電波ソングおすすめアニメランキング 7

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの電波ソング成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月04日の時点で一番の電波ソングおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

63.2 1 電波ソングアニメランキング1位
撲殺天使ドクロちゃん(OVA)

2005年3月12日
★★★★☆ 3.5 (424)
2037人が棚に入れました
聖ゲルニカ学園に通う普通の中学2年生・草壁桜の机の引出しから、ある日突然現れた天使・ドクロちゃん。
しかし、未来から来たという天使のドクロちゃんには困ったクセがあった…。
桜を想うがあまり魔法のアイテム「エスカリボルグ」で撲殺してしまい、その度に謎の擬音(魔法?)「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」によって復活させる愛と涙の血みどろ物語。

らしたー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

タイトル名でわかっちゃう人気アニメの法則

最高っすよねー、ドクロちゃん。
良い子に見せられる要素が何ひとつとして存在しねえw
こーいうのがある限り日本は平和なんだと思います。
すばらしいです。大好きです。以上です。


●濁音の数で見る人気アニメの傾向

この『撲殺天使ドクロちゃん』もそうなのですが、
人気が出たり話題になったりする漫画やゲームには、
タイトルに濁音が含まれているなんて言われたりします。有名なネーミング法則です。
「ぼ」くさつてんし「ど」くろちゃん。

ためしに、あにこれ2013/6/23現在の
「人気アニメ総合得点ランキング」TOP20位の濁音数を見ると、以下の結果に。

0個 2作品(10%)
1個 6作品(30%)
2個 8作品(40%)
3個 4作品(20%)
4個~0作品( 0%)

※ボリュームゾーンは濁音1~2個。記事最下部に詳細データあり

上位20位中、実に90%が「最低1個の濁音」を含んでいます。


●「ン」を含む作品

また、商品名に「ン」を含むとよい、という法則も、とくにお笑い芸人のコンビ名なんかで有名です。
ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず。

TOP20アニメについて「ン」の有無を調べてみると、

有り 11作品(55%)
無し 9作品(45%)

となっており、だいたい半々の割合で「ン」が含まれています。

ちなみに、濁音有り、かつ、「ン」を含むもの、は以下です。

-----
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
新世紀エヴァンゲリオン
交響詩篇エウレカセブン
コードギアス 反逆のルルーシュ
Angel Beats!-エンジェルビーツ!
とある科学の超電磁砲[レールガン]
BLACK LAGOON ブラックラグーン
夏目友人帳
-----

上位20位中、なんと半分に当たる10作品が、濁音有り、かつ、「ン」を含むわけです。
すごいメンツばかりです。

これの傍証としてよく挙げられるのが、

『ドラゴンクエスト』
『機動戦士ガンダム』
『古畑任三郎』

とか、そのへん。いずれも相当な認知度を得ている作品ばかりです。
『撲殺天使ドクロちゃん』も当てはまりますがあれはもう忘れていいでしょう。


●長音符「ー」を含む

「ン」よりも、長音符「ー」が含まれているほうがよい、という人もけっこう多く、
『ドラゴンボール』『ファイナルファンタジー』なんかをよく例に挙げてきます。
これらは「ン」も同時に含んでますが。

上記10タイトルでこれ該当するのは、

-----
STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
Angel Beats!-エンジェルビーツ!
とある科学の超電磁砲[レールガン]
コードギアス 反逆のルルーシュ
BLACK LAGOON ブラックラグーン
-----

の6作品。

ただ、音声学の観点から、字面の「ー」よりも、音声としての長音(長母音)が大事と考えると、
「ei」や「ou」を含む、「攻殻」「新世紀」「交響詩篇」「友人帳」なども該当し、
上記10作品すべてが条件を満たします。


これらのネーミングがなぜ好まれるかについては、
音声学や心理学などの観点から様々な説明がなされていますが、私も理屈はよくわかっていません。
ただ、こういう、数字が語る結果というのをめちゃめちゃ重要視します。
エライ人を説得する材料として、「センス」という曖昧なものよりはるかに雄弁だったりしますので。
(実際はけっこう恣意的にデータを用意しちゃうのですが)

で、特段のこだわりがない限りは、とりあえず

 1)濁音1~2個を含む
 2)「ン」を含む
 3)長音符「ー」または長音を含む

の3条件すべて満たしたタイトル名をつけたらいいんじゃないかと思うわけで。
それで売れるわけじゃないですけどね。まずは名前で損しないことが大事かと。
プロ野球の球団名とかも、12球団中11球団は、少なくとも2条件は満たしてたりします。
「広島東洋カープ」だけが唯一、1条件しか満たしていません。

たぶんこれって、何かしらサービスにネーミングしたことがある方にとっては、
何を今さら、ていうくらいの基本的な技なんですよね。

むしろ当たり前だからこそ、『かみちゅ!』とか『ちはやふる』とか、
まったく条件を無視した、「特段のこだわり」がありそうなやつが、
逆にすぱーんと心に響いたりもするんだろうなと。

ちなみに、TOP20位の中で、3条件のいずれにも該当しないアニメが、たったひとつだけあります。

それは『プラネテス』。


●「○○の××」が良い?

これもジブリ作品を中心に、打率の高いネーミングじゃないかと言われています。
「となりの~」「千と千尋の~」「進撃の~」などなど。
これに関しては、自然にそうなるならまだしも、
無理にその型にはめないほうがいいのではないかと思います。

ちなみに、あえてこれを第4の条件として考えた場合、
TOP20位の中で最高に完成されたネーミングは

『とある科学の超電磁砲』

となります。




*DATA

★「あにこれ」人気アニメ総合得点ランキングTOP20(2013/6/23現在)

順位 作品名(読み方) 濁音の数 「ン」の有無
1 ばけものがたり 2 ×
2 こうかくきどうたいすたんどあろーんこんぷれっくす 2 ○
3 しゅたいんずげーと 2 ○
4 あのひみたはなのなまえをぼくたちはまだしらない 2 ×
5 とらどら 1 ×
6 くらなどあふたーすとーりー 1 ×
7 こーどぎあすはんぎゃくのるるーしゅあーるつー 3 ○
8 しんせいきえヴぁんげりおん 2 ○
9 こうきょうしへんえうれかせぶん 1 ○
10 こーどぎあすはんぎゃくのるるーしゅ 3 ○
11 えんじぇるびーつ 2 ○
12 すずみやはるひのしょうしつ 1 ×
13 かうぼーいびばっぷ 3 ×
14 とあるかがくのれーるがん 2 ○
15 けいおん にき 0 ○
16 くらなど 1 ×
17 まほうしょうじょまどかまぎか 3 ×
18 ぷらねてす 0 ×
19 ぶらっくらぐーん 2 ○
20 なつめゆうじんちょう 1 ○

投稿 : 2020/08/01
♥ : 5

タケ坊 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

魔法の擬音で人生やり直してあげる~♪ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~ クッソワロタww

あにこれでキャッチさせて頂いている方のレビューで面白そうだと思って観てみた作品ですが、
これはかなりツボに入ってクソ笑わせて貰いました。なかなかこれくらい笑える作品ないんですよねぇ。
10年以上の前の作品で、あにこれでも当時のランキングの上位に入ってないとなると、
殆ど気に留めることもなくスルーしてしまいがちですが、あにこれやってたから出会えた作品ですね、ありがたい。

レビュー色々観てたらドクロちゃんが不快とか、これだけフザけたバカアニメに対して、
真面目なコメントしてる人が多くて、違う意味でもまた笑わせてもらいました。
たぶん自分みたいな不謹慎な人間とか、外国人なんかには大受けしそうなタイプの作品でしょうね。

☆物語☆

ちょっとエッチなドタバタ系ギャグ&コメディで、
例えて言うなら「ToLOVEる」シリーズとかなり設定とかキャラも似通っている作品ですが、
とことんギャグアニメに振ってて、何よりラッキースケベ的な展開の後に来るスプラッター&グロが特徴。
魔法少女アニメで見られるような魔法と、その後に何回も生き返る様がシュール過ぎ。
っていうかアレが無かったら、まんま「ToLOVEる」なんだよなぁ。。

恐らく現在のTVアニメだと規制の問題なんかで画面真っ黒になりそうな感じで楽しめないでしょうが、
OVAにすることで、やりたい放題やれたという感じで(当時のTV版は修正入ってるらしい)
バカ過ぎる設定と何でもありなクレイジーさはかなりのもの。
尺も1エピソードが15分くらいなので、テンポよく次々に笑えるシーンが来て飽きさせない辺りは、
同じくやりたい放題やった「デトロイト・メタル・シティ」なんかと同じですね笑

水島努監督がまさに水を得た魚のように、OP歌詞から絵コンテに脚本&演出、OVA2のED作曲に至るまで、
思う存分手腕を発揮しているなぁと実感...というか監督の殆どワンマンショーやん笑
やはりこの人はギャグやらせたら天下一品、監督の真髄を垣間見た気がします。
「SHIROBAKO」で見られたような過去の懐かしアニメからのパロディやオマージュも、
この頃からぶち込んできてたんですねぇ。

☆声優☆

ドクロちゃんの声優さんかなり良いですね、萌え系ボイスとのギャップが堪らない。
で、やっぱり全盛期の釘宮ボイスは殺傷力高過ぎ。
「ToLOVEる」シリーズでリトさん役の人が、本作では逆の立場で演じているのもなかなか興味深い。
OVAの2には「カレイドスター」でレイラを演じた大原さやかさんまで出てきて笑かしてくれました。

☆キャラ☆

萌え&ギャグ&バイオレンスの組み合わせがツボにはまって面白い。
ちょい役のキャラなんかもかなりバカで笑える。

☆作画☆

あんまり予算掛かってない感じの作品かなという印象ですね。
まぁギャグアニメのOVAなので、あんまりここを追求しても仕方ないでしょう。
それでも水島監督のキャラの動かし方はかなり面白いですよ。
如何にも萌え萌えなキャラデザからのギャップが堪らない。

☆音楽☆

OPの電波ソングが中毒性ありますわ~監督の歌詞最高。
OVA2は曲同じでキーと歌詞がちょっと変わってましたね。
OVA2のEDは絶対パタリロからパクってるはず笑


バカさと不謹慎さでは先に挙げた「デトロイト・メタル・シティ」に匹敵するかも。
バイオレンス&グロが苦手じゃなければオススメしたいですね。

あと、過去作品でこれくらいバカで笑える作品あったら、是非教えてもらいたいです。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 12

sekimayori さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

エログロナンセンスでひゃっはー☆だよ! ドクロちゃん!

自分を守るため未来からやってきた天使・ドクロちゃんに気軽に撲殺されまくる桜くんのぐちゃぐちゃな日常を描く、超低俗エログロナンセンスギャグアニメ。
ついでに、釘宮病の特効薬との噂もあったりなかったり。

つい先日、某ディクロニウスアニメを「不必要なエログロ」と断じて酷評した私ですが、本作は許せます。
というかぶっちゃけ好きです。
ごめんなさい、人として軸がぶれてますね。
ただ、一応言い訳をさせてもらうと、本作はエログロ表現の使い方がフェアというか、あくまでも悪趣味な娯楽の範疇からは絶対に逸脱しないように作られていて、「しゃーねーな」って気分にさせられるのです。
刺激の強さを一見高尚なテーマで正当化したり、覆い隠したりすることはありません。
お下劣なものはお下劣なものとして、批判を承知で潔く(?)描いています。
言うなれば、俗悪で底辺な大人のお遊び、節度を守った不必要悪でしょうか。
いや、どう援護しようにも不必要で公序良俗に反してはいるんですが。

とにかく本作は、ストーリーなんて存在せず、濃くてエロ可愛いキャラたちが血の雨を降らせつつ猛スピードで暴れまわるだけの、PTAとBPOと某ユニセフ大使と元都知事に正面から喧嘩を売るようなB級アニメです。
少なくとも、中学生以下のよいこのみんなには絶対に観せられません。
ただ個人的には、ある程度の数のアニメを、それこそク〇アニメから社会派の名作まで嗜んできて、一定以上のアニメリテラシーと清濁併せ呑む器量を持った方には、打率3割くらいで刺さるんじゃないかと勘ぐってます。
残り7割の方々は、たぶんクスリともせず5分でTV消します。

心情的にも世間体的にもあまり褒めたくはないのですが、エログロさえ許容できれば、ギャグアニメとして案外よくできていると思います。
キャラの魅力といい、視聴者を飽きさせない1話12分中の時間配分といい、詰め込まれたネタの密度といい、流石はイッちゃってる作品のアニメ化に定評のある水島努監督といったところ。
また随所に遊び心が見られ、スタッフの作品への愛が伺い知れます。
制作のハルフィルムメーカーさん、ARIAでの原作愛も素晴らしかったのですが、こんな作品にまで本気出さんでも……と思わなくもありません。
とりあえず、毒電波ゆんゆんで有名なOPは、曲だけじゃなくスタッフクレジットにもご注目ください。

ちなみに冒頭でも書きましたが、釘宮さんがかなりひどいキャラを演じられているため、釘宮病患者の方への特効薬になる可能性も一部ではささやかれています。
しかし良いお薬には副作用があるのが常でして、不謹慎ネタがクセになるだとか、ドクロちゃんのお色気がたまらんだとか、もはや汚れ演技のくぎゅうもかわいいだとか、廃人の域に達する可能性もあります。
『撲殺天使ドクロちゃん』は使用上の注意をよく読み用法容量を守って正しくお使いください(西村雅彦風)。
末期患者にはお色気増量・OPパワーアップの2期もありますので、各人の責任でどうぞ。


【個人的指標】 72点

投稿 : 2020/08/01
♥ : 19

60.0 2 電波ソングアニメランキング2位
こはるびより(OVA)

2007年11月21日
★★★★☆ 3.5 (152)
769人が棚に入れました
メイドロボのゆいは、ある日村瀬貴也という男性に購入される。
理想のご主人様のために尽くそうと思っていたゆいだったが、肝心のご主人様は、自分のことを着せ替えさせて楽しむマニアだった!?
メイドロボとしての使命と貴也の着せ替え人形扱いとのギャップに悩むゆいだが、立派なメイドロボとなるべく、まずは村瀬を立派なご主人様にしよう日夜奮闘するのだった…。

Ssoul(輝子P) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

基本的メイドはあまりほしいとは思った事がありませんでしたが、このメイドは非常にほしい!!

ストーリー

主人公の村瀬貴也はカスタムメイドロボ専門店「メイドワークス(MW)」で愛玩用のロボットを買いにいきましたが、美少女メイドロボットのゆいに目を引けれ、メイドロボットを買ってしまいました。

私の感想。

非常に色々な出来事に笑えました。まずはじめに私が笑ったのは世界観です。メイドロボットの事を好きになるような作品は漫画などで読んだことがあったのですが、この作品ほどあわただしくなかったです。そして無駄にクオリティの高いコスチュームにも驚かされました。本当にたくさんのコスチューム、ありがたやー ありがやたー

この作品のキャラクターはどのキャラクターもなんだか似ている所があります。それはもちろん他の作品と同じ用に原作者の癖だと思いますが、この作品はとくに面白い癖でなんとなくすべてのキャラクターに主人公の面影がありました。これはこれで面白いのですが、私的には男性と女性は違っていてほしかったです。

しかし、この作品は3話と言う少々短い作品なのでいまいち楽しめつくせませんでした。もっと長ければ私はもっとうれしいのですが、3話ですと物足りないです。もっとこの作品の魅力やキャラクターの説明がほしかったです。

だが、私もほしいです。メイドロボット。部屋の掃除とか、寒い日に添い寝してもらうとか、一緒にゲームするとか、買い物をするとか、部屋の掃除とか、洗濯とかしてほしいです。すごくほしい!!

オープニング

「エプロンだけは取らないで!」
非常に面白いオープニングでしたが、初めてこのオープニングの曲を聴いたときは何を言っているのかまったく分かりませんでした。けれどなれてくると非常にうれしいですし、非常に楽しめました。動画は非常に面白く、私も非常に楽しめました。けれど、このオープニングはありなのでしょうか?初めは裸の女性キャラクターにタイトルを塗り、それを壁にぶつけてタイトルコール。マジすげぇな。

エンディング

「ラブソングかもしれない」
非常に可愛いエンディングです。まあ、少々この作品のイメージとは合っていませんが、キャラクターが非常に生きています。しかし、最後のシーンは・・・ 何で・・ 最終防衛線が・・・

投稿 : 2020/08/01
♥ : 15

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

店長さんの粋なはからい?

えっと・・タイトルから緩系と思うと・・

母タイプ姉タイプ妹タイプ幼馴染タイプ・・
ニュータイプツンデレヤンデレクーデレ・・
その他諸々色々なヴァージョン豊富ですよ♪
という店長さんが冒頭から切れてる萌でした。

色々割り切ってる感じで結構笑える。

人間と同等の容姿・能力を持つメイドロボが
実用化されている時代が舞台。

生活サポート型メイドロボのプライドを・・
オタクでフィギュアマニアのご主人様に愛玩人形
として扱われ・・受難の日々をおくるゆいの日常
をコミカルに描いている。


喜多村英梨さんの舌技を堪能するアニメかな?

OVAで全3巻1巻に3話で9話収録。


ゆい(喜多村英梨)生活サポート型メイドロボ・・
愛玩用ではない為・・貴也の着せ替え人形扱いとの
ギャップに悩める美少女メイドロボ。かなり口が悪い。

村瀬貴也(近藤孝行)ゆいのご主人様。
筋金入りのオタクで人形フェチ。着せ替えが好き。

住友みのり(明坂聡美)貴也に恋する巨乳美少女。
父の経営する喫茶店「Cowbeya」の看板娘。

萩原歩美(井口裕香)貴也に懐いてる近所に住む幼女。

久遠(小清水亜美)MW製メイドロボ。諸事情で性格が残念。

さくや(清水愛)大手メイドロボメーカーのテスト用機体。

御堂菫(早見沙織)蘭の姉。貧乳巫女。検定マニア。
御堂蘭(矢作紗友里)カリスマ退魔師を目指す巫女少女。

住友哲志(三宅健太)みのりの父。貴也とは変態コンビ。
娘を溺愛しコスプレ喫茶店を開店。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 3

マジ天使 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

無駄に洗練された無駄のない萌え

メイドロボ、巨乳、コスプレ、幼女、未亡人、姉妹巫女など洗練された属性の織り成すギャグOVA
浅ましいが、ど直球作品って感じがして好きな部類です。

パロディで「かゆうま」「Toheart マルチ」「まりみて」「5レンジャー」など
狙いすぎているが故に反応してしまう。これがオタクの性というものでしょうか…
-シナリオ---------------------------------------------
「萌え要素以外のものを削ぎ落として若干のパロディを加えた作品」この一言に尽きる

深夜のノリで「ゆい可愛い、口悪ツンデレメイドロボとか俺得」「これなんてエロゲ…」
「メイドロボ開発マダァ-?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン 」とか思いながら見れば楽しめる作品でした。
-まとめ-----------------------------------------------
OPが電波ソングでこれだけで内容の7割が分かっちゃう「エプロンだけは取らないで!」名曲です。

OVAだからこそやれた作品
テレビ版12話で制作するとだれるのは確実
30分3巻のOVAだからこそ勢いだけで楽しめる作品
90分の中に構成を見出すのは困難なため、多くを語るのは無粋でしょう
基本的にキャラクターの可愛さを楽しむアニメ。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 8

60.8 3 電波ソングアニメランキング3位
錬金3級 まじかる?ぽか~ん(TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (90)
354人が棚に入れました
訳アリで魔界から人間界にやってきた4人のプリンセス・「魔法使いのゆうま」、「ヴァンパイアのパキラ」、「オオカミ少女のりる」、「人造人間の鉄子」が繰り広げるドタバタコメディー。

声優・キャラクター
斎藤桃子、平野綾、生天目仁美、明坂聡美
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

肉食系女子の脱力ギャグアニメ

世間知らずの魔法少女とヴァンパイアと狼少女と人造人間がボロ家に同居してドジを踏むギャグアニメ。
同居するようになった経緯の背景説明は一切無い。
作風はミルキィホームズやえとたまっぽいが、イケメン男をゲットしようとする話が多いのがそれらと違う。
はっきり言ってそれほど面白いわけではないが、たまにニヤリとしたりくすっと笑ってしまう。

キャラデザはかなり古いけど作画はいいと思う。最近のアニメって作画が背景だけ実写みたいにリアルなのが多いけど(つーかトレス)、これはキャラと背景のタッチが同じなのが良い。

声優は明坂聡美が自分のイメージと違う清楚な役をやっていてギャップがあった。
平野綾はやっぱりハルヒだなと思ったが。

なお錬金術の話は無い。

以下雑感
ぽか~ん3
これは際どいオチだなw{netabare}意外とおおかみこどもの雨と雪の元ネタじゃないの?人狼のパロでもあるかも。{/netabare}

ぽか~ん9
自分らは人外なのにイケメンでも人外はダメなんだろうか。

ぽか~ん11
{netabare}ギャグだから死なないかと思ったらちゃんと死んだ所から再開とは。{/netabare}

ぽか~ん12
{netabare}ゆうまの魔法が凄くなくもないんだけどそれほど凄いわけでもない具合が笑える。手品か魔法かの違いは観客はどうでもいいと思ってるよな。{/netabare}

ぽか~ん15
この回のパキラの演技がハルヒと同じになっちゃってるような。まぁいいけど。

ぽか~ん16
{netabare}銀河鉄道999{/netabare}のパロwいい話で感動した!

ぽか~ん17
りるはワイルド系イケメンがいいって言ってたよね~イケメンならなんでもいいのか。
なぜりる回だと急にアダルトなエロネタになるのかw
平野綾のエロ声演技は貴重?

ぽか~ん19
どうしてこうどこにでもイケメンが次々と出てくるのだろうと思うが、女性が萌えアニメを見るとこういう感覚なんだろうね。

ぽか~ん21
BIG3ゴルフの英語禁止コースを思い出した(古っ!)
鉄子は負荷がかかるとファンが回るのがリアルだな。HDDのガリガリ音もするしw
{netabare}5人目の存在はいつになったら説明されるのだろう。{/netabare}

ぽか~ん22
これひょっとしてダンスインザヴァンパイアバンド1話の元ネタなんだろうか。
{netabare}真のモンスターは人間の大衆だったというオチ。
内容が「どっちもメイド」に似てるのが気になった。{/netabare}

ぽか~ん23
{netabare}この頃のTVならHDMI端子だけってことは無いと思うんだが…そこまで古いアニメじゃないか!?秋葉で回れば安いビデオ端子の変換器なんかすぐ手に入ると思うが。{/netabare}

ぽか~ん24
{netabare}なんで急に魔法を使えなくなったんだろう。{/netabare}

投稿 : 2020/08/01
♥ : 8

ワタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

脱力系コメディ 2期マダー?

魔法使いのゆうま、ヴァンパイアのパキラ、オオカミ少女のりる、人造人間の鉄子
なんとも奇妙な4人の少女達による日常を描いた脱力系コメディ。

これは面白い、というより好きなアニメ。キャラ可愛いし。
個人的に、極上生徒会と並んで2期を長い間待ち望んでいる作品。

微エロや分かりやすい萌え要素もあるけど
どちらかと言えばキャラの自然な可愛さを追求、表現してるところがイイ。

いわゆるシチュエーション・コメディの形式で、多様な話のパターンを盛り込んでいるし
1話につき2本立ての構成ということもあり、飽きが来ない見やすい作りになっている。
まあぶっちゃけ笑えない話も結構多くて
笑いどころが分からず、思わず「ぽか~ん」としてしまうこともしばしば。
そんな微妙さも作品の味?(まじぽか脳。この感覚は「イカ娘」に近いものがある)

謎シリアスなOPや、4人と見せかけて実は・・・とか、面白い伏線も多い。

声優の演技も素晴らしい。斎藤桃子、平野綾、生天目仁美、明坂聡美。
今振り返るとなんちゅーカオスなキャスティングw
斎藤桃子の時代が来ると思ってましたよ・・・このまじぽかに、ソルティ、ねこにゃんダンス、
ここ数年ではステルスモモ、ワーキングのなずなぐらいか。
パキラの平野綾はハマリ役でしたね~ ハルヒ以上と言っていいぐらい。


※余談
ストライクウィッチーズの3期が決定したようですね。
ストパンのヒットの要因として、スタッフ的には股監督こと高村和宏や
原作・キャラデザ原案のフミカネ氏に注目が集まりがちだけど
日常シーンを全面監修した八谷助監督(「まじぽか」の監督)の功績が大きいのは明らかだ。
八谷さんがいないとどうなってしまうか、ビビッドレッド・オペレーションを見ればよく分かる。
ストパンではキャラの行動原理に尻滅裂さを感じることなんてなかったですからね。
と、いうわけで、3期のスタッフに八谷さんがいれば安心です。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 21

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

ヌルい内容、確かな「萌え」

俗に言う萌えアニメです。
原作のないアニメオリジナル。
4人の個性の違うキャラを揃えて、それなりの声優を起用し、魔界のプリンセスという設定を用意して、さらにお色気(サービスシーン)も毎回アリのコメディ。
可愛いキャラデザインで作画は終始安定してるし、EDは各キャラの声優が歌う電波ソング。
萌えるのに必要な要素が死角なく詰め込まれています。


ただ、内容がユルすぎました。
ちょっとした出来事をネタにしているんですが、無味無臭なエピソードにぬるいギャグと微妙なオチ。
良く言えば、ほんわかとしている。
悪く言えば、無個性でヒネりがない。
面白くないわけじゃないんですが、ほんとに起伏がないので、すぐに忘れそうな、どーでもよさに満ちていますw

深読みして考察すると、こういうヌルさをあえて狙っているのかもしれません。キャラ萌えするのに、ストーリーとか刺激的なギャグは邪魔だから。
・・・って、んなワケないですよねw


同時期にハルヒやひぐらしといった、個性的な作品が放映されていたので、埋もれてしまった不遇さはあります。
面白味には物足りなさを感じますが、作品としての質はそんなに悪くありません。

こういう系統がお好きな方なら、ご視聴してみるのもアリかと思います。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 4

57.6 4 電波ソングアニメランキング4位
D4プリンセス(TVアニメ動画)

1999年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (17)
74人が棚に入れました
螺旋皇国第三皇女、瑠璃堂どりすは国のしきたりに従い、皇女としての資格を審査する「審判の日々」を過ごすため自治都市「東方帝都」に留学してきた。どりすが留学先を東方帝都に選んだのは、大罪を犯し失踪した長姉どりなを探すためであった。数々のパンツァー達とのバトルを経てどりすは成長し、またどりなの失踪とどりす自身の秘密にまつわる謎がやがて明かされていく。

声優・キャラクター
倉田雅世、井上喜久子、小西寛子
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ドリルでルンルン クルルンルン♪

1話10分くらいの2クールの作品でドリルでルンルンな電波ソングが記憶に残るアニメです。
学園日常もの+バトルものって感じの作品で、いまでいう萌え系に一応該当する作品ではありますが
楽しいところは楽しく、悲しいところは悲しく、熱いところはしっかり熱くなれて見てて夢中になれる作品です!

まず登場人物がいいです!
特に主人公どりすは魅力的なキャラクターだったと思います。
世間知らずでドジでたまーに調子に乗っちゃうけど、負けず嫌いの頑張り屋で、
中学生らしい可愛さや優しさを持った子です!
どりすの友達も喧嘩することはあっても優しい子達だし、お姉ちゃんも厳しくて冷たい人だけど悪い人ではない。

絵柄はかわいらしいけどパンツァー(能力者)同士の戦闘が普通に盛り上がる!
しっかりと毎回特訓を積んでるのが好印象です。
BGMが全体的にいいのでバトルの時もかっこいいBGMが更に盛り上げてくれます。

{netabare}最終的には初めて楽しく戦えた相手の死の悲しみを乗り越え決意する
どりすがあかりで戦うという感じで終わってますが
この終わり方もいいけど個人的にはあと2話やってほしかったような気もしてしまいます。
あかりの戦い方も見てみたかったし、OPで更にもう一人戦ってない人映ってるのが気になるんるん。{/netabare}

結構面白かったと思います。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

ヒロ(4代目) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

自分の初めての 電波ソング がこれでした。

ドリルでルンルン クルルンルン♪

とED で 流れ始めた瞬間・・・。 な・・・何だこれは!
 と とまどい・・・トキメキに近いものを感じました。

間違いなく 自分が 電波ソング 好きになったのは
このアニメのおかげです。

機会があれば是非聞いて見て下さい。

  ED 「 ドリルでルンルン クルルンルン」

アニメの 内容に関しては 
       皆様の評価が語ってくれてると思います。

個人的には バカバカしくて 好きでしたけどね。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 5

計測不能 5 電波ソングアニメランキング5位
みどりのくにの こえだちゃん(TVアニメ動画)

2004年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (3)
11人が棚に入れました
タカラトミーのロングセラー商品『こえだちゃん』が人形劇になって登場! 2004から2005年にかけて放送され、声優陣の豪華さやそのクオリティの高さから、子供たちだけにとどまらない人気を博した。 主人公の女の子・こえだちゃんが暮らしているのはみどりのくにのおとぎの森。その大きな木の中に、こえだちゃんはひとりで住んでいます。仲良しのりすちゃんや、お隣のきのこレストランに住んでいるきのちゃんとうさちゃん、りんごのおうちに住んでいるこりんごちゃんなど、おとぎの森にはこえだちゃんのおともだちがたくさん! そんなこえだちゃんの夢は、いつか世界中を旅してもっとたくさんのお友達に出会うこと。はたしてこえだちゃんは、夢を叶えることができるのでしょうか?

計測不能 6 電波ソングアニメランキング6位
ぶっとび!!CPU(OVA)

1997年4月25日
★★★★☆ 3.4 (5)
31人が棚に入れました
 漫画家・新谷かおるの青年向けSFチック青春コミックをOVA化。これまで成人向けのOVAを手がけてきたメーカー・ピンクパイナップルによる初の一般向け作品という触れ込みで発表された。 高校生・高岡章は電脳研究会に所属しながらもパソコンを持っていないのが悩みだった。バイト代を必死に貯めるものの結局は目当ての品を買えなかった章は、半ばヤケになって怪しい男から格安のパソコンを購入。だが自宅で梱包を解いた章の前に現われたのは何と全裸の美少女! 普通の人間にしか見えないこの美少女、実は高性能のコンピュータだったのだ。章は彼女にユーザー登録を行うと同時にミミと命名。イロイロと困惑させられる純情な章だが、どうやらミミのようなコンピュータは他にもいるらしい……? 本OVAの実制作は『ポケットモンスター』などで知られるOLMが手がけ、監督は「勇者シリーズ」ほかの演出でも有名な日高政光が担当。キャラクターデザインと作画監督は『コードギアス 反逆のルルーシュ』などのアニメーターである千羽由利子が務めた。

……keniee…… さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

失礼しました… 私が観るものではなかったです

失礼いたしました…

内容を確認せずに
うっかり観はじめてしまい
ビックリです

R15 ?
R18 にしてくださいまし…

家族のいるところで
観なくてよかったです

冷や汗です

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

83.1 7 電波ソングアニメランキング7位
這いよれ!ニャル子さん(TVアニメ動画)

2012年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (2925)
15933人が棚に入れました
高校生、八坂真尋はある日、夜道で怪物に襲われるも突如現れた謎の少女に救われる。その少女は、自身がクトゥルー神話に登場するニャルラトホテプそのものであると語り、また自身が宇宙人であること、真尋が他の宇宙人に狙われており、自分が護衛として派遣されたことなどを告げるのだった。

声優・キャラクター
阿澄佳奈、喜多村英梨、松来未祐、釘宮理恵、新井里美、國府田マリ子、久川綾、羽多野渉、大坪由佳、草尾毅、島田敏

たばこ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.1

劣悪な衆愚アニメの決定版

「衆愚政治」という言葉がある。
平たく言うと、「大衆迎合型の政治」だ。
つまり、ただひたすら大衆の人気取りにのみ終始する政治のことである。
指導者に理念や思想は無く、意思決定もしない。なぜなら、大衆の「よろこぶこと」だけをしていれば、指示を得ることが出きるからである。


同様に、「衆愚アニメ」という言葉がある。
(もちろん今、私が作ったので、できたての言葉だ。)

平たく言うと、「大衆迎合型のアニメ」だ。
つまり、ただひたすら大衆の人気取りにのみ終始するアニメである。
アニメ制作サイドに理念や思想は無く、「作りたいアニメ」というものも無い。なぜなら、大衆の「よろこぶこと」だけけを見せてやれば、人気を得ることが出きるからである。

では、いったいこの「衆愚アニメ」のどこがいけないのだろうか。
皆が喜ぶなら、それはそれでいいじゃないか。

結論から言うと、「駄目駄目」なんである。

もう、完全に、まるっきり、駄目だ。

まだ3話までしか見ていないが、はっきり言える。
(*最終話まで視聴済み)

このアニメは、完全に終わっているのだ。

皆が喜ぶからといって、何でもかんでももろ手を挙げて賞賛していいってもんじゃない。

そこには「喜び方」と「喜ばせ方」の2つの問題がある。

●視聴者の喜び方の問題

だいたい、このアニメを見て楽しんでいる人がいたとして、いったいそれはどのような「楽しさ」なのだろうか。このアニメに楽しめる要素があったとして、それはいったいなんなのだろうか。
おそらく、次のようなことだ。

「ニャル子さんがかわいい」
「オープニングの歌がはまる」
「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」
「織り込まれるパロディギャグが面白い」
「お色気要素があって、ブヒブヒ」
「やる気の無いイケメン主人公がかわいい」

まだまだ、あるかもしれないが、大体こんなところだろう。

で、だ。

この中にひとつでもいい、何か「新しい楽しさ」があるだろうか。
自分が予想もしていなかった楽しさがあるだろうか。

断じて、無い、と言い切れる。
全て、折込済みの、経験済みの楽しさのはずだ。

どこかの、何かしらのアニメで、すでに体験している楽しさを、ひたすら木偶のように繰り返し繰り返し体験しているだけに過ぎない。

悪い意味で、全く期待を裏切らないアニメなのである。

すでに慣れ親しんだ、安心して楽しめる要素を、まるでスルメを噛むように、くちゃくちゃといつまでも、何度でも楽しみつづける。

街灯に群がる蛾のように、死ぬまで、ひたすら、同じ場所をぐるぐると回り続ける。

もちろん、こうした楽しみ方をそれはそれで「是」とする意見もあるだろうし、それも悪くは無いのかもしれない。

が、それと同時に失うものもある。

こんな糞アニメを高く評価することが、何をもたらすのかは明白である。

第2、第3のスルメを増産することになる。

スルメアニメの拡大再生産。

まさにアニメ暗黒時代の幕開けである。

何の新鮮味も無い、完全なるテンプレート化した、2次、3次創作アニメが跋扈するようになる。

間違いない。

●制作者の喜ばせ方の問題
もっとも腹立たしいのは、このアニメの制作者サイドである。
その薄汚い魂胆が丸見えなのだ。

ヒロインのニャル子ひとつとってみても、ヒロインのテンプレ記号である「アホ毛」しかり、アスカとかハルヒを代表する「肉食系女子」しかり、とにかく、全て、丸パクリだ。

ギャクにしても、パロディといえば聞こえはいいが、やっていることは、単なる「後乗り」に過ぎない。

主人公の男も同じ。「ちょっとやる気のない、草食系男子」の量産型だ。

あらゆる面において迎合的だし、独創性が皆無で、全ての要素が剽窃だ。

これは、クリエイターとしての職務放棄と言っても過言ではない。

本来、制作サイドってのは、どうにかして視聴者の期待の上を行く作品を作ろうとするべきだし、そうであるはずだ。
本当に面白い作品ってのは、そうした製作者の熱が伝わるものだ。
そういう作品は、見終わった後に、仮につまらなかったとしても、少なくとも意気込みだけは伝わるものだ。
「ああ、こういうことがしたかったんだろうけど、上手くいかなかったんだね」と。

しかし、このアニメには、一切そうした意気込みが感じられない。というか、むしろ、そもそもそんな意気込みは無いのだろう。

こんな糞ほどの価値も無い、大衆迎合アニメを作っておいて、もし金以外に目的があるのであれば、聞いてみたいものだ。


まだ、序盤の第3話までしか見ていないし、もしからしたら、後半で、驚くほど「本当に」面白い展開があるのかもしれない。

そのときは、このレビューを書き直そう。

が、おそらくその可能性はほぼゼロだろう。
(2012年4月28日時点)


●最終話視聴後の感想追加

まあ、もうくどくどと説明するまでもなく、文句無しでつまらなかったんだけど、終盤はもう、なんていうか、

●気の毒だな

とさえ感じた。

例えるなら、

「冴えない男がモテるために恋愛マニュアル本を熟読して、そのノウハウをひたすら披露しまくって、合コンの序盤こそ人気あったんだけど、終盤には女の子に飽きられちゃって、最後は隅のほうで一人寂しく、残り物の枝豆をつまんでる絵」

的な気の毒さがあった。

もう正直叩く気さえ起きないほど、ただひたすら可哀想なアニメだった。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 62
ネタバレ

ギータ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

コメント付きでさらに輝きを増すパロネタ、今からは見れませんが、2期を見るならニコ動で見るべき  追記:一挙放送を見ました

現在2期が放映中ですね。
ニコニコ動画を中心に大暴れし、数々の伝説を残した作品ですね。
・公式配信にも関わらず週刊ニコニコランキング、6週連続ポイント1位(3回の2位のうち1つはop中毒動画、2つは耕作含め歴代ランキングにのる動画)
・ニコニコ公式アニメ初の100万再生達成


見どころはまぁパロネタなんでしょうね。ていうか結構パロネタ分からないんですよ。しかし、ニコ動のようにコメント付きで見てれば、必ず分かる人がいてコメントしてくれるんです。そしてそのコメントを見れば、パロってるんだな、危ないことしてるんだなという気持ちになれます。そして、あたかも自分がそのネタを知ってて「そのネタ使うのかよww」みたいな気持ちにうまくいけばなれます(笑)
ということで、このアニメは単体のパロネタを楽しむのではなく、たくさんのパロネタが流れているという空気、展開を楽しむアニメかなと私は思います。そのためにはほとんどのパロネタが分からなければなりません。ということで、ニコ動のコメントありという視聴環境がベストかなと思います。
これがニコ動での爆発的人気の要因に少し入ってるんじゃないかなと思っています。

また、声優の演技、ていうか阿澄さんがマジですごいです。この人の演技のためだけでも見る価値があるかもしれません。その時まで種島先輩くらいしか印象がなかったので、当時は本当に衝撃を受けたし、一気にファンになりました。


最後に2期もやっているということで、今期のニコ動でのアニメについて少し書きます。
今期はニコ動始まって以来の公式アニメ豊作期といって過言ではありません。あのレールガン2期ですら霞んでしまうほどのラインナップです。 他作品の簡単な紹介なので、見たい方だけどうぞです。
{netabare}
・進撃の巨人
ニャル子さん2期を押しのけ、今期のニコ動アニメ覇権に。
opの中毒動画は月間ランキング歴代3位には入ると思います。

・ニャル子さん2期
ニコ動の伝説のアニメだけあって、2期にもかかわらずまだまだ勢いは止まらない模様

・うたプリ2期
ニコ動の伝説のアニメその2。当時は再生数<コメントとなるくらいの勢いがあり、公式動画のOPはニコ動のアニメカテゴリ全動画中で再生数1位を誇っています。勢いは衰えましたが、内容は変わらず進化し続けています。絶対ニコ動で見るべきアニメ。

・はたらく魔王さま
私はこういうアニメを待ってました。すごく大好物です。誰に批判されようと、このアニメの評価を変えるつもりはないくらいです。再生数は毎回レールガンを越えてきています。

・悪の華
逆にあまりにも苦手なんで特に書くことはありません。しかし、再生数から見るに人気はあるようです。

・俺妹2期
この作品もニコ動ですごく人気あるんですよね。この強力ラインナップにどこまで食いついていけるか。

・レールガン2期
超ビックタイトルであり、人気も他の作品では比にならないくらいありそうですが、ニコ動での勢いはうたプリ以外にはかなわないようです。 {/netabare}


追記:ニコニコ一挙放送を見ました
といってもタイムシフトで1話と他の話を飛び飛びで見ただけです。
今回思ったことは「このアニメは一回見れば十分」でした。
何度も見返す必要はない、というか、当時は勢いで見てただけなのかなとも思いました。
2期に限界を感じたのも今回と同じ理由でしょう。
一回見れば十分なアニメを2回も視聴する必要はない。つまり、2期はもうお腹いっぱいです、という感じでした。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 19

ツキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ニャル子というよりキャラアニメについて

ギアスが良いとこどりの受けを狙ったら本当にヒットしたと言われてるように、本作はある意味別の方向性、「萌え」を全面に打ち出して狙った作品って印象です。

内容は9割9分キャラアニメ。パロディが多いですが、笑いは案外直球で勝負してます。面白いかどうかは別としてキャラのギャップや動きなどで寒いギャグを連発するよりは好印象です。

登場人物に対しては失敗しないキャラをよりすぐり、ニャル子の声優はかなり選考したんじゃないかなって勝手に思いました。
ここでコケるわけにはいかん的な。

真新しさなんてありませんし作品自体非常に保守的な印象を受けましたが、こういったキャラアニメ、自分はけっこー好きです。

アニメっていうのは月9ドラマのように視聴率をガンガン叩くような世界ではなく好きな人こそが好む世界。深夜アニメならなおそうですね。

だからこそ本作のようにいかにもアニオタが好きそうな作品も出てきます。
そうなると例えば本作のようなキャラアニメの場合、キャラクターっていうのは最も分かりやすく重要な要素の一つになってきます。もちろんそこに力入れてるのは十分見て取れます。
その分中身はスッカスカですがw

でもよく聞くのが、「このキャラが好きだから最後まで見れた」って言葉。
まさにこの、「キャラクターに対する愛着度」っていうのがアニメにおける最大の武器だと思うんです。だからこそフィギュア等の副産物も売れるのでしょう。

もうこの文章だけで必死すぎてワロエますが続けますw

絵に色がつき、動き、喋る。これがアニメの醍醐味であり、小説や漫画では表現しきれないキャラクターを活かせる最大の長所です。
そういったアニメにおける最大の長所、キャラや声優を存分に楽しませようとする作品は嫌いになれないんです。
もちろん全部好きって訳じゃありませんが。

それならわざわざ萌にする必要ないしそんなとこに目がいくようじゃ…って気もしますが、一番見やすいですこーゆー頭からっぽにして見れるアニメは。

そういった根本があった次に二次要素として原作を上手くまとめられる制作側の作品理解や作画の安定などがついてきす。

何故わたくしがニャル子でこんなに必死になっているかというと、今日はとても嫌なことがあったんですwww八つ当たりです
後、前々からちょっと思っていたこととして、オリジナルアニメが少なくなってきている昨今ではストーリー性の強い作品においては原作の漫画や小説でしっかりと描かれた世界観を掴むほうがずっと楽しめる方もいるんじゃないかなーなんて思ってたんです。

数多く作品を見ていると目も肥えてきてどうしても考察しがちになってしまいます。
それ自体は良いことだと思いますし、視聴数が少ない自分ですらそういう所あります。

でも良いんです。そもそも中身がなくてもキャラや声優さんで楽しんで、中身が濃いならストーリーや演出を楽しむで。ひっくるめてアニメを楽しむってことだと思います
どっちにも中途半端だと感じれば切れば良いんです

書いててかなり苦しい言い分だなぁって思いますが、とりあえずニャル子は好きな作品です♪

あと最後に!
個人的にキタエリは好きな声優なんですが最近のキタエリはどことなーくおきにいったような演技なのが気になります。
妙な貫禄をつけようとしているというか。

頑張って演技してると感じた数年前の方が好印象だったかな……

そんな感じでお付き合い頂きありがとうございました!

投稿 : 2020/08/01
♥ : 51
ページの先頭へ