おすすめ越智博之人気アニメランキング 9

あにこれの全ユーザーが人気アニメの越智博之成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月20日の時点で一番の越智博之アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 アミテージ・ザ・サード(OVA)

1995年2月25日
★★★★☆ 3.6 (9)
51人が棚に入れました
火星に赴任してきた刑事 ロス・シリバスは到着早々、カントリー歌手のケリー・マッキャノンが殺害される事件に巻き込まれる。
そして、その遺体の分析結果からある事実が判明する。
殺害されたのは人間ではなく、セカンドの水準を超える非合法の存在サードであったことが判明する。
ロスはアミテージと共にこの事件を追うことになる。そして、その先にサードに纏わる事実も徐々にその姿を現す。

しげ

★★★★☆ 3.6

カッコいい

人物の作画はアメコミ風なので好き嫌いが分かれるところ。バトルシーンとメカはカッコいい。ロボットが人間の子供産むとか設定がぶっ飛んでいるが、気にしてもしょうがない。

ちなみに映画版では母親になったアミテージが出てくるが、外見もギャル系から大人の女に成長している。なぜロボットが成長するのか謎だ。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

計測不能 2 ARMITAGE DUAL-MATRIX(OVA)

2002年1月1日
★★★★☆ 3.6 (5)
13人が棚に入れました
近未来の火星を舞台に美少女刑事の活躍を描いたサイバーパンクアニメ作品。本作は、火星一の人気シンガーが殺された殺人事件を少女刑事アミテージが解決する『POLY-MATRIX』と、その6年後のアミテージの活躍が描く『DUAL-MATRIX』の2作品をセットにしたものだ。 『DUAL-MATRIX』のスタッフは『モンキーターンシリーズ』『神秘の世界エルハザード』の秋山勝仁が監督を務め、『バブルガムクライシス』の柿沼秀樹と『ひだまりスケッチ』の長谷川菜穂子が脚本を担当している。日本語版の声優には柚木涼香、今井由香、山路和弘、花田光、中田譲治などが出演している。なお、英語版にはエリザベス・バークレイ、キーファー・サザーランドを起用している。

64.0 3 ああっ女神さまっ 闘う翼(OVA)

2007年12月8日
★★★★☆ 3.8 (56)
338人が棚に入れました
螢一たちのもとに、天上界から戦闘神リンドがやってくる。女神たちの天敵、女神の天使を喰ってしまう”天使喰い”が何者かの手によって天上界から地上に放たれ、それを追ってきたとのことのことだった。
天使さえ出さなければ、天使を喰われることはないと女神たちはあまり気に留めなかったが…。

声優・キャラクター
菊池正美、井上喜久子、冬馬由美、久川綾、佐久間レイ、伊藤美紀

ストライク

★★★★★ 4.3

また一騒動です 

第2期「それぞれの翼」の、その後の話。

全2話完結 前後編  計48分


あらすじ
今回は戦闘部の女神・リンドを中心に物話を繰り広げる回で、天使を喰われたウルド、ペイオース、そしてベルダンディーを救うため、螢一、スクルド、リンドは、魔属のヒルド達と対立する・・・と言うもの。

神対悪魔と言っても、そんなにシリアスではないので、安心して見れます。
一つの出来事として見れる内容です。


このシリーズが好きな人なら見て損はないですが、
そうでない人には、別に見なくても 何も問題ない内容です。

自分はベルダンディーが好きなので、2期を見終わった後、ちょっと喪失感があっただけに、この作品でまた彼女を見れたのが嬉しかったです。
(●´ω`●)ゞ

シリーズが好きな人にはオススメ。

op:「愛の星」 歌 - 樹海
ED:「ハナムケのメロディー」 歌 - 樹海

投稿 : 2019/09/14
♥ : 20

横浜ゆう

★★★★☆ 4.0

連載20th Anniversary作品(2007年当時)

女神さまの2期以降の話です。
ですから、単独で見るより1期2期を見たほうが断然良いです。
テレビシリーズの特別編という位置づけなので単独OVAじゃないです。

戦闘部所属のワルキューレであるリンドが出てきます。
実際はゲームで登場したキャラなんですけど、
そのあとに原作でも採用され登場します。

女神と伴に存在する天使が女神から引き離されるという事件が起き、
その対策に派遣された戦闘種族女神であるリンド。

ウルドやペイオース、そしてベルダンディーが天使と引き離され、
リンドは螢一とスクルドと共にヒルド達と戦う。

良い出来だと思います。
主人公と女神と魔族の主要人物しか登場しませんが、
内容はそれなりに濃いと思います。

女神さまが好きだから評価甘いかもしれませんwww

だって・・・ベルダンディが好きなんですからっ!!!

投稿 : 2019/09/14
♥ : 2

JBさん

★★★★★ 4.6

戦女神

登場女神&悪魔キャラ大集合といった感じでしょうか。
「ああめが」ファンなので観られずにはいられません!えへw

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

60.1 4 太陽の船 ソルビアンカ(OVA)

1999年9月24日
★★★★☆ 3.2 (15)
63人が棚に入れました
1990年に制作され、CDやゲームなどマルチメディア展開された『ソルビアンカ』をベースとしたOVA作品。とはいえ旧作とはあえて連続性を持たせず、単独作品として物語を成立させている。エイプリル、フェブ、ジャアニ、ジュン、メイヨの5人の女性を乗せた海賊船ソルビアンカ号。彼女たちはそれぞれ奔放な海賊生活を送りながらも星々を巡り、個々の生き方を探していく。航海の中で揺れ動く少女たちの心、そして伝説の船ソルビアンカを巡る戦いの先にあるものとは果たして……。

計測不能 5 竜世紀 魔章 R.C.297 ルリシア(OVA)

1988年12月25日
★★★★☆ 3.4 (8)
26人が棚に入れました
漫画家・竜騎兵の伝奇SFコミックを原作としたOVA第二弾。 悪魔の謀略によって人類は友とすべき神の使徒・竜族を虐殺し、その文明ははるか昔に衰退した。今は荒涼とした未来世界で、人々はとうに当たり前の存在となった竜を操る競技「闘竜」に戯れる。そして20世紀終盤の悪魔との戦いの中で、養育者・璃子(りこ)を失った竜の戦士カーマイン。彼は長い歳月の中、人々との接触を避けてひっそり生きていた。しかし闘竜界の伝説的英雄バルドフの娘ルリシアが、カーマインに接近。彼女は父の仇「黒竜」打倒のためカーマインの角を折って彼の服従を望むが、当のルリシアに今は亡き璃子の面影を見たカーマインは自らの意志で彼女のパートナーとなる。だが両者が運命的な絆を育む傍ら、人類の陰に今も潜む悪魔の群れは、またも新たな謀略を企てていた! 二部作の決着編。壮大な世界観を用意したSF叙事詩が、凝縮した時間枠の中で高い密度感で描かれる。
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

二巻目は未来が舞台で。未来といってもハイテクな都市とかがあるわけではなく
かつての現代社会の名残として折れたビルとかが
そこら中にあるような感じの破滅的な未来世界。
璃子と似た少女ルリシアと出会い、親の仇への復讐のため
賭け事になっている竜同士の戦いに赴くカーマイン。
しばらく戦っているとかつての敵が復活していて再び戦うことになるといった感じの話。

{netabare}今回はルリシアとカーマインが一緒に戦っていき絆を深めることで
ルリシアがカーマインの身を心配し復讐はもういいから戦いを止めようという所が良かったです。
ちびっ子の竜もちゃんと活躍してたところもよかったと思います。

最後は他の竜たちも協力してくれてこれから最終決戦に挑む!というところで物語が終わってしまっているので {/netabare}
最後まで見たかったってやっぱり思っちゃいますね。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

計測不能 6 孔雀王 鬼還祭(OVA)

1988年4月29日
★★★★☆ 3.1 (5)
24人が棚に入れました
奈良にある興福寺から「裏の八部衆像」を守ってほしいと依頼を受けた孔雀。一般には知られていない像だが、その存在を知る何者かが狙っているという。そして、孔雀は「裏の八部衆像」の「阿修羅象」に史上最強の鬼が封印されていたことを知るのだった。鬼の復活を阻止する為、孔雀の戦いが始まる――。真言密教の総本山・高野山の裏に存在する退魔師・孔雀の戦いを描いた原作を元に、制作されたオリジナルアニメ作品。

計測不能 7 竜世紀 神章 A.D.1990 璃子(OVA)

1988年10月26日
★★★★☆ 3.1 (8)
23人が棚に入れました
久保書店の青年誌「レモンピープル」に連載された、異才漫画家・竜騎兵の伝奇SF『竜世紀』が原作のOVA。 20世紀終盤の地球各地に、伝説上の生物と思われていた竜が突如、出現。人類は軍備を整え、無抵抗な竜たちを次々と虐殺していった。中でも日本自衛隊の青年兵士・相良匡は、竜との空中衝突で上官が死亡したのを契機に上層部に直訴。竜殺戮の特殊部隊「ドラゴンバスター」の編成まで敢行した。そんな中、人間嫌いでひそかに世界滅亡を願う高校生・璃子(りこ)は、親を殺された幼児のドラゴンを保護。カーマインと名付けてひそかに育てることにする。だが世界各地で竜が出現する裏には、謎の存在「悪魔」の秘めやかな暗躍があった。 アニメ制作はA.I.C.。物語は現代編の本章から未来編の「魔章」へと連鎖する。『鋼の錬金術師』『機動戦艦ナデシコ』の脚本家・會川昇がシナリオを担当し、その文芸性が強く出た隠れた秀作とするファンも多い。
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

全2話のOVA作品で1話目と2話目ではそれぞれ違う時代を描いています。

一巻目は現代社会に竜が現れて人間に被害が出ている!?といった感じの世界だったけど
{netabare}本当の敵は竜ではなく{/netabare}・・・といった感じの話です
{netabare}カーマインが人間に不信感を持つ理由も逆に璃子への信頼を持つ理由も納得できるように描かれていて
璃子も現代社会に破滅してほしいという願望を持っていたけど、
目の前で多くの人が無残に殺されている様を見て
こんなの違う!と自ら戦う決意をするといった感じで好印象でした!

また最初は竜に対して敵意むき出しでカーマインの話に聞く耳を持たなかった軍人さんも
仲間の死を体験し、最後には璃子たちに協力した所がよかったです。{/netabare}

まぁこの時代のOVAあるあるだけど一部シーンはかなりグロいですね。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

計測不能 8 創世機士ガイアース(OVA)

1992年4月22日
★★★★☆ 3.3 (7)
21人が棚に入れました
23世紀の地球を舞台にしたOVAシリーズ全3作。『APPLESEED』の荒牧伸志(監督・脚本・メカデザイン)、『機動戦士ガンダムZZ』の北爪宏幸(監督・キャラクターデザイン)らトップクリエイターが顔を揃え、スリリングかつ壮大なスケールのSFエンタテインメントに仕上げた。キャストは中村大樹、大塚明夫、日高のり子ほか。 世界規模の大戦争“ビッグウォー"で破壊されてしまったガイアース。コントロールを失った殺人マシン・ビーストが徘徊するこの無法の荒野で、少年イタルは、旅の途中で出会った仲間のザクソン、サハリらと共に冒険を繰り広げる。

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.2

タイトルなし

いろんなもの組み合わせたらなんかいつのまにか普通になってしまった・・・
みたいな印象を受けた作品。

1話の時点ではまだ独自のものを作ろうといった感じはしていて、
実際その時点では雰囲気は好きだったのですが
2話以降になるとだんだんつまらなくなってくるし3話はもう自然と流し見みたいになってました。

それはなにも物語だけの話ではなく
主人公も最初の方は空中投げて剣で切って落ちてきたのを食べるといった豪快な卵の食べ方や
人間的には高級で美味しい料理をとかげの方がマシと言っていたりと野生とロボットの師匠によって
育て上げられた普通の人間とは違う存在という感じが1話の頃は描かれていたのに
2話からはそうゆう部分が薄く、普通のよくいそうな主人公になってしまいました。

50分×3とOVAにしてはそこそこな時間を貰っていたし描こうと思えば
もうちょっとよく描けたはずなのにって感じですね。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

計測不能 9 EXPLORER WOMAN RAY(OVA)

1989年5月26日
★★★★☆ 3.3 (4)
14人が棚に入れました
大人気作品『精霊使い』などで知られる漫画家の岡崎武士の原作によるビデオアニメ。アニメ企画が先行する、メディアミックス作品的な側面も持つ。美人の考古学者で格闘術にも秀でたレイこと杵築麗奈。世界を股に掛けて歴史のロマンを追う彼女だが、大学での教え子である双子の女子大生の橘姉妹の舞と真魅が怪しげな古代の鏡を持ち込んだ。この時からレイの新たな冒険が始まる。だが、古代オード文明の秘密を探る彼女の前に立ちはだかる敵。それは、考古学者だったレイの祖父の弟子にして、同時にかつての彼女の憧れた男リグだった! 制作アニメ会社はAIC。本作は、まず同社が主催したアニメの企画募集に対して岡崎が提出した物語が採用。アニメ化が決まってから学習研究社の「月刊コミックNORA」誌に岡崎執筆のコミックが掲載されたという流れである。麗、登場!、死闘! 過去との決別!!の二部構成。

きききき

★★★★☆ 3.7

全2話

1話にはあの磯光雄が参加しているのでアクションシーンはかなり見ごたえあります。

しかし2話からはクオリティが一気にダウン。
それが少し残念でした

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ