浅田裕二おすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの浅田裕二成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の浅田裕二おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

64.4 1 浅田裕二アニメランキング1位
ポケットモンスター アドバンスジェネレーション[ポケモン](TVアニメ動画)

2002年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (116)
623人が棚に入れました
ポケモンマスターを目指す少年サトシの戦いと活躍を描くバトルアドベンチャー。日本中を席巻し、アメリカやヨーロッパでも大ブームとなった同名の携帯ゲームのTVシリーズ第4弾だ。ポケモントレーナー・ハヅキから、海の向こうのホウエン地方について聞いたサトシ。一緒に旅をしていたカスミ、タケシと別れ、ピカチュウ以外のポケモンを全てオーキド博士に預けて、ホウエン地方へと旅立った。そこで、サトシはハルカと名乗る少女と出会う。

いりあん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

ハルカの魅力が分からない

チリーンとさよならする回が泣けます。コジロウのポケモンとお別れする回は毎回ハンカチ必須ですね・・・。無印でコイキングを蹴っていた人間とは思えませんwコジロウは変わらず魅力いっぱいです!

投稿 : 2019/11/30
♥ : 2

オキシドール大魔神 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ユウキリンリンゲンキハツラツキョウミシンシンイキヨウヨウ

基本的には初代アニメポケモンと流れやイズムは変わらない。強いて言うならコンテストイベントとやり込み施設イベントが増えたくらいだろうか。リラは可愛かった。あくまでも個人的イメージだが、初代はリザードン、DPはゴウカザルが頼りになるエースで、AGにはそのようなエースはいなかった気がする。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 2

赤羽. さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

懐かしいなぁ・・・

初めて見たポケモンはこれでした。
無印も見た記憶がありますが、年齢的に低すぎてあまり覚えてません;;

このシリーズも全部覚えてるわけではないですが、かなり感動する回があって衝撃でした
確かラルトスが出てくる話、ハルカとニャースが主人公の話は泣きました゚(゚´Д`゚)゚

今の子は無印はともかくこのシリーズも知らない子がほとんどでしょうね(´・ω・`)
是非見て欲しいです!

投稿 : 2019/11/30
♥ : 2

64.7 2 浅田裕二アニメランキング2位
ポケットモンスター/ミュウツー!我ハココニ在リ(TVアニメ動画)

2001年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (16)
159人が棚に入れました
ポケモンマスターを目指す少年サトシの戦いと活躍を描くバトルアドベンチャー。日本中を席巻し、アメリカやヨーロッパでも大ブームとなった同名の携帯ゲームのTVシリーズ番外編。劇場公開された「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」の続編として制作された。ポケモンマスター修行中のサトシは、旅の途中でビュアズ渓谷に立ち寄る。そこには、人間を寄せつけない幻のポケモン“ミュウツー"が仲間のコピー・ポケモンと隠れ住んでいたのだった。

62.4 3 浅田裕二アニメランキング3位
劇場版ポケットモンスター/ピカチュウのドキドキかくれんぼ(アニメ映画)

2001年7月7日
★★★★☆ 3.5 (25)
156人が棚に入れました
劇場版「ポケットモンスター」の併映作として定着したポケモンだけの短編ムービー。今回の舞台は海辺の西洋風お屋敷。大きな庭には様々な花が咲き乱れており、ピカチュウとそこで出会ったポケモンたちはかくれんぼをして遊ぶことになった。だが仲間に入れないヨーギラスがふとした弾みで芝刈り機のスイッチを入れたことから事態は急展開。暴れ始めた芝刈り機に大慌てのポケモンたちは、この大騒動を止められるのか?
ネタバレ

ゅず さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

子どもとポケモンの視点は似ている

【一言紹介】
ポケモン映画のピカチュウ達がかくれんぼをするお話。

ピカチュウ系では一番好き。

ポケモンらしくて可愛らしい。
ポケモン達の目線が子どもにすごく近いところが好きです。

【大好きな曲なので歌詞】
テーマ曲の
かくれんぼ/whiteberry
{netabare}
どんなに遠くに離れても
どんなにかくれても
どんなに小さく静かでも、
キミを見つけだすよ
キミに会いに行くよ

オレンジ夕日帰ってく 歌いながら
電信柱のかげ踏んで
帰るふりをしていた。
とくいの道草して、もぅ一遊びして
公園貸し切り 『かくれんぼ』
帰らない 5時までは

鬼決めジャンケン!! のびてく影
赤い鬼になって
つぶった目、背中じゅうから
消えてく声 「もういいよ!!」

一番近くにいるキミに
一番かくしてた
一番早く見つけたくて
広いこの空の下
ちっちゃいムネの中で

神様だけは知ってた
テレくさかった
何より誰よりかくしてた
キミを好きな気持ち


すべり台の下の方 影が一つ
バレバレなのに 見えないふり
この気持ち恋心

昔はあんなに爪かんだり
指をならしてたり
今はもうキミの癖さえ
過去形でも「大好き!!」

どんなに遠くに離れても
どんなにかくれても
どんなに小さく静かでも
「かくれてる??」「かくしてる!!」
初恋の『かくれんぼ』

一番近くにいるキミに
一番かくしてた
一番早く見つけたくて
遠い・おさない・想い

どんなに遠くに離れても
どんなにかくれても
どんなに小さく静かでも
ずっと終わらないから
ずっと忘れないから
初恋の『かくれんぼ』
{/netabare}

かくれんぼと言えばこの曲だなぁと思い出したので
BUMPOFCHIKENもオススメしておきます

時空かくれんぼ
{netabare}
安心すると 不安になるね 例えば 今
だから今を 未来の外れに 置いて忘れよう
そう思った 過去 繰り返した 今

温かいものは 冷めるから それが怖くて 触れられない
貰わなければ 無くす事もない
もういいかい 過去 まぁだだよ 今

隠れる場所は どこであろうと 常に世界の中心だから
すぐ見つかって オニにされるよ ずっと探す側の かくれんぼ

君に会わなきゃ良かった 何も言わなきゃ良かった

輝くものは 照らすから それが怖くて 近寄れない
見つめなければ 見られたりしない
泣かなかった 過去 泣きそうな 今

絶望すると 楽になるね 例えば 今
だから今を 未来の果てまで 傘代わりにして
逃げてきた 過去 捕まった 今

隠れ上手な 自分であろうと 探す役目も自分だから
また見つかって オニにされたよ ずっと僕と僕との かくれんぼ

隠れた方が叫ぶ「もういいかい」何度目の事
探す方はお馴染み『まぁだだよ』
「なぁ、お前さ、」「二択問題なんだぜ」「時間制限あるんだぜ」
『そんなの解ってるよ』胸を張って 怖れないで 叫びたいよ

温かくて輝いている君を 怖がる僕を 見つける未来を
仕留めるために せーの!で叫ぶよ
もういいかい 過去『もういいよ』今

隠れる場所は いつであろうと 僕の心の中だったけど
君を見つけて 君に隠すよ ずっと探さなくてもいい かくれんぼ
君も怖いなら 僕に隠れて どこも探さなくてもいい ここにあるよ
すぐに行けるよ なぜなら僕は 君の心の中で かくれんぼ

君に会わなきゃ 今すぐ会いに行かなきゃ
急いで行かなきゃ もう一度 ちゃんと言わなきゃ

{/netabare}

太陽
{netabare}
二度と朝には出会わない 窓の無い部屋で 動物が一匹
ドアノブが壊れかけていて 触れたら最後 取れてしまいそうだ

このくらい寒い方がいい 本当の震えに気付かないで済む
不愉快も不自由も無い その逆も初めから無い

例えば笑ってみろよ こっちもひたすら笑えるさ
空のライトが照らしてくれた 僕には少し眩しすぎた
そして誰もが口を揃えて 「影しか見えない」と言った

二度と朝には出会わない 窓の無い部屋で 心臓がひとつ
目を閉じていても開いてみても 広がるのは 真っ黒な世界

例えば泣いてみろよ こっちはそれすら笑えるさ
君がライトで照らしてくれた 暖かくて 寒気がした
光の向こうの君の姿が 僕には見えないと知った

かくれんぼしてた 日が暮れてった
見つからないまま 暗くなっちゃった

皆帰ってった ルララルララ
かくれんぼしてた ずっと待ってた

例えば信じてくれよ こっちはなおさら疑うさ
それより触ってくれよ 影すら溶けていく世界で
影じゃない僕の形を

君のライトを壊してしまった 窓の無い部屋に来て欲しかった
それが過ちだと すぐに理解した
僕を探しに来てくれてた 光の向こうの君の姿が
永遠に見えなくなってしまった
それが見たかったんだと気付いた

かくれんぼしてた 日が暮れてった 見つからないまま ずっと待ってた
皆帰ってった ルララルララ かくれんぼしてた 君を待ってた
もう一度 朝と出会えるのなら 窓のない部屋に 人間が一人
ドアノブが壊れかけていて
取れたら最後 もう出られはしない
出れたら最後 もう戻れはしない
{/netabare}
【ゅずワールド】
{netabare}
もういいかい?
まーだだよ。
もーいいよ。

君を探しにいくよ
見つからないよ

見つけてよ
ここにいるよ


オレンジ色の空、
チャイムの音、
夕飯の匂い、
もう帰る時間。


もーいいよ。
見つからないほうがいいんだよ

まーだだよ。
見つけるよ

みーつけた。
ここにいたんだ

見つかっちゃった。
見つけないでよ

さぁ手を繋いで?
泣かないで?
一緒に帰ろう。。
{/netabare}

投稿 : 2019/11/30
♥ : 17

ゅず さんの感想・評価

★★★★★ 4.9

かわいくて、ピカチュウシリーズとしては1番好き

どんなーに遠くに離れても
どんなーに隠れても
どんなーに小さく静かでも
君を見つけ出すよ
君に会いに行くよ


歌が特にお気に入り。


キャラクターそれぞれの特性を活かしているし
内容としても

かくれんぼ

実物だけでなく

一緒に遊びたいという
友達の気持ちを見つける

ってテーマもあるんだと思う。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 8

57.4 4 浅田裕二アニメランキング4位
ポケットモンスター金銀編(TVアニメ動画)

★★★★☆ 3.4 (11)
39人が棚に入れました
ポケモンマスターを目指す少年サトシの戦いと活躍を描くバトルアドベンチャー。日本中を席巻し、アメリカやヨーロッパでも大ブームとなった同名の携帯ゲームのTVシリーズ第3弾だ。オレンジリーグの名誉トレーナーになったサトシだったが、故郷マサラタウンで幼なじみのシゲルと戦い、あっさり負けてしまう。ひとまわり大きく成長したシゲルの姿に闘志を燃やすサトシ。ジョウトリーグを目指すというシゲルを追いかけて、自分もジョウト地方へと旅立った。

nagi さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

サトシは何も学ばない

ピカチュウの成長が感じられません。
子供向けアニメなので仕方ないのですが...
いつか、サトシがポケモンマスターになれるように願ってますw

投稿 : 2019/11/30
♥ : 6

計測不能 5 浅田裕二アニメランキング5位
クイーン・エメラルダス(OVA)

1998年6月5日
★★★★☆ 3.3 (6)
39人が棚に入れました
「大宇宙の魔女」と呼ばれ、飛行船型の宇宙船「クイーン・エメラルダス号」に乗って宇宙を駆ける女海賊エメラルダス。彼女がなぜ宇宙を旅しているのかは誰も知らない。手製の宇宙船で宇宙に飛び出した少年・海野広は火星の衛星・ダイモスのアルギューレ北方の峡谷に墜落してしまう。広は重傷を負い病院に運ばれるがそこを抜け出し、戻ってきた墜落現場でエメラルダスと出会うところから物語は始まる。

gkc さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

女性宇宙海賊

松本零士の作品の中では、ヤマトでも999でもなく、ハーロックと、このエメラルダスが好きな作品です。

僕の知る女性キャラクターの中では、最もかっこいい女性ではないでしょうか。

物語の中での社会では「海賊」であり「悪」とされていますが、実際の中身は半端でない正義であります。

手足が細く長く、もちろん容姿端麗ではありますが、悪を憎み、勇敢であり、友、義を重んじる、正義の人であります。

最近おしゃべりな主人公も多いように思いますが、寡黙で凛々しいです。

ところが、女性らしい優しさも兼ね備えています。
男女を超えてその存在感はすごいものがあります。

キャラクターの魅力だけでも見れる作品だと思いますよ。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 3
ネタバレ

maruo さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

中途半端感が拭えない C

地球を発つ交易船に密航し、惑星ダイバランを目指す海野広。密航中の船が戦闘艦に襲われるが、ドクロの旗をつけた船に助けられ、なんとかダイバランに到着する。自分の宇宙船を持つ夢をかなえるため、酒場で働きはじめた広だが、トラブルに巻き込まれ殺されかかったところを、顔に傷をもつ美しい女に救われる。女は、ドクロ旗の船の持ち主で、“大宇宙の魔女”エメラルダスだった。(WOWOWオンラインより)

クイーンエメラルダス。顔に傷を持つ美形の女海賊です。
彼女が主人公なのは間違いないはずなのでえすが、この作品では、海野広という少年が準主人公として登場しており、話によってはエメラルダス以上の活躍を見せます。
1話、2話はエメラルダスが主人公、3,4話は実質的に海野広が主人公でエメラルダスは脇役になってしまっています。

(※)このOVAは当初2話製作の予定が、8話までに変更された後に、最終的に4話までしか製作されなかったという経緯があります。
このため、海野広の活躍にスポットを当てた3、4話で話が途切れてしまったようです。
そんな理由があるとはいえ、主人公が活躍しない話で終わるっていうのは何か違和感を覚えます。

第1話、第2話は、酒場で広が海賊アルフレスに絡まれたことにエメラルダスが助力したのをきっかけに、海賊アルフレス対エメラルダスへと話が展開していきます。
{netabare}この話でエメラルダスとメーテル(銀河鉄道999で主人公星野鉄郎と旅をする女)は双子だったことが判明。ちなみにエメラルダスが姉。 {/netabare}

第3話が体が半機械化した殺人鬼の話。

第4話がかつてトチローを虜にし殺そうとしたサイレン(ギリシャ神話のセイレーンのような能力を持つ女)との戦いです。
{netabare}エメラルダスが顔に傷を負った理由がここで明らかにされていますが、わが青春のアルカディア無限軌道SSXで描かれているのとは違っているようです。 {/netabare}


トチローという名が突然出てきましたが、キャプテンハーロックの幼馴染であり盟友、ハーロックの船アルカディア号を造った人物です。
エメラルダスとの間柄は恋人・・・になるのかな。
この作品において重要なポジションを占めているので、最低限その名前くらい知っておかないと視聴しても「?」だと思います。

また、松本零士の作品にはよくあることなのですが、他の作品と登場人物を共有化しているのに、微妙に設定が異なることがあります。
なので、話違うじゃねーかよー、ということがあっても大目にみる寛容さも必要です。
件のトチローも、作品ごとに設定が違っているようです。

で、結局のところ面白かったのかというと、正直中途半端感があってあんまり・・・です。
海野広を主人公として、エメラルダスがその成長を見守るというストーリーなら、まあ納得がいくかも。
あ、ひょっとしてそういう作品だったのかな?

投稿 : 2019/11/30
♥ : 2

しげ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

顔の傷の由来

クイーンエメラルダス、美人なのに顔と背中に巨大な傷跡がある。なぜ傷ができたのか本作を観れば分かります。
海野ひろしという少年が夢に向かって冒険に出るわけだが、危機に立つとエメラルダスが現れ助けてくれる。エメラルダスは海野に全宇宙に五丁しか存在しない戦士の銃まで与えるわけだが。そこまで海野に親切にするわけは海野がエメラルダスの元恋人のトチローに似てるからなのか。
物語は1~2話と3、4話のエピソードが独立していて、冒険物としての興奮もバトル物としての迫力も普通程度。作画はそれなりに良いので松本零士ファンなら観る価値あり。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 1

計測不能 6 浅田裕二アニメランキング6位
EARLY REINS アーリーレインズ(OVA)

2002年1月1日
★★★★☆ 3.3 (7)
18人が棚に入れました
西部の荒野を舞台にした美少女ウエスタン・アニメーション作品。物語は、たまたま同じ列車に乗り合わせた保安官志望のマーガレットや女ガンマンのローラ、美人歌手のヘレン、牧場の娘キャロライン、女医のジャネット、大富豪の令嬢アリスの6人の美少女たちが、輸送中の金塊を狙う列車強盗ヘブンズ・ヒル一味と戦う姿を描いている。また、監督は『ポケットモンスター』シリーズの浅田裕二、脚本は『それいけ!アンパンマン』シリーズの米村正二が担当している。

pear さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

偶然列車の中で出会った6人の女の子たちのお話

サンシャインヒルに向かう列車の中で金塊目当てに列車を襲ってきた
強盗団に立ち向かうため偶然列車の中で出会った6人の女子達が協力しあうお話。


偶然とはいえ、身分も違う人達と怖い強盗団に
立ち向かっていくところがっこよかった!
女性の力強さというのを感じました。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 1

計測不能 7 浅田裕二アニメランキング7位
さあイコー!たまごっち(TVアニメ動画)

2007年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (1)
13人が棚に入れました
1996年と2004年に大ブームを巻き起こした携帯ゲーム機『たまごっち』をモチーフにしたアニメーション作品。本作では、携帯ゲーム『たまごっち』に登場する、まめっちやめめっち、くちぱっちたちが繰り広げる楽しい毎日を描いている。IQ250の超天才まめっちがとんでもない(?)モノを発明する、ぐるぐるヘアーが自慢のめめっちの髪がストレートになってしまう、森で暮らすくちぱっちのゆったりとした一日を紹介するなど、さまざまなエピソードが展開される。みんなで楽しいたまごっちワールドに遊びに行こう。

計測不能 8 浅田裕二アニメランキング8位
SCOOPERS スクーパーズ(OVA)

1987年12月1日
★★★☆☆ 3.0 (1)
6人が棚に入れました
『ルパン三世』で知られるモンキーパンチ原作のアクション作品がアニメ化。物語は22世紀、科学が発達した未来都市シャンバラ・シティが舞台。この都市では、世間に知られることなく闇に葬られる事件が多発していた。どれも謎の男「ミスターX」の正体を明かそうとした者が事件に巻き込まれていると知った新聞記者・ヨーコは、カメラマン兼ボディガードのアンドロイド・ビートを共に真相を明かそうとするのだが……? 謎と謎が複雑に絡み合う大人向けのハードボイルドアクション作品。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ