【2019年07月最新】浦畑達彦で永井一郎なアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ浦畑達彦で永井一郎な人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメの浦畑達彦で永井一郎な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年07月24日の時点で
一番の浦畑達彦で永井一郎なアニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:5件
アニメを並び替え:
総合得点 65.3 感想・評価 16 棚に入れた人 55
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.8  作画 : 3.6  声優 : 3.6  音楽 : 3.6  キャラ : 3.6

19世紀後半、欧米が市場を求めてアジアへ進出した世界状況で、日本の安全保障を確保するには天皇の権威を背景に江戸幕府を中心とする体制再編により国体強化が必要であるとした東湖だが、幕府の内部は慣習に囚われた門閥で占められて倒れかけているとして、これを「陽だまりの樹」と呼ぶ。
閉塞状況を打開するものは青年の行動力以外にないと謳いあげた東湖のアジテーションは憂国世代の心を大きく揺さぶる。関東小藩の藩士であった伊武谷万二郎の胸にも熱い思いが刻まれる。無骨で真面目な万二郎は退屈なお勤めに疑問も抱かず登城のマラソンもいつも一番。平時の武士として見本のような男であった。一方、もう一人の主人公である蘭方医の手塚良庵は医師の家に生まれて大坂適塾で医師の門をくぐったエリートだが、江戸に戻っても放蕩ぶりが父の良仙に厳しく戒められるほどの遊び人。江戸っ子らしく間口は広いが封建的で権力闘争に終始する医学界には批判的であり、また人間らしく生きたいとする夢想家のノンポリとして時代を眺めている。対照的な万二郎と良庵だがなぜかウマが合う。
万二郎はアメリカ総領事タウンゼント・ハリスへ幕府側からの護衛として派遣され、友人となる通訳ヘンリー・ヒュースケンと出会う。一方良庵は幕府の西洋医学への寛容化から提案された種痘所開設に仙庵と共に尽力することになるのだが、西洋医学を嫌う御殿医達に様々な嫌がらせを受ける。やがて軍制改革により農兵隊の隊長となった万二郎は幕府への忠誠だけでなく、自分が本当に守りたいと思う人々との出会いにより銃を取り戊辰戦争の戦場の煙の中へ消えていく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

2012年4月からBSで実写ドラマ化もされる手塚治虫原作の本格時代劇。
緻密な時代考証に基づいた幕末ドラマです。
アニメ自体は2000年放送なので少々古いですが、非常に丁寧に作られている印象。

無骨で直情的な武士・伊武谷万二郎、遊び人の蘭方医・手塚良庵
対照的な二人の視点から織りな... ▼もっと読む

総合得点 64.5 感想・評価 13 棚に入れた人 66
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.4  声優 : 3.8  音楽 : 3.4  キャラ : 3.8

絶大な支持を受けたTVシリーズのOVA版第7弾。先行して、制作会社主催のファンクラブ大会で上映もされている。レイとのデートに向かう最中、奪魂糖なるアメを買わされたラン。それは、舐めた相手の頭上に浮いたハートを手にするとあら不思議、その心をも虜にできるというスグレモノらしい。さっそく試すが、食い意地の張ったレイは頭上のハートをもことごとく食べてしまい不発に。ふてくされたランはラムに奪魂糖を押しつけ、それを食べたラムのハートを巡って友引高校は大騒ぎ! TVアニメ化されなかった原作エピソードからチョイスされた一編。ラムのハートを入手し暴走するメガネの描写は、TVシリーズの名篇「さよならの季節」を彷彿とさせる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1989年12月27日発売。

ランとレイの可愛い?デート風景から始まる
キュートなラブコメ?

ランはレイに愛されたくて、用意した飴は・・
食べさせた相手の頭上に浮いたハートを手に
取ると・・その相手に惚れられるという・・

そんな飴をあたるが手に入れてしまった・・
ラム... ▼もっと読む

総合得点 74.7 感想・評価 229 棚に入れた人 1380
★★★☆☆ 3.9   物語 : 4.2  作画 : 3.7  声優 : 3.7  音楽 : 3.7  キャラ : 4.0

元SASのキートンがさまざまな難事件を鮮やかに解決していく推理サスペンス。原作=勝鹿北星、作画=浦沢直樹の人気同名マンガが原作。かつてイギリス陸軍特殊空挺部隊SASに所属していた平賀・キートン・太一は、現在は保険の調査員をしている。本当は考古学者をめざしており、考古学だけで食べていきたいのだが望みはかないそうにない。そんな太一は、保険の調査の仕事のほか、SASの要請や考古学の研究などで世界各地を飛び回り、数々のやっかいな事件に巻き込まれる。それらを太一はSASや考古学の研究で培った技術や知識、持ち前の機転で解決していく…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

 あくまで私の貧しい経験則によるのですが、一話完結モノって途中でマンネリ化したり物語の趣旨がぼやけたりすることが多いと思うんです。(もちろん、最後まで安定感のあるアニメだって私が知っている以上にあるとは思うのですが)本作は全39話(テレビシリーズ+OVA)通して中弛みすることなく、作画... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 7 棚に入れた人 45
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.2  作画 : 3.1  声優 : 3.4  音楽 : 3.1  キャラ : 3.4

1978~87年に「週刊少年サンデー」で連載された、高橋留美子のコミック「うる星やつら」を原作とするOVAシリーズ第11作。監督は、かつてシンエイ動画に所属し、『ドラえもん』の絵コンテ・演出などを手がけていた森脇真琴。 サクラとつばめのデート当日、つばめに舞子と名乗る美少女の霊がとりついてしまった。サクラはさっさと除霊してデートに戻ろうと、舞子の額にお札を貼るが、なぜかまったく怖がらず、ますますつばめにベッタリする始末。そんな舞子に猛アタックを開始するあたる、あたるの気配を感じて現われた面堂、そこへ炸裂するラムの電撃……幽霊騒動の結末やいかに?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1991年OVAシリーズ第11作。

サクラさんにライバル?

デートに遅れるツバメの家に舞子(小林優子)という
謎の美少女が・・。 テンの告げ口に動揺しつつも
まさかツバメが浮気などと突っ張るサクラだけど・・
明らかに動揺♪ ツバメの家に確認に向かうラムと
あ... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 18
★★☆☆☆ 2.8   物語 : 2.5  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 2.8  キャラ : 2.8

前回のOVA版3部作より少し期間を置いて新たに制作された、荻野真が描く伝奇コミックのアニメ化。掲載誌の創刊15周年記念作品ということで当初は劇場版として公開される予定だったが、紆余曲折を経て上下巻のOVAとして発表されている。 退魔術師・孔雀がまだ駆け出しの頃に巻き込まれた凄絶なる戦い。それは、闇の世界の鍵となる「聖杯」を巡っての陰謀に絡んでのことで、ネオナチとの激戦を経てやがて自身に秘められた過去までもが明らかにされる。そして聖杯の力は、心に闇を抱えた孔雀の姉・朋子を悪の化身・天蛇王へと覚醒させてしまう? 監督に巨匠・りんたろうを迎え、そのビジュアルの充実ぶりはコミックと方向性が違えど、原作者も太鼓判を押したほど。なおキャスティングは旧OVA版より一新された。

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。