飯村一夫おすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの飯村一夫成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月04日の時点で一番の飯村一夫おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

65.4 1 飯村一夫アニメランキング1位
サイボーグクロちゃん(TVアニメ動画)

1999年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (37)
320人が棚に入れました
雑種の黒猫「クロ」は生意気な暴れん坊だが、飼い主の老夫婦への恩返しを忘れない、忠義な猫でもあった。しかし悪の科学者ドクター剛がクロを使って世界征服をしようとたくらみ、勝手にサイボーグにしてしまう。それから次々と一癖も二癖もあるキャラクターがでてきて、クロをトラブルに巻き込んだり、逆に巻き込まれたりしていく。そんな毎日をうんざりしたり楽しんだりしながら、サイボーグクロちゃんは今日も暴れ回る。

声優・キャラクター
坂本千夏、手塚ちはる、古澤徹、小松里歌、大本眞基子

葉都 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

「面白かった!」と文句なしに言えるギャグアニメ

とても幼い頃に何度か見たきりでしたが、なんとなくで見返してみると凄くハマってしまいました。昔ハマらなかったのは幼すぎて内容が把握できてなかったせいかと思います。

主人公クロちゃんやミーくん、マタタビなどの猫達が格好良すぎて、猫なのにとても人間が出来ていて非常に魅力的です。
サイボーグに改造されてしまったクロちゃんがマシンガン片手に大暴れ!というハチャメチャなギャグが話のメインになるのですが、ふとした瞬間にこぼれる名言の数々には大人もどきりとさせられてしまいます。

「子供向けのアニメでここまでやるのか!」というブラックなギャグや暴力表現もまかり通る良い時代に、スタッフが愛と熱意を存分に込めて作ったんだなーと自然に思える素晴らしいアニメです。

「サイボーグクロちゃん」というタイトルを聞いたことがない若い世代の人にこそ、是非一度見て貰いたい作品です。
本当に面白いですよ!おすすめです!

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

まあまあ ストーリーばかり求めている今の自分からしたら見るのきついだろうな

ギャグコメ系の漫画です
猫?と思わせる回想があったりと色々突っ込みどころがあって楽しい作品です

アニメはいわゆる1話完結型であり
ストーリー求めている人には評価されない作品だと思います

自分はもうストーリーだけしか求めてないので
こういう作品は今から視聴すればきついでしょう
ただ、ギャグコメとかそういう部類を求めているならそれは高評価となるでしょう

おさえるべき点をおさえたギャグコメなので
まあまあ面白いといった評価です

後、このアニメ作品はアニメ会社が確か倒産かなんかして
途中でアニメ終わったという口なんで
完結しなきゃアニメじゃねぇよという方には不向きかと思われます

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

ナベワタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

タイトルなし

私の大好きなギャグアニメです。主人公のクロちゃんはトラブルを解決したり、敵だった奴らと一緒につるんでいたり、デパート壊したりとハチャメチャですが、飼い主のおじいさんおばあさんには優しいところ、なんだかんだで面倒見がいいところが気に入っているキャラクターです。敵に関しては当初の目的、世界征服が趣味にまで降格していたりと、個性豊かなキャラクターばかり、見どころ沢山の見ていて飽きない作品です。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

計測不能 2 飯村一夫アニメランキング2位
ウルトラマンキッズ 母を訪ねて3000万光年(TVアニメ動画)

1991年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (3)
27人が棚に入れました
円谷プロの人気ヒーロー「ウルトラマン(歴代ウルトラ戦士)」とウルトラ怪獣をディフォルメした可愛いキャラクターが活躍するTVアニメ。M7.8星雲で平和な日々を送るウルトラキッズと怪獣たち。その中の一人で保護者の怪獣グローサー先生のもとで暮らすマーは、8年前に生き別れになったパパとママを捜すべく広大な宇宙に冒険の旅に出ようと思う。そんなマーに同道するのは、セブ、ター、ピコ、ピグコ、ミドリ、ガッツン、それにいつもはいじめっこのバルなどの面々だ。宇宙船キッズスターに乗り込み、星々を巡る一同だが……。それまで映画とTVに登場していた「ウルトラマンキッズ」のアニメ先行作とは世界観を一新。全く新たな趣向で語られる新シリーズ。初放映はNHK衛星放送で、世界初のハイビジョン作品としてオンエアされた。
ネタバレ

ぱに さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

懐古シリーズ①

全26話(wikiより)
記憶はほぼなく、1994年4月から放送された地上波の放送を見ていたと思う。
当時○才。小学生だった。

内容は救助船で不時着した主人公が不自由なく育てられた恩を忘れ、星を捨ててまで両親を探しに友人たちを拉致って宇宙に旅立つというなんとも無茶なストーリー。


26話使って最終的に
{netabare}

両親には会えず、痕跡?メッセージ?を見つける

{/netabare}

というなんとも消化不良のまま終わった、はず。


本題はここから。
私が感想を書きたかったのは曲がこの作品を思い出すためのキーとなったからだ。


OP「コスモス アドベンチャー」
ED「Twinkle Twinkle Wink 〜お願い Shooting star〜」

歌はとても印象的で、山野さと子さんがOP・EDともに担当している。
作詞は佐藤ありすさん。この人も90年代アニソンの作詞担当してるんだよなぁ。Zooに提供した「Choo Choo TRAIN」とか。まぁ本題とは異なるので割愛。


歌を覚えていてそこから記憶を頼りに発掘したアニメなので感慨深い。
アニメの内容が微妙でも曲だけはしっかりと記憶に残るってのが凄い。(私の記憶じゃなくて曲のほうね)

他にもあるので、記録としての感想を書いていく懐古シリーズは続く。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

計測不能 3 飯村一夫アニメランキング3位
パッテンライ!! ~南の島の水ものがたり~(アニメ映画)

2008年11月15日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
大正末期に偉業を成した日本人技師の奮闘を描く劇場用アニメ。日本統治下の台湾で、南西部に位置する嘉南平原は不毛の大地と呼ばれていた。総督府から技師として派遣された八田與一は、この地に広大な灌漑施設を造るという計画を立てる。その信憑性を疑う地元の農民たちは八田に対して敵意を抱く。その中に農民の子、英哲もいた。英哲は八田の土木にかける切実な想いに動かされ、次第にダムの必要性を理解し、自らも土木技師になる夢を抱くようになる。そんなある日、トンネル工事中の爆発事故により、五十余名が殉職してしまう。結果工事の中止が囁かれ、八田は苦悩に陥る……。主題歌には、台湾人の父をもつ人気歌手・一青窈が起用された。ちなみにタイトルの意味は、現地語での「八田が来た!」。
ページの先頭へ