理解できないおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの理解できない成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年09月27日の時点で一番の理解できないおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.2 1 理解できないアニメランキング1位
GRANBLUE FANTASY The Animation(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (352)
1380人が棚に入れました
父親の手紙に記された星の島・イスタルシアを目指すため、故郷の島ザンクティンゼルを発つ決心をした主人公は、エルステ帝国から脱走してきた少女・ルリアと出会う。ルリアを帝国から庇い重傷を負った主人公だったが、ルリアが自らの命を主人公の命とリンクさせ、一命を取り留める。主人公はイスタルシアを目指すため、ルリアは帝国の追手から逃れるため、ザンクティンゼルを飛び立った。

声優・キャラクター
小野友樹、東山奈央、釘宮理恵、沢城みゆき、平田広明、田村ゆかり、山路和弘、田中理恵、加藤英美里、杉田智和、伊藤かな恵
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

王道のRPG風。っていうか、13話どうした?

ゲームは未プレイ。最終話まで視聴。

とにかく作画がきれいな王道のRPG風の冒険もの。
島々をめぐりつつ仲間を増やし、目的地を目指す物語。

帝国軍が滑稽なほど弱々しいので、バトル要素は少なめ。

ラカム役の平田広明さん。SAOのクライン同様、こういう役ははまり役だと思った。
それ以外の声優さんも超豪華で申し分ない。

っていうか、{netabare}グレンで12話コツコツ積み重ねた話が、13話のジータのチートな話で吹っ飛んでしまった{/netabare}ような気がする。

まあ、個人的に主人公最強系は嫌いではないので、問題ないんだけど・・・。

投稿 : 2020/09/26
♥ : 37

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

グラブってる…?(CM三人衆出てきた!「ウェーイ!」)→ ifで締めるだと!(グラン編はファミ通文庫でノベライズ)

私はグラブってません(笑)。
まあ、このアニメは悪くない感じなのでしばらく観てみます。

2017.4.18追記:
ストーリーは、普通にRPGですね。そんなに悪くはないんだけど、パーティーのメンバーが揃うのにはもう数話かかりそうです。

ゲームでグラブっている人にはBD or DVDの特典が嬉しいのか、円盤の予約状況はわりと良いようです。

私は地上波でみられますけど、BSでしか観られない人は神撃のバハムートと放送時間かぶっちゃいますね。それでよいのか、Cygames…。

2017.5.29追記:
街中でイカ焼き売ってる露店の店員として、CMで「グラブってる?」、「ウェーイ!」ってやってる三人衆が出てきました。キャストもCMと同じっぽいです、ってただそれだけ…。

2027.6.25追記:
放送最終回の1話前が事実上の「最終回」でした。最終話は女性主人公のジータを選んだ場合のダイジェストストーリーでしたね。グラン版の映像を流用して、半分総集編みたいな最終話でした。

ただ、最終話を観て思ったのはジータはグランよりもかなり腕が立つように描かれてましたね。腕はSTAR WARSシリーズのジェダイマスター並みです。特殊能力なしでもカタリナより強そう(笑)!

EDもジータ版として背景アニメに若干の変更がありました。全体として、普通に冒険しててグラン版だった本編はけっこう面白かったです。

2017.8.29追記:
ジータ主人公の特別編はさておき、グラン主人公のストーリーはファミ通文庫でノベライズ(現在8巻:Ⅰ~Ⅷが刊行)されています。アニメのストーリーの続きを読もうと思うとⅣ以降になるみたいです。

続編がアニメ化されるかどうかは何とも言えませんが…。

投稿 : 2020/09/26
♥ : 42
ネタバレ

yuugetu さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

主人公とヒロインに和む(2期おめでとう!)

2017年春アニメ。全13話。
ソーシャルゲーム原作。未プレイです。

ストーリーは王道でベタベタなくらいw
主人公であるグランが故郷の森でルリアという不思議な力を持つ女の子を助けたことをきっかけに、自分の夢を叶えるために故郷を旅立ち、旅先で仲間を増やし、ルリアを狙う組織と戦います。

作画は後半はちょっと大変そうでしたが全体的にはクオリティが高くよくできていたと思います。演出もしっかりしていましたし、キャラクターの仕草が細かいのが魅力で、常に積極的に動きを付けていて好印象でした。
キャラクターも背景もリアルすぎず、全体的にバランスの取れた画面作りをしていてとても好きです。背景をしっかり作っているのでそこから世界観を読み取れるのも良い所でした。
あとモンスター以外の動物が全部手描きでしかもリアル寄りで可愛い!

声優さんの演技は全体的に穏やかで自然に耳に入ってくる印象で、グラン役の小野友樹さんは特に若々しさと演技の巧みさが光りました。
ルリア役の東山さんは普段の演技はキャラクターに合っていてとても好きなんですが、感情的になるシーンでは個人的にはちょっと物足りなかったかも。

{netabare}
味方キャラクターは皆穏やかで、人間関係が安定していたのもストレス無く見られて良かったです。
ただ出会ったばかりのラカムがグランたちに親切すぎるのは気になったかな。町を救うために共闘した後にグランたちに同行するのはわかるんですが、ほぼ初対面にもかかわらず命のやりとりに首を突っ込むのは違和感があったなと。

全編通して見所なのがグランとルリアで、二人のやりとりは微笑ましくて本当に和むw 終盤の青い羽根の髪飾りは特にいい演出でしたね。

今思うと私はカタリナの心情にほぼ同期していました。ルリアに人として幸せになってほしいし、無茶しがちなグランが心配。そしてふたりがどんな関係にせよ仲良くしているのが嬉しい。
カタリナの視点からだとルリアの成長物語の側面が強く感じられるのも本作のひとつの魅力かもしれません。

ゲストキャラクターが個性的だったのも印象的で、(ローアイン、エルセム、トモイがウザ面白いw)穏やかなメインキャラと癖の強いサブキャラが面白いバランスで混ざっている感じです。12話ほどキャラが多いと流石に置いてきぼりな心境ですがw

第8話「ふたりの距離」は息抜き回でテイストこそ少し違いますがよく出来ていましたね。一番良かったのは演出で、シュールな絵面や独特の間が面白くてじわじわと笑いが…w
ストーリーとしても色んな「ふたり」の関係を端的に描いた味わい深い話数で、メインキャラの関係性を補強しているという点で作品全体を下支えする部分もあったと思います。
サービス回(もとい課金キャラの販促回)である8話と13話が良くも悪くも印象に残りました。8話はかなり気に入っていますし、13話は見所の多いギャグ回でしたw {/netabare}


正直な所王道好きの私としても、ちょっとクセがなさすぎる作品だとは感じます。ストーリーとしてはおそらくここからがさらに盛り上がる所だと思うので、2期が制作されるといいですね。
全体的にストレスの少ない作風で、世界観もよく作りこまれていて作画と演出も良質なので、じっくり見るのならとても楽しめると思います。(2017.7.6)

2期来た!ということでとても楽しみにしていました。
製作会社もスタッフも総入れ換えには吃驚。
でも監督構成がヴァンガードGの組合せ。私得ゥ!だけど1期もすごく好きだったので複雑ゥ…!!
今度も楽しめたら良いですね。(2019.10.4)

投稿 : 2020/09/26
♥ : 20

74.0 2 理解できないアニメランキング2位
波よ聞いてくれ(TVアニメ動画)

2020年春アニメ
★★★★☆ 3.8 (279)
883人が棚に入れました
いやあ~~~~ッ、25過ぎてから男と別れるってキツいですね!」札幌在住、スープカレー屋で働く鼓田ミナレは、酒場で知り合った地元FM局のディレクター・麻藤兼嗣に失恋トークを炸裂させていた。翌日、いつものように仕事をしていると、店内でかけていたラジオから元カレを罵倒するミナレの声が……!麻藤はミナレの愚痴を密録し、生放送で流していたのだ。激昂してラジオ局へ乗り込むミナレ。しかし、麻藤は悪びれもせずに告げる。「お姐さん、止めるからにはアンタが間を持たせるんだぜ?」ミナレは全力の弁解トークをアドリブで披露する羽目に。この放送は反響を呼び、やがて麻藤からラジオパーソナリティにスカウトされる。「お前、冠番組を持ってみる気ないか?」タイトルは『波よ聞いてくれ』。北海道の深夜3時半、そしてミナレは覚醒するッ!

声優・キャラクター
杉山里穂、藤真秀、石見舞菜香、山路和弘、大原さやか、石川界人、矢野正明、能登麻美子、島田敏、浪川大輔、内山昂輝
ネタバレ

じょせふん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

杉山里穂を知れ!

【詳細はこちら】
{netabare}http://reviewiroiro.livedoor.blog/archives/6454022.html{/netabare}

【メインキャスト】
{netabare}鼓田ミナレ‐‐杉山里穂
麻藤 兼嗣‐‐‐藤真秀
南波 瑞穂‐‐‐石見舞菜香
久連木克三‐‐山路和弘
茅代まどか‐‐大原さやか
甲本 龍丞‐‐‐石川界人
中原 忠也‐‐‐矢野正明
城華 マキエ‐‐能登麻美子
宝田 嘉樹‐‐‐島田敏
須賀 光雄‐‐‐浪川大輔{/netabare}


【キャスト②】
{netabare}沖 進次‐‐‐‐内山昂輝
中原 芽衣子‐‐新井里美
城華 享‐‐‐‐伊藤健太郎
鼓田 信‐‐‐‐さかき孝輔
鼓田 唯‐‐‐‐美名
柏木‐‐‐‐‐佐藤友啓
阿曽原 律子‐‐鬼頭明里
女性客‐‐‐‐美名
受付嬢‐‐‐‐矢尾幸子
熊‐‐‐‐‐‐丸山壮史{/netabare}


【キャスト③】
{netabare}光雄の彼女‐‐‐田野アサミ
師匠‐‐‐‐‐‐丸山壮史
ほどこん‐‐‐‐佐藤友啓
おきゅうほん‐‐丸山壮史
ふらかん‐‐‐‐斎藤寛仁
警察官‐‐‐‐‐斎藤寛仁
老刑事‐‐‐‐‐黒澤剛史
加工豚‐‐‐‐‐龍田直樹
加工猿‐‐‐‐‐田中正彦
アナグマ泰三‐‐丸山壮史{/netabare}

投稿 : 2020/09/26
♥ : 10

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

まだまだアニメには無限の可能性がある!と信じさせてくれる。

>6話まで視聴して
原作未読です。

1話視聴終了時点では
「○想ラジオが毎回バリエーション違いで来るのかな?」
くらいの感想で、特に大きな期待は抱いていませんでした。。
(正直、継続視聴するかどうかもあやしかった)

確かにあの○想ラジオのインパクトは強かったし面白かったのですが
逆に言えば出オチ感も強いので
毎週同じようなのを見せられるのは正直キツいかな・・と。

はい。浅はかでしたw。

2話以降でも、そんな単純な繰り返しなどではなく
どんどん予想できない方向に♪(誉め言葉)。


結果として、現時点での自分の中では
今期完全新作モノの中でダントツのNo1作品です!(絶賛っ)。

いろいろスゴイと感じることがある作品ですが
まずは何より主人公、鼓田ミナレの中の人の声の演技ですね。
なんか独特の魅力を持った声の演技に感じます。
押しつけがましくないのに、自然に入ってきて惹きつけられる感じ。

つぎに人物作画に唸りました(誉め言葉)。
マンガ作品のような手書き感が心地よく
特に複雑な感情を持った表情描写が素晴らしい!。
きれいごとだけではない、本音と建て前だけでもない
素の感情なのか演技なのか等他いろいろ読み切れない絶妙な匙加減!。

物語的にも、最初は単純なサクセスストーリーかな?
みたいに感じさせておいて、でもそんな人生思ったようにはいかない。
人とつきあう上でのTIPSや、距離感の取り方感じ方。
いろんなものに気づかされたり考えさせられる。

そんなこんなで視聴者をいい意味で混乱?(誉め言葉)させておいて
入るED曲の心地よさ!!。

はい。まいりました。
最終話までしっかり見届けさせてもらいます!。


-------------------------------------------------
>8話まで視聴して
能登さんうっすら赤面の場面で「君に届け」思い出してたら、次回予告でフイタw。

新井さん、いい仕事しすぎです^^。

投稿 : 2020/09/26
♥ : 29

森可成 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

己の不明を恥じました

現在10話まで視聴中。

私は「波よ聞いてくれ」の面白さに気づくことなく、
2020年春クールを過ごしそうになりました、
それも二度。

一度目は2020年春クールで何を観るか考えていた時、
「無限の住人」に思い入れがない私は
原作者が同じである本作を選ぶべきか迷いました。
同じ時間に見たい作品がないので、
とりあえず録画したため、ここは回避。

二度目は1話を見終わった後です。
余りのテンションの高さに唖然として、
2話以降の視聴をやめようか迷いました。
幸か不幸か、2話まで録画していたので
続きを見たことでここも回避。

危なかったですわ。

主人公、鼓田ミナレがひょんなことから、
ラジオDJになる話。

これだけでまとめようと思えばまとめられる
本作が、これほどまでに面白い作品だったとは・・・

その尻上がりの面白さには圧倒されます、
7話以降の急カーブが凄まじい。

一番面白いのはミナレの言葉選びのセンスなんですが、
ミナレのバイト先の同僚中原君、
ラジオ局のアシスタント瑞穂ちゃん、
ミナレをDJに誘った麻藤さん等
他のキャラクターも相当面白いこといいます。

本作の売りの一つであるラジオ放送のための
シチュエーションコメディのノリについて
いけなくても日常時の会話劇だけでも十分笑えます。

ミナレのキャラクターがまたいいんですよ。
親しみやすい性格で、やたら地頭がいい。
その割に計画性がなく刹那的。

そりゃトラブルが寄ってきますわ。
この寄ってきたトラブルをラジオ番組のネタ
にしつつ解決していく形で話は進行していきます。


本作を見て思い出されるのは
昔のラジオ、テレビです。

私は最近復活して話題になった
「99のオールナイトニッポン」や
「天才たけしの元気が出るテレビ」
を聴いたり見たりしていた世代です。

今は当時のようにテレビ、ラジオに
接していないので詳しくないのですが、
コンプライアンスや規制が厳しくなったのも
あって昔のような素人の活用は
しにくくなったんでしょうね。

投稿職人の中には
芸人より面白いんじゃないか、
と思わされるほどの人達がいましたが。

本作中で、麻藤さんがそう仕向けたのもあって、
スポンサーを付けず時間帯もド深夜である
ミナレの番組はやりたい放題をしています。

本作はどんどん不自由になる状況に
直面している制作に係わる人達
への応援歌のような気もします。

面白ければ問題ない、ですまされなくなった今
だからこそ輝く作品なんじゃないですかね。

それにしても「かこうとん」「かこうえん」って
ああいう漢字当てるのね。
三国志かよ、と思ってたので笑いました。

投稿 : 2020/09/26
♥ : 17

63.1 3 理解できないアニメランキング3位
Lapis Re:LiGHTs (ラピスリライツ)(TVアニメ動画)

2020年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (76)
293人が棚に入れました
舞台は輝砂、そしてその結晶体である輝石が動力として普及した街・マームケステル。輝砂や輝石を利用し、呪文やメロディによって魔法を発動させる少女は “魔女"と呼ばれ、歌唱活動や魔獣退治を行い、人々から憧れを集めていた。暁の魔女が創設した魔女見習いが集う学校、フローラ女学院。立派な魔女になることを夢見る少女・ティアラは学院の門を叩く。「私、ぜひともこちらの学院で学ばせていただきたく――えっ!?」

声優・キャラクター
安齋由香里、久保田梨沙、向井莉生、佐伯伊織、山本瑞稀、星乃葉月、嶺内ともみ、篠原侑、中山瑶子、本泉莉奈、鈴木亜理沙、大野柚布子、早瀬雪未、広瀬世華、赤尾ひかる、雨宮夕夏、松田利冴、桜木夕、奥紗瑛子、伊藤はるか、花澤香菜、南條愛乃、上坂すみれ、佐倉綾音

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

歌って踊る「魔女(アイドル)」って、何やねん…(笑)? でも、好きか嫌いかでいうと好きですよ。

==[下記は第1話視聴時のレビュー: 以下、追記あり。]==
最初からメディアミックス前提の企画というふれこみの『Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)』のTVアニメとして放送されてます。

アニメは第1話を観ました。私はこのところ毎月「月刊コミック電撃大王」を読んでいるので、コミック版は連載開始の2019年12月号から最新の2020年8月号まで、掲載されたものは全話読んでいます。

アニメ本編後の宣伝でも言っていた通りで、少なくともアニメとコミックでは登場キャラクターは共通しているもののストーリーはまったく一緒というわけではないようです。ゲームに関しては私はしりませんが、こちらもおそらくアニメやコミックとは若干異なるストーリーになるのではないでしょうか。

ただし作中で主人公のティアラを始めとして魔法を使える「魔女」と呼ばれる存在があること、魔女を育成する「フローラ女学院」があって主な登場人物はその関係者であること、魔法の発動に「音」が必要であることなど基本となる設定は共通であるようです。

また、彼女たちは作中で「オルケストラ」と呼ばれるライブパフォーマンス的な活動を行います。

第1話の段階では誰も「オルケストラ」を披露していなかったので、そのような場面での作画や演出は現時点では未知数ですが、いわゆる「アイドル物」と呼ばれるような競合作品は、結果として同一放送クールにはなくなってしまったようです。

なので、そういったライブステージ前提の作品を求める向きには今クールの注目作かもしれません。
==[第1話視聴時のレビュー、ここまで。]==

2020.7.12追記:
第2話まで視聴終了。

主人公ユニットではありませんでしたが、学園のトップレベルの班であるsupernovaによる「オルケストラ」が初めて披露されました。

ライブのシーンにはCGが使用されていたようでしたが、普段のシーンの作画との違和感はそれほどなく、動きも悪くはなかったです。今のところ全体として作画クオリティはやや高めといって良いのではないでしょうか。

この世界でも、魔力で光る(?)サイリウムとかペンライト的な物があるんですね!

主人公の属する班(CMではLiGHTs(ライツ)と名乗ってるけど作中での命名イベントはまだ)のメンバーについて、ティアラ以外のキャラクターの性格や特徴の理解が進む回でした。第3話も楽しみです。

2020.8.1追記:
第5話まで視聴終了。

あの世界だとなんていうのか知らないけど、野営の食事の仕込みでシュラスコ(ブラジル風バーベキュー)でいうabacaxi(アバカシ:パイナップルの芯のところに串を刺して焼いた奴)みたいなのの準備をしてました。ナイフや火打ち石代わりになる髪とか、あるふぁさん、いわばメイドロボだけど、まじ人外(笑)。

「ねんがんの○○を手に入れたぞ!」(ロマサガ)とか、スティッキィ・フィンガーズ(ジョジョ)とか小ネタは相変わらずふんだんに仕込まれていますねぇ…。

あと、この世界では魔道具(?)的な物がきちんとテクノロジー化されているというか、固有魔法みたいな物はみんなてんでバラバラなのに自動ドアから始まってダイソンの扇風機みたいなドライヤーや5話の野営用装備など、同じ道具を使うと基本的にちゃんと同じような効果が得られるように描写されているのには妙に感心してしまいました。

これだけ技術的に安定した物なのであれば、魔力が街のインフラを担えるのにも納得ですよね。

2020.8.9追記:
第6話まで視聴終了。自分以外も通せるなら、確かに「壁抜けの魔法」で良いような気がする。

2020.9.24追記:
放送日に最終話(12話)まで視聴しましたが更新が遅れていました。最終話は豪華全ユニットでのオルケストラ披露でしたね。

各話サブタイトルの頭文字を並べていくと作品タイトルになっているという言葉遊びみたいなことになっていましたが、それはまあわりとどうでも良かったりします。

リネットはLiGHTs(主人公ティアラの所属ユニット)の中では一番作中での成長がわかりやすいキャラだったと思います。序盤こそおどおどするばかりでしたが、終盤では土壇場でもティアラ以外の4人の中では一番落ち着いていたように見えますし、魔法や知識面での活躍も見せてくれました。

アシュレイはオチ要員として鉄板でしたね。ラヴィを常識面で窘めるくせに自分はポンコツというキャラが魅力でした。最終話での空からの登場シーンもとても彼女らしかったと思います。

ラヴィは普段のアホな言動からは想像もつかないような大技をたまに見せたり、良いことをポロっといったりしてギャップが魅力でした。

ロゼッタは頼りになるオールラウンダーで、ティアラそしてLiGHTsを支えていましたね。

LiGHTsの5人を含めた作中のメインキャラ20人についてはわりとキャラが立っていて、ユニットも含めて覚えるのはあまり苦痛になりませんでした。

ティアラ様はウェールランドの第二王女ということで、魔法の系統的には我々の世界のケルト系の魔法なんですかね、知らんけど。
(『魔法使いの嫁』を思い出したり出さなかったり…。)

いわゆる「魔力」をエネルギー源としてマームケステルのインフラが担われていたり、メアリーベリー作のベリーボードやオルケストラ用の音響機器、あるいは航空機(しかもVTOL!)のようなものが実用化されていたりとこの世界の文明に関する設定はけっこう私好みでしたね。

「ティアラのティアラ」にも面白い設定があって、最終話で明らかになりましたが設定的に面白くなる要素がたくさんありました。

あと「対魔獣戦力としての魔女」ということでいうと「強い人は直接戦闘においてもけっこう強い」ということで一般兵の数十人分の戦力なんではないかと思います。もっと支援魔法や遠距離攻撃をするものなのかと思いましたが、接近戦もこなすのは意外でした(笑)。

フローラ女学院の教育内容については、作中世界の要請からすると実践的な内容でとても妥当だと思います。こちらの学園生活により強くフォーカスすると、もう少し世間受けする作品になったかもしれないですね。ただ、ゲームへの展開からの要請で対魔獣戦闘描写を入れることは避けられなかったのかもしれません。

個人的には結局ティアラの魔女としての実力レベルが良くわからないという点以外は大きな不満があったわけではなく、本作にはかなり楽しませてもらったと思うので、世間の評価とは一致しないという自覚の下で評点的には4.0とさせていただきました。世の中の本作のストーリーに対する評点は、きっともっと低いものでしょうね。

作画は終始安定していたと思います。声優についても問題を感じるレベルの演技はなかったんじゃないでしょうか。

音楽に関しては、特に本作ではユニット毎の特徴というものがある程度意識されていると思いますが、そこはとても良かったです。私はLiGHTsとIV KLORE(フォークロア)が特に気に入っています。

特にIV KLOREの歌の歌詞の中二病ぶりは突き抜けていて良いですね。

何だかんだいって、実は毎週楽しみに観ていましたよ。ということで特にお勧めはしないのですが、私はけっこう本作は好きでした。

投稿 : 2020/09/26
♥ : 25

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

おもちゃ箱というより宝石箱かな

まず言いたいのは、超激戦ジャンルに挑戦したなあということ。
アイマス、ラブライブ!、BanG Dream!とか、今やアニメ・ゲーム界をけん引する大ヒットコンテンツがある中で、後発のこのコンテンツがどこまで食い込めるのか。難しいところだなあ。
2年くらい前からプロジェクトは始まっているようだが、とにかく気合が違うという気がする。
日本でのアニメコンテンツはこうやって使うんだという見本のような作りである。

前置きはさておき、アニメの内容の話をしよう。
基本的には魔法学校の学園生活を描いている。
たくさんの登場人物が出てきて、それぞれ2~5名のユニットを作り、アイドル的なライブをやる流れ。
しかしそんな流れを無視するかのように、毎回様々なイベントが展開され、
話がサッパリ見えない。冒険あり、スポーツあり、ホラーあり・・
おもちゃ箱をひっくり返したような作品。
そういえば昔はこんな感じのアニメ多かったなあ。
なんだかうる星やつらを感じさせるような古臭さがある。
でも登場人物がみんな美形の少女であるためか、キラキラしていて宝石箱のようだ。
次回どうなるんだろうというドキドキ感が皆無なのもめずらしいが、
今回はどんな話なんだろうかと、全く読めないのも事実。
気軽にみれるけど、不思議と引きこまれるのは、妥協しない作画と、手書きに見劣りしないCGでのダンスシーンがあるからだろう。背景の細かいところまで気を配って描かれていることに感心する。
それと何といっても音楽に手を抜かずに製作しているところだろうな。

Youtubeの公式チャンネルを見て驚いたが、すごい動画の数。
しかもどれもこれも10万再生超えているなんて脅威だ!
各ユニットの曲、アニメ本編のものより昨年各ユニットから出されているMVがどれも秀逸だった。
ボカロ大好きな自分としては、知っている作曲者やMV製作者がいるところで共感してしまった。
まだプロとしての名声には乏しくても、実力者を集めたなあという印象。
このプロジェクトの中の人、センスいいと思うよ。(勝手にボカロびいきしてますね)
主人公ユニット LiGHTs が一番力入っている気がするけどね。
それにしても参加声優はみんな歌がうまい。声を職業としているのだから当然といえば当然かもだけど。
Ray以外のユニットの声優は知らない人ばかりだけどね。

アニメ内容に話を戻そう。最初は不安もあったけど、全12話うまくまとめたと思う。
限られた話数で多くのキャラを適度に扱って、好感持てるようにした手腕は大したもの。Rayの「ゆずりは」ちゃんとか、まるまる1話、特集してやって欲しいくらいだよ。
最終12話は、11話まででお膳立てした結果、初っ端から各ユニットのライブメドレー。
LiGHTsのみCGではなく手書きだったのはすごいっていうか、分かってらっしゃる。
先行の巨大コンテンツに肩を並べられるかどうかは何とも言えません。
ただ、単体のアニメとしては評価したいと思いました。

投稿 : 2020/09/26
♥ : 7
ページの先頭へ