2008年度の茨城おすすめアニメランキング 1

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの2008年度の茨城成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月11日の時点で一番の2008年度の茨城おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

80.1 1 2008年度の茨城アニメランキング1位
図書館戦争(TVアニメ動画)

2008年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (1884)
10961人が棚に入れました
時は2019年、公序良俗を乱し人権侵害の表現を取り締まる「メディア良化法」が施行された現代。
強権的かつ超法規的な「メディア良化委員会」とその実行組織『良化特務機関』の言論弾圧に唯一対抗できる存在、それが図書館だった。かくして図書館は武装し、良化機関との永きに渡る抗争に突入することになる。図書館の自由を守るために。

声優・キャラクター
井上麻里奈、前野智昭、石田彰、鈴木達央、沢城みゆき、鈴森勘司、佐藤晴男、田中理恵

触手大魔王×糖分王 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

女性受けよさそう

原作が有川浩(女性作家)で、これ女性受けするなって感じの場面が多かったです。実際に知り合いの女性たちに図書館戦争見せたらキュンキュンするって言ってましたし。

物語の骨組みとしては、国家検閲機関VS図書館って構図の中、図書館に所属するヒロインの恋と成長+彼女を取り巻く仲間たちとの様子ってのがメインです。(キャラについては後述)


・主要機関の説明
検閲側
公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律(メディア良化法)が施行され、法務省に本拠を置くメディア良化委員会の代執行組織・良化特務機関は公序良俗に反する書籍・映像作品・音楽作品などを取り締まる。やり方も結構強引で時には鬼畜に思えることもあります。
⇒例:床屋は理容院、乞食は住所不定者というように表現されていなければ検閲対象として流通開始がされ次第、即没収するって感じです。おかげで供給が少なく利益を見込まなければならないので、児童書ですら5000円もしたり…
検閲対抗側
地方行政独立機関として各地域にある図書館。検閲に対して対抗権を持ち良化委員会から書籍等を守る機関です。高くて買えない、あるいは没収によって流通がされていないものも図書館にあるため、国民にとっては図書館が重要な機関となってます。

戦闘
両陣営火器使用が認められているため、戦闘になることも多く一種の内戦っていってもいいかも。
図書館側
専守防衛で相手が発砲してくるまでは仕掛けることはせず、相手が負傷した時もその敵隊員が後退するまでは攻撃しない。
良化特務機関
相手が死のうが負傷しようがお構いなし。とりあえず検閲対象物の回収が出来れば全てよしって感じなんで、前述した鬼畜さ加減がこういったところで垣間見えます。



※登場キャラ
笠原郁(井上麻里奈)
身長170cmの女性防衛員。普通女性は図書館員(図書業務)を志願しますが、高3の時に助けられた王子様(図書隊員)に憧れ自ら図書隊に志願します。女性初となる図書特殊部隊の隊員。堂上班所属。
考えるより先に体が動く単純な性格の今作品のヒロイン。性格が似てることもありなにかと堂上教官に噛みついたり失敗しては怒られてばかり。

堂上篤(前野智昭)
図書特殊部隊・堂上班班長
身長165cm。郁の新人訓練時の鬼教官。冷静でいるように努力してるけど、郁の行動に雷を落としてばかり。
⇒この彼と郁の言動がキュンキュンポイントになるかと

手塚光(鈴木達央)
堂上班・班員
真面目で勤勉。郁の同期の中ではトップの成績を誇るエリート。堂上を慕う。

小牧幹久(石田彰)
堂上班・副班長
堂上の同期で、よき相談相手。冷静沈着で弱みを見せない。笑い上戸でよく堂上と郁をからかう。

柴崎麻子(沢城みゆき)
図書館員
本性を隠し八方美人に徹する。あらゆる情報に精通する情報屋。郁とは同室。よき話相手というだけではなく、時には郁を諭したりもする良き友人。

玄田竜助(鈴森勘司)
図書特殊部隊・部隊長
無茶を無茶と思わない性格で、堂上からは無茶をする度によく説教をされるが本人はまったく気にしていない。稲嶺司令の良き補佐役

稲嶺和一(佐藤晴男)
関東図書基地司令
メディア良化法の検閲に対して武装組織「図書隊」を創設した人物。



・総評
アニメでは「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」までで、図書館戦争シリーズの最終巻である「図書館革命」がないためオリジナルの終わり方をしてます。
原作を読まないで見れば普通に楽しめるのですが、原作から入った自分としては結構違和感があり、最終巻が出てからアニメ化した方がよかったと思います。
途中でけっこう大事な話も削除されてたので、その辺もちょっとがっかり--;
いっそのこと2クールでもう一度作りなおしてもいいんじゃないかな。というより作ってほしいですね。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 22

ローズ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

メディア規制について・・・・・時々、皮肉・・・たまに毒・・・

物語の概略
「メディア良化法」という法律により、メディア(作中では主に書籍)を検閲という名目で弾圧するメディア良化委員会と良化特務機関。
それらに対抗するため、図書館側が組織した図書隊という名前の自衛部隊。
メディアを検閲する良化隊とメディアを守る図書隊との戦いが続いている。

主な登場人物

笠原郁
本屋で自分の読みたかった本を検閲から守ってくれた人に憧れて図書隊員になる。

堂上篤
笠原の教官・上官。図書館業務・戦闘能力、両方とも優れている。笠原を指導する(怒る)事が多いが、いざという時に頼りになる。


恋愛要素があります。
ただし、恋愛展開が分かりやすいので、この要素のみを期待している方には、物足りないと感じるかもしれません。
恋愛物の作品としてであれば、他の作品を視聴する事をおススメします。

2012年6月16日に劇場版が公開予定。
テレビ版の続きならば、恋愛展開が多くなりそう気がするので、あまり期待していません。



『図書館戦争』という題名どおり、出版物(メディア)と戦闘場面の扱いが重要に思えます。

この作品では、社会に悪影響を与えるとして出版物が検閲対象にされています。
そこで、出版物の規制について考えてみました。

某地方公共団体では、青少年に悪影響を与えるため条例で出版物を規制しようとしています。
そんなにエロ表現が悪影響なのでしょうか。
エロ表現を規制するなら、まず『源氏物語』を規制するべきでしょう。

芸術性があればいい、などと曖昧な基準を作っているようですが、人それぞれ価値観が違うのに、芸術とエロの区別をどのようにしたら分けられるのでしょうか。
美大で裸婦画を描くのは、芸術ですか、エロですか。
漫画で女性の裸を描くのは、芸術ですか、エロですか。
アニメで女性の裸が映れば、芸術ですか、エロですか。

江戸時代の浮世絵は芸術性が高いと言われていますが、春画はどうなるのでしょうか。
ほとんどの浮世絵師が名前を偽って描いているそうです。
(名前がバレルと拷問ですから)

小説・絵画・映画などの表現ではOKで、漫画・アニメなどの表現では規制する、というような特定のメディアを標的にする構図は、区別ではなく、差別です。

某地方公共団体の現在の首長は、昔、小説家だったようなので、とりあえず自著を焚書処分にしてから話をすすめてもらいたいです。
例えば、『T陽の季節』などは、規制対象にすればいいのではないでしょうか。
まあ、個人的には内容が古臭くて面白くなさそうなので、読む気もありません。
大勢に影響がないと思いますが・・・。

政治家の自分の思想を広めるため、政治資金を稼ぐための、つまらない内容の本などは規制していただきたいです。
本を書く暇があるなら、その時間を国民のために働くなど、有効に使ってもらいたいものです。
あっ、ゴーストライターという手法もありましたね。
失礼しました。


しかし、言論の自由があるからといって、全ての作品・記事に規制がない、というのも考え物です。
例えば、インターネットによる匿名の誹謗・中傷表現は、悪口の掃き溜めとしか考えられません。


T井康隆先生の作品が国語の教科書に載るという時に、差別表現があるという事で抗議をうけましたが、最終的には話し合いで和解しました。
「言葉狩り」という表現が当てはまらない程度に、メディア側に自主規制のような形をとってもらいたいです。

日本では、Aサヒ・Yミウリ・Mイニチ・Sンケイ・Sイキョウ・Aカハタなど、それぞれ個性的な主義・主張をもっている新聞が発刊されているので、言論統制されているショーグン・マンセーのような国よりは健全であると思います。



このレビューに書かれてあることに対して、特定の実在する国名・団体名・人物名とは、関係ありません。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 32

にゃんた さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

視聴スタンス次第

2011.4.18第1レビュー
2012.3.12第2レビュー
(原作未読)

★結論★
「教官!私はドジでノロマな亀・・・&戦闘シーンもあるよ!あ、あと、表現の自由は大事だよね!」

背後にあるメッセージに着目すると、あまりにも浅くてお粗末だが、
肩の力を抜いて、難しいコトを考えずに気楽なラブコメだと
思って観れば、満足できる作品だと思う。

★以下、詳細★
恋愛コメディ要素と軍隊バトル要素、青春成長要素を含めた作品。
すべての要素がある程度の作り込みで、一応満足できるが、
結局どっちつかずの印象もある。

もっとも、これが制作者の狙いなのかとも思う。

つまり、作者の伝えたいメッセージを、より多くの人に伝えることが目的なのであるから、
そのための手段として、多くの人に受け入れられやすい平均的で無難な作りにする必要があったのだと思う。

その点では、
「表現の自由の危機を、より多くの人に知ってもらう」
という、作者の目的は十分果たせたのではないだろうか。

ただ、肝心のメッセージ部分が浅くて薄い。
たしかに、多くの人に知ってもらうために内容を簡素化するのは、
1つの方法だとは思う。
しかし、そのために一番大事なメッセージ部分まで簡素化してしまっては、
本末転倒なのではないだろうか。
それとも、作者はこの問題について、この程度の理解で問題提起をしたのだろうか。

(或いは、原作者はしっかりと書いていたが、アニメ化するにあたり、
話数の都合で浅くせざるを得なかったのかもしれない)


この作品のメッセージ部分は、
「表現の自由が、国や自治体の規制によって危機に瀕している。
表現の自由を守らなければならない!」

という主張なのだが、
これが極めて一方的な主張に過ぎず、説得力が弱い。

ある主張をする場合には、自分の主張だけを声高に主張するだけでなく、
反対側の立場の意見を考慮したうえで、
さらにそれを上回る反論をして説得力を増す必要がある。

本作品には、そこがまったくない。

主人公サイドの掘り下げはあったが、敵対組織サイドの掘り下げがほとんどない。
敵側人物の掘り下げをすることで、メッセージの説得力も増すし、
アニメ作品としても面白さが増したのではないかと思うのだが・・・。

表現規制の合憲性という、最高裁でもたびたび争われてきた深い問題について、

表現の自由を守る側=善 規制する側=悪

という単純な構図で描かれていたように感じられたのが残念だった。


★さらに詳細(表現の自由に関する問題点)★

~問題点~
出版物について、
その内容や描写が「有害である」との指定をして販売を規制するのが、
問題となった条例のおおまかな内容です。

~規制する側の言い分~
エロ本、エロマンガ等を野放しにすると、
青少年の健全な成長に悪影響を与えます。
青少年は保護しなければなりません。
悪影響を与えるような本は、
「有害図書」に指定して、出版方法を規制しましょう。


~規制される側の言い分~
エロ本じゃなくて芸術なんだ。表現なんだ。
「有害図書」とか、お前が決めるな。
規制されるかもって不安があったら、自由に作品を書けなくなる。
また、青少年にも、色々な出版物を読んだり知ったりする権利があるんだ!
それに、一律に規制したら、関係ない成人にも影響するんじゃない?


両者の言い分は、どちらが正しいのか?
それらをどのように調和させていけばいいのか?


最高裁は、平成元年の判決で、
岐阜県の青少年保護育成条例について
憲法に反していない、という判断をしました。

この判決(の多数意見)は、条例が憲法違反となるかどうかについて、
明確な判断基準を示していないと言われています。

このような判決の下では、同じような条例がどんどん制定されたり、厳しく改正されやすくなるかもしれません。
表現の自由や知る権利が無防備に規制される可能性があります。
そして、東京都で改正された青少年育成条例の問題がマスコミ等にも大きく取上げられました。

ですので、このアニメの良化委員会が「公序良俗!」だけを理由にどんどん規制をしてくる姿勢は、
実は、このような不安定な状況まで含めて表現している、とも受け取れます。

・・・もっとも、この作品が、判例解釈まで含めた深い考察をしていたかについては、かなり疑問ではあります。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 26
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ