渡辺猛おすすめアニメランキング 5

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの渡辺猛成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月06日の時点で一番の渡辺猛おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

63.0 1 渡辺猛アニメランキング1位
Petshop of Horrors -ペットショップ オブ ホラーズ(TVアニメ動画)

1999年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (24)
113人が棚に入れました
『Petshop of Horrors』(ペットショップ・オブ・ホラーズ)は、秋乃茉莉によるファンタジー漫画、またホラー漫画。 アメリカは南海岸の大都市にあるチャイナタウンに、どんな動物でも手に入ると噂される、ペットショップ「COUNT D」があった。その店番をつとめる、通称「D」と呼ばれる謎めいた中国人を中心に、ペットショップにやってくる客と彼らの買っていったペットたちのおりなす、ミステリアスなファンタジー。

ワドルディ隊員 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

取り扱う品物が人間のココロからペットに変わった笑ゥせぇるすまん

この作品は、秋乃茉莉氏の漫画を原作としたOVAである。
作品名はアメリカのB級映画リトル・ショップ・オブ・ホラーズと
似通っているがまったく別種だと考えていい。
それを前提に視聴すると後悔することになる。

あらすじを一行で言い表すと、ペットショップの店主を務める
Dの元に客がやってきて、彼らの求めるペットを与えるというもの。
タイトルにも記載したように、内容が笑ゥせぇるすまんに
非常に似通っているため人間の闇や業が垣間見える作風となっている。
作者が笑ゥせぇるすまんの影響を受けているのは間違いないだろう。

私が個人的に好きなエピソードは
Daughater> Despair>Delicious>Dualの順番だ。
それぞれのエピソードについて個人的に感じたことを下記に示す。

Daughter

ここで登場するペットはウサギ。ホラー映画に精通している人
ならすぐに気づくだろうが、内容は映画グレムリンに
通ずるものがある。いや、むしろグレムリンのオマージュ
といった方が正しいか。三つの誓いを立てるのも一緒だし。
一番好きな理由だが、ここのウサギが他のペットと比較
しても、異様なまでの恐怖を感じたからだ。
結局は、ペットの飼い主が言いつけを守らなかったのが原因だけどね。
叱ることの大切さを学んだ回でもある。

Delicious

ここで登場するペットは人魚。他のエピソードと比べても
ドロドロした恋愛劇としての側面が強かったように思う。
まるで、昼ドラを見ているかのような錯覚に陥った。
浮気は良くないというのを改めて認識した。
最後だけ見ると、バッドエンドにも見えるが、飼い主は
割と満足しているようだし、結果オーライということでいいかな?

Despair

ここで登場するペットはトカゲ。この回では、飼い主が
最後までとことん報われない。
ペットを守るためにオーディションに奮闘するが結果むなしく落選。
失意のあまり彼が取った行動を見て、悲しい気持ちに
させられた。切ない。仮に私が、彼の立場になったら、同じ
行動をとるだろう。最後の落ちが特に印象に残っている回。

Dual

ここで登場するペットは麒麟。念のために言っておくが、
首と脚が長い哺乳類の事ではない。意外にもDがほとんど
登場しないのが大きな特徴。
(彼らの出番をもっと増やしても良かったのではと
思ったのは私だけではないはずだ)
「本当の幸福とは何ぞや」をテーマにした回となっている。
他の回と比べても、ホラー要素はほとんど薄いので
それを期待してみると少しがっかりするかも。
珍しく、ハッピーエンドで終わるので一番
見やすい回であるのは間違いない。

想像していたよりも、かなりホラー色が強い良作OVAであった。
但し、尺が短いので、自分としてはもう少し話数を増やしてほしかった。
そうすれば、この作品にかなり没頭できたのに。勿体ない。
笑ゥせぇるすまんの前口上として視聴するなら全然ありだと思う。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 13

イシカワ(辻斬り) さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ショートショート小説的作品

年齢不詳の中国人にして、実は伯爵という謎の人物が経営する「カレントD」を中心とした作品群。
作品内の登場人物、ペットの購入者の人間関係や状況と、Dから紹介されるペットとは非常に密接かつ重要な繋がりがあり、両者は物語のラストにおいて、Dから発せられる言葉により、結論づけられるという一連の流れに特徴がある作品。
Dの中国人的な風貌を表すに、まず怪しげな服装、というものがあげられる。中国人らしさをアピールするためにアオザイを着込んでいるが、黒髪・長髪の中性的美男子で、店内は暗く、ごく普通のペットショップとは異なり、客から「商品」が見えないようになっている。
これらを参考するに、「怪しげな感覚」を出すための工夫がなされているのがわかる。古い推理小説のセオリーでは、解決方法に中国人を出さない、と記載されているものがある。つまり、非現実的、形而上学的な超能力がトリックに用いられるべきではない、とした理論に基づいて記載された、当時の思考に行き当たる。
商品が奥に隠されているのも同じことで、Dは客と対応してから適切と思われる商品だけをチョイスし、接客している。第二次世界大戦中には既にD自体は存在し、漫画版では日本の東京、新宿でも店を開いているという設定からしても、「怪しげ」の理屈は変わっていない。
もう一つの大きな特徴は、Dから紹介される「商品」には大抵「取り扱いの注意と、契約書」が説明される点である。映画「グレムリン」でも可愛いペットであるモグアイと呼ばれる奇妙な生き物、愛称ギズモがグレムリンになってしまわないように、三つの誓いをさせられている。筆者の憶測に過ぎないが、映画グレムリンでも取り扱っているのは怪しげなチャイナタウンの骨董品売り場であり、カレントDの元ネタになっているのではないかと考える次第である。稀に取り扱い注意と契約書がない回も存在するが、ディフォルト設定では契約がなされ、それが客の人間関係から破られ、結果的にホラーな展開に発展する。
ペットは必ず人間関係の隙間を埋めるものとなるが、それは危うい橋を渡るようなもろさが潜んでいる。実は、ペットは特殊な人間関係の中にあるからこそ引き立つのである。
シナリオそれ自体は、一話完結式なので、毎回覚えておかなくてはならない伏線は存在せず、安心して視聴できる。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 12

……keniee…… さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ホラーと名がついているので観てみたショートです

ペットショップとホラーを
結びつけるもの
それは

お客様がきて
購入して帰るペットが…

という話ではありますが…

もうひとひねりほしかったです
ホラーといっても
怖いわけではありません

短編をみつけては
視聴しておりましたが
う~ん
お薦め度が測れません…

短編 全4話ですので
お手軽です

投稿 : 2019/11/30
♥ : 11

64.2 2 渡辺猛アニメランキング2位
プラレス3四郎(TVアニメ動画)

1983年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (14)
78人が棚に入れました
21世紀に入っても続編のコミックが展開されている原作者・牛次郎と漫画家・神矢みのるの『プラレス3四郎』をもとにしたアクションアニメ。“プラレス”とは超LSIを有する模型ロボット同士の格闘技バトルのこと。プラレスに関して天才的な技量を持つ少年・素形3四郎は、自分の分身といえるプラレスラー柔王丸をコンピューターで操作し、ライバルである黒崎のマッドハリケーンらと戦う。だが世界の陰ではプラレスを別の目的に転用する計画が進んでいた。

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

プラレス小僧の3四郎(…と、当時ふざけて言っていた)。

少年マンガ原作(週刊少年チャンピオン連載)の近未来SF作品。

プラレスは「プラモデル」+「レスリング」の造語で、文字通り小型のロボットがリング上で戦う。

ちなみに「プラ」って言ってるけど強化セラミックが使われていたり、微妙にプラモデルではないような気もしますがまあそこはどうでも良かったり。

主人公の素形3四郎(すがたさんしろう)は自作のプラレスラー柔王丸(じゅうおうまる)のオーナーで中学生。

本作ヒロインといえる吹雪今日子(ふぶききょうこ)とプラレスラー桜姫(さくらひめ)の他、多くの仲間やライバル、プラレスラーが登場します。

古い作品ですがストーリーの根幹に絡む敵が使用するウラカン・シリーズをはじめ、プラレスラーのデザインは意外と良かったりします。

技術そのものに善悪はなく、使う人間の問題であるという普遍的なテーマに沿ったストーリーもそこそこ楽しめるので、当時のTVシリーズ作品としてはけっこうお勧め。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 12
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

ゆめそうさワァン!

プロレス+プラモ=プラレスという競技を素直に楽しんでいるものがいる中その力を悪用しようとしている人もいて・・・って話。

前半=面白い シーラが三四郎を狙う理由が判明するあたりから=微妙な回が多い
ラスト3話くらい=なんとか取り戻した。
今回見直した印象としてはこんな感じでした。
微妙に感じた中盤はシーラやシーラの子供方面に重きを置く一方、
敵が組織関連のものが直接三四郎を叩き潰しにきてる事が多くて
自分なりのこだわりを持っていたり、
かつて助けた女の人のだと気がつき戦闘をやめるといったドラマが
あったりした前半の敵キャラに比べて魅力が薄かったからかなー。
{netabare}(だからこそ終盤で前半の敵たちが仲間として集まってくる展開が嬉しかったです!){/netabare}

それでも見ていられたのは黒崎さんのおかげですねー!
最初はせこい悪役みたいなイメージだったのが
だんだんと良きライバルになっていくのがいいですよね・・・!
自分は11話で好きになりました。 {netabare}まだ視聴者側にはせこい悪役なイメージしかなかった頃に
三四郎を倒すのは自分だと助けに入り、
助けに入ったわけじゃないと言いつつもお互いに笑みを交わすという
もうこの回だけで本作で一番好きなキャラクターまですでに上り詰めてました。 {/netabare}

あとはおじいちゃんのキャラも良かったですね。
最初は三四郎のプラレスをよく思ってなかったんだけど、
一見頭が固そうに見えて頑張ってることはきちんと認めていて
前はテレビ観戦するのにも意地張っていたのが終盤では試合始まると言われたら
ダッシュでテレビまでいくようになるとかいいキャラしてますw。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 4

kuroko85 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

プラレスラーのデザインが好きでした。

確か、当時少年チャンピオンに連載されていたと思います。
プラレスとはリモコンで扱う人型のロボット(プラモデル?)で
格闘(プロレス?)を行う事で、
主人公のプラレスラーは柔王丸だったはず。
(名前の通り柔道着を着ていましたが、頭にはヘルメット)
最初の強敵は、きもい大男黒崎の大型プラレスラー・マッドハリケーン
(黒い戦車のイメージ)。
そしてお約束のイケメン面ライバル成田のイカロス・ウイング。
(なんかつるんとしたロボットでした。)
そして最強の敵(でも操縦しているのは美少女)エル・ウラカン。
このエル・ウラカンはベースが格好良かったにも関わらず、試合の度に
いでたちが変わるのが、当事は格好良く感じました。
(いかにもメキシコ人プロレスラーがつけるような、
インディアンのような飾りとか、、、)

投稿 : 2019/11/30
♥ : 4

計測不能 3 渡辺猛アニメランキング3位
蒼き流星SPTレイズナー ACT-3 刻印2000(OVA)

1986年10月21日
★★★★☆ 3.7 (5)
33人が棚に入れました
85~86年に放送されたロボットアニメ『蒼き流星SPTレイズナー』の新作OVA。TV版では描かれていない終盤の部分を、改めて制作した真の最終回というべき内容である。 地球へ侵攻した異星人グラドス。だが意外にも両者は起源を同じくした兄弟種といえる関係であった。これを知りながらも秘匿していたグラドスの支配者グレスコ、そんな父に対してル・カインは我を見失ってしまう。ル・カインにとってグラドスこそが優良種で、地球人という劣等種を管理することが自分たちの役目だと信じていたのだ。そんな彼は激昂して父を射殺。グラドスと地球の悲劇をこれ以上拡散させまいと、二つの惑星の間に生まれた美女ジュリアが持つペンダント=刻印が発動する。ル・カインとジュリアの弟エイジ、因縁の二人が宇宙で最後の戦いをはじめた……。 TV版の構想時にエイジの乗る主役SPT(巨大ロボット)のレイズナーは可変タイプの新型機レイズナーMk-IIへバージョンアップされる予定だったが、本作でもTV版の実際のラストを踏まえて強化型(ニュー)レイズナーが登場するに留まっている。

声優・キャラクター
井上和彦、江森浩子、梅津秀行、鹿股裕司、鳥海勝美、平野文、戸田恵子、原えりこ、堀秀行、横尾まり、塩沢兼人

計測不能 4 渡辺猛アニメランキング4位
OH!Myコンブ(TVアニメ動画)

1991年春アニメ
★★★☆☆ 2.8 (3)
28人が棚に入れました
1990年代のグルメブームの波に乗り、『コミックボンボン』と『デラックスボンボン』で連載されていた同名の料理漫画(原作:秋元康、作画:かみやたかひ)を原作としたギャグコメディーアニメ。主人公の「なべやきコンブ」が、「OH! MYコ~~ンブ」等と叫びながらお菓子やジャンクフードを使った数多くのユニークな創作料理「リトルグルメ」を作りだし、ライバルと料理勝負をしていく。 当時、作品の影響で市販の菓子などを用いた子供でも作れる手軽な料理であったリトルグルメが読者であった小学生を中心にヒットした。

ザカマン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

秋元康の黒歴史

プリン+醤油でウニ味 みたいな話
ボンボンの漫画の方は読者のおすすめレシビが掲載されたり面白かったが・・・

投稿 : 2019/11/30
♥ : 1

計測不能 5 渡辺猛アニメランキング5位
RIKI-OH 力王 等括地獄(OVA)

1989年6月25日
★★★★☆ 3.9 (2)
9人が棚に入れました
大ヒット作品『高校鉄拳伝タフ』などでも有名な、格闘漫画の第一人者・猿渡哲也の代表作のOVA化。 近未来の東京。民営化された私立国分刑務所に収監される雑賀(さいが)力王は、囚人ながら正義と義侠心に厚い若者だった。だがそんな力王が目障りな刑務所の運営者たちは、彼の抹殺を計画。同じ囚人にして高い戦闘力を備えた鳴海と黄泉を刺客に送り込む。「お前の悪事はおれが地獄へ運んでやる!!」の決め台詞を放ち、襲い来る敵を迎え撃つ力王。その戦いの行方は? 原作序盤の第13話までをベースにアニメ化。ただし45分の中編作品だけに物語は相応に整理され、原作では四天王だった刺客が半分の二人に減っている。アニメ制作はマジックバスが担当。監督の出崎哲は、原作から継承される刺激的なバイオレンス描写はアニメ前半にまとめ、物語後半はストーリーの面白さ、スケールの大きさに観客の目が行くよう演出の工夫を心がけたという。

きききき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

覚悟のススメと北斗の拳が融合したような作品

見る人によってギャグと感じるバイオレンスシーンやグロテスク満載だが、悪人が無残な形で散っていく姿は見てて爽快でした。
もっと見たいですね

投稿 : 2019/11/30
♥ : 1
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ