おすすめ矢薙直樹人気アニメランキング 11

あにこれの全ユーザーが人気アニメの矢薙直樹成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月21日の時点で一番の矢薙直樹アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

73.3 2 プリンセスチュチュ(TVアニメ動画)

2002年夏アニメ
★★★★★ 4.1 (171)
941人が棚に入れました
金冠町という町の金冠学園バレエ科の落ちこぼれ生徒・あひるは、憧れのみゅうと先輩といっしょにパ・ド・ドゥ(男女がペアを組んで踊ること)を踊るのが夢。
人の心を持たず、いつもさみしげなみゅうとの役に立てればと願うあひるに、謎の老人ドロッセルマイヤーが力を授け、あひるはプリンセスチュチュに変身して、みゅうとに失った心のかけらを返してあげることができるようになった。

声優・キャラクター
加藤奈々絵、矢薙直樹、櫻井孝宏、水樹奈々、松本さち、白鳥由里、松本保典、岸田今日子

魔女旅に出る

★★★★★ 5.0

大人も子供も楽しめるファンタジーな物語

バレエ学校に通う少女が魔法少女になってバレエダンスを踊り人々を助ける物語です。一見、子供向けに見えますが蓋を開ければ謎が謎を呼ぶダークストーリーでもあります。実は彼女の正体は・・・本編を観てからのお楽しみです。第一は内容がぶっ飛んでいますが徐々になれてきますので、足切りせずに3話までは見てくださ。徐々にプリンセスチュチュの世界にハマっていくと思います。個人的にまどマギを視聴した方に全力で進めたい作品です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 59
ネタバレ

ワタ

★★★★★ 4.3

埋もれさせとくには勿体ない傑作

いやー、これは面白かったです。
内容自体もそうですが、他作品にはない斬新な試みが凄く面白いですね。

総監督を務めるのは「ARIA」「カレイドスター」などの監督でもある佐藤順一。

一応、魔法少女モノと言える作品で
主人公の少女・あひるはプリンセスチュチュに変身して
バレエを踊ることで相手と対話し、改心させることにより
王子の失われれた心のカケラを取り戻していく、というお話。

キャラデザや主要キャラの性格など、少女向けでメルヘ~ンな世界観だし
バレエシーンのミュージカル風の演出なども合わない人はダメかもしれません。

自分もちょっと抵抗あったんですが、物語の壮大な仕掛けもあって徐々に引き込まれましたね。

{netabare}本作は所謂メタアニメというやつで、作り物の世界であることを否応無しに思い知らされます。
何しろ、物語の作者であるドロッセルマイヤーが頻繁に介入してきますからねw
この構造のせいで、キャラへの感情移入が阻害されるという意見もあるようですが
個人的には割と感情移入しながら観られました。
「ふぁきあ」とか、最初は何だこのいけ好かないホモ野郎とか思ってたけど
印象が全く変わりましたからね。ある意味作中最萌キャラと言っていいw

それに終盤になると、主要キャラ達が物語の世界の住人であることを自覚して
自らの物語の中での立ち位置に対する葛藤が描かれるのが良かった。
「避けられない悲劇からハッピーエンドへ」「私の物語は私が創る!」
本作がメタ構造であることにきちんと意味を持たせている点を高評価。
メタ構造だからこそ、熱く心に響く展開です。{/netabare}

それにしてもBGMが素晴らしい。有名なクラシック曲が使用されているのですが
これがバレエシーンと絶妙にマッチしているだけでなく
物語やキャラのモチーフとしても活用されており
クラシックの音楽的な意味を知っていると、より楽しめるとのこと。

物語の結末含め、この独特な世界観を貫き通したことが何より素晴らしい。
これ程一切の妥協なく、丁寧に作り込まれた作品もそうそうないと思うので
もっと多くの方に観て欲しいですね。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 41

マジ天使

★★★★★ 4.3

芸術作品のようなアニメ

物語と現実が入り混じった街の、不思議でせつない童謡のような話。
バレエを軸に面白い話が作れるのかと不安でした。また、1話目ではなんの説明もなく話の中に放り込まれたような感じになり不安な印章を与えてくれましたが、視聴し終わってみると「なるほど」と言ったところ。
------------------------------------------
心をなくした王子様。結ばれないと結末を知りながらも錯誤するプリンセス。王子を守りたいゆえに物語が進むことを恐れる騎士。王子を愛する我ゆえ悪役になりきれないカラス。
------------------------------------------
この4人の役柄がメインなのですが、もとは「チャイコフスキー」の「白鳥の湖」を元に作られています。
オデット(白鳥)オディール(黒鳥)の使い方や、劇中に使われるクラシック音楽など綿密に理解して作られているスタッフの「こだわり」が見える作品でした。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 15

57.4 3 ナイトウィザード The ANIMATION(TVアニメ動画)

2007年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (95)
859人が棚に入れました
太古より地球全体に世界結界と言われる不可視の結界を越えて、人の世界に侵入しヒトやモノにとりつき、その者の心の中にある生命エネルギーを吸い取る侵魔・エミュレイター。
通常の科学兵器は効果をもたないこの敵に唯一対抗できるのは、人でありながら魔法の力を扱えるナイトウィザードだけだった──。ナイトウィザードと世界を支配しようとする裏界の魔王たちとの争いは激化し「マジカル・ウォーフェア」と呼ばれる戦争に突入する。その戦争を終結させる力を持った運命の人物が、ヒロイン・志宝 エリス。
彼女がナイトウィザードとして覚醒し、宝玉のひとつを手に入れたところから、物語はまくを開ける。

声優・キャラクター
矢薙直樹、宮崎羽衣、小暮英麻、佐藤利奈、後藤邑子、柚木涼香

◇fumi◆

★★★★☆ 3.7

この世にこれしかアニメが無かったら 何度でも観たいかも

2007年放送のテレビアニメ 全13話

原作 菊池たけし 監督 山本裕介 構成 藤咲あゆな
制作 ハルフィルムメーカー


ナイトウィザードは2002年から発行されているテーブルトークRPGで、
2004年からファミ通文庫で小説版が刊行されています。
アニメ版は小説版二期「リプレイ」の続編となるオリジナルストーリーだそうです。

主要登場人物は
柊蓮司 CV矢薙直樹 主人公
志宝エリス CV宮崎羽衣
赤羽くれは CV佐藤利奈
緋室灯 CV小暮英麻
ベール=ゼファー CV後藤邑子
リオン=グンタ CV柚木涼香

毎回違う世界で主人公が戦う適当ヒロイックファンタジー。
主人公以外はすべて女と言うことで、ハーレムと言うよりは主人公がパワハラされてるような印象です。

当時のレベルでは楽しくも個性的なキャラで引き込まれました。
ぞろぞろ名前を書きましたが、女性キャラが魅力的でそれを見るだけでも価値があります。
この時期の後藤邑子様の魅力は今観ても衝撃的ですよ。

上品と言うのとは違いますが、おろしたてのコスプレ衣装を着て演技してるのを見てるようなすがすがしさを感じました。

10年以上前の作品で低予算、名原作でもないということで、若い人に推薦したら怒られそうですが、
お勧めして走って逃げたくなるような、なんかそんな感じ。

決してネタアニメではありません。 
予定調和の作品ですので安心して視聴できます。

家事でもしながら流しておくような作品です

投稿 : 2019/09/21
♥ : 22

Baal

★★★★☆ 4.0

展開のわりといいストーリー

物語の始まりのナイトウィザードの世界観の説明がとあるアニメと

そっくりだったなと思いました。(どっちが先か知らないけど)

そして、話の展開が良かったように思います。伏線を入れてある

のは分かっても今後の展開が予測しにくいかつ上手く使っている

ので見ていて飽きない感じがしました。結局のところはありきたりと

言えばそうなるかなと思いますが。

個人的な解釈では最終的な黒幕の言動と行動に二重の意味を

取らせることができ、それ故、真の目的のために目的を隠しつつ

ほかの人を上手くコントロールしていたように思います。

そんな風に考えれるところが良い所で面白いところだと思います。

9/24 星評価変更、感想追記

二回目を見たあとで分かったことだったんですが、好きな

声優さんが出ていた。声優で選ぶことが多いので

(好きな声優さんが出ているのは積極的に選ぶだけで

見ない作品を選ぶことはありません。)

なんで気付かなかったのだろうと思いました。

それとOPの「KURENAI」がなんか心の中に

惹きつけるような曲でよかったと思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 13

とってなむ

★★★★☆ 3.6

王道ファンタジーとして見れば普通に良い作品

エンターブレイン出版の小説(テーブルトークRPG)原作。
色合いとしてはいわゆるラノベ調で、それを好む方は一定の満足度を得られるのではないかと思います。
因みにジャンルは残念系。バトルアクション。


私は好きです。ラノベ感。
ただ、この作品だけの特徴みたいなのがあまりなく、記憶に残らない気がします。
どうもこの作品を評価しようとすると、面白かったけどつまらなかったという訳のわからない結論に至ってしまいます。


主人公含めキャラは魅力的。
会話の流れがスムーズで面白い。
でもストーリーがつまらない。
端的に言ってしまうとこんな感じです。



大まかな物語としては、
日常の常識を守るため、ナイトウィザードと呼ばれる能力者が"非常識の存在"と戦うというもの。
世界を支配しようと企む魔王勢との争いです。
ありがちで、テンプレではないのですが展開もありがちでした。
古い作品にこんなこと言うのもどうかと思いますが、目新しさに欠けました。
が、それだけに無難に観れる作品でした。



2回目になりますがキャラは魅力的。
通称「下がる男」の主人公・柊蓮司はいいキャラしてました。
この"下がる"ネタは笑えるところもあったかも。

それと、エリスちゃん可愛かったです。



OP「KURENAI」 歌-宮崎羽衣
ED「Erinyes」 歌-BETTA FLASH

EDが強く印象的ですが、好きなのはOPです。


--------------------------


実際のところ本作は好きなんですけど、書いてると自然に悪い方向に文が流れていく不思議。

『薄い』と言ってしまえばそれまでのもの。
完成度はイマイチなので、楽しめるかどうかに関しては視聴者の趣向によって大きな違いが生じるのではないでしょうか。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 29

58.1 4 イノセント・ヴィーナス -INNOCENT VENUS(TVアニメ動画)

2006年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (66)
397人が棚に入れました
西暦2010年。 地球規模で同時多発的に発生したハイパーハリケーンは、世界各国に甚大な被害をもたらした。 80億まで膨らんだ人口は一気に50億が失われ、30億まで減少。 経済・軍事のバランスが崩壊した。日本政府は経済特区を各地に作り、限定的な復興を成し遂げた。 かねてより開発されていたパワードアシスト技術が復興に大いに貢献することになる。しかし、特区以外の地域は貧困が拡がり、スラム化が進んでいく。 支配階級は自らを「ロゴス」と名乗り、パワードアシスト技術を軍事に転用。貧困層を「レヴィナス」と呼び、壁の外へ締め出した。
ネタバレ

グリーン馨

★★★★☆ 3.3

面白くなりそうなアニメだった。

以前DVDのCMを見て気になっていたタイトルでした。WOWOWでやっていたので当時は放映している事にまったく気が付かなかったです。

前半まで良いテンポで進み、話も先が気になる感じで程良く情報が小出しにされるのでとても面白い!と思って見ていました。

ですが、ラストにかけて話にもたつきを感じました。
設定も世界観もとてもいいです。丈と仁と沙那のキャラクターもとても魅力的です。
CGでのロボットアクションもスピード感があってバトルも見やすい!

それだけにラストにかけて話をまとめきれなかった感じがあり残念に思いました。
構成が問題というよりは全体的に話数が足りなかった故に…という感じが。
前半が面白く期待値が高いだけに後半のぐだりが余計に目立ちます。

うーーーーーん、悪くはないけど…もう一度見たいとは思わないかな、という感じです。


{netabare}





話も悪くない。丈と仁の対比も面白いしキャラも立ってていい。
ただ綺麗にまとめきれなかった感じがして話の評価が微妙になる。

対比させるなら仁をとことん悪役にしてラスボスにしたほうが面白かったのでは、と思ってしまいます。仁が裏切ったシーンはそれまでの話の積み重ねがあっただけにとても衝撃的でしたし、面白い展開だと思います。

なのにラスト、なんであんな小悪党になってしまったんだ…という感じ。
ドレイクがラスボスだったとしても、あの仁の終わり方はちょっと雑な感じがします。

1クールだと仁が裏切るまでが長い気もする。でもあれだけの長さがあったから仁が裏切ったときのインパクトがあって面白い。じゃあ2クールにしたらっていうとあの話があと12話膨らんだところで…とも思ってしまう。

うーん…2クールだったらラストが違ってたのかな〜なんて。

過去がなかなか語られないのでやきもきしながらすごい期待して見るのです。
でもいざ過去がわかったときが薄い!!こんだけ焦らしてバラすんだからもっと派手に!!濃く!!やって欲しかったと思いました。

うーん…やっぱり2クールだったら…と思ってしまいます。

{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

りおんぱん

★★★★☆ 3.4

タイトルなし

ファントムを脱走した葛城丈と鶴沢仁は
「ヴィーナス」と呼ばれる登戸沙那を連れ逃亡生活をしていた
一人の少女を巡り時代が大きく動こうとしていた


~感想~
各キャラはそれぞれの私欲でのみ行動しているところに
スケールの小ささを感じてしまう
丈は無口で仁を信頼し常に仁と共にいて
自分の意志で行動するタイプではなく最初はそれでもよかったが
後半もう少ししっかりしてほしかったかな

全体的にシリアスで世界観がはっきりしていない
1クールでは少し無理があったのでは?

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

計測不能 5 ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!(TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★★★☆ 4.0 (9)
116人が棚に入れました
「ふしぎ星」の危機を救った「おひさまの国」のふたごのプリンセス、ファインとレインは、故郷を離れ、ロイヤル・ワンダープラネットにある宇宙中の様々な星からの留学生が集う全寮制のロイヤル・ワンダー学園に入学する。しかし、学園は入学前に想像していた「楽しい学園生活」にほど遠く、無意味に厳しい校則や建前主義の横行でとても重苦しい雰囲気。2人はこの雰囲気を打破し、学園を明るく楽しい場所にすべく「友だち100万人」を合い言葉に立ち上がる。

声優・キャラクター
小島めぐみ、後藤邑子、金田朋子、佐藤利奈、こおろぎさとみ、加藤英美里、立花慎之介、丸山優子、緒乃冬華、川崎恵理子、升望、坂巻亮祐、加藤奈々絵、柿原徹也、皆川純子、水橋かおり、福圓美里、下野紘、すきがら沙智、鈴木みさと、杉山佳寿子

61.8 6 銀河鉄道物語(TVアニメ動画)

2003年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (18)
104人が棚に入れました
銀河鉄道の安全を守る空間鉄道警備隊(SDF)を舞台に、SDFでの任務中に殉職した父、そして空間装甲擲弾兵(SPG)としてその任務中に殉職した兄、その二人の遺志を受け継ぎ、SDFに入隊した有紀学(ゆうき まなぶ)を中心として、彼が自分の運命を自らの手で切り開いていく。

大和撫子

★★★★★ 4.2

さすがは松本先生

この作品は「銀河鉄道999への冒涜だ」とおっしゃる方が多いとよく耳にします。
しかし、私的にはその考えは間違っていると思います。
確かにこの作品は「日常パートは銀河鉄道999」+「戦闘パートは宇宙戦艦ヤマト」という世界感であり、列車で宇宙戦闘をするなんて設定に無理がありすぎます。
乗客を乗せる列車に警備の為武器が装備されているという設定ならまだわかりますが、戦闘用の列車に乗客を乗せる車両がついているのは無駄なスペースにほかならない。
普通に考えても敵の的になること間違いなし、即撃沈されてもおかしくないです。
でも・・・すごくカッコいいんですよね。


このアニメのメイン列車であるビッグワンの発進時は・・・
隊長「システムチェック!」
隊員A「システムチェック、スタンバイ!」
主人公「素粒子ワープ走行発生機関異常なし!」
隊員B「軌道通信レーダー異常なし」
オペレーター「ビッグワン、出場位置へ」
隊員A「上昇フロート固定確認、磁力バリアー発生機関正常値へ」
隊員C「エネルギー正常、ボイラー内圧力上昇、シリンダーへの閉鎖弁オープン」
隊長「メイン回路接続」
隊員C「接続!」
隊員A「システム、オールグリーン!」
隊長「ビッグワン!発進!」
そして汽笛を鳴らしながら現場へ・・・。
この発進シーンには痺れました。
戦闘シーンははっきりいって「宇宙戦艦ヤマト」そのものですけど、宇宙空間を走る列車は美しく憧れてしまいます。


また戦闘以外の日常パートでもさすがは松本先生といった感じで、感動あり切なさあり懐古ありで「銀河鉄道999」のシナリオ以上の展開を見せてくれます。


この作品に興味を抱いたなら、まず第1話だけでも見てもらいたいです。
この1話目からいきなり最終回のような衝撃展開で興奮してすぐに松本ワールドの世界に引き込まれてしまうと思います。
そして第21話目からは急展開を見せ、第24話ラストには最高の盛り上がり、この後最終回まで目が離せませんでした。


またこの作品で特に注目したいのが人の死についてです。
不謹慎な言い方になってしまうかもしれませんが、松本先生の描く人の死の美しさは他の作品と同様にこの作品でも私の心に衝撃を残してくれました。


それと松本先生の作品にかかせないのが「ささきいさお」の歌う曲。
OP曲の「銀河鉄道は遥かなり」はキリッと身が引き締まる気持ちになり、ED曲の「銀河の煌」はどことなくノスタルジックな気持ちにさせてくれる素晴らしい曲でした。


そうそう、松本先生の作品って他の作品とどこか繋がっているところがあるそうですね。
例えば作中では明確な描写はないものの、この作品の主人公である有紀学は「キャプテンハーロックの有紀螢」の弟という設定だとか、SDF隊員の一人が「宇宙戦艦ヤマト」のある人物と関連性がある?とか・・・。
他にもそういう設定がいくつか見られたのでそれを探してみるのも一興です

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9

Moji

★★★★☆ 3.6

メーテルも鉄郎も登場しない。

良くも悪くも、松本零士らしい正義感にあふれた作品である。
あの「銀河鉄道999」の銀河鉄道管理局・空間鉄道警備隊(SDF)の話であるが、「銀河鉄道999」とは切り離して観たほうが良いだろう。
「もっと評価されるべき」までは推さないが、現時点の棚人数の少なさは残念に思う。
作品の出来としては中の上くらいだとは思う。
第2期やOVAへの伏線はないので、ここでやめることも可能である。
OP/EDについて、松本アニメには「ささきいさお」が良く似合う。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

計測不能 7 出撃!マシンロボレスキュー(TVアニメ動画)

2003年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (9)
62人が棚に入れました
天才的な能力を持った子どもを、特別に就職させるという法律「特殊才能育成法」が定められた近未来の物語。「マシンロボレスキュー」と呼ばれる、意志を持つ巨大ロボットと人間が協力して災害から人々を守るという消防と警察を組み合わせたような組織が新設された。そこに世界中から2500名以上もの中から選抜された12人の子どもたちと救助ロボMRたちの活躍を描く。

声優・キャラクター
中田和宏、徳永悦子、置鮎龍太郎、ゆかな、相田さやか、進藤尚美、比嘉久美子、日下ちひろ、四反田マイケル、早水リサ、木村亜希子、松元惠、堀江一眞、矢薙直樹、小田久史、野島健児、竹若拓磨、細井治
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 4.0

指差し確認OK!

レッド、ブルー、イエロー合計12人(+α)の子供たちがマシンロボレスキューで働き
仲間やマシンロボたちと共に成長していく物語。
かつてのマシンロボアニメよりは
絶対無敵ライジンオーとかを想像してくれたほうが内容は近い。
(シリーズ構成の人同じだしね!

話の内容は途中までも普通に面白いんだけど{netabare}ジェイが
仲間になって{/netabare}からは格段に面白さが上がったと思います!
メインキャラは多いけど一部を除いてみんな個性があるし
印象に残る回もそれなりにあってよかったです。
僕のお気に入りは太陽、ジェイ、エース、鈴 あたり・・・
やっぱり目立つ太陽と一緒の印象が強いメンバーですね。

太陽は持前のサバイバルナチュラルという能力もあって
とにかく突っ走っちゃうとこもあるけど
{netabare}自分の才能がエースの努力に追いつかれて悔しい想いをするけど素直に教わりに行く所とか
自分が一番ひどい目に合わされていたジェイを誰よりも信じてあげたり{/netabare}と真っ当な主人公らしくて良かった。

エースは{netabare}普段のキャラでは想像できない努力家だったというのが意外性があったし
「エースにまかせな!」という言葉もいい加減なものではないというの{/netabare}が良かったです。

ジェイは{netabare}敵の時もステルスとの関係性が魅力的だったけど{/netabare}終盤は一番好きなキャラにまでなりました!

鈴はヒロインとして凄く良いポジションでした。一番かわいらしかったと思います。

あと個人的にこの作品の好きなところでいうと・・・
{netabare}ラスボスを倒した後のエピローグに}3話分も使ってくれた所と
ジェイやステルスだけでなくガラゴロたちにまでいいやつがいた所
レスキュー物だけど助けられない命もあるって所かなぁ!{/netabare}

思いつく悪い所は一つに繋がります。海くんの扱いです。
終盤まで見ててそういえばこの子だけ印象薄いけど・・・
あれ?本当に目立った覚えがないけどメイン回あったっけ?
って思って確認してみたら、なかった・・・!?
{netabare}しかもアリスに暴力を振られたり、自分の台詞を他の人に取られるなどろくな場面がない。{/netabare}
今思い返せばアリスの印象が僕の中で悪かったのも海くん絡みですね。
(そーいえば前述で名前を出したライジンオーでも一人だけメイン回が貰えない子がいたけど偶然・・?

悪い所もありますが楽しめる作品です。
マシンロボのアニメではこれが一番いいと思いますっ!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

計測不能 8 トラブルチョコレート(TVアニメ動画)

1999年秋アニメ
★★★☆☆ 2.9 (8)
41人が棚に入れました
 魔法が存在するのは当たり前。だが、すでに古いもの、時代錯誤なものとして認識されてしまっている――そんな不思議な世界で、個性的なキャラクターが巻き起こすドタバタコメディ。原作は同名の人気ラジオドラマ。CD、トレーディングカードも発売されている。生徒・教師あわせて10万人もの人間が通う超マンモス校のマイクログランド学園。そこには木の妖精ヒナノや魔法世界の救世主カカオ、召喚魔法の教師ガーナなど、個性的なキャラクターがそろっていた。

計測不能 9 銀河鉄道物語~忘れられた時の惑星~(OVA)

2007年1月24日
★★★★☆ 3.6 (8)
41人が棚に入れました
無限の宇宙空間を走る銀河鉄道。突如、そのレール上に原因不明の幻想空間が現れ、各路線が運行不能に陥る怪奇事件が勃発し、その原因究明が急がれていた。そんな折り、別名「忘れられた時の惑星」と呼ばれ、今では銀河鉄道のレールが外された惑星ヒーライズから、銀河超特急999号の救難信号が届く。ありえない事態が続発し、混乱する銀河鉄道管理局は、ついに銀河鉄道の治安部隊である空間鉄道警備隊(通称:SDF)の精鋭、シリウス小隊に出動命令を下すのだった。
―――2007年1月24日から4月27日にかけて、DVD全4巻が発売。

計測不能 10 絆 ~恋のから騒ぎ~(OVA)

2001年1月1日
★★★★☆ 3.3 (3)
18人が棚に入れました
ボーイズラブ系コミックで定評のある漫画家こだか和麻の代表作のひとつ『KIZUNA-絆-』を約30分のOVA化。同作は90年代半ばにもOVAが2巻(制作は大映)作られたほどの人気コミックで、主人公のひとりである鮫島蘭丸はこの新作OVA版でも置鮎龍太郎が演じている。互いに強い絆で結ばれた美少年の鮫島蘭丸と円城寺圭。だがそんなふたりの間に波紋が生じる。圭がラブホテルのマッチを持って朝帰りし、さらには謎の女性=麗奈から圭に電話がかかってきたのだ。これを圭の浮気だと思った蘭丸は家を飛び出し、街をさまようことに。一方の圭もまた蘭丸を追うが、事件の真相は……。本作の実制作はゼクシズが担当。脚本/絵コンテ/演出/監督の要職をOVA『ぼくの地球を守って』などのやまざきかずおが手がけている。

計測不能 11 め組の大吾 火事場のバカヤロー(アニメ映画)

1999年7月27日
★★★☆☆ 3.0 (2)
9人が棚に入れました
曽田正人が手がけた消防士の活躍を描く同名コミックをサンライズがアニメ化。連載された「週刊少年サンデー」の40周年記念作品でもあり、イベント上映や劇場公開も行われた。物語は原作の要所を抜き出して再構成されている。千国市めだかヶ浜出張所、通称“め組"の熱血消防士・朝比奈大吾は独断先行から要救助者を助けた一件で、謹慎を命じられる。やがて芸術鑑賞会が行われている市民ホールの防火指導にあたっていた大吾だが、同所で大火災が発生し…。

ちゃっぴぃ

★★★☆☆ 3.0

人命救助のために生まれてきた男

おススメ度 2

なぜこんな場面からはじまる!?
原作を読んでいないヒトにはわけがわからないことでしょう。
TVシリーズとしてしっかりアニメ化してほしかった。
人命救助に命をかける消防士のお話として描かれているけれど
本当は消防士として成長していくというお話です。
迫力と緊張感は多少はあったかな。

原作は間違いなく名作なのでそちらを強くプッシュします。
雰囲気を確かめるためにコレをみるのならいいかも。
人間関係とかまったくわからないでしょうけど。

山田孝之さん主演でドラマ化されたこともあります。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ