水森亜土おすすめアニメランキング 9

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの水森亜土成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の水森亜土おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

64.7 1 水森亜土アニメランキング1位
長靴をはいた猫(アニメ映画)

1969年3月18日
★★★★☆ 3.5 (21)
74人が棚に入れました
フランスのシャルル・ペローの同名童話が原作。脚本に井上ひさしが参加。石川進、藤田淑子がそれぞれぺロ、ピエールの声を演じている。全編にあふれるユーモアとギャグが光り、「びっくりしたニャ」の主題歌も印象的。長靴を履いた猫ペロは、ネズミを助けたことから“ねずみを仕留めない罪"でボス猫に死刑を宣告されてしまう。それ以来、ペロはちょっとマヌケな3匹の殺し屋猫に追い回されていた。そんなある日、ぺロは二人の兄にいじめられている少年ピエールと出会う。家を出て町まで来た二人は、お城のローザ姫がおムコさんを捜しているという貼り紙を見つける。ペロは心やさしいピエールとローザ姫を結婚させるため、いろいろな作戦を計画。ピエールの真心がローザ姫の心をとらえ、あと一歩というところでお姫さまが、ライバルの魔王ルシファにさらわれてしまう。ペロのお姫さまを助ける大活躍が始まった!

セレナーデ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

極限まで贅肉をそぎ落とした主人公紹介

最初のセリフ2つでこの作品の質の高さを確信。ビビっと来ました。「お前はネズミを助けた」と怒りを覗かせる裁判長に対し、「月がとっても青かったからね」と返す主人公ペロ。この会話だけでペロのキャラクターがまるっと見えてくるのがすごい。ならわしやルールに囚われず己の欲求に従って行動できる正義感を持ち、危機的な状況でも悲観せずユーモアを発揮できる楽天的気質を備え、いかなるピンチも切り抜けられるという強い自信を秘めた性格がまざまざと浮かんできます。

実際その後の振る舞いは、家を追い出されたピエールに「世界は広いよ」とのんきな言葉を使って励ましたり、とっさの機転で幾多のピンチをかいくぐったりと、予感したキャラクター性を裏切りません。

極限まで贅肉をそぎ落とした、見事な主人公紹介です。

これほどまでスマートな導入を描いてみせた作品の本編が面白くないわけがない、というわけで、その本編も楽しい一本に仕上がってて、いいんですね。心に残るはやはり、スリリングな城内の逃走劇。来たるべきフィナーレに向けてキリキリとテンションが高まっていく逼迫感から、最後はやっぱり塔のてっぺんに限るよね的なクライマックスへと繋がるカタルシスがとても爽快。それこそ夜明けを迎えたような晴れ晴れとした余韻を残します。

主人公ペロの立ち回りも絶妙。最後にはピエールに主役の座を譲るのだけど、決して主人公格を失わないのよね。比較的イケてるとは言えない容姿の主人公が、図らずして若人の美男美女を引き立てる立ち回りは、なにやら寅さん第一作を初めて見たときの感触を思い出すものがあったりして、妙な安心感を覚えます。

子供向けとしてかなり濃度の高い作品なので、どうしても激しく好き嫌いは生まれそうだけども、冒頭を筆頭とした人物描写の手腕も鮮やかで、ラストが一番盛り上がるという単純明快な面白さを見事に描ききった傑作と思います。

ダッシュの描き方は宮崎駿テイスト丸だし。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

タイトルなし

だいぶ昔の有名なアニメ映画です。
歌が多く挟まれ、敵との戦いはあるけど全体的に楽しげな作品。
追っ手の猫たちに対してペロが様々なものを利用して避けていくのが見ていて楽しいです。

今見直すとペロがねずみも殺さぬいい奴の割に
{netabare}ピエールのために見知らぬ人脅したりと{/netabare}意外とえげつないのが笑っちゃいましたw。
ピエールはみんなが言うように優しく、ついでに反応が可愛い。

{netabare}弱気な男の子だったのに頑張ったピエールが姫と結ばれるのは良かったけど
途中の段階で姫があなたじゃないと駄目みたいなの言い出した時は素直で正直な所に惚れたにしても
まだ大して絡んでないのにさすがに早くない?ってちょっと思ったけどねw{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

ato00 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

びっくりしたニャン、びっくりしたニャン、びっくりしたびっくりしたびっくりしたニャン♪

ペローの童話「長靴をはいた猫」原作の1969年上映の劇場アニメ。
文部省推薦だけあって、明らかに子供向けアニメです。
基本ドタバタ展開で、どの登場人物もどっか抜けています。

この作品は原作にほぼ忠実なようですが、ラストが若干凝っています。
ラストの魔王城でのオールキャスト総出の追いかけっこは、何も考えなければ純粋に楽しめます。
子供が見ると相当楽しいのではないでしょうか。

なお、このアニメは宮崎駿氏がかかわっています。
そのためか、後のカリオストロの断片を少々垣間見たような気がします。

余談ですが、隣の部屋で嫁さんが、レビュータイトルの主題歌を口ずさんでいました。
何か気に入ったようですよ。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 15

計測不能 2 水森亜土アニメランキング2位
海底3万マイル(アニメ映画)

1970年7月19日
★★★★☆ 3.6 (4)
22人が棚に入れました
原作=石ノ森章太郎。監督=田宮武。地底国と海底国の戦争を描くSF冒険ファンタジー。火山見物にチーターと出かけた少年・イサム。ところが、突然、火口から巨大な火焔竜が出現し、人々を襲い始めた。イサムはとっさに、知り合ったばかりのひとりの少女を助ける。彼女は海底国“アトラス"の王女・エンジェルだった。海底人は、昔は地上に住んでいたのだが、地球征服を企んだマグマ王の攻撃から逃れるために海底に住むようになったのだ。だが同時に、マグマ一派も、マグマ王の起こした天変地異によって地上を追われ、地底に棲むようになったらしい。しかし、今またマグマ王の末裔が地上征服をたくらみ…!?

声優・キャラクター
野沢雅子、鷲津名都江、人見明

ユニバーサルスタイル さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

シリアスな設定ながら、それを感じさせない痛快娯楽作品。

地底国と海底国の存亡を懸けた戦争に主人公の男の子・イサムが巻き込まれるという、これだけ聞くととても子供向け映画とは思えない内容ですが、
アニメスタッフの尽力(?)によって、単純明快に楽しめる娯楽映画に仕上がっています。
ややデフォルメ化されたキャラクターは可愛らしく、ディズニー映画のような雰囲気で楽しめると思います。
特に海底パレードのシーンは素晴らしい出来だと思います。とても楽しげで心踊る瞬間でした。

ただ、イサム君の性格が粗暴すぎて抵抗のある人はいるかもしれません。ヒロインの子・エンジェルを躊躇なくぶっ飛ばしてます・・・この子もやや乱暴な所もあるのですが、今の主人公だったら多分反撃はしないと思います。そこは時代ですね。
あと火焔獣は可愛らしい感じはなく、普通に怖いです。ファンタジーアニメに一人だけゴジラがいるみたいでちょっと浮いてました。

色々書きましたが端的に言えば、イサムがエンジェルと出逢い、彼女と共に海底国の危機を守るため、地底国や火焔獣達と闘う冒険活劇といった感じです。
エンジェルはただ守られるだけのヒロインじゃなく、自分で考え時には果敢に行動する、この時代まだ珍しい頼もしいヒロインです。とても好感が持てます。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

67.4 3 水森亜土アニメランキング3位
パンダコパンダ(アニメ映画)

1972年12月17日
★★★★☆ 3.7 (84)
386人が棚に入れました
宮崎駿が原案・脚本を、高畑勲が演出を手掛けた名作短編。「となりのトトロ」の原点とも言われている。作画監督を、宮崎作品を数多く手掛けた大塚康生が務めた。ミミ子はおばあちゃんとふたりきりで暮らしている女の子。ある日、おばあちゃんが法事で田舎に出かけることになり、ミミ子はたったひとりでお留守番をすることに。そこへ現れたのは、なんとパンダの親子。やんちゃ坊主の子パンダ・パンちゃんとお父さんのパパンダは、そのままミミ子の家に居候。ミミ子もパンちゃんのママになって大はりきり。ところが、実はパンちゃんとパパンダは動物園から逃げ出してきたパンダで…。

声優・キャラクター
杉山佳寿子、熊倉一雄、太田淑子、丸山裕子、瀬能礼子、山田康雄、和田文雄
ネタバレ

このままじゃダメだ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

あの庵野秀明監督の人生を決めた3本の作品の1つ

原案、宮崎駿。演出、高畑勲。作監、大塚康生。と錚々たる顔ぶれがそろった伝説的名作です。
庵野秀明監督と、安野モヨコさんの日常をつづったエッセイ漫画、監督不行届でカントクくんの人生を決めた3本の作品の1つにも名前が挙がっていました。

あらすじ
{netabare}パンダ親子が竹に誘われてやってきたのは両親のいない女の子の住む家でした。パパパンダと息子のパン、それからミミ子の3人はこの家で家族として暮らすことになります。(ちなみにこのパンダは日本語を喋ります)
しかし、ミミ子が学校へ行く日、パンがこっそり学校についてきてしまったことから、脱走したパンダのことが明るみに出てしまいます。
連れ戻そうとする、警察や動物園の職員…そしてさらに別の事件まで…なんと、川べりで遊んでいたパンが川に落ちて流されていたのです。
水門を閉めて助けようと苦心する人々、しかし、水門のハンドルは固く閉じることが出来ません。ミミ子はせめてもの想いで、川に飛び込みパンの救出を試みますが、ミミ子も危ない状態に陥ってしまいます。
そこに現れた、パパパンダは大人数人がかりで閉じられなかった水門のハンドルを一人でやすやすと閉じ、みみことパンの危機的状況を救ったのでした。
その後、パンダ親子と動物園の園長は折り合いをつけ、パンダ親子が仕事として動物園に赴く形で物語は終結します。{/netabare}


現実世界に溶け込もうとするパンダのシュールさにくすっと笑いが込み上げます。
パパパンダの、いつもマイペースなのに、いざというとき頼りになる逞しさだとか、パンの真っ白いお尻の可愛さだとか、観ているとほんわかと心が安らぎます。


また、続編に、雨降りサーカスというお話もあり、こちらは大雨が降った後の水に沈んだ綺麗な街並みが、素敵だなと思います。
宮崎駿さん、千と千尋の神隠しやポニョでも似たような風景を出していましたし、水に沈む風景に惹かれるところがあるのでしょうか。
勿論水浸しで透き通るような水面は在り得ないことなのですが、そこがまた夢があっていいのですよね。

こちらのお話も、危機的状況をパパパンダの活躍によって幕を閉じます。
パンダは強くて、可愛くて、優しいんだ~という感想を抱きました(小並感)

投稿 : 2019/12/07
♥ : 9

前田定満 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

今のアニメの基盤を作った作品。

高畑勲監督と宮崎駿監督が東映動画を退社してから、
最初に作ったのがこの「パンダコパンダ」です。
1972年の作品です。
演出(監督)を高畑勲監督、場面設定・画面構成を宮崎駿監督が担当しました。
高畑監督と宮崎監督は「長靴下のピッピ」をアニメ化したいがために、
東映動画を退社したそうですが、
原作者の最終的な許可が降りずにボツになったそうです。
しかしその時に取材を行った資料を用いて、
パンダコパンダを制作したそうです。
具体的にはヒロインのミミコの家のキッチンはスウェーデン様式。
ヒロインのミミコはピッピに大きく影響を受けているキャラクターです。


高畑監督の作品を語る上で重要になる言葉は「日常」という言葉です。
それまでのアニメは非日常的なアニメが主流でしたが、
このパンダコパンダをきっかけに日常的なアニメが日本で作られるようになっていきます。
このパンダコパンダでは
「もし日常の生活の中に非日常が流れ込んできたら、人間はどう感じるか」
というのが大きなテーマになっています。
具体的に言うと「もし日常の生活の中に喋るパンダが現れたらどう感じるか」ということです。
これがこのアニメを理解するキーになります。

またヒロインの性格に関しても新しい試みなのだそうです。
それまでのヒロインは可愛い子ぶってるヒロインが多かったそうですが、
このアニメのヒロイン ミミコはさっぱりした性格で、元気があり、思ったことをはっきり言う女の子です。
このミミコの性格はのちにハイジへと引き継がれます。
今は結構さっぱりした性格のヒロインは多いように感じます。

自分がこの話で好きなキャラはパパンダです。
「こんにちは!いいお家ですね!お天気も良いし、特に竹やぶがいい!」
この台詞は小さい頃よく真似をしていました。
普段はおっとりしていますが、
いざというときに大きな力を発揮するのがかっこいいです!

最初から最後まで穏やかな気持ちで観ていられるアニメです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

参加スタッフはオールスターだが内容はただの幼女パンツアニメとしか…

高畑勲氏追悼企画番組をニコ生タイムシフトで視聴。34分の短編。
一言で言うと幼女パンツアニメでモロパンシーンだらけ。ストライクウィッチーズですら足元にも及ばないレベル。

舞台は日本の長崎なのにキャラや風景が日本っぽくなくてデザインセンスがチグハグに感じた。これだけのスタッフが集まりながら…。主人公のミミ子は外国人設定なのかもしれないが。
声優陣はハイジの杉山さんなど出ているが、警官役がルパンの山田康夫なのが面白い。

全く可愛くないおっさんキャラの父パンダは支那人のメタファーで、{netabare}ミミ子の家に居座って乗っ取ってしまい、竹藪(日本の領土)を奪い、ミミ子を手籠めにしてしまうのは{/netabare}支那の脅威を描いているとも受け取れる。
脚本は宮崎駿だが、ガチな共産主義者の高畑勲はともかく宮崎氏は意外と右寄りな発言をすることもあるし、支那には批判的なのかもしれない。ただこの頃からタバコを書いているが…パンダに吸わせるのってどうなの。
{netabare}学校の授業でちびくろサンボを教えているのはアイロニーを感じる。{/netabare}

ストーリーは破綻していて、{netabare}最後に子パンダを救って動物園に戻った後はパンダ親子とミミ子がどういう関係になったのかよくわからない。ミミ子を心配していたお婆さんも最初に法事に行ったっきり出てこないし…{/netabare}34分で物語を描けるわけがないですか宮崎先生。

制作は以下のようにチート級スタッフ。でもだから作画が凄いってわけでもなかった。

監督:高畑勲
原案 脚本 画面設定:宮崎駿
作画監督:大塚康生、小田部羊一(ハイジのキャラデザ)
原画:中村英一(ドラえもんキャラデザ)、近藤喜文、青木悠三(ルパン三世キャラデザ)、本多敏行(シンエイ動画代表)、香西隆男(GU-GUガンモキャラデザ)、荒木伸吾(聖闘士星矢等キャラデザ)
動画:山田道代(アンパンマンキャラデザ)、福冨博(怪物くん等監督)、前田実(ドラゴンボールチーフ)

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

68.0 4 水森亜土アニメランキング4位
パンダ・コパンダ 雨ふりサーカスの巻(アニメ映画)

1973年3月17日
★★★★☆ 3.7 (40)
218人が棚に入れました
高畑勲・宮崎駿コンビがおくる、シリーズ第2作目。ミミ子とパンちゃん、パパンダ親子は毎日、幸せに楽しく暮らしていた。ところがある日、家に泥棒が侵入! ミミ子は泥棒に会うのは初めてと喜ぶが、肝心の泥棒のほうは驚いて一目散に逃げていってしまった。ところが、パンちゃんのベッドには、さらにびっくりするようなお客様が! なんとトラの子どもがスヤスヤとお休み中だったのだ。トラのドラちゃんはママと一緒にサーカス団で暮らしていたのだが、はぐれてミミ子の家に迷い込んでしまったらしい。ミミ子たちはサーカスに遊びに行き、ドラちゃんのママともお友だちになる。ところが、その夜、大雨が降って…。

声優・キャラクター
杉山佳寿子、熊倉一雄、太田淑子、丸山裕子、瀬能礼子、山田康雄、和田文雄

とまときんぎょ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

明朗爽快ワクワクな日常

前作本作とも脚本・宮崎駿、監督(演出)・高畑勲、作画監督・大塚康夫など

みみ子のおうちにパンダの親子がやってきて、「とくに 竹やぶが いい」の名台詞を言いながら、おままごとのように面白おかしく暮らし始める前作「パンダコパンダ」の続編。

サーカス団から抜け出した虎を探しに来た人がみみ子のおうちを覗くと…小さな歯ブラシ、中ぐらいの歯ブラシ、大きな歯ブラシ。小さな椅子、中ぐらいの椅子、大きな椅子。
童話「3びきのくま」をなぞらえた始まりになっていますね。

みみ子は虎の親子と親子対決(?)をしたり、洪水の後で動物たちを助けて、機関車に乗ってファンタジックな旅をしたり。
幼稚園くらいから観ても集中して観られるようなシンプルな楽しい作りで、安全安心無添加(ホントか?)な夢あふれるアニメです。

ザックリした線が明朗で、アニメならではの楽しい旺盛な動きたくさんです。ちょっとした日常の動作が「そんなことしてどうなるの?」て興味を引きながら、面白おかしく。
宮崎アニメの、登場人物が嬉しいと転げ回って逆立ちする性分がここでも健在。全身で表現するのびのびさが爽快。


パパンダがトトロの原型と聞いて物心ついてから観ましたが、大人向けに堪える作品とは別に、こういうものもずっと残って欲しいです。
みみ子はハイジっぽいですが、「長くつしたのピッピ」のアニメ化を計画したけどポシャってそのニュアンスな子らしいです。


パンダブームの時代の作品。
実際のパンダって目のクマを取ると小さなツリ目( *`ω´)で、ワルそうよね。ウン千万から億で取り引きされるだけありまっせ。

パンダコパンダコパンダ ♪ ティルールールー ♪パンダコパンダコパンダ ♪ って耳に残ります。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 22
ネタバレ

前田定満 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

人生に一度はこんな洪水を見てみたい!

1973年に公開された、パンダコパンダの2作目です。
同じく演出(監督)を高畑勲監督、場面設定・画面構成を宮崎駿監督が担当しました。

パンダコパンダ1作目のレビューでも書きましたが、
「日常の中に非日常が流れ込んできたら、どう感じるか」
というのがこのパンダコパンダのテーマです。
1作目では日常に喋るパンダということでしたが、
2作目ではこれはすでに解っていることなので、
違うところに焦点を当てています。
2作目では「もし日常にとてつもなく綺麗な洪水が訪れたら、どう感じるか」です。

あらすじは {netabare}
サーカスの虎の子供トラちゃんがミミコたちの家に迷い混み、
仲良くなります。
特にコパンダのパンちゃんとは親友になります。
サーカスの会場でトラちゃんのお母さんとも仲良くなったその夜から、
大雨が何日も続きます。
家のなかは浸水していき2階まで追い詰められます。
そしてようやく晴れた朝、
窓を開けると家の周りは一面水に囲まれ、
まるで海のようになっていました。
本当の洪水ならとてつもなく汚いですが、
この話の洪水は透明で、大変きれいです。
そこにトラちゃんから「助けて」と知らせがきます。
サーカスの会場は水に沈んでいたのです。
急いでミミコたちはベッドを船にして助けにいきます。{/netabare}

自分は小さいときからこのアニメを観ていました。
実際の大洪水のニュースを見る前に、
このパンダコパンダの綺麗な大洪水を観ていたので、
大洪水は綺麗だと思っていた当時、
現実をつけられショックを受けたのを覚えています。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8

isislove さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

ルパンより愛を込めて

1973年3月17日公開
『パンダコパンダ』の続編で劇場用中編アニメーション38分
前作から3か月後といういう短期間で公開。

これを観る前に前作観るべき。
DVDならパッケージングされてるので
2本合わせて72分でサクッと観れます。

『ルパン三世 1st series』第21話「ジャジャ馬娘を助けだせ!」を
ほうふつする蒸気機関車での逃走シーンの演出がたまりません。

ルパンの山田康雄さんは前作に引き続きおまわりさん役で再登場。

ヒロインのミミ子演じるは
前作に引き続きハイジでお馴染みの杉山佳寿子さん。

初代ひみつのアッコちゃん役でお馴染み太田淑子さんは、
前回はパンちゃん役だったのに今回はなぜかトラさん役。

前回ナナちゃん役だった丸山裕子さんが今回はミミ子ちゃん。

パパンダも熊倉一雄さんから無名な声優さんに代わってますが
スケジュール合わなかったのかな?

やっぱり熊倉一雄がいい、です。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

計測不能 5 水森亜土アニメランキング5位
Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ(アニメ映画)

1993年3月6日
★★★★☆ 3.2 (3)
29人が棚に入れました
「東映アニメフェア」内のプログラムとして7年ぶりに復活した『Dr.スランプ アラレちゃん』の新劇場版第一作(通算としては第六作になる)。今日ものどかなペンギン村が、突然現れた怪獣ドドンガドンによって一転大騒ぎ! 子供のようなサイズだがその力は警官隊をも圧倒するほどなのだ。しかし、アラレにとっては遊び相手くらいにしか思われていないようで、怒ったドドンガドンに呼応して現れた母親であるママンガドンは掛け値なしの大怪獣。無敵のアラレといえども果たして敵うのだろうか?アラレ役の小山茉美と千兵衛役の内海賢二は旧作よりの続投となるが、他のキャストは一新されての新作となった。内容は、原作コミックスの短編を大幅にアレンジしたもの。

計測不能 6 水森亜土アニメランキング6位
長靴をはいた猫 80日間世界一周(アニメ映画)

1976年3月20日
★★★★☆ 3.5 (1)
26人が棚に入れました
猫のペロが大活躍する冒険活劇「長猫」シリーズの3作目。キャラクター設定はシャルル・ペローの『長靴をはいた猫』から、ストーリーはジュール・ベルヌの『80日間世界一周』から取っている。長靴をはいた猫・ペロは町の実力者・グルーモンととんでもない賭けをしてしまう。なんとたった80日間で世界を一周してみせると宣言したのだ。ペロが成功すればグルーモンは全財産をペロに差し出し、失敗したらペロがグルーモンの奴隷になる。早速、出発したペロたち一行だったが、行く先々でグルーモンのさし向けた工作員・ガリガリ博士の妨害に遭う。さらに、ペロを常に付け狙っている3匹の殺し屋も加わって…!?

声優・キャラクター
なべおさみ、神山卓三、滝口順平、はせさん治、田の中勇、水森亜土、富田耕生、山本圭子、八奈見乗児、加藤修、増山江威子、キートン山田、千々松幸子

計測不能 7 水森亜土アニメランキング7位
Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて(アニメ映画)

1993年7月10日
★★★★☆ 3.1 (3)
24人が棚に入れました
「東映アニメフェア」内のプログラムとして復活した『Dr.スランプ アラレちゃん』の新劇場版第二作(通算としては第七作になる)。 まったく笑わないヤパイヤ王国のプルワ姫。そんな彼女のため、国王夫妻の使者はあちこちの科学者に救いを求めていたが、ついに我らがドクタースランプ・千兵衛のところに白羽の矢が立った。天才とおだてられすっかりその気になった彼は、早速ヤパイヤ国へと出発。しかしそのウワサを聞きつけたドクターマシリトも、千兵衛の対抗心からプルワ姫の下へ馳せ参じる。果たして、彼女を笑顔にしてあげるのは誰なのだろうか? 前作『~ハレのち晴れ』ではまだ独身だった千兵衛だが、今回は原作完結後の時間軸に合わせ娘のニトロも登場。三代目のマシリト役には神谷明が起用された。

計測不能 8 水森亜土アニメランキング8位
ながぐつ三銃士(アニメ映画)

1972年3月18日
★★★★☆ 3.5 (1)
11人が棚に入れました
東映アニメーションのイメージキャラクターにもなった猫のペロが大活躍する冒険活劇、「長猫」シリーズの2作目。今回はなんと西部劇仕立てだ。雄大な西部の旅を楽しんでいたペロ。だが、乗っていた駅馬車が強盗団に襲撃されてしまう。馬車は全速力でララミーの町に逃げ込むが、すでにララミーは強盗団に襲われたあとだった。ペロが駅馬車の中で知り合った少女・アニーの父も、強盗団に殺されてしまっていた。どうやら強盗団はニセ金作りをしていて、それが原因で町を襲ったらしい。ペロは町を守るために立ち上がるが、前作からペロの命を狙い続けている3匹の猫の殺し屋がやってきて…!

声優・キャラクター
鈴木やすし、小宮山清、鷲津名都江、水森亜土

計測不能 9 水森亜土アニメランキング9位
町一番のけちんぼう(TVアニメ動画)

1979年冬アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
英国の文豪チャールズ・ディッケンズの名作『クリスマス・キャロル』を原作にした、日米合作の本格ミュージカルアニメ。TV特番作品。 1880年代のロンドン。その年のクリスマスイブ、ケチで有名な金貸しの老人スクルージの前に、3人の幽霊が現れた。幽霊はそれぞれスクルージの分身的な存在であり、彼の過去・現在・未来を象徴していた。幽霊たちとの出会いを通じて、自分がかつて持っていながら無くしたもの、そしてこのまま行けば自らの悲しみにつながるものを学ぶスクルージ。彼は、残りの人生をどう生きていくべきか、改めて気がつくのだった。 日米合作作品を長年にわたって手がけたアニメ会社トップクラフトが本作を制作。CVの演技を先に録音するプレスコ方式を採用しているが、ただでさえ手間がかかる形式の上、ミュージカルアニメという作品の形質ゆえ非常に制作工程が大変だったという。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ