【2019年07月最新】西森章アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ西森章人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメの西森章成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年07月17日の時点で
一番の西森章アニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:10件
アニメを並び替え:
総合得点 56.8 感想・評価 93 棚に入れた人 699
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.2  作画 : 3.2  声優 : 3.4  音楽 : 3.1  キャラ : 3.3

「死神の目」を持つ女子高生・紀多みちるはある日、半年前の陸橋陥没事故から奇跡の生還を果たした事で有名なクラスメイト・赤月知佳と橘思徒の首に死を予兆する黒い輪(リング)を見つける。実は、2人は一度死亡するもローンを組んでゾンビとして生還していたのだった。みちるは、自分の能力「死神の目」に目を付けた2人の借金返済の為にゾンビ狩りに協力する事になる。少女と2人の少年が紡ぐ、死と再生……魂の物語。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

眼鏡を外すと死が迫っている人の首に出る黒いリングを見ることが出来る特殊な目を持つ少女と一度死んだがゾンビローンを組んで生き返った少年2人が主役のアニメ。

ゾンビローンとは・・・
莫大な金額を借金し契約する事でゾンビとなり生き返れるのだが、
その借金を一年で返済しなければ即死亡というル... ▼もっと読む

総合得点 60.5 感想・評価 116 棚に入れた人 713
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.6  作画 : 3.3  声優 : 3.4  音楽 : 3.4  キャラ : 3.6

麻井麦は、一ノ瀬野乃の強引な勧誘により演劇研究会に入ってしまった。窮屈な部室で活動している演劇研究会は演劇部と対立しており、互いの存続を賭けて演劇公演での対決を控えていた。極度のあがり症から何度と無く挫折しそうになるが先輩たちや中学以来の親友である遠山佳代、高校で親しくなった神奈ちとせや西田甲斐らの支えもあって、麦は大きな成長を遂げていく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

とても面白かったです。
笑ったり感動したりしました。


~簡略的なあらすじ~
熊鷹芸術学院に進学した麻井麦。
無理矢理かつ強引な勧誘により、
極度のあがり症である彼女は演劇研究会に入ってしまう。
そこはわずか5人の、演劇部と対立する部活だった…。
麦と演劇研究会の命運はいか... ▼もっと読む

総合得点 60.3 感想・評価 49 棚に入れた人 257
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.5  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.7

作品は人間と妖怪が共存する田舎町を舞台に、この住民の日常生活を描く。
山河に囲まれ、工場と山寺が豊富にあるが、「女未(にょみ)の里」と呼ばれる鮎川町(あゆかわまち)の多くに存在するのは「妹」で、2子以上を持っている家庭の第2子以降に出産する性別の10割が女児で、統計を取り始めた1920年以降、不変の数字を誇っている。
この田舎町の、中学校「大曲垣峠(おおまがきとうげ)中等教育総合校(通称マガ校)」に中学2年生の妖怪“ぺとぺとさん”ことぺと子が転校してくる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

妹率100%の田舎町『女未(にょみ)の里』を舞台としたドタバタラブコメディ。
人間と妖怪が織りなすちょっぴり変わった日常を、ハートフルに描いています。

ヒロインはぺとぺとさん(通称ぺと子)という名の妖怪。
見た目は普通の女の子ですが、かなり厄介な体質の... ▼もっと読む

総合得点 63.7 感想・評価 26 棚に入れた人 156
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.7  作画 : 3.3  声優 : 3.6  音楽 : 3.3  キャラ : 3.6

「うる星やつら」、「めぞん一刻」、最近では「犬夜叉」などで知られる漫画家、高橋留美子が青年誌向けに描いた短編シリーズを忠実にアニメ化。
団地のご近所、会社の上司や部下、親子、嫁姑…など“ごく普通”の関係の中で起こる、ささやかだが当人たちにとっては大きな事件を、独特のシニカルな笑いとほのかなしんみり感で味付け。日常の中のちょっとした「ずれ」からカオスやサスペンスを立ち上げ、カタルシス(あるいは脱力感)たっぷりに収束させる原作者の手腕が、いかんなく発揮されている。
「うる星~」「めぞん~」のアニメ版でヒロインを演じた平野文や島本須美をはじめ、高橋留美子作品でおなじみの声優陣の豪華競演も楽しい。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1話完結の昭和風物語。
人生の悲喜劇を哀愁たっぷりに表現している。
SF的表現は少ないが、星新一のショートショートを少し連想した。

なにげない日常のささやかな出来事を扱う。
その中で、感動と笑いが交差する。
まさに人生悲喜こもごも。

歳を重ねた人ほど、味を感じることでしょう。 ▼もっと読む

総合得点 60.9 感想・評価 22 棚に入れた人 138
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.6  作画 : 3.7  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.9

バトスピ大会での優勝を夢見る少年カードバトラー・馬神弾(ダン)は、ある日チャンピオンシップで出会った不思議な少女、百瀬華実を追いかけ、異界王が支配する異界 グラン・ロロへと飛ばされてしまう。その世界は「バトルスピリッツ」によるこそが至高の戦いとされる世界であった。\n\n持ち前の正義感に溢れるダンはカザンと名乗る異界王の配下とカードバトルをすることとなり、召喚したスピリットが実体化する迫力に驚かされた。ダンはその場で出会った魔女、マギサにコアの光り主の一人、赤の戦士ではないかと疑われる。ダンは戸惑いを隠せなかったが、マギサと家族をさらわれたズングリーとともに他のコアの光主たちを探すと同時に、異界王の野望を阻止すべく、6つの世界を旅をすることとなった。

総合得点 58.3 感想・評価 10 棚に入れた人 61
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.4  作画 : 3.4  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

現代と同じような身近な世界。陽昇ハジメは、バトスピ好きの中学一年生。バトルフィールドシステムを研究する両親が国際バトスピ協会に招聘されたため、今日から親友のデンジロウ博士の家に預けられることに…。 するとそこには、何といち早く完成したバトルフィールドシステムのデモ機があった!テストバトラーとして戦うことになったハジメは、バトルフィールドで実体化するスピリットに大興奮!ワクワクする新生活が始まった!! 画期的なバトルフィールドシステムの導入により、活気づくバトスピ界。 覇王カード【英雄龍ロード・ドラゴン】を手に入れたハジメは、身近な仲間となる大泉兄弟や、良きライバルとなる棚志テガマルたちと出会い、様々な戦いを繰り広げ、その強さに磨きをかけていく。そんな中、両親が開発を進める、究極のバトルフィールドを会場にしたワールドカップやオリンピックのような世界大会の開催計画が立ち上がる! 「父さんの夢の結晶のバトルフィールドに立ち、俺は世界一のカードバトラーになる!」夢の舞台を目指した、熱き戦いの行方は!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

世界征服を掲げるヒロインに、オカマ口調のカタルなど変わったキャラが多い。
ナレーターとキャラクターが会話したり、カタルにつられてオカマ口調になったりとか
今までのパトスピに比べてギャグ色が強かった印象。
(ブレイヴの後だからかな?

舞台も今までのパトスピと違い、他の世界に行... ▼もっと読む

総合得点 63.0 感想・評価 12 棚に入れた人 50
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.3  作画 : 3.8  声優 : 3.5  音楽 : 3.6  キャラ : 3.6

 「ああっ女神さまっ」「逮捕しちゃうぞ」の原作者・藤島康介が企画、原案、キャラクター原案を手がけた全6巻の人気OVAシリーズの映画化第1弾。謎の暴走事件を起こすAIカーと、スーパーテクニックを持つドライバー“エクスドライバー”たちの激しいカーチェイス・バトルを描くSFアクション。 近未来。スーパーテクニックを持つ“エクスドライバー”として活躍する女子高生、理沙とローナ。2人の仕事は時折暴走するAIカーを、無事故のうちに止めること。そんなある夜、2人に声をかけてきたナンパ男が乗ったAIカーが暴走を始めてしまう。2人は早速暴走を止めようとするが、裏ロムで違法改造されたAIカーはそう簡単には止まってくれない。そこで先回りをして挟み撃ちにするのだが、理沙の乗るインプレッサは、スピンしてきた暴走車に追突され大破してしまう。それでも何とか必死に止めに向かう2人だったが……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

と、言ったのはかのエンスー漫画家の西風
特に今作とはカンケーないっすw


エクスドライバーというシリーズは『逮捕しちゃうぞ』『ああっ女神さまっ』といった作品を世に送り出し、【美少女×名車】という素晴らしい一大ジャンルを築き上げた“藤島康介”大先生が企画、原案、キャクター原案をされたO... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 5 棚に入れた人 29
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.6  作画 : 3.3  声優 : 3.4  音楽 : 3.1  キャラ : 3.6

「小説JUNE」で連載された吉原理恵子による同題メンズラブSFハードロマン小説を、各巻およそ60分で全2巻のOVA化。第1巻となる『間の楔』が1992年8月、第2巻の『間の楔 完結編』は1994年5月に発売された。未来都市タナグラ。そこはコンピューターによって管理される人々の居住エリアであった。タナグラを仕切るのは人工体のサイボーグであり、中でも冷酷非情な男にして最上級エリート=ブロンディーでもある美青年イアソンがすべてを支配していた。彼はある時、歓楽都市ミダスのスラム暮らしだった生身の少年リキと出会う。底辺で生きながら媚びることもしないリキに興味を抱くイアソン。やがて両者は主人とペットという関係へともつれこんでいく。そんなリキの変貌ぶりに彼の幼なじみにして同棲相手でもあった青年ガイは当惑するが……。本作の実制作はAICが担当。監督は第1作の監督が西森章、『完結編』は秋山勝仁が手がけた。なお21世紀に入って以降、『間の楔』は同じAICと秋山監督らによって完全新作のOVAシリーズも展開されている。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

とりあえず 最高のBL作品
ふと またここに帰ってきたくなる作品です

古いだけあって
絵は綺麗とは言えない

それでもやっぱり 綺麗で色気があります

きちんとした ストーリーがあって
キュンとかドキドキではない感覚
シリアス展開で 心が震えるというか

自分でも よ... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

CGアニメ『ビーストウォーズ』の後を受けて日本が独自に制作したTVアニメ『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズII(セカンド)』。その完全新作の劇場版が本作で、CGアニメ版のサイバトロン総司令官コンボイの活躍がセルアニメとして描かれる。 惑星ガイアで続くサイバトロン戦士とデストロン軍団の戦い。まだ生まれたばかりのサイバトロン戦士ライオジュニアは早く一人前に認めて欲しいと願うが、そんな彼を悪事に利用しようとデストロン軍団の破壊大帝ガルバトロンは企てる。これと前後してガイアには伝説の巨大デストロン・マジンザラックが出現。次元を超えて現れた強敵を前に苦戦するサイバトロンのライオコンボイ総司令官だが、そこに何者かが……? 葦プロダクションの実制作だったTV版『II』と異なり、本作は円谷プロダクションが実質的な作画作業を行っている。『映画版ビーストウォーズ スペシャル』全3作のひとつとして上映された。

総合得点 64.2 感想・評価 91 棚に入れた人 556
★★★☆☆ 3.7   物語 : 4.0  作画 : 3.4  声優 : 3.7  音楽 : 3.7  キャラ : 3.8

表向きは贋作・レプリカ専門のアートギャラリー『ギャラリーフェイク』を舞台に、オーナー藤田玲司が、様々な登場人物と絡みながら、時に世界を駆け巡りながら、絵画、彫刻などを通じて「アートとは何か?」を問いかける。主人公の魅力は、単なる守銭奴ではなく、アートへの奉仕者として清濁併せ呑む点にあるほか、美術・芸術・骨董の多方面に渡る薀蓄的描写も、読者の好奇心をそそる。助手サラ・ハリファとのほのかな恋の行方も気になるところであるほか、脇役・レギュラーキャラクターも多い。

また芸術に絡んで社会問題にも言及するなどしており、物語は美術方面の商業的な話題から推理サスペンス、コミカルな人間模様、陰惨な事件、時に憎み合い時に愛し合う人々の交流、文化財保護にまつわる制度面の問題など、多岐にわたる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

オークション等、芸術作品の売買もマネーゲームに汚染されて久しい。
絵画が札束にしか見えないような〝投機家"がマーケットで暗躍し、
アートを右から左へ転がすばかり。
真に芸術を欲する人々に作品が行き渡ることは稀である。

本作の主人公で、贋作専門の画廊を営む、
元メトロポリ... ▼もっと読む

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。