おすすめ木村珠莉人気アニメランキング 13

あにこれの全ユーザーが人気アニメの木村珠莉成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月22日の時点で一番の木村珠莉アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

91.5 1 SHIROBAKO(TVアニメ動画)

2014年秋アニメ
★★★★★ 4.2 (3193)
12744人が棚に入れました
水島努とP.A.WORKSによる新作オリジナルTVアニメ。

5人の夢を追う女の子を中心に白箱(関係者に配られる完成したアニメ作品が収録されたVHSやDVD)の完成を目指し奮闘するアニメ業界の物語になる。

声優・キャラクター
木村珠莉、佳村はるか、千菅春香、髙野麻美、大和田仁美、西地修哉、松岡禎丞、山岡ゆり、吉野裕行、茅野愛衣、松風雅也、中原麻衣
ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.9

アニメ好きなら見ておくべき作品

アニメ制作にかかわる、いわゆるお仕事系の作品。

アニメ制作に『本気で』携わっている全ての人々の想いが詰まった作品です。
前半はオリジナルアニメ、後半は原作ありアニメの制作現場が、笑いあり、涙ありで描かれています。

実際の現場はこんなに綺麗ごとでは済まないんだろうなぁと思いつつ、引き込まれるように視聴しました。

主人公の5人組が、それぞれの立場で、巧みに一つの作品に関わっていくストーリーはやり過ぎかとも思いましたが、23話でおいちゃんと一緒に号泣してしまい、納得の高評価。

登場人物が多いので、度々、肩書と名前が描かれている所は、分かりやすくて高評価。

作品の性質上、作画と音楽は言うまでもなく高評価。ここがイマイチではお話になりませんからねぇ。

タローの{netabare}無責任・おバカ・仕事できない{/netabare}キャラと某編集のキャラが作り過ぎかと思ったので、少しマイナス評価。
だけど、こういう人物が一人混じっているところが、逆にリアルなのかもしれないですけどね。

こういう作品を見ると、見事に作画崩壊した「あの作品」や静止画を多用した「あの作品」、クール中に総集編をぶち込んだ「あの作品」などの評価がより厳しくなってしまうかも(笑)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 115
ネタバレ

noindex

★★★★★ 4.4

理想90%現実10%?のお仕事アニメの大傑作。設定資料集届いた!

間違いなくここ数年でダントツの傑作ですね。
水島アニメの集大成じゃないでしょうか。
(ちなみに万策尽きたの元ネタは大魔法峠でぷにえ様がカンニングをする回にあるので興味あればどうぞ。頭文字Dみたいなドリフトバトルもやってます)
ただ、タイトルに書いたように会社での仕事を理想的に描きすぎる傾向があるので、この作品を嫌う人もいるようですね。同僚が美少女ばかりというのもリアルではないのも事実。そこが気になる人も数話見れば気にならなくなると思います。アニメに依存しすぎているような人が、アニメの裏側なんか見たくないとか言ってるのもいましたけどそれはいちゃもんとしか思えないですね。
{netabare}このアニメは最初コミケでPVが出たのですが、正直あまり面白そうに見えませんでした(三女のPVは立派ですが…)。
1話では最初に女子高生の頃の部活動、ドリフトバトル、そして異様に美少女が多いアニメ制作会社…とダメなアニメ感も漂っていて、ここで切った人も多かったと思います。
2話の木下監督のオタク語りは同じ声優のげんしけん斑目を思い出しましたね。
3話のエリカ先輩の助言や興津さんの活躍でようやく盛り上がりを見せます。この回の本田さんのバンサクツキターはタメもあってよかった。
この辺でこれは名作になるという手ごたえもあったのですが、4話からの吉田脚本になってから急にテンポが落ちてくる。この脚本家はARIAやのんのんみたいなユルいアニメには向いているんだろうけど、最初はこのアニメに合わなかったようだ(後の吉田回は修正したようでハイテンポになりましたが)。
ヌルいイデポンの話あたりで、あ、このアニメだめかな…と思いかけましたよ。
7~8話は安原っちのお話。やっぱり絵を描く話は面白い。ここではまだ杉江さんは謎の老人のままでしたね。ぷる天の作画崩壊、あれループだから普通崩壊しないでしょwニコ動風コメントがリアルだった。
9~10話も内容が濃いんだが、気になるのはCGのみーちゃん。悪い会社じゃなくても将来が見えないので転職。あるあるって思うけど、この後みーちゃんはあまり描かれなくなってしまう。本当は社長がアニメの仕事を取ってくる予定だったんだけど尺の都合でカットになっちゃったのかな?
11話はおいちゃんの就活の頃の話。ここまで見た人は自分の過去を思い出してもう感情移入しまくりですよね。私もです。あとモザイクでガ○ダムとかって、ハルヒでもやってたね。パロディの常套手段か。
そして12話、前半のラスボスのカンノさん登場。そして、杉江さんが実は凄腕アニメーターだったとわかる。これって矛盾多いんだけど(なんで社長やゴスロリ様は推薦しなかったの?とか)、盛り上がりましたね。
13話。本田さん矢野さんが抜けておいちゃんがデスクに。原作つきアニメの難しさが描かれます。水島努監督作品は原作つきのほうが多かったせいか、色々な主張がこめられてますね。この回の木下監督の皆に幸せになってもらいたい等のセリフは、水島監督がインタビューで言ったのと同じです。
前半は監督のダメなところ、後半は監督のいいところを描いているようですね。
14話は声優の裏話。まぁ声優の人選って実際こんな感じなんでしょうね。ずかちゃん採用されず。この後もずっと不遇…水島監督は声優は厳しいというのを描きたいんでしょうけど。
15話。なぜかここで基本的なアニメ制作の説明回になるのですが、最初にこれをやると退屈で切られるからここで入れたんじゃないかとか言われてました。そして予想通り原作者がゴネます。
16話。井口さんの苦悩が描かれますが、絵麻ちゃんのエンゼル体操やゴスロリ様の過去などネタてんこもりで話題になりました。キルビル2のポスターを見てたりするところから考察するに、小笠原さん、やっぱりアラフォーかな…。あとこの回での平岡の手戻り確実でも進めようという提案は正しいと思うんですよ。ボトルネックで詰まっていても、進められる所は進めるが仕事の鉄則です。叩かれてましたけどね。言い方が悪いといわれますが、結局あそこで中途がどう提案してもどうせ通らないんですよね。平岡に共感してしまいます。
17話はタローの成長が描かれていましたね。平岡といいコンビになりそう。
18話はつまらなかった。大倉さんにも魅力感じないし(実在の人物まんまみたいだが…)、最後の矢野さん復帰だけが見所。ダメなところはダメと言う。
19話。矢野さん無双と、ムサニの過去。杉江さんの嫁かわいかった。チャッキーEDはPAのTwitterによるとカメラの回りこみが大変だったらしい。元ネタのロッキーチャックをdアニメストアで少し見たけど丁寧な作画の良作だと思った。

そして20話。ついに平岡が爆発。タイトルで言っている現実10%の、現実が具現化されたような存在。ネットを見ていると予想通り叩かれる一方で、平岡に感情移入している人も結構いますね。これ自分だ、とか同僚にいるよこういう奴って思ってしまいますよね。
平岡は終盤の主人公みたいになってきましたが、落とし所はどうなるのか。実はかつては脚本家志望でりーちゃんに嫉妬したのだろうか?
まぁりーちゃんも学生身分で優遇されているし、気持ちはわからなくもない。{/netabare}

21話!
{netabare}平岡や矢野さんの過去が分かったけど…平岡は今回もキレてたものの、改心しつつあるのかな?もう少しかかりそう。
今回はみーちゃんがそこそこピックアップされていたけど、ずかちゃんは…ついに声優であることを伏せるまでになってしまった。
意図的に不遇な扱いになってるけど、残り3話でずかちゃんはなんとかなるんだろうか。この作品の唯一の不満点になりそう。{/netabare}

22話!
{netabare}タローと平岡イイ!日高屋って関東人にしかわからんなw安いけど味はアレなチェーン店。らきすたにも出てたね。
平岡は心折れるような過去はやっぱりあったってことで。
二人がグダ巻いているのを見てたらなんか涙が出てきました。これぞ男泣き
?(日高屋はおしぼりないんだけどな…)

おいちゃんと瀬川さんとの会話は胃がいたくなりそう…。

絵麻ちゃんはやっと杉江さんのアドバイスを受け取れるまでになったねえ。十分天才でしょう。
絵麻ちゃんがみーちゃんと絡んでるのを見て愛ちゃんが焼いてたのは笑った。百合百合してるね~。

しかしずかちゃんは不幸すぎる…。
最終話リテイクになったけど、それで出番が出来るのかな?予告にはずかちゃんの姿無かったけど…。{/netabare}

PAWORKSショップで設定資料集を注文しました。届くの楽しみ!

23話!
{netabare}やべえ!泣けた!ずかちゃんのアフレコで涙が止まらなかった。
ずかちゃんは待望の仕事で泣くどころじゃないよね。おいちゃんが声を押し殺して泣いているのが良かった。
声優さんたちはいつもおしゃれして来るけど、あわててやってきたような服なのがリアル。
…ただ、そこまでちょっと駆け足すぎたなあ。新キャラ登場でずかちゃん参加は予想していたが、もう少し構成考えればもっと自然に出来たと思うが…木下監督の昇龍腹とかのストIIパロはいらんだろw
あと平岡のいいところが見たかったけど…最終回に期待?{/netabare}

24話!
{netabare}最後はちょっと詰め込みすぎたかな。平岡がようやく活躍していたけど、もっと大きな仕事ができる器だと思う。
小笠原さんは衰えるのは40年早いって言われてたけど、いったい何歳なんや…最後までわからず。
興津さんはヤバすぎたw違反覚悟のお届けは後で物議をかもすかなぁ。
打ち上げはドーナツ娘五人が揃って良かった。みゃーもりの演説も良かった。何もかも良かった。しかしツーピースってw
あと、しょうもないことがひっかかってるんだが、監督の字が愛ちゃんの弟に似てるというのは伏線だと思ってたんだが…なんでもなかったのか。{/netabare}

【総評】
うーん…ちょっとすぐにはまとまらない。まあ、こんな凄いアニメはもう見られないのかな。水島監督の次に期待だね。ガルパン劇場版は見に行く。

2015/6/5
設定資料集が届きました。以下、気になった所をピックアップ。
・でかくて厚くてフルカラー!さすが4900円するだけはある!
{netabare}・限界集落過疎娘のスケジュール表の脚本9話と12話が今井!りーちゃんもうプロデビューかよ!
・キャラ設定で新たにわかるのは全員の身長だけ。年齢が知りたかったのに…。
・絵麻はぽんかん原案ではタバコを吸う子だった。表情もクール。
・ツーピースの監督は山田さん!副監督は円さん。
・声優陣の座談会はずかちゃんの話が多いwそして分析がさすがにリアルwずかちゃんのここは実際と違うという指摘も。
・キャラの服装はぽんかんに任されたけど小笠原さんだけはピンクのゴスロリという監督指定だったという…ぽんかん側は着物案もあってそのイラストもある。リテイクも最多。
・ぽんかんが自身の生い立ちをかなり語ってるが、私はこの人の絵は嫌いなのでそこはうーんって感じ。
・キャラデザ関口さんは杉江さんに共感する、自分は小笠原さんと全然違うタイプとのこと。
・脚本の横手美智子と吉田玲子の対談はなんか面白かった。横手さんは饒舌だけど吉田さんは横手さんほど水島監督と長くなく対談もなんか引き気味w考え方の違いも多く、剛の横手と柔の吉田という印象。例えばトラブルの時は横手さんは監督の判断で解決すべき、で吉田さんは当事者同士の話し合いで解決すべき、といったような。
 吉田さんは絶対的な悪人は出さない主義らしいので、そこが自分が吉田脚本作品が合わない理由なのだろうな(本人は理屈っぽいと言ってるが、そうか?)。虚淵先生がキュゥべえは人間にとって虫唾が走る絶対悪と言ってたのと対照的。
 スーパーの店員だった新人の佐藤さんの経歴は吉田さんの経歴が元ネタらしい。今やトップクラスの脚本家もそういう過去があるんだね。
 吉田さんは三女のトラブルのような経験があるそうだが、どの原作付きアニメなんだろう…。
 恋愛の話は最初あったそうだが、水島監督に「外せ、外せ!」と言われてカット。堀川Pは本田とあおいをくっつけたがってたがそれも却下w
 吉田さんはこの作品は見ててつらい作品になるので売れないと思っていたらしい。さすがARIAやのんのんの脚本家である。
 横手さんはSHIROBAKOが売れた秘訣というのを他社から聞かれたらしい。横手さんは答えられなかったが、吉田さんの分析では密度が濃く得した気になれるからだろうと。
・水島監督は制作進行だったころからアニメ制作のアニメを作りたいと色んな人に言ってきたが、堀川Pが釣れるまで誰も相手にしてくれなかった(結果は売れたのにね)。
 最初の監督の構想では主人公は男で、劇場アニメを作るシュールな内容の作品だった。
 水島監督の転機はイカ娘だった。これでにぎりつぶしていた卵をこわさずに持てるようになった(面白い表現)。
 監督が一番やりたかったのは14話のオーディション会議。周りに言われてギャグっぽくしたが、内容は体験した実話(おっぱいでかいしは除く)権力に負けたことが山ほどある。
 木下監督=水島監督。
 過疎娘とツーピースはあおいと矢野がデスクになる。平岡は設定制作をやる。
 水島監督の脳内設定では、ムサニが7年元受をできなくなったのは不払いがあったから。
 木下監督は離婚のせいで女性恐怖症なので周りが綺麗な女性ばかりでもなんとも思わない。
 アンデスチャッキーには非常に深い裏設定が(ここには書かないけど)。
 ぷるんぷるん天国は巨乳に憧れて巨乳の国に逝ったらそこには悪夢しかなかったという話。
 24話は1話のような自動車競争のシーンがあったがカットした。
 SHIROBAKOの続きは作らない方がいい、作っている間に業界システムと齟齬が出てしまうので。
 新人の佐藤さんは将来、凄腕ラインプロデューサーになる。
 SHIROBAKO音頭のイベントをやりたい。エンゼル体操は健康に悪いと思う。{/netabare}

設定資料集といっても設定はあくまで作画のためのもので、物語を深く知るとかいう目的では買わない方がいいだろう。
ただしスタッフインタビューはボリュームが多く、こういう作品なのでSHIROBAKOだけに限らずアニメをどう作るかという議論として価値があると思う。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 78
ネタバレ

Appleモンキー

★★★★★ 4.9

タイトルなし

仕事アニメってあんまり多くないけど、
仕事終わった後に仕事アニメ見るとなんか面白いです笑

主人公がんばってて好感ですね~^^
とりあえず、「しゃーす」禁止笑

第19話は神回★

■第4話
{netabare}
ずかちゃん、よかったぁ
このメンバーの、社会人になってからの
集まってからの飲みっていいですね~
みんな揃ってアニメ作るシーンが早く見たい!
{/netabare}

■第12話
{netabare}
杉江無双回でしたね。
今までさっさと帰ってた人があんな胸アツな
展開を作ってくれるとは・・・!
引き続き2クール目も楽しみです。
{/netabare}

■第13話~16話
{netabare}
みゃーもりは順調に出世してますね♪
タローはすっかりダメ社員が定着してます(笑)
ヅカちゃん先輩なかなか仕事苦戦してます。。。
今クールで全員そろってひとつのアニメを作るのかなぁと
期待したのですが、まだまだ道長し!ですね^^
{/netabare}

■第19話
{netabare}
第19話「釣れますか?」は神回でした!
自分の夢を再確認した武蔵野動画でのシーンは
うるっときましたね。
よかったなァ^^
{/netabare}

■第23話
{netabare}
カントク大活躍でした!
最初から原作者と話とけよって感じですが、やっぱりああいった
展開はアツくて好きですね^^

そしてここにきて
ずかちゃん先輩キターーーーーーーー!!!!

この展開をだいぶ前から待っていた人は多かったのではないでしょうか。
みゃーもりの号泣シーンにもらい泣きです。
{/netabare}

■第24話
{netabare}
最後まで安定した、良いアニメでした^^
高校時代の仲間たちと、ほんの少しだけど
同じアニメを作って最終回を迎えることができました。

「やりきった!」って感じはするけど
今期で最も続編を期待しているアニメです♪
{/netabare}

■ニコ生一挙1期_20150509
{netabare}
ニコ生一挙もこれで何度目かですが、
何度見ても面白い!^^

序盤第3話は、あるぴんのシーンのリテイク。
2話後半からリテイクの話で盛り上がってからの
3話でのリテイク完成シーンは印象深いですね!
ED直前でリテイク完成版をもってくる演出好きです^^

中盤はみーちゃん、ずかちゃんを中心に
将来の進路に悩みながらも前向きに進んでいく回。
みゃーもりの答えは2期までお預けですが、とても
共感できる内容ですよね。

そしてラスト!
カントクの最終話絵コンテ完成のアツイ展開からの
杉江レジェンド発動!!
アツイ展開からさらにアツイ展開へ!
これはニクイですね~。
最終回にピッタリの内容です。

5/10に2期の一挙放送やってますが、
タイムシフトで来週見ます^^
{/netabare}

■ニコ生一挙2期_20150510
{netabare}
1クール目以上にアツイ展開の2クール目!
Bパートのラストは毎回毎回ニクイ演出の連続です。

個人的に好きなのは第19話「釣れますか?」
武蔵野動画の過去回想で、若かりし日の社長や大倉さん
杉江レジェンドの制作風景からの、みゃーもりの
アップシーン
泣ける。。。

第22話はまさかのタロー回
平岡の苦労話と、タローの「表彰状シーン」はスバラシイ!
タロー株ストップ高!

そして第23話のラストはずかちゃん先輩が
ついに!
第1話から見ていた人からすると、ようやっと、ずかちゃん先輩が(泣)
まさに号泣!!

そしてまさかの、一挙放送アンケート記録更新来ました!
とてもよかった:98.6%!!!
1期の一挙放送(1回目)が98.4%で記録持ってましたが、
自己記録&最高記録更新!!!

何度見てもやっぱりSHIROBAKOは面白いですね^^
第2期ぜひ見たいです^^
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 130

67.5 2 みだらな青ちゃんは勉強ができない(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (207)
758人が棚に入れました
名前の由来は――官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため、難関大学合格を目指して猛勉強中。「青春?男女交際?そんなの知るかッ!」……だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の木嶋がまさかの愛の告白。空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんのエロ妄想が暴走する!

声優・キャラクター
和氣あず未、寺島惇太、津田健次郎、木村珠莉、近藤隆、白井悠介、深町寿成
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.5

勉強ができないのはしょうがない!ユルす!

原作未読


これ自分としては完全に『川柳少女』のバーター。タイトル見たらまず手に取りません。あっち録画してたらこっちも付いてきました。
ドラクエⅢを手に入れるのにバンゲリングベイを抱き合わせで買わんといかんというのはリアタイの辛さですな。・・・と思ってたらバンゲリングベイけっこう面白いじゃなーいって結果に。

※注 ウチのレコーダーの仕様なのか川柳少女を録画したらこちらもセットでした。それと今は昔、人気ゲームを買うのに消費者に在庫の処分を押し付けるあこぎなおもちゃ屋さんがニュースになってたよ。

恋する乙女の微笑ましさは似たもの同士の15分間×2。比較はしませんが、当初オマケ扱いだったこちらの作品は知らないうちに株価が上がっておりました。


 むっつり女子


このテの作品が自分は初かもしれません。
ヒロイン堀江青(CV和氣あず未)は官能小説作家の父親の影響で尖った性知識は豊富。尖り過ぎてか男性皆セッ○スアニマルと思い込むようになり男性不信に。これまた父親のせいか親元を離れるために地方の国立大学目指し猛勉強中、とのことです。

{netabare}青姦の青!第1回から強烈でしたね。{/netabare}

対する木嶋拓海(CV寺島惇太)。告白されて彼を意識しだしてからの青ちゃん妄想全開ちょっとえっちいすれ違いラブコメが始まります。
不思議と下品な感じはしませんでした。ここって下ネタを楽しむには大きいポイントです。原作者が女性というのも関係してるかもしれません。{netabare}股浅パンツはくとお腹冷えるとか男はわからんよね。{/netabare}


父親嫌って親元離れたい乙女心
 ↓
それなら国立しか許さん親心
 ↓
いろいろ犠牲にして勉強頑張る娘
 ↓
イケメン登場
 ↓
淫らな(妄想全開の)青ちゃんは(性春を謳歌し)勉強(に集中)ができない


ということでした。

OPのノリは好きです。特に「せーの!」のとこ。


タイトルからしてえっちいニーズありの作品で、黙ってても観る人は観るでしょう。じゃあそうでない人にとっては?

 ・作品のトーンが下品じゃない
 ・相方の男が下衆じゃない
 ・恥ずかしがり屋むっつりの青ちゃんがたまに暴走する
 ・なんだかんだ親父さんと青ちゃん仲良さそう

このたまに暴走するのが良いアクセントになって最後まで楽しめました。

ついでにというよりむしろ本題。津田健次郎さん演じるお父さんがキレキレで凄い引きこまれます。チャラいツダケンさんが8割5分。決めのイケボと落差が素敵でした。

15分と短めで一気に観れる量です。暇つぶしにでもどうぞ!



2019.06.24 初稿
2019.07.17 修正

投稿 : 2019/09/21
♥ : 49

イムラ

★★★★★ 4.3

「$10」by林田健司

<2019/7/6 初投稿>
最終話まで観終えました。
コメディ重視でラブ薄めのラブコメを最後まで貫いてましたね。

一連のシモネタが受け付けられるかどうかで評価真っ二つな気はします。
個人的にはシモネタも好みの範疇でしたし、
青ちゃんの独りよがりな妄想もクスッと笑えましたし、
八宝菜のつんちょは凄かったし。
満足しました。

あと、OP曲が割と好き。

<2019/6/17追記>
11話観ました。
今週のパワーワード
「ツルツルパンツ」
「腹を満たして、その後S◯Xだ!」

青ちゃんはもうあれだな。
煩悩全開の17歳男子並みに頭がアレですね。

<2019/5/11 追記>
6話まで観ました。

ラブコメですけどウェイトはコメ95%くらいな感じ。
ラブはコメディを引き立たせるスパイス、塩コショウみたいなもんですね。
なので真面目に見るとつまんないと思います。

「呼び捨てはS◯Xの始まりだゾ」
そんな格言聞いたことねえ 笑

<2019/4/27 初投稿>
原作未読。
見始めなので評価はデフォルトの3.0です。

この作品、人を選びますね。
最初のシーン、ヒロインの一言でツボれた人は楽しめると思います 笑。
私はツボりました( ・∇・)

主人公「青」は高校生の女の子。
真面目で人を寄せつけない頑なな態度の裏にやらしい妄想がいっぱい。
というヒロイン。

も少し正確に言うと
「こんなやらしいことをされてしまったらどうしよう、逃げなきゃ!ドキドキ!」
というおめでたい妄想でいっぱいな人です。
もしかしてダクネスの親戚か?

1話見て作者が女性だとすぐにわかりました。
だって男の作者だったら、女子高生に昭和の臭い漂うオヤジ系シモネタを妄想させるとかこっぱずかしくてできないでしょ 笑

女性の漫画家が描く自虐系ラブコメの一種だと思います。
例によってヒロインの相手は女性の理想が詰まったような男の子だし。

ところで思春期の頃って異性に対して身勝手な幻想、妄想を抱きがちですよね。
男子は「女の子はみな清純」とか漠然と思ってたり。
女子は女子で「男子はすけべ」
「でも◯◯くんはカッコいいからやらしいこと考えたりするはずない」とかとか

思い返すと恥ずかしいですねー。

そんな妄想がアホのように肥大した女の子のラブコメに興味がある、と言う方向けかな。
この調子でいけば結構面白くなりそう。


そうそう。
八宝斎みたいなのでてきてシモネタの昭和臭に拍車をかけてます。
声はイケメンぶりと舞台俳優でも活躍する演技力の高さに定評のある"つんちょ"。
ACCAのニノとかGANGSTA.のニコ演った方です。
ホント、この人なんでもできるな。
声の演技もまんま八宝斎で 笑

タイトルは林田健司さんの名曲です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 41

noindex

★★★☆☆ 3.0

これ少女漫画じゃん…

おためしの1話を読んでみたのだが…陰キャで男嫌いで勉強ばかりしている女子高生がイケメン男子に告られて…?
あれ?これよくある少女漫画じゃん。原作者も少女漫画家だし。
エロネタもあるけど、エロい少女漫画なんかいくらでもある。
少年マガジンエッジというからてっきり男子向けエロ漫画かと思ったのに…。
で、調べてみると少年マガジンエッジってヒプマイとか女子向けの漫画ばっかり載ってる女性向け漫画雑誌なんだよね。
じゃあなんで「少年」ってついてるんだよ…よく少年ジャンプが腐女子向けになっていると揶揄されるが、こうやって少年と誌名につけつつ内容は完全に女性向けって雑誌も出てきてしまってるんだね。嫌な世の中だ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9

61.3 3 グランベルム (TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (70)
369人が棚に入れました
満ちた月の運命―――歯車が回る新たなる月夜。世界中の魔力が消失してから1000年近くの時間が過ぎ、すでに魔法は人々の記憶からもすっかり忘れられていた。そんな世界で生きる明るく元気な高校生、小日向満月は前向きに暮らしながらも、心のどこかに不安を抱えていた。自分には何もない――。勉強も運動も得意ではない彼女は、自分だけにできる“何か"に憧れていた。夜空の月がやけに大きく感じられた満月の晩。彼女はもうひとりの月の名を持つ少女、新月エルネスタ深海と出会う。それは魔法人形“アルマノクス"との遭遇でもあった。満月の運命の歯車が、軋んだ音を立てて今動き始める――。

声優・キャラクター
島袋美由利、種﨑敦美、日笠陽子、久保ユリカ
ネタバレ

HmFDB75691

★★★☆☆ 3.0

【考察】満月は千年前の魔術師か

さいきんのロボアニメはロボがないほうがいいと思ったりする。この作品はどうなんだろう、というのが第一印象。


第1話 ロボがかっこよければ
{netabare}
学校に戻る理由は色々あるけど、弁当は珍しいパターン。当然のように戦いに巻き込まれ、ロボのパイロットに。王道な始まり方。

作画もキャラデザも文句なく、きれいなほうだろう。ロボはずんぐりむっくりでイマイチ。魔力がたまるとスタイリッシュに変形するとか。

謎もあるのでレビューも楽しめそう。
見た目はリアル世界だけど、魔術の歴史があるという設定。この歴史が胡散臭い。騙されて戦わされている、「ゆゆゆ」的な感じがする。

気になるのは、満月と新月。ミスリードを誘うような名前。調べてみると、満月はパワーストーンの浄化には最適らしい。願い事をするのは新月がいいらしい。アニメと関係があるのかは不明。
”マギアコナトス”は、マギア+コナトスかな。コナトスは実際にある。世界は「物体」でできているみたいな。それを「魔術」に変えたものじゃないか。

第1話だけでは手探り状態。5、6話まで進まないと考察も難しい。
{/netabare}

第2話 満月のキャラ説明回
{netabare}
満月(月のほう)は表は明るいけど、裏は暗闇。満月の性格を表しているのかも。魔術師になりたい動機が不純すぎるし。

今回も手探りで考察してみたい。
各キャラの色をOP順に並べてみる。
満月(緑)、新月(紫)、アンナ(水色)、ロサ(赤)、寧々(青)、水晶(薄緑?)、九音(透明?)

”マギアコナトス”にある球体を正面から見ると、
薄緑、青、緑、紫、水色、赤
となる。
最初は5つだったが、満月がバトルに参加して6つになった。九音はまだバトルに参加していないと思われる。

胡散臭いのは、”マギアコナトス”にあった魔力を与え、バトルに負けると回収されるという仕組み。あの球体がすべて埋まったら、なにかが起きるとは考えにくい。目的が現時点では読めない。

”マギアコナトス”の中央にあるのが紫。つまり、新月。単純に考えて、新月から始まったと考えられる。”マギアコナトス”を起動させた可能性もあるだろう。

前回書いたように、新月は願い事をするには最適。新月と接触すると、バトルに参加するのではないだろうか。一方、満月は浄化するのに最適。第1話で、ロサを倒し魔力を戻した……ある意味、浄化したともとれる。バトルに勝てるのは満月だけとか。

新月で始まり、満月で終わるというデキレースで、最終的に二人が残るのは決まっているのではないだろうか。
{/netabare}

第3話 ロボはなんとかなんないの
{netabare}
キャラたちのパートはそこそこだけど、ロボが出るとシリアストーンが落ちるというか……。
女の子がイメージするから、あんなロボになるという設定なのだろうか。それなら、かわいくしてほしい。中途半端な感じがする。

今回は、キャラたちの事情が中心で、謎の部分はそれほど進んでいない。前回書いたように、九音は最後の一人と考えられる。七人のなかで確実にあやしいのは水晶。裏がないと逆におかしいくらいのキャラ。

それぞれ願い事があってバトルに参加していそう。満月は魔術師になることで、新月は魔術師をなくそうとしているのかな。
{/netabare}

第4話、第5話 名前に意味があるのかも
{netabare}
まえに、満月(月のほう)は表は明るいけど、裏は暗闇、と書いた。名前に意味がある可能性が高くなった。

ロボが変形したけど、スタイリッシュでなく、ラスボスの変形みたい。どういう裏があるのかわからない。
ロボものでも、魔法少女ものでも、緊張感のあるバトルが展開されるけど、このアニメは、ロボで魔術なのに、いまいち緊張感が伝わらない。というか、その部分を謎にしている。

タイトルでもある”グランベルム ”について考察してみる。ベルムは、ベールのこと。大きなベールとなる。このベールをどう解釈するか。心のベールって感じなんだろうな。それが取れると、変形したり、闇落ちするとか。
{/netabare}

第6話 オチは途中で気づいた
{netabare}
新月のこっそり魔術は、途中で気づいた。子供時代の回想は、2、3話くらいに出してほしかった。

第6話よりまえに、今回のオチに気づけるか、検証してみる。
伏線になりそうなのが、満月にも見せたこっそり魔術と、「わたしには勝てない」のセリフ。この二つの伏線で、今回のオチに気づけるか……。
新月の性格を考慮すると、ちょっと難しい。すごい魔術師に仕立てておきながら、「わたしに勝てない」って、新月の性格、悪すぎ。現在見せている性格と一致しない。裏があるのかもしれないが。

気づいていない伏線がまだありそう。気になっているのは、お弁当。伏線っぽいんだよな。満月が魔術師の能力を持っている理由と結びつけてみたいけど、思いつかない。
{/netabare}

第7話 ストーリーよりも声優さんの演技かな
{netabare}
今回は日笠さんの演技に圧倒された回だった。7割くらい日笠さんのセリフだったんじゃないか。ストーリーはそこそこかな。握手のシーンもなんとなく読めたし。

新月とアンナの関係がわかりにくい。とくに新月に対して敵対心を持っている理由。新月がこっそり魔術を使ったり、フーゴ家の跡取りとか、これらは後から判明したこと。それらが判明するまえから敵対心を持っている。その理由についてほとんど描かれていない。
たぶん、新月が去ったあとでも、新月を慕うフーゴ家内の雰囲気なんだろう。だけど、あれだけのバトルをくりかえす理由としては弱いと思う。

新月の屋敷跡で、新月の髪飾りと同じ家紋?があった。満月も同じような屋敷があるとか。もしかしたら、滅ぼしたのは満月の一族とか。あの家族を見る限りはなさそうだけど……。
{/netabare}

第8話 眠っているんじゃないか
{netabare}
面白くなってきた。考察できるという点で。
ネットの感想や考察を読んでて、「ロサって誰?」って思った。最初のほうで退場したから覚えていなかった。写真のロサとは髪の色が違うような気もしている。

ネットでは、満月が存在するのか、って書かれている。有力だろうけど、ミスリードの気もする。現時点の考察はこんな感じ。

グランベルムに参加している女の子たちは、大切な人を失った原因に関与している。記憶に覆われたベールをはがすため、催眠セラピーを受けている。

満月は妹かな。お弁当が伏線なら、母親のお弁当を再現している気もする。
新月はアンナ。幼いころの回想は改ざんで、アンナが魔石を見つけたときになにかあった。
寧々も家族関係だろう。
九音はいたずらして姉にかけてしまった。
水晶はセラピスト、もしくは、そういった子たちを集めて心理的な実験をしている。

日常の世界やグランベルムは、満月たちにとって都合のいい世界になっている。新月がアンナを倒したのも、加害者意識が働いた結果とか。現時点では色々想像できる。
{/netabare}

【考察】満月と新月はプリンセプスだった
{netabare}
満月と新月はプリンセプスになったことがあり、二人のプリンセプスによって改変された世界なんだと思う。プリンセプスになると膨大な魔力を使い放題。失った人を復活させたりもできる。

過去にプリンセプスになった満月は母親を復活させた。満月の家の魔力が強いのは、母親が魔力でできているから。お弁当が普通なのは、作ってもらったのが小5までだから。卒業式の写真に写っているのは本当は満月だけ(後々の伏線)。

満月に願い事がないのは、すでに叶えたから。

満月は本当は魔術師なんだけど、思い出すきっかけになるから、その記憶を消した(周囲の人も含む)。第5話で満月の暴走が止まったのは、同じ境遇の寧々の記憶を見たから。


新月はアンナ。たぶん、魔石探しのとき、「わたしには勝てない」と言われたアンナがムキになり、事故に遭った。
罪の意識から、アンナがいたら憎んでいるはずと新月は思いこむ。だから、憎しみに満ちたアンナが復活した。じっさいのアンナは優しい子で、終盤でまた出てきて新月を慰めるのだと思う。
{/netabare}

第9話 満月はマギアコナトスにいる?
{netabare}
寧々が気づいたことは、満月がプリンセプスだと予想。膨大な魔力を使えるのはプリンセプスだけなので。
満月は魔術師で、新月や寧々とも親しかった。彼女たちの心の傷も知っていたから”前回”のバトルに参加した。満月と最後まで戦ったのが水晶かな。

満月はプリンセプスになり、記憶の改ざんや失った人を復活させ、虚構の世界を作った。新月たちといる満月も魔力で作られたから、あんな手をしていた。

満月はマギアコナトスにいて、虚構の世界を維持するため、ずっと魔法をかけ続けている。
これがプリンセプスになって願い事を叶える仕組み、とか。

予告も気になっているので、もう少し考えてから、考察してみたい。
{/netabare}

【考察】グランベルムに隠された真実
{netabare}
グランベルムが大きなベールという意味なら、真実がベールに隠されているはず。で、こんな考察をしてみた。

マギアコナトスは、魔術師の魔力を奪っている。魔術師に気づかれないよう水晶を使い、バトルの最中に奪っている。プリンセプスを餌にして、魔術師同士を戦わせて、魔力が高まったところをいただく。これがグランベルムに隠された真実。水晶はマギアコナトスに操られていて、四翠は水晶を助けようとしていた。事情を知った九音から怒りが消え……。
{/netabare}

第10話 いろいろ考察してみた
{netabare}
複雑になって、不自然なところが多くなった印象。
満月と九音は、周りの記憶から消えているのに、寧々は満月のことを覚えている。卒業式の写真から満月が消えるのも不自然だし、小5の絵日記は小5でなくてもいいことになる。
これらが伏線なのか、ゆるい設定なのか、難解。伏線と思って考察をするつもりだけど。

水晶は、新月のような試練をこなして、マギアコナトスの手下になった気がする。四翠と水晶は、満月と新月と同じような関係。四翠は水晶を助けるために、なにかを仕込んでいると思うんだけどなあ。

”プリンセプスのふたり”は、満月と新月でなければタイトルに入れないと思う。あと、満月の日にバトルをするのが、満月と関係ないとは思えない。
{/netabare}

【考察】満月の日にバトルをする理由を考えてみた
{netabare}
卒業式の写真から満月が消えるはずはないので、満月は人間。満月と四翠は、マギアコナトスによって、心と体が分けられた。満月(体)は、病院のベッドで寝ている。

『試練を受けているのは、満月。満月が試練を受けているから、満月の日にバトルをする』

満月のほうがつらい状態だから試練と言えるし、満月の日の伏線も回収できる。

四翠が人間に戻れないのは、水晶を救っていないから。九音と水晶は仲が良かったけど、事故で九音を失った。たぶん、短刀が原因。水晶はマギアコナトスのせいにしている。
同じように、新月はアンナ。魔石探しのときアンナが事故にあった。

満月が負かした相手が生還できたのは、相手が人間だから。アンナと九音は、マギアコナトスが作り出した。友だちを救うという満月と四翠の試練のために。記憶や写真は、改ざんされた状態がもとに戻っただけ。

満月の最後の試練は家族だろう。小5のときに事故にあって、満月だけが生き残った(からっぽになった理由)。これを受け入れたら、満月は人間に戻れる。
魔石や短刀は記憶を取り戻すときのアイテム。満月は家族旅行に行ったときのお弁当。
{/netabare}

第11話 日常回ではなく、克服回
{netabare}
泣けるシーンなんだろうけど、満月を人間と考察したためまったく泣けなかった。このまま終わるような感じもするけど、考察は続けていく。

満月は人間で、試練を受けているのは満月。だから、満月の日にバトルをする。満月たちには大切な人を失った過去があり、ベールに隠されている(満月は家族、新月はアンナ、四翠、水晶は九音)。バトル(グランベルム)のときにベールがはがれて見えたりする。その記憶を見て、どう行動するかが、プリンセプスになる条件でもある。

今回は、満月が試練(体)を克服した話。つぎは心が試される。克服するには一人では無理。友だちがいて乗り越えられる。満月は新月を助け、新月は満月を救う。こうして、ふたりのプリンセプスが誕生、そんな終わり方を予想。
{/netabare}

【考察】満月は千年前の魔術師か
{netabare}
月と満月のシーンがよくある。これは、満月を月のウサギに見立てているのかも。月のウサギは、食料のためにその身を捧げたウサギの話が由来。詳しくはチコちゃんに聞いてくれ。
で、考察はこうなる。

満月は、マギアコナトスにその身を捧げた千年前の魔術師。

歯車が動きだし、満月が復活。満月の日にバトルをする理由にもなる。瞳の色が同じ水晶は、満月の子孫。
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5
ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0

今観てる

1話感想{netabare}
おふう、多くの方が指摘されてる通りメカがワタルというかリューナイトというか…。
あっるぇ?“コメットルシファー”でアニメーターのロボ描きたい欲求はもう満たせたと思ったんだけど、まだ足りない?
ってかコメルシがラムネ&40世代が作った感じだとしたら、こっちはワタル世代?
え、逆行してね?
いづなよしつね(“プラネットウィズ”のメカデ)でもここまで丸くはしないだろーってレベルまで丸くしちゃって、爆丸よりも丸くし易そうw
どうなんだろうね、そのうちパワーアップして形態チェンジしたりしないのかな、その時頭身上がるとかで。

他にも色々言いたいことあった気がするけど、もうちょっと様子見~。{/netabare}

2話感想{netabare}
あ…これはよくある「ロボット出ない方が面白い」展開?
満月は透明な存在でアイデンティティの拠り所として弁当や雑用をこなしてるんだとか。
なんの取り得も無い空っぽな存在が何か目的を見つけるってのは“宇宙よりも~”に通じるものを感じる。
これを尊いものとするか黒いものとするかで展開分かれそう。

それはそうと新月が教室で開花させた鉢植え、何のつもりだったんだか笑えるw
普通にユリのつもりなんだろうけど…背景じゃなくて原画の人に回したせいかまぁ、うん。
悪いってことじゃなくてアニメじゃこんなもんだよねーってことで。{/netabare}

3話感想{netabare}
新月のヘクセンナハト参加の理由は、こんなフザけたルールを終わらせてやると「優しい王様を目指す」(ガッシュベル)なんだそうな。
本心かどうかはまだ疑わしい感じかな。
ってあれー?ガッシュベルじゃなくてもっと最近にも似た理由でバトロワ参加する作品なかったっけ?やっべ思い出せない。
アンナはウィクロスのアキラッキーと非常に被る…大してアニメ作品見てないのでお約束キャラなんだったら別に構わんけど。

ところで他の方のレビューでプロデューサーのインタビューが紹介されてて見てみたけど…流し見でしか読んでないけど、う、うん。
あんま言うと「コイツいつも文句言ってんな」と思われそうでなるべく控えたいんだけど…う、うん。
前期に“さらざんまい”をやってたお陰で考えを一層強固にすることとなったのだけど、ロボモノ謳うんだったらバンクシーン入れてくれよと。
搭乗でも発進でも変形でも合体でも撃破でも、どこかに「お約束」として確立させた繰り返しネタを仕込んで欲しい。
ホントにワタルやリューナイトを見てたのか疑わしい。
最近やったグリッドマンだってちゃんと「アクセスフラーッシュ」ってやってたじゃん?
ってか深夜アニメなんだから搭乗シーンで裸になるくらいやろうよ、魔女っ子以下じゃーん。
繰り返し(お約束)はBGMでもいい、エヴァで「デン・デンデンドンドン…」を聞くだけでワクワクするような刷り込みされなかった?
戦闘始まったら挿入歌流すくらいの勢いあっても良さそうだけどなぁ、ビリーブハートみたいなさ。
まぁそれ系って1話の間に出撃・撃破を済ますスタイル=1話完結型で、グランベルムは回を跨ぐので事情違うのかも知れないけど、それならそれで「敵をなかなかやっつけられない」になるのでロボットモノとしては相性悪い気が。
毎回派手に爆破させてナンボって部分があるので…そうでないとロボットである必要性ががが。
少なくともSDデザインとは合わないんじゃないかなぁ。{/netabare}

4話感想{netabare}
なんか本格的に“ウィクロス”になって来てないか?
ロボもっと出さんと差異が…ってかアキラッキー(アンナ)で引っ張るなよとw
ウィクロスの願いのほうがもっとドス黒かったせいか「アキラッキー居るくせに生っちょろいな」と思ってしまったり。
こういう系ってルールを設けたヤツが黒幕、ないし「人間が勝手にそういうルールだと思ってたこと」と「その世界の法則」に齟齬があってどうこうって展開になるのが多い気がするが、これもソレ系かのう?
ってかさ、あのさ、時間切れで引き分けってアンタ…。
言ったじゃーん?「敵をなかなかやっつけられない」はアカンって、少なくともロボットモノでは相性悪いって。
それ系やりたいんだったら異能バトルで良いじゃんって話で…うう、なんでこう悪い方向の予想が当たってしまうんだ。{/netabare}

5話感想{netabare}
変形キター…けどなんか盛り上がらない。
1年間続けてきた戦闘スタイルを崩した説得力がどうにもいまひとつ。
そりゃ主人公と接して何かが変わったってことなんだろうけど…成長モノとしてはごく当たり前のことなんだけど…特に最近JOJO第5部やってたせいか──あっちは「JOJOによって変化した!」を耳にタコが出来るくらいやってたので──何か説明に物足りなさを感じる。
これはタイミングが悪かった…だけかなぁ?
あとやたらイメージイメージ言うけど、これまた他作品の名前挙げて恐縮だけど、初代プリズマイリヤでは{netabare}発想が柔軟(ある意味コドモ)なイリヤは簡単に空を飛べるようになったけど、現実主義なミユは重力無視して体が浮くイメージがどうしてもできなくて空を飛べずにいたところを、「空中に見えない足場があったら」と発想を変えることで飛べる様になるというシーンがありまして。
なので当然2人の飛び方のスタイル(描写)は違くて。{/netabare}
イメージイメージ言うならキャラごとにこれ位の発想の違いは見せてくれないと…なんかね、うん。
ロシア語…じゃねーや、広東語で考えた方が反応が早いとかさ。

と文句書いてしまったけどこれは前フリ、そんなことより次回予告ですよ。
プレイヤーにダイレクトアタック来る!?
なんかそっちのが面白そうw
序盤でロボット戦では消し炭にされても死なないことが明示されてたけど、ダイレクトアタックだったら頭カチ割ったら死ぬよね?
別に残酷描写が見たいんじゃなくて緊張感が足りないと感じてたんでねー、やっと緊張感のある展開になるのかな?
ってかジグラート外での勝負はアリなんかな?
アキラッキーが反則したということになるのだろうか、その場合ペナルティはどうなる?…等、ちょっとワクワクして来たぞ。
とはいえ、もしそっちの展開のが面白かったら本格的に「ロボ無い方が良い」になっちゃうので、あんまり期待するのも危ないかな?{/netabare}

6話感想{netabare}
自分の才能だと思ったら実は「気に入らないヤツ」が裏で手助けしてた…って展開、ほう。
なーんかね、あんま言っちゃ悪い気がするんだけどロボ無い方が面白くね?
なによりも予告w「ストーキングという名のライフワーク」wwww
おい、前回といい予告が一番面白いじゃないか!

現状主人公は周囲がドロドロしてる割には蚊帳の外というか、直接的な因縁の無い状態。
どこか他人事で新しく与えられた玩具が楽しくてそっちに夢中って印象、「空っぽな存在」という意味では正しい?
多分「いつまでそんな他人事でいられるかなー?」という展開が来るとは思うんだけど…実は泥人形とか妹が本体とか現実だと思ってたのは月の量子コンピューター内のシミュだとか(妄想)。
一方でセレクターバトル開催者の思惑にも踏み込んだ描写があり、ちゃんとそこ明かしてくれるのなら助かる。
けど1クールに収まるのかなぁ?という不安も。
ねね姉が“ハンドシェイカー”のコドモ店長と被るがそのハンドシェイカーすら話が完結するのは続編の“ウィズ”含めて2クール、よく例に挙げてるウィクロスなんて…全何話だ?
精神世界で哲学的なこと言って有耶無耶に…ってことだけは止めて欲しいが、果たして──。

ってか、女の子ばっかりで願いを賭けてバトロワ作品って良くあるっちゃあるけど、男キャラ不在で願いに色恋沙汰が無いのがなんか物足りない。
だったらもうガチのレズキャラ居ても良さそうな気がするんだが…アキラッキーがそうってこと?{/netabare}

8話までの感想{netabare}
7話、戦闘メイン…なぜか盛り上がらない。
いつもメルヴェイユスペースが薄暗くてパっとしないせいかな?
それより8話、イマ人を刺激するTDKのCMのアンディーウォーホルwww
えっ、色?色なんスか??
減法混色的発想で何も無い白だと思ったら、実は加法で全部あるだったとか、そんな話?{/netabare}

9話感想{netabare}
「オレも泥人形だったのかー!」
うん、ダイレンジャー見よう。
スタッフがインタビューで仮面ライダー目指してるみたいなこと語ってるのを目にしたけど、具体的には井上敏樹でしょ。
「ワタル=スタジオライブ」+「井上敏樹」だったら“牙”があるじゃーん?(監督はライブの現社長)
しかもキャラデザは“宇宙より~”のサムシング吉松で。
うん、牙見よう、但し1クール目はつまらないぞ。
まぁそういいつつ自分も“牙狼”や“ソードガイ”は見てないんですけどね。
ってことでスタッフに井上…は無理でも、せめて荒川稔久を呼ぶことは出来なかったのかな。
実は覆面で関わってるってことは、無い?無いかなぁ?
なーんかね、あんま言うとなんだけど、やろうとしてること・下心が透けて見える。
井上が下衆すぎるだけなんだろうけどどうしてもそれと比べて…ヌルくなーい?
精神攻撃とかもっとエゲつなく描けると思うんだけどなぁ、抑えてるのかなぁ。

というか…仮面ライダー云々のインタビュー見て思ったんだけど、巨大ロボをガチでやるつもりなら、MS少女と何が違うん?をもっと頭が禿げ上がる位悩んで欲しかった。
現状MS少女と代替可能で…仮面ライダーの延長じゃあタックルじゃん?{/netabare}

11話までの感想{netabare}
田村ゆかり声で銀髪キャラで、暫く意識が無くて(記憶が無くて)、それが「クオン」とか喋ってると…“ISLAND”思い出して笑ってしまうw
ズルいだろこれww
しかもISLANDとアニメ放送時期の近かった“ロストソング”が内容や役どころが似てて、「どっちが先かは知らんけど田村ゆかりはどんな気持ちで仕事やってたんだろう」と思ってたら、またコレ系かーい!
グランベルムのアフレコ、いや声優決定したのってISLANDより前だったりするのかな?
狙ったんじゃなくて偶然だと思うのだけど、田村ゆかりは何か引き寄せるナニかを持ってるんじゃないか?
狙ったのだとしたらちょっと分かりにくいかも、自分も今期“YU-NO”があったお陰でたまたまISLAND思い出してた部分があるので。

内容については…ん、あっそう、って感じ。
↑で書いた通り自分はどうしてもダイレンジャーが頭をよぎってしまうため、「満月の正体が明かされるより前の段階で満月以外の人形キャラを出しといて、それを満月が憐れむ」みたいなシーンをやっておいてくれないと全然響かない。
更に「憐れむ」じゃなくて「蔑む」(めっちゃディスる)だったらエレクチオンするレベルで大興奮だっただろうに…う~ん。
(散々コケ下ろしておいた後での「オレ“も”泥人形だったのかー!」が光るワケで)
とはいえ、実は妹も?なーんて可能性もあるっちゃあるので様子見。
全てがマギアコナトスの気分次第ってのはどうなんかなぁとは思うが、これも最後まで見てみない限りナンとも言えん、かなぁ?{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 10
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.7

1話前半切り。花田十輝版レガリアかな…

1話前半
YouTubeで冒頭10分公開されたので見てみたが…。
{netabare}主人公の女の子が異世界に来てしまい、ロボットバトルに巻き込まれるといった展開。{/netabare}
SFではなくファンタジー世界観で、ロボットがスパロボみたいな超デフォルメ体形なのでカッコ良さはない。
主人公がオバカだったり、敵チームがやたらギスギスしたりするのは花田先生らしいと思った。この先行公開は日笠陽子がギャーギャー叫んでるだけで終わった感がある。
女主人公ロボットものは「神無月の巫女」「奏光のストレイン」「クロスアンジュ」といった傑作もあるが、それらには及ばない予感。

夏は見たいのが多いのでやめる。私にとっては先行配信が逆効果だったが、判断材料としては有難い先行配信ではあった。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

78.5 4 がっこうぐらし!(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.7 (1660)
8157人が棚に入れました
学校に寝泊まりしちゃおうという学園生活部。シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、おっとりした顧問のめぐ姉らに囲まれた丈槍ゆきの瞳に映る幸せな“日常”はしかし……!? 千葉サドル×海法紀光(ニトロプラス)の強力タッグが贈る注目作。

声優・キャラクター
水瀬いのり、小澤亜李、M・A・O、高橋李依、茅野愛衣

ゴードン1123

★★★★★ 4.1

可能性へ

これだからアニメはやめられない。

この作品は本当にノーマークでした。
私はよく学園モノを観るのでその流れでこの作品へと出会いました。
キャラデザインはとても可愛らしいです。
作画も悪くありません。
すこし、設定に無理があるのはアニメです。しょうがありません。


この物語には萌系アニメにあるような無作為に出来事が起こるのではなく大きな入学から卒業までの間に起こる葛藤や出会いや別れがキチンとあります。そして未来への可能性を描いたとても良い作品だと思います。

しかし、はっきりいって驚きがとても多い。

あまり他人のコメントを見たりしながらこの作品を鑑賞することはおすすめしません。
ですが、自分では気づかなかった小さいトリックがとても多く隠されていると思います。

元気が出る作品ではありません。

ですが考えさせられる良いものだったと思います。


個人的には化物語の物語シリーズ、傾物語を思い出しました。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3

1話だけ見れば十分…でも最終回は良かったかな。

(いつまで真実を伏せなきゃならんのだろう…成分タグにはモロ書いてあるんだけどw)

1話。
お話は、少女たちの平和な学校の風景が続いていって…
{netabare}…しかしそのほとんどは主人公が見た幻覚だった。
視聴者が見ていたのはまやかしの景色。
本当の世界はまるで映画ワールド・ウォーZのようにゾンビに乗っ取られてしまっていた。
みーくんがクラスメートを無視していたのは全て伏線だったのである。そんなものは最初からいなかったのだ。

それにしても、主人公の精神がこれほど病んでる作品も珍しいのでは。
他には{netabare}俺たちに翼はない{/netabare}くらいか?
どんな原作かは知ってたけど、それでも真実の光景には背筋がぞっとしてしまった。{/netabare}
1話だけなら今季ダントツNo.1じゃないかな。
今Twitterトレンドで「がっこうぐらし」がトップになってるけど、SHIROBAKOみたいにスタッフはそれを見て喜んでるんだろうか?

原作・シリーズ構成の海法紀光というライターについて少し調べてみた。
{netabare}この人は翠星のガルガンティアの9話の脚本を担当している。そう、あのヒディアースの正体が分かる回である。
この人はネットを騒がせたのは今回が初めてでなく二度目なのだ。アニメで衝撃の展開を描くのは得意なのだろう。
ガンスリンガーストラトスのシリーズ構成もやっているので、虚淵玄とも親しいのかなとさらに調べると、過去にTwitterで楽しげにリプを交わしていた。この作品がまどかの同類作品なのは血統的に裏付けられているのは確かなようだ。{/netabare}

2話。さて…。
{netabare}多くの人が懸念していたのが「2話からは普通のゾンビものになってしまうのでは?」だけど、まだ普通のゾンビものではなかった。
主人公が幻覚を見ているというギミックをうまく利用してハラハラ感を出していたと思う。
めぐねえは主人公の中の理性の象徴なのかな…。
ゾンビは自主規制で直接描くのは無理なのかな、黒いモヤやぼかしがかかっていた。
今後少しずつ過去が暴かれるようだが…アニメはどう決着つけるのかな。海外から助けは来るのだろうか。
みんなシャワーは浴びられてるのかなぁ。太陽熱発電だから曇りを気にしてたけど、水道はシャベル洗うのに使えてたよね。ゾンビの世界になったのになんで水道は大丈夫なんだろう。{/netabare}

3話。
{netabare}運命の日の様子が描かれた。まぁホラー映画ではよくある光景なんだろうけども、胡桃が皆の前でシャベルで殺るところはキツかったね。
めぐねえの存在についてはちょっとひっぱりすぎかも。{/netabare}
さすがに失速が始まるのでは?自分としてはそろそろシャーロットや六花に話題性で逆転してもらいたい。

4話。
{netabare}今回は過去話、次回も。完全に失速してきたね。
それにしても胡桃ちゃん強すぎ!運転までするとは。
圭というキャラは必要だったんだろうか…。{/netabare}
なにがダメなのかと言えば、{netabare}ホラーものはこの先どうなるんだろう?というドキドキ感がキモなのに、結果がわかりきっている過去話を2話にわたってやることだ。{/netabare}
まぁここまでよくやったよ。1クールを先行逃げ切りはできない。
そろそろ話題No.1の座をシャーロットか六花と代わろうね。

5話。
{netabare}映画館の演出はなかなかホラーしてたね。ゾンビって自我や意識はどのくらいあるんだろうか。
でも防犯ベルであの状況を切り抜けられるかなぁ?
OPの圭がゾンビに変わったね。{/netabare}

6話。
{netabare}めぐねえが実はいないってのはもっと早くやった方が良かっただろう。原作と構成を変えているみたいだし。
EDが変わってたけど、めぐねえだけでなくその食べ物もなかった、というのが新たな事実だろうか。
予告でめぐねえが無言で消えるのは良い演出。ゆきが一人芝居…。
りーさんは最初みーくんを警戒してたんやな。しっかりしているけどいざという時は臆病になるところもあるよね。{/netabare}

このアニメの敗因は{netabare}「ホラーに徹しなかったこと」だろう。
1話の割れた窓を閉めるゆきや、6話のゆきの目が不気味になる演出はとても良かったが、全体を通してそういうサイコホラー演出が少ない。
2話以降もしっかりとホラーの演出を丁寧に積み上げていけば、失速はしなかった。ゾンビ世界での日常、があまり面白くないという失敗事例としてしか存在価値の無い物になってしまった。{/netabare}

7話。
ここまでつまらなくなるともう何も言う気はないが…。あの1話からよくここまで失速させられたよね。
1クールで半分まで見たら残りも見る主義なので、消化試合を続けるけど。
最近憂鬱なのが、このアニメはどうでもいいけど、今後もこの原作者がニトロプラスのアニメに関わってくるであろうこと。
ガンスリやこれを見ればわかるようにこの人アニメのシリーズ構成としての才能が皆無のようなので、今後も駄作を生み出すことになってしまうのではないかと。

8話。
{netabare}緊急避難マニュアルゲット。ゾンビとの駆け引きのあるバトルとか見たいけど終盤は地味ーな話をゆっくりやるばかり。{/netabare}
海法紀光は客を楽しませるということを何も考えてないんだろう。
あとやたら乳と尻を見せるカットが増えた。海法以外のスタッフの焦りを感じる。
海法の脳内は「これで俺はもうすぐ虚淵に追いつけるぜえええゲヘヘヘヒャッハー」程度だと思う。いやマジで。そうでなければこんなにつまらなくなるわけないし。
そんなゲスなこと考えてるわけないだろうと思う人もいるかもしれないが、かつての下倉バイオのTwitterでのまどかに対する嫉妬にまみれた許せざるべき暴言を見れば十分あり得る。

9話。
{netabare}水着回。今回もゾンビとの駆け引きとか一切ないのでつまらないという平常運転。最後にめぐねえが出てきたが…。{/netabare}

10話。やーっと話が大きく動いたね。ここまでの中だるみをもっとなんとかしていれば良いアニメになっただろうに。原作より日常描写偏重にしてしまったのが裏目だった。
{netabare}りーさんが包丁取り出したときは鬼気迫るものがあったね。
りーさんがくるみを包丁でメッタ刺しにする想像シーンがあればよかった。
そういう演出を積み重ねれば凄くいいアニメになったのに。ほんと惜しい作品だ。
でも小澤亜李のうなされる演技はもっと何とかしてほしかったデスワー。
太郎丸もやられたしバリゲードも崩れたしようやく緊迫感が出てきた。{/netabare}

11話。
{netabare}ゆきがめぐねえの死を受け入れる所まで回復したが…ただ外の世界もゾンビだらけ、まではまだ認めてないっぽい。
どっちにしろ次でおれたたENDは確定だろうな。{/netabare}

12話。
{netabare}正気に戻ったゆきTUEEE!放送でうちに帰ろうと呼び掛けてゾンビを一掃!1話のゆきの学校についての想いをここで語って、伏線を回収したことになるのかな。
でもゆきは治ったんだから3人に今まで迷惑かけたことを謝るべきだと思うがw
くるみ復活と太郎丸大往生はちょっと泣きそうになった。
太郎丸の埋葬の時にみーくんが太郎丸の幻覚を見たところで、ゆきが自分と同じにならないように阻止していたね。
卒業式はエンジェルビーツみたいだったな…。{/netabare}

【総評】
ネットで大きな話題になった1話のギミックは文句無しに面白かったのだが、4~9話の中だるみが惜しまれる。日常話にしても、もっと面白く作れなかったのか。まぁ原作者や監督の力不足なんだろうね。面白かったのは結局、{netabare}非日常の回だけだったし。{/netabare}求められてたものとずれていたのではないかね。

続きは…どうなんだろ?

投稿 : 2019/09/21
♥ : 46

◇fumi◆

★★★★★ 4.7

人間はどんな状態でも家族になろうとする 幸せも演技の中にある

原作は「きららタイムフォワード」に現在も連載中の海法紀光原作のコミック。
アニメ版のシリーズ構成も務めている 
2015年 テレビ放送アニメ 全12話
監督 安藤正臣 構成 海法紀光 キャラデザ 飯塚晴子
制作 Lerche


コミックからアニメへのストーリー変更はメディアの大きな違いにより、不可避なものであり失敗例も多いが、
原作者であるということで非常にスムーズなものになったと思われる。
この作品はの概要は他の人が書いてある通り、ジョージロメロ系である。

今回はこの作品を別の角度から考察してみようと思う。
それは「疑似家族」というありようである。

大人がいない状態で複数の女児が暇を持て余すと。おままごとを始める場合が多い。
なり手が少ないのはパパ役だが、もし最後に参加したのがフリフリのお姫様風女児でも自然とパパ役に落ちつく。
このアニメでは、ほぼ同じ年齢の女子高生4人が学校で長期暮らすわけだけど。

丈槍ゆき 天真爛漫で明るい性格だが依存心が強く思い込みが激しい
恵飛寿沢胡桃 スポーツ少女 カラッとした性格で怖いもの知らずだが弱い面もある
若狭悠里 大人びた外観で家庭的ではあるが常に先を見てまとめ役となる ちょっと意地悪っぽい 勉強スポーツ共に出来る

ここで、胡桃がパパ、悠里がママ、ゆきが娘を演じる。
演じているのである。 
絶対の真理と思われた家族は単に一人一人が役割を演じていただけだという。
これがメッセージかどうかは知らないが、重要なテーマとなっている。
そして、あとから参加した直樹美紀。
レズ気味の少女でゲスな表現だと猫役 気の弱い少女だった。
空いたパーツは息子である。

この役割が最後に向かうにつれて重要性を増していき、それぞれのすべき事柄に集中することによって物語を進める。

この作品はロメロの神ともいうべき映画三部作に劣らない見事なものになった。
単なる模倣ではない、と言えるのは家族のありように切り込んだ設定だと思いました。

核家族時代には生まれながらに決まっていた役割も、多様化の現代では同性婚などの変化が起こり考えさせられました。

すべての人にお勧めできる傑作です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 37

69.5 5 セイレン(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (485)
2308人が棚に入れました
高校2年生の夏。「嘉味田正一」は進路希望表の内容で担任に呼び出されたことをきっかけに、大人になることへの不安を覚えはじめる。
そんな彼が様々な女の子と出会い……そしてどんな将来を目指していくのか。
未来へ向かって駆け出す等身大の高校生と清廉(セイレン)可憐なヒロイン達の恋愛物語が、今始まる!

声優・キャラクター
佐倉綾音、木村珠莉、井澤詩織、三上枝織、沼倉愛美、下地紫野、黒木ほの香、江口拓也、田村ゆかり、藤田咲、藤井ゆきよ、長妻樹里
ネタバレ

こた

★★★★☆ 3.9

アマガミまだ観てないけど……

最終回まで観終えて

主人公アマガミの主人公と比べられるようだけど、何気に好感持てる主人公だったと思う。
とびきり良くもないが、悪いとも言えない作品くらいには収まった感じ。
奥華子さんが歌うOPは作品観なくても一度聴いてみて。

☆個人的なハマり度
(※あくまでも目安です)
★ピーク
1話☆☆☆
2〃☆☆☆☆
3〃☆☆☆
4〃☆☆☆★
5〃☆☆☆
6〃☆☆☆
7〃☆☆☆
8〃☆☆☆☆
9〃☆☆☆
10〃☆☆☆
11〃☆☆☆
12〃☆☆☆

宮前透編までを観終えて≪軽い感想≫
宮前先輩はとにかく変わり過ぎw
主人公が追いかけるっていうタイプのヒロインだね。
突き放してしまっても、その後も一人の世界に没頭して何だかんだで楽しく生きていきそうな。
そんな変わり者の彼女でも、最後の回でこんなにも繊細かつ魅力的な性格、また女の子らしく可愛い一面があるんだよって伝わって、宮前透というキャラのパズルが完成したような感じ。
たとえ世の中でいう変人・奇人であっても、運命の人と出会えば、人と並み以上の幸せを(家庭も)築けるんだってメッセージかな。
相変わらずOPが胸に響きます。
{netabare}鹿の交配のくだりは可笑しかったw{/netabare}
次回からはいよいよ桃乃さん編、作品のラストスパートにもなるし楽しみ。


常木耀編までを観終えて≪軽い感想≫
OPがすごく耳に浸透してきたので、ちょっと期待を込めて視聴。
アマガミは以前桜井編と上崎編を興味本位で観てみただけで、スト子以外は内容もあまり覚えてない。確か主人公が受け付けなかったような…。
今作のセイレンは主人公にイライラすることは少ないし、キャラデザが黒髪でロングという(不満な人は多いというけど)落ち着いた感じで、近頃のアニメ作品を観ているとなんだか新鮮に思えた。それと目に余るほどではない程度に色っぽいシーンはあるけれど、それが最近の「あー萌えかー」「パンチラかー」ってテンプレに収まってる感じじゃなくて、本当に背徳感を感じてしまうものだった(;'∀')
脚本の担当者によると、2話だけでは各ヒロインの魅力を十分に伝えようにも伝えられないとのことで、やむを得ず6人いる女性キャラのうち3人にのみにスポットを当てる形になってしまったらしいけれど、物語の進行も丁寧で、結果的にいい形になったと思う。4話までは割と高得点かな。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 50
ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0

リアル高校生「風」恋愛アニメ

「アマガミSS」「キミキス」などが好きな方は当然合うでしょうね♪

オムニバス形式の高校を舞台にした恋愛アニメ。OPは、奥華子さんの透明感溢れる歌声がキラリと光り、今期(2017冬)では屈指に好きな歌です♪

【各話感想】
《常木耀 編》
{netabare}
1話目
ある意味凄いな。何のインパクトもない初回(ラストだけやや印象アリ)w いや、悪くはないですよ。どう考えても、リアル路線の恋愛系で、最終的には、「タヒね! リア充め!」的になっていくのだろうからw ゆっくり愛を育んでいくのもアリだとは思いますよ。もしくは普通に、「アマガミ系」(オムニバス形式)なのかな? ただ、このアニメ氾濫時代において、1話切りされても文句言えない、普通さです。とりあえず、様子見♪

2話目
予備校の合宿なんて行ったことないから、よく分からんな。普通の男子高校生らしいといえばらしい、妄想やら欲求やら。ヒロインの常木さんは、アニメには珍しいタイプ。完全リアルではないが、似非リアル女子高生キャラ。オムニバスだから仕方がないが、ヒロインデレるの早過ぎ、チョロ過ぎだな。

3話目
う~む、リア充してますな~w 勉強しろや(笑)という一言につきます。吉田さんと宮前先生のショートコントは笑ったw

4話目
女子って怖い……。毎週、「ALL OUT」を観た直後に観てるから、落差が(笑) やっぱり、来世も生まれ変わるなら男が良いなw ん? 作画、若干、体に対して顔がデカいシーンない? 海のシーンで思ったこと。まず確実に、スマホが水没してる(笑) なんかこう、応援したくならないカップルだな。嫉妬かな、嫉妬だな(笑)

《視聴終了》
結論。一番応援したいカップルは吉田さんと宮前先生です♪ 本編とカンケーな~い(笑)

アニメには珍しい「イケてる女子高生」がヒロインというのはなかなか良かった。が、なんか萌えられず。やっぱり、イケてる女子高生が、大きな理由やきっかけもないのに、イケてないカミタ君に惚れる展開にムリを感じたからかな。
{/netabare}

【宮前透 編】
{netabare}
5話目
ゲーム好き女子か。ゲーム好き男子からすれば嬉しいよね。しかも、特撮好きで美人で天然エロなんて、妄想の産物やな(笑) ラストに、なにやら怪しいシーンが。

6話目
プリクラ、昔(出始めの頃)から好きじゃないけど、こんだけ、スマホのカメラやプリンターが高性能の時代に、まだ需要があるのかな? 「女の子からの評判を聞きたい」って、どこのギャルゲだよw 常木さん、ゲームできるんだw てか、コメ要素必要かな?
なんだ? ネタ的な微エロもぶちこんできたけどw

7話目
確かに、ゲーム好きで大人しい女子グループに、モデル並みの美人がいたら、浮くよね。男子のグループにおいて、取るとか取らないとか存在しないんだけど、そこを心配するあたり、宮前先輩も女子ですね。もう、さっさと付き合えや(苦笑)

8話目
へ~、コミケって服飾のコーナーもあるのか。いつも(アニメだと)同人誌コーナーか同人ゲームコーナーばかりだったから(笑) ファスナーの場所エロすぎだけど、合理的だ(笑) 正一、諦めるの早っw 喉仏を吸うって、どんなフェチだ(笑)

最終回Cパート(未来の話)は、常木さん編の方が好きだったかな。ただ、ゲームとも服飾とも関係ない職業に就いてるってのが、妙にリアルで良かった。

《視聴終了》
オタク系男子の妄想を具現化したようなヒロインでしたね。ゲーム好きで、行動をリードしてくれて、美形で、エロくて、積極的で、でも清純で。なかなか魅力的なキャラでした。(制作の狙い通りと)分かっていてもハマるという(笑)
{/netabare}

【桃乃今日子 編】
{netabare}
9話目
今までで一番の「らしい」ヒロインかな。良くも悪くも「普通のアニメになった」感じですね。

10話目
どんな格好で寝てるんだよw 恥ずかしがろうよw 常木さん、すっかりギャグ要員に(笑) う~ん、あざとい……。(今日子の)問「どうして男の人はイヴになるとHなことをしたがるですか?」(視聴者の)答「イヴだけでなく、いつもです」(笑)

11話目
トラック回避とか、風夏と被るw 下着のクダリはよく分からなかった。パンツの穴のクダリは意味不明w プレゼントのパンツに穴を開ける=男性として意識していることの証明、っていうのは流石にムリがあるでしょw

12話目
なんか、イライラする(笑) とっくに両想いなのに、いつまでも牽制している生殺し感がイライラするw (可愛い)幼馴染を女として見られないって、アニメなら定番だけど、実際はそんなこと100%ないw

最終話Cパートは、一番普通かな。漫画編集者って、なぜ(笑)? まあ確かに、未来的に考えても、一番うまくいきそうな二人ではあるかな。

【視聴終了】
これまでのシリーズと違い、二人が幼馴染なため、(ゲーム風に言うと)スタートからパラメーターがMAXな二人。そのため、ヒロイン攻略に伴うドキドキ感は少なかった印象。

結論は分かっていて、しかも通じあっているのに、互いに気が付かない二人を、ニヤニヤしながら眺めるぐらいの態度が良いのかな?
{/netabare}

【視聴終了】
{netabare}
主人公は共通、ヒロインは各シリーズごとに違うという構成で、恋愛AVGをやっている気分になります。

作り方としては「ヨスガノソラ」と一緒。

楽しみ方としては、各シリーズごとの純愛にニタニタするもよし、他シリーズではヒロインだったキャラとの微妙なすれ違いに切なくなるもよし。

ただ、主人公が共通なので、ある意味では「一風変わったハーレムもの」と観れなくもないです。「ハーレムもの」の正否は、「主人公(男)が、そのハーレムを築くに足る人物か」だと思っています。

本作の主人公「嘉味田正一」は、「優しさ」がメインの男子。それなりの積極性はあるが、基本的には受け身で草食系男子。

個人的に一番評価しているのは、「宮前透 編」。正一が唯一主人公らしく「惚れさせ」にいったシリーズだった。

常木耀は、モテ系女子なので、わざわざ正一に惚れる理由が分からない。たまたまの偶然、かもしれないが、これまで言い寄ってきた男子の中には、正一のようなタイプの奴もいただろうし。

桃乃今日子は、幼馴染み補正が入っているので、主人公に惚れてて当たり前。ノーカウント。

宮前透は、人間的に欠陥があり、コミュ力が低いので、ゲームで繋がった正一に惚れていく展開には説得力があった。自分的に一番好きなヒロインだったし、楽しめたシリーズだった。

そう考えると、(あえて字を当てるなら)「誠恋」をしていたのは、やはり宮前透編だけのように思う。後の二人は、別に主人公を変えても良かったのでは?

(でも1番好きなカップリングは、宮前先生と吉田さんですw)

巷では、桃乃今日子が一番人気のようですね。確かに、一番可愛かった印象です。ただ、なんか一番「アニメらしい」キャラだったな、と。リアルな高校生の恋愛が売りだとしたら、一番リアルにいそうなのは常木さんだと思うし、特殊なキャラという点では宮前さんかな。「普通に可愛い」今日子は、どこかインパクトに欠け、自分的には一番印象に残らなかった(別に今日子が嫌いなわけじゃないですよ。むしろ萌えたんですがw)。

全編を通し、女同士の恋愛がらみ時のドロドロさ(思慮深さ)と、男同士の友情の爽やかさ(バカさ)がかなりフォーカスされていた印象。そこはなかなかリアルで良かった。
{/netabare}

【総括】
ファンタジー設定や展開は皆無で、リアルな高校生の恋愛を描いている。と、思いきや、高校生のリアルな恋愛ってこんな感じですか(苦笑)? だとしたら、私が行ってた高校は、きっと高校じゃなかったんだなw

リアル風に描いていることで、かえってファンタジーよりファンタジーを感じることも(いや、私が部活ばかりやってたせいで、皆はこんな高校生活を送っていたのかも)w

OPは共通していますが、EDは各キャラごとのキャラソンになっている。いずれもレベルは高いと思った(特にOP)。

まあ、とりあえず、主人公の正一に殺意を覚えるアニメだった(笑) リア充タヒね~w

投稿 : 2019/09/21
♥ : 38
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.1

アマガミより作画が悪いのが残念

「アマガミSS」「アマガミSS+」は視聴済み。「キミキス pure rouge」は見てない。
アマガミと同じ世界設定のオムニバス形式のラブコメらしい。前作はギャルゲー原作だったが今回はオリジナル。
ピンク髪の子とかいないリアルなキャラデザは同じで、より今風に洗練されたと思う。
前作アマガミの舞台は90年代の千葉県銚子市で、高校生にケータイがまだ普及してない時代設定になっていたが(ケータイが無い事で生じるすれ違いを描いて昔のギャルゲーっぽい作風にしていた)、今回はケータイもある時代。
{netabare}小学生だった七咲逢の弟が高校生として登場するので前作から5~10年後くらいだろうか?予告の会話からするとワンセグが出たばかりの頃らしいが。あの上崎裡沙の妹もヒロインの一人として出てくる。{/netabare}

1話 あやねるの常木耀ルート
OPが奥華子だけど時かけの頃から声が変わってる感じ。
{netabare}前作の主人公はルートによっては刑事になってたけど、今回の主人公の進路はカブトムシですか。
郁夫は姉の逢に似てイケメンだけど前作からこんな顔だったっけ?前作より友人が主人公にべったりくっついてるな。
しいたけの谷が前作のまんま肉まんみたいなもんなのか?{/netabare}
セリフが多い割に話が微妙に感じたが、ストーリー性は前作もたいしたことなかったからこんなもんか。

見た感じ、前作を知らなくてもいい作りになっているものの、唐突にミスサンタコンテストという言葉が出てくるのは不親切だと思った。文化祭をクリスマスの時期にやる高校だという説明が最初に欲しい。まぁ前作見ているアドバンテージ感じてくださいってことかも知れんが。
あと主人公の家族は姉じゃなくて前と同じ妹にして欲しかった。ニシシシ!

2話
まーた変態紳士プレイしてる…。
{netabare}ジャージ着せプレイとか匂い嗅がれプレイとか相変らずの紳士っぷり。
「カミタ君ったら私のジャージ姿に興奮して汚すんだもーん」というセリフが気になった。予告でも挟むとかエロいこと言ってたけど。{/netabare}
作画が悪いけどED見ると韓国グロス回だったようだね。次から戻るといいけど。アマガミは作画悪い回なんか一度もなかった気がするが。

3話
おいこれいいのかよwww
{netabare}風呂で教官撃退する方法面白かったけど勃起してたやん…。
カップ麺残り汁飲ませプレイとか色々考えるね。
幽霊の謎とか伏線回収したけど吉田さん一体何歳なんや…。
あと1話で二人をくっつけるのは強引に感じるけどアマガミの頃からそうだしなあ。次は修羅場のようだが。{/netabare}

4話 常木耀ルート終了。
こういう終わり方にするのか今回は…。
{netabare}アマガミは梨穂子ルートを除いて二人が完全に結ばれてENDだったけど、常木さんルートはこれからも友達でいましょうENDで、5年たってこれからって所で終わり。まぁ二人は同じ料理の道に進んで、結ばれたんだろうなとは思えるけど。
はっきり決着つけてモヤモヤした終わり方にはしないのがアマガミの長所だと思うけど、今回は作風変えたのか。
3話までの流れでいきなりくっつけたら不自然だと思ってはいたけど。でも1年付き合ってもどうせ別れるから友達でいようって言われて引き下がるのは男としてどうよって思うが。
あと何が「清廉」なのかわからんけど、5年離れ離れでも(たぶん)プラトニックな関係でいたことが清廉ということかな?常木さんがスペインで男と付き合ってた可能性は排除されてないけどw
それと話題にポンプ小屋が出てたけど森島さんルートのネタだね。{/netabare}

5話 宮前透ルート
{netabare}ゲーマー先輩ヒロインの話。私はアニオタになる前は長い間ゲーオタだったので精神的にくるものがあった。
ストラップをガキにやったのはありえん。
常木さんよりずっとチョロインっぽいが、最後の風呂のシーンの男は親父じゃないような雰囲気もあった。{/netabare}

6話
{netabare}東京バス案内とか誰も知らんだろwそうでもないか?
常木さんを重要な脇役で使うなら、常木さんルートは最後にした方が良かった気がする。
男子三人で恋愛トークするとか前作には無かったな。
荒木先輩はけものフェチだから人間の女には興味無いような扱いだったがいいのかw
最後のシーンは、
①宮前先輩が勝って煽りメールを受け取った。
②宮前先輩が煽りメールを送った。
①の方が正しいのか。最初②で宮前先輩が実はゲスい奴なのかと思った。{/netabare}
アマガミよりストーリー性重視で自分はこっちのほうが好みだけど、アマガミみたいなぬるぬるあまあまの方が良かったって人の方が多そうだな。
あと作画が悪い所があるのが残念。

7話
突っ込み所が多いなw
{netabare}徹夜した宮前先輩の匂いってw
ゲームネタがメガCD&スーパー32XとかSDIとかマニアックだけどEDでセガゲームス協力してたな。
宮前先輩は文字通りサークルクラッシャーだったんやな。{/netabare}
ネット見てると恋愛描写が浅いみたいに言われてるけど、4話オムニバスだからアマガミの頃からこんなもんだよ。だからこのスタイルは少ないんだろう。

8話 宮前透ルート終了。
{netabare}メイドラゴンとコミケネタかぶったけどこっちのほうがガチな気がする。クール教信者はコミケ参加したことが無いのかもしれない。
告白は唐突感があった。今回は恋愛以外の話で寄り道しすぎのような気がする。
4話と違いこっちはハッピーエンドでアマガミでおなじみの10年後エンド。森島はるかルートでは主人公は刑事になってたけどこっちはバスの運転手か…。宮前先輩は成績優秀のエリートみたいだったけど保母さんでいいのか。{/netabare}
作画が悪いのが残念。アマガミと同じくらいで見たかった。

9話 みゃーもりの桃乃今日子ルート
{netabare}最初の公園で座ってたのはアマガミSSの主人公だな。
前作の茶道部そっくりのコンビが出てきたけど9年後だから別人のはず…。見た目同じキャラを出したせいで作画の悪さが一層目立つ…。
幼馴染は巨乳の法則があるがこの子は貧乳。アマガミ含めて初の貧乳ヒロイン?{/netabare}

10話
{netabare}今日子は正一の事をそれほど好きなわけでもない感じ。幼馴染は主人公にベタ惚れが多いから珍しい。
今日子は貧乳かと思ったけど結構ある。アマガミセイレンのヒロインは巨乳ばかりだから麻痺していたようだ。
検索ワードの履歴のせいでエロ広告が出てしまうのは面白かったw
郁夫の姉はアマガミから9年後なのにイナゴマスクのグッズ貰っても困るだろう。逢は出してもいいんじゃないかと思うが。{/netabare}

11話
なんかつまんねえな…今日子が耀・透と比べて普通の子すぎるんだよね。
{netabare}郁夫はイケメンでいい奴なのになんで振られたんや。{/netabare}

12話
{netabare}ベタなEND。10年後は漫画編集者か。子供は必ず女の子。
アマガミSSの9年後のヒロインを出してほしかった。{/netabare}
来週はなぜかろこどるのOVAを放送。

【総評】
・作画を改善する。
・常木耀ルートを最後にして終わり方を変える。
こうすればアマガミSSに劣らない作品になっていただろうに。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 23

56.8 6 ミカグラ学園組曲(TVアニメ動画)

2015年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (300)
1512人が棚に入れました
『ミカグラ学園組曲』は、ニコニコ動画で活躍する人気ボカロP『Last Note.』が紡ぐ、テンションMAXな人気楽曲シリーズを総称したプロジェクト。


一宮エルナは中学校時代にニート一直線の生活を送っていた。

親や従兄の二宮シグレに説得され高校選びを始めるも、どの学校の制服も可愛くはなく高校選びは難航していた。

最終的に行き着いたのはシグレが在籍しているという理由から真っ先に候補から外していた私立ミカグラ学園だった。

入学式の日、これからの生活に胸をときめかせていたエルナが見たものは、新入生歓迎会で暴れ狂う先輩たちの姿だった。

さらにこの学校には「一か月以内に部活動に入らないと強制的に退学」という校則まで存在し―― はたしてエルナはまともな学園生活を送ることが出来るのか。

声優・キャラクター
木村珠莉、大西沙織、小澤亜李、諏訪彩花、島﨑信長、花江夏樹、細谷佳正、古川慎、加隈亜衣、松岡禎丞、戸松遥、久保ユリカ、山下大輝、寺島拓篤、高橋未奈美
ネタバレ

future☆

★★★★★ 4.7

作品情報☆

.。o○ ○o。.スタッフ.。o○ ○o。.

■TVアニメ「ミカグラ学園組曲」
監督:岩崎太郎
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン:天﨑まなむ
アニメーション制作:動画工房

TV公式サイト→http://mikagura-gakuen.com/
公式サイト→http://mikagaku.com/


.。o○ ○o。.原作(ラノベ)&コミックあらすじ(公式サイトより).。o○ ○o。.

■ラノベ

1巻「放課後ストライド」*エルナのお話*
{netabare}不思議に無敵な学園組曲、開幕!

可愛い制服! 可愛い女の子! お淑やかできらびやかなスクールライフ! そんな憧れを胸に入学したのは、文化系の部活しかない全寮制高校・私立ミカグラ学園。そこには、各部活の代表者が特殊な能力でバトルする明らかに普通じゃない光景があって――!? ニコニコ動画で活躍する超人気クリエイター・Last Note.本人による書き下ろしノベル! テンションMAXな部活系学園異能バトルストーリー(自称)がついに登場!――信じられないくらい騒がしくて、ありえないくらい非常識で、けれどみんなどこか楽しそうで。色褪せない物語が、始まりそうな予感♪{/netabare}


2巻「無気力クーデター」*赤間先輩のお話*
{netabare}一宮エルナ、ルーキー戦で大活躍!? 待望の第2巻!

お淑やかできらびやかなスクールライフに憧れてエルナが入学したのは「私立ミカグラ学園」。そこには各部活の代表者が特殊な能力でバトルする明らかに普通じゃ無い光景があった。なぜか対抗戦に出場する事になってしまったエルナだったが、突如目覚めた能力によりまさかの初戦初勝利を収める。このまま順風満帆なスクールライフを送れると思ったのだが、そう簡単にはいかないようで――!?
ニコニコ動画で活躍する人気クリエイターLast Note.本人による書き下ろしノベル! 待望の第2巻は物語が急加速!? ルーキー戦もついにスタート!{/netabare}


3巻「我楽多イノセンス」*九頭竜先輩のお話*
{netabare}ルーキー戦、堂々決着! 果たしてエルナの優勝は……!?

「私立ミカグラ学園」は文化系の部活しか創部が許されない、超お淑やかな学校――と思いきや各部活の生徒同士が不思議な能力でバトルするという、明らかに普通じゃない学校だった!? 帰宅部の仮入部を解かれたエルナは、自ら部活を立ち上げるべくルーキー戦の優勝を目指す。初戦は演劇部での特訓の成果もあり勝利! しかしまだまだ未知の強敵だらけのトーナメント……果たして優勝の行方はどうなっちゃうの!? ニコニコ動画で活躍する人気クリエイターLast Note.本人による書き下ろしノベル! 大好評の第3巻はルーキー戦がついに決着だだだだッ!{/netabare}


4巻「十六夜シーイング」*アスヒくんのお話*
{netabare}新章突入! 今回はオリエンテーリングイベントだだだだ!

波乱の幕引きとなったルーキー戦。優勝したのはなんと、エルナと同じく部活無所属の謎の美少女・藤白おとね。エルナはさっそくおとねを自分の部活に勧誘するのだが、ちょっと変わった子のようで? 一方で優勝を逃したアスヒくんはなにやら落ち込んでいる様子……? 人気急上昇中のハイテンション学園異能バトルストーリー待望の第4巻! 今回はオリエンテーリングイベントあり、後夜祭ありの盛りだくさん! そんな中、エルナの新しい部活設立はやっぱり前途多難! どうなっちゃうの!?{/netabare}


5巻「不条理ルーレット」*ビミィのお話*
{netabare}大人気ハイテンション学園ストーリー!第5巻!

「もし私が勝ったら、私の部に入ってください!」オリエンテーリングイベントが終わり、すっかりおとねと仲良くなったエルナ。部員も一人ゲットしたということで意気揚々と申請書を提出するのだが、人数も足りないしコンセプトも意味不明という事で却下されてしまう。そこで学園長への直談判を行うことに。ビミィのまさかの秘密が明らかになったりと、てんやわんやの末に何とか創部を認められたエルナは、中間試戦に向けてより気合いを入れ直すのだった! 人気急上昇中のハイテンション学園異能バトルストーリー(!?)待望の第5巻! 全学年入り乱れての中間試戦は大波乱の予感で……!?{/netabare}


6巻「絵空事スパイラル」*御神楽先輩のお話*
{netabare}さらに盛り上がる第6巻!

「あなたが勝ったら、言うとおりにするわ」ついにスタートした中間試戦。エルナは星鎖に対して、勝負に勝ったら自分の部活に入るように約束を取り付ける。しかし各部活の代表同士が戦う今回のトーナメント、このままでは星鎖に勝つことはおろか、勝ち進むこともままならない。落ち込んでる時間ももったいないとばかりに強くなる努力を始めるエルナだったが……!? 星鎖の過去だけでなくシグレVS九頭竜など注目のバトルも盛りだくさん! 超大人気のハイテンション学園異能バトルストーリー(!?)中間試戦編もついにフィナーレ!? これからの学園生活がさらに楽しくなっちゃいそうな第6巻!{/netabare}


■コミック

1巻
{netabare}可愛さ満載の学園生活を夢見て一宮エルナが入学したのは、全寮制高校ミカグラ学園。そこでは、各文化部の代表者が、待遇をめぐり特殊な力でバトルをする決まりがあって―…!!とある部活の代表者になってしまったエルナの運命やいかに!?ニコニコ動画の超人気楽曲を元にしたコミック第1巻!!!{/netabare}

2巻
{netabare}不思議能力で戦う文化部対抗バトルがある私立ミカグラ学園。帰宅部に仮入部したエルナは、初戦でまさかの勝利をおさめる。有頂天のエルナだが、正式入部はまだ遠く…。書道部、華道部、天文部、演劇部etc…。さらなる人気キャラが大活躍する怒涛の展開2巻!!{/netabare}

3巻
{netabare}帰宅部への入部を賭け、星鎖に挑んだエルナだがあえなく敗北…。
そんな彼女が選択したのは自らの力での創部!!
程なく開幕するルーキー戦のために、赤間率いる演劇部と活動を共にするののだが…!?{/netabare}

4巻
{netabare}いよいよ始まったルーキー戦!!
エルナの初戦の相手は入学当初からの親友・書道部ルーキー花袋ちゃん。
親友同士のバトルの行方はいかに!?{/netabare}

■公式アンソロジーコミック

{netabare}公式クリエイターである沙雪(コミック担当)、明菜(キャラクターデザイン)から豪華ゲストまで参加!!!
「ミカグラ学園組曲」のアナザーワールドをお届け!!

TV公式サイトコミック情報はこちら→http://mikagura-gakuen.com/books.html
公式サイトコミック情報はこちら→http://mikagaku.com/books/
{/netabare}



.。o○ ○o。.楽曲.。o○ ○o。.

作曲:Last Note.
作詞︰Last Note.

overture...ミカグラ学園
我楽多イノセンス...九頭竜京摩
有頂天ビバーチェ...八坂ひみ
絵空事スパイラル...御神楽星鎖
花吹雪リフレクト...湊川貞松
無気力クーデター...赤間遊兎
赤裸々キャンディ...藤白おとね
十六夜シーイング...射水アスヒ
不条理ルーレット...ビミィ
革新的ヒロイズム...二宮シグレ
放課後ストライド...一宮エルナ

{netabare}動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=ht2QPsnFSlY
歌詞はこちら→http://jpoplyrics.com/last-note.-%e3%83%9f%e3%82%ab%e3%82%b0%e3%83%a9%e5%ad%a6%e5%9c%92%e7%b5%84%e6%9b%b2-cd-%e5%8f%8e%e9%8c%b2%e6%9b%b2%e6%ad%8c%e8%a9%9e.html
{/netabare}


放課後革命...放課後楽園部
楽園ファンファーレ...放課後楽園部

{netabare}動画はこちら
放課後革命→https://www.youtube.com/watch?v=Cz3ZwJzUdgE&feature=youtu.be&a
放課後革命歌詞はこちら→http://www.kasi-time.com/item-75667.html
OP、ED、キャラソン視聴→https://www.youtube.com/watch?v=vs6ZrmdsO14
{/netabare}


.。o○ ○o。.登場人物紹介(公式サイトより).。o○ ○o。.

・【新入生】一宮 エルナ
{netabare} 身長:158cm
血液型:O型
能力:オモチャの銃
Like:可愛い女の子
誕生日:12月1日(射手座)
「テンションMAX!いっけー!」{/netabare}



・【漫画研究会】 二宮 シグレ
{netabare} 身長:178cm
血液型:A型
能力:ヒーロータイム
Like:従妹(一宮 エルナ)
誕生日:2月29日(魚座)※普段は3月1日に誕生日を祝うらしい
「エルナちゃん生まれてきてくれてありがとう!神様グッジョブ!」 {/netabare}



・【書道部】 八坂 ひみ
{netabare} 身長:自称2m(本当は148cm)
血液型:B型
能力:ラブリーインク
Like:お菓子
誕生日:5月5日(牡牛座)
「イヤな事はみーんな、ぽいぽいっ!だよー」 {/netabare}



・【天文部】 射水 アスヒ
{netabare} 身長:160cm
血液型:A型
能力:シューティングスター
Like:夜の散歩
誕生日:11月17日(蠍座)
「あなたも一緒に星、眺めませんか?」 {/netabare}



・【美術部】 九頭竜 京摩
{netabare} 身長:177cm
血液型:O型
能力:パレットバレット
誕生日:8月11日(獅子座)
「あー、頭痛くなってくるからオレの前で喋んねェでくれる?」{/netabare}



・【演劇部】 赤間 遊兎
{netabare}身長:161cm
血液型:A型
能力:クーデターフェイカー
Like:動物全般
誕生日:6月9日(双子座)
「結構簡単にさ、壊れちゃうんだ」 {/netabare}



・【華道部】 湊川 貞松
{netabare}身長:175cm
血液型:AB型
能力:セルフィッシュフラワー
Like:ボーっとできる場所
誕生日:10月25日(蠍座)
「うん、聞いてたけど。……嘘、聞いてなかったけど」{/netabare}



・【帰宅部】 御神楽 星鎖
{netabare}身長:159cm
血液型:AB型
能力:キリングアート
Like:自宅
誕生日:4月10日(牡羊座)
「キミは私と似ているのかもね?」 {/netabare}



・【無所属】藤白おとね
{netabare} 身長:153cm
血液型:A型
能力:アンチコンプレックス
Like:少女マンガ
誕生日:9月18日(乙女座)
「一度もはいたことがありません! ……ち、違いますよ!? 吐いたことがないんです、履いたことはあります、いつもパンツ履いてますっ」 {/netabare}



・【講師?】ビミィ
{netabare} 身長:微妙なサイズ
血液型:AかOか微妙なところ
能力:どんなボケも絶対に逃さないツッコミ
Like:美味しい食事
dis Like:「エサだよ」と言われて出てきた食事
誕生日:1月31日(水瓶座)
「オイラはこう見えてもれっきとした先生なんだりゅい!」 {/netabare}



他、[{netabare}演劇部 にゃみりん・熊野さん・とんキュン・うさ丸、書道部 花袋めいか、新聞部 離宮ルミナ、星鎖先輩のメイド(エルナの担任) 鳴海クルミ、放送部 遠石遥架、漫画研究会 蓮見小太郎・真琴、吹奏楽部 相良あづみ、帰宅部 柏原うぐいす{/netabare}]

TV公式サイトキャラ説明はこちら→http://mikagura-gakuen.com/chara.html
公式サイトキャラ説明ではこちら→http://mikagaku.com/character/



.。o○ ○o。.あらすじ.。o○ ○o。.

『ミカグラ学園組曲』は、ニコニコ動画で活躍する人気ボカロP『Last Note.』が紡ぐ、テンションMAXな人気楽曲シリーズを総称したプロジェクト。


一宮エルナは中学校時代にニート一直線の生活を送っていた。

親や従兄の二宮シグレに説得され高校選びを始めるも、どの学校の制服も可愛くはなく高校選びは難航していた。

最終的に行き着いたのはシグレが在籍しているという理由から真っ先に候補から外していた私立ミカグラ学園だった。

入学式の日、これからの生活に胸をときめかせていたエルナが見たものは、新入生歓迎会で暴れ狂う先輩たちの姿だった。

さらにこの学校には「一か月以内に部活動に入らないと強制的に退学」という校則まで存在し―― はたしてエルナはまともな学園生活を送ることが出来るのか。


.。o○ ○o。.キャスト(公式サイトより).。o○ ○o。.

一宮エルナ:木村珠莉
御神楽星鎖:大西沙織
藤白おとね:小澤亜李
八坂ひみ:諏訪彩花
二宮シグレ:島﨑信長
赤間遊兎:花江夏樹
九頭竜京摩:細谷佳正
湊川貞松:古川慎
射水アスヒ:加隈亜衣
ビミィ:松岡禎丞
にゃみりん:戸松遥
熊野さん:久保ユリカ
うさ丸:山下大輝
トンきゅん:寺島拓篤
花袋めいか:上田麗奈
鳴海クルミ:茅野愛衣
離宮ルミナ:高橋未奈美
百合子:西明日香

TV公式サイトキャスト情報はこちら→http://mikagura-gakuen.com/staff.html


.。o○ ○o。.OP、ED.。o○ ○o。.

OP「放課後革命」歌:放課後楽園部[一宮エルナ(木村珠莉)、御神楽星鎖(大西沙織)、藤白おとね(小澤亜李)]
ED「楽園ファンファーレ」 歌:放課後楽園部[一宮エルナ(木村珠莉)・御神楽星鎖(大西沙織)・藤白おとね(小澤亜李)]

TV公式サイトミュージック情報はこちら→http://mikagura-gakuen.com/music.html


.。o○ ○o。.放送日.。o○ ○o。.

2015年春アニメ(2015年4月~放送中)

AT-X 4月7日㈫夜11:00~
テレビ愛知 4月6日㈪深夜2:35~
TOKYO MX 4月8日㈬深夜0:30~
サンテレビ 4月8日㈬深夜0:30~
KBS京都 4月8日㈬深夜1:00~
BS11 4月11日㈯夜11:00~

TV公式サイトオンエア情報はこちら→http://mikagura-gakuen.com/onair.html


.。o○ ○o。.お話.。o○ ○o。.

1話「青春前奏曲(プレリュード)」

{netabare} ある日、従兄である二宮シグレから私立ミカグラ学園のパンフレットを渡された一宮エルナは、そのパンフレットに写っていた御神楽星鎖の姿に目を奪われる。彼女に運命を感じたエルナはミカグラ学園への進学を決意する。しかし、文化系の部活しか存在しないというミカグラ学園にやってきたエルナが見たものは、必殺技を駆使して戦いを繰り広げる生徒たちの姿だった。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_01.html{/netabare}


2話「放課後ストライド」

{netabare}星鎖に誘われ、帰宅部へ仮入部を果たしたエルナは、帰宅部の代表である星鎖の代わりに対抗戦に出場することになる。初めての対抗戦に加えて、必殺技も何も使うことのできないエルナは、ランキング上位の部活を見学して回ることに。書道部、美術部、演劇部、天文部と様々な部活を見て回るエルナだったが、必殺技の糸口さえも掴めぬまま対抗戦を迎える。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_02.html{/netabare}


3話「ヒロイン未満」

{netabare}謎の少女から授かった必殺技「オモチャの銃」の力で対抗戦に見事勝利したエルナ。星鎖に褒めてもらうために彼女の住むお屋敷に押しかけたエルナだったが、相手が油断していなければ勝つことは難しかったと告げられてしまう。売り言葉に買い言葉と星鎖とだって良い勝負ができると宣言してしまうエルナに対し、星鎖は帰宅部への正式入部をかけた模擬戦を持ちかける。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_03.html{/netabare}


4話「無気力クーデター」

{netabare}星鎖に負けてしまったエルナは、帰宅部への仮入部を解かれ、無所属へと戻ってしまう。しかし、入れる部活がないのなら、自分で作ってしまえばいいと新しい部活を創部することを決意するエルナ。部員を集めるために新入生たちが競い合うルーキー戦での優勝を目指すエルナは、演劇部の面々が開いてくれた対抗戦のための初心者講座で特訓を開始する。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_04.html{/netabare}


5話「学園ファンタジア」

{netabare} ルーキー戦が幕を開け、お祭り騒ぎとなっているミカグラ学園。所狭しと立ち並ぶ模擬店で買い食いを続けるエルナは、途中で出会った星鎖と共に湊川が呼び込みをしていた射的屋を訪れる。湊川の代わりに射的屋の呼び込みをすることになったエルナはハチマキを締めて店先に立つ。そこへエルナの声を聞きつけた遊兎がやってきて、景品のスーパーミラクルマン人形に目をつける。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_05.html{/netabare}


6話「我楽多イノセンス」

{netabare}エルナのルーキー戦での健闘を祝してパーティーを開いたシグレたち。エルナを激励するために一堂に会したメンバーたちだったが、その中に星鎖と九頭竜の姿はなかった。パーティーが一段落した頃、エルナはシグレからシグレと九頭竜が過去にミカグラ学園の姉妹校から転校してきたや、そのときに九頭竜の身に起きた出来事などを聞くのだが……。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_06.html{/netabare}


7話「十六夜シーイング」

{netabare}誰もが前評判の通り、ルーキー戦を制するのはアスヒであると信じて疑わなかった決勝戦で起きた大番狂わせ。アスヒを倒したのはエルナと同じ無所属の1年生である藤白おとねだった。ヒーローインタビュー受けたおとねは準備運動程度のことしかしていないので何も話すことはないとステージを降りてしまう。そんなおとねに興味を持ったエルナは彼女に会うため寮へと向かう。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_07.html{/netabare}


8話「未確認トレジャー」

{netabare}新しい部を作るために新入部員を勧誘するエルナだったが入ってくれそうな生徒はおらず、おとねからも拒絶されてしまう。そんなとき端末に新入生のオリエンテーリングとしてトレジャーハントの情報が入ってくる。このイベントで活躍すれば、きっと新入部員がたくさん集まるはずと意気込むエルナ。しかしエルナはエルナを毛嫌いしているおとねとペアを組むことになり……。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_08.html{/netabare}


9話「脱線スキャンダル」

{netabare}新しい部におとねを勧誘することに成功したエルナだったが、創部には最低でも3人の部員を集めなくてはならない。エルナたちは残り1人の部員を探して勧誘を続けるが誰も入ってくれそうな人はいない。そんなとき新しい部にぴったりの空き部屋を見つけたエルナたちは、その部屋を新しい部の部室にしようとするが、そこへ新聞部のルミナがやって来て……。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_09.html{/netabare}


10話「寝袋ホーンティング」

{netabare}新しい部を立ち上げ、さらに新しい部室も手に入れたエルナは、居候をしていた星鎖の屋敷を出て寝袋を部室へと移す。部室にはエルナの新しい部の創立を祝うため、たくさんの人たちが集まっていた。そこへ学園に潜む幽霊という記事を手にしたルミナがやって来る。エルナたちはこの記事の真相を究明するため、ルミナに協力することになるのだが……。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_10.html{/netabare}


11話「追憶トライアングル」

{netabare}クリスタルを破壊され座り込む星鎖と、そんな星鎖を冷たく見下ろすおとね。そこで何が起きたのかわからないエルナは、二人に声をかけようとするが、おとねは何も言わずに走り去ってしまい、星鎖もエルナを遮りこれ以上私に構わないでと告げる。そんな中、ミカグラ学園ではルーキー戦に続く大きな対抗戦である中間試戦が始まろうとしていた。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_11.html{/netabare}


12話「無限大フィナーレ」(最終回)

{netabare}ついに幕を明けた中間試戦。そして徐々に弱まっていく星鎖の力。崩れ行くミカグラ学園­で、エルナはシグレからミカグラ学園の成り立ちを聞く。大切なことは楽しいという想い­。その気持ちこそが能力を発揮する源になる。星鎖先輩の笑顔が見たいと星鎖の元を訪れ­たエルナは、中間試戦で優勝したらエルナが立ち上げた部に入って欲しいと告げる。

TV公式あらすじ&先行カットはこちら→http://mikagura-gakuen.com/story_12.html{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 22

ローズ

★★★☆☆ 3.0

パッパッパのパ

志望校を決められなかった一宮エルナ(いちのみや えるな)。
二宮シグレ(にのみや しぐれ)からの情報で私立ミカグラ学園を選ぶ事となる。
「1ヶ月以内に部活動に入らないと強制的に退学」という校則があり、エルナの学園生活が始まるのであった。

部活といっても普通の部活ではありません。
文化系の部活が中心なのですが、何故かバトル展開に。
それぞれの部の特徴で戦いランキングを作り、そのランキングに応じて待遇が変化していきます。
エルナはどんな部活に入部するのか。
早く待遇が良くなるように部を探しますが、中々見つかりません。
一旦、エルナは御神楽星鎖(みかぐら せいさ)の誘いにのり帰宅部に仮入部する事となります。
しかし、後に自分で新しい部を作ろうとするんですけれどね^^;

バトル方法も独特です。
体の周りにクリスタルが出現。
3つ浮かんで出てくるクリスタルを早く壊したほうが勝ち。
何故、クリスタルが浮かんでくるのかまでは理解できませんでしたw

自分が気になったところは、モブキャラが色づけされていなく、すぐにモブキャラという事が分かるところ。
ストーリーとは関係の無い人物まで力を入れていたら、おそらく「万策尽きた!」という事になったのでしょう。
ここは大目に見てあげたほうが良さそうです。

とにかく主人公のエルナの性格が明るく行動的なのでテンポ良く話が進んでいきます。
妄想癖があるのが難点でしょうか。
性格が明るい主人公を受け入れる事ができるかどうかで本作品の評価が決まりそうです。

ストーリーよりはキャラ重視のほうがいいでしょう。
果たしてエルナは楽しい学園生活を送れるのかどうか。
疲れて元気が無い時に明るい主人公からの影響によってパワーを貰えるような作品でした。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 17

ninin

★★★★☆ 3.5

ぱっぱっぱのぱっ!

原作未読 全12話

主人公の一条エレナは、文科系の部活しかない高校ミカクラ学園に入学します。学園では、各部活動の特色を生かしたものを武器として戦う学園でした。エレナも紆余曲折あり、その戦いの中に巻き込まれていきます。他の部活の部員たちとの交流や対抗戦バトルを軸にお話は進んでいきます。

主人公のエルナがいわゆるおバカキャラで、常にハイテンションのポジティブ思考で時々百合妄想の持ち主です。視聴にはこのエルナの性格をクリアしないと厳しいですねw
他のキャラがネガティブなお話や色々と悩んだり苦しんだりしているところを、持ち前の明るさでどんどん解決していきます。

重い作品を観た後にリラックスできる作品として観るといいかもしれません。

主人公が合う合わないがあると思いますのでオススメはしませんが、もし視聴されるときは1話見て判断してくださいね^^

OP・ED この作品のような明るい曲で、今回のタイトルに使ったのがサビの言葉となっています。CV方が歌っています。

最後に、今回松岡禎丞さんのビミィというよく分からないキャラの役になっていましたが、キャラのあつかい方が酷かったですねw

投稿 : 2019/09/21
♥ : 22

75.0 7 風が強く吹いている(TVアニメ動画)

2018年秋アニメ
★★★★☆ 4.0 (332)
888人が棚に入れました
夜。逃げるように街を駆け抜ける蔵原走(くらはらかける)。その横に、不意に自転車が走り込んで来る。見知らぬ男が、走に向かって問いかける。「なあ!走るの好きか!」。男の名は清瀬灰二(きよせはいじ)。走は、灰二に導かれるまま、竹青荘という古びたアパートに辿り着く。そこに暮らす個性豊かな9名の住人。最後の空室を勧められ、戸惑いながらも、押し切られていく走。まさか自分が、『10人目の男』だとは、夢にも思っていなかった…。

声優・キャラクター
大塚剛央、豊永利行、内山昂輝、入野自由、榎木淳弥、上村祐翔、興津和幸、株元英彰、北沢力、星野貴紀、木村珠莉、中村浩太郎、河西健吾、日野聡
ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.2

「あり得ない」のその先へ

 ぺー 「敗北を知りたい」
 同窓A「全く強すぎるというのも罪ですな」

仕事始めここ数年では恒例のご挨拶。箱根駅伝は年始の楽しみの一つな私。箱根路を疾走するランナーには遥か及ばないものの自分も走るので、彼らがどれだけ凄いかのさわりくらいなら理解できてるつもりです。

だからこそ視聴する前から「あり得ない」のはわかりきってたこと。ん?それ以前に、ランナーでなくてもそりゃわかるか。素人込みの大学生が箱根を目指す物語だなんて。。。
視聴動機は“三浦しをん”。原作の出来が仮に直木賞作家の駄作だったとしても一定水準は満たしてるやろ、とだいぶ上からの入りでした。どうもすみません。原作も漫画も未読です。


で、掌を返すわけであります。あり得るあり得ないはいったん置いときますね。全23話。ハイジの表情(かお)に全てが集約されてると感じた最終回。
注)いきなり最終回のネタバレなので観終わった人だけ開けてね!

{netabare}ゴール直前で膝爆弾が爆発した瞬間だけ顔を歪めました。しかしその刹那以降、ゴールテープを切るまで苦悶の表情を浮かべることは一度もありませんでした。{/netabare}
{netabare}これには正直やられました。ハイジが倒れるか大ブレーキで足を引きずりながらゴールするかのイメージしか持てなかったからです。脳裏に浮かぶはロス五輪のアンデルセン選手的な展開。{/netabare}
{netabare}9人が繋いだ襷の意味=ハイジが求めた“走る意味”がシンクロし、プレッシャーや不安とは別次元の喜びに満ち足りていたあの表情です。おそらく選手としては人生ラストラン。″頂点”を見つけてカケルのもとまで辿り着き崩れ落ちました。理想の走りに近いと評されたカケル。なぜ走るのか?一生かけても未完で終わるだろう物語の襷はハイジからカケルへと託されたのです。{/netabare}
そのハイジの表情に至るまでの紆余曲折が丁寧に描かれた青春ストーリーでした。

メインは学生寮竹青荘住人の寛政大学に通う大学生10名。


ハイジ(清瀬灰二)声豊永利行
カケル(蔵原走)声大塚剛央
ニコチャン(平田彰宏)星野貴紀
ユキ(岩倉雪彦)声興津和幸
キング(坂口洋平)声北沢力
神童(杉山高志)声内山昂輝
ムサ(ムサ・カマラ)声株元英彰
王子(柏崎茜)声入野自由
ジョータ(城太郎)声榎木淳弥
ジョージ(城次郎)声上村祐翔


すくすく伸びゆく″青竹”の字が逆転していることが何かを指しているのか、皆ここに至るまで何かを諦めたり挫折したり、痛みを抱えている面々です。
メイン10名と登場人物が多い弊害は、2クールかけて各人に焦点をあてられたことであまり気にはなりませんでした。
取ってつけたような理不尽エピソードによるトラウマ発生ではなく、なにかどこかでちょっとボタンを掛け違って停滞してしまった駅伝メンバーたちです。
{netabare}ケガに対して切り捨てる監督と焦るなと慮る監督。結果として教え子二人は走ることに背を向けます。本人の意向より適性を重視する監督もいました。何が正解だったかはわかりません。正解がないからこそそれでももがいて足掻いて答えを見つけ出そうとする彼らに共感を覚えました。{/netabare}


放送が日テレ系と本職の駅伝中継職人だったこともあって予選会を含めたレース再現度は高いです。
そのため走ってる人がついこの間まで素人だったということを除けばレースの臨場感は充分伝わってきました。

よくある高校の青春ドラマと比較して自由度の高い大学生という設定。選択肢が多くある中であえて無理ゲーに挑む彼らの心の変化をぜひ見ていただきたい。
挑む壁は無理ゲーだとしても、挑戦を通して向き合わなければならない自分自身の課題は身近にありそうな素材ばかりです。


 「あり得ない」のその先へ


箱根を目指すという題材のリアリティはほぼ無いといって差し支えがなくても、描かれる人物にはリアリティを感じられる。
本作は後者の視点により軸足を移すことで満喫できました。逆に前者が気になると本作は楽しめません。こういった場合こう思うわけであります。


 物語くらい夢があってもいいよね


嗚呼、久しぶりに使うこのフレーズ。そして物語には続きがあるのです。

{netabare}まずは微笑ましいやつ。。。
・ジョータ続けてるんかい!
と走りに魅せられたこの間までの初心者さん。
・カケルと藤原の終わらない旅
常人には見えない景色を二人は見ていてさらにその先を追い求めて止まないことでしょう。
・ハイジの親父さん
王子の公認記録突破の時のハイジ。大事なところでは寡黙なのは親譲りなのか。
時は流れて、親父さんは妻とは離れた場所で息子を見守る。贖罪?応援?息子への想い? 震えるストップウォッチに父親が息子に抱く感情が痛いほど伝わってくる。父もつらいのだ。
そして、ハイジは父と同じ指導者の道へと進む。{/netabare}


カケル、ハイジ、そして王子の人気が高いようですが、誰が良いとかはあえて触れず。
バラバラだった10名が繋ぐ襷の物語。力作です。


■オマケ1
酒を飲むときくらいはちょっと陸上から離れようかww
{netabare}最終回Cパート。一升瓶の差し入れは右手に『天下の険(麦)』左手に『ニライカナイ(泡盛)』
箱根から理想郷(ニライカナイ)へ(笑)
ユキかニコチャン先輩は気づいてそう{/netabare}


■オマケ2
「予選会は昭和記念公園に隣接する自衛隊駐屯地からスタートする」
軍用飛行場が母体のこのエリア近所には今は社名変わって存続中の“立飛飛行機”があり、冬期作品「コトブキ飛行隊」の“隼”の製作協力をしてたりしました。
軍用研究の名残りなのか同じくご近所には「宇宙よりも遠い場所」でお馴染みの“極地研究所”なんていうのも。聖地巡礼が捗るかもしれません。
{netabare}そういえばハイジの親父さん、一人で見に来てなかったな?これは自信ない。{/netabare}


あー、ちょっと恋要素は蛇足に見えました。



-----
2019.08.28追記


視聴時期:2018年10月~2019年3月リアタイ視聴

前半ED「リセット」がお気に入り



2019.04.20 初稿
2019.08.28 修正

投稿 : 2019/09/21
♥ : 51
ネタバレ

フィリップ

★★★★★ 4.7

それぞれが感じる、美しきこの世界

アニメーション製作:Production I.G.、
監督:野村和也、
シリーズ構成・脚本:喜安浩平、
キャラクターデザイン:千葉崇洋
原作:三浦しをん

完璧なフォームで走る蔵原走(カケル)。
それを自転車で追いかける清瀬灰二。
猛スピードのなかで、灰二は問いかける。
走るの好きか?

主人公のカケルは、高校時代に
長距離の有望選手だったが、陸上をやめてしまっていた。
ある日、竹青荘の寮長である灰二から誘われ、
カケルは寛政大学の寮に住むことになる。
そこは灰二が何年もかけて計画していた
箱根駅伝を目指す陸上部のための住まいだった。
事情を何も知らされていなかった寮生たちは、
灰二に翻弄されながらも箱根駅伝に向けて走り出す。

どれだけ上手く嘘をついているか。
創作物を目にするときに私が重視していることだ。
サークルにも入っていない大学生たちが
1年足らずで箱根駅伝出場を目指す。
このあらすじを読むだけなら、そんなことは不可能、という
ひと言で終わりだろう。
健康ブームにも乗り、昨今は市民ランナーが増えている。
その辺りの感覚はより厳しくなっていると思う。
ジョギングの経験がある人なら分かると思うが、
1キロ3分は、普段から走っている人でも
才能がなければ、まず難しいスピード。
それを20キロとなると、ほとんど超人だ。
しかし、この作品はキャラクターの心情に寄り添い、
過程をとても丁寧に描いているため、
いつの間にか嘘の物語に引き込まれてしまう。

原作は未読だが、実写映画は視聴済み。
映画は2時間を超える作品だったが、
やはり、そのくらいの時間では
箱根を目指す描写が足りないように感じた。
その点、この作品は23話をかけて、
きっかけから葛藤、10人それぞれの想い、
ハードな練習、予選会などを描き切っている。
主人公ふたりはもちろん、ほかの部員たちの出身や
性格、バックボーン、家庭の事情、
子供のころの出来事など、細部まで考えられていて、
全員の人間像が見えてくる。
生き生きとしたリアルなキャラクター設定。
どの人物も本当に魅力的なのだ。

そして全話を通じて展開がとても上手く考えられている。
メンバーがひとつになっていく心の動き。
いちばん遅い王子の走りを皆で応援するときの団結。
カケルの過去を全員で共有する温もり。
「何のために走るのか」という
ジョージとジョータの問いに対する灰二の答え。
全ての出来事がラストに向かって絡み合いながら
一本の道になっていく。

{netabare}予選会の歓喜の通過後、箱根駅伝に挑む。
1区/王子、2区/ムサ、3区/ジョータ、4区/ジョージ、5区/神童、
6区/ユキ、7区/ニコちゃん、8区/キング、9区/カケル、10区/灰二。
走っているとき、それぞれの心に大切な思い出が蘇る。
全員が色々な想いを抱えて走っている。
秀逸なのがその時に自分の生き方を振り返り、
心のなかで何かが大きく変化する描写だ。

王子は灰二からかけられた言葉、
ムサは風呂場で灰二と交わした会話、
ジョータは弟への期待と葉菜ちゃんへの恋心、
ジョージは戸惑いと後悔、
神童は寛政大学ランナーの全ての想い、
往路5人それぞれの感情と向けられる期待を受け止めて走る。

特に心に残ったのは復路の21話の描写だった。
ユキは、カケルのスピードを箱根の山の下りで感じる。
その世界は美しいが、あまりにも寂しすぎた。
生きた人間には耐えられそうにない。
そのときにユキの母親の声が響く。
母は新しい父との間に妹を身ごもった。
とても柔らかい幸せそうな母の笑顔。
ユキは耐えられず、家族と疎遠になった。
その母が箱根まで来て、妹や義父とともに
息子のために声を張り上げていた。
ユキのなかで世界が変わるのだった。

ニコちゃんにとって走ることは、厳しく、楽ができない世界。
一度は完全に諦めてしまったことだった。
高校時代の顧問に体格の問題から
別競技への転向を薦められる。
走ることが大好きだったニコちゃんは、
そこで気持ちが切れてしまった。
灰二がいたから、また味わえた気持ち。
「走ることが好きだ、愛してる」
改めて想いが強烈にこみ上げてくるのだった。

キングにとっての現実は演じなければいけない場所。
しかし、走っているときだけは演じる必要がなかった。
そこは最も自分自身を感じられる世界になった。

カケルは、走ることについての特別な想いを
走り出す前から噛みしめていた。
そして、幻の自分を前方で見つめながら、
究極ともいえる領域へと踏み込んでいく。

灰二は怪我をしてから、ここまでの道のりを思う。
自分は弱いと思い、強さを求めてきた。
速いことよりも強さが欲しかった。
それを手に入れたことを証明するために、
灰二はゴールを目指す。{/netabare}

走ることによって辿り着くゴールは全員が違う。
しかし、タスキをつないで想いを共有できることは、
かけがえのない、とても幸せなことだった。

美しい世界が、確かにここにあった。

走ることに対するちょっとしたつぶやき。
{netabare}何のために走るのか。
昔は、よく考えた。
走ることは物心がついたころから大好きだった。
空気を切り裂き、筋肉が躍動する。
スピードに乗って加速した世界の変化に夢中になった。
それはユキが感じた「美しきこの世界」のようなものだと思う。

今でもよく思い出すのが中学の陸上部で
先輩たちとともに走ったインターバル練習。
学校の周囲の長い距離をゆっくりと走りながら、
合図とともに100メートルほどのダッシュを何度も繰り返す。
先輩から褒められるごとに自信を深めた。
しかし、学内でいくら速くても、
広い世界に出ると、速い選手はたくさんいる。
たった3キロほどの大会に出ても、
そのほとんどの時間がメチャクチャ苦しくて
耐えられないほど辛いものになる。
自分との闘い。
勝つためには限界を超えた苦しみを
ずっとひとりで抱えなければいけない。
何のために走っているのか分からなくなった。
私は高校生になってサッカー部に入った。

社会人になって忙しくなり、フットサルをやらなくなって
時おり、健康のためにひとりで走るようになった。
私はやはり走ることが好きなのだと実感した。
この作品を観ていると、そんなことを思い出した。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 46

四文字屋

★★★★☆ 3.9

十人十美;

十人十色で素直にオーケーなのだが、
あえての、十人十色と十全十美を掛け合わせての造語。
十人十色はその語意のままで、まさに個々人のキャラが、
ひとりを除いて見事に、血肉の生々しさを感じさせる個性がよく描かれていた。
十全十美は完璧を表す意味となるが、
敢えて十美だけを採ったのは、そういう完全な感覚ではなくて、
「十色よりはちょっと上等」ぐらいの意味合いと取っていただければ。


物語は原作準拠というよりは、
大幅にエピソードを盛り足して展開する。
初っ端の、カケルとハイジの出会いのシーンなど、
原作そのままでは万引きしっ放しでちょっと今の時代にはふさわしくないし、
「さ、お店の人に謝りに行こう!」というハイジの一言を加える改変で、
ほどよい感じにまとめられているが、
おそらくは制作陣がこの原作を相当好きだからこそ、
改変や増し盛りが、いちいち的を得ていて、気持ちよい。

そして、実際の、正月の箱根駅伝本番よりも、
そこに至るまでのプロセスが丹念に描かれていたのが印象的で、
(予選会出場資格を得るための)記録会に何度も繰り返しトライするところや、
本線出場を懸けての、一発勝負の予選会での緊張感とリアリティが素晴らしかった。

原作じゃ、
カケルと王子の対立と和解と、お互いを理解しあう姿なんて、
あんなに丁寧にはまったく描かれてないしね。
一方で、扱いに困ったのだろうな、と推測されるのがキング。
原作でももっとも影が薄く、実写版映画化にあたっても随分とぞんざいなキャラ造形だったが、これはアニメでも同じだったようで、
ていねいにやろうとしているのは解るが、
どうにもキャラが安定しないままに終わってしまった感じだ。

まあそうは言いつつ、本戦前日までの盛り上がりはよくできていて、
迫力も感動も大きかっただけに、
本番の駅伝での勝負が選手十人の心象風景に依り過ぎて、
レースとしてのリアル感(←リアリティではない)が不足気味だったのが、
ちょっと、残念といえば残念。
もっとレースならではの駆け引きとか、タイムペース管理とか、いろいろ膨らませることはできた筈。
といったところで、十分楽しめたが、本戦をもうちょっと工夫して欲しかった作品だった。



:::蛇足:::
陸上競技経験がないので、
「半年やそこらであんなに早く走れるようになる訳がない」という、
レビュアー多数の突っ込みの当否は、私にはよくわからない。
自転車競技だと、始めて2ヶ月ぐらいで化け物かと思われるほどに伸びる、
なんてことはよくあるけどね。
そこが、機材スポーツと、肉体勝負のラン競技の違いかな。
私としては、むしろあの酒の飲み方が信じられなかった。
半年で早くなるのを不自然に感じさせない脚本・演出だったとは思うが、
あの酒の描き方はいけない。
自分が酒飲みだからよく判るのだが、
酒はどんなに若くても、確実に、便を緩くする。
あんな宴会のような飲み方をしては、翌日は確実にユルユルな筈。
ましてやランニングという、着地衝撃を受け続け、消化器官にダメージ与え続ける長距離競技を走るなんて、
途中で耐え切れずに暴発するのは必至だろう。
そんな絵を描いたら、王子の嘔吐なんて比じゃない惨劇と化すだろうが。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 32

73.6 8 ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~(アニメ映画)

2017年11月11日
★★★★☆ 4.0 (167)
808人が棚に入れました
詳細不明

声優・キャラクター
佐倉綾音、水瀬いのり、種田梨沙、佐藤聡美、内田真礼、徳井青空、村川梨衣、茅野愛衣、早見沙織、速水奨

根越 詠汰

★★★★☆ 4.0

呪文は、カフェラテ、カフェモカ、カプチーノ

 ココアちゃんが一週間帰省している間のココアサイド、チノ、リゼ達サイドのお話だったです。

 最初にお別れのような大げさなエピソードから始まるけど、今までのごちうさを見ているとこれは、いつも通りのココアを中心とした展開であることは容易に想像がついてしまうです。

 チノの持っているぬいぐるみの謎も、注目です。

 帰省したココアと親子の絡みは、甘えん坊ココアを引き出した展開だったです。

 一方、チノ、リゼ達の方もココアの来る前のお話は、リゼの女の子らしさが出た一面が少し見られたです。ココアからの連絡にソワソワするように気にしているチノもやっぱり寂しいんだだったです。

 モカのアイデアのサプライズパンなどサプライズも見所かなぁです。

 どうやって帰省するココアがチノたちの前に現れるのかも、お楽しみです。

 自分としては、シャロや、マヤとかももっと活躍するところも見たかったです。ごちうさは、2期のほうが今のところ面白いかなぁと思ったでです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 11
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.7

安定した内容の劇場版…しかし原作厨の俺の目はごまかせない!

原作既読かつ原作信者。60分の映画(OVAでもある)。
ランダム特典のミニ色紙はリゼちゃんだった。

内容は原作5巻の第3話~第5話をアニメ化したもの。ただし全体の3割くらいのシーンはオリジナルだったと思う。それは良いのだが、第5話の一部がカットされてしまったのが気になった。そこは三期で別途描かれるのだろうか。

{netabare}オリジナルシーンはココアの帰省の間の描写やそれぞれのシーンの補完、ココアの見た夢などが入っていて、軽いノリの原作よりも濃くなってしみじみとした内容になったと思う。ちょっとうるっとしてしまった。
ただ、花火大会をココアがラビットハウスに戻った後ではなく前に起こるように変更し、ココアでなくチノが皆を誘うようにしたので、ココアと青山が花火大会に出遅れて必死に作業するシーンがなくなってしまった。リゼのチアガール姿のカットも痛い。ここは三期でやるのだろうか?
原作と違い和服マスターの千夜に会わずにココアが浴衣で花火大会に参加できた理由は、青山先生が着付けしてくれたと補足していたので整合性は考えているようだが、アニメの青山先生には新たな特技が追加されたことになるw
それとアニメではココアが自転車の練習をする話をなぜかやっていないので、それについてのセリフがカットされたのでモカがココアをスクーターに乗せるシーンの意義がちょっと薄れたのが残念。

もちろんアニメは悪い所ばかりでもなくて、ココア母が手を怪我したふりをした意図をわかりやすくしたり、母との別れのシーンを追加したりしたのは良かったと思う。

ただしチノの「あの時は分かり合えないと思いました」、ティッピーの「守るのかチノよ」といった面白いセリフのカットが気になった。TVからそうなんだけど、毒があるセリフは切る傾向があるんだよね。{/netabare}

そういった原作とのからみでひっかかった点もあるが(家に帰って原作読み直して「あーまたあちこちカットされてる!」と凹んだ)、二期の改変よりはまだマシだった気もする。エンドロールに入った時にもう30分くらいあればいいのにと感じたので、やはりごちうさは格別だということだろう。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8

ようす

★★★★☆ 4.0

君と離れて過ごす時間が、こうも落ち着かないものだったなんて。

「ご注文はうさぎですか?」、
通称「ごちうさ」のスペシャルアニメです。

時間も長くないので、
1期や2期がお気に入りだった人たちへのおまけエピソードな感覚でした。

相変わらず可愛さと萌えがぎっしりなので、
心ぴょんぴょんしたい方にはおすすめですよ♪

2期の続編に位置付けられるエピソードなので、
まずはTVシリーズを見てから視聴することをおすすめします^^

60分の作品です。


● ストーリー
喫茶店・ラビットハウスに下宿しているココアは、
しばらく実家に帰ることになった。

久しぶりに家族との時間を過ごすココアと、
ココアのいないラビットハウスで過ごすチノたち。

ココアがいない。
いつもとなんだか違っていて、落ち着かない時間がチノを包む。


今回は、
・家族と過ごすココアの故郷
・ココア以外のメンバーが過ごすラビットハウス
の2つの場所での物語があります。

大きく盛り上がるようなストーリーではありませんが、
相変わらず可愛さぎっしりです(*´ω`*)

きっとTVシリーズで心がぴょんぴょんしていた人たちは、
この作品でも心ぴょんぴょんできると思います♪

ココアの母も姉もお茶目だし、
さらにココア家3人の関係も可愛くて微笑ましいし、

ココアがいなくて寂しそうなチノちゃんも可愛いし、

チマメ隊(チノ・マヤ・メグ)3人の連携は
ロリコンに目覚めさせるほどの萌え力があるし、

相変わらずキャラの個性が
あらゆる可愛さと萌えに変換されています!恐ろしい!笑

時間が60分なので、
「あれ、もう終わり?」とあっという間でした。

十分心ぴょんぴょんしたけれど、
もっと心ぴょんぴょんしていたかった!


● キャラクター
みんなそれぞれ可愛くて、萌える(*´Д`)

キャラに関しては、
「可愛い!」の一言で片付いちゃうんだよなあ。笑

可愛いところに萌えたり、
おとぼけなところにクスッと笑えたり、

笑顔でおしゃべりしているだけですべてが可愛くなる。
なんと平和で幸せな世界!

キャラが完成された作品だと改めて思いました。笑

ティッピーは今回ももふもふしていたよ!もふもふ♪


● 音楽
【 主題歌「セカイがカフェになっちゃった!」/ Petit Rabbit's with beans 】

「Petit Rabbit's」は、メインキャラ5人によるユニット。
今回も彼女たちらしいな~と感じる曲でした。

でも今までの曲と似ているわけではなく、
また新しい魅力を楽しめました♪

そこに加わった「beans」とは、そう、“マメ”!

チマメ隊じゃなくて?と思ったら、
「Petit Rabbit's」にチノは初めから参加しているので、
加わるのはマヤ&メグの“マメ”だけか!と気付き。

このネーミングセンス、気に入りました♪笑


● まとめ
確かに“劇場版”と言うより、
“スペシャルアニメ”という表現の方がふさわしい作品でした。

でも内容が薄いわけではなく、
2期の延長の新作として、十分楽しめる内容でした^^

可愛さだけがブレンドされた世界で、
心ぴょんぴょん癒されるのはいかがですか?(*´ω`*)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 27

60.9 9 12歳。~ちっちゃなムネのトキメキ~(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (112)
462人が棚に入れました
大人でもなく、子供でもない、ビミョウなお年頃の小学6年生・綾瀬花日。
担任の先生のキスをクラスの男の子と偶然目撃したり、自分はまだなのに友達に先に生理が来て悩んだり。
一方、花日の友人・蒼井結衣は、自分にイジワルしてくる男の子が気になっていて……!?

声優・キャラクター
加隈亜衣、斉藤壮馬、木村珠莉、堀江瞬、牧口真幸、原紗友里、柿原徹也

ブリキ男

★★★☆☆ 2.2

12歳じゃなくて21歳じゃないの? それでもヤダ。

3話まで見て、気持ち悪いと思いつつ即断に近い形で断念しました。まるでホストみたいに女子に気遣いが出来る小学生男子なんて現実にいるんでしょうか? 作中に登場する男子も女子も好きになれず、特に男子については女性視点からの理想像でしかない様に思えました。

携帯ゲーム機で遊んだり、カードゲームに興じたり、遊ぶツールは違えども、大まかな印象としては、自分が子供だった時となんら変わり無い純粋さを今の子供達も持っていると私は思ってます。(私はそういう年代の子供達と実際に会話した事があるし、長く関わった事もあります。)いつの時代でも女子に優しい男子はいると思いますが、優斗の様に気色が悪い程に年齢にそぐわぬ、小学生にして世間慣れした中年男性の様な振る舞いを見せる男子は大人の創作物であり、フランケンシュタインの怪物の如き歪(いびつ)さを持っている様に思ってしまいます。(性別を逆転してもそんなキャラは好きになれません。)

男性が男性的な強さと頑固さを持つ女性キャラを好むのと同様に、女性が女性的な優しさや気遣いの出来る男性キャラを好むのはありがちな傾向ですが、両者に共通するのは、異質な相手を見るのではなく、あくまでも自分のそうあって欲しいと願う姿、理想像を見ている点に有ります。女性的な気質の男性や逆に男性的な気質の女性も現実にはいますので、その場合は先に述べた理想像が逆転する場合もあり得ます。そんな自分の理想を投影した様なキャラを見た時、つい心地良く思ってしまうのは、性別の反転した自分の鏡像を見て、本来異質なものであるはずの異性に対して、仮初めの親近感を得て安心しているだけなのかも知れません。

キャラに理想像を演じさせる場合、色々な方法が有りますが、最初からファンタジーと銘打つのが最も無難な方法である様に思われます。王子様や別世界の住人ならば、どんな無茶な理想像でも許容できる器がある様に見えるからです。

この作品に私が違和感を抱くのは「12歳。」というタイトルが示す様に、あたかもリアルな12歳の少年少女が描かれている様に錯覚させようとする意図が見え透いているからだと思います。

私達の住む現実の世界とアニメ内で描かれる世界を混同してしまう大人はまずいないと思いますが、一方でその境界があいまいな子供にとっては危険かもしれません。「12歳。」のアニメは深夜枠で放送されていますが、原作は「ちゃお」という低年齢向けの少女漫画雑誌に連載中との事、子供たちに過度な憧れを抱かせ、現実で失望させるのは非常に残酷な行為と思われます。

何となく、低年齢でのゆきすぎた恋愛を推奨する汚い感じの大人の思惑が見え隠れする様な作風でしたが、大人の女性ならファンタジーとして安全に楽しむ事が出来るのかも知れません。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 17
ネタバレ

剣道部

★☆☆☆☆ 1.0

いや~、自分的に、12歳は完璧に子供なんですが……

[文量→小盛り・内容→雑談系]

【総括】
「なんだチミはってか? ええ、そうです! 私が偏見まみれの頭の固い古いタイプのオジサンです!」


一言。「マトモなおっさんがマトモに観るアニメじゃない」


多分、「小学生にとっては、恋愛アニメ」「大人にとっては、ギャグアニメ」くらいの見方がちょうど良いのかな?

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
自分の中の何かが、視聴に激しくブレーキをかけていました(苦笑)

小学生が人を好きになるのは、8割以上の人は外見でだと思ってます、特に男子は(偏見)。あんな素敵な男子小学生がいたら、私は友達になりたくないし、あんな頭沸いてる女子は好きにならない。あと、あのクラスは学担が無能すぎ。

……あ~、小学校の時に帰り道でやってた、スパロボしりとり(スパロボに出てくる作品の機体名やキャラ、声優さん、スタッフ縛りのしりとり)は楽しかったな~……(遠い目)。
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 25

前原由羽

★★★★☆ 4.0

「12歳」を知らない大人たちへ...

12歳は大人でも子どもでもない特別な時期...
主人公格の2人、花日と結衣を追いかけて2人が大人への階段を登る姿を見届ける物語です。第1話で彼氏が出来て、ひたすら大人の彼氏に守ってもらうのが花日サイド、第2話で彼氏が出来て、子どもの彼氏に「好き」の気持ちが伝わらないままぎくしゃくしてるのが結衣サイドです。詳しいあらすじは他のレビューワー方が丁寧に書かれていますので割愛します☆

この作品が面白いのは主人公2人が中間の位置にいるのに対して、子どもサイドに桧山やエイコー、大人サイドに高尾や心愛やまりんがいること。エイコー筆頭の幼稚な行為だけでなく、心愛の嫉妬深さやまりんの怪しげな恋愛作戦とかを見ていると、花日たちは子どものままでいるのは嫌だけど、「大人になる」っていうのが必ずしも良いとは限らないと感じてるんだよね...
彼女たちの恋愛事情と一緒に描写されているのがいじめです。子どもサイド、大人サイドで陰湿さの度合いが全然違い、前者がほぼちょっかいやからかいから来ている一方で、後者は明らかに怒りや妬みから来ています。いじめの解決策とかの話は出てこないですが、いじめる人たちの心理の方に着目してなんとな~く伝わるようにしているのかな...

私が「12歳」というタイトルを見たとき、私が10年まえの12歳の時と、今の12歳が全然違うから、そのジェネレーションギャップを感じてもらうという内容かと思っていたのですが、最新話を見る限りでは私が12歳の時とあんまり変わんないですね(笑)極めて現実世界での出来事のやりとりが多く、プロフや日記とか出てくると、花日が私くらいの年齢かそれより上の時に彼女の12歳を振り返ったのかなと感じちゃいました!!
12歳の本来のテーマはこれだけではないはず。12歳のシリーズがヒットすれば、おそらく花日たち以外の12歳のエピソードを持つ少女たちが登場すると思ってます。その子たちが描く12歳が私たちの知らない今のトレンドの「12歳」であり、いじめや貧困といった大人たちの知らない世界について、問題提起をしていくのだろうと期待してます!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 7

62.6 10 ニル・アドミラリの天秤(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (75)
329人が棚に入れました
書いた者の魂や、感情が宿り、その内容により読んだ者に大きな影響を及ぼすことがある“稀モノ”と呼ばれる本。これを収集・保護する機関“帝国図書情報資産管理局”、通称“フクロウ”に関わる登場人物たち。ツグミが彼らとの出会いをきっかけに、揺らぎ始める運命の物語。

声優・キャラクター
木村珠莉、梶裕貴、岡本信彦、逢坂良太、木村良平、鈴村健一、櫻井孝宏、村瀬歩、夏樹リオ、小林範雄、緑川光、興津和幸、榎木淳弥、遠藤大智、眞田朱音、高橋未奈美、利根健太朗、石井真、西田雅一、荻野晴朗、桜木章人

四文字屋

★★★☆☆ 3.0

えっ?ちょっと待って!これって逆ハーなの?!うわー(・・・でもそんなに腐ってない?)

サイコ×ミステリー(ダーク風味)
と見せかけておいて、まさかの・・・
逆ハー×ローファンタジー
だったとは!!

知らずに見始めてしまった逆ハーものって、
覚悟なしに見ちゃったユリの重いのより私は赤面してしまいますが何か?
(ちょっと逆切れしてみる)

でも正直言って、出だしは悪くなかった。
オトメ系ゲーム原作のよさなのかも知れないが、
ちょっと暗めでわけありそうなイントロ導入が意外と行ける。
きっかけの事件も謎感たっぷりで情緒に訴えかけてくれるし、
メインモチーフが和綴じ本なんて、ギミックも面白い。


しかし。
「そして陰鬱な物語世界へ」と大風呂敷を広げるのかと思いきや、
どうもそういう風にはなっていないらしい。
ここから始まる逆ハーワールド?

そうなったら、多分撤退しますw




予想完視聴確率:44%
クール内BEST10到達予測:22%
予想涙腺刺激度数:11%
平均エロチックメーター指数:3.3%

投稿 : 2019/09/21
♥ : 14
ネタバレ

pister

★★★★☆ 3.3

何気にジジイには見やすいかも

4話までの感想{netabare}
かくりよの宿飯に続いてこっちにもスレイベガ(普通の人には見えないものが見える能力)、まぁそれはいい。
それより気になるのは、フクロウはどこまで権限を有してるんだろう?

まず1話で大金持ちのお嬢様が入隊?するってことで、フクロウは予算潤沢なおハイソな組織なのか、予算切り詰められまくりの貧乏部署なのか、そこのギャップを見せてく作品なのかな?と思ったらそうでもないっぽい。
でもって2話は例えると「消防署が火事が無くてガッカリする」ってネタで、それは違うよと優しく諭される内容で、それはいい。
が、3話、とうとうフクロウがどの程度の組織なのかが重要な問題となってくる事態に。
もし銃の携帯認められてたらマレモノでイカれたおっさんは足を撃つなどして自殺を未然に防げたハズ。
ん?携帯してないよね?時代(制服)的にサーベル持っててもおかしくない感じだけどそれも無いよね。
捜査機関が丸腰ってどうなんだろう…本気でマレモノ探ししてるとは思えないっていうか、国はそこまで危機感持ってないってことなのかな。
と、そんな中、警察から護衛?監視?が配備。
ああ、これでフクロウの装備が警察に比べて弱すぎるってのを実感する展開になるのかな?
と思った矢先にカグツチが居ると目されるビルへ突入…おい、丸腰でかよ、そういうのは警察に任せた方が良いんじゃ…。
とはいえこの一件でカラスとカグツチは危険な組織ってことが分かり、フクロウに装備が支給される展開になるのかなー?
もしくは何者かの意図が働いてるってことなのかなぁ…?

そんなことを考えつつ4話、キター。 
時代設定は大正だったっけ?ああいう時代であるなら財閥や軍閥が政治に大きな発言力を持っててもおかしくない。
というよりそういうネタ使わないのならその時代を舞台にする必要もない。
で、財閥といっても主人公ツグミの久世家はそんなに大きくはないらしく(結婚しなきゃ家が潰れそうって段階でお察しってことだろう)そこには含まれてないっぽい。
一方で新たに登場した鵜飼昌吾、総理大臣のご子息とのこと。
ツグミの弟と同じくマレモノによって自殺未遂をし、フクロウのご厄介になることになった、と。
「もっと警備の厳重なところに行った方が…」と思わなくも無いけど(※)、所長がコネ持ってたみたい。
ん?でも総理の子息がマレモノによって大変な目に遭ったとなると、国を挙げて徹底的にマレモノ狩りを始めてもおかしくないような?と思ったら、
カラスの支持母体はシギヌマ財閥かも?という疑惑が。
でもって総理の息子って立場を利用してそこ主催のパーティーへ潜入するのだけど、そこで軍人のオアサが総理の悪口を言う。
ああ、そういうこと?
ちょっと整理、

・フクロウは総理と繋がりのある組織?
・軍は総理を快く思ってない(→フクロウは軍属でないので装備が認められないってことかも?)
・カラスはシギヌマ財閥と繋がりがある?(→よっておいそれとマレモノ捜査ができない)

単にパーティーへ出席しただけかも知れないので軍と財閥、軍とカラスの繋がりは保留。
また、軍って書いたけどあくまで予測、総理への不満はオアサ個人の感想なだけかも知れない。
元々4話の序盤、マレモノ絡みの事件が起きたのにフクロウへは報告が来なかった(フクロウが知ったのは新聞社を通して)のは、孤立してるってことの表現か。
警察は…本来は軍とは違うらしいのだけど、似たようなモンと大雑把に見ていいのかな?
3話で監視と言ってたが素直にフクロウは目の上のタンコブって表現だったか、ここら辺は余計な事考え過ぎちゃってました。
でもってそれは総理も同じのような予感、軍閥と財閥から突き上げ喰らって針の筵(むしろ)的な。
※の息子の避難場所も、他の部署は政敵の息がかかっててダメだったってことかも。

総理、軍、財閥、フクロウ、カグツチ、カラス、でもって新聞社、なんか色々な“立場”が出てきて…整理付くのか?(あ、あと「作家」も入るのか?)
また、久世家のツグミが一般人(庶民)とも大金持ち(財閥)とも言い難い中間的な立場。
パーティへの出席が決まった時「フォーマルな場だったらまかせろオラアァ」ってなると思ったらドレス着慣れてないわ会場の規模にビビるわ誰とも面識ないわ…ワルツは踊れたけど。
うう、久世家ってホント潰れる手前だったのね。
今後それぞれの立場同士の闘争劇になれば面白そうだけど、「この美男子はこういう立場です」って紹介だけに終わってしまう可能性も高そうで気が抜けない。
果たしてどうなるんだろうなぁ…。{/netabare}

各話ごとの感想はちと後回しで、といいつつ書かないかもしれないけど。

総評{netabare}
何気に面白かった。
作品世界の時代的にそう思わせるだけでズレてるかも知れないが、江戸川乱歩…ってか横溝正史や松本清張の…ガッツリ作った劇場版ではなく2時間ドラマ、ついでにフィルム撮り時代のエッセンスを感じる。
カラーリングとかそれ狙ってるよね?
火曜じゃなくて土曜の方…天地茂が活躍してた辺り、って書いて通じるかな?(といいつつ自分もよく覚えてない)
登場キャラたちがこぞって「実は〇〇の親だった」「実は〇〇の子供だった」「実は〇〇とは腹違いの兄弟だった」「実は〇〇家の御曹司だった」等、やたら血縁関係のいわくのある生い立ちなのもそれっぽい。
女性の社会進出や色恋沙汰でどうこうってのはちょっと火曜側っぽい部分もあるけど、アウラっていうオカルト要素があるので本質は土曜寄りかな?
何話だったか映画館で客とぶつかりそうになるシーンがあるがその客がどうみても水野治郎で、この作品にはそういうのは無いだろうと思ってたので虚を突かれて爆笑した。
ついでに言わないようにしてたけどOPはドレミファドンを髣髴としてのう…自分は。
土曜ワイド劇場(昭和まで)をベースに火曜サスペンス劇場をトッピングしたような雰囲気、意図的なんじゃないかなー?
細かい点でツッコミどころは多いが、これも昭和時代のドラマって思うと違和感感じない自分に困る。
そういう系が好きな方は楽しめるんじゃないかな?{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

えたんだーる

★★★☆☆ 3.0

今期オトメイト枠(← とか、勝手に呼んでいます。)

オトメイトのゲームが原作。当然のように未プレイですが、要は女性主人公がイケメンに囲まれるタイプのお話です。

この枠はわりと伝奇物が多いような気がしますが、今回も「怨念がこめられた本」にまつわる大正時代が舞台の伝奇物のようです。ただし「大正25年」とか、わけのわからんことになっていますが(笑)。(つまりこの設定で、強くフィクション性をアピール!?)

なので、横書きが左→右の表記なのとかは、テレビを観ている良い子は決して気にしてはいけないぞ!

帝国図書情報資産管理局とかいう機関が今回の「イケメンの巣窟」です。ここに主人公がある能力を理由にスカウトされる第1話でしたが、はてさて…?

投稿 : 2019/09/21
♥ : 16

62.3 11 12歳。~ちっちゃなムネのトキメキ~ セカンドシーズン(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (45)
225人が棚に入れました
蒼井結衣、12歳。最近女子は難しいお年ごろです…。
初めてのブラジャーや生理、そして…結衣は初めてのニキビができてしまい大パニック!恥ずかしさのあまり、カレシ・桧山の顔も見られず避けてしまう…。
結衣の態度が心配な桧山。ちゃんとお互いに顔を見て話をしようとしたその時、ふとした瞬間に2人の唇が触れ合った…?これって、もしかして…キス…!?

声優・キャラクター
加隈亜衣、斉藤壮馬、木村珠莉、堀江瞬、牧口真幸、原紗友里、柿原徹也、渡辺拓海、村田太志

シャベール大佐

★★★★★ 4.1

安全装置の付いた恋愛を観ているような感覚

2組の小学6年生カップルを描く恋愛物の2期。
基本的には1期の延長線上の作風で、王道の少女漫画のようなキュンキュンする恋愛模様を小学生でやっているところは変わらないのですが、この2期のほうが、恋のライバルが登場しての三角関係的な展開など波乱要素もあって、1期よりも面白かったです。
エピソードの骨組みというか基本の構図自体は、子供向けではない普通の恋愛ドラマとそれほど変わらず、意外と正統派の恋愛物という感じ。これが大人の物語ならば、もっとドロドロした展開になって修羅場が繰り広げられたり、登場人物が心に傷を負うような結末になってもおかしくないのですが、そこは12歳の小学生ということで、絶対に大怪我をするような展開にはならないという安心感があって、気楽に楽しめます。なんとなく、全然ジャンルは違いますが、ガールズ&パンツァーで女子高生たちが戦車で本格的にドンパチをやっていても、安全が確保されていて絶対に死んだり大怪我したりしない、という安心感があるからこそ楽しめるのと似たような感覚なのかな、などと感じました。
音楽は、OPやEDも普通に悪くないですが、BGMも印象的でした。ドラマティックな展開や甘い場面などで、それを聞いただけで状況がわかるようなベタな音楽が流れてくるのが、どこか恋愛物のパロディを観ているような雰囲気もあって笑えました。
1期から最後まで通して、安定して面白かったです。恋愛をサイドストーリーとして描くのではなく、この作品のように完全にド真ん中に据えた作品というのは最近それほど多くないので、もう少し増えてもいいんじゃないかな、と思いました。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 11
ネタバレ

にゃんちゅ(・ω・`

★★★★★ 4.1

レビュー長いです。全部読まなくてもいいです。

12歳のセカンドシーズン到来です!!!

個人的には超絶期待作のこのアニメ。今回も堪能させて頂きました!

12話+12話の全24話構成です☆

※ピュア度高すぎる為、最後まで視聴するのは厳しいでしょう。
 視聴される方は覚悟して!ネタとして見て頂く事をオススメ。

この作品は、2人の12歳の女の子のラブストーリーが楽しめるところがいいですね。

分かるようで・・・分からない・・・ん~分からない・・・(分からない気持ちの方が大きいw)

まったくタイプの違う2人の女の子と、その彼氏。
付き合い方も違いますが、より新鮮なのは結衣ちゃん・桧山君ペアです。

【結衣ちゃん・桧山君カップル】は、{netabare}
結衣ちゃんが、秀才で大人っぽく落ち着いていて 
彼氏の桧山君は、恥ずかしがり屋で不器用です。

子供の幼さが残る不器用さ・・・身長も同じくらいで、
誰よりも結衣ちゃんが好きなのに…照れ屋で言えないもどかしさw
この2人は対象年齢のカップルをリアルに描いている感じ。{/netabare}


また、メインともいえる【花日・高尾君カップル】は、{netabare}
花日が、真っ直ぐな性格で少し子供っぽく
高尾君は、逆にかなり(大学生かって程に)大人っぽく、超モテ男です。

花日が子供らしいマスコットなどを身につけているのに対し、
高尾は常に冷静で、誰にでも優しいタイプですので
たぶん、対象年齢の思い描く理想の彼をそのままキャラに起用した感じです。

現実味がないというか、こんな小学生いねぇよ!と終始ツッコミたくなるキャラです。{/netabare}


ストーリーとして {netabare}
今回の「12歳」では、結衣ちゃんの回から始まります♪

ライバル登場 稲葉君!!!
ま~たホストみたいなキャラ出てきちゃったよ・・・w

チャラいけど本人は真剣に結衣に告白~。
桧山君も駆けつけ、昼ドラみたいな展開にwwww 最初っからもうお腹痛かった笑いすぎて←


花日は花日で、授業参観に大好きな兄がくる事になりますが、兄貴は恋愛大反対!

しかしながら、この兄貴・・・キャラデザ的には中学生と思ったのですが、
まさかの大学生で、私はすでに腹筋崩壊ですwww

兄貴小さいw 高尾より小さいwww


そして、花日には追加の悩みが…高尾とのバランスを考えるお年頃に…
学芸会で王子に選ばれた高尾。結衣はシンデレラ。花日はネズミ役です。

並んだときにバランスが悪いと周囲に言われ、花日と桧山ショックwww

学芸会での練習で上手く出来ない結衣に対して
高尾「王子への好きが足りない」ってお前何様だよw

高尾は花日への配慮も忘れません。
高尾「俺にとってのシンデレラ(花日)。永遠の愛を誓う」っとかキモイwww


今期一番のネタ回は、修学旅行で行った水族館イベントの
クラゲのベールを被り、彼女を探そうっていうアホッぽいイベントに参加した事。
このクラゲベールが、ホントにキモイ。

アニメとはいえ、こんなリア充イベントを見てる私、そろそろ死ぬのかな。(←謎)

ピュア度のレベルが高すぎて心が痛かったです。
ツッコミどころ多すぎてお腹が痛かったです。

最後にこの回で桧山君が頑張ります。結衣ちゃんにキスします。

小学生でもリア充だというのに、私ときたらーーーーーーーーーーーー(爆死)


もうすぐ中学生になる事で大人っぽくなりたい花日。
後半改めて、兄貴登場。このシスコン兄貴に高尾が彼氏とばれてしまいました。

ここにきてまた高尾が名言を言います。
「子供が真剣に恋愛して何が悪い。今好きな人がいる。その一瞬一瞬を大切にする。
 本気の恋愛に大人も子供も関係ないだろう」

・・・高尾は本当に小学生ですか?何度も言います。高尾キモイです。

イケメンなんだが、発言がキモイ。ホストっぽくて胡散臭い←


そして最終回は彼氏と過ごす初めてのクリスマス。
結衣ちゃんは、遊園地デート。花日もショッピングデートです。

最後の最後で桧山がやらかした。
桧山のファッションセンスが輝いていた。ダサすぎて笑った。
上下柄物で、ピエロかよって思ったwww

最後はハッピーエンドの正解ルートENDでしたね。{/netabare}



とまぁ長くなりましたが、私は本当に12歳が大好きな作品です。(ギャグ扱いです)

毎回毎回、たいしたセリフを言っている訳でもないのに
顔がアップになり「きゅん」としてキラキラする描写・・・

独特の昭和っぽいBGM。♪う~う~う~う~う~~~

初めてのブラジャーや生理、ニキビ・・・っとどこか現実的なこの生々しいアニメ。

OPは1期の方が好きでしたが、今回も大満足でした。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 7
ネタバレ

魂がBITCH♡

★★★☆☆ 3.0

秘密の癒し枠

原作:まいた菜穂(ちゃお不定期連載)
監督:大宙征基
構成:坪田文
アニメ制作:オー・エル・エム
・主要キャスト
綾瀬花日cv加隈亜衣 (主人公)
蒼井結衣cv木村珠莉 (主人公)
高尾優斗cv斉藤壮馬 (花日の彼氏)
桧山一翔cv井口祐一 (結衣の彼氏)
小倉まりんcv牧口真幸 (花日と結衣の友達)
三上稲葉cv田丸篤志 (桧山のライバル、結衣が好き)

田舎ですので、一週間遅れで第1話を観ました。
あ〜またはじまりましたね。
いやー極楽極楽(笑)
ちなみにこれは深夜アニメではありません。
子供が観る時間帯に放送されている健全なアニメです。

内容は小学6年生のラブコメ。
12歳頃は女子の発育がよくて、背も抜かれ男子は小さくなっていましたよ。
この年頃の女の子は同級の男子がガキっぽく見えるんじゃないかな?
でも、この作品では小6がしっかり恋愛をしています。
まだ、性と恋の区別に揺らぎ恥じらう年頃で、恋人ゴッコといった感じでしょうか。
子供の恋愛と些細なことで揺れ動く心は、見ていてほっこりします。

仕事に家庭に深夜アニメに疲れたら観る私の秘密の癒し枠です。
幸い評価サイト界隈では、あまり話題に上ることが少ないアニメですのでヒッソリと堪能いたします。

第1話メモ
{netabare}2期は桧山、結衣カップルメインでいくのかな?
公式をみると桧山のライバル三上キャラ登場と、花日のライバルというか敵というか心愛の扱いがサブキャラに格落ちされていまから高尾、花火カップルは安泰みたい。
でも、なるべく花日は登場させて下さいよ!
結衣にもとうとうニキビの洗礼が・・桧山は結衣が悩んでいたことを気にかけていたね。
チャラガキから結衣をしっかり守るんだよ。
なんだかんだいってもこの年頃だと女子の方が早熟ですね。
桧山の家に誘われた結衣の妄想がかわいい。
第1話から癒されました。{/netabare}

今期は前期のEDだったA応POPで、EDがMachicoなんですね。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

計測不能 12 モンスターストライク セカンドシーズン(Webアニメ)

2017年4月1日
★★★★☆ 3.1 (8)
28人が棚に入れました
詳細不明。
ネタバレ

pister

★★★☆☆ 2.6

消えゆく宇宙編含めての感想

公式の分け方としては2017と“消えゆく宇宙編”は別扱いだけど、アニコレでは両方まとめて“セカンドシーズン”でいいのかな?
ってかそう思って扱います。

{netabare}前作の感想にも書きましたが、自分は一番最初に“消えゆく宇宙編”の1話を見てしまい、全然意味が分からなかったので第一シリーズから見直してくることになったのですが…。
うん、2016は面白かった。
が、2017は…非常~に辛い。

まず0話で前期消滅させてしまったオラゴンを復活させにゃならんので、そこで出したのがアヴァロンっていう回復兵器…。
ってあれ?前期で玄馬がそそのかされた理由って「寝たきりの妻を治すために強力な治療能力を持つモンスターを探してる」じゃなかったっけ?
そこは「遂に見つけたぞ」とか「ち、今更か」くらいの反応はしてくれてもいいような?
と、出だしからなにやらイヤ~な予感、雑さを感じるというか。
(7話のラファエルに対しても玄馬は「前期の行い」を引っ張った反応はしない)

その予感は的中してストーリーが非常に雑、まず目的がほぼ無い。
一応パワースポットを突き止めてそこの守護者(ボス)を倒すって目的はあるけど、ボスを倒しても報酬が無い、段階を踏んでく感が無い。
それよりも原作ゲームのモンスター紹介が前面に出て、そのモンスターの抱える些細な問題をちょくちょく解決してく中「ついで」って程度でパワースポット解放って流れ。
いわゆるアンパンマン方式といいますか、ゲストキャラ(モンスター)を次々出してきゃいいだろうって感じの乱暴なノリ。

そしてなにより、1期ではなんとなーくでボヤかしてた問題を中途半端に掘り下げてしまいまして、見てるこっちは余計に困惑することに。
呼び出されるモンスターは概念だか量子の何だか、漠然としてたものを具現化してたってことでいいやと思ったら、モンスターはモンスターで生活してたらしい、呼び出されるまで別の世界で。
(一期でもヘラにビビるゼウスや天使同士が顔見知りな描写があってちょっと怪しかったけど、それでもまだ気にならないレベルでした)
竜馬やナポレオン(美少女)に至っては生前の記憶とか言い出すし…お前ご本人様の生まれ変わりかよ!?と。
ノストラダムス(美少女)もそうで、「こっちの世界」で名を挙げた偉人は「あっちの世界」に転生してるってことか?
そして「あっちの世界」では神や魔物、架空の人物が普通に闊歩してるハズで…どんな魔境だよと。
ってかただの人だって転生できたっていいじゃない、そりゃ弥勒菩薩も怒るわい。
「二つの世界が交わってはいけない」って、転生できてる時点で交わっとるって。
なんでこっちの架空の人物がそっちに実在してんねん。
ってかご本人様相手にモンスター呼ばわりはどうなん?(※)
歴史の謎な部分尋ねないの?当時を知る本人の証言だぞ?等々、突っ込みが追い付かない。
そうしてる間にも偉人や神の名を騙るモンスターが続々と登場して…違和感が果てしなくて何度も切ろうと思う羽目に。


「初期の頃は召喚技術が低く低級の魔物しか呼び出せず、その頃に名付けられたモンスターストライクって呼称が今も続いてる」ってことかなー、と最大限好意的解釈。
それでも歴史上の偉人“本人”相手にモンスター呼びは…自分は抵抗拭えないですね。
あくまで名前を借りたカリソメの存在ってのが限度でしょー、fateやメガテンもそこら辺はもうちょいマシな言い訳考えてるかと、もしくはボヤかす。


それでも切ることなくなんとか見続けられたのは班目CEOの存在と、たまたま最初に“消えゆく宇宙編”1話を見てしまったせいで「どうやってあの回に繋がるんだろう?」って興味があったから。
班目は意識高い系ベンチャーのテンプレみたいなキャラで面白いです。
というか自虐臭い、XFLAGの偉い人はこう思われてるんじゃないかなーってのを絵にした、みたいな?

リアルタイムで見てた訳ではないし原作ゲームもやってないので詳しくは知りませんが、実際“2017”は評判悪かったんじゃないかな?
1期に比べ再生数ガタっと落ちてるし。
で、冗談めかして言われるソレとは違う、正真正銘の「テコ入れ」として“消えゆく宇宙編”を始めたような印象。
“消えゆく宇宙編”に入ると突如物語がシリアスモードに移行し、それまで無責任にポンポン出してたモンスターも控え目に。
被害が現実のものとなって町は破壊され、自衛隊員が死んだりします。
まぁ話自体は2017で雑に膨らませたのを畳むだけですが、そこら辺真面目にやってくれました。
そうそう、それと2017ではキャラクター(人間)が殆ど3DCGでしたが、消えゆく宇宙では手書きになります(モンスターは前からCGでそのまま)。
そこら辺からも「これはいかん」と方針転換されたんじゃないかなーと思うのだけど…果たしてどこまでが予定通りだったんでしょうね?

ということで“消えゆく宇宙編”は普通に見れるものになってます。
それまで出会った・助けた仲間やモンスター達がクライマックスに集結しなかったのは心残りですが、これもテコ入れの影響なのかも知れない。
あ、オラゴンは終始居る意味ナシです、ストーリー的には、これもテコ入(以下略)。
「電波使わず自腹でタダでいつでも見られるようにしてくれてるんだから文句言うな」と言われたら全くその通りで、消えゆく宇宙編まで耐えられるのならお勧めするのですが…2017の壁がなぁ…。
それこそいっそのこと自分と同じく「消えゆく宇宙編1話を先に見る」ってのも手かも知れません、そこまでして見たいって人がどれだけ居るか知りませんが。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.8

いま、モンストアニメの新たな展開が幕を開ける!

この作品は、YouTubeで配信されているWEBアニメです。
2015年の10月の配信が開始され、1期は2章構成で全51話配信されました。
そして2017年の3月末からこの2期の配信が始まり、前編23話と後編にあたる「消えゆく宇宙篇」13話の全36話が配信されました。

それだけではありません。
劇場版と連動した「Rain of memories」やGWスペシャルとして「センリツのルシファー ただひとつの始まりの歌」、そしてダルダニャンを主役とした特別編「モンソニ!ダルタニャンのアイドル宣言」など、本編を彩る多彩な作品が配信されているんです。

そして何よりビックリなのが、これら全てが無料で配信されている、ということです。
しかも旬な声優さんがバンバン投入されているというオマケ付き…
相当な制作費用が必要だと思うんですけど、そんな作品が期限も無く視聴できるなんて…

このゲームのユーザー数は、2017年3月時点で日本で3,300万人、世界を含めると4,000万人を突破しているとか…
この膨大な数のユーザーがしっかり下支えしてくれているからなんでしょう…
しかし、日本で3,300万人という数はとんでもない数字なのではないでしょうか。
日本人の3~4人に1人がユーザーということになりますから…
これは結構身近にユーザーがいても全然おかしくない…という証にほかなりません。

私の近辺でゲームやってそうな人…皆無なんですけどね^^;

それでは無料だからクオリティをおざなりにしているか…というと決してその様なことはありません。
3DCGを駆使して描かれたモンスター同士のバトルは迫力満点です。
しかも回を増すごとに迫力も増していくのだから驚きです。

そんなこの物語ですが、今期はマナ・リビングストンという日本人とアメリカ人のハーフの女の子がレンたちと同じ神ノ原中学に転校してくるところから始まります。
このマナのCVは金元さん…こうして振り返ってみると、秋アニメでは「これでもかっ…」というくらい金元さんワールドを堪能させて貰った気がします。

「食戟のソーマ 餐ノ皿」の薙切えりな
「妹さえいればいい。」の可児那由多
「クジラの子らは砂上に歌う」のサミ
「縁結びの妖狐ちゃん」のロロ姉さま

私にとって思い入れのあるキャラばかり…
って、レビューから少し脱線してしまいました^^;

このマナという女の子…彼女の持つ可愛らしさといじらしさは絶対に侮れません。
Lynnさん演じる葵、木村珠莉さん演じる皆実だって十分可愛いと思っていました。
レンへの仄かな思いはこれまで自分だけのモノだった葵…
のんびりしていてもレンには絶対自分が必要だと自信もそれなりにあったと思います。
そう思っても良いと思えるだけ一緒の時間を過ごし、一緒に困難を乗り越えてきましたから…

でも葵にとってマナの存在は脅威だったでしょう…
アメリカ人の血が混ざっているからかもしれませんが、自分の気持ちをとてもストレートに表現するんです。
しかも自分には絶対言えなくて…絶対できないようなこともサラっとやってのけちゃう…
そんな自分にないモノをマナは持っていたから…

案の定、レンとマナは直ぐに打ち解けました。
でも葵の背負った業はとても皮肉…
そんなマナとも仲良くしたい…大切な仲間だと思ってしまうのですから…
そんな女の子たちの揺れる気持ちにも是非注目して欲しいところです。

一方、物語の方ですが、2期ではモンスターが現実世界に現れるようになってしまったので、拡張現実を展開してモンスターと自分たちを一定の空間を隔離しながら戦うようになっていました。
彼らは「エナジーポイント」なる特異点の探索とそこに出現するモンスター討伐が主な役割になっていくのですが、モンスターを倒してエナジーポイントを開放した後に何が待っているのか…これは視聴してからのお楽しみです。

見るからに強そうなモンスターがゴロゴロ登場するのですが、気になるのはやっぱり声優さん…
ゆかりん、くぎゅにハルカスなど、思わず視聴に熱の入りそうな声優さんがしっかり場を盛り上げてくれます。

WEB配信で原作がゲーム…苦手な人がいるかもしれませんが、物語の構成はしっかり練られている上、主人公のレンを演じる小林裕介さんの熱い演技も相まって、大人でもしっかり楽しめる作品になっていると思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

主題歌ですが、前編のエンディグテーマである辻村有記さんの「Light」が
一番のお気に入りでした。

作品数は36話と大ボリュームですが、1話10分弱なので割とあっさり視聴できちゃいます。
それに箸休め的に「モンソニ!」などを視聴すると、モンスターを違った角度から見る事ができるので登場人物に愛着も湧いてきます。
あにこれでは視聴された方は現時点でそれほどいらっしゃらないようですが、個人的にはしっかり楽しめた作品だと思いました。
公式HPには「新作アニメにも乞うご期待!」と書いてありました。
もちろん、しっかり期待させて頂きたいと思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 6

72.2 13 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (556)
2896人が棚に入れました
【剣姫】アイズ・ヴァレンシュタイン。
最強と名高い女剣士は今日も仲間達と共に、広大な地下迷宮『ダンジョン』へと繰り出していく。
灰へと朽ちた竜の死骸、忍び寄る異常事態、様々な謎と脅威が襲いかかる深層域50階層で、
アイズが風を呼び、迷宮の闇へと一閃を刻む!

──そして訪れる、少年との『出会い』
「あの……大丈夫、ですか?」
迷宮都市オラリオの地で、少女と少年の物語が今、鮮烈に交差する!
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、ここに始動!

これは、もう一つの眷属の物語、
──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア】──
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.8

ダンまちに外伝を求めるのは間違っているだろうか

原作未読


劇場版『オリオンの矢』を控えた本編の再放送を観了後。だいぶ後回しにしていた『外伝ソード・オラトリア』をやっとこ観ました。
2期も始まりましたのでその前に予習しとこ! そんな感じです。


本編は至極真っ当な古典的RPGの薫り高い良作でした。主人公ベルくんの成長物語や紐…女神ヘスティアに魅せられた本編の1期です。
思ったより硬派じゃあーりませんか…ってのが、「タイトルでもったいないことしてるな~」の褒め言葉にも繋がりました。


今回のソード・オラトリアは本編と時間軸を同じくするもう一つの物語。ロキ・ファミリアに焦点を当てた外伝に相当します。
ファミリアの豪華なメンツはこちら↓

{netabare}アイズ・ヴァレンシュタイン(CV大西沙織) LV.5 剣姫
レフィーヤ・ウィリディス(CV木村珠莉) LV.3 サウザンド・エルフ
ティオナ・ヒリュテ(CV村川梨衣) LV.5 アマゾン
ティオネ・ヒリュテ(CV高橋未奈美) LV.5 ヨルムガンド
フィン・ディムナ(CV田村睦心) LV.6 ブレイバー
リヴェリア・リヨス・アールヴ《CV川澄綾子(外伝)、種田梨沙(本編)》 LV.6 ナイン・ヘル
ガレス・ランドロック(CV乃村健次) LV.6 エルガルム
ベート・ローガ(CV岡本信彦) LV.5 ヴァナルガンド

※サポートメンバーもそこそこ。一部紹介。
ラウルーノールドLV.4超凡夫 クルス・バッセルLV.4 リーネ・アルシェLV.2
 ⇒超凡夫って(笑){/netabare}


1期の健闘で期待値が上がり、聞けば外伝の小説もなかなか良いらしい。いわゆる期待作ポジションからのスタートということだったのに

・なんか胸囲の格差社会の話になっとる
・本編の主人公と思しき娘さんの百合百合しさ

あーダンまちよお前もか・・・ラノベの闇に沈んでしまうのか!? およよ・・・となりかけました。
レフィーヤの成長物語のようなので百合嗜好薄めの自分にはキャラへの共感が薄くなりそうと不安になった序盤です。
意外と硬派だった本編のノリを期待した皆さま。どうしてもしんどい場合は撤退も選択肢でしょう。


さて、そんななかで本作の価値は

 {netabare}“そりゃ他にもファミリアがあるわな”{/netabare} 


もともと暇を持て余した神々の遊びみたいなもんで“ファミリア”と呼ばれる各神様の眷属(出入りの自由度高いけど…)パーティが複数あることは本編でも説明がなされてました。
言うまでもなく主役はヘスティア・ファミリア。紐・・・ヘスティア様とベルくんです。
主役はフォーカスされて当たり前。しかし同時並行して各ファミリアが別の場所でクエストをこなし、当たり前ですが各々の思惑で動いているのです。
そこを拾ってくれてよかった。拾われたのがこのファミリア以外考えにくいであろうロキ・ファミリア。この物語の基本設定を考えれば一足とびで2期に移行するよりも外伝をリリースすることは自然な流れだったように思えてなりません。

というわけで、

1.ベルくんたちがすったもんだしている横で何が起こっていたのか?

ありきたりですいませんが、具体的に形にしたことをなにより評価するものであります。

本編あっての外伝ですのでこちら単体の視聴はオススメしません。私はすこし時間が空きましたができれば1期から続けて観ることをお薦めします。またはこれ観ておさらいするとか。
本編とのリンクでは一部怪しいところありなものの、ところどころニヤッとできることでしょう。

{netabare}・アイズがベルくんに稽古をつけた理由の一つは“強くなるためのヒントが欲しい”事情があったから{/netabare}

本編描写の答え合わせであり、また両者の意思がいいタイミングで絡んだ結果でストーリーが進んでいったことがわかります。
ファンタジーは作りこまれてるに越したことはありません。本編が一見、“ハーレム”+“俺TUEEE”のコンボのように見えて安直さを感じなかったのは、こういった作りこまれた物語だったからとの背景もあるでしょう。


外伝としてはこれで充分な気がします。ところがさらにもういっちょ

2.やはり主役はベルくんということに(笑)

時系列の繋がりと同様に、この作品のメッセージが本編と外伝で乖離してなかったのがなによりでした。
ちなみに本編の主役らは驚くほど登場時間が少ないのでそちらのファン(私含む)はご愁傷様です。この一言のために松岡さんと水瀬さんアフレコに呼んだんかいな?というくらい。
それでも主役は主役だねと感じられる展開はお見事。ぜひ作品を実際観て感じてください。

{netabare}ベルくんもそうだったように、高めの目標をクリアすること、作中では“冒険”と言われてる困難を克服しないと次の高みに辿り着けないという設定がお気に入りです。形を変えてアイズもレフィーヤも彼女らなりの冒険をしてましたね。{/netabare}


上記1.2.を感じることができたので多少の百合やティオナ・ティオネのバスト漫才にも惑わされることなく、いや正直邪魔と思ったのですが、価値ある一品だと思いました。
いやだって本編だって似たようなばいんばいんはあったとは思うんですが、比重掛け過ぎですよ。こういうのは塩梅が大事なのです。
できれば1期とセットで観たい。そんな不思議な作品でした。



■オマケ
アイズさん何考えてるかわかんないです

{netabare}うーん、なんでアイズさん、ベルくんに謝ることにあんだけ固執したんでしょう?
・怖がられてると思い込んでて誤解を解きかたったから
・責任感から迷惑かけてゴメンと本気で思ってたから
・それは方便でベルくんに興味があったから

結論が導き出せないので考えればいくつでも出てきそうです。
剣を壊したら「(店の人に)怒られる」と言ってみたり、服破いてレフィーヤに謝ってみたりと、無事でなによりとの周囲の反応がアイズさんにはよくわかってなかった模様。天然っぽい返しをするヴァレン何某さんであります。
人との距離の取り方を学習中って感じでしたね。そして本人も取れるようになりたいとの指向がある。親とのやり取りがいわくありげで影を落としてそうでした。

そうみると、謝んなきゃ!って思ったら思い込んだでそれ以外の融通きかなさそうですし、“助けられる→逃げる”を繰り返すベルくんはアイズにとって特異なコミュニケーションをとる人として興味の湧く対象でもあったし。
それらしい理屈は思いつくのですが決め手に欠けます。{/netabare}


{netabare}もしかすると、強くなりたい彼女にとって、逃げ足がはぐれメタル級のベルくんから得られる経験値量を感じ取り、つけまわしてたのかもしれませぬ。
それにベルくん「しあわせのくつ」持ってますもんね。
だいぶナナメ上方向でとっても納得した気分になったのでこのへんで。{/netabare}


読んでいただき有難う御座いました。



2019.08.05 初稿

投稿 : 2019/09/21
♥ : 37
ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.1

『ダンまち』本編を見てからじゃないと面白くないかも?

原作未読。最終話まで視聴。
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のスピンオフ作品。
本編のアニメ『ダンまち』は視聴済み。

アイズとレフィーヤのダブルヒロインを中心に、ロキ・ファミリアの面々の成長を描いた作品。

本編の『ダンまち』では、ほとんど出番の無かったレフィーヤの主役抜擢は面白いと思った。
ただし、レフィーヤのアイズに対する百合感情が余計だったかな?
憧れの感情はアリだと思うけど、個人的に百合はちょっと苦手です・・・。
ちょっとウジウジした性格もマイナス要素でしたが、後半、しっかりと成長が描かれていて良かった。
本編の『ダンまち』もそうだけど、登場人物の成長を描くのが上手い作品だと思った。
単純な主人公最強系ではなく、主人公が成長して最強へ近付いていく系。

最終12話のバトルシーンは、皆それぞれに見せ場が用意されていて良かった。
{netabare}絶望的な状況から、団長の一言で全員が奮い立つ場面。
ガレスの身を挺した中央突破の場面。
そしてレフィーヤがアイズを救う場面。{/netabare}
やはり、個人的にバトルシーンは盛り上がる。

『本編のあの場面の裏側ではこんな事が・・・』的な楽しみ方が、この作品のもう一つの魅力。
たまに出てくるベルくんと紐神様に、なぜか癒される作品。

多分、『ダンまち』本編を見てからのほうが楽しめると思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 44
ネタバレ

プクミン

★★★★★ 4.1

アイズ視点での話

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』はベルが主人公だったが、この外伝はその物語に出て来たアイズが主人公であり、彼女視点でどうなっていたかの話。

トップクラスの冒険者という事もあり、バトル内容は派手。
ベルがあんなことや、こんな事をしている間、アイズ達はこういう事をやっていたんだよ!?
武器だって結構壊れたりするんだよ?
というのが良く分かる内容。

無印との違いは、やはりパーティーで戦っているというところ。
あとは街やダンジョンで最近起こっている事件の真相を確かめようと、ロキファミリアが動いているところが目立っていた。
物語としても、内容面も、この外伝の方が個人的には好きになれました。

ただ、最後の方はアイズ達のパーティーの強さに合わせた敵が出て来て、ひたすらバトルで内容が薄れた印象。
それとアイズに付きまとう『レフィーヤ』というエルフの少女。
こんなの無印に出てたっけ?
以下、このキャラに対する個人的感想。
{netabare}
早く詠唱して魔法撃てよ~!!
役立たず!!どうしてこれでレベル3なの?
偉業とか何かやらないとレベルって上がらないのに、こんなんで良くレベル3になれたね?どうやってレベル3になったの?
妄想多すぎ、アイズの心配しすぎ、まずは自分の心配をしてくれ!!

それでも少しは成長し、最後の方ではみんなを守ったりもするが、あれだけ訓練やらアドバイスやら受けて、やっと一人でも詠唱して魔法が使えるようになったっ!おめでとう!!
何という半人前!!
{/netabare}
ファミリア同士にも敵対関係があったり、中立があったりと、無印では知りえなかった情報が盛りだくさん。
それでも謎がまだ残ってるけどね。

ここが謎い!!
{netabare}
・ダンジョンってこのオラトリアにしかないの?
・59階層まで潜って来たけど、何階層まであるの?
・神って強いの?死ぬの?
・レベル7の人が出て来たけど、レベル上限っていくつなの?
・真相を暴いて黒幕が分かったところで、黒幕が神ならその神をどうするの?神って裁けるの?
{/netabare}

取り合えず、無印と合わせてみると、色々補完出来る情報が多く2期も楽しみになりました。
無印が面白かった人にはオススメ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 20
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ