村川梨衣おすすめアニメランキング 4

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの村川梨衣成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年11月24日の時点で一番の村川梨衣おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

66.5 1 村川梨衣アニメランキング1位
One Room(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (235)
1130人が棚に入れました
貴方(One)の部屋(Room)ではぐぐむ3つの物語。
視聴者を主人公に“あなた”の部屋を訪れる少女と育む3つの物語がPOVで展開する。突如始まった隣人との穏やかな日々は、ある“お願い”をきっかけに動き出す。

キャラクター原案を、『妹さえいればいい。』『変態王子と笑わない猫。』などで大人気のイラストレーター「カントク」さんが担当。キャラクターデザインは、『魔法少女リリカルなのは』シリーズを担当している「奥田泰弘(St.シルバー)」さんとなっています。

声優・キャラクター
M・A・O、村川梨衣、三森すずこ
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

一人称視点&主人公のボイス無しのギャルゲー風アニメ

1話 花坂結衣編
カメラが主人公視点でかつ主人公ボイスが無しというギャルゲーシステムで女の子とコミュニケーションするショートアニメ。
ベタベタで甘々な内容で「月曜日のたわわ」難民にはいいかも。あまり巨乳じゃないけど。

2話
{netabare}主人公は実は女なのではという疑惑があったけど銭湯イベントでなくなったな。{/netabare}
ニコ動だと終わりの方でテーマソング1番をフルで聴けるので得な気がした。

3話
ワロタwwwww{netabare}エロ漫画もっとみつからないような場所に隠しとけよwwww{/netabare}
このアニメはフェチ度が足りないんだよな…セイレンの変態紳士っぷりを見習ってほしい。

4話
{netabare}はいセイレンと違ってちゃんとベタなハッピーエンドになりましたね。{/netabare}MAOの歌はいいと思う。

5話 桃原奈月編
{netabare}実妹かー微妙だな。{/netabare}
りえしょんでこういう声って珍しいな。えとたまのにゃ~たんみたいな声で演じるのかと思ったけど。

6話
{netabare}そうかー妹は兄にマッサージをしてくれるのかー俺も妹がいればよかったなー。{/netabare}
やっぱほたるんの声でやってほしい。というかほたるんのような妹でいい。

7話
{netabare}またエロ漫画見つけられてるwEDで燃やしてるのがシュールだった。でもたき火は危険だからやっちゃだめ。{/netabare}

8話
{netabare}妹と同じ布団で寝てる?ありえなくない?{/netabare}
次はみもりんか…。

9話 東郷さん…じゃなくて青島萌香編
{netabare}幼馴染の売れない巨乳路上ミュージシャンか。{/netabare}
ちょっとおっぱいがあざとすぎないですかねえ…。
この主人公の自制心はホモ疑惑あるなw

10話
{netabare}これで色気ないとかディレクターはホモだわ。あとこの状況で手を出さない主人公もホモ。{/netabare}

11話
実際にこんなエロい巨乳っ子がみもりんの声で歌っていたら人気出ると思うんだが…。歌手よりAVのスカウトの方がたくさん来そうだけど。

12話
いつも谷間が見える服装なのはどうかと思う。

【総評】
やっぱ主人公が透明人間なのは色々とキツいなとは思った。抱きしめるシーンとか描けないし。
でも「月曜日のたわわ」よりは好き。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 13

えたんだーる さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

女の子の心理描写が適当すぎる気がする。

個人的にこういう「となりの部屋に可愛い女の子が」みたいな願望が薄いしなあ。そういえば、あにトレ!とかもあんまり好きじゃなくて観るのやめちゃいましたしね。

まあ、こういった男性側の願望丸出しな作品の需要は認めますけどね。個人的にはせめて『おくさまが生徒会長!』程度のストーリー性は欲しい。

2017.12.30に評価を変更しました。王様ゲームよりこの作品の評価が低いのは何か間違っている気がしたので…。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 28

ガムンダ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

こういうのって どうやって使うの?

5分枠
一人称表現で視聴者が主人公という趣向のアニメ。
主人公に台詞は無く、視界に映る女の子が勝手に喋ります。
隣のJK、次いで自分の妹が部屋に上がり込み、幼馴染の部屋には自分が上がり込みます。
それでヒロインたちを舐め回す様に視姦すると言う内容です。
セックス描写まではありません。妹に関してはヌードがあります。
「月曜日のたわわ」の一人称版といった感じです。
(どっちが先かは知りませんが私が観た順基準とさせて頂きます。どっちでも良いので)


えーと。
たわわでキャラが完全アウト!と判定しましたがこれも同じです。
仮にキャラがめっちゃくちゃ私の好みだったら楽しめるんだろうか?
いや楽しくない。

まず映像作品の一人称視点がどうにも苦手です。「艦これ」もその部分が苦手です。
エロビにも一人称物ってありますが、あまりに馬鹿馬鹿しくて捗りません。



しかしこのアニメには意外と励まされました。
給料の為とは言え、おっさん達が締切に追われながら一生懸命こんなもん作ってんだろうな、と考えると得も言われぬ哀愁を感じます。

自分も明日から仕事頑張らなくては。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 13

89.4 2 村川梨衣アニメランキング2位
ヒナまつり(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.9 (1054)
4495人が棚に入れました
芦川組を支える若きインテリヤクザ、新田義史は大好きな壺に囲まれ、悠々自適な独身生活を送っていた。
ところがある日、謎の物体に入った少女ヒナがやってきたことで生活が一変。念動力が使えるヒナに脅され、同居を余儀なくされてしまったのだ!
暴走しがちなヒナは組関係でも学校でもやりたい放題。頭を抱える新田だが、気のいい性格が災いしていつも面倒を見る羽目に。一体、この生活はどうなってしまうのか?
お人好しなアウトローと気ままなサイキック少女の危険で賑やかな日常が始まる!

声優・キャラクター
田中貴子、中島ヨシキ、村川梨衣、本渡楓、日笠陽子、小澤亜李、小山剛志、河西健吾

lumy さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

伏線を無事回収。

原作未読です。
視聴リストには入っていなかったのですが、
あにこれでのスタート時の評価が高かったのと、
冒頭のアクションシーンがすごかったので
視聴継続しました。
(冒頭シーンはちゃんと回収されます。
 最終回見るまですっかり忘れてましたw)

基本ギャグ路線でしたが、自分は楽しめました。
お気に入りは9話ですかね。
その落ちは予想してませんでしたw

主人公の職業や、ちょっとロリっぽい描写があったのは
気になりますが、
ギャグアニメとしてはそれなりの完成度だと思います。
作画が終始安定していたのも安心できますね。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 34

◇fumi◆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

ほのぼのJC三人組が都会の裏社会で冒険 SF設定は微妙かな

2018年春季放送のテレビアニメ 全12話

原作 大武政夫 監督 及川啓 構成脚本 大知慶一郎 キャラデザ 神本兼利
制作 feel.

作者の大武さんは「力王」などの猿渡哲也のアシスタント出身でこれが初連載です。
新人とは思えない落ち着いた会話や、変わった設定ですが、長期連載だったためアニメ化で相当構成が変わったようです。

印象的な「あいったー」という痛がり方は、監督の及川氏の得意技らしいですが、記憶にないと言うことは未見の「アウトブレイクカンパニー」かな?
違ってたらすいません。初監督作品は「みなみけ おかえり」


ヒナ CV田中貴子 新人です 初レギュラーが主役
新田義史 CV中島ヨシキ 初レギュラーは去年のアイマスMの山下次郎
三嶋瞳 CV本渡楓 ガーリッシュナンバーの久我山八重や亜人ちゃんは語りたいの小鳥遊ひかりなど 
アンズ CV村川梨依 初レギュラーがのんのんびよりの一条蛍 中堅かな
三嶋美奈子 CV櫻井浩美 エンジェルビーツのゆりっぺ いわずとしれたはるるん様

声優がマニアックです。まあ新人が多いだけかな。
久々のはるるん様にちょっと感激。


作者が驚いたほどの豪華な出来は、さすがのfeel.です。
スタッフは俺ガイル2期の人たちだそうです。

物語はやや散漫で後半失速してるような感じですが、キャラの良さで全部カバーしてます。
特に三嶋瞳が主役レベルの活躍で声の本渡楓は若いけどさすがです。
亜人ちゃんは語りたいで、こりゃただ者ではないと思った通り成長中ですね。

SFチックな設定でしたが、伏線回収がよく分からずキャラアニメになったようで、
見てる分にはこれで良かったかなという感じ。

ヒナ、瞳、アンズのJCほのぼの三人組が、都会の裏社会を明るく照すような照らさないような、力が抜けてくるお話でした。

続編がありそうな雰囲気なので、スタッフが変わらなければ期待できそうです。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 55
ネタバレ

フィリップ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

個性豊かな少女たちが、真っ直ぐに生き抜いていくハートフルコメディ

ヤクザの幹部である新田のマンションに突然超能力少女が現れるという物語。
あまりにも荒唐無稽で、思わず失笑してしまうストーリーだが、
1話を見た感じでは、そこそこ楽しく見られるかもと思った。

アニメーション製作:feel.、監督:及川啓、
シリーズ構成・脚本:大知慶一郎、
キャラクターデザイン・総作画監督:神本兼利、原作:大武政夫

どこかの世界で敵を殲滅させるための道具として使われていたというヒナ。たまたまヤクザの幹部である新田のマンションにカプセルのようなものに入れられて登場し、超能力によって騒動を巻き起こしていく。最初は超能力を使わないように指示を出して一緒に暮らしていくが、超能力を使わないままでいると能力が暴走して周りを破壊してしまうというあまりにも恐ろしい設定。

これは能力とか辻褄とかリアリティを少しでも気にしたら観られない話だが、ヤクザ新田とヒナの心の交流を核にした周りのドタバタを楽しむための作品だろう。無用なツッコミは無粋というものだ。

殺人兵器のヒナと新田が今後どのように周りと折り合いをつけるのか。また学校に行ったヒナ(しかし、これ戸籍とかどうしたんだろうとか。ヤクザだから戸籍なんてどうとでもなるのかとか、つい余計なことを考えてしまう)が友人を通して、どのように成長を遂げていくのかが見どころになっていくのだろう。

{netabare}あと、1話のオチの部分の「ター○ネーターかよ」のツッコミのセリフは必要なかったかな。音楽と絵を見たらほとんどの人は分かるだろうし、映画見てない人にはセリフを聞いても分からないだろうから、余計な部分だったと思う。 {/netabare}


2話~5話レビュー
{netabare}2話から3話までを視聴した後、見どころが分からず、正直、もう切ってしまおうかと思った。中学生がバーテンダーとして働いたり、ヒナを殺しにきた超能力少女がホームレスになったりと、何がやりたいのか、よく分からない。あまりにも設定に無理がありすぎて付いていけなかったからだ。しかも、アンズが帰れなくなったのに、追手が来る気配もない。もちろん、コメディなので、そんなところにこだわっても仕方ないのだが、そのコメディ部分にも惹かれるところがなかった。
また主人公がヤクザである必要も今のところあまり感じられず、ヒナに翻弄されるために出ているだけの扱いで、あまり本筋に絡んでこない。超能力を使わないと暴走するという設定も、1話以降、なかったことのようになっていて、一貫性も感じられなかった。

ところが、4話を見たときに、この作品の楽しみ方がようやく分かった気がした。
壺を割って新田から勘当されたヒナがアンズのところでも好き勝手にやって勘当されてしまう。そこで、ようやく人の気持ちを考えることに気づき、新田の大切なものを持って謝りにいくというストーリー。Bパートではホームレスだが素直で真面目なアンズと、人から頼まれると断れない瞳の面白おかしな交流が描かれる。
超能力やヤクザなどというのは、ほんの脇の設定にすぎず、個性の強い少女たちと社会の交流を楽しめば良いことが分かった。もしかしたら原作者もこの辺りまで、どういう方向で進めたら良いのか迷っていたのではないだろうか。
5話でもAパートは、お金が欲しいアンズのためにヒナとアンズが奔走する話(ヒナはほとんど何もしていないが…)。Bパートは瞳のバイトが同級生にバレてしまうドタバタが描かれる。
結局、価値観の違う宇宙人と商店街や中学生との交流に笑いを取るというストーリー。ヒナ、アンズ、瞳の少女3人のキャラバランスがとても良く、この3人が揃って出てくる話は、だいたい面白い気がする。特にアンズの改心ぶりが際立っていて楽しめる。また、作画は安定していて安心して見られる。もう少ししたら3人目の宇宙人がやってくるのか?今後に期待が持てそうな気がしてきた。 {/netabare}

6話レビュー
今回で一気に作品の評価が上がった印象。
{netabare}Aパートは新田の実家にヒナを紹介する話だが、新田の嘘と母と妹とのやりとりがかなり面白かった。新田の嘘に騙される家族と、その家族のアホなノリに笑えた。
「ヒナへの質問はオレを通してからにしてくれ」とか「兄ちゃんが来るっていうから、昼間から酒飲んでたんだよ」とか、大爆笑してしまった。確かに事情を説明するために帰ってきているのに、母娘がポンポンビールの詮を抜いているのがおかしいと思っていたのだ。
だいたい、エビチリを食っているときに家族が殺されるとか、どういう嘘なんだw
ダメだ、この作品は真面目にレビューを書くのが難しくなってきた。
Bパートはアンズの住んでいた公園の住人たちが退去処分となってしまい、ヤッさんをはじめとした仲間たちが皆バラバラになってしまう話。アンズの真っ直ぐな想いと、皆がアンズをとても大切に思っていた気持ちが伝わってくる良い話だった。アンズがとても健気な娘で、泣きそうになった。
ただ、これだけ他人の気持ちを考えられて環境に順応できる子供だけに、以前暮らしていた世界や教育のことが気になってしまう。生まれた星のことなどが明らかになることはあるのだろうか。 {/netabare}

7話~12話レビュー
{netabare} アンズが中華料理屋の夫婦に引き取られて、そこで店を手伝うという話(しかし、学校には通わないのが謎)や、ヒナが生徒会役員に立候補する話など、やはりヒナ、アンズ、瞳の女子中学生の3人を中心にしながら話が進んでいく。そこに新田や詩子、調査のために送り込まれた宇宙人の斑鳩ケイが絡んでいくという形だ。
最終回のAパートの後に3年の月日が流れ、新たに登場したマオとミュージシャンのアツシが一緒に日本に旅立つところで終わるので、2期があった場合は高校生編になるのだろうか。
全話を通してとても楽しめた作品だったので、機会があれば刊行されているコミックスも読んでみたい。 {/netabare}

全体のレビュー
超人的な能力を持った女子中学生たちが、大人に利用されたり翻弄されたりしながらも、力強く生きていくという話がメインとなっている。ヒナ、アンズ、瞳のキャラクターが個性豊かだ。

物語の始まりは、ヤクザの新田のところに、突然、超能力を持った宇宙人のヒナが落ちてくることだが、その後、新田は脇役のような位置づけになり、少女たちが中心になる。この作品を観始めたときは、新田の目線になって物語を追っていたが、それではこの作品は楽しむことができない気がする。超人的な能力の少女たちが、大人たちに翻弄されながらも様々な困難を華麗に?切り抜けていくところを見守っていくような感覚で楽しむのが良いのかも。基本的にはコメディ路線だが、時に泣かせるような話を差し込んでくるのがとても上手い。

超能力はあくまで要素のひとつでしかなく、少女たちが自分の個性を最大限に活かし、社会の荒波のなかで生き抜いていく様が、面白おかしく、時には泣かせるようなストーリーで表現されている。あまり似たような話は目にしたことがない。新しい方向性で物語を紡いでいる挑戦的な作風だ。
(2018年6月29日初投稿)

投稿 : 2020/11/21
♥ : 82

67.5 3 村川梨衣アニメランキング3位
フレームアームズ・ガール(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (267)
1110人が棚に入れました
ある日の早朝、普通の女子高生あおの元に届けられた謎の小包。
開けるとそこにはフレームアームズ・ガールと呼ばれる完全自立型の小型ロボット「轟雷」が入っていた。

おもちゃだ!プラモデルだ!

しかし轟雷はただのフレームアームズ・ガールではなかった。

通常の人工知能以上に高度な、人格を有する人口自我、AS(アーティフィシャル・セルフ)を搭載した最新型の試作機だったのだ。
しかも轟雷を起動できたのは世界中であおたった一人。

バトルデータを収集し、感情を学んでいく「フレームアームズ・ガール・轟雷」。
フレームアームズ・ガールの知識0(ゼロ)の「少女・あお」。

かくして、あおと轟雷、少女とフレームアームズ・ガールの奇妙で楽しい、きゃっきゃうふふな日常がスタートする!


主人公「あお」と「轟雷」たちFAガールたちの日常生活と成長する感情のストーリー!

声優・キャラクター
日笠陽子、佳穂成美、綾瀬有、長江里加、山崎エリイ、山村響、樺山ミナミ

ごる さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ぶきやの商品斡旋アニメと思いきや…

プラモデルの存在を知っていました。
見始めた段階で、これはストーリー性もなく商品を斡旋するだけのアニメだなと思いました( ̄~ ̄;)
最初の展開もけっこう破綻した内容も多かったので…(;・ω・)
でも、見ていくとストーリーもそれなりにしっかりしていて後半のサービス回やバトルもそれなりに楽しめました(о´∀`о)
これはプラモデル側の話を補完するアニメって感じだと思いました。やっぱりプラモデルに興味は沸きますね(^o^;)
でも、終始お金に執着しているマスターのアオちゃんはどうかと思いました…( ゚ε゚;)

投稿 : 2020/11/21
♥ : 2

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

コトブキヤの宣伝アニメ?(けど意外と面白い。そしてここに真のプロ魂を見た!)

フィギュアやプラモデルを中心に売っているコトブキヤという模型屋さんのオリジナル企画「フレームアームズ」(以下、「FA」)の派生シリーズであるところの「フレームアームズ・ガール」(以下、「FAガール」)が作中で活躍する販促アニメ。

…というのは売る側の都合の話で、アニメ視聴者としては「武装したフィギュア(AI搭載で自我や感情を持つ)が、特に模型が好きということでもない普通の女子高生の下に集い、ワチャワチャ楽しく日常生活を送ったり、たまに武装で戦ったりするアニメ」ということで良いのだと思います。

観るのに頭は使いません。けっこう楽しいです。

「フィギュアが戦う」ということで『プラレス3四郎』を思い出すのは、ただの年寄りです。(あれだけ自律的に戦える柔王丸やエル・ウラカンにもAIめいたものは載っているだろうけど彼らに「感情」はなさそうですしね…。)

『武装神姫』を思い出す人は若者かも? しかしマスター理人くんよりは本作のあおちゃんの方がカワイイと思います。

なお、FAガールに付き添う「充電くん」はFAガールの充電台兼サポートメカで、充電くん自身もロボットに変形して自律的に動けるほか、ただの充電台ではなくレストチェアに変形したりします。

カットのつなぎでFAガールの尻拭いのために働く充電くんたちの姿がカワイイです。

以下、おまけ:

FA自体はゲームの「カルネージハート」に出てくるような感じの架空ロボット兵器で、FAガールはFAのデザインを元に「MS少女」や「マジンガールズ」みたいな感じでロボットを女体化したキャラクターです。

FAのデザインをしたのが柳瀬敬之氏で、そこから島田フミカネ氏がキャラクター原案を起こしたみたいです。

あんまり詳しくないですが、FAとFAガールの兵装M.S.G.(モデリングサポートグッズ)は共通仕様だったと思います。きっと、コトブキヤのオンラインショップを見れば詳しいことがわかります(笑)。

2017.05.23追記:
OPのFAガールが3DCGじゃなくて手描きに変更されていたっぽいけど、なぜ…?
(なお、構図に変更はない模様。)

2017.06.14追記:
9話の謎の学園モノといい、11話のセッションベースによるVR温泉回といい、まったく思いもよらない展開に驚かされます。FAガールのお風呂シーンなんていったい誰が予想した…(笑)?

2017.06.20追記:
キャラソンでのライブまでやり遂げての完走、製作スタッフの皆さんおつかれさまでした。FAガールの設定から必然となるバトル要素を控えめにしつつ、セッションベースのVR設定を最大限に活かした「非日常的日常」要素で「やりきった」感溢れる楽しい作品が出来上がったと思います。

販促アニメの本分を守りつつ、それを逆手にとっての楽しいストーリーと演出で攻め切った名作だと思います。事前にはまったく期待していなかったのですが、良いものを見せていただきました。実に「プロの仕事」でしたね!

投稿 : 2020/11/21
♥ : 37
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

フレームアームズ・ガールの日常

プラモデルの販促目的のアニメとのことでしたが、プラモ素人の私にも普通に楽しめました。

ジャンルは『日常ほのぼの系ドタバタコメディ』。
バトル要素も少しありますが、そこを期待すると確実に裏切られちゃうかも・・・。

人物もフレームアームズ・ガールたちも皆、個性が溢れていて面白い。
個人的には、{netabare}武希子の出番がもう少し多くても{/netabare}良かったかな?

OP・EDとも、作品のイメージにぴったりな良曲でした。

{netabare}続きがありそうな終わり方だったけど、{/netabare}第2期とかあるのかな?
『面白かったので、ぜひ期待したい』と思えるような作品でした。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 26

63.2 4 村川梨衣アニメランキング4位
わかば*ガール(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (393)
1739人が棚に入れました
「ウルトラスーパーアニメタイム」内にて放映される。

見た目は清楚だがギャルに憧れているというちょっとズレたお嬢様・小橋若葉を中心とした少女たちの日常を描く。


声優・キャラクター
小澤亜李、井澤美香子、M・A・O、村川梨衣
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

原悠衣原作のお嬢様とその友達のほんわかした日常※わかば*ガール公式ファンブック購入

1話
主人公の夢が{netabare}女子高生になりたい{/netabare}ってのはツボだったw
シノみたいにトボけてて良い。
萌ちゃんの演技がアリスそっくりだったのはなぜだろう…。

脚本が花田十輝だけどショートアニメでは初?
きらら系作品にはやっぱ相性いいと思う。
このフワフワ感、原悠衣との化学反応が起きてる。

でもウルトラスーパーアニメタイムってせっかく30分枠取ってるんだから普通に30分アニメやればいいのに…。
うーさーとモノクロームは好きだけどね。

2話
若葉ちゃんのキャラいいね。{netabare}お嬢様なのに食い意地が張ってて笑った。
ゾンビが出てきたりしないので安心して見られるw
でも若葉が宇宙人が来るかも!って言ったときはドキッとした。
例のアニメが無意識にトラウマになっているのか…。{/netabare}

3話
{netabare}原悠衣も昔はこういうオタクネタとか描いてたのかー。きんモザは全然ないよね。萌ちゃんがメルヘン女子でかわいかった。{/netabare}

4話
{netabare}萌ちゃんの心の闇が見えた…。友達料は吹いた。そんな友達関係は嫌とか、なんか考えさせられる。やっぱ原悠衣はブラックだな。{/netabare}

5話
真魚ちゃんが{netabare} ノンケ!!百合女子じゃない!!
まぁもともとはきらら系じゃないし、仕方がないのかな。
若葉がカップラーメンにあこがれているのはうる星やつらの面堂を思い出した(古っ!)。{/netabare}

一巻しかないので原作を買って読んでみた。
アニメ版は原作をうまくアニメ化していると感心。さすが花田先生や!絵コンテや演出さんの功績も大だろうけど。
{netabare}原作では今後は柴さんが女子力低くて残念ネタが多くなるけど、オリネタも多くしないと埋まらないよな。原作では若葉の姉の出番が少ないから増やすのかな。
柴さんと真魚が若葉の家を既に見てしまってるので、原作とかなり変える必要があるが…花田先生を信じよう!
飛ばした若葉のポエムは後でちゃんとやってほしい。{/netabare}

6話は水着回。プールで遊ぶシーン以外は原作に忠実だった。ただ終わりの方の{netabare}夏祭りに行こう!→門限があるからダメ、は完全にオリジナル。(原作の浮き輪オチはカットされた…){/netabare}
全13話らしいので残り7話だが、今のペースだと原作のストックは残り4話分しかないので3話もオリジナル回が入ることになる。
…花田先生、信じてるよ!
のんのんびよりりぴーとのオリ回がつまらなかったから不安だけど…花田先生は吉田玲子に勝ると俺は思っている。

7話。花田十輝オリジナル回ということでヒヤヒヤしたが、まあまあだと思う。他の回より内容が薄めには感じるが。
{netabare}皆で直訴するシリアスシーンは花田十輝らしさかな。
若葉が札束だしたり原作らしさもうまく出してたと思う。
オチだけ原作準拠で(わたあめ持ってるのが違うけど)うまく締まった。{/netabare}
オリジナル回は鬼門やね。

8話。原作準拠に戻った。原作のP57~P64をこの短い時間によく詰め込んだと思う。というか一切カットしなかったのは初めてやね。
セリフが一部違ったけど。 {netabare}大トロとか細かい点。{/netabare}

9話。原作のP65~P72。惜しい!ネタが一つだけカットされた。
{netabare}若葉が文化祭で一番びっくりしたことがカット。好きなネタだったんだが…。
若葉の家族が来たオリジナル展開のせいで入らなくなったのかなぁ。{/netabare}
OPがいつもと違う声優四人だったけど○ィンポと聞こえないように気を使ってる感じがした。

10話…オリジナル回…。
{netabare}花田先生ほんと、スポ根が好きなんだね…ラブライブ、艦これ、ユーフォとずっとスポ根ものだったからなぁ。
萌ちゃんが極端に運動が苦手って設定と若葉が身体能力が高いという設定は原作には特にないんだが…原先生にちゃんと確認とったのかな花田先生。
それと最後の要塞化オチはないわ。ああいうギャグは原先生やらんだろ。{/netabare}
やっぱ男の脚本家のオチって感じだね。ふでやすかずゆきみたい。
のんのん二期はオリ回が多いからクソとか言ってるのだから点数下げ。
次もオリ回なんだよな…うーん。

11話。最後のオリジナル回…今回はまあまあじゃない?さすが花田先生!さす花!
{netabare}小判とかお賽銭に札束とか金持ちネタ好きだね~この後も原作でもあるからクドくなっちゃいそうだが。
キャビアは食べたことあるけどトリュフとフォアグラはない…。{/netabare}
今回のオチは前のように非現実すぎずかつエキセントリックで良かったと思う。

12話…原作のP73~P80。原作よりシリアスさを増量してきた。
{netabare}原作だと若葉につられて萌子も泣いたら「もらい泣き!?」って突っ込まれてギャグっぽい雰囲気だったけど、こっちは完全にシリアスにしてきた。ついうるっと来てしまったよ。でも若葉のふぐっふぐっという変な泣き方は再現してほしかったが…再現するとやっぱりギャグになるけど。
あと大雪像のオリジナル要素…前の要塞化もそうだけどアニメスタッフはこういう派手なの好きなんだねえ…。{/netabare}

13話…原作のP81~P88。原作に忠実。
なんかいつもと違ってテンポが悪かったような…OP削って裏目に出たか。
最後だしもうちょっと感動できると思ったんだが前回ほどではなかったような。

【総評】
個人的にはきんモザよりずっと好き。きんモザが合わない人は合うかもしれない。花田十輝も一部のオチを除いておおむね、いい仕事したと思う。
年末にガイドブックが出るらしいので必ず購入したい。


2015/12/27
わかば*ガール公式ファンブックを購入。以下は気になった点や感想など。

{netabare}■描き下ろし二本
一本目は映像化されてない方。若葉の髪飾りに驚きの新事実がwちょっと社会風刺も入ってるかも。
二本目は特典で映像にされた方。全編にわたり小橋家の大富豪パワー炸裂w君が望む永遠の大道寺の設定を思い出した。けいおんのパロもある。

■声優インタビュー
・若葉が萌子のアイスをがぶっと食う小澤亜季の演技は皆から絶賛されたとのこと。
・MAOは真魚と同名なので不思議な縁を感じたらしい。
・りえしょんはボーイッシュなキャラをあまりやったことが無かったので直に決まってうれしかった。自分だと気づいてもらえない方が声優冥利に尽きる。
・OPの終わりの方の影を多めに使った絵は監督は古畑任三郎のOPをイメージしてるらしい。
・直がドンドコカッカッと口で言うシーンは最初はSEで収録したが、スタッフ側の要望で直の口で言うのに録り直したらしい(りえしょんのアドリブだと思ってた)。

■花田十輝インタビュー(描き下ろしの次にこれが読みたかった)
・プロフィールの過去担当作はユーフォ・ラブライブ・中二病・シュタゲ。艦これは無かった。ご本人が書いたのならある意志を感じる…。
・本作を可愛らしくも札束で物事解決といったずれた部分もあり、それを原先生のセンスでいやらしくなく描けていると評価。
・最初はオリジナル回を入れずどこかを前後偏に伸ばすという案もあったが、その方が逆に原作の雰囲気が壊れると判断してやめた。
・プロデューサが若葉の母と姉が好きでもっと出すように言ったので出番を増やした。
・若葉の札束や直のBLを止める案もあったが、そのままにした(その改変やってたら炎上やで花田さん)。
・2葉あたりで頭を使わずとも手が勝手に動いて書けるようになった(これが大脚本家の境地か…!)。
・セリフを追加しても原作そのままだと勘違いしてもらいたいと思っている。
・若葉は見る物すべて新しい「白」のイメージで書いた。
・冬のオリ回はクリスマスと正月のどちらにするかで議論になった(そんな議論してるのか…)。イベントが主役にならず4人の話になるようにという理由で地味な方のお正月になった。
★若葉の屋敷が要塞化するようにしたのは自分だと明言。スタッフとはかなり話し合ったが、萌たちの想像を超える展開にしたかったからとのこと。
・四コマ原作をやるのはけいおん以来だったが、このジャンルが好きであることを再確認した。

■原悠衣先生インタビュー
・本作は編集からシュールで男性のJKへの妄想を打ち砕くという指定を受けて描かれた。ただあまりリアルにすると読む人がいなくなるのでそこはやんわりとさせた。
・若葉は普通のお嬢様のつもりだったが、完璧なキャラが苦手なのでどうしても欠点を入れてしまう。
・萌子は最初は貧乏な子にする予定だったが若葉が嫌味になるので中流に変えた。普通に萌えられる女キャラだから萌子。
・真魚はもっとギャルギャルした子にする予定だったが、若葉が憧れるのが真魚だけになってしまうので抑えた(このバランス感覚は流石!)。
・直は連載中も初期はキャラが定まっていなかった。一人称のボクを最初しか言ってないとセルフツッコミ。
・自分はアニメにはあまり要望は出さず自由に作ってほしいと思っている(きんモザはそんな感じするね)。
・オリジナル要素の要塞は強く印象に残ってるとのこと。
・アニメで若葉の姉と母の出番が増えて欠かせないと思うようになり、描き下ろしでは二人の出番を多くした。
・漫画を描いている時はキャラの声のイメージは無いが、アニメ化されてからは描いている間、その声のイメージがつく。
・わかば*ガールのその後については今は何とも言えないが、他のエピソードも描ければいいなと思っている。

■連載開始前の初期キャラ設定
等身高っ!柴さんは怖い子って感じ。{/netabare}

■総評
感想としては大満足である。描き下ろしがあるファンブックなんか他はないみたいだし、原先生と花田先生のお考えも知ることが出来た。上で書いた以外にもいろいろな内容がある。絵コンテが多い(裏表紙にもある)ので絵コンテに興味がある人は読むといいんじゃないだろうか。もっとまどかのガイドブックみたいに本のサイズが大きいといいと思ったが。

ごちうさのガイドブックも買おうかと思ったらプレミアがついていて高くて止めた。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 30

もあにめ♪ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

これはすごい。アニメらしさがある。

Oh my gosh! まさか、2015年に、2000年ごろのセルアニメを思わせるタッチがくるとは思っていませんでした。ほとんど、つまり99%のシーンで、CG、および、3DCGをつかうことなく、アニメならでの 「ぬるっとした」 動きを生かしている、ひと昔までのアニメを感じさせます。キャラクターのほうも、とても好きなのですが、かわいい、うふふ、きゃきゃきゃといったキーワードだけにとらわれていない、アニメらしいアニメを見ることができるのも、大きなよろこびです。セルアニメが好きな人であれば、もしかしたら、カバーしているのかもしれません。

まだ、わかば*ガールにスコアはつけません。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 6

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

きんモザファンは、刮目して見よ。

2015年7月~9月に放映されたショートアニメ。
1回8分 ×全13話+OVA1話。

主人公は、「ギャル」に憧れている世間知らず箱入りの黒髪お嬢様。
普通の家庭の娘が行く女子高に通うことになって、
この手のアニメではテンプレですが三人の親友が出来て、
四人一組でともに過ごす日常を綴った、まったりコメディ。

原作者は、「きんいろモザイク」と同じく原悠衣さんですので、
シナリオのロジックが同じですね。

お嬢様と庶民のギャップが基本的な路線ですが、
出てくる娘達の表情が可愛い。
ネタに溢れてて会話が面白い。
四人四色で個性が出ている。

一見可愛くて、ほわほわ~な世界なのに、
ほんのりと会話の中に毒が混じってる。
そのブラックさが、きんモザと同様に笑えるのですよね。

一回一回は短いですが、きんモザにも引けをとらない面白さでしたので、
四コマ系統が好きで未見の人がいたら是非!おすすめしたい作品でした。

これにて感想を終わります。
読んでくださいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 36
ページの先頭へ