おすすめ牧口真幸人気アニメランキング 10

あにこれの全ユーザーが人気アニメの牧口真幸成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月23日の時点で一番の牧口真幸アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

61.2 1 ささめきこと(TVアニメ動画)

2009年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (173)
1181人が棚に入れました
優等生の村雨純夏は中学からの友人、風間汐に想いを伝えられず、悶々としていた。\nそんな二人のまわりには、食欲旺盛なブラスバンド部員・鳥追きより、少女ファッション誌読者モデルの朱宮正樹、蓮賀朋絵と当麻みやこの仲良しカップルなど、個性豊かな面々が集まっていく。\nある日「放課後を女の子だけで楽しく過ごす部を作ろう」という話になって…!?

声優・キャラクター
高垣彩陽、高本めぐみ、加藤英美里、清水彩香、原田ひとみ、斎藤千和、牧口真幸
ネタバレ

hiroshi5

★★★★★ 4.8

感想/アニメに置ける感情移入のパラドックス/同性結婚に対する社会的概念(オルバーマンのスピーチ)

私のアニメ歴史を塗り替えた作品。
個人的に感情の変化をもっとも繊細に描くのは恋愛物語で、その中でも「とらドラ!」と「青い花」が傑出している。
本音を言うと、この両作を超えることは難しいと思っていたのだが、「ささめきこと」は「青い花」に勝るとも劣らない良作だった。

音楽、声優、作画、キャラクター、そして物語。それら全てが抜群のバランスで「ささめきこと」の世界を構成している。
派手でもなく豪華でもない。しかし、見事に調和された作品内容は無駄を削げ落として、「死」さえも「美」に移し変える日本の伝統芸能にも似ている。

これほど洗練されて一貫性を保った作品も珍しい。

そして何よりも人間感情ドラマとしての表現が秀逸だ。
人間の心の中を表現する方法はいくらでもある。表情、行動、言動。
如何に視聴者に感情移入して貰えるかは以上の方法を駆使して、視聴者のリアルワールドと共鳴することができるかどうかに懸かっている。

「ささめきこと」は繊細な表情で細かい感情の変化を表現することに成功している。視聴者は手に取るようにキャラクターの感情を読み取ることができ、どっぷり「ささめきこと」の世界に浸かれる。

個人的にこの作品を特に引き立てているのが清浦夏実のOP「悲しいほど青く」だ。
歌詞やメロディー、透き通った声も素晴らしいが、OPの映像が気に入った。空を見上げるように上を向くキャラクター達。その姿はとてつもなく自然体で、見ている私を心の底から清らかにしてくれた。

この作品は是非「青い花」とセットで見て貰いたい。きっとあなたの心を純粋な感情で穏やかにしてくれるだろう。

■アニメに置ける感情移入のパラドックス
{netabare}
この作品ではキャラクターが画面の真正面に写ることが少ない。あったとしても、それは視聴者に向けてではなく作品内にいる誰かに向かってだ。

それは「ささめきこと」の世界がアニメ内で完結していることを意味するのと同時に、視聴者という存在の一切の介入を許可しないことも示唆している。

それが「ささめきこと」のキャラクターが自然体に見える秘密だと思う。演技染みていない。一つの現実をアニメという媒体を通して視聴しているような錯覚を覚える。つまり、感情移入し易い。


これがヒロインなどの可愛い笑顔を真正面から写すとどうしても視聴者に訴えかけているように思えてならない。

視聴者に入り込みやすいように、アニメと現実の境界線を暈そうとする行為は、逆にキャラクターが擬似感情を演出しているように思え、感情移入する妨げになることが「ささめきこと」を視聴すれば理解できる。
{/netabare}

■同性結婚に対する社会的概念
{netabare}
さて、この作品は百合の話な訳だが、皆さんは同性愛に対してどのような考えを持っているのだろうか?
アメリカは同性愛に対して寛容だと思われているが、案外そうでもない。今まで大変な戦いを強いられてきた。

私が住んでいるカリフォルニア州では一度同性結婚が法的に違法とされた。
その時、ニュースキャスターであるオルバーマンがしたスピーチは感動的であり、アメリカの人権と自由の歴史を象徴するような素晴らしい内容だ。アメリカの同性愛についてちょっとでも勉強したことがあるなら誰でも一度は聴いた事がある有名スピーチの日本語訳をここに貼りたいと思う。

同性愛に偏見が少しでもある人や同性愛について今まで考えたことの無い人は是非この文章を読んで欲しい。


{netabare}
最後に、お伝えしていたとおり先週カリフォルニアで可決された提案8号のことについて特別コメントをします。同性カップルが結婚する権利を廃棄する、というものです。同性婚問題に関する均衡がこれで揺るがされました。全米で、です。

前置きとしてわたしの基準を言います。これはエールを送っているのでもなく、駆け引きをしようとしているのでもなく、そして本当は単に提案8号のことでもありません。わたしにはこの問題に関して個人的な思い入れもありません。わたしはゲイではないし、自分の家族親族の中にゲイがいるかと考えると、ずいぶんと範囲を広げても考え込んでしまうほどです。近しい友人や同僚たちの中に彼らの暮らしにいまも影を落とすこの偏見と闘っている者がいる、という私的なエピソードもありません。

しかし、そうではあっても、この投票はひどい。ひどすぎる。なぜならこれはエールでも駆け引きでもなく、人間の心の問題だからです。もしこの言い方が陳腐だと言うならば、そう、陳腐で結構。

もしあなたがこのプロポジションに賛成票を投じたのなら、あるいは賛成した人を支持する、あるいはその人たちの表明する意見を支持するのなら、わたしはあなたに訊きたいことがある。なぜなら、ほんとうに、わたしには理解できないからです。どうしてこの問題があなたに関係あるんですか? これはあなたにとって何なんですか? 人と人との関係が長続きもせず一夜で終わってしまうような時代にあって、ここにいるこの人たちはただ、あなたたちが持っていると同じ永続性と幸福のチャンスを欲しいと思っているだけです。彼らはあなたに対し、あなたの関係を否定したいと思っているのじゃない。あなたたちからなにものかを奪い取りたいわけでもない。彼らはあなたの欲しいものと同じものを欲しいと思っているだけです。この世にあって、少しばかりでもさみしくなくいられるようなチャンスを、です。

それをあなたは彼らにこう言う──だめだ。そういう関係では結婚は許されない。ただ、行儀よくしているならば、きっと似たようなものなら。そんなに問題を起こさないなら、あるいは。そう、まったく同じ法的権利をあなたたちは彼らに与えようとさえするんでしょう。すでに彼らが持っていた法的権利を奪い取るのと引き換えに。彼らを取り巻く世界はいまも愛と結婚に重きを置くくせに、しかしあなたたちが言うのは、ダメだ、きみらは結婚できない。もしだれかがあなたは結婚できないと断じる法律を成立させたら、どういう気持ちですか?

ずっと聞いているのは、結婚の「再定義」ということばです。もしこの国が結婚を再定義してこなかったなららば、黒人は白人といまでも結婚できていないはずです。1967年時点で、16の州がそれを違法とする成文法を持っていたんです、1967年に。

この合州国の次期大統領になる人の両親は、彼らの息子がいずれこの国の指導者になろうと成長しているそのときに、この国の3分の1近くの州では結婚できなかったのです。いや、もっとひどいことがある。もしこの国が結婚を「再定義」してこなかったなら、黒人のある人々は他の黒人ともいまも結婚できていなかった。それはほとんどの人々が見逃しがちな、われわれの悲しむべき奴隷制度の歴史の最も冷酷な部分の1つです。なぜなら奴隷は所有物だったから、彼らは法的には夫にも妻にもなれなかった。あるいは母にも子供にもなれなかった。彼らの結婚の誓いは違うものだったのです。「死が汝らを分かつまで」ではなく、「死が、あるいは売り渡される距離が、汝らを分かつまで」だった。奴隷間の結婚は法的には認められていなかったのですから。

そう、ちょうど、カリフォルニアの結婚が今日、もしゲイならば、法的に認められなくなったのと同じです。

われわれの歴史の中で、世間に強いられて異性と結婚したり、偽装結婚や便宜上の結婚や、あるいは自分でもゲイだと気づかないままの結婚をしてきた男女は数知れません。何世紀にもわたって、恥と不幸にまみれて生き、自分自身と他人への嘘の中でほかの人の人生を、その夫や妻や子供たちの人生を傷つけてきた男女がいるのです。それもすべては、男性は他の男性と結婚できないがため、女性が他の女性と結婚できないがためなのです。結婚の神聖さのゆえなのです。

いったいそんな結婚はこれまでいくつあったのでしょうか? それで、そんな結婚がいったいどれほど結婚の「神聖さ」を高めているというのでしょうか? むしろそれは「神聖さ」をかえって無意味なものにしているのではないのか?

これは、あなたにとって何なのですか? だれもあなたに彼らの愛情表現を信奉してくれとは言っていません。しかしその愛を、人間として、あなたは、祝福しなくてよいのですか? 世界はもうじゅうぶんに不毛なのに。

愛は追い込まれています。希望もまた。わたしたちを前進させてくれるあの貴重で数少ない感情が、劣勢にあるのです。あなたたちの結婚は50%の確率でしか続かない。どんなに思っていても、どんなにがんばっても。

そうしてここに、その50%の見込みに、そのがんばりの可能性に、そしてその思いを持てることの希望に大喜びする人たちがいるのです。世界に蔓延する憎悪や無意味な分裂や正当な理由もなくいがみ合う人々を目にしながら、これがあなたの宗教があなたに命じた行為なのですか? これまでの人生やこの世界やそのすべての悲しみを知った上で、これがあなたの良心があなたに命じたことなのですか?

人生というものが、むしろ不幸や憎悪の方を味方して、私たちみんなの拠って生きる平等な機会を何度も何度も揺るがしがちだと知っているくせに、それでもこれが、あなたの心があなたにこうしろと言っていることなのですか? あなたは結婚を聖なるものにしたいのでしょう? あなたはあなたの神を崇め、その神が体現するとあなたの信じる普遍的な愛というものを栄光に包みたいのでしょう? それなら、幸せを広めなさい。このささやかで、象徴的で、意義のある、一粒の幸せを広めてください。そういう幸せを求めるすべての人たちと、それを共有してはどうですか。だれか、あなたの宗教的な師でもいい、然るべき本でもよい、そんな幸せに反対せよとあなたに命じているものがあるとしたらなんでもいい、それをわたしに教えてほしい。そうして、どうしてその教えと、もう1つの教えの、両方をあなたが同時に信じていられるのかを教えてください。「自分が為してほしきものを他人に為せ」という教えです。

あなたはいま、あなたの国によって、そしてたぶんあなたの創造主によって、どちらかの側に立つようにと言われています。あなたは、政治の問題ではなく、宗教の問題でもなく、ゲイとかストレートとかの問題でもなく、どちらかに立つように求められているのです。何に基づいて? 愛の問題によってです。行うべきことはただ立つこと。そうしてそのささやかな愛の燃えさしが自身の定めを全うすことができるようにしてやることです。

べつにそれを手助けする必要はありません。拍手を送る必要もない。そのためにあなたが戦う必要もない。あなたはただ、その火を消さないようにしてほしい。消す必要はないのです。最初はそれは、あなたの知らない2人の人間のあいだの愛のように見えるかもしれない。あなたの理解できない、さらにはきっと知りたくもない2人の人間の愛です。しかしそうすることはあなたの、仲間の人間に対する愛の残り火なのです。なぜなら、私たちにはこの世界しかないのですから。その中でほかの人がそれをこそ頼りにしているのですから。

この10日間で、こともあろうにこのコーナーを、ある殺人犯裁判での弁護人クラレンス・ダローの、慈悲を求めた言葉で閉じるのは2度目です。

しかし彼の言ったことは、この問題の核心にじつにふさわしい。

彼は裁判官に向かってこう言っています。「わたしは昨晩、昔のペルシャの詩人オマル・ハイヤームの強い願いについて読んでいました」と。「それはわたしの想像しうる至高の希求としてわたしに訴えかけてきました。それがわたしの心の中にあったなら、そしてそれがすべての人々の心の中にもあったならと願わざるを得ません。彼はこう書いています;故に、我が名は愛の書物(the Book of Love)の中に刻みたまえ。あの天上の記録(Book above)のことは関知せず。我が名が消されようが、好きに書かれようが、ただしこの愛の書物の中にこそは、我が名を記したまえ」
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 16
ネタバレ

takumi@

★★★★☆ 3.8

親友と恋人、想いは同じなのかもしれない

原作は、いけだたかし氏による漫画作品。

<おもな登場人物>

■背が高くスポーツも学力も優秀な村雨純夏(すみか)
■純夏の親友でおっとりしたドジっ子の真性レズ、風間汐(うしお)
■クラスメイトのキョリちゃん
■百合小説好きの蒼井あずさ
■レズカップルの蓮賀朋絵と当麻みやこ
■わけあって女装し、ファッション雑誌の読者モデルをしている男子、朱宮正樹
■女性名のペンネームで百合小説を書く作家。


<作品への感想>

舞台を女子高ではなく、あえて共学高校にしたことで、
同性を好きになるということがごく普通の日常にもよくあるということや
男子の存在が気持ちの比較パターンとしてわかりやすかったり
恋する感情は異性愛と何ら変わりないということ、
結局はみんな同じ人間という生き物であることを理解しやすくしていたと思う。

また、風間は「同性が好き」という想いを特に隠し立てすることなく
学校でもカミングアウトしていて、それが周囲からもわりと自然に
受け入れられていたのは良かった。

時折入るやや過剰とも思えるコミカルな展開は、
話を湿っぽくせずに済んでいたものの、
男子から見た女子だけの世界への希望的観測値が
薄かったので好みは分かれるかもしれない。

この作品と続けて観た『青い花』と比べると、
こちらはキャラデザも含め、少年漫画的な演出が多く
主人公の村雨の視点も男性目線でしかなかった点が、
男性視聴者にはその感情がわかりやすくても、
女性視聴者の中には不快に感じる人もいるかもしれない。
でも彼女のように、好きな相手を男性的な立場で愛したいと思う人も
実際にいるから、そのあたり・・二次元作品としての百合モノというジャンルと
リアルなレズビアンとのボーダーライン的存在かもしれない。

個人的には、百合小説好きで同人誌も発行している、蒼井が
{netabare}いつのまにか村雨に惹かれていることに気づきつつ、
彼女の本心を知って退く心理描写に、{/netabare}
じわっとくるものがあった。
地味なキャラデザは仕方ないにしても、蒼井の繊細な心の動きが
痛いほど伝わってきて、一番感情移入できた人物だった。

含みを持たせるラストに関しては、賛否ありそうだが
さわやかで良かったと思うし、その後の彼女達を視聴者がいろいろに
イメージしやすいように終わってくれたのかもしれない。
ただ、あまり悩んでる感じがしないところはリアルさに欠けてた、かな。

ちなみに、「ささめきこと」という言葉は
囁くこと、ひそひそと話す。ひそやかに噂話をすること、という意味らしい。
でも、タイトルだけでイメージしていた雰囲気はなく
噂話をしている中に本人が入って行き「本人に聞いたら?」と
堂々としている前向きの明るさが心地良かった。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 22

CC

★★★★☆ 3.3

風立ちぬ

【物語】
女の子が好きな女の子がいて、女の子が好きな女の子を好きな女の子がこの物語の主人公。そして女の子が好きな女の子を好きな女の子のことが好きで、女の子に変装するのが趣味な男の子がいたりもする。
女の子って何回言ったかな!?

少しアブノーマルな女の子達のアブノーマルな恋愛が描かれている。(全13話)

【総評】
序盤は叶わない恋を描いた少し切ない物語から、二人のレズビアンとの出会いをきっかけに砕けた展開へと発展していく。
コメディ要素がまぁまぁあって、百合アニメにしては割とさっぱりとした内容。
主人公(暴刀村雨)が、エロ親父のような思考なのでラブコメ好き、日常アニメ好きの方なんかは楽しめると思います。

同性愛を描いた作品だが、同性愛に対して向き合ってるような展開がないのが寂しいところ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8

63.4 2 劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー(アニメ映画)

2010年7月31日
★★★★☆ 3.7 (103)
557人が棚に入れました
過去にタイムスリップしたナルトが、当時の父・ミナトや少年時代のカカシと共に敵の野望に立ち向かう。

声優・キャラクター
竹内順子、森川智之

★mana★

★★★★★ 4.2

父と子。

ナルトが「ある」任務中、
その任務の発端になった過去にタイムスリップしてしまい
そこで出会った父と一緒に戦う。


始めはなんかやっぱり映画だから
物語が斬新すぎてさらーっと観ていたのですが
最後はやっぱり感動しちゃいました。


ナルトがもとの世界に戻る時
過去だから自分の子供だなんて知るはずがないにも関わらず
ミナトが発した言葉。
ナルトの本編を観ていたら感動しない人なんていないはず!!
この親子は本当に素晴らしい!!!!!
こんな父がいたらなぁwww

投稿 : 2019/09/21
♥ : 7
ネタバレ

にゃんころくぽ

★★★★☆ 3.8

ミナトステキ。

観てよかったよ~EDの歌と映像すばらしい~。
{netabare}
うろ覚えだけど、
【ミナトがナルトを息子だと気がつき始めてから発する言葉の数々】
・螺旋丸について「だから僕にもできるんだよ」
・自分のチャクラとナルトのチャクラについて「チャクラの性質が近いもの同士」
・ナルトが今話さないと・・・、と何度も言うと「また必ず会える」
・ナルトが必死に伝えようとする言葉を遮るかのように
「もしボクに息子ができたら、君のような忍に育ってほしいと願うよ。」
・最後に声に出さずに(ナ・ル・ト)と口を動かす
{/netabare}
に感動した・・・。と~ちゃん・・・。イケメン(ノω・、`)

ヤマト隊長! 
         スキです!!!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

57.8 3 ポケモン・ザ・ムービー XY「破壊の繭とディアンシー」(アニメ映画)

2014年7月19日
★★★★☆ 3.4 (13)
97人が棚に入れました
昔、カロス地方であらゆる生命を消滅させた「大破壊」が起こった。その「大破壊」を起こしたのは、あらゆる生命を奪うと言われる「破壊のポケモン」イベルタルだ。すべてを破壊したのちイベルタルは、一個の「破壊の繭」となり、今でも眠りについている。かつての「大破壊」が起こった時、その力に唯一対抗できたのが「生命のポケモン」ゼルネアスであった。ゼルネアスは人やポケモンに生命を与えると言われている。今、カロス地方の2大伝説ポケモンと出会いの旅が始まる------!

セレナーデ

★★★☆☆ 3.0

ポケモンが『もののけ姫』をやってみた結果

そりゃ中身すっからかんなものが出来上がってしまいました。ダメだこりゃ。

この作品、まがりなりにも「破壊と再生における自然の摂理」というなにやらえらく壮大なテーマを覗かせてるのですね。でそこに、全ての命を奪うというシシ神様みたいなことをやっちゃう「イベルタル」なるポケモンと、全てに命を与えるという見た目だけはすごくシシ神様な「ゼルネアス」なるポケモンが出てくるわけです。

この世は、正と負、光と影、生と死の両立で均衡が保たれている。どちらか一方だけではバランスは取れない。そんな陰陽思想的な普遍的メッセージが、破壊と再生、すなわちイベルタルとゼルネアスの対比によって描き出される――。

と思うじゃないですか。

ところがこの作品ってばすごく短絡的。破壊の象徴たるイベルタルさんはただの「厄介の種」としか捉えておらず、完全にヒール扱い。そしてそんなイベルタルさんの暴走をケアしてくれるゼルネアスさんだけをマンセーしちゃうのですな。破壊と再生の対比というテーマを謳っていたにも関わらず、人間にとって都合のいいほうだけを肯定する人間中心的な安直さを露呈させちゃってます。

おまけに道義も見事にスカスカ。人間の業によってイベルタルさんを目覚めさせてしまったのに、人間たちの禊やけじめなんて皆目描かれちゃいないし、イベルタルさんの暴走のケアでゼルネアスさんは自らを犠牲にしてしまったのに、人間たちは己の行いを少しも省みる様子も見せちゃいない。エボシだってちゃんと報いを受けたし最後には改心も見せたっていうのに、こっちの連中ときたら。

かくして、これを見るこどもたちに何を伝えたいのかよく分からない中身すっからかんな内容に。

まあそもそもの話、一応の主役であるマイペースプリンセスポケモン「ディアンシー」ちゃんがあまりにフラットに登場したオープニングを見て、わあこりゃまたどえらい手抜きだなと直感いたしまして。その時点から、メッセージ性やシナリオライティングに期待するのはキッパリ諦めて眺めておりました。

けど、それでも、ね。なんかもうちょっと考えて作って欲しかったですね。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

HG anime

★★★★☆ 3.1

第六世代映画ポケモン第一弾

実は前売り券も購入済みだったんだけど、マレフィセントとマーニーとゴジラがいい感じにスケジュールが被っていたのでなかなか見れなかったこの作品。今日は午後はフリーだったのでトランスフォーマーと一緒に観ちゃいました^^
今作は当たりじゃなかったかな~w 面白いんですよ?面白かったんですけど、盛り上がる場面が非常に短く、なんとも地味。微妙ですね~・・。
まぁディアンシーが手に入ったからいいかな。
次回も間違いなく観ますけどねw

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

57.1 4 ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」(アニメ映画)

2015年7月18日
★★★★☆ 3.6 (11)
66人が棚に入れました
デセルシティを目指し旅をする途中、砂漠のポケモンセンターで休憩しながらドーナツを食べるサトシたち。

すると背後に謎のリングが出現し、その中から伸びてきた手がドーナツを持ち去ろうとしている。

サトシとピカチュウは止めようと手にしがみつくが、自分たちもリングの中に引っ張り込まれてしまう。

リングから飛び出したサトシとピカチュウが辿りついたのは、目的地デセルシティ。

セレナ、シトロン、ユリーカを残して一瞬で移動してしまったサトシの前に現れたのは、「いしし!ビックリした?」と話しかけてくる謎のポケモン“フーパ”だった…。

このままじゃダメだ

★★★★☆ 3.9

満足度99.3%

そんなに高かったのかなと思いました。まあまあの面白さかなという感じだったので。
上映中にうとうとしちゃうような場面もありましたが、戦闘ばかりだったのが起因しているかも。まあルギア登場シーンで「幻のポケモン ルギア爆誕」の劇中歌が流れてばっちり起こされたんですけど。
ルギアの劇中歌はポケモン映画の中でも屈指の良BGMの宝庫なのでそれがながれたってだけで魅力倍増です。
あとラティ騎乗シーンでももう一曲・・・スタッフの活きな計らいに心の中で(スタッフグッジョブ!!!!)と全力で叫んでいました。

ちょっと違和感を覚えたのは、最後のまとめ方。必要だったかな?と思ってしまいました。


キャラに関しては物量ですね
ルギア、ラティアス、ラティオス、グラードン、カイオーガ、レックウザ、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、レジギガス、ゼクロム、レシラム、キュレム、アルセウス

相変わらずのアルセウスの神々しさに手を合わせたくなったり

原始グラードンがざぶざぶ海の中を歩いていたり
あるいは原始カイオーガが海があるのに空飛んでたり
ホウエン地方の伝説はマゾなの?とツッコミを入れたくなりました。

あとフーパが思いの外可愛いく見えました。
くぎみー効果もありますね。


あれ・・・レビュー書いてて思ったけれど、思いの外、楽しめていた気がします。
満足度99.3%は伊達じゃないかもしれません

投稿 : 2019/09/21
♥ : 6

kuroko85

★★★★★ 4.3

思ったよりプロットがしっかりしていた

例によって、娘に強制されるように
見せられました。
思っていたよりプロットがしっかりしていた充分楽しめました。
今回のメインポケモンであるフーパはアラジンのジンと被ります。
キーワードは魔法のランプ(この作品では壷ですね)。

製作陣が力を入れたと思うのが
子供に対する善悪と、成長というテーマ。
絶大な能力を持つフーパは善悪の区別がなく、
思いのままに行動し100年前に村を壊滅させています。
賢者によって100年前にフーパは、本来の力を壷に封印され、
一見ポケモンのような姿である(いましめられし姿)で
人間界で生活していました。
(この姿と本来の姿の乖離がとても面白い)
そんな生活の中で人間の子供たちと触れあい、
善悪を学んでいたフーパですが、100年の歳月の中で
壷に封印された【もの】が悪意となって再び町に光臨します。
そこでいくつもの戦いがあるのですが、
個人的な見せ場が悪意となった
フーパと100年の間、人間と生活をしてきた善悪を
持つフーパとの葛藤とも呼べる戦いでした。
後、子供向けに伝説級ポケモンも多数登場します。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

63.7 5 ポケモン・ザ・ムービー XY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ(アニメ映画)

2016年7月16日
★★★★☆ 3.7 (11)
65人が棚に入れました
突然現れた【ボルケニオン】と不思議な鎖で結ばれてしまったサトシ、そして訪れた超カラクリ都市「アゾット王国」で待ち受けるのは荘厳たる【マギアナ】、更にメガフーディンやメガオニゴーリなど映画初登場のポケモンの姿も……! シリーズ史上、最も激しい未知なる戦いにご期待ください!

けみかけ

★★★★☆ 3.9

マギアナの可愛さはシリーズ屈指!シナリオの迷走もシリーズ屈指?

アニメ『ポケットモンスター』シリーズ劇場版、『ポケモン・ザ・ムービー』第19作
『XY』シリーズとしては3本目、『XY&Z』としては初作品
同時上映は無し


突然空から降ってきたポケモン、ボルケニオンと鎖で繋がれてしまったサトシ
異常に人間嫌いなボルケニオンに徹底的に痛めつけられつつもめげないサトシは、ボルケニオンに無理矢理に超カラクリ都市アゾット王国へ連れて来られ、そこで魂を宿したカラクリ人形のマギアナと出会う
マギアナにはアゾット王国に隠された超兵器の鍵が隠されており、マギアナの恐ろしい秘密を隠し守り抜こうとしているのがボルケニオンだった
ボルケニオンは人間に捨てられたポケモン達を積極的に受け入れ、ネーベル高原に集めてマギアナと共にひっそりと暮らしたいだけだったのだ
アゾット王国の王子ラケルは王国と断絶してしまったマギアナとの和解を求めていたが、その影にはポケモンを道具としかみなさない冷酷な大臣、ジャービスが糸を操っていた
ラケルを止めるべく実の姉キミアとドサクサに紛れたロケット団も加わり、マギアナをめぐる動乱がネーベル高原を襲う・・・


とにかく今作の観どころはからくりポケモン、マギアナの可愛さにあると言って良いでしょう
ディアンシーの時もそうでしたが、マギアナは明白に【女の子】として描写されます
見た目からしてもそうなのですが、お洒落を楽しんだりサトシとシトロンに「重い」と言われて恥ずかしがったり、と自然に可愛い女の子として描かれてるんです
人語を介すポケモンでは無いのですが寺崎裕香の声色の芝居と相まってとても可愛らしいキャラに仕上がってます
セレナとユリーカが活躍しないこと、後述するキミアの魅力が皆無に等しいことも相まって“ヒロインは完全にマギアナ”ですね
これを必至に守り抜かんとするボルケニオンはまるで“ナイト”です
この二体の尊い関係性は良かったです


アゾット王国はクロックパンク的なカラクリ都市として描かれるので、その対比として北海道の大自然をモチーフにしたネーベル高原が人間と断絶したポケモン達の桃源郷として登場します
ネーベル高原は美しく描かれてますが、逆にカラクリ都市もめっちゃエコ?なんですよ
もっと自然破壊してそうな街として描いたほうが対比になったのでは?と思います
『裂空の訪問者』のラルースシティとかそんな感じでしたよね
「科学の力ってスゲー!」とテレビシリーズのお約束ネタは回収していただけましたが(笑)


中盤ではマギアナの魂を奪う、というシリーズでは希少な“死”の描写があります
ここはニャースの鬼気迫る状況説明のセリフと合わせて素直に泣けたのですが、間髪入れず「魂を戻せば元通り」などと言われてしまうのですぐ白けてしまいましたね


終盤でボルケニオンが皆の危機を救うため自爆を決める、というのも「やる必要無い」って説明してるのに自爆しちゃうんだから矛盾しかない
どうしても自爆させたいんなら説明要らないですよね
マギアナに次いでボルケニオンまで失ってしまったサトシ達は悲しみにくれるも、すぐ復活しちゃうボルケニオンに余韻は台無し・・・;


ボルケニオンという強力なポケモンを主役級に配しておきながら、バトルシークエンスで一番美味しいところを持っていったのがジガルデってのはファンサービスのつもりなんでしょうかね?
普段のテレビシリーズの作画が良いだけあってバトルの迫力は並程度ですかね
(知らん人の為に言っておきますがテレビシリーズ『ポケモン』は矢嶋哲生監督になってから日本一の作画アニメになってます)


トドメは声優
ボルケニオンの市川染五郎、ラケル王子の中川翔子、(ちょい役だけど)オニゴーリのあばれる君、は皆かなりイイ味出してました
でもキミア王女役の松岡茉優がド下手;
しかも設定説明はボルケニオンがしてるのでこのキミアってキャラは本当に必要?って疑問すら残りました
ラケルを改心させる為にキミアを配したのでしょうが、キミアとラケルは和解出来ましたがラケルが本当に和解しなければならないのはマギアナ、或いはボルケニオンのはずなのでは?
あとキミアの側近のフラメルさん可愛すぎでしょw
力を入れるトコロがおかしいw


なんなんでしょうこの映画;
YUKIが歌うエンドロールの曲とか悪くなかったです
これまでも『ポケモン・ザ・ムービー』の中には単調でつまらなかった作品が多々ありました
が、今作は逆に良いところを相殺するように突っ込みどころが多く、結果的にシリーズ屈指の迷作となったと思いますね;

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4

このままじゃダメだ

★★★★☆ 3.9

ツッコむところは多いけど面白かったー

山ちゃんは何故あの谷を狙っていたの?
ボルケニオンは何故人間を嫌っているの?
電磁パルス発生装置でガッチリホールドされているはずのサトシはどうやって着替えているの?

細けえ事は良いのさ

強引に物語を進めた印象はあったものの、全体の雰囲気は良かったですね。

雰囲気ですか?普段のテレビアニメのノリなのですが、ボルケニオンは熊鉄みたいに熱くてガサツで、マギアナとのやり取りが可愛かったです。
映画としては物足りない感じもしますが、気負い過ぎていない感じが逆に良いです。
テーマでさりげなく、厳選トレーナーへの問題提起をしていた所が印象的でした。

まさか、初見では何コレと思っていたマギアナが、あんなに可愛く見えるとは予想外でしたね。
マギアナとボルケニオンさん、末長くお幸せに。
ニャースがヒロインしていたことや、プニちゃんが、ロボになって活躍していた所も面白く、フーパに続いて上映時間の半分をにやにやする現象に苛まれました。

作画は最近のテレビアニメがかなり頑張っている事もあって、アニメと変わらないレベルでしたが、来年は20作目なのできっとすごいものを作ってくれるんでしょうね。
期待しておきましょう。

ユキさんの主題歌、久しぶりにポケモンの主題歌で良いなと思えました。

余談
11月にはマギアナ量産型が手に入るのかー

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

計測不能 6 迷elleオトコノ娘 - まよえるおとこのこ(その他)

★★★★☆ 3.4 (5)
59人が棚に入れました
市街地を離れ、自然豊かな岬まで足を伸ばすと、その学園はある。岬の突端にたたずむ優美な校舎。縦横に走る水路と、初等部、中等部、高等部、はては幼稚舎までも擁する広大な敷地。ユニコーンと星々の煌めきを記章とする学びの庭の名前は『私立銀河学園』。  映画、舞台、ネット、テレビなどさまざまな分野に飛び出す俳優を養成する全寮制の学芸校。ここでは日々600人の男子女子が、とこしえに咲く薔薇の香りに包まれ、学問、部活動、そして夢をつかむための稽古に励んでいる。 春。 決意を胸に秘め、中等部にひとりの男の子が転入してくる。ところがこの学園では異性の心を理解するためにあることが奨励されていた。それは――

計測不能 7 メタルファイト ベイブレード 4D(TVアニメ動画)

2011年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (9)
50人が棚に入れました
宇宙では、一つの異変が起きていた。数百年ぶりに地球に飛来する星の欠片(隕石)。星の欠片に秘められた謎の力は、それを手にした人間によって善にも悪にもなる。もし、星の欠片が悪の手に渡ってしまっていたら……。そんな、ある日……。銀河たちは謎の少年ヨハネスに攻撃されている少年ユウキを助ける。ユウキは、実は天才少年天文学者にして、アヌビウスを持つブレーダーであった。ユウキは銀河たちに、星の欠片の声を知らせに来たのだと言う。彼は、ある日、空から降ってくる星の欠片(隕石)を目撃。その一つの光がアヌビウスに宿り、その夜、星の欠片の声を聞いたのだという。大いなる災いが、星の欠片の未知なる力を使って、黒き太陽、破壊神『ネメシス』を復活させようとしていると。星の欠片は、地球の命運を、選ばれし戦士『レジェンドレーダー』へ託すために自らの力(欠片)を分散させた。その力の一つは銀河のペガシスへ宿っていたのだ。地球の何処かで復活を待つネメシスを正しき力として復活させるべく、銀河とその仲間たちの新たな冒険が始まる。

声優・キャラクター
金田アキ、日野聡、加藤英美里、真堂圭、牧口真幸、津田健次郎

計測不能 8 ロボカーポリー(TVアニメ動画)

2013年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (2)
32人が棚に入れました
平和なBrooms Townで起こる様々な出来事をロボカーたちの救助活動によって解決します。パトカーや消防車、救急車、そして救出用ヘリコプターなどのレスキューカーが大活躍し、交通安全や助け合いを子供たちに教えます。
ロボカーたちはロボットに変形することでその力を発揮し、困っている仲間を救出します。そして問題を解決した後、救助隊のメンバーは事故の原因を優しく説明し、もう事故を起こさないよう注意する点などをアドバイスします。

声優・キャラクター
佐藤拓也、新山千春、小野塚貴志、牧口真幸、下屋則子

ポール星人/小っさ

★★★☆☆ 2.9

断念したっていうより子供が見てるから一緒に見てるだけでして

 これね、今どきの幼児向けにしちゃ妙に説教臭いというか道徳に重きを置いているというか。儒教の国韓国で制作されてるってのも有るんですかね。

 まぁ韓国と言う国との関係が冷えてるのは事実ですけど、似たような幼児向けロボット物のトレインヒーローズとかいう日本の奴と比較すると、本来子供にこういうモノ見せるべきだよねと思うのはコッチですわね。まずは基礎となる倫理観が育ったうえでの理解力だと思う。
チャギントン然りトーマス然り、こういう幼児向けってお国柄出てて興味深いなと思います。

因みに幼児以上の年齢がコレ見て、深いとか超展開とかでハマる事は無いので見なくて大丈夫ですw

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

計測不能 9 それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星(アニメ映画)

2009年7月4日
★★★★★ 4.2 (2)
14人が棚に入れました
やなせたかし原作の人気TVアニメの劇場版シリーズ21作目。ゲスト声優にはスザンヌファミリーが登場。キララとキラリは星空を守るふたごの星のかわいいふたごの妖精。ある時、ふたりはケンカしたはずみで地上に落下、離ればなれとなってしまう。キララはアンパンマンに助けられるが、キラリは行方不明に。その頃、ヒヤリ城ではドクターヒヤリがロボットのだだんだんに心を与える実験を進めていた。さらに、キララとキラリがいなくなった星空にも大きな危機が迫りつつあった…。同時上映は、新山千春がゲスト声優を務める短編「ばいきんまんVSバイキンマン!?」。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ