人気おすすめ辻信太郎アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ辻信太郎人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメの辻信太郎成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年03月21日の時点で
一番の辻信太郎アニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:41件
アニメを並び替え:
総合得点 計測不能 感想・評価 5 棚に入れた人 30
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.4  作画 : 4.1  声優 : 4.1  音楽 : 4.4  キャラ : 4.4

人々を幸福にする不思議な力を持つ一角獣ユニコの冒険を描いた長編ファンタジー。原作はユニコーンを題材に、手塚治虫がオールカラーで描いた同名の傑作漫画。監修も手塚自身が手がけ、原作のイメージに添ったものとなっている。白い角のユニコは、そこにいるだけで人々を優しく、明るくしてしまう存在。しかし、神々は人間が苦労もせずに幸せになるのを喜ばす、ユニコを忘却の丘へと追放してしまう。そこには、意地悪な悪魔の子供“悪魔くん"がいた。けれども、ユニコの優しさに触れるうち、悪魔くんも人を助けることの歓びを知っていく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

皆さんに興味を持って頂けるレビューはまだ上手く書けないので、紹介だけでもさせて頂きます。
この作品を検索した時画像はおろかレビュー、棚に入れてる人数が0でした。知名度等寂しいと思う反面一番にこれを棚に入れられた事に嬉しさも感じました。
説明の通り手塚治虫原作、出会った全てのものを幸せにする... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 5 棚に入れた人 28
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.0  作画 : 4.6  声優 : 4.1  音楽 : 4.4  キャラ : 4.3

サンリオ創立20周年記念作品。ロミオとジュリエットをモチーフに、火の国の娘と水の世界の少年の禁じられた悲しい恋の行方を描く。仲のよい火の神テミスと水の神グラウコス姉弟に嫉妬した風の神アルゴンは、悪いウワサを流して2人の仲を引き裂こうと企んだ。まんまと乗せられた姉妹は、激しい諍いの末、姉は陸へ、弟は海へと別れてしまう。時は流れ、水の子シリウスは、ふとしたことから火の子マルタと出会った。たちまち恋に落ちる2人だったが…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

せっかく見られたのでレビューしておきます。100分超の大スケールな映画なので、見逃した部分や理解が足りない部分があるかもしれませんがお許しを。(寝ぼけてヒロインの名前を誤表記しまくってました。修正しました。)


あらすじ



もう他の方が書いてくださっているよ... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 4 棚に入れた人 23
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.2  作画 : 3.8  声優 : 4.2  音楽 : 4.0  キャラ : 4.3

『アンパンマン』『やさしいライオン』で知られる作家・やなせたかしの原作を元にした中編アニメ映画。 狼ウォーに母親を殺された子羊チリン。強くなければ生きられないと認めたチリンは、仇であるウォーを訪ね、彼のもとで獰猛で強力な動物になるべく修業を積んだ。やがて3年。狼ウォーの相棒として、周囲の動物に恐れられるようになったチリンだが、そんな彼にウォーは最後の試練を与える。それはチリンの故郷に赴き、生まれ育った牧場の仲間を襲えというものだった。 サンリオが制作した動物アニメだが、類作には見られないハードでシリアスなドラマが大きな反響を呼んだ。チリンと屈折した、しかし哀しい絆で結ばれたウォー役の声優・加藤精三の名演が印象に残る。同時上映は、サンリオ初の劇場長編アニメ『親子ねずみの不思議な旅』。

総合得点 計測不能 感想・評価 3 棚に入れた人 22
★★★★☆ 4.8   物語 : 4.7  作画 : 4.7  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.8

1981年に公開された手塚治虫原作の映画「ユニコ」の続編。原作にないオリジナルストーリーで、人々に幸せをもたらすという伝説のユニコーン・ユニコの新しい冒険を描く。いつものように西風によって、小さな村へと運ばれたユニコは、恐ろしい魔法使いククルックと弟子のトルビーに追いかけられ、川へ落ちてしまう。彼を助けたのはチェリーという少女だった。たちまちうち解けあい、友だちになった2人の前に、またもやトルビーが現れる。彼こそは、長い間行方不明になったチェリーの兄だった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

この作品を知らずしてファンタジーを語ることなかれ。
質の高いアクション、寓話、こんな作品なかなかないです。宮崎駿の活劇と同等のドキドキ感が得られます。

悪役トルビーの声は池田秀一。これがまたよい。
大ボスのククルックは日本昔話の常田富士男。
ヒロインは島本須美。
これで面白くなら... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 16
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

バニーズフィールドに住む7組の天才ツインズたち「シュガーバニーズ」は、ある日女王に呼ばれ「人間界へ行き学ぶ時がきた」と告げられます。
バニーズたちはワクワク、ドキドキしながら旅立って行くのでした。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

テレ東のサンリオ番組内で放送されていたアニメでひとつひとつの話は短め。
ぬいぐるみみたいな生き物シュガーバニーズ達が
人間の世界で大切なものを見つけるために旅立ち
困っている人を見つけてはそれぞれの特技とかを活かして手伝ってあげる・・・
というこうゆう感じの作品ではよくありそうな設定だ... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 11
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ある日、キキとララの家にクッキーの匂いにつられて一匹の子供ペガサスが迷い込む。キキとララは女王様に子供ペガサスを届け、そこで女王様からその子がつばさ星雲に住むペガサスの子供ペガだと教わる。そして女王様からの願いでキキとララはペガをつばさ星雲まで送り届けることになるが・・・。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 11
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「リトルツインスターズ」の愛称で親しまれるサンリオの双子キャラクター=キキとララが主人公のOVA。タイトルのように、ドイツのグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」の主人公兄妹ヘンゼルとグレーテルそれぞれをキキとララに翻案した約30分の作品である。「サンリオ世界名作映画館」の第2巻として刊行。 今日も元気に暮らす心優しいヘンゼルとグレーテル。だが彼ら兄妹の家はその日の食べるものにもこと欠くほどの貧乏だった。これに困り果てたまま母は父親が留守の間にヘンゼルとグレーテルを森の奥へと連れてゆき、そのまま置き去りにしてしまう。帰り道のわからないヘンゼルとグレーテルはお腹も減る一方。そんな2人の前に現れたのは、なんとお菓子でできている家だった……。 本作の演出は他のサンリオアニメでも数多くの作品を手がけている波多正美が担当。脚本は『重戦機エルガイム』などの渡辺麻美が執筆した。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 9
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.3  作画 : 3.3  声優 : 3.3  音楽 : 3.3  キャラ : 3.8

サンリオの看板キャラクターであるマイメロディをヨーロッパの民話『赤頭巾』とミックスさせた約30分の劇場用アニメ。1989年7月22日からの第1回「サンリオアニメフェスティバル」の中の一作品として公開された。 病気のおばあさんのお見舞いに行くこととなった赤ずきん(マイメロディ)。心配するお母さんの注意をよそに、森の中で出会った狼からお見舞いには花を摘んでいくといいと言われ、赤ずきんはその通りにする。実は狼の本当の目的こそ赤ずきんだった。狼は赤ずきんがお花を摘んでいる間に先回りし、自分がおばあさんになって待ち構えようとしていたのだ。何も知らない赤ずきんはおばあさんの家へ到着するのだったが……。 本作の監督はベテランアニメーターでもある窪秀巳が担当。主人公の赤ずきんは他作品でもマイメロディを演じている佐久間レイによるもの。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 8
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

1987年にデビューしたサンリオの看板キャラクターのひとりけろけろけろっぴの主演アニメ映画で、イギリスの昔話「ジャックと豆の木」を翻案した内容。 けろっぴが土に埋めた一粒の種。それは不思議な「大冒険の種」で、一夜のうちに天を貫かんばかりの大木へ成長した。この大木の先に隠されているという「勇者の印」を求め、冒険を決意するけろっぴ。だが彼が寝坊していた間に、他の仲間たちが先に向かってしまい、その結果として雲の上にいる恐ろしい大男に捕まってしまった。仲間たちを救い出すため、勇気を振り絞って空へと登るけろっぴだったが……。 約20分の本作は1990年7月21日からの第2回「サンリオアニメフェスティバル」の中の一作品として公開された。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 8
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

サンリオを代表する「リトルツインスターズ」ことララとキキを主人公とした約30分のOVA。本作は「サンリオアニメーションシリーズ」の第28巻として刊行された。 空にきらめく白鳥座。そこにはルルという名前のかわいらしいお姫さまがいた。ルルの役目は白鳥座を夜空に輝かせ、すい星の道しるべになることだった。だがこの仕事が退屈で仕方なくなったルルはある日、キキとララのところへ遊びに出かけてしまう。ちょうどその時、巨大なすい星=星カモメが宇宙から飛来。このままルルが白鳥座を輝かさなければ星カモメは周囲を見回すことができないまま飛び続け、大惨事になる危険性も……! 本作の演出は他の「キキとララ」OVAも手がけている波多正美が担当。同様に「キキとララ」OVAの作画監督を務めてきた松山まやが本作でも活躍し、1995年のTVシリーズ『キキとララのママってすてき!』にもそのまま登板している。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 7
★★☆☆☆ 2.3   物語 : 1.5  作画 : 2.5  声優 : 1.5  音楽 : 2.0  キャラ : 4.0

サンリオの人気キャラクター=子猫のキティに世界名作童話『おやゆび姫』を演じさせた、劇場作品のメルヘン冒険アニメ。 小さくて愛らしくおやゆび姫は、花の蕾から生まれた花の妖精。そんな彼女は女神様から不思議な啓示を受ける。それは遠方の花の国へ行けば、本当の幸福に巡り会えるというものだった。花の国をめざして進むおやゆび姫だが、彼女は冬の雪の中に行き倒れ、野ネズミに救われた。野ネズミはおやゆび姫に、知人のモグラと結婚するように言うのだが、それはおやゆび姫の願うことではなかった。弱ってしまったおやゆび姫だが……。 監督は虫プロ出身の実力派・波多正美と、アニメーターとしての活躍がより知られる窪秀巳の両人が担当。キティ役は本作の2年前の1988年、TVアニメ『魔神英雄伝ワタル』のヒミコ役で大ブレイクした当時の若手声優・林原めぐみが演じた。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 6
★★☆☆☆ 2.3   物語 : 1.5  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 4.0

1989年7月に開催された「サンリオアニメ・フェスティバル 世界名作映画館」のプログラムの1本として上映された作品。同時上映は『マイメロディの赤ずきん』『キキとララの青い鳥』。タイトルからもわかるとおり、名作童話『シンデレラ』を、サンリオの人気キャラクター、ハローキティを主役にアニメ化したもの。監督は『11ぴきのねことあほうどり』などの低年齢向けのアニメを手がけてきた小華和ためおが担当。当時、キティ人気が高まっていた背景もあり、好評を博したこの「世界名作映画館」、翌年以降も恒例のプログラムとなる。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 6
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

1975年の初デビュー以来、サンリオの代表的キャラクターとして不動の座を確立している姉弟のキキとララ(通称はリトルツインスターズ)。約30分の本OVAはそんなキキとララを主人公にした、ミュージカル仕立ての作品である。「サンリオアニメーションシリーズ」の第18巻として刊行された。 遠い宇宙にあるという美しいゆめ星雲。そこのおもいやり星で生まれたキキとララは元気で心の優しいふたごの姉弟。そんなお姉さんのララがあこがれるのはゆめ星雲のお姫様だった。はたしてララの願いはお星様に届くのだろうか……。 本作は1993年に連作されることとなった「キキとララ」OVAシリーズの第1弾でもある。演出と脚本は本シリーズの後の2作品(第2弾の『~ヘンゼルとグレーテル』、第3弾の『~白鳥座のお姫さま』)も手がける波多正美と渡辺麻美がそれぞれ担当した。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 6
★★☆☆☆ 2.5   物語 : 1.5  作画 : 3.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 4.0

サンリオのマスコットキャラクター・キティを主人公にした約30分のOVA。同社が1993年から刊行したOVA「サンリオ世界名作劇場」シリーズの記念すべき第1巻でもあり、本作はその題名通りドイツのグリム童話『白雪姫』をベースとしている。 ある国に住んでいる美しいお姫さま。その白い肌がまるで雪のようであることから彼女は「白雪姫」と呼ばれていた。心優しく誰からも好かれる白雪姫だったが、それをお妃は快く思っていない。お妃は魔法の鏡が世界一の美人は自分だと答えると信じていたのだが、鏡は白雪姫こそが一番だと返答。これを逆恨みしたお妃は狩人に命じて白雪姫を殺すよう命じるのだったが……。 本作の監督は石川康夫、脚本は星山博之が担当した。白雪姫=キティは他の「キティ」アニメと同様に林原めぐみ、またお妃はベテラン声優の吉田理保子が演じている。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 5
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

平均視聴率が50%(最高視聴率は60%以上)に及んだNHKの怪物番組『おしん』(1984年)、その「少女編」の劇場アニメ化。 明治時代の末期。小作農民の娘おしんは、豪商・中川材木店に奉公に出た。恩師・松田先生の助力で、子守をしながら学校に通うおしんだが、ある日、盗みの冤罪をかけられ、店を飛び出した。冬山で死にかけたおしんを救ったのは脱走兵の若者・俊作。だが彼は後日、憲兵に射殺されてしまう。おしんは新たに酒田の米問屋・加賀屋に奉公。そこで大おくさまから学問を教わるが……。 制作はサンリオ映画。TV版の原作・脚本を担当した橋田壽賀子のシナリオを元に、主演の小林綾子ほかオリジナル出演者を多数迎えた本格的な内容だった。観客層のズレから興行的にはふるわなかったが、丁寧な作画・美術そして演出など、アニメ映画としての完成度はかなり高い。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 4
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

 サンリオの人気キャラクター・けろけろけろっぴを題材にしたアニメ映画。ダルダニアン(けろっぴ)と三銃士たちが悪者たちの陰謀から国王を守る冒険活劇。時は世界中が戦争に明け暮れる17世紀。ダルダニアンが訪れたフレンチ国のパリでは、国王ルイ13世の優しい性格につけこみ、リシュリューたちが横暴の限りを働いていた。ある日、フレンチ国の王妃に会いに来たブリテン王国の公爵がリシュリューたちに捕らわれてしまう。近衛銃士隊のもとで修行に励んでいたダルダニアンは、三銃士たちとともに公爵救出へと向かうのであった。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 3
★★☆☆☆ 2.2   物語 : 1.5  作画 : 1.5  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 4.0

世代を超えて愛されるサンリオのマスコットキャラクター『ハローキティ』シリーズを原作としたOVAの一編で、本作は約15分の短編作品である。もうすぐキティにとって待望のクリスマス。今年の聖夜はおじいちゃんのアンソニー、おばあちゃんのマーガレットそしてボーイフレンドであるダニエル・スターと一緒にパーティを過ごせると思い、キティは本当に大感激だ。だがなぜかダニエルの様子がおかしい。その理由ははたして……。本作のキティも、90年代以降の彼女の役としても印象深いベテラン声優の林原めぐみが演じている。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 3
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

サンリオを代表する人気キャラクター、キティとミミィを主人公にした映画で、彼らの初めての人形アニメーション作品。キティとミミィは双子の子猫。雨の日にお留守番をしていた2匹は、帰宅したお母さんのお土産=色違いの傘と長靴をもらう。大喜びの2匹だが、雨は上がってしまった。早くまた雨が降らないかと願うキティとミミィは、翌日、天気が良いのにも関わらず、傘を持って外出した。やがて待望の雨が降ってくるが……。監督、脚本は本邦モデル・アニメーション作家の主幹の一人・中村武雄(TV『魔人ハンターミツルギ』『へんしん!ポンポコ玉』や映画『くるみ割り人形』など)が担当した。DVDソフトは『キティとミミィのあたらしいかさ』の題名で、リリースされている。



総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 1
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

テレビ東京系サンリオ情報番組『キティズパラダイスPLUS』で放映されたアニメシリーズ全13話。1974年に誕生し、現在も世界60カ国以上でグッズ展開されている『ハローキティ』をモチーフにした冒険ファンタジーだ。りんごの妖精プルルーに案内され、ふしぎの森へとやってきたキティとミミィ。そこではりんごの森の王女さまが病気になったため、りんごの花が咲かなくなっていた。妖精たちから“双子の勇者"として歓迎された二人は、王女さまを救うカギとなる“金色りんご"を探すために冒険へ旅立つ。キティの声は、1990年以降ほとんどのメディアでキティを担当している林原めぐみ。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

有名なチャイコフスキーのバレエ組曲をもとに、人を信じてゆく優しさと思いやり、そして愛とは何かを問いかけるパペット・アニメーション。杉田かおる、志垣太郎、西村晃といった豪華な声優陣や、新日本フィル交響楽団の演奏なども注目を集めた。ドイツの上流家庭の幼い娘・クララは、ドロッセルマイヤーおじさんの持っていたくるみ割り人形が気に入り、無理矢理に譲ってもらう。その夜、クララが眠っていると、ネズミたちが人形を連れ去ろうとして…。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

サンリオの人気キャラクターであるバッドばつ丸が初めて劇場に進出した主演アニメ映画。1996年1月13日公開の「サンリオアニメフェスティバル」の中の一作品として制作された約15分の短編。 ばつ丸はいたずら好きであまのじゃくの男の子。今日はばつ丸の住むゴージャスタウンでペットの美容と健康を競うNo.1コンテストが開催される。これを知ったばつ丸はペットであるワニのポチを無理やり参加させて優勝を狙うが、当の能天気なポチは競技で次々と失敗してしまう。ライバルの女の子・伊集院パンダバとそのペット・ダバに負けた失意のばつ丸はポチに八つ当たり。これが原因でポチは家出するが、品行方正な男子グッドはな丸の説得を受けたばつ丸は考えを改めて……。 本作の演出は後の「コードギアス」シリーズにも携わる村田和也が担当。脚本はベテランの寺田憲史が務めた。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

1987年にデビューしたサンリオの看板キャラクターであるけろけろけろっぴの主演アニメ映画。約30分の本作は1996年1月13日からの「サンリオアニメフェスティバル」の中の一作品として公開された。 けろっぴは元気いっぱいで冒険好きの男の子。そんな彼にのんびり屋のいとこのけろっぺから手紙が届く。その内容は、けろっぺの近所の屋敷におばけが出るというものだ。これを聞いたけろっぴはおばけの正体を暴こうと夜中におばけ屋敷へ乗り込んでいく。だがそこにいたおばけの正体はけろっぺの家の使用人フローラ。彼女はかつて住んでいたこの屋敷へ両親の形見の写真を探しに来ていたのだ。事件が片付いたとけろっぴが安心するのもつかの間、そこに泥棒が現われ……。 本作の監督は「けろっぴ」シリーズだけでなく多くのサンリオアニメを手がけている波多正美が務めた。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

夏休みをおじいさんの別荘で過ごすキティは、ある日、森の緑が枯れている一角を発見する。実は都会の公害の影響によって、悪い魔女が甦り、森を辛そうとしていたのだった。キティは森の仲間たちとトモに、魔女を退治しようとするが……。サンリオの劇場用プログラム「サンリオアニメ・フェスティバル」にて公開された、40分の中編。エコロジカルなテーマを扱った本作は、『機動戦士ガンダム』『無敵鋼人ダイターン3』他のベテラン・星山博之が脚本を担当。『けろけろけろっぴのびっくり!おばけやしき』などのサンリオ作品を手がけた波多正美が監督を務めている。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

1987年にサンリオがうみだしたカエルのキャラクター・けろっぴを主人公とする『けろけろけろっぴ』のアニメ化作品。世代を超えて愛され続ける『けろけろけろっぴ』のかわいいキャラクターたちがファンタジー世界を舞台に大活躍する、親子で楽しめる作品となっている。勇者の剣を求めて弱虫のケロン王子とけろっぴが大冒険の旅に出る。『けろけろけろっぴ』でおなじみのキャラクター、けろりーぬ、ガンタ、ノーベルンももちろん登場。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

サンリオのアニメ番組『大好き!ハローキティ』の第2弾としておよそ半年間放送されたTVシリーズ。各週の基本的な内容は既存のサンリオOVA作品をTV用にリニューアルしたものが多く、このアニメパートのほかにサンリオ関係の情報コーナーを交えた構成となっている。第1回はOVA「サンリオアニメーションシリーズ」第38巻収録の『ハローキティのパパなんて大きらい』。本番組の開始直前である1994年3月21日に発売されたばかりの同エピソードを放送している。大好きなパパと遊園地に行く約束をしていたキティ。これを楽しみに待ちわびていたキティだが、あいにくの天候不順のため、パパは町内の人たちと台風の防水対策をしなければならなくなった。遊園地に行けなくなり、失意のキティだが。本作は前述の通り、多数のサンリオキャラクターによるオムニバスアニメ的な構成で放送された。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

 サンリオを代表するキャラクターのキティとミミィの子猫姉妹を主役としたおよそ30分の劇場用アニメ。本作は1991年7月20日からの第3回「サンリオアニメフェスティバル」の中の一作品として公開された。 キティとミミィのもとに届けられた招待状。それは魔法のお姫様フローラの6歳の誕生パーティに来てほしいというものだった。だが二人が出かけると美しいはずのお城はぼろぼろで、フローラ姫も病の床に伏していた。その原因は盗賊ザラードがお城から魔法王冠を盗んだためであった。持ち主の精神に反応する王冠の力が発動し、ザラードの悪の心がお城を荒廃させ、さらにはフローラ姫を苦しめていたのだ。キティとミミィは勇気を振り絞って王冠を取り戻しに向かうが、やがてザラードの意外な正体そして黒幕の存在が明らかに……。 本作の脚本は波多正美と鹿島典夫の共同執筆によるもの。波多は総監督、鹿島も監督をそれぞれ務めている。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

サンリオを代表するファンシーキャラクターのキティとミミィ。彼女たち仲の良い双子の姉妹を主人公にしたファンタジーOVAが本作である。 今日も楽しく遊ぶキティとミミィ。彼女たちはみずうみでとても大きくて首の長い恐竜のプロンティと、巻き貝を頭にかぶっているような姿の水の精ピルルに出会った。プロンティやピルルの話を聞くと、みずうみの水が汚くなったためにここには住めなくなってしまうという。これを一大事だと思ったキティとミミィの二人は事件を解決するため「くらやみの森」へと向かうが……。 本作の演出は他のサンリオ作品も多数手がけている波多正美が担当。キティは系列作品と同様に林原めぐみが演じている。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

ひとりぽっちの犬ジョーは、1輪のバラの花の下で遊ぶのが大好きだった。ジョーは薔薇の花を恋人のように思い、毎日のように花に語りかけ、幸せな生活を夢想していた。ジョーはいじわるなカラスや雷雨からバラの花を守るが、執念深いカラスの攻撃で目が見えなくなる。それでもバラの元へ通い続けようとするジョーだが……。『あんぱんまん』のやなせたかしがサンリオフィルムから送り出した作品の1本。原作はやなせがサンリオ出版から刊行した同名の絵本になる。やなせは脚本に加えて、演出・美術にも参加し、やなせの絵本の世界そのままのメルヘンな画に仕上がっている。物語自体は、やなせがサンリオで関わった他の2本のアニメ作品同様、悲劇的な内容となっており、絵柄から牧歌的な内容を予想していた観客の予想をいい意味で裏切ってくれる。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

サンリオの人気キャラクター、双子の星の子・キキとララが、童話『青い鳥』のチルチルとミチルに扮するファンタジーアニメ映画。チルチルとミチルという仲良し兄妹のもとに、青い鳥を探す老婆が訪ねてくる。老婆は病気の娘のために人を幸せにするという青い鳥を探してほしいと、チルチルとミチルに頼み、魔法の帽子を二人に渡す。その帽子についた宝石を回すと不思議なことが起こった。老婆は若く美しい姿になり、ペットの犬や猫は口が利けるように。さらにミルクやパン、火の精や水の精といった精霊たちとも話ができるようになった。そして二人は光の精に導かれて、青い鳥がいるという「思い出の国」へと旅立つ。二人は無事、幸せの青い鳥を見つけることができるのか──。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

サンリオが1986年に生み出した人気キャラクターのぽこぽん。この立派な狸になることを目指す好奇心いっぱいのぽこぽんが孫悟空に扮した劇場用中編が本作である。同じサンリオキャラクターのハンギョドンが沙悟浄、どんじゃら村のぎゅうべえが八戒、そしてウメ屋雑貨店のおばあちゃんが三蔵法師をそれぞれ演じている。 岩から生まれた元気な石ダヌキの悟空は暴れるきんと雲を乗りこなせずに天上界をめちゃくちゃにしてしまった。そのお仕置きで山に閉じ込められた悟空は500年後、徳の高いお坊さまの三蔵法師に助けられる。三蔵法師のお供をして遠い天竺を目指す中、新たな仲間の八戒や沙悟浄も一行に参加。だが三蔵法師を狙う妖怪たちが現われ……。 本作は1990年7月21日からの第2回「サンリオアニメフェスティバル」の中の一作品として、『けろけろけろっぴの大冒険 ふしぎな豆の木』などと一緒に公開された。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

1974年に生を受け、世代を超えて女の子たちに愛され続ける、サンリオがうみだしたキャラクター・ハローキティ。そのハローキティと仲間たちがオリジナルストーリーで活躍する、キュートで心温まるオリジナルビデオアニメーション。キティの声優は林原めぐみが務める。ある日、お年寄りの郵便配達員・ニールさんのお手伝いができないかと考えたキティ。そして、ニールさんへのステキなプレゼントを思いついたキティやミミィたちは……。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

宇宙ステーションで一人する番をしていたたあ坊のもとに、突然竜宮星からSOSの信号が入る。早速竜宮星に向かったたあ坊だが……? サンリオの人気キャラクター「みんなのたあ坊」が、宇宙防衛隊の隊員として、様々な星で事件を解決していく「宇宙防衛隊 たあ坊」シリーズの第1作で、1991年に「サンリオアニメフェスティバル」のプログラムの1本として劇場公開された。なおこの後サンリオは、「サンリオアニメフェスティバル」に変わり、OVAにてアニメ作品をリリースするようになり、その一環として「宇宙防衛隊 たあ坊」シリーズ第2作『宇宙防衛隊たあ坊のしんきろう星を救え!』、第3作『宇宙防衛隊たあ坊の時の止まった星』がリリースされている。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

1987年のデビュー以来、サンリオの看板キャラクターとして第一線で活躍の「けろけろけろっぴ」ことはすの上けろっぴ。本OVAは数多くのサンリオキャラクターを主人公とする「SANRIO Animation Series」の第4巻として刊行されたもの。今日も広場で仲良く遊ぶけろっぴたちだが、そこに乱暴者のガマガエル軍団が乱入してきた。みんなのために広場を取り戻そうと、けろっぴたちはガマガエル軍団に野球で挑戦することに。試合にそなえて猛練習をはじめるけろっぴたちだが、仲間のジャンクは運動が苦手なノーベルンがチームにいるとプレーが満足にできないといい、練習をやめてしまう。残されたけろっぴたちは……。本作の監督は数多くのサンリオアニメでも活躍の波多正美によるもの。脚本は原作としてもクレジットされている大橋志吉が担当。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

1987年にデビューしたサンリオの看板キャラクターである「けろけろけろっぴ」こと、はすの上けろっぴ。その約30分のOVAとして作られた一作で、化石の恐竜の子供とけろっぴたちの交流を描く。今日もドーナツ池のけろっぴたちはみんなと仲良くかくれんぼで遊んでいる。そんな中、ものしりのノーベルンが変わった骨を発見。みんなで地面を掘ってみると、骨は恐竜の化石だったとわかる。けろっぴたちは木でやぐらをくみ、恐竜の骨を元通りに組み立てることに成功。どうやらこれは赤ちゃんの恐竜らしい。やがて、夜中に眠っていたけろっぴたちは不思議な体験をすることに……。本作の原案と脚本は他のアニメ「けろっぴ」シリーズも数多く手がけてきた大橋志吉によるもの。けろっぴを演じたのはこれまで同様に松尾佳子。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

 1984年にデビューしたサンリオの元気な人気キャラクターであるみんなのたあ坊。本作はこのたあ坊を主人公とした約30分のアニメ映画で、宇宙活劇ものとして製作されている。 宇宙ステーションで留守番をしている宇宙防衛隊員のたあ坊。そんな彼の元に突如としてSOS信号が届いた。さっそくパトロール艇で発信源へ向かうたあ坊。千年の眠りから目覚めた怪物シーラカンスが竜宮星を襲っただけでなく、竜宮星の竜王の一人娘=乙姫をさらっていったというのだ。勇気を出して乙姫の救出へ乗り出すたあ坊だが、シーラカンスの食事にされかかり……。 本作は1991年7月20日からの第3回「サンリオアニメフェスティバル」の中の一作品として公開。監督の睦月三日生をはじめ、前年公開の第2回「サンリオアニメフェスティバル」の一作品『けろけろけろっぴの大冒険 ふしぎな豆の木』のスタッフがほぼそのまま続投している。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

花の妖精フローレンスと音楽学院生のマイケルの恋を描いたロマンティックファンタジー。フルアニメーションで作られ、妖精ムジカの声を中島みゆきがあてたことでも話題に。マイケルは音楽と花を愛する心優しい少年だ。ある日、彼はベゴニアの花の妖精フローレンスに、花の妖精の国に招待される。ところが、妖精ムジカのいたずらで、フローレンスと離ればなれになってしまう。ムジカの狙いは、マイケルが持つオールマイティの力を持つセンパの捧だ。マイケルから棒を奪ったムジカは、嬉しさのあまり、ムジカランドを火事にしてしまう…。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

サンリオを代表するファンシーキャラクターの「ハローキティ」。このキティが大切に飼っている女の子の子猫で、2004年にデビューしたチャーミーキティを主人公とするOVAシリーズ。各話5~10分前後の短編である。キティの家に住んでいるチャーミーはおしゃれでチャーミングなペルシャネコ。そんなチャーミーととても仲良しなのが元気でかわいらしいジャンガリアンハムスターの男の子シュガーだ。今朝も家には明るい日差しが差し込み、チャーミーとシュガーは長い夢から覚める。ある時、バラの一輪挿しが倒れてチャーミーが心を痛める中、そこに不思議な妖精のキティフェアリーが現われ……。本作の主人公チャーミーキティを演じたのは『ONE PIECE』のトニートニー・チョッパー役が特に有名な大谷育江。おなじみのキティも登場し、従来同様に林原めぐみが声をあてている。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

詳細不明

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

詳細不明

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

「ハローキティ」のサンリオが手がけた初の劇場用アニメ。オモチャの親子ねずみの冒険を描いた作品で、日本での公開に先がけて欧米で上映、好評を博した。父親ねずみと子ねずみ、ゼンマイ仕掛けのねずみ親子が一軒のおもちゃ屋に並べられた。だが夜中に遊んでいて壊れた親子は、これを機に温かい家族を求めて外の世界をさまようことに。その道中でカエルなど様々な生き物と知り合う親子だったが、ドブネズミのマニーが彼らを襲う…。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

ギリシャ神話を今風にアレンジした、ペルセウス、アクタイオン、エンビー、オルフェウス、パエトーンの五つの話を流麗な映像で描いた、サンリオ制作によるファンタジー・アニメーション。

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。