香川豊おすすめアニメランキング 4

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの香川豊成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月04日の時点で一番の香川豊おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

59.5 1 香川豊アニメランキング1位
炎の闘球児ドッジ弾平(TVアニメ動画)

1991年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (17)
131人が棚に入れました
『爆走兄弟レッツ&ゴー』で有名なこしたてつひろによるドッジボールを題材にした少年漫画が原作。小学館の少年誌『コロコロコミック』に1990年代前半に連載。この作品の影響で90年代初頭に日本中各地の小学校で爆発的なドッジボールブームが起こり、スーパードッジ全国大会等も開かれた。毎日父の墓石を相手にドッジの練習に励む少年、一撃弾平がドッジを通し、さまざまな仲間や二階堂大河等のライバル達と出会い、闘いを通して成長し、友情を育んでいく。

AKIRA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

ちょうどこの頃ドッジボールブームだったな

この作品の影響かもしれませんが学校のクラスでドッジボールが流行ってましたね

体育の授業だけでなく昼休みの時間や放課後にも良くやったものです

いわゆるスポ魂系で暑苦しい描写が多かった記憶がありますw
必殺技もたくさんありましたが、今は忘れてしまいました…

投稿 : 2020/08/01
♥ : 4

ザカマン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

ドッジボール楽しいよね

小学校のときは体育の授業でやるくらいドッジボールは身近だった
スイッチショット!

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

58.8 2 香川豊アニメランキング2位
Night Walker ナイトウォーカー 真夜中の探偵(TVアニメ動画)

1998年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (11)
85人が棚に入れました
『Night Walker -真夜中の探偵-』は、1993年にPC-98用として発売、2001年にWindowsに移植された推理もののアドベンチャーゲーム及びそれらを原案として1998年にテレビ東京系列で放送された連続アニメ作品。テレビ東京放映のアニメでは唯一のアダルトゲーム原作の作品。多発する怪奇現象や超常現象、それらはナイトブリード(ブリード)と呼ばれる闇の種族の仕業であった。探偵事務所を営む紫藤龍彦は、裏ではブリードを狩ることを生業とするヴァンパイア(吸血鬼)である。ブリードがらみの事件を追う松永弥生、紫藤に憧れる女子高生山崎理保、使い魔のグニと共に、大都会を舞台に数々の事件を解決していく。
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

地味な良作

【良い点】
・血液を剣みたいにして戦うのが格好良い。

・衝撃的なシーン
{netabare}特に4話での女の子の背中に何か付いてる→血!?→死亡。はびっくりでした。
あとは白い顔や赤い目とかして襲ってくるブリードがなかなか怖いです。{/netabare}

・人間の恐ろしい所と優しい所
{netabare}恐ろしい所は、自分がトップアイドルとして輝くために人を殺したり
慰謝料目当てで祖父を殺したり
優しい所は、自分の恋人、
子供がブリードになってしまっても愛しているなど{/netabare}
でよく描かれていると思います。

【悪い点】
・話数の少なさ
これからもっと面白くなるんじゃない・・・?
ってところで最終回は夢オチみたいな感じで
終わってしまっていて残念。
6話で「また会いましょうねお若いバンパイアさん」って言って
どこかに消えたブリード
の再登場も無かったですし、2クールあれば良かったかなぁーと。

【総合評価】
90年代後半のマイナー深夜アニメですが
紫藤さんかっこいいし理保ちゃんかわいいし
そしてなにより雰囲気が良いアニメです。
{netabare}お気に入りの話は、理保が不死になった悲しみを描く5話
ヒステリックな親がブリードかと思ったら、
親があんな感じだったのは子供が・・・と一番びっくりのだった7話
弥生の過去話の9話。
幸せの代償に命を吸われる、
けどなんかこの天使嫌な感じには思えなかった10話。{/netabare}
こうして考えると中盤に良エピソードが並んでいた感じですね。
面白かったけど惜しい作品でした。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

しーん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

タイトルなし

20164

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

計測不能 3 香川豊アニメランキング3位
お~い!竜馬(TVアニメ動画)

1992年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (9)
85人が棚に入れました
幕末の英傑・坂本竜馬を尊敬してやまない人気俳優・武田鉄矢が原作(文芸)を執筆、忍者漫画『あずみ』で大ヒットの漫画家・小山ゆうが作画を担当した、竜馬を主役とする史劇コミックのアニメ化。長きにわたる江戸幕府の治世が終焉を迎えようとする前夜、土佐藩(現在の高知県)に生まれた坂本家5人兄弟の末っ子・竜馬。彼はなかなか寝小便のくせが治らず、児童期は学問も剣術も今ひとつだった。だが人柄はよく、心に抱く夢は大きい。やがて剣の才覚に目覚めた竜馬は土地の人気者となり、武士の子で優等生の武市半平太、足軽の子・岡田以蔵と三人で親友トリオを組むようになる。やがてそんな竜馬たちにも、甘い恋のときめきが……? 『ふしぎの海のナディア』『ひみつの花園』に続く時間枠のNHKアニメとして放映され、日本ヘラルド映画とアニメーション21が製作を担当。監督は、タツノコプロ作品などで大活躍の笹川ひろしが就任した。

Enchante さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

おーい、どうしちゃったの?竜馬

NHKが無慈悲にも「どうしちゃったの?、竜馬」というくらい、唐突な最終回のダイジェストで最期が描かれた作品です。

関俊彦が声をつとめる竜馬はカッコ良く好きなのですが、本当はいつも茫洋としている上に、顔が浅黒くて、毛むくじゃらの容姿だったと言われます。

龍馬ではなく「竜馬」となっているのは司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の影響でしょうか?

幕末という激動の時代に生き生きとした青年時代が大幅にカットされてしまったのは残念ですが、その分、幼少時代の話の密度が多くなっています。

泣き虫・竜馬が、母と姉の愛情が後ろ盾となって、とても愛らしいです。

そんな竜馬がある時、ボコボコにされながらも泣かないで強情を張った時には、人間としての成長を感じました。もっとも、これが原因なのか、成人後も当主・山内容堂への激しい不信と恨みを募らせることになります。

当時、土佐では武士階級の上士と郷士との間で激しいつばぜり合いがありましたが、イジメ役に乾(板垣)退助や後藤象二郎を配するのは、当時の年齢を考えると少々強引かな?と感じましたが、有名な人物の出自を分かりやすくしたかったのでしょう。

盟友・武市半平太にいては、今ひとつ人物像がはっきりしません。土佐勤王党の結成と吉田東洋暗殺事件にしても、理念の対立よりも、動機が単に上士勢力の一掃だけのような気がします。

醜い悪役された吉田東洋も、歴史的には失脚を乗り越えて革新勢力の「おこぜ組」を結成した傑物なので、もう少し掘り下げて魅力あるヒール役にして欲しかったです。

「人斬り以蔵」の異名を持つ岡田以蔵がピエロ役となっていますが、これが実像と思えるほど、異常的キモさも際立っていて、変な意味で一番光っていた気がします。

本作は歴史を知らなくても十分に楽しめる内容です。下手に歴史を知っている(と言っても『竜馬がゆく』を読む程度で十分)と、ツッコミどころが多いため、楽しめないかも知れません。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 1

ひげ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

原作はけっこうおもしろい。

アニメはなんだか突然おわる。
打ち切りなのか原作に追いついたのか、、、
まぁ大人になるとエログロ描写があるのでそこらへんなのかな・・・。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 2

計測不能 4 香川豊アニメランキング4位
じゃがいぬくん(TVアニメ動画)

2004年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (2)
15人が棚に入れました
“じゃがいぬくん”をはじめとした野菜や果物から生まれたキャラクターたちによる心温まる物語が展開する。

声優・キャラクター
安達忍、小林沙苗、滝知史
ページの先頭へ