【2019年06月最新】玉川明洋アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ玉川明洋人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメの玉川明洋成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年06月16日の時点で
一番の玉川明洋アニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:8件
アニメを並び替え:
総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 20
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.3  作画 : 3.3  声優 : 3.3  音楽 : 3.3  キャラ : 3.3

空から降ってきてパニック状態のアンノーンは「どこから来たの?」と聞いても「キラキラしたとこ」という以外分からない。
仲間の場所を知っているというエネコの案内で向かった先は、行き止まりの地下水路。しかも、壁にあったおかしな柱のパズルを
押してみると突然不思議な光に吸い込まれてしまう。
気付くとそこは、空の上に浮かぶ石の迷路があったり、ポケモンが大きくなったりする、とっても不思議な場所。
さらにニャースたちも追いかけてきた!果たしてピカチュウたちは無事アンノーンを仲間のところへ連れて行くことが出来るの?

総合得点 計測不能 感想・評価 3 棚に入れた人 19
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.3  作画 : 4.3  声優 : 4.0  音楽 : 4.2  キャラ : 4.3

おなじみの人気ゲーム「ポケットモンスター」を原作とした短編アニメ。川で遊んでいて大都会に流れついたピカチュウ、ポッチャマたちが、キレイハナへの誕生日プレゼントである“キラキラ"を探して大捜索を繰り広げていく。オリジナルは2009年夏に、ANAの航空機の機内上映限定で公開されたフィルム。2010年6月にTVアニメ「ポケモンレンジャー! ヒードラン救出作戦!!」とのカップリングでDVD化されており、現在では手軽に視聴が可能となっている。湯山邦彦(監督)を始め、TVアニメ版「ポケットモンスター」のスタッフが参加しており、手堅い仕上がりとなっている。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

劇場映画と同時上映の短編はおまけに近い内容がほとんどですが、
これはやはり単独で作られただけあって意外と作り込まれていました。


川で遊んでいたら街の方へ流されてしまったピカチュウとポッチャマは、一緒に流されたビーチボールを探しに行く。

そのとき偶然歩いていたピチューとムチュー... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 3 棚に入れた人 15
★★★☆☆ 3.1   物語 : 2.7  作画 : 3.2  声優 : 3.2  音楽 : 3.2  キャラ : 3.3

2007年8月にANAの機内限定で上映されたアニメ『ポケットモンスター』のオリジナル短編シリーズ第4弾。発売されたDVD版ではポケットモンスター ダイヤモンド&パール第57話「ビーダルは知っていた!」を同時収録。また音声は、音声がポケモンのみの「ポケモンボイスモード」とナレーション付きの「ノーマルモード」の2つが選べる仕様となっている。楽しみにしていた川遊びにやってきたピカチュウやポッチャマたち。しかし、着いてみると、川から水がなくなってしまっていた。ちょうどそこにやってきたニャースたちも協力して、水がなくなった原因を調べ始めるが、途中でみんなバラバラにはぐれてしまうことに……。

総合得点 62.3 感想・評価 23 棚に入れた人 146
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.3  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.8  キャラ : 3.5

劇場版「ポケットモンスター」の併映作として定着したポケモンだけの短編ムービー。今回の舞台は海辺の西洋風お屋敷。大きな庭には様々な花が咲き乱れており、ピカチュウとそこで出会ったポケモンたちはかくれんぼをして遊ぶことになった。だが仲間に入れないヨーギラスがふとした弾みで芝刈り機のスイッチを入れたことから事態は急展開。暴れ始めた芝刈り機に大慌てのポケモンたちは、この大騒動を止められるのか?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

【一言紹介】
ポケモン映画のピカチュウ達がかくれんぼをするお話。

ピカチュウ系では一番好き。

ポケモンらしくて可愛らしい。
ポケモン達の目線が子どもにすごく近いところが好きです。

【大好きな曲なので歌詞】
テーマ曲の
かくれんぼ/whiteberry


かく... ▼もっと読む

総合得点 61.8 感想・評価 21 棚に入れた人 138
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.2  作画 : 3.3  声優 : 3.5  音楽 : 3.3  キャラ : 3.4

1990年に公開された『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』と同時上映された、ピカチュウを主人公に、ポケモンたちの活躍を描く短編映画作品。昼寝をするサトシ一行。だけど、坂から転がるトゲピーに気づいたピカチュウをはじめとするポケモンたちは、トゲピーを追う内に、ディグダの掘った穴に転がり落ちてしまう。そしてその穴の先には、ポケモンたちだけが暮らす<ポケモン谷>が広がっていて――!? 本作の監督を務めるのは『愛天使伝説ウェディングピーチ』『ポケットモンスター』シリーズの総監督の湯山邦彦。数多くのポケモンたちが登場する本作では、にぎやかなポケモンたちの小さな“大冒険"を楽しもう!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ルギア爆誕の同時上映で「ピカチュウのなつすみ」同様
ほぼ人間が出ないポケモン達だけでストーリーが進んでいく映画です。

【良い点】
・やっぱりこうゆう系のシリーズ最大の魅力といえば
ポケモンのいつもと違う表情や行動の数々。
僕は特にカビゴンが助けに来たときの笑顔がなんか好きですw。... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 17
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.3  作画 : 3.3  声優 : 3.3  音楽 : 3.0  キャラ : 3.3

2008年夏にANA機内でのみ上映された、同名ゲームのオリジナルアニメ。ポケモントレーナーは登場せず、ポケモンたちだけで展開する。 夏の海へ遊びにきたピカチュウたちは、そこで出会ったニュースたちと遊び場所の取り合いになり大喧嘩を始めてしまう。しかし、ケンカの最中に突如、吹雪が起こり、全員吹き飛ばされてしまう。ピカチュウが目を覚ますと周りには仲間がおらず、その上、一面氷づけの世界となっていた。ピカチュウは、もとの世界に戻るため、冒険を始めるのだが……。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 1
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

『ポケモン3Dアドベンチャー ミュウを探せ!』に続く、「ポケモン」シリーズの3D映画の第二弾。ピカチュウと仲間のポケモンたち、そしてニャースは南の島でバカンスの最中。浜辺でビーチボールをしたりと楽しそうだ。そんな一同の元へ、おんぶポケモンのペラップがお宝の地図を持ってきた! その地図には貴重なアイテム? 「ホエルオーのなみだ」が眠る海賊船の沈没地点がしるされているらしい。ピカチュウとニャースたちは海の中に宝探しに出かけるが……。前作『ミュウを探せ!』より少しだけ長くなった14分の短編で、スペシャル映像作品。専用のメガネをつけて3D効果を楽しむ趣向は前回と同様で、今回の初上映は前作と違って全国5館に拡大。以降も上映可能な施設で順々に映写され、ファンを楽しませている。人語を話せるポケモンとしてニャースが、ポケモンと観客をつなぐ通訳役に大活躍。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

世界初の『ポケモン』3D映画として公開された約12分の短編。愛知万博こと2005年日本国際博覧会のポケモン用特設会場ポケモン ザ パーク内で上映されたのをはじめ、各地で公開されている。ニャースとピカチュウがポケモン冒険旅行に出発した。海に、空に、森に……さまざまな世界を駆け巡る一行だが、幻のポケモン=ミュウに会うことができるだろうか? 本作は他の『ポケモン』シリーズと同様に湯山邦彦が監督を担当している。観客も映像の中にいるような感覚を楽しめた。

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。