無声おすすめアニメランキング 10

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの無声成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月15日の時点で一番の無声おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

59.7 1 無声アニメランキング1位
注文の多い料理店(アニメ映画)

1993年8月3日
★★★★☆ 3.1 (16)
115人が棚に入れました
 童話作家・宮沢賢治の同題作品をおよそ20分弱の短編アニメ化。アニメーション作家・岡本忠成が5年の歳月をかけて製作し、その途中で急逝したため、美術作家の川本喜八郎らが岡本の意思を継いで完成に至らせた。 猟に出たのはいいが、山奥で道に迷ってしまった二人のハンター。霧の中、二人は「山猫軒」という西洋料理店にたどりつく。これで一息つけると安堵した二人だが、店内に入るや「身なりをきれいにしてください」や「銃と弾をおいてください」などの細かい注文を次々と要求されることに。さらには「牛乳のクリームを体に塗ってほしい」と注文される二人だったが。 本作は全編を通じて絵画を思わせる陰影の濃密なアニメーション映像を創造。文化庁優秀映画作品賞をはじめ多くの賞を獲得している。その作画には奥山玲子や泰泉寺博ら古参のアニメーターが多数参加した。

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

世にも奇妙な物語

アニメーション作家・岡本忠成氏が5年の月日をかけて制作し、
その途中で急逝されたため、美術作家の川本喜八郎氏が
意思を継いで完成させたという作品。

全体通して、コーヒーブラウン系の落ち着いた色合いの
色鉛筆画のような繊細なタッチの作画のせいか、
読んでいた絵本の中の挿絵が動き出したような感覚がある。

物語は、原作である宮澤賢治の童話『注文の多い料理店』そのもの。

山の中の林へ迷い込んだ猟師2人が、
霧の中から現れた山猫亭という西洋料理店に入り、
誰にも会わないまま次々指示される通りに店内を進んで行くと、
衝撃的な事実を目の当たりにする、というホラーめいたお話なのだが、
セリフがないまま、ほぼ効果音と映像だけで進行していくので、
静まり返った誰もいない店の不気味さがすごく伝わってくる。

山林を吹き抜ける強い風の音、
薄くたなびく霧や静寂を打ち破る突然の鳥の鳴き声、
音程の狂ったアンティークの大きなオルゴール、
ほの暗い廊下や窓がひとつもない店内の閉塞感。
これから何かが起きるぞ的な期待感はバッチリ。

でも結果的には単純な話なので、期待しすぎは禁物。
この物語自体、結末までの演出を楽しむ作品だと思うので。
20分という短さはちょうど良かったのではないかと感じた。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 35

Baal さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

まあよくできているんじゃない・・・

有名な小説家宮沢賢治の注文の多い料理店

を20分弱の短編映画にした作品です。

原作は結構怖かったが、この短編映画は

その感覚を見事に再現してくれていました。

このセリフのない感じが際立たせている

ように思いました。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 15

大和撫子 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

身震いする恐怖が・・・

かの有名な宮沢賢治の作品を約20分のアニメ化した作品。

◆この作品の内容は・・・
山奥で狩りをしていた二人の男がとある料理店で恐怖を体験するホラーアニメです。

◆怖いです・・・
セリフは一切なし。
この演出と寂しいBGM、絵画調の作画がこの作品の雰囲気を薄暗く身震いするような怖さを引き出していました。
森の中での動物達の鳴き声・草木を踏む音・風が木を揺らす音などが山奥の寂しい雰囲気を良く表現し、霧の中から突如不気味な建物が現れます。
その建物に入った二人の男の運命は?
下手なホラーアニメよりよっぽど怖いかも・・・。
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルブル
夜中の3時頃などに視聴すると夢に出てきそうな作品ですね。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 14

66.3 2 無声アニメランキング2位
つみきのいえ(アニメ映画)

2008年10月4日
★★★★☆ 3.7 (198)
895人が棚に入れました
海面が上昇したことで水没しつつある街に一人残り、まるで「積木」を積んだかのような家に暮らしている老人がいた。彼は海面が上昇するたびに、上へ上へと家を建て増しすることで難をしのぎつつも穏やかに暮らしていた。ある日、彼はお気に入りのパイプを海中へと落としてしまう。パイプを拾うために彼はダイビングスーツを着込んで海の中へと潜っていくが、その内に彼はかつて共に暮らしていた家族との思い出を回想していく。

声優・キャラクター
長澤まさみ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

老人と海

今にも水没してしまいそうな世界で、
老人が1人暮らしている。
彼は街の水面が上昇するたび、
積み木を積み上げるように部屋を造り、
思い出の写真を眺めパイプを燻らす。

海に潜る。
静かにそっと心の奥底にある大切な記憶。
人生とは思い出を上書きするものではなく、
積み重ねることだ。
時には消し去りたい辛い記憶もある。
辛い記憶は時間が解決してくれるのだろうか。

光を、もっと光を。

小さなことに目を配る。
小さなことひとつひとつに愛を込める。

世界の見え方が変わる。
希望はたしかにそこにあるのだ。

素敵な絵本を見つけました。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 46

takumi@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

言葉など必要ないんだ。充分伝わるから。

静かに流れる時間、
ときどき流れる穏やかな音楽。
海の底に沈んだ、おじいさんの深い思い出と家族の歴史。
積み木を積んだような家は、人生そのもの。


2008年に発表された加藤久仁生監督による日本の短編アニメ。
音と映像だけでじっくり魅せる12分間。

日本語版では長澤まさみさんのナレーションが入るようだけれど、
正直言うと、ナレーションは必要ないんじゃないかと。
(もちろん、世界に伝えるためには必要な部分もわかりますが)


実はこの作品、自分の場合は絵本が先で。
だけどアニメーションで観たこの物語のほうがずっと、
心に深く刻み込まれている。
言葉がなくても充分、伝わるものがあるんだなって思った。

とても短いし、レヴューもあれこれ書かないほうがいいほどで。
ぜひ、まだ観てない方は一度ご覧になってください。

セピア色の濃淡、明暗が懐かしく、せつなく、
そしてやさしく包んでくれます。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 39
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

12分で語る「人生」

2008年、加藤久仁生監督による短編アニメーション作品。
「La maison en petits cubes」というフランス語のタイトルがついています。

水に沈みゆく町に住む一人の老人。
彼は、レンガを積み重ねることで生活空間を作っていくが、あるとき、お気に入りのキセルを落としてしまう……。

同じ短編アニメーションの「rain town」と、似たような雰囲気があります。

「rain town」のレビュー → http://www.anikore.jp/review/404459/

CGで描かれた美術的な美しさや、臨場感が「rain town」の特徴。
色鉛筆で手描きしたかのような味のある動き、また、内容のわかりやすさが「つみきのいえ」の特徴。

{netabare}
キセルを拾ったあと、2番目の扉を見つけた時に「あっ!」って声が出ちゃいました。
これから人生を遡っていくのだなと。
{/netabare}
過去を思い出すきっかけは、ふいに訪れるんですね。
そして、思い返し始めたらたら止まらない。
{netabare}
海底についたときに見えた、海の中に沈んだたくさんの家。
過去の暖かい思い出と、失ってしまったものへの悲しさが同居した、切なくも美しい風景でした。

その上に成り立つ、いびつながらも高い「つみきのいえ」。
老人の過ごしてきた、長くてたくさんのことがあった人生がうかがえます。
{/netabare}

わずかな時間で表現する「人生」がテーマの作品。
短くも濃い12分間でした。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 29

62.8 3 無声アニメランキング3位
rain town [レインタウン](TVアニメ動画)

2010年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (159)
774人が棚に入れました
2010年度に京都精華大学マンガ学部アニメーション学科の学生が卒業制作として作った約10分の短編アニメ。その街はいつからか雨がやまなくなって人々は郊外や高台に移り住んでいった。「rain town」。人々の記憶の底に沈む 忘れられた“雨の街”へ時折、誰かが迷い込むという…。

takumi@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

雨の美しさとせつなさ

京都精華大学マンガ学部の石田祐康氏が
第5回TOHOシネマズ学生映画祭の短編アニメーション部門で
グランプリと特別賞のROBOT賞をダブル受賞した作品。

まず、音がとても美しく、
同じフレーズを静かに繰り返すピアノのメロディーとともに、
なかなか止まない雨が表現されている。

音は雨だけでなく、水溜りに足を踏み入れる子どもの足音や
ロボットの足音など とてもクリアで、ヘッドフォンで聴いていて
ちょっと感動してしまった。

物語は切ないけれど、夜明け直前のような、雨に霞んだ景色の
ブルーの濃淡も美しく、光の加減もしっとりしていて、
そこかしこにある潤いが、心をやさしく包んでくれる。
そんなブルーの雨の世界に、黄色や赤のレインコートが
ピリリと利いていた。

短い時間の中で、実に多くのことが語られているが
それも観る人の感性によって受け取り方は色々でいいと思う。
何度観ても飽きない。

10分間の詩情あふれる作品。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 36

ゆりなさま さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

目を瞑れば私も雨の中。

セリフは一切ありません。
映像と音で作られた約10分のオリジナル作品です。

雨の音や水の音がすごく鮮明で
ヘッドフォンから聞こえる音は
私自身も雨の中にいるような感覚・・そのくらいリアルでした。

結局この作品が1番何を伝えたいのか、
バカな私にはわかりませんでした。

でもセリフはないけれどシーンごとに登場キャラの気持ちが
伝わってくるような気がしました。
ロボット?の記憶がすごく切ないと思いました。
ずっと待っていたんだね。
あの記憶はきっとあのおばぁちゃんの子どもの頃だったのかな・・
なんて思いました。

見終わった後も雨の音がすごく耳に残ってました。
水の音って改めて聴くとすごく綺麗。
作画も細かくてよかったと思います。

短いので時間がある時チラッとみても損はないかと思います♪

投稿 : 2019/12/14
♥ : 30
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

10分で語る「記憶」

2010年、京都精華大学マンガ学部アニメーション学科の作品。

これはすごい!
アニメや芸術に疎くてもわかります。

……鳥肌が立ちっぱなしだったからです。
体は嘘をつきませんよ。

どのシーンで止めても、絵画のように見える美しい映像。
まるでそこに自分自身がいるように錯覚する音響、そしてカメラワーク。
冷たく、もの悲しい雰囲気の中でも、どこか暖かさや希望を感じるお話。

セリフのない10分弱のアニメーションにもかかわらず、実際にそこに立って、誰かの書いた詩でもを読んでいるような気分になります。


雨が降り止まず、どんどん水がたまっていく街「rain town」。
その街で、ひとかけらの「何か」を持ち帰った少女。
{netabare}
それが、冒頭の部屋の中で使われている。
それでころか、街にあったポスターや看板など、ほとんど全てのものが部屋の中に飾られています。
{/netabare}
数々の記憶に埋もれていくガラクタのような思い出。
そんなものであっても、今でも心のどこかで根付いている。
私はそう解釈しました。

アニメというより芸術作品、といったほうがしっくりきますね。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 45

65.5 4 無声アニメランキング4位
ウサビッチ シーズン1(OVA)

2006年1月1日
★★★★☆ 3.8 (137)
750人が棚に入れました
ロシアの監獄に閉じ込められたウサギのキレネンコとプーチン。希望のない暗い毎日のはずなのに、なぜかのほほんお気楽な収監ライフを満喫中。時には看守とのイザコザから、ユルくて楽しい毎日が意外な大さわぎに発展したり……。リズミカルな展開の中にドタバタが満載! そしてトラブルはてんこ盛り! 独特のセンスで定評を集めるカナバングラフィックスが制作を担当した良質のシチュエーションコメディ。

ゅず さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

人気があるだけと思っていたら大違い

最初、イラスト的に喰わず嫌いになっていたんだけれど
スターキャットで一挙放送をきっかけに見たら
これ面白いじゃん
となった


短編アニメになっているんだけど
キャラクターも設定凝っているし、音楽面、物語もいい。

全話1週見てみればわかる面白さ

投稿 : 2019/12/14
♥ : 9

雛四季 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

短編3Dアニメーションの中で一番面白い!

一回数分で終わる短い内容の作品ですが、一度観ると忘れられない「味」があります。
設定も面白く、台詞なんて全然ないのにどんな感じの内容なのかがはっきりわかる解りやすさ。
そしてそれぞれのキャラ立ちがはっきりしていて面白いです。
現在シーズン3まで出ています。1シーズン3000円もしないので是非DVDを買う事をおススメする作品です。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 3

huu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

おそロシア

アニメで爆笑したのはこれ位。
1話1話の時間も少ないので暇つぶしに見たいときとかにおすすめ。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 3

64.5 5 無声アニメランキング5位
ねこぢる草(OVA)

2001年2月21日
★★★★☆ 3.5 (117)
479人が棚に入れました
本作が制作される前に他界した漫画家・ねこぢるによる『ねこぢるうどん』の各場面をモチーフに、幻想的かつ暴力的な世界観を表現したアニメがオリジナルビデオアニメーションになって登場。ある日、ねこのにゃっ太は、病に臥せっていた姉のにゃーこが死神に手を引かれて家を出て行ってしまうところを目撃する。にゃっ太はにゃーこを連れ戻そうと奮闘するも、にゃーこは魂の半分を死神に奪われてしまった。それ以降、にゃーこは生気が抜け、腑抜けたようになってしまう。そんなある日、何気なくでかけたサーカスのテントで、2匹は現実と妄想が入り混じった不思議な世界に巻き込まれてしまう。こうしてにゃっ太は、偶然にも元気なにゃーこを取り戻すための冒険に繰り出すことになったのだった。

お寿司ちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

不条理でシュールでサイケなカタストロフィ

10年位前に見ようと思って、そのまま放置してしまっていた作品。
アニコレの棚見ていて他の方のレビュー読むと、
30分くらいのショートアニメでサクッと見れそうなので早速。

原作者のねこぢる死後の作品にもかかわらず、
過剰で不条理なねこぢる節はしっかり描ききれていた。
その上、単なる輪廻転生ではなく人間存在の宿業までをも、
サイケデリックでダウナーなテンションで紡いでいく映像に圧巻。

とにかく、鬱、グロ表現が過剰。
主人公が、人ではなく動物におきかえることで、
さらに凶暴さを加速させている。

元々、鬱で救いようのないカタストロフィーの連鎖の世界感は、
アニメにすることで、原作漫画以上に、
夢の深淵のようなシュールで幻想的世界観をつくっていた。
(ガロの逆柱いみりとかの漫画をロードムービーに仕立に
したような感じ?)

どうやら、四畳半神話体系でも有名な湯浅政明が、
監督を手がけているようだ。
かなり特殊なものの、映像は本当に素晴らしい。

ただ、技術的な面を除いて、この手の作品は、
気難しく構えてみるのでもなく、
シュールなサイケデリックの文脈で観るべきだと思うので、
「何でこれが、こんなことになるの?」とか、
「なんでこれが、こんな形してるの?」とか、
ゲラゲラ笑いながら面白さを見つけるべきだと思う。
なので、映像自体も、日本より海外の方が需要がありそう。
アングルやレイアウトなどの演出も、10年前のアニメにしては、
かなり先を行っていたんじゃないかと思った。

当時、2001年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で
優秀賞を与えた審査員の審美眼は、色んな意味ですごいと思う。

こういった点から、アートよりのシュール作品が好きで、
サイケな映像を楽しめて、尚且つ、鬱グロに耐性ある方以外は、
面白くもなんともない作品ではないかと。

自分的には、たまたま思い入れもあったので、大当たり。


重症の鬱グロ作品を求めている方なら、
ねこぢるの夫(現ねこぢるy)の鬱グロの最高峰漫画家 山野一
の漫画が最凶なのでオススメです。
「四丁目の夕日」「夢の島で会いましょう「混沌大陸パンゲア」」など、
生きていくのが嫌になるほど人間の負を見せつけられる大名作。

絵もえげつなくて汚いし、人生のトラウマになる悪書なので、
読まないほうがリアルに支障をきたさないと思われます。
山野氏の漫画は、所持してるだけで人格を疑われるレベル(笑)

投稿 : 2019/12/14
♥ : 18

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

考察したい人向けの難解さが面白い作品

ねこぢる原作だが、ねこぢる氏が亡くなられた後、制作された
ものすごくシュールなオリジナルショートアニメ作品。
2001年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門にて優秀賞を受賞した。
作画、演出、脚本は湯浅政明、監督は佐藤竜雄。

キャラクター自体は、キモ可愛い部類に入ると思う。
物語も、病気で寝込んで魂の半分を死神に取られてしまった姉の
にゃーこを助けるべく、さまざまな試練を越えていこうとするロードムービー。
残酷で、ちょっとグロで不可思議な独特の世界感に観ていて圧倒される。
一見すると脈絡のない、支離滅裂な映像の連続なのだけれど、
根底には深いメッセージも込められているのだろうことはわかるし
そのあたりを深く考察したい人向けな作品とも言える。
僕も考察レビューとしてあらためて編集してみようかと思っているけれど、
今現在集中できない環境下にあるので、またの機会に(苦笑)

にゃんこが主人公だからといって決して子ども向けのカワイイものではなく、
残虐、残酷、不気味さを苦手とする方にはおススメできない。
逆に、幻想的で狂気じみたシュールな雰囲気やアート的な作品が好きな方は
一度ご覧になってみることをオススメ。

個人的には、そういったブラック的な独特の世界も含めて、
ねこ目線の低いアングルから捉えた視界や、昭和中期頃のノスタルジックな風景と、
擬人化したねこの家族をけっこう楽しめた。
セリフはほとんどなく、意思表示はほんの時たま登場する吹き出しだけで、
語りすぎるナレーションが入るわけでもないので、その静けさがなおさら
この作品の抽象画のような雰囲気を引き立てているようにも感じた。

30分程度の短さなのに、考えれば考えるほど時間が経ちそうな物語。
観る人を選ぶ、好みの大きく分かれる作品とも言う難解さ。
こういうのが好きな人、きっといるよね?

投稿 : 2019/12/14
♥ : 43
ネタバレ

にゃんた さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

なん・・・だ・・これ・・は

ラブリーなニャンコ姉弟が大活躍!
「にゃっ太」は姉の「にゃーこ」を救うため、冒険の旅へ。
そこで出会う様々な生き物達。緊迫感がありつつも、ホッコリするやりとり。
そんな雰囲気の中でも、しっかりとメッセージが込められていて意外と深みも感じられる!
心癒される、ハートフルニャンコ萌えアニメ!

・・・と思って視聴を開始した私が愚かでした。

エグい。グロい。悪夢。もうカンベンしてくれぃ・・・でも柔らかい。
地上波では放送できない内容。いや、OVAでもアウトじゃないだろうか。
宇宙の隅っこでならOKが出るかもしれない。

もう、どうレビューしていいもんか・・・。
象徴的なシーンのオンパレードで、これすぐには解釈できません。
人間社会への強烈な風刺、価値観の多元性・・・
などが描かれているシーンはいくつか拾えたのですが、
おそらく他の7~8割くらいは見逃している気がします。
エンディングまでメッセージ性の塊です。

制作はJ.C.STAFF。
くぎゅーくぎゅーアニメ作ってる方がよっぽど健全ですよ。
精神に風穴あけられるわよ!
そのふざけた幻想・・・に取り込まれる!!
・・・あーもう何書いてるか分かりません。
2周目に突入すれば解釈もできそうな気がしますが、
しばらく無理です。


「2001年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門にて優秀賞を受賞」(wiki参照)だそうです。
しっかり芸術作品として高評価されております。
あぁ文化庁。日本ってすごい国です。

・・・もうレビューになってない?
ごめんなさいごめんなさい。
気楽なニャンコ萌えアニメだと思って観た私が間違っていました。
あとは、皆さんに丸投げします。宜しくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★以下、2周目視聴後の感想を。ネタバレ要素を含みますので、視聴後にお読み頂ければと思います★
{netabare}
色々と救いの無いようなことがあるけれど、まだ半分。
引き返せるかもしれない。いや、方向を修正して進めばいい。
とはいえ、それでも、すべて正しい結果になるとは限らない。
私達の見ているものは、一方向からのものに過ぎないのだから。

2周目を観終わった時点で感じた、本作品の主張です。
でもまだ半分くらいしか消化していない気がします。
グロ表現に目を背けたくなりますが、背けてはいけない。
直視して初めて見えてくるものがあり、それを見るべきなのです。
{/netabare}
本当に深い作品。
初回視聴とは違う意味で
「なん・・・だ・・これ・・は」
という感想を持ちました。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 28

65.5 6 無声アニメランキング6位
ポピーザぱフォーマー(TVアニメ動画)

2000年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (75)
362人が棚に入れました
キャラクターや背景が全て3DCGで描かれている、キャラクターのセリフや字幕が一切無い短編アニメーション。瑞鷹とキッズステーションが製作。ヴォルフサーカス団の見習いクラウンで、ピンクのウサ耳付きの被り物に、赤白ストライプ、三本指手袋と尻尾付きの全身タイツの「ポピー」と、ポピーの助手である仮面を被りトランクス一丁の青い謎の動物「ケダモノ」らが、時には爆弾を炸裂させる、やたらと凶器を振り回す、銃を乱射するなど、シュールでブラックユーモア満載の作品。あまりに過激な内容だったため、放送局によっては、放送を自粛した回が存在する。

文葉 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

シュールな超上級者向けトラウマアニメ

「ポピーザぱフォーマー」
検索してはいけない言葉に何故かランクインしています。

瑞鷹(ズイヨー)とキッズステーションが製作したCGアニメ
最終話を除きキャラクターボイスによる台詞や字幕は一切無いのが特徴
ブラックユーモアありのコメディです。
グロというより・・キャラに狂気がにじみ出ていますが、
Wiki見ると・・「子供向け」らしいですよ(困惑)\(^^)/

6歳の時、キッズステーションで真夜中に見ていました。
昼じゃ放送できなかったのでしょう・・
それでも、何故か好きなアニメでした。
今ではちょっと信じられませんがたまに見たくなる中毒性があり、
(一部(11話27話)放送を自粛の回があります。)
一応ニコ動等で全話見れますが、
ミュート&コメ無しでの視聴は心臓に悪いので注意です。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 11

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

シュールギャグの隠れた名作

当初はこの作品、嫌いでした。
キッズステーション初のオリジナル。しかもオールGGで無声アニメ。
身の程知らずのCATVのチャンネルが、独自作が欲しくて背伸びして作ったショボイアニメなんだろう・・・と、バカにしてました。


でも、実際みたら目からウロコでした。
CGショボイ。声優もいない。金かかってない。萌えない。
だけど、すごい面白い!
シュールな笑いを表現するセンスが抜群にいいんです。

無声だから、このキモいCGキャラだから、ナンセンスギャグの世界にぴったり合ってます。


ぱっと見で敬遠する人も多いでしょうが、オススメです。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 9

ワドルディ隊員 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

子供向けとは思えないほどに過激なサイレントアニメ

このアニメは、キッズステーションにて放送されていた
5分枠の短編アニメである。

大きな特徴は、これでもかと言わんばかりにブラックジョークや
残酷描写が満載な点だ。
チェーンソーや銃が出るのは日常茶飯事であり、
ほとんどの回で登場人物が死亡するのだ。
しかも、しまいには自殺をするような回も存在するなど
非常に刺激的な作風に仕上がっている。

そういった理由から、みんなのトラウマ、検索してはいけない言葉
の1つとして取り上げられる程有名な作品にもなっている。

最終話を除き、セリフは一切ないがキャラの心情、行動が
視聴者にすぐ伝わるように制作されているので
その面で心配することはないだろう。

最初の頃は、ポピーとケダモノの2人をメインに話が進んでいたのだが
途中で登場する主要人物、パピーが出てくるのを機に
不条理さに拍車をかける展開へと発展していく。
ポピーとケダモノも中々外道なことをするのだが、
パピーはそれの遥か上をいく。色んな意味で強烈な
キャラクター達である。

ちなみに、放送禁止回が存在する。(当たり前だが)
11話と27話だ。特にきついなと感じたのは11話だろうか。
27話も結構来るものがあるが、11話よりは
まだ見れたような気がする。(?)

どれも好きな話だが、あえて一つに絞るなら
「HYPNOTISM」(催眠術)だろうか。
最初は、パピーがケダモノ達に催眠術を仕掛けるだけだったが
途中からパピーとポピーの催眠術合戦へと発展していくのだ。
作中の中でも相当強い(?)2人なのでとても見ごたえがある。
催眠術にかかっても、とっさの判断力で催眠術を解こうとする
のは流石といったところか。最後の落ちもすごく好きだ。誠に感服した。

OPは非常に癖が強いが、中毒性が高いので一風変わった曲
をお探しの方には一度聞いてみることをお勧めする。
恐らくはまるはずだ。

好き嫌いがはっきりしているアニメなので、上級者向けの
作品であることに間違いないだろう。お勧めする際は、気を付けよう。
私はとても大好きな作品だ。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 9

63.0 7 無声アニメランキング7位
幻想万華鏡 春雪異変の章(OVA)

2011年8月11日
★★★★☆ 3.8 (44)
207人が棚に入れました
同人サークル・満福神社新作「幻想万華鏡 春雪異変の章」がニコニコ動画で公開したアニメ作品。コミックマーケット80で頒布され、新作「幻想万華鏡 春雪異変の章」の内容が、満福神社よりニコニコ動画で公開されたもの。

myutan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

東方シリーズファンの方のみオススメェ。

です。
詳細は他の方のレビュー見てください(笑

東方プロジェクトに興味を持ったのは音楽からなんでチョー素人なんですが、
ミーハーでアニメも見てみようと視聴16分強。

物語は、東方シリーズの登場人物がわいのわいのするファン向けものです。

同人サークル満腹神社さんが制作したのですが、
作画は同人と思えないほど質高かったです。

音声無しの字幕だけですが、
セリフを1人で5役ぐらいやってる人をネットで発見。
声優志望かもしれませんが、うまかったです。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 5

てけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

本当に同人ですかい?

同人界隈では名前を知らない人はいないであろう東方Project。
その二次創作アニメ作品です。

今のところ出ているシリーズをまとめての感想です。

- 幻想万華鏡 春雪異変の章
- 幻想万華鏡 紅霧異変の章 前編
- 幻想万華鏡 紅霧異変の章 中編
- 幻想万華鏡 紅霧異変の章 後編
- 幻想万華鏡 花の異変の章 前編
- 幻想万華鏡 花の異変の章 後編

他にもMUSICPVあり。


東方Projectはシューティングゲームを中心としたメディアミックスです。
伝承や神話をベースにした独特なキャラ造形、良質な音楽、日本人好みしそうな世界観等、魅力あふれる作品です。
20年以上も続いている老舗ながら、作者の意向から商業ベースにはほとんど乗りません。
出ているのは本くらいです。


さて、二次創作ということで無料やら低予算で作られるのが普通。
レベルもピンキリありますが、やっぱり大きな予算の付く商業作品にはなかなかかないません。

んが……この作品、アニメーションのクオリティがやたらと高い!
綺麗だし、よく動くし、崩れないし。
予備知識無しでちらっと見たら、「あー、こんなアニメもやってたんだ」と余裕で勘違いできます。
原作のイメージも損なわない程度のキャラデザインで、とても見やすいです。


しかも続編が1年に1-2本ペースとなかなかの頻度で作られています。
それだけのハイペースで高い質を保つのはいかに難しいことか……。


どうやらこれには仕掛けがあるみたいです。
このアニメ、Fateシリーズなどを手がけているufotableのスタッフが関わっているとか。

つまりプロによる同人作品の可能性があり、もしそうだとしたら出来の良さにも納得がいきます。
大変なことには変わりありませんが、制作環境の面でやっぱり素人とは効率が違ってくると思います。
……といっても、噂レベルなんですが、詳しい方いらっしゃいますでしょうか。


なお、イメージの維持のためか、公式には声は当てられていません。
字幕オンリーで、視聴者の想像にお任せ。
ということで、声優に関しては評価不能です。

テーマソングにはこれまた有名なサークルの曲が利用されています。
原作の曲をアレンジしたもので、とってもいい曲です。

シナリオは……うーん。
原作の流れをざっと追ったものですが、ちょっと地味。
あくまで知っている人向けのお楽しみアニメですね。
これでストーリーも良アレンジされていたら感動モノだったんですが。

ですが、やっぱり一にも二にもアニメーションがすごい。


私は同人業界には詳しくないのですが、飛び抜けた作品であることには間違いないと思います。
公式でyoutubeに動画が上がっているので、お暇な方はどれくらいのものなのか、ご覧になってはいかがでしょうか。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 20

67.9 8 無声アニメランキング8位
スノーマン(アニメ映画)

1987年7月25日
★★★★☆ 3.7 (16)
76人が棚に入れました
イギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグスの原作を映像化したファンタジー・アニメーション。雪の降ったある日のこと。少年が1日がかりで作ったスノーマン(雪だるま)が真夜中に突然動きだし、少年と遊び始める。胴長短足のゆかいなスノーマンと少年の行動が幼い頃の思い出を思い起こしてくれたり、中盤に流れる主題歌の物悲しい歌声やラスト・シーンなど、子供よりは大人向けに作られたような作品で、クリスマス・イブに恋人同士で見るにはうってつけの1本。同原作者の「風が吹くとき」の主題歌を担当したデヴィッド・ボウイが本作を大変気に入り、案内役として登場するバージョンもある。
ネタバレ

ねここ時計 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ひと晩の奇跡

幼い頃絵本で読みました。その後、視聴しました。
大人になってしまってからみるよりも、
まっさらな子どもの心でみたほうが絶対に良いです。
私は、雪だるま…スノーマンは本当にいるのだと信じていました。

少年の作ったスノーマン。
部屋の窓ガラス越しのから眺めたときのスノーマンの後姿、
哀愁があってなんとも言えず好きでした。
大人になった今でも、あの後姿は焼きついています。

空を一緒に飛ぶ場面、印象的です。
一面 雪、雪、雪、まるで世界の行き止まりのその向こうまで雪なのです。

終わりがくることなんてないような、雪のようにひそやかな、、
たったひと晩のふたりきりの冒険。
{netabare}
最後スノーマンは溶けてしまう。。{/netabare}
切ない。けれど少年にとっては大切なひと晩でしたね。

少女の頃、私のためだけのとびきりな物語なんだ そう思い込んでました。

挿入歌
Walking in the Air
雪だるまと少年が空を飛ぶ場面で流れます。幻想的…!
この場面だけでも是非みてほしいです。
素敵です。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 19

Dkn さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

雪のともだちとの、大事な思い出。

1978年に出版された絵本を、全て手書きで描いた、
まるで絵本がうごき出すような感覚を味わえるアニメ。


雪が降り積もる一面白銀の冬のある日、
少年は大きな雪だるまを作る。

12時を回ったその時、雪だるまに命が宿った。

少年は雪だるまのスノーマンを家に招き入れ

いっしょに遊ぶことにしたようです。


この作品では鉛筆を使った柔らかいタッチと配色を
丁寧に動かすことで季節に反した温かみを表現しています。

スノーマンが可愛くてお茶目。頼りになるお兄さん的な
要素もあって、まるで兄弟のような2人が素敵です。

子供向けで夢のあふれた世界観ではあるのですが、
手描きかつ彩色もこだわっている手法でここまでやるかと
思うくらいアニメーションとしての出来が素晴らしく、
このサイトでは声優なる評価が入るために音声が無い
このアニメなどが割を食うのですが、アニメーションとして
ほぼ最高評価でも良いくらいです。

30分程度の尺ですし、お子さんが居る方はこの季節に
ピッタリのアニメーションだと思いますので是非どうぞ。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 11

ビアンキ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

最高の…

数年前にNHKで視聴。

同名タイトルの絵本のアニメ化作品
1982年製作。
日本では1986年にOVAとして発売された。


本作の魅力を書いてみる。


まず
アニメーション。
原作の絵本をそのままアニメ化したようなアニメーションは、チラチラして少々見づらいものの、
作画クオリティ、色使い、光の表現、
全てが丁寧で繊細で優しい。
作品にあった最高のアニメーションだった。

作品中ほぼずっと出てくる雪や、
ほんの少しだけ出るオーロラ等の描き方は特に目を引いた。

何よりも、これが1982年制作というところが一番の衝撃である。
この凄さは是非ご覧になって確かめていただきたい。



本作にはセリフがない。
その代わりに、常に音楽が流れている。
音楽は作品全体を色付けするとともに、作品中の効果音の役割も同時に果たしている。
どの曲も「音楽」としても「効果音」としても素晴らしかった。
セリフがないというのも、またいいものだとも思った。

そして忘れてはいけない
スノーマンと少年が空を飛ぶシーンで流れる
「ウォーキング・イン・ジ・エアー」

完璧だ 。もう完璧にマッチしている。
最高の演出だった。



シナリオ
単純なシナリオだが、上記のアニメーションや音楽も相まって、
凄まじい感動をもつものになっている。

夢のように見えて、夢ではない。
主人公の少年にとって、そしておそらく視聴者にとっても、最高の思い出。

夜に出会い、夜が明けて朝になり別れを描く。

この単純だが素晴らしいシナリオは、
たった26分で完全に完結する。

この続編など作らず、引き伸ばさない、
26分間に全力投球した当時のクリエーターの情熱。

作品と同じぐらい、この情熱も評価されるべきものだと思う。

(ちなみに最近30周年記念として続編が作られたようだけど、そちらも良かった。
まぁ30年も経てば新作のひとつも… ね?)


誇張抜きで、全ての人に一度は見てほしい名作です。
是非ご覧ください。
できれば冬にね。

下手くそな文章、お読み頂きありがとうございます。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 10

55.5 9 無声アニメランキング9位
このせかい(その他)

★★★★☆ 3.2 (20)
57人が棚に入れました
この世界の日常にある些細な美しさを主題にした、
二分のアニメーション作品。

offingbook さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

散歩にいこうか

ネット上で公開されている約2分間の自主制作アニメーション。

身近な世界の中にある美しさ。その中を生きる男性のモノローグ。音色。

僕等は生きていく以上、常にいろんなものに追われるように生きている。
時間だったり仕事だったり学業だったり。
悩みながら歩いて、そしてときどき、疲れて立ち止まってしまう。

でもほんの少し、目線をほんの少し変えるだけで、
この世界には、生きるに足り得る美しさが、たくさんあるんだよと、
教えてくれるような、そんなメッセージがこめられているのかなぁ、なんて。

すごく良いってわけでもないし、拙いところはあるのでしょうが、
商業作品でもない自主制作作品にいろいろ言うのは野暮かな。

作っている人の熱意や、メッセージがまっすぐに伝わってきて、
たまにはこんな作品も良いものです。

YouTubeで公開されています。興味があれば^^

https://www.youtube.com/watch?v=0L2ohjPDwgU

投稿 : 2019/12/14
♥ : 32

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

なにげない日常の中にある美しいもの

たった2分の映像の中、実写かと思うほど精密な作画と
小鳥のさえずりに共鳴するかのようなピアノのメロディが流れる中
なにげないいつもの朝の風景が描かれる。

ともすれば見逃してしまいそうなものを、主人公は毎朝
散歩しながらみつけているのかもしれない。
何より、カメラも携帯も持たず手ぶらでというのがいい。

僕も似たような朝の散歩をよくしているけれど、
大抵・・カメラを持ち出してしまう。
写真を撮り、その時の記憶を残しておこうという想いからなのだが
自分の目にやきつけて、その手で触れ、五感で感じながら包み込む世界を
美しいと思えるのも悪くないなと思った。

緑あふれる田園や森林、里山の風景ももちろん美しいが
都会の片隅にだって、ビルとビルの間から見える四角い青空や
窓に反射した朝日の輝きとか、水溜りに映った雲の形にハッとさせられたり
アスファルトを押し上げて咲いているたんぽぽをみつけたりすると
その逞しさに嬉しくなるし、素直に美しいと感じる。

繋がった空の下、僕らは呼吸をし生きている。
もしかしたらただそれだけでも、本当は素晴らしいこと。
この世界が、美しさで繋がっているならどんなに素敵だろう。
大げさなと笑われるかもしれないが、そんなふうに考えてみることは
人間として大切なことのような気がする。
あらためて、そう思わせてくれる作品だった。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 20

るぅるぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

今の生活どうですか?

2分の自主制作作品です。

何気ない日常シーン、ピアノメロディが重なって見せるメッセージは強く印象的。

「私達の傍には美しいモノがある、それに気づくことが難しい世の中ではあるけど、この世界は美しい」

少し心に刺さり痛かったですね・・・;
目的遂行が優先の日常でそこに至るまでの過程しか考えない私。

自分の世界に必死で余裕などなく
むしろ社会に振り回され続け疲れた私。

この世界を美しいと感じさせる自然。
田舎の緑あふれた森
都市郊外にひっそりと咲く花
大なり小あって、自然に変わらないけど気づかない。

少し理解しようと歩もうとする想いが、自分の世界に
色がつき美しくなるのかもしれない。

特別なことをする必要はなく、ゆっくり周りを見つめる時に
感じられる世界。

当然なことかもしれないけど、忘れてしまった想いが少し焦がされた気分になった。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 13

計測不能 10 無声アニメランキング10位
一寸法師ちび助物語(アニメ映画)

1935年5月8日
★★★☆☆ 2.7 (5)
11人が棚に入れました
1930年代に複数のアニメ作品を制作した旭映画社(旭物産合資会社映画部)による、約10分のアニメ映画。 大人の指サイズの剣士・一寸法師。彼は虫や蛙に見送られて川を上る。そして京の都で大臣に気に入られて家来となった。今日の一寸法師の任務は、外出する姫様のお供。だがその時、木の上から猿のような顔をした鬼が現れてお姫様を狙う。体は小さい一寸法師だが、冴えた頭で姫を守り、鬼に立ち向かうのだった。 政岡憲三のもとでアニメ作家としての修業を重ねた瀬尾光世が作画と演出を担当。開巻早々、御伽話の絵本の表紙から一寸法師が飛び出る演出など遊び心も楽しい(一方で、姫とともに外出する場面での一寸法師がかなり大きいサイズなのはご愛嬌)。本編もハイテンポでぶっとんだアイデアが続出し、特に一寸法師が即興で作った木のスタンプに自分の姿を写し、そのスタンプを押した複写で分身を量産するくだりなどケッサクである。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ