1995年度の矢田稔おすすめアニメランキング 1

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの1995年度の矢田稔成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年02月19日の時点で一番の1995年度の矢田稔おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

62.9 1 1995年度の矢田稔アニメランキング1位
ドラえもん 2112年ドラえもん誕生(アニメ映画)

1995年3月4日
★★★★☆ 3.4 (21)
133人が棚に入れました
「ドラえもん のび太の創世日記」の併映作品。ドラえもんは何故青い? 何故耳が無い? などの疑問に答える一編で、ナレーションを原作者の藤子・F・不二雄が務めた。新作のアイデアに悩む漫画家の藤子・F・不二雄はいつしか夢の中へ…。2112年9月3日、マツシバのロボット工場で造られていたネコ型ロボットの一台が焼却炉に落ちかかるも、ダンシングロボットのノラミャー子に助けられる。ここで救われたロボットこそ後のドラえもんだった。

offingbook さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

2112年9月の3日まで生きてみたい…。(笑)

 ドラえもんのび太の創生日記と同時上映された短編アニメ映画。
 
 ドラえもん原作者・藤子・F・不二雄先生がどのようにしてドラえもんを誕生させたのか。
 未来の世界でドラえもんはどのようにして生まれたのか。
 ドラえもん誕生の二つのルーツを短い時間で楽しみながら知ることができる作品になっています。

 なぜどら焼きが好きなのか?
 なぜネズミが嫌いなのか?
 ドラえもんとセワシはどうして出会ったのか?
 ドラえもんが青い理由、ドラミちゃんとの初対面、のび太のもとに来た理由…。
 少しでも気になる人はアニメを見よう!(笑) 

 アニメ仕様のフィクションも多少混ざっているのかもしれませんが、これが公式設定ということでいいんじゃないでしょうか。ちなみにドラえもんズが初登場した作品でもあります。
 
 オープニングでは本物の藤子・F・不二雄先生がナレーションをしているので、そこも見所(聴きどころ?)です。

 藤子・F・不二雄先生、ドラえもんを生みだしてくれて、本当にありがとうございますっ!(笑)

投稿 : 2020/02/15
♥ : 12
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ