神田和佳おすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの神田和佳成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月06日の時点で一番の神田和佳おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

64.9 1 神田和佳アニメランキング1位
ウインダリア(アニメ映画)

1986年7月19日
★★★★☆ 3.6 (46)
162人が棚に入れました
南の国イサと北の国パロは古くから不可侵条約を結び、長年平穏な関係を築いてきた。しかしパロの王ランスロは美しいイサを欲しがり、大臣カイルの勧めによって、イサの水門を解放して水没させようとした。しかしこのイサの危機は、サキの村の青年イズーによって回避された。この事件は両国の関係に暗雲をもたらす。とりわけ大きな衝撃を受けたのはイサの王女アーナスとパロの王子ジルであった。2人は密かに交際し、密会を重ねる間柄であったのだ。彼らの思いをよそに、両国は戦争に動き出す。一方、サキの村で妻マーリンと暮らすイズーのもとに、両国から戦争に協力して欲しいという依頼が…。

声優・キャラクター
古谷徹、神田和佳、井上和彦、松井菜桜子、高島雅羅、永井一郎、吉田理保子、柴田秀勝、若本規夫

うり さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

懐かしい作品。

劇場映画放映当時、嵌まったお話。
原作者は「宇宙皇子」の著者:藤川圭介。

美麗なキャラクターデザインのいのまたむつみのイラスト。
美しいメロディーラインと歌声の新居昭乃の主題歌と挿入歌。
ファタジー要素を盛り込んだ2つの王国の世界感。
「約束」というせつなさを感じさせる要素。

これらをもって「なぜこんなにつまらないのか」とショックを受けた作品です。
絶対に面白くないはずはない、という「これでもか」というくらいの要素が詰め込まれていながら…。

これだけの綺麗な要素、世界観にはとても嵌まって、
当時、出来上がった映画を見るのをとても楽しみにしていたものの、
見終わったあとに感じたのは「ああ、藤川圭介のお話って…」というもの。
世界観と設定、あらすじまではすばらしくよいのに、
この方の作品、どうにも盛り上がらない。
一言で言えば「脚本がつまらない」ということなのだと思います。
(実は原作自体その傾向があったものの、映画化でもっと脚色されるかと期待していたが、そのままだった。)

同じ設定、同じあらすじを使って、
脚本を変えてリメイクしてくれたら、もっと素晴らしくなるのでは?
と、思わずにいられない思い出の作品です。

新居昭乃さんの歌はこの頃からアルバムをほぼ網羅するほどのお気に入りに。
世界観も今見ても魅力を感じます。
本当に、面白くないのが不思議なくらいの作品です。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 2
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

{netabare}基本的にはいい奴だったんだけど戦争とかはちょっと軽く見てて
成功で思い上がって大切な人すら忘れて豪遊し、命を狙われ
自分が壊した町を見てやっと自分の罪の重さを知って後悔する主人公イズー。 {/netabare}

ここまで主人公を落とすのはアニメでは割と珍しいような気がします。
見た目が真っ当な主役によくいそうな感じだから余計に。

{netabare}王女と王子のほうは王子が責任を求められて王女に会うまでは
葛藤が無かったのがちょっと違和感を感じなくはなかったけど
序盤でふざけてバーンとかやってたのが本当に撃つことになったりとか
「儚いものね約束なんて。こうも簡単に白紙にできるんですもの」といった印象に残る台詞もあり
限られた時間で効果的に魅せるようにはできていると思いました。

もしもイズーが水没を食い止めたことが賞賛されていたら、
常日頃イズーの話を夢物語だと嘲笑わなければ
未来は違ったかもしれない・・・ちょっとした人と人とのすれ違いが
取り返しのつかない悲劇を生んでしまうかもしれないってことだね。

(といっても調子に乗ったとしても散々大切って言ってた
マーリンのこと忘れるイズーが一番悪いとは思いますけどね {/netabare}

話としてはつまらなくはないんだけどちょっと物足りなさがあったかな。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 2
ネタバレ

Dkn さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

いけ!ウインダリアッ!(恋人を)きりさく こうげき!!

1986年放映。102分。

「幻夢戦記レダ」などを制作していた
カナメプロダクションのOVA。劇場で公開された。
湯山邦彦監督作。(ポケモンの監督ですね)
キャラデザ・作監がいのまたむつみ

描くのが面倒な集団での戦闘や
引きでの背景を使ったアニメーション。
水などの流体を積極的に動かし、
何度か出てくる場所の設定も細い。

ストーリーも、ちょっとした掛け違いから
起きる凄惨な事件に、登場人物の関係性や作中での
役割など、とてもわかり易く描かれている。

惜しむらくは、出来がいいだけに
十把ひとからげのOVA作品を抜けてしまって
その他の劇場作品と比べ、どうしても
秀作止まりになってしまい特筆すべき部分が
薄くなってしまう。登場人物も滑らかに
意図通り動いてしまう為、予想がつく。

湯山監督いわく、普遍性のあるものを
作りたかったとのこと。
{netabare}「約束」がテーマである本作のラストは、
悲劇であったがゆえに心に残るものだった。
監督はじめスタッフの確かな自力がわかる
全てが高くまとまったアニメ。
{/netabare}
個人的には好きな作品なのです。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 4

計測不能 2 神田和佳アニメランキング2位
風の中の少女 金髪のジェニー(TVアニメ動画)

1992年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (8)
55人が棚に入れました
「アメリカ民謡の父」といわれる名作曲家スチーブン・フォスターと、のちに彼の妻となった少女ジェニー・マクダウェルとの音楽と恋に掛けた青春の日々を描く史劇ドラマ。1838年のアメリカは、ペンシルベニア州ローレンスヴィルの町。ハーモニカの好きな少年スチーブン、バンジョーを愛する黒人少年ビルとともにピアノレッスンに打ち込む美少女ジェニー。だが彼女を、心臓が悪かった母の急死という悲劇が襲う。ジェニーはこれを機会に、病気や怪我で苦しむ人々へ献身する人生を決意、医師の道を志す。一方、スチーブンもまた音楽家への道を志望。ビルもまた自分の進路を模索し始めた。製作は日本アニメーションで「世界名作劇場」の傍流的な作品のひとつともいえる。1話から本編中にフォスターの作曲した楽曲のメロディー群が使用されたのも話題。好評の番組は一年間の放映予定を貫徹し、最終回でジェニーとスチーブンは結ばれる。

声優・キャラクター
堀江美都子、藤田淑子、菊池正美、有本欽隆、神田和佳、キートン山田、勝生真沙子、優希比呂、石森達幸、岡のり子、中村秀利、はやみけい、鵜飼るみ子、白鳥由里、三浦雅子、西原久美子、玉川砂記子、島本須美、千田光男

aitatesoka さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

「名作劇場」以外の名作劇場系作品

フランダースの犬をはじめとする「名作劇場」とは別枠なのだが同系列と言っていい性格の作品だ
いかにも古い原作がありそうな作品だが日本人が有名な「アメリカ音楽の父」スティーブン・フォスターをモチーフに書いた物らしい

19世紀のアメリカを舞台としておりその時代にのっとった設定がなされている為視聴において違和感を感じることなく楽しめたし名作劇場系の作品としては平均的なできばえと言える起承転結がありラストは感動的に締めくくられており
子供に見せたいアニメと言って差し支えない

ただ途中の流れがやや助長過ぎるような気がするが原作を持たない作品で1年間通しての視聴を前提とする52話構成では多少は仕方がないかもしれない

投稿 : 2020/08/01
♥ : 2
ページの先頭へ