おすすめ村井秀清人気アニメランキング 5

あにこれの全ユーザーが人気アニメの村井秀清成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月19日の時点で一番の村井秀清アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

63.0 1 あいうら(TVアニメ動画)

2013年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (681)
2969人が棚に入れました
 噛み合わない、それが楽しい。女子高生たちの日常。
 「何も起きないが起きる、彼女たちの日常。」を描いた
 ゆるゆる感あふれる4コマ漫画。

声優・キャラクター
中島唯、飯田友子、田村奈央、佐倉綾音、花守ゆみり、内山夕実、田村ゆかり、杉田智和

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.7

「何も起きないが起きる、彼女たちの日常。」

この作品は、5分枠の短編アニメです。そのため、1話があっという間に終わってしますのですが、日常系の作品における面白い部分だけを抽出して仕上げているので、時間は短いですが侮れない面白さを持つ作品です。

そして、この作品では主に3人の女子高生が登場します。
天谷 奏香(あまや かなか)⇒ ハイテンション、トラブルメーカー
岩沢 彩生(いわさわ さき)⇒ ボーイッシュ、ツッコミ役
上原 歩子(うえはら あゆこ)⇒ ちっちゃい、おとなしめ

主に登場するのは上の3人ですが、この作品の特徴として日常系でしかも1話5分の割には登場人物が結構多いんです^^;
最近、少し諦めモードなのですが、この作品でも3人と若月先生という担任の先生の名前しか覚えられませんでした・・・^^;
若月先生は決して出番はそう多くはないのですが、CVが田村ゆかりさんだったのでインパクトがあり直ぐ頭に入りました。因みにこの作品の若月先生もだいぶテンション高めの先生だったと思います。
今期の田村さんは「波打ち際のむろみさん」同様、テンション高めの配役が多かったですね・・・ご苦労様でした^^

最近、日常系の作品を見て気付いたのですが、登場人物の立ち位置がハッキリしているんですよね。それぞれのキャラとの掛け合いがポイントなので、立ち位置がコロコロ変わると
キャラの特徴が活かせないからなのかなぁ・・・などと思いながら視聴していました^^;

5分という短い枠だとストーリーを収束させるのが難しいのでは・・・と思っていましたがこの作品は、毎回笑いもあり良く纏まっていたと思います。

因みにオープニングテーマは、主要登場人物3人のユニット「あいう♥らぶ」が歌う「カニ☆Do-Luck!」という曲でしたが、この作品とカニとの繋がりが最後まで分かりませんでした^^;

今回は1期12話の放送でしたが、原作はWEB版と雑誌版があるらしく、2013年8月時点でWEB版では第55話(番外編5話)、雑誌版では第23話まで発刊されているので原作のストックは沢山あるようです^^
もし、続編が制作されたら是非視聴したいと思います♪

投稿 : 2019/08/17
♥ : 26

野菜炒め帝国950円

★★★★☆ 3.8

線香花火のように美しく散った日常形(全書き換え)

女子高生たちの日常を実質3分弱で描いた衝撃の話題作。
全12話。日常系。

全部終わって思い起こせば結局なんだったんだろうってな感じ。
見てる時は、それなりに楽しい(人によっては究極につまらんと思う)が終わってみればあまり残るもんは無い。

一番印象に残ってるのは、ゆっこんの愛らしさと太もも。
この太ももが曲者で、ほぼ毎回、実に素晴らしい太ももを見せてくれる。
下手なパンツより太ももである。
制作者は良く分かってる。かなりの切れ者と見た。

俗に言う5分アニメという奴は今回が初めてなんだが、とにかく物足りなさが残る。
なんで5分なんだろう。まぁなにか意図はあるんだろうな。
しかもOPとEDまでついてるから実際は5分も無い。次があるならせめて10分にして戻ってきて欲しい。

でもこの5分のおかげでサクサク見れるんで、敷居は低い。
それとキャラも可愛い。絵も綺麗なような気はする。キャラ同士の絡みもそれなりに楽しい。
要するに悪くはない。ちなみに自分は割りと好き。ここでの評価の低さに泣けてくるが半分は納得してたり。
原因はやっぱ時間が短すぎたんだよなぁ。普通にやってりゃみなみけくらいには必ずなれたはずだ。多分。
タイトルだって同じ4文字ではないか。

最初は、やだ なにこの棒と思ったカナカナの喋りも、慣れてくると味があって悪くない。
これが洗脳てやつなのかな。
それより来週から、ゆっこんに会えなくなるというのが由々しき問題だ。
ゆっこんに変わる心に響くヒロインが現れない限りサムネで使い続けるだろう。ゆっこんよ永遠に。

魔王さま 巨人 ニャル子 悪の華 そしてこのあいうらが今期自分が見続けてた四天王だったのだが
その一角がついに終わったことは、寂しい。
またやって欲しいと本心から願う。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 40

ninin

★★★☆☆ 2.8

カニカニカニカニカニ、テンション MAX → MIN(酷評注意です)

原作未読 全12話(5分アニメ)

高校生の、天谷 奏香(あまや かなか)、岩沢 彩生(いわさわ さき)、上原 歩子(うえはら あゆこ)がおくる学校で起こる日常のお話

短い作品なのにもかかわらず、まさかのOP/EDありで、内容は日常のひとときを描いたものです。短いのでほとんど1場面や4コマ漫画の1話ぐらいですね。

キャラデザは可愛いです。背景も水彩画ぽっくて可愛い感じに仕上がってます。

しかし、みなさんのレビューで書いているように、とにかくメインの声優さんの演技がひどいですね。
短いのもありますが、棒読みのセリフだと全然キャラに愛着が出てきません。

いくら周りのキャラにベテラン(失礼)の声優さんを配置しても一番出てくるキャラがこれでは視聴する気がなくなります。短い作品のためなんとか視聴できましたが、30分作品だったら無理かもしれません。

私は結構有名な作品も声優さんではなく、アイドルや俳優さんが主役の声をする作品は観てません。そういった方が主人公クラスで出ていた作品を初めて見た時に棒読みで、聞くに堪えない、感情移入できなかったトラウマ(そこまで大げさではありませんが)があるからです。
もちろん、キチンと声のお仕事をこなしているアイドルや俳優さんなどもいるのもみなさんのレビューを読んでいると分かりますが、上記のことが強烈すぎて未だにそういった作品の視聴は躊躇しています。
お話の内容や作画ではなく、そういったところで評価を下げるのは残念ですね。
そういうことを思い出させる作品でした。

素人ぽっさを狙ってこういう配役にしているなら狙い通りですがw(少々行き過ぎているような)、単に予算が少なくて抜擢しているなら残念ですね。

OPでテンション上げて声でテンション下がる作品でした。

OP 曲はよく分かりませんwこの作品と関連性がありませんw作画はキャラ紹介をしているということですかね。歌はメイン3人の方が歌ってます。歌唱力は‥‥カニカニカニカニw
ED 作画はイラストですね。曲はこちらの方が好きです。

短い時間の作品は低予算作品が多いと思うので仕方がないと思いますが、作画はともかく声だけはどうにかなりませんか?とお願いしたいと思う作品でした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 37

62.3 2 マイマイ新子と千年の魔法(アニメ映画)

2009年11月21日
★★★★☆ 3.6 (117)
339人が棚に入れました
小学3年生の新子は、山口県の片田舎に住む普通の女の子。友だちや家族に囲まれ、この町にあった平安時代の地方の国の都「国衙」について空想することが好きだった。そんなある日、東京から貴伊子という生徒が転校してくる。貴伊子が気になった新子は、次第に親しくなっていくが……。

声優・キャラクター
福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ

もちすい

★★★★☆ 3.7

おじさん向けかなあ

ノスタルジーの極みのような作品で、かなり観る人を選ぶ内容です。

このくらいの子供の頃って、周りを取り囲む世界がすごく広くて、なんでも楽しめて、日常の中に宝物がたくさんあって、なんだかよくわからないこともあって~、というような子供の視点を等身大で魅力的に描いています。

そこに関しては、本当に素晴らしいのですが、それだけに特化した作品なので、その感覚がピンとこないような若い世代には、あまり訴えかける要素がなさそうに思えました。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

にゃにょ

★★★★☆ 3.6

郷愁の想い

ほのぼのとした温かさと、ちょっぴりの切なさが味わえる作品でした。
観始めた時には「ジブリっぽい?」と思ってしまったのですが、最終的に「ああ…これは最近のジブリが忘れてしまった何かを未だに持ち続けている作品なんだ…」と思いました。
映画の中に出てくる新子たちがやった遊びを実際にやったことはないかもしれません。
田畑に囲まれた生活もしたことがないかもありません。
なのに、この心の奥に生まれた郷愁の想いは何なんでしょうか?
両親や祖父母から身体が受け継いだ記憶がそうさせるのかもしれませんね…。
とても優しい気持ちで観れる素敵な作品でした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

ルル

★★★★★ 4.3

「マイマイ新子」→「この世界の片隅に」の流れでOK。

原作未読で視聴。


『空想好きな主人公の少女「新子(しんこ)」が、1000年前の歴史に思いを馳せながら、同級生や上級生達との遊びを通して出会いや別れ、そしてどうする事も出来ない厳しい現実を経験して共に成長していく』という93分の物語。 物語の舞台は昭和30年代の山口県防府市(ほうふし)。


この作品の監督・脚本は、「この世界の片隅に」という名作を世に送り出した「片渕須直」さんです。ちなみに、この作品は2009年に発表され、「この世界の片隅に」が2016年です。


この作品を観終えた後で、「どんなストーリーだった?」と聞かれてもハッキリとは答えられません。作品終盤までとくに大きなイベントなようなものはありません。簡単に言えば、昭和30年代の山口県に住む子供達の日常を描いた作品と言えばよいかと思います。日常系ですね。

作品の7割は、新子と友達とが野山や麦畑を駆け回って遊んでいるシーンでした。ハイキングしている気分になれますよ。遊びも昔の子供の遊びなので、ノスタルジックな気分を味わえると思います。 トトロ好きなら楽しめる。と言えば、作品の雰囲気を分かってもらえるのではないかと思います。


東京から転校生してきた親友の「喜伊子」を通して、都会っ子と田舎の子供との対比がありました。都会っ子はオシャレで、田舎の子供はボロを着て、都会っ子は靴を履き、田舎の子供は草履を履き・・といった具合にです。なかなか面白い見せ方でした。意識して観てみて下さいね。


新子が空想して1000年前の平安時代を想像する場面がよく挿入されるのですが、ちょっと説明不足で分かりづらいかと思います。ので、「新子が空想してるんだなぁー」ぐらいでいいと思いますよ。


時々、方言や訛りが凄くてセリフが聞き取れない事がありますが、そこはノリ一発で乗り越えましょう。大丈夫、同じ日本語じゃないですか。それにしても方言や訛りはいいですよね?聴いていると癒されますよ。ちなみに、オラもぉよぉ~、田舎さぁ育じぃだもんでぇ~ 訛りさぁ酷いんだぁけんどぉもよぉ~ だどもぉ、こんなオラっちぃでぇさえ~ 都会さぁ行ぐぅと・・・「私は地方出身ですが、都会では方言など死んでも話しませんよ、死んでもね」と標準語になります。何なんでしょうねこの現象って。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 32

58.9 3 蒼天航路(TVアニメ動画)

2009年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (74)
316人が棚に入れました
既成概念や旧体制からの脱却、空虚な観念論より実利の追求という曹操の行動原理を軸にして展開する。官渡の戦いでは最大の領袖である袁紹を没落した漢帝国の利権に群がる「変革を求めぬ者」と断じる。華佗との対立や荀彧の離反も、徹底した現実主義・実利主義者である曹操と「儒」の価値観に縛られるものの摩擦という観点で描かれている。また、儒教社会に対する当時の消極的なアンチテーゼでもあった隠者を取り上げ、彼らの思想性を曹操の生き方と重ね合わせるエピソードは、リアリストの法家である曹操が、その実老荘の思想を色濃く反映していることを示唆している。

声優・キャラクター
宮野真守、井上喜久子、てらそままさき、関智一、野沢那智、稲田徹、草尾毅、江川央生、千葉一伸、高城元気、中尾隆聖
ネタバレ

じぇりー

★★★☆☆ 3.0

曹操の覇道のストーリー、早々に終わる(ダジャレかよ!

三国志の覇者・曹操を主人公にした物語。
ご丁寧に幼少時の描写から始まる。あまり曹操の略歴については詳しくないが、恐らく史実を結構忠実に描いている様子。(曹操本人に関しては)
若干、≪グロ注意≫。結構人が殺されるシーンなどはエグいのでお気を付けを。

概要としては、いかにして曹操が魏の国のリーダーとして這い上がって行くかという大河ドラマ的ストーリーなのだけれども…

三国志に精通している方なら、「えぇっ!!?」とツッコミたいくらい中途半端なところで、アニメは終了してしまう。

というか、そもそも {netabare}厳密に言えば「三国」状態にすらなっていない。董卓は倒されたけど、まだ袁紹は生きている。

アニメが終了するのは、「官渡の戦い」の真っ最中。失念したが、2個1セットのイメージの強い顔良・文醜のどちらかが撃破されたところで、アニメは終了となる。
何をどうしたら、ここまで中途半端な終わり方ができるのだろうか…

三国志ファンなら是非描いてほしい、赤壁の戦いなんてずーーっとずーっと先。(まぁ、曹操は負けちゃう側だけれども…)

あまりに中途半端な終わり方に、かなり失望したので、めずらしくネタバレレビューを書いてしまった。三国志の好きな方ならこのモヤモヤをきっと理解していただけるはず…!{/netabare}

あと、この時代だから仕方ないと思うのだが、三国志に登場する女性たちは史実上恐らく殆どが没年・死因共に不詳だと思うのだが、この物語ではやたら、女性が無残に殺されるシーンが多い。その後のストーリーに関係しないのなら、生かしてやってもよかったのに…。これは悲しかった。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

フルーツポンチ侍G

★★★★☆ 3.5

通常三国志と違い悪役と名高い曹操が主役

普通は劉備が主役で曹操が悪役というのが主流ですが、この作品は曹操とその臣下たちが主役で人間関係や帝王学について細かく描写されてます。
絵もとてもキレイで自分のお気に入りはカコウトンという片目の武将です。
呂布も表現の仕方が独特で好きですね。

一風変わった歴史モノアニメですが、ロボットものとかに飽きたときに是非どうぞ。

アニメの方は若干中途半端でこれから・・・っていうときで終わっちゃいますが・・・
場違いですが、コミックの方はもっと面白いですよw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

リング☆

★★★★☆ 3.4

タイトルなし

原作が高評価の為、試しに視聴。
原作の面白い感は伝わってきたものの
アニメはまあまあな印象。

ただ、序盤のアモーレはギャグなのか真面目なのか
視聴しながら大変困惑しました。
また、多彩な登場人物、曹操や旬彧、夏候惇等は魅力を感じましたが
呂布や劉備のキャラが良く理解出来ませんでした。
呂布は変な声だしてるし
劉備に至ってはただのバカにしか見えず。
特筆すべきは最終回。
途中で打ち切られたのか、中途半端な幕切れ。
最終回を視聴して唖然としたのはこの作品が初めてでした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

計測不能 4 ウルトラヴァイオレット:Code044(TVアニメ動画)

2008年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (9)
94人が棚に入れました
ウイルスを使った遺伝子操作によって、優れた戦闘力と引き換えに余命僅かとなった最強の女戦士・044(フォーティーフォー)は、政府から吸血鬼軍団・ファージとその首領・キングを殲滅する任務を引き受ける。しかし、044はその戦いの中で若いファージ戦士・ルカと出会うが、044は何故か彼を殺せなかった。その結果、政府のリーダー・ダクサス・ジュニアに裏切り者と見なされてしまい、ファージと政府の両方から命を狙われる。そして、044は傷ついたルカと共に逃走する。
ネタバレ

アスカ蘭

★★★★☆ 4.0

破壊の遺伝子、再び。

出崎・杉野コンビのSFダークーヒロイン物。

{netabare}~
超人的戦闘能力で敵なしの044、戦闘アクション物と思いや、実は余命いくばくもない主人公の恋愛物語。
杉野昭夫氏のキャラクターデザインにマッチした世界観。
出崎監督らしく、ベルサイユのばらのアランのような兄貴キャラも登場。

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演映画の世界観を元にした完全オリジナル・ストーリーということですが、最終話を見る限りリンクしていると思われます。{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

計測不能 5 チベット犬物語~金色のドージェ~(アニメ映画)

2012年1月7日
★★★★☆ 3.5 (5)
22人が棚に入れました
「サマーウォーズ」「マイマイ新子と千年の魔法」のマッドハウスが中国最大の映画会社・中国電影集団とタッグを組み、日中合作で制作したファミリー・アニメ。中国のベストセラー小説を原作に、大草原で力強く成長していく少年とチベット犬の物語を綴る。声の出演は濱田龍臣、筧利夫、平幹二朗。監督は「ピアノの森」の小島正幸。母を病気で亡くし、都会から父のいるチベットの地に移住することになった少年、テンジン。高原での不自由な生活に戸惑い、医者である父にも心を許せずにいた。そんなある日、高原でたくましく生きる金色のチベット犬ドージェと出会う。次第に心を通わせていくテンジンとドージェだったが…。

声優・キャラクター
濱田龍臣、平幹二朗、筧利夫

Moji

★★★★★ 4.1

マッドハウスと中国の会社の合作。

一見ジブリ?みたいな作画であるが、カットや動きのこだわりはやっぱりジブリが上かな。
チベット高原の美しさの表現は、せっかく中国との合作なので力を入れてほしかった。
多くを語るとネタバレするので、「あらすじ」をどうぞ。
物語はまとまっていて、犬好き動物好きにはたまらない話である。
子供も大人も安心して観れる「感動アニメ」に仕上がっている。
観てソンはしないので、是非観ることをオススメする。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 0
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ