村井かずさおすすめアニメランキング 21

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの村井かずさ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月17日の時点で一番の村井かずさおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

57.4 1 村井かずさアニメランキング1位
とっとこハム太郎でちゅ(TVアニメ動画)

2011年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (10)
66人が棚に入れました
『とっとこハム太郎』は、ハムスターのハム太郎と愉快な仲間たちのほのぼのとした日常を描く人気シリーズ。河井リツ子先生による漫画・絵本を原作に、 2000年から2008年にかけて、TVアニメが第3シリーズまで放送。劇場版やOVA、ゲーム、プライズなどでも展開されています。

65.3 2 村井かずさアニメランキング2位
デビルマンレディー(TVアニメ動画)

1998年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (36)
156人が棚に入れました
ファッションモデルの不動ジュンは、ある日アスカ蘭と名乗る女性の訪問を受ける。そしてジュンは、人が獣(ビースト)になる恐ろしい光景を目の当たりにする。ビーストに襲われそうになったとき、ジュンもまた獣へと変貌を遂げる。ビーストの姿でありながら人の意識を持ち続ける「デビルマンレディー」に。その事実にショックを受けながらも、ジュンは身近な友人たちを守るため不本意ながら、アスカに促されるまま「ビーストハンター」としてビーストとの戦いに身を投じていく。
ネタバレ

おなべ

★★★★★ 4.5

人間よ、人間だから、”デビルマン”なんじゃない!

実写版「デビルマン」という想像と予想を遥かに超えた超変化球に避けきれずデッドボールを喰らい、リハビリがてらの救済処置に見つけたのが「デビルマンレディー」でした。
監督は「吸血姫美夕」の平野俊貴氏、脚本は「serial experiments lain」の小中千昭氏、これはおぞましい雰囲気が期待出来ますね!


ファッションモデルである不動ジュンは、ある日謎の女性アスカ蘭の訪問を受ける。彼女に無理矢理人気のない倉庫に閉じ込められたジュンは、人が突如異系の獣「ビースト」に変形する恐ろしい光景を目にする。
ビーストに襲われ絶体絶命となったその時、ジュンも獣の姿へと変形し、ビーストを本能に赴くままに殺戮する。
ビーストの姿でありながら人の心を持ち続ける「デビルマン」となったジュンは、アスカに促されるまま「ビーストハンター」としてビーストとの血みどろの戦いに身を投じていくのであった…。



永井豪原作「デビルマン」の設定を男女逆転させた形にした作品。漫画版「デビルマンレディー」もありますが、そちらとは全く話も設定も異なります。
この作品で感心したのは、ただ主人公とアスカの性別が違うだけではなく、漫画版「デビルマン」とあらゆる面に置いて立ち位置が対になっていることです。
例として挙げると
不動明は自信の意志により”デビルマン”となり、たった1人で戦いに挑む。
不動ジュンは他者の強制により”デビルマン”にさせられ、超機密組織のバックアップ付きで戦いに仕方なしに赴く。

女性の主人公がズタボロの瀕死にやられる1話から始まり、終始主人公が酷い目に合っていく展開です。人ならぬビーストの姿となった者の葛藤、苦悩を繰り返すジュンの性格も相俟ってか作風も暗く陰鬱。永井豪の漫画はコミカルもあったりするのですが、今作ではほとんど笑える場面はありません。
日常に潜む「ホラー」が序盤は顕著で演出がニクい。アスカ蘭の真の狙いも謎解きのようにゆっくり明らかにされていき、次第に迫って来る終末感もアリアリと上手く描写していました。
陰惨な結末で有名な「デビルマン」とは異なり、希望のある結末にしたのは見事な構成です。
{netabare}
アスカが「獣」を闇に葬り、人間だけの理想の神の国は、虚構に満ちたものでした。ジュンがビーストたちの怨念を集めて悪魔となり、神と決闘を繰り広げるシーンは燃えましたね。
「デビルマン」と「人間」の共存の世界になったように見えますが、その中では人々を襲う「ビースト」も混じっているわけで根本的には最初と何も変わってないのではないでしょうか。人間が獣の存在を認めたとはいえ、きっと偏見や差別も根強く残っているだろうし、また魔女狩りや戦争が待ち受けているのかもしれないし、もしかしたら人間が滅びた漫画版「デビルマン」よりよっぽど過酷で争いの絶えない世界になるかもしれません。

それでもタカエや猛のように「何があっても生きていく」、これが今作の最大の希望なのかなあと思いました。
{/netabare}


本作で外せない主人公の性格もまた対になっています。
不動明は”デビルマン”になる前は弱虫でオドオドしていましたが、覚醒後は喧嘩強い男気溢れる性格に変貌します。
不動ジュンは内気で社交性のあまりない暗い性格で、"デビルマン”になる前も後も変わりません。それ所か、時折獣の欲望が現れることに自己嫌悪に陥ったり、不条理な運命や先の見えない壮絶な戦いに苦悩したり、情緒不安定になっていきます。獣と人間の狭間で葛藤し、追い詰められていくのです。

アスカ蘭が言う通り「獣」としてふっ切れたらこんなに思い悩むこともなかったでしょうし、容姿端麗で根は優しいが為に同性異性問わずモテまくり自分の首を絞める事になります。恐らくウジウジで自分自身に苦悩する彼女の優柔不断さにイライラする方もいらっしゃるかと。それは根本的な性質が真面目で誰よりも心優しかったからなのでしょう。
{netabare}
踏ん切りの中々効かないキャラではあったものの、「"人"でありたい」とずっと思い続けていた為に、欲望に支配されず自我が保ていたのではないかと。ベイツは己の欲望に心身共に任せた結果、巨大化したら暴走して自我を取り持てていませんでした。
{/netabare}


そんな中でも彼女なりに自分の存在意義を見つけようと踠き続けます。
また、自分を慕う「滝浦和美」という年下の女の子を守る為に距離を置き、双方すれ違っていきます(デビルマンの「牧村美樹」をオマージュしたキャラ)。
何かをしては上手く行かず、物事が悪い方向に向かい…もうね、そんなにやるかっていう位ジュンを絶望の淵に追いやっていきます。泣きながら傷つきながら過酷な運命に立ち向かおうとする主人公には感情移入しまくってしまいました。
最後には…どうでしょう、ジュンは何か一つでも良い事あったのか…。
{netabare}
和美とやっとわかり合えたのに即刻殺す展開は鬼そのものである。「願」だけは何度見てもホロリとなってしまいます。序盤の「格好良く何かないよ」の台詞がこんな形で生かされるなんて酷過ぎます。
その後のおじいちゃんの家に帰ろうとし、「甘酒飲みたいな、おじいちゃんの作った…」の悲壮感に満ちた台詞でもう泣けてしまった。
ベイツ、同志なんだから少しでもジュンの肩の荷が下りるような奴だったら良かったのに全く価値観が異なるし話あわなかったのが残念で仕方なかったです(ベイツも最後の辺はちょっとネジ外れ気味で、ボス戦で燃え尽きる展開は良かったのですが)。ベイツだけじゃなく、奥さんも娘もいるのに関わらず「不動さん、貴方が好きだ!」とか言うマネージャーも、アスカの謎を全部ジュンに告げなかった前田も大概だとは思いますが…。女主人公を巡る男同士の修羅場は昼ドラみたくで面白かったです。

最終話、誰の為でもなく自分の為にアスカと決闘するジュンは格好良かった!が、しかしその戦いで両腕まで失い、その挙げ句最後まで「自分自身を愛せない」なんて呟く主人公。結局自分自身の存在意義を見つけられず大切なものを何もかも失ったジュンに、救いなんてあったもんじゃないです。
最後に人ごみに消えていく後ろ姿が、本当にやるせなくて哀しかったです。せめて、腕は再生して欲しい…両腕がなくなるのも、下半身(両脚)をなくして眠りにつく不動明と対になってるんだとか。今の所ジュンちゃんは私の見たアニメの中で悲惨な女主人公No.1です。
{/netabare}

アスカは気の弱いジュンを良いように利用しまくり「貴方は私のものよフフン」なんてサディスティックなラブオーラを出しまくります。ジュンはアスカのことを憎んではいながらも、愛憎混じったもどかしい感情を抱いています。2人の奇妙な関係も中々見応えありました。会話も率直で真逆な価値観も覗かせて結構面白かったりするので、アスカがあまり出ない中盤は残念でした。
{netabare}
何だかんだでジュンは自分の正体を知っているアスカにはある意味気を許しているんじゃないかな。だから「もしかしたら貴方のことは愛していたのかもしれない」の台詞は納得が出来ます。
「和美…貴方のペット?」「やめてよ、そんな言い方!」みたいなギスギスした掛け合いが面白かった。人のこと好き勝手言う自己主義のアスカさんには流石に怒りを隠せなかったか。

アスカはたまに気遣いする時もあったけど、全体的にもっとラブオーラ全開でも良かったんじゃないかと思いました(漫画版デビルマンレディーが顕著だからそう思うのかもしれないです)。好きとは言うものの、神になる自身の為に相手を支配し利用したロクでもねえ奴でしたが…。
「霧」のエピソードでは、アスカがジュンの子供時代の話をやけにちゃんと聞いています。本当はそこそこ良いコンビなんじゃないだろうか…いやそんなことないか。
「箱」のエピソードでモンスター映画見ながら任務を伝える場面。
「モンスター映画なんてラストは皆決まってる。ヒロインが化物の彼を殺して終わりよ」と途中退席しバッサリ切り捨てるアスカと、最後まで映画を見て真の結末を知るジュン。
ここは2人の性格の違いを表していただけではなく、何となく物語の結末も暗示していたんじゃないかなーなんて勝手に妄想が膨らみます。 {/netabare}


声優さんの演技も素晴らしかったです。
特に不動ジュン役の岩男潤子は普段儚げでもの静かな女性で、「デビルマン」に変身した途端ドスの利いた声になる演技力の高さは驚きました。ジュンの苦悩、葛藤、人と獣の間で叫ぶ哀しみが身に染み入る位感じられました。
{netabare}
サトル君の所に特攻する際の咆哮が凄まじかった。
「顔」のエピソード、いつも以上にジュンちゃんは精神的に参ってましたね。ベイツももっと相談に乗ってやれよ…。ビーストが現れる前のくだりが印象的でした。
「獣の女に頼らないと処理出来ないんですか」
「(略)我々の相手はあくまでもテロリストだ」
「人間相手なら殺せるんだ…」
ここの言い方が冷ややかで怖かった。台詞が地味ながらも、後半の展開を思わせるように出来ているのも良かったです。
{/netabare}


何せ世界覧が終始暗い上、主人公の難儀な性格に好みが分かれる所です。
規制によって画面が暗過ぎることもあったり、作画が回によって荒いのが難点。
「デビルマン」を強く意識し、新しく解釈した側面に仕上がった今作はとても見応えがありました。それでもって主人公の報われない結末が、哀しくて仕方なかった。こんな切ない作品があるんだなあと思い知りました。私にとって印象深い大切な作品です。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 21

だわさ

★★★★☆ 3.2

飛鳥と不動。神と悪魔と人のアナザストーリー

全26話。
永井豪。
ED田村ゆかり。


人が悪魔化して戦う。
デビルマンと言えばこの構図なんですけど、今回は変身するのがレディー…そう、女の人なんです。モデルの。

デビルマンと同様、デビルマンレディーも原作漫画とアニメでストーリーが全く異なってます。

漫画版ではデビルマンレディーとデビルマンがパラレルの関係にあるので、デビルマンレディーにデビルマンの主人公不動明が登場したりするんですけど、アニメでは完全オリジナルなのでせいぜい不動明のオマージュキャラが登場するだけになってます。

この作品、主人公の性格が非常に内向的。
その分、悪魔化したときの本能に支配された獣の様相に対してギャップが激しく、グロ要素にも拍車がかかってます。
バトルは暗い中でのバトルがほとんどなので、回によっては暗過ぎて何が起こってるのかわかんないときもあるのでそれは難点かもですが。
というワケで主人公が暗く、雰囲気も暗く、若干鬱っぽく重苦しい展開がツラツラと続いていくワケですけど、そんな中にも、人とは?進化とは?という問いかけが多分に盛り込まれているあたりはいかにもデビルマンらしい作品となっているんじゃないでしょーか。その問いかけに対する回答を自分なりに考えつつ視聴すると一層楽しめると思います。

人、悪魔、神。
この関係性がつまるところ話の完結のあるデビルマンシリーズの見どころだと思ってますけど、このデビルマンレディーはデビルマンシリーズにおいて他にはない唯一無二のエンディングカードをきってくるので、デビルマンの存在について新たな発見があると思うし、それについて自分なりに考察するのは面白いかなーと思います。

最後にひとつだけ小ネタ投下。
かつてドラゴンボールでカメ仙人がカメハメ波をうつときに上半身の服がビリビリに破れたように、又はかつて北斗の拳でケンシロウが気合いを入れたら上半身の服がビリビリに破れたように、デビルマンレディーに変身して体の筋肉が膨張するときは服が破れちゃいます。んで、、元の人の姿に戻る時は基本裸なんですけど、デビルマンの主人公不動明のオマージュキャラとして登場している真紀猛だけは変身後、服が元通りになってますw
先発旧作のアニメ「デビルマン」で主人公不動明が変身後に服が元通りになってたのをギャグとして逆手に取ってネタとして堂々とやらかしてくれているんです。オマージュもここまでやればなかなか深いっすww

投稿 : 2019/11/16
♥ : 21

ワタ

★★★★☆ 4.0

昔うちの母親が永井豪の事務所で働いてたらしいんだけど

永井豪と言えば偉大な漫画家ですが、母の話を聞いてもどうもピンと来ないというか
それって凄いことなのかどうか感覚的によく分からないんですよね。
自分は永井豪の世代じゃないし
作品をまともに読んだこともアニメを見たこともなかったので。

永井豪と親交のあった手塚治虫が
「豪ちゃんいる~?」みたいな軽いノリで事務所によく遊びに?来て
受付だか事務員だった母はその取り次ぎを何度もしていたそうですが
それには流石に驚きましたw ブラックジャックは読んでいたので
曲がりなりにも手塚治虫の偉大さを肌で感じ取っていたからなんですかね。

まあそんなコバナシはおいといて。

マイナーな良作アニメないかな~ってネットで探してたら
永井豪原作の「デビルマンレディ」という作品がよく挙がっていたので見てみることに。
本家デビルマン見てないのにどうなのよって感じですが。
マイナーと言ってもデビルマンの名を冠してるのもあってか
深夜アニメとしては異例の高視聴率を記録しているそうです。

全体的な印象としては終始ダークな雰囲気。
サスペンス、ホラー、エログロ要素が満載。
百合というかレズ描写もかなりありますw

ストーリー前半は、主人公がビースト(異型の獣)を一匹ずつ倒していく1話完結式。
後半になると話のスケールがどんどんデカくなり、なかなかの盛り上がりを見せてくれます。
色濃くなる人類vsビースト(新人類)の構図。
両者の共存は可能なのか?というのが作品のメインテーマでしょうか。

個人的な見所としては
・ビースト化した姿でありながら人間の心を持った主人公(不動ジュン)の苦悩や葛藤
・ジュンをデビルマンレディとして覚醒させたアスカ蘭、その驚くべき正体と真の目的


鬱展開も多く正直気が滅入りそうにもなりましたが、見応えたっぷりで面白かったです。
これを機に他の永井豪作品も見てみようと思います。とりあえず本家デビルマン辺りから。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 33

58.8 3 村井かずさアニメランキング3位
とっとこハム太郎(TVアニメ動画)

2000年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (57)
483人が棚に入れました
緑あふれる小さな町……。この町でくらす小学5年生ロコちゃんの家に住むハムスターのハム太郎。好奇心おうせいで元気いっぱい。ちっちゃい体でロコちゃんのためにがんばるハム太郎が、このアニメの主人公です。ハム太郎には、おおぜいのハムスターのなかまたちハムちゃんずがいます。ひみつの地下ハウスに集まって、いつも何か新しいことはないかな?おもしろいことはないかな?とワクワクキョロキョロ。おかげでときどき大さわぎをまき起こします。

ゅず

★★★★★ 4.4

私はこれ好きです。

子ども向けとして見やすいし、かわいいし、BGM含む歌も好き。恋愛(ハムスター達の三角関係だったり結婚したり)友情、笑いもあるし、季節感ある話や新しいキャラクター、新展開もあって飽きないし、最初(ハム太郎がでかける)と最後(ロコちゃんの日記)はいつものパターンだから統一性もあっていい。
OVAの話とかは見ごたえある話だし映画は最後の絵本の以外はよかった。
それぞれのキャラクターがあんまりダブらず個性的でキャラクター性もばっちり!

投稿 : 2019/11/16
♥ : 6

ペチ14

★★★☆☆ 2.3

Q質問 A解答 T突っ込み

Q1、このアニメを見てどう思った

A1、wwwwwwwww

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q2、このアニメを見て気になったことはありますか?

A2、wwwwwwwwwwwww

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q3、最後にこのアニメはお勧めですか?

A3、wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

T3、笑ってないでなんかいえよ

投稿 : 2019/11/16
♥ : 0

61.8 4 村井かずさアニメランキング4位
銀盤カレイドスコープ(TVアニメ動画)

2005年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (50)
309人が棚に入れました
桜野タズサは16歳の現役女子高生にして、日本屈指の実力を持つフィギュアスケート選手で、オリンピック日本代表候補の一人と言われている。だが、優れた美貌と素質と、同時に高飛車な態度と毒舌家ぶりもまた一流であることから、マスコミでは「氷上の悪夢」と陰口を叩かれていた。
そんな彼女だが、ある日行われた国際大会で惨敗し、意気消沈して帰国する。東京で普段と変わらぬ学園生活を送っていた彼女の耳に突然、どこからともなく一人の少年の声が聞こえてくる。不審に感じ、辺りを見回したタズサであったが、声の主と思しき人物の姿はどこにもない。なんとその声はタズサの頭の中から響いてくるものだった。声の主の名はピート・パンプス、タズサが大会に出場したその日に事故死し、幽霊となって彼女に憑依してしまったカナダ人の少年だった。
しかも、タズサに憑依してから100日後、彼女が出場を目指しているトリノオリンピックのフィギュアスケート女子シングルの、競技が行われる日の深夜0時にならなければ成仏することができず、その間ずっとタズサと一心同体でいなければならないのだと言う。かくしてタズサは、ピートとの奇妙な同居生活に戸惑いつつもトリノ五輪へ向け、練習に学校にマスコミの取材にと、多忙な毎日を送ることになる。

声優・キャラクター
川澄綾子、吉野裕行、小杉十郎太、鈴木弘子、斎藤千和、井上麻里奈、村井かずさ、千葉一伸、能登麻美子、岡本麻弥

ワタ

★★★☆☆ 3.0

フィギュアスケートを題材にした作品。原作は名作、アニメは見なくていいです

突然ですが皆さん、アラン・スミシーという人物をご存知でしょうか?

・アラン・スミシー
アメリカで、映画制作中に映画監督が何らかの理由で降板してポストが空席になったり、
何らかの問題で自らの監督作品として責任を負いたくない場合にクレジットされる偽名である。
(wikiより引用)

日本のアニメ作品においてもアラン・スミシーがクレジットされた例がいくつかあり、
「銀盤カレイドスコープ」もその一つです。
本作の制作環境は非常に劣悪で、度重なる作画崩壊、肝心のフィギュアシーンは止め絵の連発・・・
とても見れたものじゃありません。監督は「銀魂」でお馴染みの高松信司さん。
あまりの惨状に高松監督も匙を投げ、最終回で遂にクレジットがスミシーに変更となったわけです。

作品の紹介をしましょう。
アニメは原作(ラノベ)の1~2巻までの内容。オリンピック代表候補の桜野タズサが主人公。
高飛車な性格で、自らを「100億ドルの美貌」と称しています。言うだけあってかなりの美人。
ずば抜けた技術力を持ちながら、表現力には乏しく、プレッシャーにも弱い。
そんなタズサにある時突然、カナダ人の幽霊(ピート)が憑依してしまい・・・

ファンタジーな設定ですが、あくまで本作(原作)はスポ根モノ。
アニメはタズサとピートのラブロマンス的な要素が強くなってます。
二人の掛け合いは笑えるし、そういう意味ではアニメの内容もまあ悪くはないんですが・・・
アニメを見るぐらいなら、まず原作を手に取って欲しいと個人的に思います。

フィギュアスケートという難しい題材を、文字だけでこれ程上手く表現できるとは驚きでした。
脳内でリンクを滑っている光景が容易に想像できます。臨場感が半端ないです!
3巻以降は、多少の恋愛要素を混じえつつ、スポ根一直線な内容となっています。
アスリートとしての限界に挑む壮絶な展開。ライバルキャラ達も非常に魅力的。
終盤は神。「挫折と復活」の物語として一級品。いくら褒めても褒め足りない・・・

フィギュアスケートに興味のある方
スポ根モノが好きな方
マイナーですがお勧めです。是非一読あれ。絶対に後悔はさせません。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 18

sakurama61

★★★★★ 4.1

氷の上で転ぶのはぜったい痛いですよね゚(゚´Д`゚)゚

フィギュアスケートのお話です

主人公はスケート選手のタズサです
高校生なのにオリンピック代表候補といわれるぐらい
すごい子なんですが
自分のことを100億ドルの美貌って言っちゃってマスコミの人などいろいろな人たちから嫌われてるんです(^^;)
でも明るい子なのでわたしはすきですねw


タズサがスケートの大会に出てたときに飛行機を操縦していたピートが事故死してしまいます
そのときにタズサにピートが憑依して一心同体に…
事故死したことはすごいかわいそうだけど、最悪ですねw

しかも100日間って…長すぎ!!
トリノオリンピック目指してるのに~
っていうか100日後ってトリノオリンピックの競技が行われる日だよ!…タズサついてなさすぎだーw

まじめに練習しなきゃなのにトマト食べてばっかだしw
いろいろグダグダでギャグアニメなのかな??

なんてはじめ観たときおもってました^^



でも一緒にいるうちにタズサが1人じゃつらい場面なんかもピートという味方の存在がいるということに安心できる気持ちになっていきました^^


けっこう前のアニメなので作画はいいとは言えないですけど
いやな感じに気になったりはしなかったです
それだけ説得力のある内容でした


ピートが憑依して100日後のことが気になった方はぜひ観て欲しいですw
どうなるにせよ…感動できることに間違いないはず!?w







あーやっぱり、もうちょっとフィギュアスケートの方に力を入れてほしかったなって思いました(;^ω^)
このままでもおもしろかったんですけど
原作が名作だって聞いたのでそれをいかしてほしかったですね

でもでも!声優さんは豪華でした(*´▽`*)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 45

kiji

★★★★★ 4.2

久々に新鮮味のある

レビュー見て引っ張ってきた作品で久々に完走
11作品宙に浮いてるよ。

フィギュアスケ~ト題材ってのも珍しいとゆうか初のような気がします。

時代が、なんだか姉妹?だとか真央ちゃん?だっけかなぁ
おそらく、その頃のものなんだろうか。

これ観るとスケ~ト全然興味なくても興味でてきて
フィギュアスケ~トのル~ルとか解からなくても
スケ~トが好きなると思います。

100億ドルの美貌と自ら言う強キャラすぎる主人公が
突拍子もなく憑依されて、1人でありながら2人で
オリンピックを目指していく物語。

でも憑依していられる期限が・・・・

かなり面白かったので見てください。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 6

56.2 5 村井かずさアニメランキング5位
BOYS BE…ボーイズビー(TVアニメ動画)

2000年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (13)
132人が棚に入れました
穏やかな性格で同性には人気だが優柔不断な恭一。逆に男っぽい性格で何事にも物怖じしない姉御肌の千春。<そんな2人は幼馴染。そんな折、友達のマコト、美彦たちと女の子の話で盛り上がる。その晩、千春が恭一の部屋にやって来た。それまで千春を「異性」として意識したことがなかったが、それ以降、今までとは違う感情が恭一の中に芽生えはじめる。そんなある日、千春が陸上部の先輩から告白される現場を偶然目撃してしまうのだった…。

声優・キャラクター
鈴村健一、石田彰、石川英郎、村井かずさ、白鳥由里、長沢美樹

62.9 6 村井かずさアニメランキング6位
おもいっきり科学アドベンチャーそーなんだ!(TVアニメ動画)

2003年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (10)
90人が棚に入れました
オンラインゲームをしていたトモル、ミオ、ダイの3人は、遊んでいる最中に突然ゲームの中へと吸い込まれてしまう。そこは、ユリーカという未完成の仮想現実のゲーム世界だった。この世界でユリーカ・タワーから発せられるミッションをクリアしなければ現実世界に戻る事が出来ない事を知ったトモル達はミッションクリアに乗り出すが、ライバルのユキオ、スズカ、コータ達もユリーカへと吸い込まれてしまっていた事を知る。相手チームより先にミッションをクリアし、知識の石・ユリーカストーンを集めなければ6人は現実世界に戻れないばかりか、ユリーカが壊れてしまうとそれぞれ教えられたトモル達とユキオ達は、不思議なミッションに挑みユリーカストーンを集めて行くが…。果たして少年少女達は現実世界へ戻れるのだろうか?

55.1 7 村井かずさアニメランキング7位
奇鋼仙女ロウラン(TVアニメ動画)

2002年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (14)
72人が棚に入れました
自衛隊が国連軍に組み入れられた未来、日本は新たに結成された「ASY(アシュ)」によって守られていた。彼らASYは古より影から日本を操る悪の組織「城護(シロモリ)衆」を倒すべく隠密裏に戦いを続けていた。ある日、臨海地域に現れた城護衆の怪獣との戦闘でASYは巨大ロボット「鋼仙(ゴウセン)」を出撃させ、初めて公の場で戦闘する事になるが、戦闘の最中、誤って避難民を乗せた船を撃沈してしまう。その人々の断末魔に呼応するように、一人の少女が鋼仙の前に立ちはだかる。「……殺したな?」ロウランと名乗った謎の少女は、容易く鋼仙を破壊してしまう。一体何が起こっているのか……。

声優・キャラクター
今野宏美、三木眞一郎、保志総一朗、大本眞基子、内田直哉、長沢美樹、村井かずさ、浅野真澄、麦人
ネタバレ

ユニバーサルスタイル

★★★★★ 4.2

和風ファンタジーをモチーフにした異色のロボットアニメ。

2002年に制作された、極めて独特なロボアニメです。
1話15分×28話で通常のアニメに換算すると全14話となります。


OPとEDから分かるように『和』のテイストをイメージした作品で、神話にも似た世界で構築されています。


導入からして意味深なストーリーになっています。
{netabare}
世界を破滅せんとする悪の組織『城護衆(しろもりしゅう)』とそれを阻止しようとする防衛軍『ASY(アシュ)』の闘いが続いている世界。

城護衆との闘いの中、ASYの前に突然謎の少女・ロウランが現れASYのロボット・鋼仙(ゴウセン)を破壊していく。

ASYのメンバーであり主人公の神子上(みこがみ)ヤマトは、彼女の正体を突き止めるため後を追ったが、そこにいたのはさっきまでと別人のようなか弱く優しい少女だった。

何故彼女は鋼仙を破壊するのか、彼女は何者なのか、そして城護衆の真の目的は何なのか。
{/netabare}



この作品の持つどれにも真似できないような不思議な雰囲気、両陣営の内外での異質な人間関係、
そして機械というより生体に近いデザインのロボット。

中々登場人物や設定自体は魅かれるものがあります。


ですが、アニメで表現するにはこの作品は少し難しかったようです。

この作品独自の用語が多い上シーン毎の切り替わりが早く、普通に視聴している分には理解が追いつきませんでした。

特に序盤は説明もほぼなく淡々と進んでいくので、各キャラの相関関係や立ち位置も分かりづらく苦労しました。

最初は一旦挫折したのですが、後半(14話、15話辺り)から少しづつ話の核心について説明が加わったので、大分助かりました。公式サイトの用語説明も読むとなお良いです。



複雑なように見えて、実は古来から続く人と人の触れ合い、すれ違い、愛情、嫉妬・・・の渦巻く愛憎劇なんです。そういうものだと解釈すれば、けっこうドラマチックな作品だと思います。


ロウランや主人公の妹・神子上まほろがこの作品のキーキャラクターで、自分のお気に入りキャラでもあります。他のキャラに比べてこの二人の心情描写は多く、とても人情深い印象です。
特に後半のまほろちゃんは必見です。


作画は、この頃独特のCG・デジタル彩色の違和感が気になってしまいます。

音楽は、世界観に合ったオリエンタルな感じのBGMが特徴です。ただ戦闘シーンのBGMだけは・・・正直合ってないと感じました。

主題歌だとEDのいろは詩は必聴です。美しい旋律が感動的です。

声優では、ロウラン役を務めている今野宏美さん、まほろ役の大本眞基子さん、鉄也役の三木眞一郎さん、イテヅキ役の大谷育江さんなど、印象に残る方が多かったです。

一番惹きつけられたのはキャラの面白さと声優さんの演技だったと思います。


以下、自分なりの解釈まとめ↓ネタバレ注意です。
{netabare}

ロウランの出生
屍解仙女は仙界と闘う力を得るために、屍解仙の術(肉体を捨て去り新たな仙の力を得る)を使い、
結果地上に転生する事に成功した。
だが彼女の肉体の抜け殻は仙界に留まった。

仙界では、彼女が仙骨を持ち去った罪を償わせるために、再び肉体と特別な力を与えて仙骨を破壊するよう蘇らせた。
→仙界は屍解仙女の人間界にある肉体は既に朽ちたと思い込んでいたが実際はまだ朽ちてはいなかった。

よって彼女の肉体は地上(屍解仙女)と仙界(ロウラン)の二つ存在する事になった。


鉄也の出生
大昔、建智族の男をまだ仙界仙女であった屍解仙女が天の力(神しん)を与え助けた。
彼女は建智と再会を約束し仙界へ戻り屍解仙女の術で再び人間界へ戻るつもりであった。

しかし地上に天の力をもたらした事を仙界に咎められ術中で人間界の地下深くに封印された。

数百年(?)後、建智の血を受けついに屍解仙女となった彼女は城護衆(神子上博士含む)に不老の力を与え、
建智の末裔である鉄也には自分にふさわしい伴侶とするため不死の力のみ与えた。(当時鉄也はまだ幼かったため彼の成長を待った)
→覚醒し鉄也と対面した彼女は、成長した鉄也に不老の力も与えようとした。


ヤマトの出生
神子上博士が不死の肉体で現世を生きる上で怪しまれないため人間の母に産ませた。
母は彼の不死に気付き始めたため殺された。博士はヤマトへの情は無い。


まほろの出生
転生した屍解仙女の肉体に人間の精子を注入し、生ませた人間と仙女のハーフ。彼女自身も仙女に変化?できる。(=万華、ばんか)


あおいの出生
城護衆の母と人間の父によって産まれたハーフ。本名は春日静香。
物心つく前に父を殺され、母は城護衆と共に逃げた。

一人残った彼女は僵屍(きょうし)の力を秘めているかもしれないとして神子上博士がASYに引き取る。(両親は事故死したと伝えられる)

ある日彼女はイテヅキによって幼少の記憶を引き出され、僵屍として覚醒しロウランを殺さんとする。
{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 4

計測不能 8 村井かずさアニメランキング8位
グランダー武蔵RV(TVアニメ動画)

1998年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (9)
65人が棚に入れました
都会から田舎に引っ越してきた風間武蔵は、大森卓・星山澪、そしてミラクルジムと出会い、釣りの面白さに気づいていく。しかし、武蔵の才能に気づいた鬼道グループが武蔵をつけ狙うようになり、武蔵は「闇のトレーニングジム」へとつれさられてしまう……。

声優・キャラクター
水原リン、山野さと子、石塚堅、亀井芳子、優希比呂、岡野浩介、辻谷耕史、田野めぐみ、村井かずさ、中田和宏

ヒロ(4代目)

★★★★☆ 3.3

バス釣り!!流行ったよねぇ。

前作、グランダー武蔵の 続編です。

前作で 実力をつけた 武蔵 が 伝説のルアーを求める
ライバル達に勝負を挑まれる行く。

武蔵が 魚を掛けた時は 「FISH!!」
と いってたので。 その辺りは子供さんが釣りしてたら
良く言ってたのを覚えてる。

OP の 「Chase The Wind」 って曲が結構好きです。

題材が 釣りなんで マイナーですけど割と好きでした。 

投稿 : 2019/11/16
♥ : 0

57.4 9 村井かずさアニメランキング9位
ポケットモンスター/クリスタル ライコウ雷の伝説(TVアニメ動画)

★★★★☆ 3.3 (10)
39人が棚に入れました
ポケモンが大好きなワカバタウンのケンタは、パートナーのポケモン・バクフーンたちと旅をしていた。ある日、立ち寄ったポケモンセンターで幼なじみの女の子、マリナに偶然再会する。久しぶりにお互いのレベルアップを確かめ合おうと二人はポケモンバトルを始めるが、突然大地を揺るがす凄まじい雷鳴が轟き、空には雷雲がたちこめ“いかずちポケモン"ライコウが現れる……。2001年、テレビ東京系列の年末特番で放映されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の番外編作品。TVアニメシリーズの主人公であるサトシたちは登場せず、ケンタという少年を中心に物語は展開する。タイトルに見られるように、ゲーム『ポケットモンスター クリスタル』の世界観がベースとなっている。
ネタバレ

ゅず

★★★★★ 4.6

OVAなのに映画と同じくらいクオリティが高い

映画と同じくらい繰り返し見た作品。
かわいいキャラクターだけでなく
ストーリーとしてもすごく気に入っていた

{netabare}

雷ポケモンを大量に捕まえるロケット団
雷ポケモンを助けるためにライコウがでてくるが
捕まる。でもマリナも一緒に捕まって
助けるぜって感じ

{/netabare}
そして
三角関係なんだよね
ケンタ→(←)マリナ←ジュンイチ

その関係がなんか見ていて面白い

投稿 : 2019/11/16
♥ : 8

計測不能 10 村井かずさアニメランキング10位
マッハGoGoGo 第2作(TVアニメ動画)

1997年冬アニメ
★★★☆☆ 2.9 (3)
39人が棚に入れました
世界各地のカーレースに参加する新進レーサー・三船剛。彼の愛車マッハ号は、職人気質の三船モーターズ社長でもある父・大造が設計、製作した七つの特殊能力を備えたスーパーカーだ。時にはレースの中で悪質な妨害や窮地も生じるが、そんな剛を助け、また敢えて厳しい言葉をかけるのは、謎の覆面レーサーだ。果たして彼の正体は?

計測不能 11 村井かずさアニメランキング11位
劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険(アニメ映画)

2001年12月15日
★★★★☆ 3.1 (4)
36人が棚に入れました
ハムスター人気の火付け役とも言える河井リツ子のイラストストーリーが、TVアニメ化に続いて遂に劇場映画化。ハムスターのハム太郎とその仲間たちが、夢の国ハムハムランドを舞台に大冒険を繰り広げる。監督は巨匠・出崎統。ミニモニ。が新キャラクター“ミニハムず"として歌と声を担当するのも話題になっている。 ロコちゃんに飼われているハムスターのハム太郎。いつものように仲間の“ハムちゃんず"と遊んでると、タイショーくんが掘っていた地下道から不思議な世界に迷いこんでしまう。そこはハムスターばかりが住む夢の国“ハムハムランド"。なんとその国には、食べると人間と話が出来るようになる不思議なヒマワリのタネがあるという。自分の想いをロコちゃんに伝えたいとずっと考えていたハム太郎は、タネを手に入れるため冒険の旅に出発するのだが、行く手にはタネを横取りしようと企む魔王ハムが待ちかまえていた……。

とまときんぎょ

★★★☆☆ 3.0

出崎色はよくわからず

野ネズミの活躍を描いた「ガンバの冒険」のレビューで、ハム太郎の映画版も同じ出崎統が監督しているらしいので観てみる、と書いたのです。で、観てみたのでした。

…子供向け連続アニメの劇場版て、普段の展開から切り離したアミューズメント的なお話にすることがありますね。
せっかくの劇場だから特別なことを、ということなのか、そういったはっちゃけたファンタジーの中に埋没したお話でした。

普段の連続アニメでのハム太郎作品の面白さは、人間の暮らしの裏でハムスター達が借りぐらしの冒険を繰り広げる日常の部分だと思うのです。もしも小さなペットがこんな冒険をしていたら…という想像力。
子供達に気づかれないように暗躍して何事もなかったように帰ってきて寝ている。
そういった点がこの作品では生きてなくて、非日常的な遊園地でした。

女の子が好むだろうという賑やかな楽しさ。
モーニング娘?ミニモニ?だか流行った頃なので、そんなアイドルがハムスターに扮して歌うシーンが盛り込まれており、そんなノリで客を呼んだ作品なのでしょうね。

出崎統ネームの特色はとくに感じられませんが、女の子たちのためにがんばって作ったのかなー?という感じでした。

劇場版によくある調整なのか、音が、やけに音楽が急に壮大に響いたり、セリフが聴き取りずらかったりして不便でした。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 20

計測不能 13 村井かずさアニメランキング13位
とっとこハム太郎 ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔(アニメ映画)

2004年12月23日
★★★★☆ 3.1 (2)
26人が棚に入れました
ハムスターのハム太郎と仲間たちの活躍を描く、河井リツ子原作による人気TVアニメシリーズの劇場版第4弾。ハムちゃんずが作家ハムスターの持つ魔法のペンを使って、絵本の世界に彷徨い込んでしまう。松浦亜弥ほか、ゲスト声優陣も多数参加。

計測不能 14 村井かずさアニメランキング14位
同級生2 Special 卒業生(OVA)

1999年1月1日
★☆☆☆☆ 1.0 (1)
21人が棚に入れました
エルフから発売された同名人気シミュレーションゲームを、美少女アニメでは定評のあるケイエスエスが映像化。本作は『同級生2』のアナザーストーリーがメインの番外編。女子校生・友美の家庭教師・三四郎は、ある日、街でアイドル・可憐と出会う。驚く間もなく立ち去った可憐だったが、三四郎はその可憐の笑顔をきっかけに、ある女性との思い出をよみがえらせた。かつて愛し、そしてその想いを封印した女性・榊原みゆき。三四郎の心の中で何かが動き始めるのだった……。みゆき、唯、可憐、友美……。三四郎と『同級生2』のヒロインたちとの恋の行方は……!? ピンクパイナップル・レーベルで発売されたOVA。

計測不能 15 村井かずさアニメランキング15位
とっとこハム太郎 は~い!(TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★☆☆☆ 2.0 (1)
20人が棚に入れました
河井リツ子原作の大ヒットテレビアニメ『とっとこハム太郎』シリーズの第3作で、テレビ東京系キッズ向け番組『のりスタ!』の1コーナー。ゴールデンハムスターのハム太郎と、愉快な仲間たち“ハムちゃんず"のほのぼのとした日常エピソードを、毎回1話5分の短編で綴っていく。夏には海水浴やひまわり、冬には雪遊びやバレンタインデーをテーマにするなど、季節を意識したストーリーが魅力。前2作品と違って登場キャラクターはほぼハムちゃんずのみ。しかし、ハム太郎の飼い主である春名家の娘ロコ、春名家の飼い犬どんちゃんが登場したことも。

計測不能 17 村井かずさアニメランキング17位
とっとこハム太郎 ハムちゃんずの宝さがし大作戦 はむはー!! すてきな海のなつやすみ(OVA)

2003年1月1日
★★★★☆ 3.7 (2)
17人が棚に入れました
人気の児童向けアニメ『ハム太郎』OVAシリーズの第2弾。寝込んでしまったお婆ちゃんを元気づけようと、宝探しの旅に行こうとする南国ハムスターの女の子・ビスカスちゃん。彼女の手助けをすることになったハムちゃんずだけど、宝の島に着く前にみんな別れ別れになってしまう! 全員揃って無事に宝を発見することはできるかな? 今度の冒険の舞台は大海原で、ちょっぴり動物冒険アニメの名作『ガンバの冒険』を思わせる一作だ(監督は越智一裕)。宝物の意外な(?)正体も見もの。
ネタバレ

ゅず

★★★★★ 4.3

夏の子どもらしい作品

【私しか棚に入れてないシリーズ第2作目】
ハム太郎が大好きすぎて
このビデオはお店じゃなくて郵送でしか
手に入れることができなかっただけれども
当時、親を説得して得点つきでGETしたんだよね


夏と言ったら
冒険したいよね。
子どもの夢というか

具体的な内容↓
{netabare}
ビスカスちゃんの歌う曲自体が宝のありかを
印すものになっていて
その島を目指すんだけれども
いろいろなことが起きハムちゃんズはバラバラに
なんとか島に集合できたハムちゃんズは
歌を頼りにして
一生懸命謎を解きながら進んでいくの

その宝物は…ビスカスちゃんのおばあちゃんや長老ハムたちがヒマワリの種を入れていたんだけれども
その種は何年もたち
大きなヒマワリ畑に

小さなころの夏の思い出
っていいよね
{/netabare}
ヒマワリ畑がクラナドのあのシーンと同じくらい綺麗だったと思う

投稿 : 2019/11/16
♥ : 9

計測不能 18 村井かずさアニメランキング18位
とっとこハム太郎 ハム太郎のおたんじょうび ママをたずねて三千てちてち(OVA)

2002年1月1日
★★★★★ 4.3 (2)
12人が棚に入れました
原作は河井リツ子による漫画・絵本などの作品。本作は、2000年7月~2008年3月までTV東京系列で放映されたアニメのオリジナルビデオアニメ作品のシリーズ第1弾。VHSとDVDが発売された。 8月6日の誕生日を迎えたハム太郎が、まだ見ぬ「おかあさんに会いにいくのだ!」と大冒険に出発。果たして、“てちてち"歩く旅において、お母さんを見つけることができるのか? 一方、ハム太郎のバースデーパーティーの準備をしていた、こうしくんやタイショーくんたちハムちゃんずの面々は……。

計測不能 19 村井かずさアニメランキング19位
とっとこハム太郎 ハムちゃんずのめざせ!ハムハム金メダル(OVA)

2004年1月1日
★★★★☆ 3.7 (1)
11人が棚に入れました
河井リツ子によるファミリー向け動物冒険マンガをアニメ化。本作はそのOVAとして制作されたシリーズ第4弾で、第3弾「ハムちゃんずと虹の国の王子さま」で初登場のにじハムくんも再登場する。にじハムくんからある物がハム太郎たちハムちゃんずのもとに届けられる。それはハム暦8686年に一度開催される、ハムハムスポーツ大会の聖火トーチだった。ハムちゃんずはトーチを聖地ハムリシアへ届ける旅路につくが……。本作の監督はテレビシリーズと同じ鍋島修が担当。なお、本作より、にじハムくんの親衛隊であるかわいい新キャラクター・レインボーガールズの3名が新登場。にじハムくんと彼女たちは後にテレビシリーズにも登場した。

計測不能 20 村井かずさアニメランキング20位
とっとこハム太郎 ハムちゃんずと虹の国の王子さま せかいでいちばんのたからもの(OVA)

2004年1月1日
★★★★☆ 3.8 (1)
11人が棚に入れました
小学館の学習誌などで親しまれる河井リツ子のファミリー向け動物コミックをアニメ化。本作はTVシリーズが放送される一方で制作された中編OVAで、その第3弾としてリリース。にじハムくんが虹の国からやってきた。国の女王さまから、この世で一番大切なものを探すよう命じられた彼と出会うハム太郎。にじハム太郎の目的を聞いたハム太郎たちは、彼の宝探しの手伝いをはじめるが、にじハムくんにはハム太郎たちも知らない正体が……? 本作の監督はテレビシリーズと異なり、アニメーターでもある越智一裕が務めた。

計測不能 21 村井かずさアニメランキング21位
劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪!(アニメ映画)

2003年12月13日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
2人が棚に入れました
好奇心旺盛なハムスターのハム太郎とその仲間たちの活躍を描く人気TVアニメの劇場版第3弾。ハムちゃんずが囚われたリボンちゃんを救うため海賊ハムスターと対決する。監督は前2作も担当した出崎統。モーニング娘。の安倍なつみが新しいハムちゃん・プリンちゃん役で本格的な声優に初挑戦。同時上映は「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」。 どこかの世界の何者かが、鏡に伝説のスノー・プリンセスを映そうと呟いている。やがて、そこに映し出されたのは、何とリボンちゃんだった。そして、ハム太郎たちの暮らす街に大雪が降った日、リボンちゃんが見知らぬハムスターとどこかへ向かう。ハム太郎とハムちゃんずがその後を追うと、まぼろしの村に辿り着く。雪と氷に覆われたすてきな世界のはずが、もうずっと雪が降っていなかった。そこで村人は、鏡に映ったリボンちゃんに助けを求めたのだった。だがその矢先、リボンちゃんは突然現われた海賊ハムスターたちにさらわれてしまう…。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ