おすすめ本宮ひろ志人気アニメランキング 14

あにこれの全ユーザーが人気アニメの本宮ひろ志成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月17日の時点で一番の本宮ひろ志アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

58.0 1 サラリーマン金太郎(TVアニメ動画)

2001年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (13)
66人が棚に入れました
暴走族集団・八州連合の元ヘッド矢島金太郎は、亡き妻・明美の故郷で忘れ形見の竜太とともに漁師をしていた。ある日、事故で漂流中のヤマト建設の会長・大和守之助を救った事がきっかけで、金太郎はヤマト建設に見習い社員として入社する。金太郎が入社したヤマト建設は、官僚から天下りしてきた横暴な大島社長が専横を極めており、守之助会長や創業時からの叩き上げである黒川専務は退陣を迫られていた。サラリーマンとしての枠に捉われない金太郎の大胆な行動に感銘を受けたヤマト建設の社員達は、守之助会長を退陣から救うために活動を開始する。

声優・キャラクター
宮本大誠、城雅子、川久保潔、野沢那智、田中敦子、永野広一、河野智之、石川ひろあき、柚木涼香、加藤精三

計測不能 2 男一匹ガキ大将(TVアニメ動画)

1969年秋アニメ
★★★★☆ 4.0 (1)
25人が棚に入れました
『俺の空』などで有名な劇画家・本宮ひろしの出世作のアニメ化。関西の西海中学に在籍する戸川万吉。彼は同年代の学生2000人を子分に従える、超大物のガキ大将だった。だが万吉はさらにもっと高い目標を求め、先に知り合った日本財界の大物・通称「水戸のババァ」のいる東京に向かう。そこで万吉は政界のカラクリ、大人の社会の現実に触れ、世の中を清浄に作り直すために、自らが権力のある金持ちになろうと誓うのだった。

kuroko85

★★★★☆ 4.0

巨匠の話ってあまりアニメになりませんね

実際にこの作品をご覧になった方は少ないと思います。
私も再放送を兄と見ていました。
イメージとしては、アニメでしていた大河ドラマですね。

まあ、巨匠の作品はヒューマンドラマを越えた
大河ドラマが多いですが、やはりこれが伝説ですね。
アニメはともかく、漫画は今でも手にすることができますので
その篤さに多くの方は【ひく】ので、、、とさえ思っています。
私が記憶に残っている話は
水戸のばばあ(=日本有数の富豪のばあさん)にヨウカンを
ごちそうになったら100万(爪楊枝1本=1万)という
奇想天外な話。
とにかく巨匠の話は、奇想天外で突拍子もないのですが、
強く惹きつけられるのです。
実際今見たらどうなのか、、、夢を潰さない為にも
それはやりたくないです。
ただ、巨匠の話ってあまりアニメになりませんね。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 3

計測不能 3 青春アニメ全集(TVアニメ動画)

1986年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (3)
11人が棚に入れました
日本の近代名作文学から、現代のミステリー小説までを題材にアニメ化したTVシリーズ。原作は夏目漱石の『坊っちゃん』、堀辰雄の『風立ちぬ』、川端康成の『伊豆の踊子』、伊藤左千代の『野菊の墓』といった名作から江戸川乱歩の『赤い部屋』、果ては赤川次郎の『ホームタウンの事件簿』など実に幅広いジャンルから選ばれた。複数のアニメスタジオが制作に携わり、毎回の作風が変化に富む他、人気漫画家が多くキャラクターデザインに登用されたのも特徴。例えば『坊っちゃん』には本宮ひろ志、『ホームタウン』には村生ミオ、また乱歩の明智小五郎主役編には石森(石ノ森)章太郎が採用されている。エンディングは、アニメーターでもある異才マルチクリエイターの林静一がしっとりした美しい情感のイラストを提供。ダ・カーポの主題歌「青春は船」とともに大きな反響を呼んだ。

計測不能 4 おたくの星座(OVA)

1994年10月7日
★★★☆☆ 2.7 (2)
10人が棚に入れました
本宮ひろ志が原作、江口寿史がキャラクターデザインを務めた異色のゲームソフトがOVA化。 荒廃した地球において姿を現した魅惑のアイドルグループ「オーロラ5人娘」は、世の男たちを次々に“おたく病"へと感染させていく。卑屈なおたくに変貌してしまうという恐るべき奇病が男性たちの間で蔓延する中、それに対抗するためには彼女たちを自分に惚れさせるしかない。さすらいの旅からこの地に舞い戻った男は助手の熱血とジョンジョンを従えて、早速最初のターゲット・ヤンをたらしこむべく行動を開始する! 実際のアイドルたちに同名のコスプレユニットを組ませる等、積極的に売り出していたオーロラ五人娘が劇中においてもフィーチャーされた。中でもリーダーの千葉麗子は、唯一人声の出演も行っている。江口作品でお馴染みのキャラクターたちの活躍も見逃せない。

計測不能 5 男樹(アニメ映画)

1990年4月14日
☆☆☆☆☆ 0.0 (1)
7人が棚に入れました
1990年に劇場公開された長編アニメーション作品。暴力団・村田組組長を父に持つ主人公の京助は、新たな男の生き方を求めて激動と波乱の人生を突き進んでいく。反発心や自立心から、父親とはまったく違う人生を歩もうとする京助だったが、やがて村田一族に流れる極道の血に導かれるように任侠の世界で頂点を目指すこととなる……。原作は男の生き様を世に問い続けてきた巨匠・本宮ひろ志の同名傑作任侠漫画。原作には「新・男樹」「四代目男樹」と続編があり、「新・男樹」は実写映画、Vシネマ作品としても公開されている。

計測不能 6 俺の空 刑事篇(OVA)

1991年10月21日
★★★☆☆ 3.0 (1)
7人が棚に入れました
漫画家・本宮ひろしの代表作のひとつでもある青年向けコミック「俺の空」シリーズ。その第2部ともいえる『俺の空 刑事編』をOVA化したもの。OVA化にあたって編が篇と改題されている。 日本最大の財閥「安田グループ」の御曹子・安田一平。他の誰よりも優れた学歴を持つ一平は周囲に親しまれる気さくな性格だが、何よりも持ち前の正義感にかけては右に並ぶものがいないほどだった。そんな一平は一介の刑事となり、警察機構という巨大なしがらみだらけの組織の中、矛盾だらけの事件捜査に対して全力で体当たりする。暴力団による本物の強姦を見世物にしたレイプショーの捜査を手がかりに、巨悪へ挑む一平。悪党を捕まえるためならば財力を駆使することもいとわない一平だが。 本作の主題歌には先年にリリースされたCHAGE&ASKAの一曲「太陽と埃の中で」を使用。同曲は2005年のパチンコ「俺の空」でも用いられた。

計測不能 7 俺の空 刑事篇2-誘拐-(OVA)

1992年5月21日
★★★☆☆ 3.0 (1)
6人が棚に入れました
漫画家の本宮ひろしが青年コミック誌に連載した「俺の空」シリーズ。その続編である『俺の空 刑事編』を原作としたOVA。 財閥刑事・安田一平。彼は巨大財閥の御曹子ながら、持ち前の強い正義感から一介の刑事としても日々活躍している。そんなある日、警察機構を翻弄する連続幼児誘拐事件が発生。超人百面相と名乗る犯人から次の犯行を予告するメッセージが届くが、ある思惑から警察上層部は手出しをしない。これに憤慨した一平は自分の財力を投入して私設警察を組織する。日本有数の頭脳集団と巨大コンピュータを駆使し、犯人を追いつめてゆくが。 本OVAシリーズの作画監督とキャラクターデザインは、同じ本宮原作のOVA『男樹』シリーズでも縁のあるアニメーターの須田正己が担当。監督はベテランのアニメ作家・白土武、アニメの実制作はA.P.P.P.が手がけた。

計測不能 9 新・男樹(OVA)

1998年5月22日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
日本最大の暴力団組織・崇和会連合。この組織の総裁・村田京介の息子である京太郎はヤクザのいる環境から遠ざけたいという母の願いから田舎暮らしをさせられていた。そんなことも知らず多くの舎弟を引きつれ密漁や売春の斡旋などを行う京太郎も将来は漁師になろうとしていた。だが、房州を取り仕切る力団・鬼竜会に舎弟を殺されたことをきっかけに一念発起。舎弟と銃器を集めて鬼竜会を襲撃し壊滅させる。そのことがきっかけで刑務所に入所し、さらに父からの刺客・崇和会連合の大友の妨害を受けるが、根性のある京太郎は無事に出所。シャバで待っていたのは、かつての仲間と村田組の旗揚げだった。さらに京太郎に魅せられた大友も加わり、村田組は極道の世界を脅かす存在へと進化していく。本作は本宮ひろ志原作のコミックをアニメ化した作品。

計測不能 10 男樹2 野望編(OVA)

1990年9月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
漫画家・本宮ひろしによる硬派任侠ものの同題コミックをOVA化したシリーズ第2作。 ヤクザへの道を歩むこととなった高校生番長・村田京介。学生同士の抗争がきっかけとなって少年院へ送られていた京介だが、彼の入所中に実の父である広域暴力団村田組組長・村田正三は部下の裏切りにあって殺害。母もまた落命していた。京介が出所する一方、金沢では伊達組が幅広く勢力を拡大し、村田組も舵を欠いた船と化してしまう。やがて北陸は網引の街で「初代村田組」の看板を掲げた京介のもとに、かつての友や正三を慕う村田組系の組員たちが集まってくる。そんな京介は刑事を父に持つ美女・新藤久美子への一途な想いを貫き、ついに彼女と添い遂げた。 本作は日本映像が制作。監督は『妖刀伝』などを手がけている山崎理、脚本はTV版『少年アシベ』ほかの広瀬襄が担当した。主人公の京介は池田秀一が演じている。

計測不能 11 男樹3 完結編(OVA)

1991年4月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
男のロマンを描くことを得意とする漫画家・本宮ひろし原作のOVAシリーズ第3作目。当初は全4巻を構想していたが、本作が最終巻となった。 父親同然の和尚から「男は人生に起きるすべてのことをこやしに育つ大樹である」と教えられて育った男・村田京介。実は広域暴力団村田組組長・村田正三の子供であった彼は、父の亡き後、自ら極道の世界に身を投じ、ついには北陸を手中におさめるまで勢力を伸ばしていた。そんな京介が初代総長となった北陸連合村田組は、宿敵というべき四国連合伊達組と激突。さらには日本で最大陣営である神戸の安済組との対決をも迎えることとなった。全国を舞台に男たちの戦いの生きざまが描かれる。 本作の実制作はJ.C.スタッフが担当。劇画調の原作の絵柄をアニメで表現するにあたって、キャラクターデザインは『北斗の拳』などのリアルなタッチで定評のあるアニメーターの須田正己が務めた。

計測不能 12 銀の男(OVA)

1992年1月10日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
大学生・武本勇二は、恋人の恵子と別れたことをきっかけにホストの世界へと飛び込んでいく。様々な事情を抱え、ホストクラブを訪れる女性たちに金で身体を買われつつも、勇二は誠意を込めて接していく。原作は本宮ひろしの同名のマンガ。この時期、本宮ひろしの作品は精力的にOVA化されており、本作以外にも『雲にのる』(全2巻)『ドン 極道水滸伝』(全2巻)『男樹』(全3巻)などが次々にアニメとなっている。主人公の勇二は、中原 茂が好演。

計測不能 13 ドン 極道水滸伝 怒濤編(OVA)

1992年9月9日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
原作・本宮ひろ志の極道マンガのオリジナルアニメーション第2弾。喧嘩自慢で豪放磊落名性格の主人公・伊達武吉は、気ままな旅を続けていた。故郷の四国・松山に帰った武吉は、松山伊達一家の親分である父の死を知る。その死は廃業寸前の状態ながらも名門ということで頼られ、ヤクザの抗争に関わった結果の出来事でもあった。四国進出の野望に燃える播堂組の室戸正一と、一晩で四国をまとめ上げた武吉の対決のときが迫る。室戸は武吉を倒すべく刺客を差し向けていた。両者の対決は思わぬ形で最終局面を迎える。後年、『男樹』シリーズを生むきっかけとなった極道マンガの完結編のアニメ版。

計測不能 14 ドン 極道水滸伝(OVA)

1992年7月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
極道の熱い男たちの生き様を描いた、原作・本宮ひろ志のマンガのオリジナルアニメーション。主人公は江戸時代から続く名門、松山伊達一家の出身の伊達武吉。ケンカが強く、能天気な武吉は、たった一人でダイナマイトを使ってヤクザの組を潰してしまう。その事件が原因で送られた旭日刑務所は、暴力団に一匹狼で立ち向かった犯罪者だけが集められるという特殊な刑務所だった。一方、武吉の生涯のライバルである室戸正一は、陰謀の限りを尽くして下関播堂組の三代目を襲名し、着々と勢力を伸ばしていく。日本のヤクザ組織をまとめ上げるのは、果たしてどちらになるのか……。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ