)

{netabare}司会(天津向)

どうも!司会のムカイオサムでーす

へー・・・天津の向って下の名前おさむだったんだね
とか思ってたら

梓川咲太役:石川界人

石川「どうも梓川咲太役の向井理です」
向「それさっきダダ滑りだったから!
  傷口に塩塗り込まないで!
  大体やったらバカウケだよって煽ったの君らでしょ!」
石川「いやー・・・面白かったですよね?」

観客に同意を求めるもまばらな拍手

向「義理の拍手すら最低限じゃん!」
瀬戸「そろそろ挨拶してもいいかしら?」
向・石川「…」

初日の映画のヒットの話になって

石川「僕いつもエゴサしてるんですけど・・・」
周りがみんなかわいそうな目で見るのを受けて
石川「エゴサ位したっていいだろぉぉぉ」
周り「・・・」
石川「エゴサして全部のツイート読むようにしてるんですけど
  #青ブタがトレンド入りして
  読んでも読んでも読み切れなくなってる
  嬉しい悲鳴」
水瀬「皆さんこれ終わった後タグ付けてつぶやけば
  もれなく石川さんに読んでもらえますよ!」

たぶん客層的にいのすけに読んでほしいオタクの方が多いと思うんだw

桜島麻衣役:瀬戸麻沙美

「初日舞台挨拶ももう4回目
朝から初日舞台挨拶してきましたが
ようやく初日なんだなぁって実感がわいてきました!」

いやもう夕方だよ!
これ最後の舞台挨拶だよ!
初日の上映終わっちゃうよ!

牧之原翔子役:水瀬いのり

「最初にタイトルを聞いたときに受けたイメージとは全然違ってすごく素敵な話だった
みんなが自分を犠牲にしてでも誰かを救いたいっていう
すごく優しい世界だった」

青ブタは本当にタイトルで損してる作品だと思う・・・

古賀 朋絵役:東山奈央

「キグルミの咲太はどういうつもりで飛び込んだのかすごく気になってます
結果的にはとってもいい結末を迎えたわけだけど
ああいう風になるって事前にはわからなかったわけじゃないですか
私の考えでは咲太はあの時代の咲太を助けて死んで
自分の心臓を翔子ちゃんにあげて
麻衣さん含めた全員を助けるつもりだったんじゃないか?
って思ってます」

なるほど・・・確かにあの結末は結果論で
最悪はねられた方の咲太に収束して
何一つ解決しない可能性もあったわけだなぁ

さすがインテリ声優目の付け所が違う!

双葉理央役:種﨑敦美

(見どころを聞かれて)
「全部が見どころ
見どころが思いつかないんじゃなくて
見どころしかないんです
私もう3回見てるんですけど
見るたびにどんどん序盤の何でもないようなシーンが好きになっていって
後半のいろんなシーンも含めて
全部が見どころだと思ってます」
・・・というようなことを
たどたどしく断片的に
あの独特の話し方でしゃべっていました
しかしそれだけ引っ張っても最後には
「踏切で最後に理央が小声で感情を吐き出すところ」
と無理やり見どころを吐かされていましたw{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 22
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★★ 4.5

こんな奇跡、誰もが願うと思う!あればいいなぁ

 残された謎、牧之原翔子はTV放送でも知られる咲太の初恋の相手な翔子さん、中学生の牧之原さんについてその真相が、明らかになるです。

 修羅場あり、シリアスありだったです。2人の牧之原翔子は、TV放送での双葉理央と同じ類な思春期症候群であるのか?見どころです。

 牧之原さんの{netabare}悲しき現状、翔子さんは本当にその次元において、成長した牧之原翔子なのか?{/netabare}驚くべき真相が、咲太自身に起きる異変から解き明かされるです。
 その真相に触れたときの麻衣の咲太に対する行動は、見る人に青春というものを見せつけたのではだったです。

 このお話における一つの思春期症候群、{netabare}シュタインズゲートに例えると岡部展開があったり、TV放送最初の桜島麻衣状態があったりとここまで来ると何でもありみたいだったです。リゼロのナツキ・スバルと全く一緒でないけど、{/netabare}思い起こすような光景を思い浮かべたです。

 それらの展開において、この現在における見るまで予測できなかった別の悲劇が、その引き金になるです。
 それらをどうつなげられるのか?鍵を握るのが翔子さんという訳です。

 悲劇を回避できてただけでは、根本的な解決に至らないです。{netabare}迫りくるさらにほかの悲劇は一体!。咲太と麻衣の結論、回避する方法がなされたとき、あれで誰かさんに病にならないようにできた点が、私には今回見ただけでは、私にわからなかったです。
 その点に目をつぶってBAD ENDにならなかったこと、「これでいいのだ!」な現在の咲太と、麻衣、牧之原さんの姿を見れたことに良かったと思うです。{/netabare}

 見るまで、現実的にありえない話の連続で、このお話のように行くのなら誰もが、自分自身にも上手くいくことを望みたくなる展開だったです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 13
ネタバレ

ninin

★★★★★ 4.2

ごめんばかりじゃなくて、ありがとうって言えたらいいね。

原作未読 上映時間 約1時間30分

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の続編です。映画を観る前にTV版から観ることをオススメします。

公開初日に観にいきました。10:10〜からのでしたが超満員でしたね〜ロビーもガルパン最終章2話の初日と重なってかなりごった返していました。

今回はTV版でちょいちょい出ていた「牧之原翔子」さんのメインの思春期症候群のお話です。

メインのキャラはみなさん出てきました。

出口のないトンネルを進んでいるような感じでお話は進んでいくので、胸が締め付けられるようなシーンが多かったですね。

お互いがお互いを凄く大切にしてることが分かる作品でした。

心に響きましたね。

最後はちょっとウルっときました。

主題歌は、TVのEDと同じで今回の主人公、牧之原翔子(水瀬いのり)さんがメインで歌っています。

最後に、{netabare}「ありがとう」「頑張ったね」「大好き」{/netabare}この言葉は、普段もっと使えるようにしたいと思いました。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 28

67.5 9 みだらな青ちゃんは勉強ができない(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (207)
756人が棚に入れました
名前の由来は――官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため、難関大学合格を目指して猛勉強中。「青春?男女交際?そんなの知るかッ!」……だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の木嶋がまさかの愛の告白。空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんのエロ妄想が暴走する!

声優・キャラクター
和氣あず未、寺島惇太、津田健次郎、木村珠莉、近藤隆、白井悠介、深町寿成
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.5

勉強ができないのはしょうがない!ユルす!

原作未読


これ自分としては完全に『川柳少女』のバーター。タイトル見たらまず手に取りません。あっち録画してたらこっちも付いてきました。
ドラクエⅢを手に入れるのにバンゲリングベイを抱き合わせで買わんといかんというのはリアタイの辛さですな。・・・と思ってたらバンゲリングベイけっこう面白いじゃなーいって結果に。

※注 ウチのレコーダーの仕様なのか川柳少女を録画したらこちらもセットでした。それと今は昔、人気ゲームを買うのに消費者に在庫の処分を押し付けるあこぎなおもちゃ屋さんがニュースになってたよ。

恋する乙女の微笑ましさは似たもの同士の15分間×2。比較はしませんが、当初オマケ扱いだったこちらの作品は知らないうちに株価が上がっておりました。


 むっつり女子


このテの作品が自分は初かもしれません。
ヒロイン堀江青(CV和氣あず未)は官能小説作家の父親の影響で尖った性知識は豊富。尖り過ぎてか男性皆セッ○スアニマルと思い込むようになり男性不信に。これまた父親のせいか親元を離れるために地方の国立大学目指し猛勉強中、とのことです。

{netabare}青姦の青!第1回から強烈でしたね。{/netabare}

対する木嶋拓海(CV寺島惇太)。告白されて彼を意識しだしてからの青ちゃん妄想全開ちょっとえっちいすれ違いラブコメが始まります。
不思議と下品な感じはしませんでした。ここって下ネタを楽しむには大きいポイントです。原作者が女性というのも関係してるかもしれません。{netabare}股浅パンツはくとお腹冷えるとか男はわからんよね。{/netabare}


父親嫌って親元離れたい乙女心
 ↓
それなら国立しか許さん親心
 ↓
いろいろ犠牲にして勉強頑張る娘
 ↓
イケメン登場
 ↓
淫らな(妄想全開の)青ちゃんは(性春を謳歌し)勉強(に集中)ができない


ということでした。

OPのノリは好きです。特に「せーの!」のとこ。


タイトルからしてえっちいニーズありの作品で、黙ってても観る人は観るでしょう。じゃあそうでない人にとっては?

 ・作品のトーンが下品じゃない
 ・相方の男が下衆じゃない
 ・恥ずかしがり屋むっつりの青ちゃんがたまに暴走する
 ・なんだかんだ親父さんと青ちゃん仲良さそう

このたまに暴走するのが良いアクセントになって最後まで楽しめました。

ついでにというよりむしろ本題。津田健次郎さん演じるお父さんがキレキレで凄い引きこまれます。チャラいツダケンさんが8割5分。決めのイケボと落差が素敵でした。

15分と短めで一気に観れる量です。暇つぶしにでもどうぞ!



2019.06.24 初稿
2019.07.17 修正

投稿 : 2019/09/21
♥ : 49

イムラ

★★★★★ 4.3

「$10」by林田健司

<2019/7/6 初投稿>
最終話まで観終えました。
コメディ重視でラブ薄めのラブコメを最後まで貫いてましたね。

一連のシモネタが受け付けられるかどうかで評価真っ二つな気はします。
個人的にはシモネタも好みの範疇でしたし、
青ちゃんの独りよがりな妄想もクスッと笑えましたし、
八宝菜のつんちょは凄かったし。
満足しました。

あと、OP曲が割と好き。

<2019/6/17追記>
11話観ました。
今週のパワーワード
「ツルツルパンツ」
「腹を満たして、その後S◯Xだ!」

青ちゃんはもうあれだな。
煩悩全開の17歳男子並みに頭がアレですね。

<2019/5/11 追記>
6話まで観ました。

ラブコメですけどウェイトはコメ95%くらいな感じ。
ラブはコメディを引き立たせるスパイス、塩コショウみたいなもんですね。
なので真面目に見るとつまんないと思います。

「呼び捨てはS◯Xの始まりだゾ」
そんな格言聞いたことねえ 笑

<2019/4/27 初投稿>
原作未読。
見始めなので評価はデフォルトの3.0です。

この作品、人を選びますね。
最初のシーン、ヒロインの一言でツボれた人は楽しめると思います 笑。
私はツボりました( ・∇・)

主人公「青」は高校生の女の子。
真面目で人を寄せつけない頑なな態度の裏にやらしい妄想がいっぱい。
というヒロイン。

も少し正確に言うと
「こんなやらしいことをされてしまったらどうしよう、逃げなきゃ!ドキドキ!」
というおめでたい妄想でいっぱいな人です。
もしかしてダクネスの親戚か?

1話見て作者が女性だとすぐにわかりました。
だって男の作者だったら、女子高生に昭和の臭い漂うオヤジ系シモネタを妄想させるとかこっぱずかしくてできないでしょ 笑

女性の漫画家が描く自虐系ラブコメの一種だと思います。
例によってヒロインの相手は女性の理想が詰まったような男の子だし。

ところで思春期の頃って異性に対して身勝手な幻想、妄想を抱きがちですよね。
男子は「女の子はみな清純」とか漠然と思ってたり。
女子は女子で「男子はすけべ」
「でも◯◯くんはカッコいいからやらしいこと考えたりするはずない」とかとか

思い返すと恥ずかしいですねー。

そんな妄想がアホのように肥大した女の子のラブコメに興味がある、と言う方向けかな。
この調子でいけば結構面白くなりそう。


そうそう。
八宝斎みたいなのでてきてシモネタの昭和臭に拍車をかけてます。
声はイケメンぶりと舞台俳優でも活躍する演技力の高さに定評のある"つんちょ"。
ACCAのニノとかGANGSTA.のニコ演った方です。
ホント、この人なんでもできるな。
声の演技もまんま八宝斎で 笑

タイトルは林田健司さんの名曲です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 41

noindex

★★★☆☆ 3.0

これ少女漫画じゃん…

おためしの1話を読んでみたのだが…陰キャで男嫌いで勉強ばかりしている女子高生がイケメン男子に告られて…?
あれ?これよくある少女漫画じゃん。原作者も少女漫画家だし。
エロネタもあるけど、エロい少女漫画なんかいくらでもある。
少年マガジンエッジというからてっきり男子向けエロ漫画かと思ったのに…。
で、調べてみると少年マガジンエッジってヒプマイとか女子向けの漫画ばっかり載ってる女性向け漫画雑誌なんだよね。
じゃあなんで「少年」ってついてるんだよ…よく少年ジャンプが腐女子向けになっていると揶揄されるが、こうやって少年と誌名につけつつ内容は完全に女性向けって雑誌も出てきてしまってるんだね。嫌な世の中だ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9

62.6 10 ギヴン(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (31)
179人が棚に入れました
好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日、上ノ山立夏は佐藤真冬と偶然出会う。日々の生活の中で音楽への情熱を失いかけていた立夏だったが、偶然聴いた真冬の歌が刺さり、2人の距離は変わり始める……。
「ノイタミナ」初となる、BLコミックのアニメ化。新書館「シェリプラス」で連載中、大人気の青春バンドストーリーがアニメで動き出す!

声優・キャラクター
矢野奨吾、内田雄馬、中澤まさとも、江口拓也、浅沼晋太郎、今井文也

ISSA

★★★☆☆ 3.0

これって…ガチなやつなのか?

何も事前情報無しで視聴。

男性、音楽バンド物なのでBECKぽいやつかなと思ってたけど…
ツルネ、さらざんまい、今期の若き信長と同じ臭いがするw

ウイッキで検索したらジャンルがBL、音楽
BL臭なら耐えれるけど…ガチなら無理かな?
上の山君どうなってしまうw

作画と曲は良さげ、特にED曲は良いのでもう少し見てみます。


5話まで…
ん~やっぱり男性にはキツイw
ギヴン…ギブ…ん…でしたw

投稿 : 2019/09/21
♥ : 12

四文字屋

★★★★☆ 3.7

惹起奏楽→薔薇三昧Ψ

初回視聴しながらすぐに思い当たったのが、
「BECK」!(古いw)

前フリとして、初回では一切ヴォーカルがないのが、
もう次に、ガツンと歌いますよ!
って雰囲気をプンプンかもし出していて、
でもこのケダルい感じから、
ちょっとだけ聴けたバンドの熱い音に、
どうかぶせて行くのか。
1話目見た限りでは、期待感は凄くある。

BECKのときみたいなウィスパーヴォイスだとしたら、
「原作の『無音』のときの方がよかったゾ!」
となるに決まっているから、
「覆面系ノイズ」(これもちょっと古い?)の早見嬢みたいな、
パワー系VOCALを所望です!



5話「Reason」視聴・・・
って!
これ、あかんヤツやないかーい!!!
BLっぽいらしいとは聞いてたけど・・・
こんなガチだなんてー。。。

まさかこんなにレディコミ的に精神攻撃仕掛けて来るとは
思いもしなかった!!!!
でも
大丈夫、
まだ頑張れる!
まだ頑張るけど・・・

耐えられるか?自分?

投稿 : 2019/09/21
♥ : 17

taijyu

★★★★☆ 3.7

ノイタミナはいつも結構レベル高いし…まあ普通に面白そう?

1話は…まだ本格的に始まったとは言い難いですね。
正直今のところは悪くないとは思いますが、そこまでガツンと心は掴まれませんでした。
男たちはそれなりに格好いいとは思いますが、やっぱり可愛いヒロインの方が見たいし。
主人公の姉はリアルな姉系で美人ですがあまりかわいくは無いです。
とはいえここで判断するのはあまりに時期尚早かな。
主人公の歌とやらを聞いてからでも遅くは無いと思います。
どっちも主人公って呼んじゃったけど、黒髪と茶髪二人とも主人公ですよね。
女性がターゲットだと思いますが、これで曲の質が高ければ男でも楽しく見られると思います。

途中感想
女性向けには男同士で惚れたはれたするガチホモ作品と、男同士仲良くしているが恋愛関係は明記しない、ホモっぽい作品があります。
前情報0で見ていたのでホモっぽい作品かと思っていて、ガチホモ描写におや、となりました。
ノイタミナはCMが普通なんでわかりにくいですね。他の枠ならBL雑誌の広告が出るからわかるのですが。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

69.9 11 きみと、波にのれたら(アニメ映画)

2019年6月21日
★★★★☆ 3.7 (28)
141人が棚に入れました
小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?

声優・キャラクター
片寄涼太、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.1

湯浅監督がどれほど駆け引きが好きなのかが分かる

視聴理由 湯浅監督

視聴前 PVでは結構面白そう

視聴後 湯浅監督やな

この話はとあるサーファーと消防士の話
ジャンルは水・ラブコメ
湯浅監督…もう水はルーで飽きたでしょ…
歌えば水が動くって…モロかぶり
内容としては正直駆け引きだと思う。ウケる人には凄くウケるし、ウケない人にはとことんウケないと思う。
なんか湯浅監督いつもそんな感じの作品だった。

個人的には主人公の気持ちが分からなくもないから結構面白かったけど声優さんがちょっと残念。結構棒読みの人多かった(泣)

作画は素晴らしく、湯浅監督らしい独特の作画だった。
音楽は普通。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 12
ネタバレ

元毛玉

★★★★★ 4.5

恋愛とオムライスを食べたくなる良作

別の作品を見に劇場に足を運んだら
そっちが完売していて
仕方なく空いてたこちらを見ました。

結論から言うと見て良かったです!
かなり楽しめました~♪

タイトルからも予測がつくように海が舞台のアニメです。
消防士のヒーローと、もう一人のヒーローが出会い
触れ合って、愛し合って、
そして波に乗って旅立つラブストーリーです。

正直な話、序盤は「もうお前ら爆発しろ!」しか思いませんでしたw
まぁ花火は爆発しまくっててなんていうか
{netabare}こんな輩がいるなら花火なんて無くていい{/netabare}
と思った次第っす…なんていうかウェーイ系にしてもあれは酷い…

ただ、二人は{netabare}花火で出会い、花火で別れる{/netabare}ので
二人には必要だったのかも知れません。

絵柄は凄く優しくてストーリーに良く合ってます。すごく好きです。
波の表現も優しいタッチで、海に行きたくなります。
音楽はテーマ曲がしつこいぐらいに繰り返しですw
ただ二人で歌っている時はすごく幸せそうで、
時折、笑いながら歌う感じがとても自然で
ほんとうに素敵なカップルだなと思いました(早く爆発しろって思いましたw)
ミュージカル的な要素なのかな?港はあまり歌うまくない設定なのかも
声優も凄くよかったです。特にひなこ。
(あと妹も{netabare}引き籠り{/netabare}っぽい感じが良く出てて良かったです。)
歌が紡いでた。ずっと前から二人を紡いでた。すごく良い歌と歌声でした。

とにかくx100 オムライスが食べたくて仕方がなくなりました(え?)
コーヒーも飲みたくなったなぁ…久しぶりに旨いコーヒーでも飲みに行こうかなー

ただ、{netabare}フラグ乱立{/netabare}しすぎたんですよね…
物語は急展開を迎えます。いきなりのファンタジー要素追加ですw
(いきなりすてーきなファンタジー要素)
このファンタジー要素、結構好感もって見れました。
色々な苦悩と、逃避と、お互いの想いと…
だけど最後には立ち止まっているヒーローを波に乗せるためそっと背中を押す。
いきなりだったけど素敵なファンタジー要素です♪

確かに、恋しないなんて馬鹿のする事だなって思ったので
皆さん素敵な恋をしようじゃありませんか!



で、こっからはネタバレ全開なので、まだ見てない人はブラウザバック
{netabare}
まぁ序盤はほんとに爆発しろって思ってたんですけど、
港があんな事になって、「爆発しなくて良いから返して」って思いました。
それは港じゃなくて、ひなこを返してって思いました。
陽気でざっくばらんで天真爛漫で明るくてとても魅力的な女の子
それがあんなになっちゃうなんて…泣きそうでしたっす
だって{netabare}便器に向かって話しかけちゃう{/netabare}ようなのって
自分がはたから見てたら「大丈夫かこの子?」って思っちゃいますよ。

皆ひなこの事を心配していて、友達もバカップルとか言ってたのを謝ってた…
友達の異名が気になる所ですがそこは触れないでおいてあげましょうw

しかし、なんであんなにフラグ乱立するかなー
おいら鈍感な方だけど、あそこまで乱立されたら流石に分かるよ。
{netabare}「あ、これこっから急降下して鬱展開なるやつだ…」{/netabare}って

・自分の苗字になったらどうすんだよ
・ヒーローになった動機の説明
・じゃあ同棲でもする?
・おばあさんになってもずっと守るよ

うん。回避不能なぐらい立てまくったね。このフラグを折るのは難しいw
だけど、そっからファンタジー要素入れて
鬱な展開になりすぎないようにした構成は素晴らしかったです。

オムライスは終始うまそうだった。なんか無性に食いたくなった。皆逃げてー飯テロよー
最初の段ボールの所でずっとヒヤヒヤしてたけど、
結局おっぱいの下敷きになって「そうなると思った」って思いましたw
ライフセーバー合格で結局お祝いはオムライス
そして、妹の渾身の掌返しw セリフが逆になったのは本当に良い演出でした♪
でもまぁ、するのもバカだと思いますよーw 妹も立派なバカップルw

そして1年越しのメッセージ…さすがに泣きそうになったっす
狙ってるんだろうからってのと劇場だから必死に堪えました。
ひなこが歌おうとして、さらに追い打ちかけてくるんだもん。正直危なかったw
願わくばひなこに良い出会いと素敵な恋が待ってますように…
{/netabare}
次はきっといい波が来るはずです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 21
ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★★ 4.1

乗ってる人間の効果は道具やインテリアにも波及する

日本のアニメ業界にもしも、米国アカデミー賞の美術賞に該当するアワードがあるとしたら、
本作は最有力候補になると思います。

仕事に恋にプライベートに、人生のビッグウェーブに立ち向かい、乗りこなしている人間。
懸命に証や思い出を作り、大切にしようとしている人間。
地にドッシリと足を付けている人間。
彼らの言動は周囲の人々の生き方にも大きな影響を与えますが、
彼らが真剣に努力し、拘り抜いた上で選りすぐり使い込んだアイテムには、
人生の味わいが滲み出て、それ自体が周囲に強い印象を与えるもの。

本作は作画も水、火、そして卵……。
人間がチョットやチョットじゃ抗い切れない。
自然界で時に猛威を振るう不定形の描写も圧巻でしたが、
私は、それも然る事ながら、作品を彩った小物の数々に惚れてしまいました♪

フジテレビもクリアファイルやスナメリキーホルダー何かで小遣い稼ぎも良いですが、
オリジナルサーフボードとか、手挽きコーヒーミルとか、
お揃いスマホステッカーとか、
カセットテープの思い出の一曲をMP3化するスマホケーブルとか。
もっと作品世界の生活感を共有する受注生産企画とかやりましょうよ~。


私にとっては、鑑賞前、懸念事項もあった本作。
実は私、EXILEグループとは正直あまり相性が良くなくて……。
心身に歪みを抱えた私にはどうにも爽やかすぎると言いましょうか(苦笑)

GENERATIONS from EXILE TRIBEの楽曲を主題歌として流すのみならず、
作中の大切な懐メロソングとして、或いは{netabare}カレシ召喚ソング{/netabare}としてw
フル活用して押しまくる音響構成はどうかと心配しましたが、
思ったよりもスムーズに私も波に乗ることはできました。
もっとも、やはり楽曲DLするまでは至らないと思いますがw

それでも、主人公カップルが主題歌を
二人で吹き出し、笑い合い、のろけまくりながら歌う演出は、
くすぐったくて、良かったです♪
恋なんてアホのやることだ……などと爆発を願いつつ、
私もニヤニヤが止まりませんでしたw


シナリオは{netabare}水の中限定で蘇ったカレシ{/netabare}などの突飛な設定や、
思いも寄らないシチュエーションでの波乗りなどに、
私はつんのめりそうになることもありましたが、
終わってみれば、真っ直ぐに生きる人間は良い波及効果を周囲の人生にもたらす。
対して刹那的な快楽に溺れるバカ者共は周りに迷惑しかかけない害虫w
と、描かれたテーマは王道で、夏を前に清々しい余韻に浸ることができる良作だったと思います♪

投稿 : 2019/09/21
♥ : 14

61.9 12 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (86)
739人が棚に入れました
彼女いない歴=年齢な普通の高校生、
桐生慧輝に宛てられた突然のラブレター。
遂に彼女ができると喜んだものの、そこに差出人の名前はなく、
しかも何故だか純白のパンツまで添えられていて...???
彼をとりまく可愛い女の子たちは誰もが怪しく、
そしてちょっぴりワケあり風味
果たして“パンツを落としたシンデレラ"は誰なのか
謎が謎を呼び、変態まで呼び寄せてしまう、
新感覚変態湧いてくる系ラブコメがはじまる....!!

声優・キャラクター
下野紘、竹達彩奈、日高里菜、野水伊織、本渡楓、大橋彩香、春野杏、河本啓佑
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3

3話。鈍感主人公の古典的ハーレムと見せかけて…?

1話
Gyaoで視聴。なぜかAT-Xの次に早い。
今期唯一のハーレムラブコメ枠。
主人公の声が下野紘なのでGJ部感ある。
本渡ちゃんの声はほんとざーさんに似てるな。
野水伊織の声は久々に聞いたw
{netabare}手紙出したのは妹ってオチだと思うよな普通。
3人とも好感度MAXやん。
ラストのオチ…竹達彩奈はえむえむっ!でドSの役をやってたけど、今回はドMだw{/netabare}

竹達彩奈が出てるし五等分の花嫁難民は嬉しいんだろうか?唯花が四葉もどきって言われそう。
監督はあいまいみーの人だがそのせいか微妙に顔が歪んでるように見えた。
演出で極端にパースをかけるので歪んで見えるのもあるんだろうけど。あいまいみーもパース付ける時あるから好きなのだろうね。
色彩はカラフルで独特。これが売りだろう。

2話
これ推理物なのか?
{netabare}ロリを嗜むものとかさらっと言ったな。
妹の助言適切やな。
また伏線入れてきてるな。
リアル金髪設定か。
これは唯花に対し責任を取らなければならないのでは?
唯花はドSか。残りはどんな変態なのか。
眼鏡っ子の{/netabare}伏線回収しなかったな。

3話
{netabare}この主人公の自制心、ホモとしか思えないな。
南条はどんな変態なのか。
痴女先輩はまんまこのすばのダクネスやなw
南条が前回覗いてた奴か。
南条は片想いしてるだけで変態じゃないの?{/netabare}

【総評の準備】
変態ヒロインってよくいるし別に新しさはないが、不作の今期ではマシな方じゃない?あいまいみーの監督だけにテンポもいいし。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 7

アニメ好き

★★★☆☆ 2.9

ただ変態女が出てくるだけのアニメ じわじわ面白くなってきた

いろんな性癖のヒロインが主人公を気に入っていく
それだけ
暇潰しに片手まで見るような、中身のなにもないタイプのアニメである
主人公のツッコミで出てくる言葉は少し斬新かも

3話まで見たが、主人公に嫌みがなくキャラが増えることでじわじわと面白くなってきた
慣れって恐ろしい
五等分の彼女とか、僕たちは勉強が出来ないみたいな感じで、変態度が強くて少し胃もたれするが気軽に見れる?

5話の感想、くだらねぇぇぇー でも見れちゃう。
毎週変態が出てくるだけです。作者は何が書きたいんだろう。このアニメを見て得られるものは何かあるのだろうか。しょうもなさが癖になりますね

8話くらいになると変態もそろそろ出尽くしたけど、退屈しないで毎週見れてます。変態たちが過ごすほのぼの日常アニメといった感じ。パンツの持ち主を探す最終目標はあるけどそんなことは正直どうでもいい。
なんかやり取り見てるだけで楽しいです

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4
ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0

伊魔観てる

1話感想{netabare}
えっ、伊魔崎が30分TVアニメの監督だって!?
あいまいみーからのステップアップってことでいいのかな。
そりゃ“かくりよ”でも下積みやってたけど…だだだ大丈夫なん??

カットがおかしいのはそりゃ当然、パースやアングルがおかしいのもそりゃ当然、だって伊魔崎だもん。
ハーフリータ(ってよりいちご大福?)の頃から知ってるワケだけど…マンガ方面は詳しくは黙っとこう。
アニメでは“メタルジャック”が作画悪くてヒデーヒデー思いながら見てたら突如絵柄がガラっと変わる回があって(内田順久の面影ゼロ)、スタッフ見たら伊魔崎の名前があってビビったのも遠い思い出。
彼が標榜してるのは金田というか山下系で、個人的な印象としては「作画のいい国際映画社」。
なので80年代のノリだと思って見るのが肝要かと。

でもって本編の感想だけど、これはまだ犯人は分かってないってこと?
部長以外の女性キャラも色々変態揃いみたいだけど、変態な内容よりもそれを受けた主人公のリアクションの方が、作品の面白い・つまらないを決定付ける要因な気がしてきた、最近。
ってことで主人公のリアクションに期待、それこそ伊魔崎なんだから派手にやっちゃって良いんじゃないなか。
あんまり大人しい作品は向いてないっしょー。{/netabare}

5話までの感想{netabare}
一人変態美少女を出してそれにスポット当てた話を3・4話くらいかけて、そしたら次の変態少女を出して3・4話かけて…を繰り返す方式「ではない」のねー。
デトアラ方式?青ブタ方式?まぁ呼称はどうあれそういうタイプかなー?と思ったらそうじゃないっぽい。
キャラクターは次々にカミングアウトして、そろそろOPに出てるキャラの登場・紹介が終わりそう。
ひたすら次々に新たな変態が出てくるだけだったら1クールでも辛いところだけど、このペースだと主要キャラが全員出揃ってから何かあるのかな?
お互いの得意ジャンル(変態)を生かした駆け引きが展開されるなら面白そうだけど…一応それの片鱗は出てる?BL本報酬にするとか。
というか、そうでないと一人一人が薄味な予感。
折角デトアラのよしのみたいのが出たと思ったらすぐに次のキャラに話が移って…って、そっちのキャラはレムじゃね?いや“わたてん”のみやこ??
詳しくないからワカンネー、もっと似てるの居るんかね?
とりあえず主人公は変態に振り回されて「トホホ」である限りは楽しめてる、これが「デヘヘ」になると考え物だけど。

ところで年をとっても見た目ロリってのはロリコンには理想なんじゃないのか。
のじゃロリとかロリ先生ってそういう願望の顕れだと思うのだが…年下好きとロリコンを混同してる予感、ひょっとして前フリ?
あと腐といっても実在の近しい人物をモデルにして本出すのは立派な変態じゃないかなぁ。
身内をネタにする場合ナマモノと呼ぶのかどうか知らんけど、それで利益を得ている(同人で評判らしいし)のならモデルにいくらかは還元してやろうよ、とは思う。
ナマモノの何がマズいのか自分も上手く説明できないけど、それとは外れるかもだけど思いついた例ではプリティダービーで一部の馬が居ない理由を考えれば分かり易いかと。
グリッドマンの同人誌でも可。
同性愛だから毛嫌いされてるって方向に話進めたがる勢力が居るけど、本質はそこじゃない…と思う。{/netabare}

9話までの感想{netabare}
パースが妙なのは監督がそうだからしょうがないってことで気にはならないのだけど、別の方向で気になって仕方ないことがありまして…。
ずっと気にはなってたんだけど、これ言うとそれまで気にしてなかった方も気になり出してしまうかも?と思って最終回まで黙っておこうと思ってたんだけど…もう限界~。

まばたきする度に前髪動いてヘン

元々作画の労力を減らそうという工夫なのか「目」のアップが多い。
それだけだったらスルーできたのだけど、前髪がいちいち動いてると「目と髪は別レイヤーじゃないのか、それって逆に手間じゃね?」と気になって気になって…。
ってかまばたきに要するコマ数もなんか違う気が…これは気のせい?
絵に関してはツッコむことはすまいと思ってたけど、こんなところで引っかかるとは、う~ん。

内容に関しては概ね良好、ケーキショーマ小春で陣営組んで残りの女子を探る感じになるのかな?
ケーキがいちいちドギマギしないで呆れるリアクションをしてくれるのは助かる。
自分(ケーキ)の身に危険の及ぶ変態はカンベンだなぁと思ってたが、一番それに引っかかりそうな唯花も登場時以外は抑え目な感じ?
妹も何か持ってそうな予感を匂わせてるが…どうなんかな。
↑でも書いたがもうちょい女子同士の絡み・駆け引きが見たいが、まだ話数あるしそこら辺は好意的に期待。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 6

72.0 13 この音とまれ!(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (206)
664人が棚に入れました
廃部寸前の時瀬高校箏曲部。一人になってしまった部長のもとを訪れたのは不良少年とその友達、そして箏の天才少女だった。それぞれの箏の音が紡ぐ青春学園物語―

声優・キャラクター
内田雄馬、榎木淳弥、種﨑敦美、細谷佳正、石谷春貴、古川慎、井口祐一、松本沙羅、浪川大輔、蒼井翔太

フィリップ

★★★★☆ 3.7

箏の合奏を通した成長を描く、高校生たちの群像劇

アニメーション製作:プラチナビジョン、
監督:水野竜馬、シリーズ構成、脚本:久尾歩
キャラクターデザイン:山中純子、原作:アミュー

集英社の発行する月刊漫画雑誌である
ジャンプスクエアで連載中。
この雑誌は読んだことがないが、
小説やエッセイが原作のものや、
少女漫画誌で活躍してきた作家を
起用するなど幅広い作品を連載しているという。
アニメ化された作品は、『テガミバチ』や
『青の祓魔師』、『新テニスの王子様』、
『ワールドトリガー』、『血界戦線』など多彩。
一般的にも知られているような有名作が
たくさん連載されている。

『この音とまれ』は、お箏という
これまで扱われていない題材を用いた
群像劇という形をとっている。

先輩たちが卒業してしまった箏曲部を
存続させるために、ひとりで奮闘する
高校2年生の倉田武蔵だったが、
部室は不良たちの溜まり場になってしまっていた。
そこに1年生の問題児として知られる
久遠愛がやってきて、箏の家元の娘・鳳さとわなどが
加わり、本気で全国大会を目指すことになる。

主人公の久遠愛は、周りから不良と思われているのだが、
実は根は優しくていいやつで、
箏を作っていた人物が育ての親だが亡くなっていた。
自身は箏を弾いたことはなかったのだが、
箏に対しての天賦の才を持っていた。
ぶっきらぼうだが、人を見る目にも長けた愛は
周りから信頼される存在になり、
天才奏者の鳳さとわとの距離も近づいていく。

いかにも少女漫画にありがちな構図で、
周りから評判の悪い喧嘩ばかりしている不良が
道端に捨てられている犬に優しくしている姿を
ヒロインが見て、ギャップに惚れるという
パターンを彷彿とさせる。
私はこういう構造の少女漫画が苦手で、
それが1話目から見えたので、
少々視聴のテンションが落ちたのだが、
回を追うごとに、周りのキャラの内面まで
踏み込んで丁寧に描くことで、作品の基本的な構造を
忘れさせてくれるような厚みを感じさせてくれる。

例えば久遠愛を慕って入部した
モブ3人男子ともいえるなかの水原光太にも
スポットを当てて、チームが崩れそうになったときに
立て直す役割を担っていたりする。
また、人間関係にマイナスの感情を吹き込んでいた
来栖妃呂がチーム全体を見渡して行動したりと、
一人ひとりが変わっていくさまを
しっかり見せているのが良い。

主人公だから仕方がないが久遠愛ばかりが
目立ちすぎるストーリーになっているので、
部長の倉田武蔵にも、もう少しスポットを
当てて欲しいし、活躍してくれればと
個人的には思ってしまう。
やはり天才だけでなく、
凡人の成長もしっかり描いて欲しい。

シリーズ構成を間違えたのか、
1期では突然、終わってしまい
余韻も感じさせなかったのはマイナス。
演奏シーンがあるので仕方ないのだろうが、
作画的にも若干甘いところがあるように思える。

2期は顧問の滝浪涼香との関係性の進展や
他校の桐生桜介、鳳かずさ、神崎澪などと
どのように絡んでいくのかが見どころか。
箏曲部に関わる人物をそれぞれ丹念に
描いてくれるため、物語に引き込まれる。

箏の魅力と群像劇で2期でも楽しませてもらいたい。
(2019年7月15日)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 46

ISSA

★★★★☆ 4.0

一音を大切にする青春音楽物語

原作既読中

和楽器、筝(こと)をテーマにした青春部活物語。

ジャンプスクエア作品で中高校向けな漫画にもかかわらず、単行本は買い続けています。

漫画「この音とまれ!」の良さを一言で表現するなら、熱くってめっちゃ青春してる!です。

文化系の部活物語では「ちはやふる」と共通点も多いので「ちはやふる」「ヒカルの碁」が好きな方にはお勧め出来る作品だと思います。

最近の音楽アニメだと3DCGで処理する方法と止め絵を増やして処理する方法の2つに別れてる感じ。
止め絵の演奏シーンになると思うけど、上手く処理出来るかがアニメの評価になってくるかも。


4話まで視聴
心配だった序盤乗り乗りきり、変なアニオリも無さそうなので物語的には期待充分。
作画含めた演出面は心配、漫画だと聞こえない音をアニメでいかに綺麗乗せてくるかな。


豆知識
琴?箏?両方共にコトって読みます
私も知らなかったのですが、一般的に目にする琴は実は箏←こちら

箏:真ん中付近に柱があって柱動かすと音程変えられたりする、一般的に目にするタイプ。

琴:真ん中に柱が無い、ギターみたい指で押さえて音程変える、あまり目にしないタイプ、もしくは総称。

常用漢字に箏(コト)が無かったので→琴(コト)
が広まってしまって認識されてるみたいです。

そう言えば時瀬高校箏曲部(トキセコウコウソウキョクブ)なんですよね。


5話目の曲、龍星群が気に入ったなら動画UPされてるのでチェックしても良いかも。
ちなみに作曲は原作アミューさんのお姉さんで動画では中央で演奏されています。


視聴完了
ガッツリ演奏シーン魅せたのは良かったです。
次週に放送あるならともかく余韻無く終わってしまったのは残念。
分割2クールの告知はせめてアニメ放送枠でして欲しい。


登場人物

久遠愛/内田雄馬
鳳月さとわ/種崎敦美

倉田武蔵/榎木淳弥
来栖妃呂/松本沙羅

足立実康/石谷春貴
水原光太/井口祐一
堺通孝/古川慎

滝浪涼香/浪川大輔
堂島晶/東山奈央

久遠衣咲/水樹奈々
高岡哲生/細川佳正
真白先輩/朝井彩加

倉田武流/花江夏樹

鳳かずさ/佐倉綾音
花村史/安済知佳
桐生桜介/寺島惇太
宮千太朗/保志総一郎
春日井晴/山谷祥生
神崎澪/蒼井翔太

2クール目の追加キャストで堂島晶役に東山奈央さん、イメージにビッタリで楽しみ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 36
ネタバレ

kakelu

★★★☆☆ 3.0

タイトルなし

1話の感想 ★★★☆ 3.5
不良の溜まり場
{netabare}
四月は君の嘘みたいな感じと思ったけど、少女漫画っぽさが少し強い印象だった。
部長くんはオドオドしてるけど、演奏はうまいのかな?
パツキンは恐らく物語のキーマンなだけで、演奏は素人だろうし。{/netabare}

2話の感想 ★★★☆ 3.5
筝をひく資格
{netabare}
天才少女、登場!
腹立つ性格だが、確かにうまい!
金髪は根は良い奴だよな〜
口は悪いけど。{/netabare}

3話の感想 ★★★☆ 3.5
廃部の危機
{netabare}
目標の違いってあるあるだよな。
みんながみんなトップを目指してるわけじゃないし、青春したいと思ってるだけの人たちもいるしね。
どっちかに引き合せるか、間をとるか。
普通は間だけど、この作品は上に合わせるみたいだな。{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
龍星群
{netabare}
いいねいいね〜
青春してるじゃん!!
こういうのが見たかったんだよ!!
もんじゃ焼き食いたくなった!
しかし、最後のその目やめて{/netabare}

5話の感想 ★★★★★ 5.0
演奏
{netabare}
文句無しの神回。
前半のおじいちゃんの事もサラッと流してあの笑顔。
愛、カッコよすぎか。
そして、演奏ではまずは部長の男気シーン。
優しいだけで部長らしいことは今まで何も出来なかったあの部長が啖呵を切った。
からの、回想シーンで愛のソロ。
ここで号泣だわ。あれは狡い!!
今まで暴力で人を傷つけることしかしなかった、愛の手であれほど繊細で心のこもった演奏を聴いたらもう無理。
そして、演奏終了時の微笑み。
本当に優しくいい男になったよ。
1話んときは微妙だったけど、現状めちゃくちゃ面白い!
作画も安定してるからこれからも安心できる。{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
新入部員
{netabare}
くっそ嫌なやつが入ってきた。
何か自分のトラウマが原因なんだと思うけど、やってること最悪過ぎるだろ。
これが若さゆえなのかな。
大人でアレは……
改心するか辞めてくれ{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
来栖の過去と鳳月の過去
{netabare}
お前ら良い奴すぎんだろ!!
なんで人間関係バラバラにしようとした人を素直に受け入れられるの!?
どんな肝っ玉してんだよ!!
絶対に私には出来んわ。
来栖の過去も悲しそうだとは思うけど、鳳月や愛の過去と比べれば、そこまで可哀想と思えないのが不思議。
てか、後者の2人が重すぎる。
{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
楽器と向き合うこと
{netabare}
仲間との思いも一致し、やっとスタートラインを走り始めたみんな。
だけど、今度は部長のトラウマが障害になるのか?
弟、生意気そうだったしな。
でも、ああいう弟に限って実はお兄ちゃん大好きだったり、しないかな〜{/netabare}

9話の感想 ★★★☆ 3.5
部長である自信
{netabare}
部長の家庭問題も一先ず安心かな。
でも、まさか来栖さんが家にまで来るなんて……
これは惚れてますね〜{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
合宿
{netabare}
リズム感ってのは音感以上に治しづらいからな〜
裏拍もムズいけど、3連符とかもっとムズい。
仲間との絆が深まる1話だった。{/netabare}

11話の感想 ★★★☆ 3.5
大会開幕
{netabare}
いよいよ大会が始まった。
前にちょっと出てきた男子の琴部員。
鳳月さんとはまた違った才能だな。
しかも、また思い過去持ちだし。
シリアスな過去をもった登場人物が多すぎる気がするよ。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 17

70.5 14 ドメスティックな彼女(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (285)
1159人が棚に入れました
幼いころに母を亡くした高校生・藤井夏生は、高校の教師・橘陽菜へ密かに想いを寄せていた。叶わぬ想いと心の中へ押し込み、ふと誘われた合コンに参加した夏生は、そこで出会った橘瑠衣と、なりゆきで初体験をしてしまう。そんなとき、父が再婚することに。父の再婚相手と一緒に夏生の目の前に現れたのは、なんと陽菜と瑠衣だった……。ひとつ屋根の下で暮らすことになった3人の、ピュアで禁断過激な三角関係がスタートする。

声優・キャラクター
内田真礼、日笠陽子、八代拓、佳村はるか、小原好美
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.3

30分版僧侶枠

1話
{netabare}主人公とヒロインがいきなりセックスするところから始まる恋愛もの。
そして主人公の本命の先生とヒロインが親の再婚で主人公と姉妹になってしまう…エロゲかエロ漫画みたいな展開やな。
先生はまだ処女ってオチだと思う。{/netabare}
見る前は「クズの本懐」的なメロドラマを期待していたのだが、設定がありえなさすぎて30分版の僧侶枠といった感じ。作画が妙に良いのがなんか笑える。ディオメディアの本気か。
声優は天津向とまれいたそが出てるけどあいまいみーかよ!

2話
なんか思ったよりチープでB級な内容だなぁ。「クズの本懐」を期待したが全然及ばない。
ただ主人公とヒロインが{netabare}既にセックスしている{/netabare}という点は他の数多のラブコメとは別次元レベルで違うので、{netabare}一緒にお風呂に入ったりするのは新鮮ではある。{/netabare}
夏生はパーマの方が似合ってるな。夏生が小説家志望で瑠衣が文学少女という設定はいずれ生きてくるのだろう。

3話
これすっげー薄っぺらくてくだらねえなあ。しょうもない昼メロをアニメにしただけだよね。ほんと僧侶枠と同じ。
ただ頭切り替えてギャグとして見れば面白い気もする。
{netabare}瑠衣のオバカキャラ(姉だと思ってたのかよw)と文哉の家族がみんな同じ顔なのが面白かった。{/netabare}

4話
{netabare}結局クズ男と別れただけやん。墓石が南無阿弥陀仏はないだろw{/netabare}
作画がちょっと悪くなってきた。安定のディオメディア。

5話
なんで脚本が渡航wwwこんなのやってないで俺ガイルの続き書けよ。
{netabare}座薬入れる所見たかったんだがBDでは見られるのか?
新キャラ出てきたけどまたビッチ。主人公とヒロインの三角関係だからここまでの話よりはマシか…。
穴兄弟とかリスカ跡とか{/netabare}ほんと安っぽい。ケータイ小説ですか?渡航の無駄遣い。

6話
少し面白くなってきたかな。やっぱり学園の話をやるべきだよね。
{netabare}文芸部がえらい夏生ハーレムなんだが…どうせ葦原さんも非処女なんだろうな。グリーンリバー先生に食べられているんだろう。
夏生は陽菜が好きだったはずだがハーレム状態でもうどうでもよくなってない?{/netabare}

7話
{netabare}お姉さんのオナニーを見てしまうとかエロ漫画ですか?ああエロ漫画なのか。{/netabare}

8話
面白くなったと思ったのは気のせいだった。
{netabare}夏生が出て行くのが一番じゃねえの?
つーか姉ちゃんは不倫男の名を言いながらオナニーしてたのに夏生が好きとか{/netabare}意味不明なんだけど。

9話
もう見るの止めたいけど1クールであと少しだしな…。
{netabare}不倫男とグリーンリバー先生が知り合いとか相変らず酷い筋書。
姉は妹が夏生を好きなの知ってるのにひでえ女だよな。姉は実は処女ってオチかな。{/netabare}

10話
{netabare}グリーンリバー先生が尊敬する作家だったとか相変らず酷い筋書。
フミヤに口止め工作を一切してないというのが稚拙すぎる。
瑠衣はソープを出そうとして夏生の別のものをピュッと出してしまったのだね。
そもそも夏生が陽菜と付き合ってても瑠衣は別に関係ねえよな。ももの所に行くのは許しているわけだし。{/netabare}

11話
文芸部や作家志望の話はいいと思うんだけどグダグダ恋愛話がクソ過ぎんだよね。
{netabare}7話のオナニーの矛盾の件は説明してたけど。規制無し版だとお姉ちゃんとのセックスはちゃんと描かれるんだろうか?{/netabare}
作者が作画が悪いと言ってたが後半は確かに悪かった。水着回の頃に作画が崩れる法則は鉄板。

12話
{netabare}結局「ALWAYS 続・三丁目の夕日」と同じオチか。最初からパクるつもりで主人公を小説家志望設定にしたんだろうね。まぁ「月がきれい」もパクってるからこれについてはそれほどマイナスだとは思わないけど。ただ月がきれいは媒体を小説家になろうに変えているがこっちはまんま同じだね。
あとタイトルが「家庭内の彼女」だけどこの12話までだと全然そうなってないという。{/netabare}

【総評】
くだらない。薄っぺらい。極限までの薄さ。30分版の僧侶枠、それに尽きる。
登場人物の心の変化を全く考えずろくな心理描写もせずにキャラをあっちこっちに動かしている。
原作者はシナリオ講座でも受けてから連載した方が良かったんじゃないのか。プロとして公共の電波で流せるレベルじゃない。
4話で切ればよかったと後悔している。今後の教訓としたい。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 4.0

昼ドラ好きでしょ?ほらほら認めちゃいなさいよ

原作既読


実は今期(2019年冬クール)で一番の期待株。ドロドロした恋愛ものを安定供給する週刊少年マガジンから旬な作品が届きました。
原作は20巻超え(2019年4月現在)で完結してませんので、区切りいいところで切り上げてくれりゃいいやと広い心で待機です。

高校生ナツオ♂くんは同じ学校の新任教師ヒナ♀先生に密かに恋心を抱いてる。
高校生ナツオ♂くんがその日合ったばかりの子ルイ♀と成り行きでヤっちゃう。
高校生ナツオ♂くんの父親が再婚相手として連れてきた相方さんの連れ子姉妹がヒナ♀とルイ♀でした。
かくして家族になった3人が平穏無事なわけもなく・・・ 

家庭内(ドメスティック)の彼女さんということで、どう転んでもドロドロの愛憎劇待ったなしの状況です。
恋愛ものは心情描写が肝だったりしますが、そこらへんはどうなんですかね。ある程度リアリティを担保しとけば残りは、

 荒唐無稽な設定に全力で踊るキャラ達

を堪能する。身も蓋もない言い方すれば、

 {netabare}昼ドラ act by 高校生{/netabare}

を満喫する。の心持ちで臨めばイケると思います。殺人なしの火サスと置き換えてもいいかもしれません。船越英〇郎氏の出番です。そこに元妻共演するくらいにとろみのある仕上がりでした。
渋谷・恵比寿を背景に椎名林檎リスペクト系と勝手に私が思い込んでいるOPが昼ドラ感に拍車をかけます。
{netabare}あのスクランブル交差点の真ん中でピアノを弾いてる唇が色っぽい女性はいったい誰だったんでしょう?{/netabare}


原作の一巻からわりと忠実に作られてたのは好感でした。
出合う女性けっこうな確率で主人公♂に好意を寄せる展開をハーレムと捉えるかはご自由に。繰り返しになりますが、昼ドラを高校舞台にやっちゃうところが面白い作品です。
ただし視聴者ウケはどうなんでしょうか?
{netabare}・主人公がどっちつかずで優柔なだけじゃん
・ヒナ生徒に手を出しちゃだめでしょ
・ルイ一緒に風呂入るとかエロ見せたいだけじゃね?
・シュウさん不倫野郎がなにいい人ぶってんだよ
・モモただのヤリ〇ンじゃねーか{/netabare}
一人くらいは「こいつダメ」と自分に合わないキャラ・不快なキャラを見つけられるのではないかと思います。
リアタイでのそこそこボロクソなつぶやきも肴にしながら全12話完走しました。私は満足してます。

不満があるとすれば、もっと“内面のドロドロとした心情描写”を期待してたこと。そこは原作よりパワーダウンしたかしら。
そのくらいで、『ただのエロ』ではない “どうしようもできない自己矛盾の言動” は描かれてたと思います。恋って愚かで素敵です。


■評価する理由
処女性を尊ぶアニメが多いのでたまにはこういうのもいいよね、が一点。
行動の不整合は「だってリアルだとそんなもんじゃん」を評価する、が一点。
設定は荒唐無稽な感じがしますのでフィクションと俯瞰して見ることができます。コッテコテの修羅場はノゾキ趣味に最適。艶っぽい描写もあるので下世話な視線で視聴するのも悪くないですが、描かれている人間は等身大です。

あり得ない行動にも背景がある
なんでそんなこと言っちゃうの?には心情が見える

「はあ?なんでそうなっちゃうわけ?」
キャラがおかしい言動をした時にその前後関係や人物相関で見えてくる部分はけっこうありました。こう見えて「惹かれる」「抑制する」「嫉妬する」「我慢できない」「傷つく」が丁寧に描かれた良作だと思います。



■ウケないキャラ造形
主要キャラだと、文芸部長の葦原美雨(CV小原好美)と夏生幼馴染の栗本文哉(CV江口拓也)くらいじゃないでしょうか。
藤井夏生(CV八代拓)、橘瑠衣(CV内田真礼)、橘陽菜(CV日笠陽子)、柏原もも(CV佳村はるか)らは済ませるものは済ませてます。

{netabare}「知ってる人は知らない人を見下すようなこと言うじゃん?」1話ルイ{/netabare}
{netabare}ルイが誘ったのもナツオが受けたのも元はと言えばヒナの煽りでした。二人が背伸びする気持ちわかるでしょう。{/netabare}

スタートラインに立ってからの物語です。済ませるもん済ませてるからこそ理性と欲望の揺れ動きに説得力が出てくる。
表面上のエロい部分は童〇ホイホイの側面があるし、一方で〇貞は直視できない男女のどうしようもなさの側面もあったり、パラドックスを抱えてたんじゃないかと思います。そういう背景もあって葦原さん、文哉、アレックスが安パイの憩い役として貴重な存在でした。


■ご都合展開カモン
気になったのはこれくらい
{netabare}・墓石に「南無阿弥陀仏」(笑) 原作では「藤井家」だったような気がするが。
・ヒナが一人ナニしてるのを目撃した翌朝。ヒナの左手のズームに顔を赤らめるナツオだが、そこは右手でだったような。
・修学旅行中なんだしカーテン閉めようよ。いや花火見ながらの魅力には敵わなかったか、無念。{/netabare}


■ラストはけっこう好き
ありきたりですが。
{netabare}絶望を創作に繋げ、魂削って小説を仕上げるのっていいですね。やっとナツオがひと皮むけた気がする。{/netabare}
{netabare}振り返ると最初の小説読んだヒナはナツオの想いに触れナツオに傾いてくし、ルイはナツオのヒナへの想いに打ちひしがれる。作品の重要箇所に小説あり。{/netabare}


愛憎劇昼ドラ系アニメって他にあるのかな?
ピュアっピュアなものの合間に箸休めで鑑賞したくなる作品でした。



※オマケ
その1 流されない男子は素直に尊敬します
{netabare}ナツオの理性の防波堤。モモの家で踏みとどまったのは偉いというか凄いな。{/netabare}

その2 脚本に渡航さん
{netabare}5.7.9話を担当されてたようです。回毎どうこうというよりもキャストに江口拓也さんがいる時点でもうねww 
祝!俺ガイル3期決定!{/netabare}



-----
2019.09.16追記


視聴時期:2019年1月~3月 リアタイ視聴


2019.04.06 初稿
2019.09.16 追記

投稿 : 2019/09/21
♥ : 52
ネタバレ

タック二階堂

★★★☆☆ 2.9

不安材料は…

詳細は公式でも。

原作は週刊少年マガジン連載中のコミックらしいです。
{netabare}
もっさりメガネと呼ばれていた冴えない男子高校生の
藤井は、友達に見た目を今風に変えられて、合コンに。
そこで出会ったテンションの低い女の子に
抜け出そうと誘われて、DTを捨てることに。

一方、シングルファザーの再婚相手の娘ふたりが
なんとDTを捨てた女の子&姉の片想いしていた女教師という
「そんなことあるわけねえだろ」という展開。

というお話。
{/netabare}
作画、キャラデザはまあまあ悪くない初回です。
ストーリーは、こりゃいかにもご都合主義の
安っぽい話だなあという感じですが…

とにかく不安材料はディオメディア制作という
点ですね。3話まで様子見します。

======第2話視聴後、追記です。
{netabare}
週刊少年マガジン×ディオメディアというと、
どうしても「風夏」の悪いイメージが付きまといます。

ただ、まあこっちはまだ見られるレベルです。
テンポの悪さはあるものの、そこまでの破綻は
ないですね。
こういう話は、キャラデザが魅力的かどうかが
キモなので、まだ楽観視はしてないです。
「BEATLESS」の例もあるし。
{/netabare}
======第3話視聴後、追記です。
{netabare}
前回のラストで義姉になった女教師が彼氏とトラブル
になって、で、それをうだうだと悩む主人公が、
親友に相談するためにバイト先の喫茶店に行きます。
で、そこのマスター(オネエ)を交えての寒い
茶番が長すぎる…
こういうところなんですよねえ。
「迷家」も「ガーリッシュナンバー」も、こういう
どうでもいい描写が、結局は作品全体にイマイチな
印象を与えているような気がしています。

で、まあ親友の話していた不倫カップルの女が、
姉だったということを「偶然」街で見かけちゃいました。
そのことを聞きに姉の部屋に行って、キスしちゃい
ましたよと。で、家を飛び出し、親友の家にしばらく
泊まるということにね。ふうん…
まあ、これは原作の問題ですけど。

あと水着の女の子にタイトルを書く次回予告もなあ…
なんだろうなあ…
面白そうな気配がなくもないのですが、ちょいちょい
駄作臭が垣間見えるというか。
ま、切るほどでもないですが。
{/netabare}
======第4話視聴後、追記です。
{netabare}
探偵ごっこで姉を尾行するふたり。
そしてついに不倫相手と対面し、別れさせるために
話し合いします。

というお話。

うーん…
脚本の問題なんですかねえ…
いろいろと引っかかるというか。
偉そうにキレたりしてるけど、君たちだって初対面で
合コンをバックれてセックスするようなことした
でしょうよと。

出オチのアレがあるから、余計にその後の妙な正義感が
滑稽に見えちゃうんですよね。

原作のせいなのか脚本のせいなのか…
{/netabare}
======第5話視聴後、追記です。
{netabare}
え、ええ…
先生の不倫エピソードは前回までなんだ…
で、今度はビッチな同級生がモーションかけてくる
エピソードになるようです…

ヤバい。これ、うっすいストーリーになりそうな
予感がしてきました。
それに、瑠衣が熱出して裸で汗拭くとか、座薬入れる
とか、僧侶枠かよって感じになってきました。
って、エンドロールで脚本を見たら…
どうりで微妙なわけだ。なるほど。

うーん…。そろそろ切るかどうかのボーダーです。
{/netabare}
======第6話視聴後、追記です。
{netabare}
なんだこれ…???
いきなり瑠衣が部活見学。
付き合わされた主人公は、文芸部の部室から無断で
本を借りて帰る。
返しに来たら、イケメン教師と部長に捕まり、
なし崩し的に文芸部に入ることに。

で、教師が部長と主人公に、恋愛小説を書くため
と言って「今ここでキスしてみなさい」と。

おかしいですよね、いろいろと。
安っぽい「アマガミSS」みたいになってきました。
そもそも「アマガミSS」だって安っぽいのに……。

うーん……。
次で結論を出します。継続するかどうか。
{/netabare}
======第8話視聴後、追記です。
{netabare}
新キャラのアレックスという、要は主人公と瑠衣の
関係を引っかき回すための存在を登場させます。

そのために使った手段は…
下着ドロが出てますよ→夏休みに学校に行った
主人公は校舎内でチャリにはねられますよ→
グイグイ帰国子女?と一緒に喫茶店に行き、帰りに
下着ドロを都合よく発見しますよ→捕まえて警察で
被害者の瑠衣と会いますよ…
{/netabare}
なんだこれ?
なんかもう、いろいろ雑だし。
もうそろそろ限界ですかね。断念します。
お好きな方にはごめんなさい。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

66.0 15 MIX(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (41)
340人が棚に入れました
舞台は「タッチ」と同じ「明青学園」。「タッチ」の主人公「上杉達也」の伝説から約30年、今、運命の兄弟が物語の扉を開く・・・親の再婚によって、血は繋か?らないが誕生日が同じ、双子?の兄弟となった「立花走一郎」と「立花投馬」は、明青学園・中等部の野球部に所属する 中学2年生。走一郎は捕手、打者として活躍。投馬は「ある理由」から三塁手を務めているが、人並み外れた投手の才能を隠し持っていた。走一郎の実妹て?、投馬とは血の繋か?らない義理の妹「立花音美」も中学に入学し、2人の周囲はなにやら騒か?しい。やか?て高校に進学する2人は、甲子園の土を踏むことが出来るのか・・・

声優・キャラクター
梶裕貴、内田雄馬、内田真礼、花澤香菜、高木渉、井上喜久子
ネタバレ

kakelu

★★★☆☆ 3.0

タイトルなし

1話の感想 ★★★★ 4.0
時が経ち
{netabare}
タッチが帰ってきた!
そう思えるほど、似ている。
逆に、似すぎていて好みが別れそうだな。
豪華声優陣を使っているし、今のところは面白そう。
今後どうなるかに期待。{/netabare}

2話の感想 ★★★☆ 3.5
立花家
{netabare}
複雑な家系だな〜
何より驚いたのは実の兄妹を実の姉弟の声優がしてるってこと。
こんなことなかなかないだろ。
中学生の話が続く感じかな?{/netabare}

3話の感想 ★★★☆ 3.5
予選開始
{netabare}
野球にしか本当に興味がないんだな。
でも、中学だからで高校生になってそのままでいられるかな?
OPのsumikaはやっぱいいね!
爽やか!{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
ブロック戦
{netabare}
青空の絵が本当に綺麗。
それだけで見る価値があるわ。
初めての接戦で野球アニメらしい1話だった。
こういうのもっと増えてってくれるといいな。
恋愛もいいけど、ほどほどに頼みたい。{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
試合後
{netabare}
投ちゃんの凄さが人知れず世に伝わった。
あの監督、絶対にタッチで出てきたんだろうな。
タッチ流れてたし。
くぅ〜、タッチを見るか迷うわ。
立花家はなぜあんな人目のつくところに下着を置いてるんだ?
しかも、おとみのだけ。{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
中学三年
{netabare}
3年生はさっと終わったな。
そして、いよいよ高校生編が始まる。
総ちゃんの方は、あの厳ついオッサンの娘に惚れた感じ?
確かに美人だった。
音美と投ちゃんとのエピソードもいいね。
音美、絶対惚れてるよな?
生爪剥がして血塗れなのに妹をおんぶするなんて、普通無理だぞ。
もしかしたら、自分もコケて痛いから妹がコケたのを可哀想に思ったのかな?{/netabare}

7話の感想 ★★★☆ 3.5
高校生になりました
{netabare}
ようやくもう1人のヒロインが登場。
こっちもなかなかあざとそう。
パンツを見られても平然としているのは凄いな。
普通のアニメや漫画なら絶叫シーンなのに。
パンツ履いてたからセーフって、なかなか言えんぞ?{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
超高校級の投手
{netabare}
投ちゃんって凄いんな。
ボール球にされたコースに投げ込む。
審判も嫌だろうな〜{/netabare}

9話の感想 ★★★☆ 3.5
練習試合後半
{netabare}
敵さんはやっぱり凄いピッチャーだったんだな。
2人ももっと頑張んないと。
妹はサッカー部のキャプテンがすきなのかな?
それとも、誰にでも優しい?{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
散歩?
{netabare}
いやいや、完璧にデートですね。
ナンチャンも総ちゃんも大山さんの事好きなのかな?
そして、大山さんは初恋の人が投ちゃん疑惑。
三角関係ですな〜{/netabare}

11話の感想 ★★★ 3.0
そうちゃんが投げる
{netabare}
今回は本当に何にも話が進まなかった。
なんにも無かったな……
ちょっと、そうちゃんに焦点が当たっていたけど、そこまでだったしな……{/netabare}

12話の感想 ★★★ 3.0
総ちゃんの父
{netabare}
なんだあの兄は!!!
弟の友達に向かってあの態度!!
最低だな。
やられちまえ。
総ちゃんの父は凄かったんだな〜
顔はのほほんだけど。{/netabare}

13話の感想 ★★★☆ 3.5
兄弟
{netabare}
あの兄、性格はクソのくせにうめぇじゃねーか。
投ちゃん、ボコボコにやっちゃえ!!
{/netabare}

14話の感想 ★★★★ 4.0
中盤戦
{netabare}
こっちは1点取ったと思いきや、相手は2点か〜
赤井は嫌な奴だけど、野球の上手さは本物だな。
でも、あのデッドボールは悪意がある。{/netabare}

15話の感想 ★★★★ 4.0
終盤戦
{netabare}
雰囲気はあったけど、結局はフォアボールからの相手のエラー。
締まらないな〜
リアルなんかもしれないけど。{/netabare}

16話の感想 ★★★ 3.0
臨時マネージャー
{netabare}
よくおんぼろの台に乗ったな。
アクティビティだ。
力んでるのは総ちゃんもかい!!{/netabare}

17話の感想 ★★★★ 4.0
第2試合
{netabare}
ノーヒットノーランお見事!!
上杉達也と重なるシーンは胸熱!
才能開花したんかな?{/netabare}

18話の感想 ★★★ 3.0
音美のデート?
{netabare}
音美はモテるね〜
男を変に意識してないとこがいいのかな?
投ちゃんもなんだかんだ気になる様子。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 11

稲葉姫子

★★★★☆ 3.4

現代のアニメの流れに逆らう作品

第1話を鑑賞した。

正直、2019年度のアニメ作品ではない。
これを画面サイズの比率4:3にしてしまえば、かっても名作「タッチ」の続編として、グループ・タックが懇親の力を込めた作品として出てきたら、違和感はあるだろうか?

「ない」

あ、こんな作品が過去にあったのか、と思ってしまうかもしれない。

それくらい古臭い、ゆっくりとした時の流れを感じる。スローな流れがそこにある。最近のアニメは一度見ただけでは概要がつかみにくいものが多い。展開が急であり、見返すことを前提としているようだ。が、このMIXにはそういうものが全くないのである。

この時間は悪くない。
私は心地いい。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

イムラ

★★★☆☆ 3.0

SB千賀投手のテイクバックが気になる今日この頃

<2019/5/12 初投稿>
見始めなので評価はデフォルトの3.0です。

原作未読。
第6話まで見終えました。
あの名作青春野球漫画「タッチ」の30年後が舞台なのだそうです。


中学生の立花三兄妹、兄の走一郎、弟の投馬、妹の音美と、そして6話で出てきた大山春香を中心に進む
野球と青春と恋愛と軽いコメディを軸としたお話(たぶん)


と言いましても私。
実はタッチ、よく知りません。
アニメ観てないし、原作は和也が亡くなるところぐらいまでしか読んでない。
顛末はなんとなく想像つくけど、というぐらい。

なので「タッチ」の後継と言われても本作にはあんま興味湧かなかったんですよね。

ところがです。
いざ観始めたら意外や懐かしい既視感がそこかしこに・・・

本作「MIX」はどうやら「あだち充作品の集大成」のようです。

「タッチ」はもちろん、あだち充御大の過去の人気作「みゆき」「陽あたり良好」「ナイン」などを彷彿とさせる設定やエピソード、細かなガジェットなどなどエッセンスが散りばめられてる印象。
(上記の三作は既読です)

それも熟練・洗練され具合良く混ぜられてる。
だから「MIX」なのかな。

三兄弟のキャラクターも関係性もあだち作品らしく丁寧に深掘りされていて、そして魅力的。
ストーリーもゆったり進みながらもメリハリ効いてます。

これは面白くなりそう!!



ところで最近福岡ソフトバンクホークスのエース千賀投手の投球フォームが気になります( ・∇・)

テイクバックの時に右手の甲が三塁側向いてるんですよね。
普通のオーバースローピッチャーと逆。

ちなみに投麻の右手の甲は一塁側向いてました。

気になるわー( ・∇・)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 22

計測不能 16 BEASTARS(TVアニメ動画)

2019年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (1)
127人が棚に入れました
肉食獣と草食獣が共存する世界。
食肉が重罪とされるなか、全寮制の名門高校・チェリートン学園では生徒が食い殺される”食殺事件”が起きる。

不安の渦巻く校内で、演劇部の変わり者・ハイイロオオカミのレゴシは『大きい身体』と『鋭い牙』とは裏腹に静かに生活していた。しかし小さなうさぎの女子生徒・ハルとの出会いが、そんなレゴシの心を揺り動かす。

「彼女を求める気持ちは、恋なのか? 食欲なのか?」

彼が本当に出会ったもの、それは自分自身の本能だったーーー

計測不能 17 ハイスコアガール II(TVアニメ動画)

2019年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (2)
96人が棚に入れました
俺より強いGIRLに会いに行く──。 「ポリゴン」って何?食えんの?そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。 ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凛として座していた──。 主人公ハルオを通して描かれる’90年代アーケードラブコメディー!

計測不能 18 冴えない彼女の育てかた Fine(アニメ映画)

2019年10月26日
★★★☆☆ 3.0 (1)
86人が棚に入れました
劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』はTVシリーズのスタッフ、キャストが集結し、新たに送りだす完全新作。
安芸倫也は、理想のメインヒロインを描いた同人ゲームを作ることができるのか。恋のフラグのラプソディー最終楽章が始まる。

計測不能 19 ぼくたちは勉強ができない! 第2期(TVアニメ動画)

2019年秋アニメ
★★★★★ 5.0 (1)
66人が棚に入れました
苦学の高校3年生・唯我成幸は、大学の学費が免除される「特別VIP推薦」を得るために、受験勉強に苦戦する同級生たちの教育係となることに。指導する相手は「文学の森の眠り姫」古橋文乃、「機械仕掛けの親指姫」緒方理珠といった学園きっての天才美少女たち!完全無欠の学力と思われた彼女たちだが、苦手教科に関してはとことんポンコツだった…!? 個性的な「できない娘」たちに振り回されつつ、成幸は彼女たちの入試合格のために奔走! 勉強も恋も「できない」天才たちのラブコメディ、ここに開幕!!

計測不能 20 戦×恋(TVアニメ動画)

2019年秋アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
人類に迫りくる悪魔を迎え撃つ9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)彼女らの原動力は1人の高校生との“恋”だった――――「アクマ」というあだ名をつけられるほどの強面の風貌から周囲に怯えられ、上手く他人と関わることができない孤独な高校生・亜久津拓真。一人の少女を助けたことをきっかけに、悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)の恋人となって育て、人間界を守ってほしいと頼まれる。その方法は…戦乙女と“恋(イチャイチャ)”をすること!!9人姉妹と恋人契約を結んだ拓真は彼女らと一つ屋根の下で暮らし、様々な濃いミッションを乗り越え、彼女らを戦いへ導くことに…恋が世界を救うことを証明せよ!戦乙女(ヴァルキリー)、発動――

計測不能 21 俺を好きなのはお前だけかよ(TVアニメ動画)

2019年秋アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
俺はパンジーこと三色院菫子が大っ嫌いだ。なのに……俺を好きなのはお前だけかよ。もし、気になる子からデートに誘われたらどうする? 当然意気揚々と待ち合わせ場所に向かうよね。そこで告げられた『想い』から、とんでもない話が始まったんだ。

76.0 22 モブサイコ100 II(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.9 (277)
1083人が棚に入れました
ごくフツーの暮らしがしたいと願う中学2年生・影山茂夫、通称「モブ」。
一瞬で人混みに紛れてしまうほど、サエない外見をした彼は、
じつは誰よりも強力な超能力の持ち主だった……。
そんなモブと彼を取り巻く人々との青春や恋、静かに降り積もりやがて爆発する数々の感情。
そして、かつてモブの前に立ちはだかった謎の組織「爪」の再臨。
思春期真っ只中の少年の魂が咆哮する、明日はどっちだ!?

声優・キャラクター
伊藤節生、櫻井孝宏、大塚明夫、入野自由、松岡禎丞、佐武宇綺、藤村歩、細谷佳正、國立幸、松井恵理子、楠大典、丹沢晃之、M・A・O、石田彰
ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.8

ねじ式

ボンズ制作、アクションコメディ。

世界は非科学的な怪奇現象で溢れている。
人々はそれらと出くわした時、
成す術もなく恐怖の闇に飲み込まれる。
そんな混沌とした闇と対峙する者たちがいる。
それが霊能力者である。

シュールな笑いと、時々感動。
間違いなく優れたコメディであり、
前作を軽々と超えて行く物語の力に圧倒されます。

霊とか相談所のホームページ作成が、
物語を見事に水平展開させ、
舞台は全国に渉り珍道中が始まる。
{netabare}トンネルダッシュばああは最高のキャスト。{/netabare}

影山モブと師匠霊幻新隆の、
奇妙な信頼関係と2人の葛藤が描かれ、
モブの人間的な成長が物語の軸になっている。
ふと立ち止まって考えさせられる、
不思議な言葉(台詞)の魅力がありますね。

素朴に生きて来たモブに芽生える疑問の数々。
{netabare}霊にも存在理由があり生者と同等の尊厳がある。{/netabare}
存在神学、真理の非隠蔽性。
それは僕たちの感覚を超えて深いものだ。
油断していたら不覚にも感動する。

ぜひこの2期は見るべし。
そしてせっせと真理のねじを巻こう。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 37

イムラ

★★★★★ 4.7

1期の名曲OP「99」MOB CHOIRは高校の合唱部とかで歌ったらカッコいいんじゃないかと思うんです

<2019/4/28 初投稿>
原作は未読。
本作は2期目ですが、1期とまとめてのレビュー・評価です。


ヘタウマと称される作品であっても、人によっては「ただ下手なだけ」「手抜き」に見えたり。
ヘタウマって見る人の感性にマッチするかどうかなのでしょうね。

モブサイコ100、私はピッタリハマってしまいました。

その絵柄・キャラクターデザインは至ってシンプルで見ようによっては雑とも。

でも表情は豊か(←ここものすごく大事)

どこかで見たような絵なのに、どれとも似ていない、目だけでもそれとわかる不思議な個性。

さらにこれをアニメ化したbonesの力量が相まって高品質のアニメに仕上がっています。

物語も
「もしモブキャラのように地味な男の子が超絶超能力者だったら」
という一見シンプルで底が浅そうなお題をうまい具合に膨らませてます。

こういうのをセンスの塊と言うんだろうな。
ONEさん、すごいわ。


主人公は地味だけど心の優しい少年・影山茂夫(シゲオ)。
茂夫の音読み+モブキャラのように地味なことから通称「モブ」と呼ばれています。
実はモブにはものすごい超能力(と霊能力)があります。
周囲にはその能力をひた隠しに隠して・・・というわけでもないようですが、いかんせん陰が薄くて中学のクラスメイトは誰も気がついていない 笑。

そんなモブが強さを発揮する爽快感と熱いバトルを味わう作品であり、

モブの師匠(?)の霊幻新隆(れいげんあらたか)やクラスメイト、超能力者達、"エクボ"などの悪霊、変な敵達など味濃いめのキャラの皆さんを楽しむお話でもあり、

そんな人たちに囲まれたモブの成長物語でもあります。

よくよく考えてみると、やはり今期放送された「ブギーポップは笑わない」といろいろ真逆な作品かもしれませんね。

ブギーポップは箱庭的
モブは一つの点を大きく膨らまして

とか言っても漠然としすぎでしょうか。
(私はどちらも好きです)


本作は物語性とエンタメ性合わせ持つ超優良作品だと思ってます。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 26

(*´ω`*)

★★★★☆ 3.9

やるじゃん!

今期は3DCGを使った作品が多かった。
背景はかなり普及ししていますよね。

それに真っ向勝負を挑むかのように、どこまでもアナログな表現に拘る。
スタンスだけでなく、その映像自体がかっこいい。
アニメーターの意地が伝わる作品でした。

1期よりも、主人公の成長に焦点を合わせた脚本構成。
中盤は、絵がすごいだけで、どこに向かっているか分からなかったけれど
終盤でピースが繋がって良かったです。

1話最後はほっこりました。
正直、1話のような日常エピソードをもっと見たかった。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9

65.6 23 なんでここに先生が!?(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (173)
683人が棚に入れました
なんでここに先生が!?――いろいろな場所で巻き起こる、大人の魅力にあふれた先生と男子高校生によるギリギリ感満載のエッチなハプニングの連続。先生たちの普段は見せない意外な素顔を、知れば知るほど好きになる!過激なシチュエーションで描かれる『あまあま』で『たゆたゆ』なかわいい先生たちとのハイスクールライフ!

声優・キャラクター
上坂すみれ、鈴木崚汰、後藤邑子、増田俊樹、石上静香、山本和臣、山本希望、小林裕介
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.1

いやそうはならんだろ

1話
女性教師と男子生徒のエロマンガ的なシチュのショートアニメ。
dアニメストアで<もっとたゆたゆver.>を視聴したがまだ規制マークがあるので円盤で全て開放されるのかな。
{netabare}座薬プレイはドメスティックな彼女とかぶったね。
でも異世界魔王では違う穴でもっとエロいことをやってたわけで…。{/netabare}
アニメよりOPの上坂すみれのPVの方がエロいかもしれん。
あと後藤邑子さんが出ているのがポイント高い。

2話
{netabare}いや白いワイシャツじゃすけちゃうでしょ。
後頭部に押し付けプレイ!
いやキスは無いだろ。{/netabare}
このアニメ下らなすぎるわ…僧侶枠のプロデューサーはライバルが強力すぎると頭抱えてると思う。

3話
今までで一番エロくなかったように感じた。

4話
めちゃくちゃエロいことをしているのだが今回作画が悪い…僧侶枠の洗い屋さんの方が作画いいぞ。
これで1人目終了か。次は後藤邑子さんキャラにバトンタッチ。

5話
OPの彼氏になーったらねーの所が変わってる。
後藤邑子さんキャラがヒロインだと昔のエロゲアニメみたいだなw
いやそうはならんだろwwwwwwwwwww
わけがわからないよ!!!!!!なお後藤さんはまどかマギカ声優
こんな生徒にへりくだる先生なんかおらんよ。
なわけーねーだろw
いやボタンをそれと間違えないから!
後藤さんが歌うのっていつ以来?

6話
いやそうはならんだろ。
{netabare}乳首とアナル攻めwいやアナルではないのか?
後半も乳首攻めかw
埼玉大か。
鈴木はおぼえてねーのかよ。{/netabare}

7話
別の先生に交代。
ということは上坂すみれのキャラだけ4話やって優遇されてたってことか。
{netabare}若い頃の先生は長瀞さんに似てるなw
いやそうはならんだろ。
いやそうは…もういいや。{/netabare}