高木渉おすすめアニメランキング 145

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの高木渉成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年01月20日の時点で一番の高木渉おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

69.3 1 高木渉アニメランキング1位
MIX(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (112)
416人が棚に入れました
舞台は「タッチ」と同じ「明青学園」。「タッチ」の主人公「上杉達也」の伝説から約30年、今、運命の兄弟が物語の扉を開く・・・親の再婚によって、血は繋か?らないが誕生日が同じ、双子?の兄弟となった「立花走一郎」と「立花投馬」は、明青学園・中等部の野球部に所属する 中学2年生。走一郎は捕手、打者として活躍。投馬は「ある理由」から三塁手を務めているが、人並み外れた投手の才能を隠し持っていた。走一郎の実妹て?、投馬とは血の繋か?らない義理の妹「立花音美」も中学に入学し、2人の周囲はなにやら騒か?しい。やか?て高校に進学する2人は、甲子園の土を踏むことが出来るのか・・・

声優・キャラクター
梶裕貴、内田雄馬、内田真礼、花澤香菜、高木渉、井上喜久子
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ものすごくあだち充だった

原作未読
放送時間は土曜17:30!久々の深夜外アニメかもしれません。


「タッチと私」という題ならいくらでもいけるのですが我慢!
あの『タッチ』と比べてふんちゃらかんちゃらみたいなレビューにならないよう可能な限り気をつけます。ペコリ


あの上杉達也/和也と朝倉南の物語から30年後。視聴動機は説明不要の世代です。おいっ

・前期後期のOP『イコール』(sumika)『VS』(ポルノグラフィティ)歌詞の端々にあだち作品を彷彿させるワードが!
・各話サブタイトルは作中の登場人物のセリフ。鉄板です。
・ナレーションの天の声に反応できるキャラ達
・お待ちかねの作者いじり


 ものすごくあだち充であり
 安定のあだち充である


あだち作品特有の少し長めにとった会話の間であったり、思わせぶりな言葉のキャッチボールだったりは健在というかよく表現されており、そこはわかってるね~という話でした。
オールドファンには懐かしく、知らない方には新鮮に映ると思います。

なお、ありがたいことに本家『タッチ』の視聴を前提としません。もちろんセルフパロディ満載ですが知らなくてもまたは後追いでも問題ないでしょう。


あらすじは省略。『H2』『クロスゲーム』野球ものはもちろん『みゆき』『ラフ』『陽あたり良好!』etc

どれか一つでもあだち作品に触れていればすーっと入っていける本編です。キャラの名前が変わってもキャラの相関が変わっても流れてる空気は一緒でもちろんこれは誉め言葉。この味は先生以外出せないものでしょう。


 ものすごくあだち充であり
 安定のあだち充である


私にとって『タッチ』は昭和でアニメに触れ、平成でコミックをむさぼり読んだ作品です。
連載終了してから数年経ってるとはいえ、部室に置いてある単行本をたまにめくりながら、ガチで甲子園を目指していた球児でした。

あれから20年ちょっと。令和の時代に続きの物語を拝めるのは感謝しかありません。現実の甲子園で応援曲の定番となった岩崎良美『タッチ』。アニメでは逆輸入されて主人公の妹がアルプススタンドで吹いてます。西村勇役の中尾隆聖さん。『タッチ』からの30年越しの継続登板です。ナレーションの日髙のり子さんと合わせて感慨深いものがあったことは想像に難くありません。もう歴史的文化遺産でいいんじゃなかろうかってくらいです。

{netabare}中尾さん次回登場の予告で、「顔がパンのに殴られるアニメ?7つのボールを集めるやつ?」とさらっと内田真礼さんが煽ってたのがツボです。{/netabare}


あの、朝からダラダラ再放送のアニメを見て過ごす夏休み。それと似たようなことを今年の夏は再体験することが出来ました。

{netabare}すげー中途半端なところで終わった気がしないでもないですが、このもやっとした後味もあだち節の一環です!と言ったらまるで信者だな、こりゃ(-_-;){/netabare}


『タッチ』ファンは必見。懐古趣味的にもアリ。深夜アニメに食傷気味な方にも新たな南風を送る全24話です。



-------
視聴時期:2019年4月~9月 リアタイ視聴


2019.09.29 初稿

投稿 : 2020/01/18
♥ : 34

イムラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

SB千賀投手のテイクバックが気になる今日この頃

<2019/5/12 初投稿>
見始めなので評価はデフォルトの3.0です。

原作未読。
第6話まで見終えました。
あの名作青春野球漫画「タッチ」の30年後が舞台なのだそうです。


中学生の立花三兄妹、兄の走一郎、弟の投馬、妹の音美と、そして6話で出てきた大山春香を中心に進む
野球と青春と恋愛と軽いコメディを軸としたお話(たぶん)


と言いましても私。
実はタッチ、よく知りません。
アニメ観てないし、原作は和也が亡くなるところぐらいまでしか読んでない。
顛末はなんとなく想像つくけど、というぐらい。

なので「タッチ」の後継と言われても本作にはあんま興味湧かなかったんですよね。

ところがです。
いざ観始めたら意外や懐かしい既視感がそこかしこに・・・

本作「MIX」はどうやら「あだち充作品の集大成」のようです。

「タッチ」はもちろん、あだち充御大の過去の人気作「みゆき」「陽あたり良好」「ナイン」などを彷彿とさせる設定やエピソード、細かなガジェットなどなどエッセンスが散りばめられてる印象。
(上記の三作は既読です)

それも熟練・洗練され具合良く混ぜられてる。
だから「MIX」なのかな。

三兄弟のキャラクターも関係性もあだち作品らしく丁寧に深掘りされていて、そして魅力的。
ストーリーもゆったり進みながらもメリハリ効いてます。

これは面白くなりそう!!


ところで最近福岡ソフトバンクホークスのエース千賀投手の投球フォームが気になります( ・∇・)

テイクバックの時に右手の甲が三塁側向いてるんですよね。
普通のオーバースローピッチャーと逆。

ちなみに投麻の右手の甲は一塁側向いてました。

気になるわー( ・∇・)

<2019/10/6 追記>
昨晩は千賀投手が打たれて負けちゃいましたね。
ちなソフバンファンというわけじゃないです( ・∇・)

さて最終24話まで観ました。

徹頭徹尾あだち充でしたね。

野球のシーンでの投馬のピッチングの凄みを間接的に演出する他キャラの言動とか
日常の何気ない会話ややりとりにほんのちょっとヒネリを加えるところとか
ラブコメとか
サービスシーンとか 笑

全部30年前と変わらない。
もはや老舗名店の味

ラブコメなんてついつい「◯◯と◯◯」の組み合わせを応援してしまったり
そうしたカップリング(専門用語( ・∇・))を楽しみやすいのも、らしさ満開。

もちろん世代の人には超おススメですし。
そうでない人も絵柄とテンポが大丈夫ならおススメです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 27
ネタバレ

kakelu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

タイトルなし

1話の感想 ★★★★ 4.0
時が経ち
{netabare}
タッチが帰ってきた!
そう思えるほど、似ている。
逆に、似すぎていて好みが別れそうだな。
豪華声優陣を使っているし、今のところは面白そう。
今後どうなるかに期待。{/netabare}

2話の感想 ★★★☆ 3.5
立花家
{netabare}
複雑な家系だな〜
何より驚いたのは実の兄妹を実の姉弟の声優がしてるってこと。
こんなことなかなかないだろ。
中学生の話が続く感じかな?{/netabare}

3話の感想 ★★★☆ 3.5
予選開始
{netabare}
野球にしか本当に興味がないんだな。
でも、中学だからで高校生になってそのままでいられるかな?
OPのsumikaはやっぱいいね!
爽やか!{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
ブロック戦
{netabare}
青空の絵が本当に綺麗。
それだけで見る価値があるわ。
初めての接戦で野球アニメらしい1話だった。
こういうのもっと増えてってくれるといいな。
恋愛もいいけど、ほどほどに頼みたい。{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
試合後
{netabare}
投ちゃんの凄さが人知れず世に伝わった。
あの監督、絶対にタッチで出てきたんだろうな。
タッチ流れてたし。
くぅ〜、タッチを見るか迷うわ。
立花家はなぜあんな人目のつくところに下着を置いてるんだ?
しかも、おとみのだけ。{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
中学三年
{netabare}
3年生はさっと終わったな。
そして、いよいよ高校生編が始まる。
総ちゃんの方は、あの厳ついオッサンの娘に惚れた感じ?
確かに美人だった。
音美と投ちゃんとのエピソードもいいね。
音美、絶対惚れてるよな?
生爪剥がして血塗れなのに妹をおんぶするなんて、普通無理だぞ。
もしかしたら、自分もコケて痛いから妹がコケたのを可哀想に思ったのかな?{/netabare}

7話の感想 ★★★☆ 3.5
高校生になりました
{netabare}
ようやくもう1人のヒロインが登場。
こっちもなかなかあざとそう。
パンツを見られても平然としているのは凄いな。
普通のアニメや漫画なら絶叫シーンなのに。
パンツ履いてたからセーフって、なかなか言えんぞ?{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
超高校級の投手
{netabare}
投ちゃんって凄いんな。
ボール球にされたコースに投げ込む。
審判も嫌だろうな〜{/netabare}

9話の感想 ★★★☆ 3.5
練習試合後半
{netabare}
敵さんはやっぱり凄いピッチャーだったんだな。
2人ももっと頑張んないと。
妹はサッカー部のキャプテンがすきなのかな?
それとも、誰にでも優しい?{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
散歩?
{netabare}
いやいや、完璧にデートですね。
ナンチャンも総ちゃんも大山さんの事好きなのかな?
そして、大山さんは初恋の人が投ちゃん疑惑。
三角関係ですな〜{/netabare}

11話の感想 ★★★ 3.0
そうちゃんが投げる
{netabare}
今回は本当に何にも話が進まなかった。
なんにも無かったな……
ちょっと、そうちゃんに焦点が当たっていたけど、そこまでだったしな……{/netabare}

12話の感想 ★★★ 3.0
総ちゃんの父
{netabare}
なんだあの兄は!!!
弟の友達に向かってあの態度!!
最低だな。
やられちまえ。
総ちゃんの父は凄かったんだな〜
顔はのほほんだけど。{/netabare}

13話の感想 ★★★☆ 3.5
兄弟
{netabare}
あの兄、性格はクソのくせにうめぇじゃねーか。
投ちゃん、ボコボコにやっちゃえ!!
{/netabare}

14話の感想 ★★★★ 4.0
中盤戦
{netabare}
こっちは1点取ったと思いきや、相手は2点か〜
赤井は嫌な奴だけど、野球の上手さは本物だな。
でも、あのデッドボールは悪意がある。{/netabare}

15話の感想 ★★★★ 4.0
終盤戦
{netabare}
雰囲気はあったけど、結局はフォアボールからの相手のエラー。
締まらないな〜
リアルなんかもしれないけど。{/netabare}

16話の感想 ★★★ 3.0
臨時マネージャー
{netabare}
よくおんぼろの台に乗ったな。
アクティビティだ。
力んでるのは総ちゃんもかい!!{/netabare}

17話の感想 ★★★★ 4.0
第2試合
{netabare}
ノーヒットノーランお見事!!
上杉達也と重なるシーンは胸熱!
才能開花したんかな?{/netabare}

18話の感想 ★★★ 3.0
音美のデート?
{netabare}
音美はモテるね〜
男を変に意識してないとこがいいのかな?
投ちゃんもなんだかんだ気になる様子。{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 12

68.7 2 高木渉アニメランキング2位
コップクラフト(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (243)
818人が棚に入れました
一五年前、太平洋上に未知の超空間ゲートが出現した。その向こうに存在したのは、妖精や魔物のすむ奇妙な異世界「レト・セマーニ」だった。「サンテレサ市」。二〇〇万を越える両世界の移民が住む都市。雑多な民族と多彩な文化。そして持てる者と、持たざる者。ここは世界で最も新しい『夢の街』。だがその混沌の影には、数々の犯罪がうごめいていた。麻薬、売春、武器密売。それら凶悪犯罪に立ち向かう刑事たちが、サンテレサ市警察に存在していた……。刑事マトバ・ケイと異世界人の騎士ティラナ、性別も性格もそして「生まれた世界」も違う二人が出会うとき、事件は起きる。二つの世界 二つの正義 その先に-バディポリスアクション開幕!

声優・キャラクター
津田健次郎、吉岡茉祐、折笠富美子、浜田賢二、高橋良輔、鶴岡聡、中原麻衣、井上麻里奈、高木渉、ボルケーノ太田、大塚芳忠

鰺鱒 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

上げて上げて~・・・・落とす!

[2019/10/01 v1]
原作知らず。

題材よし、
世界観・雰囲気よきこと限りなし、
声・演技よし、
キャラクター造形よろし、
静止画としての作画よろし、
動画としての作画あし、
構成あし、
脚本・シナリオあし

ってな感じ。

一話を見た段階でこちらが抱いた期待と希望をことごとく下回ってくれた。
それだけ第一話は鮮烈だった。序盤は本当に良かったし、期待していた。

ひきかえ、物語と動画としての恐ろしいまでの失速感、間延び感、そしてちぐはぐ感。とくに中盤以降はひどく感じた。

最終話は、動画としては相変わらず残念でありながら、それでも、エクセディリカの語りが入るまではそれなりに良かった。が、まとめとしては残念極まりない。あんな手抜き動画の「アフター」よりも、もっと見せられるものがあったのではないか。車に向かって駆ける二人とか、苦笑もの。

全体として、なんとも残念。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 29

ビスケット1号 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

【制作者に対する酷評長文です】超スーパー リミテッド・アニメーション

原作未読なんですが、きっと相当面白い小説です。
設定やトリック ギミックがどうのというよりは、台詞回しやキャラクターの魅力や展開のさせ方とかがとても洒落ていて、お話としてはとても好きでした。
村田蓮爾さんのキャラクターデザインもすごく好みで、そういうわけで、私はこのアニメを最終話までしっかり見通しました(*^^*)。

ですが、
なのに、
だからこそ…!
アニメーションの作り方として、これ一体どうなんでしょ??
普段はアニメ製作者の皆さんへの敬意と感謝の気持から できるだけネガティブなレビューは書かないし書きたくもないのですが、今回は、私、怒ってます。
なのでこのレビューは思いっきりネガティブで、しかもきっと長文になります。
この先読まなくてもいいです。ごめんなさい。。



いわゆる「作画崩壊」といわれるようなデッサンが狂ってたりすることもありましたが、それはそれほどでもなかったかも知れません。
でも、そりゃそうですよ。
そもそも描かれた”絵の枚数”が極端にも少ない!

アニメの制作側にいたことはないのでよくはわかりませんが…
1秒に24コマ映し出されるTVの画面に、それにぴったり合わせて1秒24枚分の絵を、それも1画面まるまるとか物や人物や顔全部の、ほとんど変化しないようなところまで24枚描く…という「フル・アニメーション」に対して、2コマに1枚とか3コマに一枚 つまり1秒に12枚とか8枚とかしか絵を描かず、かつその絵の中でもキャラクターが話す場面なら顔の中の口の部分のように大きく変化する部分だけを抜き描きして重ねる…というのが「リミテッド・アニメーション」で、日本のTVアニメは鉄腕アトム以来この「リミテッド・アニメーション」が主流で、制作時間と予算を減らしてビジネスとして成り立たせてる…ってことは、このあにこれでは今更わたしなんぞが説明するまでもないかと思います。

が、このミルパンセが制作した「コップクラフト」は、『そんなんじゃ手ぬるい!』とばかりに、更にもっと、究極まで、いや究極以上に「描画枚数を減らす」ということに情熱wをかけまくっているようです。


まず単純に絵の枚数を減らしている。
動きの激しいアクションシーンや、力を入れたいOPアニメとかでは、普通枚数を増やすことはあっても更に減らしたりすると”スカスカ感”で魅力が半減したり、ひどい場合は「画面で何が起こっているのかわからない」ってことになっちゃうからやらないと思うんですが・・・このアニメにはその「ひどい場合」がたーくさんありました。
特にアクションシーンはほぼ全ての回で、よっぽどいい加減に大目に観て推測してあげないと、誰がどこに向かって何をしているのか理解できません。

更に「描くとめんどうで枚数が増える」と思われるカットは思い切って丸っきり描かない!という潔さ!ww
車が転がって潰れる…なんてシーンは、車が壊れる音だけがガラガラガッシャーンとなっていて、画面はそれを見ている人物の顔のアップだけ、次のカットでいきなり潰れて動かなくなった残骸だけが描かれる、なんていう具合です。
一度くらいならいいです。
そういうのが何度も何度も繰り返されます。

それから「絵を描くよりももっと簡単な方法で絵を動かす」テクニックの最大(以上の)活用 w。
ヒトが歩いているシーンを描くと、脚は当然動くし、腕だってポケットに入れてたりしなければ動かさなきゃならない。なので結局全身を歩くステップ1サイクル分の絵 数枚を描いてそれを繰り返し撮影するのだと思いますが、もしバストアップのカットにして脚を描かなければ、最少1枚の絵を、撮影の時に一定間隔で上下させながら横移動させることで”歩く”という動きを表すことができます。
このアニメでヒトが歩くときは、大概そんな感じです。
肩さえ揺らしません。
さらに、人物が話す場面では、”口元だけ描き替える”というリミテッド・アニメーションの王道すら捨てて鼻から上の目元だけのカットにしてこれも1枚の絵だけで押し通す、という徹底ぶり。

というわけで「どアップは枚数を減らせる!」と発見したのか、どアップ、やたら多いです。
『これは演出だよ!』という言い訳でもしてるんでしょうか?
でも”演出”だとしたらあまりにも不適切です。せっかくの気の利いた会話やセリフの言い回しも、こんな動かない画面のために全然活きてきてません。
さらにこの”どアップ”、アクションシーンでまで多用しているせいで、そもそも絵が少なくて分かりづらいものがもう全然何がなんだかわからなくなっちゃってます。
その意味で、これはいわゆる”止め絵”の多用より悪いです。

しかも、これだけ手を抜いて時間短縮されているのにも関わらず、このシリーズ、1クールの間に1回「総集編」を入れてきています。


「作画崩壊」というのは、たいていはおそらく「いいものを作ろうとしたんだけど見込みが甘くて間に合わなくて、しかたなく」発生するものなんだと思います。
時間が足りなくてラフ原画からの仕上げに時間がかけられなかったとか、リテイクできなかった…とか、予算が少なくて頼んじゃった安い下請け先が想定以上に酷かった…とか。
良く解釈すれば、「意余って力足らず」の結果という場合も多いのだと思います。

でもこのアニメの場合、カットすっ飛ばしの組み立て、どアップの画面構成なんかは、絵コンテの段階で決められることです。
つまりこの省力化のアイデアの多くは、演出家=板垣伸=制作会社ミルパンセ社長の夫 が制作する前から企んで行われているわけです。
「総集編」も、もしかしたら最初の企画段階からそのつもりだったんでしょうか?

そもそも与えられた製作期間が短すぎたとか、決められた予算が少なすぎた、とかいうのであれば、制作会社ミルパンセよりも企画した側が悪いのかも知れません。
誰の責任かはわかりません。


でも、とにかく、
せっかくこんなに面白そうな原作だったのに、
確かに文字よりもアニメにした方が面白さが増すであろう物語だったのに、
こんなに酷く貧しいアニメーションにしてしまったのは、あんまりだ!と思います。

みなさん、一緒になって怒りませんか? (^_^;)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 25
ネタバレ

pister さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

1クール作品としての完成度

1話感想{netabare}
おっ、“ID-0”で3Dだった村田蓮爾キャラが2Dに戻ってきた。
何故か自分は勝手に2D→3D化は不可逆だと思い込んでて、戻ってきたことに驚き、そして何故かホっとしたり。
でもって監督が板垣伸じゃんw
“ユリシーズ”の出来がちと残念(※)だったので、こっちで雪辱を晴らしてくれたらいいなぁ。
1話の段階で最後ら辺、板垣節(中割りの少ないオーバーな動き)が炸裂してた気がしないでもないけど…“てーきゅう”復活しないかなぁ。

主人公の声も、同期で先に見た“魔王様リトライ”で「え、何でそんな演技させるの?」と思ったツダケンが普通に喋ってます。
これでいいんだよこれで、ってかこれによりリトライの演技がおかしいことがより強調されることに。
まだ一話では何とも言えないところだけど、“ソルティレイ”みたいに相棒の少女の方が圧倒的に強くて「おっさんの方がヒロイン」ってことになったりして?



とはいえ「そりゃ無茶だわ」と同情しちゃう部分もあって…。
鎧やフルフェイスの兜を被ってコピペで済ませられる軍隊「ではなく」、服や顔が一人一人違う民衆による戦争場面(持ってた武器も一人一人違ったんじゃないかな)を描くなんて、そんなんもっと予算かけなきゃ無理でしょー。
原作からして群集がよく出る作品で、文章なら楽でも絵で見せるとなると大変だよと、なんでそんな大変な作品引き受けたんだか…。
いち視聴者がどこまで同情すべきか最近よく分からなくなってきてるケドねー。{/netabare}

2話感想{netabare}
ん?薬物でフェアリーダスト?
中毒者が操り人形になるって…確か“ロクでなし魔術講師と禁忌教典”で同じのあったような?と思ったらそっちはエンジェルダストでした。
我ながらよく覚えてたなぁ。
で、こっちは思い切り創映新社wいいのか、まぁいいんだろうけど。
ってか原作はこっちのが先っぽい?シティハンターでもバナナフィッシュでもそんな感じのあるけどさ。
で、一回これの服用者になったら元に戻れないのかな?そうだったらちと怖いね。
向こう側の高度な術がこっち側の機械操作で簡単に再現できるようになってまぁ大変、って話になるんかなー?{/netabare}

3話感想{netabare}
妙に動かないのに納得できてしまった自分が悔しい。
作画監督西田美弥子。
オイィ!?
ユリシーズ終わってすぐにこっち取り掛かったか、下手したら平行してやってた?
素人な自分としては掛け持ちって混ざりそう(混乱しそ)に思ってしまうのだが、“娘のためなら~”っぽさは無くてホッとひと安心。
ってか娘のため~の方に板垣来たりして?w{/netabare}

4話感想{netabare}
マトバは相棒の槇村(違う)を失い、ティラナは妖精を失い、お互い開いた穴を埋めるように相棒を結成したって流れかな。
なんか展開が呆気ない感じでイマイチ失ったものへの悲哀が薄い気がする。
槇村(違う)の墓にボトルから酒かけて「仇は討ったぞ(ジーン」とか有っても良かった気がするのだが。
吸血鬼?の話とか「え、もう次のエピソード行っちゃうの?」とちょっと驚いたぞ。
ところでホーチュウはやっぱ生きてるのかな、これだけ展開急いだって事はアニメ放送範囲内で再登場するところまで進めたいからなのでは?と深読みしたり。{/netabare}

5話感想{netabare}
画面暗っ、ブラウン管テレビで3Dゲーやってる気分。
村田蓮爾繋がりのCGアニメ“ID-0”より暗いってなんぞ?円盤で修正されそう。
↑でホーチュウがどうなるか気にしてたら、深読みでもなんでもなく早々に出てきたwww
っておいィ!?こっちのホーチュウも“フェアリーゴーン”の「黒の妖精書」よろしく「ニバの書」なるものを探してるんかい!
こっちのが原作先なので、ゴーンの方が…パクったとは言わんがアイデアの出所が同じだとしたらヤバいかも?
こっちでニバの書ってのが何なのかを明かして、その後ゴーンの後半(2019、10月より放送予定)を放送して同じ内容だったら…笑えるじゃーん?
もういっそ「妖精ドーン」言っちゃえwマトバは「ワカリマス」言っちゃえ、ゲノムの方で。
まぁ最後まで明かされない可能性もあるけどね。
アイヌの財宝の在り処でも構わんぞ?…ホーチュウ&ツダケンってだけで笑えてしまうのはズルいと思う。
今後、ニバの書の手がかり知ってそうな異界人をこっちの世界に連れてきて事件が起きる、って流れになるのかなぁ?
ホーチュウの目的をマトバはいつ気付くだろう。

しっかし本編、ベムよりもベムベムしい気がしたのは自分だけか。{/netabare}

6話感想{netabare}
ああ、サイドブレーキは1話で触って事故りそうになったんで今回触れずにいたってことかな?
そして、この回作監に山内則康(AIKAの人)の名前発見。
他数名居るので…ひょっとしてエロ本部分の担当だったりして?
エロ本取り引き現場を~ってのは“まじこい”を思い浮かべたが、↑でも書いた通りこの作品は原作が結構前に出てるみたいでどっちが先なのかは不明。
別にパクったパクってない言うつもりも無いんだけどさ。
ってかあっちはもっと大きな犯罪のカモフラージュじゃなかったっけ?こっちもそれかなーと思ったけど解決してしまいました。
この件にはホーチュウは関与してない、でいいのかな?{/netabare}

11話までの感想{netabare}
毎回楽しんで見てます。
細かい感想は終わってからに回すとして、11話、作画監督に川村敏江の名前発見~。
え、マジかよ!?
“ロードオブヴァーミリオン”はまだしも“まろにえ~る”をやってたのを知った時かなりビビったもんだけど、なんか妙な仕事やってるなぁw
しかもこっちでは原画にも名前が載ってるので、多分どこかのカット(シーン)がまるまる川村敏江なんじゃないかな?
ど、何処だろう?{/netabare}

総評{netabare}
「1クール作品として適切な情報量」ってのは決まってると思う。
この作品は原作者がシリーズ構成やってるせいか、それのバランスが絶妙。
「原作がまだ続いてる作品の、1クールアニメとしての完成度」と言えば良いのかな?これが非常に高かった…と思う。
まさか原作書いてる最中からアニメ化を想定して作ってたり…ってことはあるのかね?

この物語の始まりとなるキッカケ=「マトバの相棒の死(上司の裏切り)」と「こっちの世界に来てからのティラナの初仕事」に対し、そこからどれだけ変化(成長)したかを見せるかのように、クライマックスは最初のキッカケとなった事件にケリを着ける展開。
要はゼラーダに始まりゼラーダをやっつけてお終いって形、1クールを。
途中挟まれた番外編みたいな話(エロ本密輸など)もちゃんとそれに掛かってくる(堕落を嘆く=犯行動機)様に作られてたのはなかなかニクい。
それでいて、確かニパの書とかゲートがなんだとかも言ってた気がするけど、それはせいぜい仄めかす程度に抑えて以降スルーってのも「原作は続いてるけどアニメは途中で終わらざるを得ない作り」では正しい扱いだと思う。
投げっ放しエンドに感じない程度の触れ方。
この感じは…あ、思い出した、“青ブタ”のTV版、個人的には妹編が解決して満足しちゃって(牧之原翔子のことは別にどうでもいいやとなって)、一応「劇場版に続く」みたいなことはされても不快には思わなかった。
まぁあんまりキレイに終わり過ぎると今度は続きが気にならないことになってしまうし、このバランスは非常に難しいと思うのだけど上手くまとめてあるんじゃないかな。
「気になる人は原作買ってちょ、けど原作買う気のない人でも楽しめるようにはしました」って意図を感じ、非常に好印象。
単に最近、投げっ放しエンド・オレたたエンドが多すぎるだけかも知れないけど…。

最後マトバとティラナお互いの獲物(剣と銃)を持ち替えての共闘は、刑事ドラマよりむしろロボットアニメ好きがワクワクしたんじゃないかなw
欲を言えば「あっちの世界」の描写や、元海兵隊の殺し屋と共通の師匠の件とかも見てみたかったが、そこまでやっちゃうと多分1クールに収まらないので諦めよう。

と、話は面白かったのだけど、いかんせん絵の方が…あははw
しかも、自分そこまでアニメーター追っかけてないし知ってる名前も少ないハズなのに、何故かスタッフに名前知ってるアニメーターがちょくちょく載ってて笑える。
11話の川村敏江は本当にビビったw
多分緊急でヘルプとして呼んだのだろうけど、そうやって呼べるコネがあるだけでも凄いこと…なのかな?

そうそう、声優に関しては…佐々木功出なかったかぁ。
自分でも何でそんなの期待したの?と不思議なんだけど、なんかこういう系って佐々木功が居るものじゃない?偏見??
“プリンセスプリンシパル”の広川太一郎(モノマネ)がキョーレツだったので、それに負けない洋ドラ系を演出するなら必要だったんじゃないかなー、と。{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 23

65.9 3 高木渉アニメランキング3位
金田一少年の事件簿 オペラ座館・新たなる殺人(アニメ映画)

1996年12月14日
★★★★☆ 3.6 (22)
142人が棚に入れました
かの名探偵・金田一耕助の孫である高校生・一(はじめ)が難事件に挑む、金成陽三郎とさとうふみやすによる同題のミステリー漫画の劇場用アニメ化第1作。ホテル・オペラ座館のある歌島を訪れた一とガールフレンドの美雪たち。同ホテルの劇場では「オペラ座の怪人」の上演が控えていたが、殺人事件が発生。シャンデリアで劇団員の一人である聖子が圧殺されたかに見えるも、死因は絞殺だった。大嵐で離島と外界の連絡が断たれる中、一は事件に挑む。

声優・キャラクター
山口勝平、中川亜紀子、夏八木勲、平田広明、勝生真沙子、大谷育江、千葉一伸、高木渉、菊池正美、小林通孝、円谷憂子、大場真人、吉田理保子、三遊亭圓歌、山本圭

91.5 4 高木渉アニメランキング4位
SHIROBAKO(TVアニメ動画)

2014年秋アニメ
★★★★★ 4.2 (3269)
13089人が棚に入れました
水島努とP.A.WORKSによる新作オリジナルTVアニメ。

5人の夢を追う女の子を中心に白箱(関係者に配られる完成したアニメ作品が収録されたVHSやDVD)の完成を目指し奮闘するアニメ業界の物語になる。

声優・キャラクター
木村珠莉、佳村はるか、千菅春香、髙野麻美、大和田仁美、西地修哉、松岡禎丞、山岡ゆり、吉野裕行、茅野愛衣、松風雅也、中原麻衣
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.9

アニメ好きなら見ておくべき作品

アニメ制作にかかわる、いわゆるお仕事系の作品。

アニメ制作に『本気で』携わっている全ての人々の想いが詰まった作品です。
前半はオリジナルアニメ、後半は原作ありアニメの制作現場が、笑いあり、涙ありで描かれています。

実際の現場はこんなに綺麗ごとでは済まないんだろうなぁと思いつつ、引き込まれるように視聴しました。

主人公の5人組が、それぞれの立場で、巧みに一つの作品に関わっていくストーリーはやり過ぎかとも思いましたが、23話でおいちゃんと一緒に号泣してしまい、納得の高評価。

登場人物が多いので、度々、肩書と名前が描かれている所は、分かりやすくて高評価。

作品の性質上、作画と音楽は言うまでもなく高評価。ここがイマイチではお話になりませんからねぇ。

タローの{netabare}無責任・おバカ・仕事できない{/netabare}キャラと某編集のキャラが作り過ぎかと思ったので、少しマイナス評価。
だけど、こういう人物が一人混じっているところが、逆にリアルなのかもしれないですけどね。

こういう作品を見ると、見事に作画崩壊した「あの作品」や静止画を多用した「あの作品」、クール中に総集編をぶち込んだ「あの作品」などの評価がより厳しくなってしまうかも(笑)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 120
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

理想90%現実10%?のお仕事アニメの大傑作。設定資料集届いた!

間違いなくここ数年でダントツの傑作ですね。
水島アニメの集大成じゃないでしょうか。
(ちなみに万策尽きたの元ネタは大魔法峠でぷにえ様がカンニングをする回にあるので興味あればどうぞ。頭文字Dみたいなドリフトバトルもやってます)
ただ、タイトルに書いたように会社での仕事を理想的に描きすぎる傾向があるので、この作品を嫌う人もいるようですね。同僚が美少女ばかりというのもリアルではないのも事実。そこが気になる人も数話見れば気にならなくなると思います。アニメに依存しすぎているような人が、アニメの裏側なんか見たくないとか言ってるのもいましたけどそれはいちゃもんとしか思えないですね。
{netabare}このアニメは最初コミケでPVが出たのですが、正直あまり面白そうに見えませんでした(三女のPVは立派ですが…)。
1話では最初に女子高生の頃の部活動、ドリフトバトル、そして異様に美少女が多いアニメ制作会社…とダメなアニメ感も漂っていて、ここで切った人も多かったと思います。
2話の木下監督のオタク語りは同じ声優のげんしけん斑目を思い出しましたね。
3話のエリカ先輩の助言や興津さんの活躍でようやく盛り上がりを見せます。この回の本田さんのバンサクツキターはタメもあってよかった。
この辺でこれは名作になるという手ごたえもあったのですが、4話からの吉田脚本になってから急にテンポが落ちてくる。この脚本家はARIAやのんのんみたいなユルいアニメには向いているんだろうけど、最初はこのアニメに合わなかったようだ(後の吉田回は修正したようでハイテンポになりましたが)。
ヌルいイデポンの話あたりで、あ、このアニメだめかな…と思いかけましたよ。
7~8話は安原っちのお話。やっぱり絵を描く話は面白い。ここではまだ杉江さんは謎の老人のままでしたね。ぷる天の作画崩壊、あれループだから普通崩壊しないでしょwニコ動風コメントがリアルだった。
9~10話も内容が濃いんだが、気になるのはCGのみーちゃん。悪い会社じゃなくても将来が見えないので転職。あるあるって思うけど、この後みーちゃんはあまり描かれなくなってしまう。本当は社長がアニメの仕事を取ってくる予定だったんだけど尺の都合でカットになっちゃったのかな?
11話はおいちゃんの就活の頃の話。ここまで見た人は自分の過去を思い出してもう感情移入しまくりですよね。私もです。あとモザイクでガ○ダムとかって、ハルヒでもやってたね。パロディの常套手段か。
そして12話、前半のラスボスのカンノさん登場。そして、杉江さんが実は凄腕アニメーターだったとわかる。これって矛盾多いんだけど(なんで社長やゴスロリ様は推薦しなかったの?とか)、盛り上がりましたね。
13話。本田さん矢野さんが抜けておいちゃんがデスクに。原作つきアニメの難しさが描かれます。水島努監督作品は原作つきのほうが多かったせいか、色々な主張がこめられてますね。この回の木下監督の皆に幸せになってもらいたい等のセリフは、水島監督がインタビューで言ったのと同じです。
前半は監督のダメなところ、後半は監督のいいところを描いているようですね。
14話は声優の裏話。まぁ声優の人選って実際こんな感じなんでしょうね。ずかちゃん採用されず。この後もずっと不遇…水島監督は声優は厳しいというのを描きたいんでしょうけど。
15話。なぜかここで基本的なアニメ制作の説明回になるのですが、最初にこれをやると退屈で切られるからここで入れたんじゃないかとか言われてました。そして予想通り原作者がゴネます。
16話。井口さんの苦悩が描かれますが、絵麻ちゃんのエンゼル体操やゴスロリ様の過去などネタてんこもりで話題になりました。キルビル2のポスターを見てたりするところから考察するに、小笠原さん、やっぱりアラフォーかな…。あとこの回での平岡の手戻り確実でも進めようという提案は正しいと思うんですよ。ボトルネックで詰まっていても、進められる所は進めるが仕事の鉄則です。叩かれてましたけどね。言い方が悪いといわれますが、結局あそこで中途がどう提案してもどうせ通らないんですよね。平岡に共感してしまいます。
17話はタローの成長が描かれていましたね。平岡といいコンビになりそう。
18話はつまらなかった。大倉さんにも魅力感じないし(実在の人物まんまみたいだが…)、最後の矢野さん復帰だけが見所。ダメなところはダメと言う。
19話。矢野さん無双と、ムサニの過去。杉江さんの嫁かわいかった。チャッキーEDはPAのTwitterによるとカメラの回りこみが大変だったらしい。元ネタのロッキーチャックをdアニメストアで少し見たけど丁寧な作画の良作だと思った。

そして20話。ついに平岡が爆発。タイトルで言っている現実10%の、現実が具現化されたような存在。ネットを見ていると予想通り叩かれる一方で、平岡に感情移入している人も結構いますね。これ自分だ、とか同僚にいるよこういう奴って思ってしまいますよね。
平岡は終盤の主人公みたいになってきましたが、落とし所はどうなるのか。実はかつては脚本家志望でりーちゃんに嫉妬したのだろうか?
まぁりーちゃんも学生身分で優遇されているし、気持ちはわからなくもない。{/netabare}

21話!
{netabare}平岡や矢野さんの過去が分かったけど…平岡は今回もキレてたものの、改心しつつあるのかな?もう少しかかりそう。
今回はみーちゃんがそこそこピックアップされていたけど、ずかちゃんは…ついに声優であることを伏せるまでになってしまった。
意図的に不遇な扱いになってるけど、残り3話でずかちゃんはなんとかなるんだろうか。この作品の唯一の不満点になりそう。{/netabare}

22話!
{netabare}タローと平岡イイ!日高屋って関東人にしかわからんなw安いけど味はアレなチェーン店。らきすたにも出てたね。
平岡は心折れるような過去はやっぱりあったってことで。
二人がグダ巻いているのを見てたらなんか涙が出てきました。これぞ男泣き
?(日高屋はおしぼりないんだけどな…)

おいちゃんと瀬川さんとの会話は胃がいたくなりそう…。

絵麻ちゃんはやっと杉江さんのアドバイスを受け取れるまでになったねえ。十分天才でしょう。
絵麻ちゃんがみーちゃんと絡んでるのを見て愛ちゃんが焼いてたのは笑った。百合百合してるね~。

しかしずかちゃんは不幸すぎる…。
最終話リテイクになったけど、それで出番が出来るのかな?予告にはずかちゃんの姿無かったけど…。{/netabare}

PAWORKSショップで設定資料集を注文しました。届くの楽しみ!

23話!
{netabare}やべえ!泣けた!ずかちゃんのアフレコで涙が止まらなかった。
ずかちゃんは待望の仕事で泣くどころじゃないよね。おいちゃんが声を押し殺して泣いているのが良かった。
声優さんたちはいつもおしゃれして来るけど、あわててやってきたような服なのがリアル。
…ただ、そこまでちょっと駆け足すぎたなあ。新キャラ登場でずかちゃん参加は予想していたが、もう少し構成考えればもっと自然に出来たと思うが…木下監督の昇龍腹とかのストIIパロはいらんだろw
あと平岡のいいところが見たかったけど…最終回に期待?{/netabare}

24話!
{netabare}最後はちょっと詰め込みすぎたかな。平岡がようやく活躍していたけど、もっと大きな仕事ができる器だと思う。
小笠原さんは衰えるのは40年早いって言われてたけど、いったい何歳なんや…最後までわからず。
興津さんはヤバすぎたw違反覚悟のお届けは後で物議をかもすかなぁ。
打ち上げはドーナツ娘五人が揃って良かった。みゃーもりの演説も良かった。何もかも良かった。しかしツーピースってw
あと、しょうもないことがひっかかってるんだが、監督の字が愛ちゃんの弟に似てるというのは伏線だと思ってたんだが…なんでもなかったのか。{/netabare}

【総評】
うーん…ちょっとすぐにはまとまらない。まあ、こんな凄いアニメはもう見られないのかな。水島監督の次に期待だね。ガルパン劇場版は見に行く。

2015/6/5
設定資料集が届きました。以下、気になった所をピックアップ。
・でかくて厚くてフルカラー!さすが4900円するだけはある!
{netabare}・限界集落過疎娘のスケジュール表の脚本9話と12話が今井!りーちゃんもうプロデビューかよ!
・キャラ設定で新たにわかるのは全員の身長だけ。年齢が知りたかったのに…。
・絵麻はぽんかん原案ではタバコを吸う子だった。表情もクール。
・ツーピースの監督は山田さん!副監督は円さん。
・声優陣の座談会はずかちゃんの話が多いwそして分析がさすがにリアルwずかちゃんのここは実際と違うという指摘も。
・キャラの服装はぽんかんに任されたけど小笠原さんだけはピンクのゴスロリという監督指定だったという…ぽんかん側は着物案もあってそのイラストもある。リテイクも最多。
・ぽんかんが自身の生い立ちをかなり語ってるが、私はこの人の絵は嫌いなのでそこはうーんって感じ。
・キャラデザ関口さんは杉江さんに共感する、自分は小笠原さんと全然違うタイプとのこと。
・脚本の横手美智子と吉田玲子の対談はなんか面白かった。横手さんは饒舌だけど吉田さんは横手さんほど水島監督と長くなく対談もなんか引き気味w考え方の違いも多く、剛の横手と柔の吉田という印象。例えばトラブルの時は横手さんは監督の判断で解決すべき、で吉田さんは当事者同士の話し合いで解決すべき、といったような。
 吉田さんは絶対的な悪人は出さない主義らしいので、そこが自分が吉田脚本作品が合わない理由なのだろうな(本人は理屈っぽいと言ってるが、そうか?)。虚淵先生がキュゥべえは人間にとって虫唾が走る絶対悪と言ってたのと対照的。
 スーパーの店員だった新人の佐藤さんの経歴は吉田さんの経歴が元ネタらしい。今やトップクラスの脚本家もそういう過去があるんだね。
 吉田さんは三女のトラブルのような経験があるそうだが、どの原作付きアニメなんだろう…。
 恋愛の話は最初あったそうだが、水島監督に「外せ、外せ!」と言われてカット。堀川Pは本田とあおいをくっつけたがってたがそれも却下w
 吉田さんはこの作品は見ててつらい作品になるので売れないと思っていたらしい。さすがARIAやのんのんの脚本家である。
 横手さんはSHIROBAKOが売れた秘訣というのを他社から聞かれたらしい。横手さんは答えられなかったが、吉田さんの分析では密度が濃く得した気になれるからだろうと。
・水島監督は制作進行だったころからアニメ制作のアニメを作りたいと色んな人に言ってきたが、堀川Pが釣れるまで誰も相手にしてくれなかった(結果は売れたのにね)。
 最初の監督の構想では主人公は男で、劇場アニメを作るシュールな内容の作品だった。
 水島監督の転機はイカ娘だった。これでにぎりつぶしていた卵をこわさずに持てるようになった(面白い表現)。
 監督が一番やりたかったのは14話のオーディション会議。周りに言われてギャグっぽくしたが、内容は体験した実話(おっぱいでかいしは除く)権力に負けたことが山ほどある。
 木下監督=水島監督。
 過疎娘とツーピースはあおいと矢野がデスクになる。平岡は設定制作をやる。
 水島監督の脳内設定では、ムサニが7年元受をできなくなったのは不払いがあったから。
 木下監督は離婚のせいで女性恐怖症なので周りが綺麗な女性ばかりでもなんとも思わない。
 アンデスチャッキーには非常に深い裏設定が(ここには書かないけど)。
 ぷるんぷるん天国は巨乳に憧れて巨乳の国に逝ったらそこには悪夢しかなかったという話。
 24話は1話のような自動車競争のシーンがあったがカットした。
 SHIROBAKOの続きは作らない方がいい、作っている間に業界システムと齟齬が出てしまうので。
 新人の佐藤さんは将来、凄腕ラインプロデューサーになる。
 SHIROBAKO音頭のイベントをやりたい。エンゼル体操は健康に悪いと思う。{/netabare}

設定資料集といっても設定はあくまで作画のためのもので、物語を深く知るとかいう目的では買わない方がいいだろう。
ただしスタッフインタビューはボリュームが多く、こういう作品なのでSHIROBAKOだけに限らずアニメをどう作るかという議論として価値があると思う。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 79
ネタバレ

Appleモンキー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9

タイトルなし

仕事アニメってあんまり多くないけど、
仕事終わった後に仕事アニメ見るとなんか面白いです笑

主人公がんばってて好感ですね~^^
とりあえず、「しゃーす」禁止笑

第19話は神回★

■第4話
{netabare}
ずかちゃん、よかったぁ
このメンバーの、社会人になってからの
集まってからの飲みっていいですね~
みんな揃ってアニメ作るシーンが早く見たい!
{/netabare}

■第12話
{netabare}
杉江無双回でしたね。
今までさっさと帰ってた人があんな胸アツな
展開を作ってくれるとは・・・!
引き続き2クール目も楽しみです。
{/netabare}

■第13話~16話
{netabare}
みゃーもりは順調に出世してますね♪
タローはすっかりダメ社員が定着してます(笑)
ヅカちゃん先輩なかなか仕事苦戦してます。。。
今クールで全員そろってひとつのアニメを作るのかなぁと
期待したのですが、まだまだ道長し!ですね^^
{/netabare}

■第19話
{netabare}
第19話「釣れますか?」は神回でした!
自分の夢を再確認した武蔵野動画でのシーンは
うるっときましたね。
よかったなァ^^
{/netabare}

■第23話
{netabare}
カントク大活躍でした!
最初から原作者と話とけよって感じですが、やっぱりああいった
展開はアツくて好きですね^^

そしてここにきて
ずかちゃん先輩キターーーーーーーー!!!!

この展開をだいぶ前から待っていた人は多かったのではないでしょうか。
みゃーもりの号泣シーンにもらい泣きです。
{/netabare}

■第24話
{netabare}
最後まで安定した、良いアニメでした^^
高校時代の仲間たちと、ほんの少しだけど
同じアニメを作って最終回を迎えることができました。

「やりきった!」って感じはするけど
今期で最も続編を期待しているアニメです♪
{/netabare}

■ニコ生一挙1期_20150509
{netabare}
ニコ生一挙もこれで何度目かですが、
何度見ても面白い!^^

序盤第3話は、あるぴんのシーンのリテイク。
2話後半からリテイクの話で盛り上がってからの
3話でのリテイク完成シーンは印象深いですね!
ED直前でリテイク完成版をもってくる演出好きです^^

中盤はみーちゃん、ずかちゃんを中心に
将来の進路に悩みながらも前向きに進んでいく回。
みゃーもりの答えは2期までお預けですが、とても
共感できる内容ですよね。

そしてラスト!
カントクの最終話絵コンテ完成のアツイ展開からの
杉江レジェンド発動!!
アツイ展開からさらにアツイ展開へ!
これはニクイですね~。
最終回にピッタリの内容です。

5/10に2期の一挙放送やってますが、
タイムシフトで来週見ます^^
{/netabare}

■ニコ生一挙2期_20150510
{netabare}
1クール目以上にアツイ展開の2クール目!
Bパートのラストは毎回毎回ニクイ演出の連続です。

個人的に好きなのは第19話「釣れますか?」
武蔵野動画の過去回想で、若かりし日の社長や大倉さん
杉江レジェンドの制作風景からの、みゃーもりの
アップシーン
泣ける。。。

第22話はまさかのタロー回
平岡の苦労話と、タローの「表彰状シーン」はスバラシイ!
タロー株ストップ高!

そして第23話のラストはずかちゃん先輩が
ついに!
第1話から見ていた人からすると、ようやっと、ずかちゃん先輩が(泣)
まさに号泣!!

そしてまさかの、一挙放送アンケート記録更新来ました!
とてもよかった:98.6%!!!
1期の一挙放送(1回目)が98.4%で記録持ってましたが、
自己記録&最高記録更新!!!

何度見てもやっぱりSHIROBAKOは面白いですね^^
第2期ぜひ見たいです^^
{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 130

76.1 5 高木渉アニメランキング5位
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 4.0 (578)
2792人が棚に入れました
エジプトでの宿敵DIOとの死闘から11年後。
1999年、空条承太郎は祖父ジョセフ・ジョースターの隠し子、東方仗助に会うため、
日本のM県S市、杜王町にやってきた。
しかし発見した仗助は承太郎と同じ特殊能力、「スタンド」を持っていた。
そして、承太郎の来訪を皮切りにまるで引かれ合うように、新たな「スタンド使い」達が動き始める。
「この町には何かがある…」
生まれ育った杜王町を守るため、仗助は立ちあがる――

声優・キャラクター
小野友樹、梶裕貴、高木渉、櫻井孝宏、小野大輔
ネタバレ

ブリキ男 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

グレートでスよ こいつは!

真紅のロマンホラー、長編漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第4部のアニメ化作品。

絵柄の緻密さというか、画風がこれまでのシリーズと比べて変わりましたが、これは原作準拠だと言えると思います。漫画原作を読んだ事のある私も、3部ラストあたりから4部オープニングにかけての画風の変化に少なからぬ違和感を感じた覚えが有ります。肉体の表現がより流線型を帯び、硬さが減りしなやかになった様な感じです。背景の描き方も前シリーズまでに良く見られたゴチャゴチャした(私は結構気に入っていた)暗い感じが少なくなりさっぱりとした印象があります。

上記も踏まえ、テレビ版ジョジョシリーズ全てを通して言える事ですが、これよりも完成度の高いアニメ化は望めなかったのではないかと思われる程に、この作品も素晴らしい出来栄えのアニメになっていたのではないでしょうか? ファントムブラッドのアニメ化を契機にジョジョ人気がさらに高まり、一躍メジャーなアニメ(漫画)タイトルになったのも頷けます。

ファンタジーでありながらリアルな設定を詰め込んだ、本当の様な嘘の話。独特の台詞回しやジョジョ立ちと呼び習わされているキャラの美しい?ポーズなどに魅了されたファンは古くからいたはず。でもそんな誰もが「忠実なアニメ化は困難では?」とする※風潮が有る中で、まさかのテレビアニメ化の下りとなりました。疑念は見事に裏切られました。

主題歌はシリーズ毎にかなり異なる色合いを忠実に再現している雰囲気ですし、エンディングテーマについても、最初私は製作スタッフが洋楽好きの荒木先生の趣向を汲んで選曲されたものかと思ってましたが、なんと荒木先生御自身が選ばれているそうで、作中世界観との親和性がばっちりで流石でした。

それまでのシリーズに登場したキャラクターを原作者の荒木先生は神話の中の人物みたいなものと評価している様ですが、この4部では一変して私達の身近にいそうな人たち、未完成、未成熟なキャラクターが多く登場します。主人公の仗助を始め、康一くんや億泰の様な親近感の湧いてくる様なキャラがその代表格です。一方でスタンド使いとしても、人格者としても、既に完成された趣きのある前シリーズの主人公承太郎をメインキャラの一人として登場させる事により、承太郎を通して彼等の未熟さに対して寛容さが持てる構図になっている点も巧みです。未熟なキャラ達の失敗を温かい目で見守る事が出来、彼等の成長に期待せずにはいられない気持ちにもさせられます。

3部に続き、個人的に好きなエピソード満載の4部なので、展開は熟知しているつもりですが毎週楽しみです。


以下は各話の感想。

8、9話 山岸由花子は恋をする
{netabare}
山岸由花子さんのエピソードはスティーヴン・キングのミザリーを思わせ、ジョジョ絵も相まってホラーっぽくも見えますが、康一くんと由花子さんを脳内で萌えキャラに変換して見てみると、ラブコメとかのギャグ描写に見えなくもないのが不思議。子供時代はそんな事考えた事もありませんでしたが‥。英単語カードのフレークとかアスパラの英語辞書巻きとかは昔でも大笑いしてた記憶があります。
{/netabare}
10話 イタリア料理を食べに行こう
{netabare}
トニオさんの回。やっぱりこのエピソードも億泰の反応とかトニオさんの薬用石鹸とかに笑かされました。ネタ知ってるのに‥。アニメ版では億泰の声(高木渉さんの声)も相まって漫画版以上に面白かったです。個人的に主人公トリオ(仗助、康一、億泰)の声はかなり良いキャスティングだと思ってます。

作中に登場したモッツァレッラチーズとトマトのサラダ(カプレーゼ)は手軽に作れる上にたまらなく美味しいです。少し大味になりますが、さっぱりとしたモッツァレッラチーズが無い場合、フライパンで炒って少し油を抜いた、半量以下の他のチーズを使っても美味かと‥。
{/netabare}
13話 やばいものを拾ったっス!
{netabare}
ストレスを受けると透明になってしまう赤ちゃん登場。こんな赤ちゃんがいたら大変だ! 奇妙な赤ちゃん相手に右往左往する凸凹コンビ、仗助&ジョセフの奔走振りにまたまた笑かさせて頂きました。

ギャグ色調の強い回である一方で、10年振りの発動? 「ハーミットパープル!」には痺れました。そして、命を賭した最終場面。やっぱりジョセフはジョセフでした。さすが人類を救った英雄、やる事が違います。そして続く台詞「かっこつけたかったんじゃよ、お前の前で」‥‥グレートですよ。このお人は‥。

見終わって。下らぬ事をいつも考えてしまうブリキ男は透明になるって何かの暗喩なのではと思ってしまいました。ストレス過多で怒っている人の思考って良く分からない。泣いてばかりの赤ちゃんも、どうして欲しいのか分かりづらい。そんな人たちのストレスが、いつまでも解消されないで、ずっとそのままだったら、スタンド使いじゃなくっても本当に透明な存在になってしまうんじゃないかなぁと思ってしまうのでした。

笑える所もあり、考えさせられる所もあり、心温まるエピソードでした。
{/netabare}
16話 「狩り(ハンティング)」に行こう!
{netabare}
今回の目的はハンティング。最強のスタンド使いである承太郎とそれに順ずる実力者、仗助を相手に回し、終始圧倒的優位な立場を維持し続けた"虫食い"の知恵と狡猾さは、原作連載時より私にとって脅威の的でした。

作中にも引用がありますが、「シートン動物記」は全人類が読んでも良いと思える程の良書です。人間を食ったかの様な狡知を働かす本編の"虫食い"に勝るとも劣らぬ驚異を垣間見る事が出来る事でしょう。野生動物の知恵と胆力、運動能力というものはまっこと優れたものです。白土三平先生の漫画も合わせてお読みになるとよろしいかと‥。

恐ろしくなる描写も多々有りましたが、ファンタジーを交えた知力と策略の絡み合い。良い回でした。
{/netabare}
18、19話 「重ちー」の収穫(ハーヴェスト)
{netabare}
重ちー登場のお話。小学生の頃とか、私も道端とかにビニールテープでくくって捨ててある小説とか漫画とか拾って古本屋に売って小遣い稼ぎしてました。雨ざらしになっていたり、燃えるゴミとして捨ててあったりする事もあって、色々と拾いました。自覚も無しに現在のリサイクル業やっている人と似たような事やっていたんですねぇ‥。拾ったもの大半は読んだ後売却して、手に入れたお金でプラモとか古本とか駄菓子につぎ込んで後には何も残りませんでしたが‥。当時の友達とかとも戦利品について自慢しあったり‥。まぁまぁ愉快な思い出です。

ハーヴェスト使える人はそういうの探すのも一興かと‥。冗談です(笑)
{/netabare}
20話 山岸由花子はシンデレラに憧れる
{netabare}
由花子さんと康一くん、そしてシンデレラに登場する魔法使いに憧れるエステティシャンの人、辻彩が登場するお話。

漫画読んだ時は子供だったので、恋愛なんてヨクワカラナクテ印象の薄いお話でしたが、今の目で見るとそれなりに理解。でも由花子さん、ちょっと反応がストレート過ぎやしないかい‥? 「私を見て‥」とか真顔で言える女性がいたら結構スゴい。ちょっと尊敬してしまうかも‥。

エステについては男なので、大人なのに全くワカラナイです。まぁ表層だけで人を好きになっちゃいけない事はよ~く分かります。見てくれがカッコいいからカワイイからと付き合い始めたり、極端なケースでは結婚してしまったりしたら十中八九後悔します。少年少女でも、大人の男女でも、相手の内面を見据えた上で一歩を踏み出す事が肝要と思われます。

康一くんはナイスガイなので、そういう所をちゃんと見ています。作中冒頭でも康一くんは由花子さんが浮かない表情をしていたのに気付いていましたし(この時点で両思いなんじゃ‥)、由花子さんが顔を失った時も、すぐに見抜いてしまいました。

そのままにしていても二人は仲良くなれたかも知れません。もしかしたら魔法使いなんかいらなかったのではとも思えましたが、それでも雨降って地が固まるとでも申しましょうか、由花子さんが顔を見られたくないのなら、自分の目を傷付けて見えなくしてしまっても良いとする康一くんの決意を聞いて、由花子さんは康一くんの内面をより深く知る事が出来たのではないでしょうか?

最後にはお互いの心を確かめ合えた様でヨカッタ、ヨカッタ‥。

めでたしめでたし。
{/netabare}
21話 吉良吉影は静かに暮らしたい その1
{netabare}
吉良吉影の一端の見える回。

重ちーのサンドイッチの入った紙袋と吉良の女性の手が入った紙袋が入れ替わってしまう。これもスタンド使い同士が引かれ合う必然? 重ちーに持ち去られた袋を取り戻そうと、学校に潜入し体育倉庫の跳び箱の中に隠れる吉良の姿は妙にシュールでした。ハンガーを使って跳び箱の中から袋を引き寄せようとする様も‥。‥でもこの一触即発の状況、真面目に想像するとかなり怖い。そして、ついに重ちーは見てしまいます。

吉良の肉体の一部を愛でるという行為、好きなものを何らかの形に残して保存しておく(写真とか彫刻とか)という考えは解るのですが、対象の一部(しかもヒトの生身)を所持して愉悦に浸るという感性は未だ私には理解出来ていません。(出来たらヤバイかも‥)手の形状を美しいと感じるのか、生体としての面は排除している様で、血や腐臭を吉良は気にしている様です。憶測の域を出ませんが、手に人格の様なものを与えて優しく話しかける吉良の姿は、人形遊びをしている女の子を思わせました。吉良は"手"に自分の分身を探しているのでしょうか?

吉良という人物が荒木先生による全くの創作物だとしたら、それはそれとして受け止められそうですが、妙に生々しく、リアリティがあるので、いつも理解に苦められる人物です。合理的思考の持ち主に見えて、先の※ネクロフィリア的な印象に加え、自分の爪の伸び率で運勢を測るなど占いじみた事もするので、全くを持って整合性の見出せない人物なのです。結局の所、いびつ過ぎて不可解な事、そこら辺が吉良の怖さの源かも知れないと思い至りながらも、ちょっとでも理解出来ればなぁと思ってしまうブリキ男なのでした。危険ですね‥深淵もまた等しくわたしを見返すのだから‥。

※:死体嗜好の事。
{/netabare}
22話 吉良吉影は静かに暮らしたい その2
{netabare}
金に意地汚く心変わりの激しい重ちーですが、両親の事を思い、邪悪を憎み、最後の最後まで諦めず、吉良を打倒する一手を打った姿には感動させられました。命を賭した重ちーのこの行動が無ければ、多分誰も吉良に辿り着く事は出来なかったと思います。それでも仮に、スタンド使い同士が引かれ合う不思議な因果によって、いつか吉良との邂逅を果たす者がいたとしても、吉良が"敵のスタンド使いがいる"という認識を既に得ている一方で、仗助達はまだ殺人鬼=スタンド使いという確たる認識を持っていないという図式になるので、情報面の優位性を手に入れた吉良はさらに危険な存在になっていた事でしょう。

それにしても血だらけの重ちーを見て、声を掛けただけで助けようともせず、キモチワルイと言って去っていった女子達、無情過ぎる。道端で亡くなっている子供を見ても平気でその脇を通り過ぎて行く某国の非情な人々を思い出してしまいました。

続く後半パート、重ちーの残した手がかりを"つて"に追跡を開始する承太郎(と多分スピードワゴン財団)。

靴屋の店主の「お客様の名前は全て覚えていますよ‥」は専門家にありがちな虚勢をリアリティのある台詞で表していて面白かったです。でも吉良という苗字を読めないのはあるまじき、もといあり得ない事、少しだけ不自然でした。ここであっさりと吉良の名が靴屋の店主の声になっていれば、後の困難は回避出来たかも知れないのに‥。

でも吉良と対峙した人が承太郎で良かった。殺人鬼との予期せぬ遭遇にも拘らず、冷静さを失わない鋭い観察のおかげで瞬殺を回避出来ました。

お話は刃の上を渡る様な緊張感を含んだまま次回に続きます。
{/netabare}
23、24話 シアーハートアタック
{netabare}
康一くんの高慢から生じた危機、吉良のスタンドの一部"シアーハートアタック"の攻撃から康一くんをかばう為に大怪我をしてしまった承太郎。

大人視点から見ると、後悔を通して急激に精神的成長を遂げていく康一くんがとても頼もしく見えました。仗助の様な一見して分かる強さは持っていないけれど、逆境に挫けない勇気と不屈さを持つジョジョ4部の真の主人公と言えるかも知れません。

子供の頃は康一さえいなければ承太郎がやっつけてくれたのに‥とか単純に疎ましく思っていましたが‥。(おばか)

後悔を乗り越えた康一くんの機転によって、一旦はシアーハートアタックを退けたものの、忘れた頃にやってきた誤算によって状況は一転、戦いの舞台は靴のムカデ屋から路地に移ります。

最後まで吉良に屈しない康一くんの態度、言動、とても立派でした。死を目の前にしてあの様に振舞える人間というのが英雄というものなのでしょう。

そして承太郎! 超人的タフさですね。このお人は‥。承太郎&スタープラチナはやっぱり最強? 満身創痍でありながら、無傷の吉良に対してスピードと"ザ・ワールド"で圧倒、キラークイーンの指先はスタープラチナに触れる事さえ出来ませんでした。スゲェ‥。

正真正銘のバトル回ですが、ジョジョは策略、言葉、心の揺らぎを欠かさず描いているので、ガッツで勝つバトルものとは一線を画した魅力があります。

それにしてもシアーハートアタックの頑丈さは異常でした。スタープラチナのラッシュ何回も食らってるのに本体の吉良は涼しい顔。でも康一くんのアクト3の攻撃で重くなった途端、急に本体に影響が出たのは昔も今もちょっと不自然に感じます。重さというならラッシュでも受けていたはずという理屈から‥。それこそ地面にめり込むほどの‥。

手負いの吉良がシンデレラで別人になる話も子供時代の自分の視点からもかなり強引感じられました。

色々と指摘したくなる所もありますが、今回ばかりは概ね無視。絶望転じて希望となる4部最高のバトル回だと評価したいです。
{/netabare}
25話 アトム・ハート・ファーザー
{netabare}
吉良の実家で手がかりを探す承太郎、仗助、億泰、康一くんの4人。またしても未熟な少年達の心の弱さが事態を悪化させてしまい、承太郎の冷静さに救われるという展開。

流石承太郎としか言いようが無い‥。相手の迂闊な言動を聴き逃さず、吉良の父親"吉廣(よしひろ)"のスタンドの弱点を即座に分析、ポラロイドカメラのシャッターを切るだけの動作で戦闘を終了させてしまいました。

スタープラチナが強いのはオマケみたいなもので(とてつもなく豪華なオマケですが)、こういった知性の閃きが承太郎の最大の魅力であると私は感じます。

3部の高校生時代から決して人のミスを責める様な事をしなかった承太郎ですが、4部でもそのスタイルは変わらず、むしろより洗練されており、無言の中に秘める彼なりの優しさ、時は不可逆という事をよくよく理解している大人としての冷静さを示す事で、少年達の導き手としての役割を完璧に演じ切っています。"神話の中の人"という荒木先生の評価にも納得‥。

後半は川尻浩作に成り代わった吉良のお話。外見が同じでも、もし身近な人の中身が入れ替わったとしたら、かなり早い段階で別人と気付けそうなものですが、妻のしのぶにはまだ正体が分かりません。(中身が別人なんて突拍子も無い事なので仕様が無い気もしますが)夫婦であるにも拘らず、それ程までに浩作としのぶは互いに無関心だったという事なのでしょうか‥そんな印象を受けました。

これについては子供の頃は全然深く考えませんでしたが、大人になると人の内面を読み取るのが少しは上手くなるので、そんな風に思った次第。
{/netabare}
26話 ジャンケン小僧がやって来る!
{netabare}
"ジャンケン小僧"大柳賢君のお話。

ジャンケンは運の要素が非常に強いゲームですが、人の表情を読み取るゲームでもあります。そんな所はポーカーとちょっと似ています。次の手がグーなのかチョキなのかパーなのか、人の表情から読み取るのは非常に困難で、それぞれの手に対する各人のイメージ、それに付随する表情の表れ方を結び付けなければ、手を読み取る事は不可能と言っても言い過ぎでは無いでしょう。

賢君は露伴先生の表情と手をたった2回の勝負の中で結び付けていたのかも知れません。確かに赤ちゃんとか子供は直感に優れます。動物とかも‥。こういう事は大人よりも柔軟な思考を持つ子供の方が圧倒的に上手く、延いては脳梁が太くコミュニケーション能力が優れているとされる女性、特に女の子の方が人の表情を読み取る能力に長けていて、ジャンケンが強い傾向にあると言えるのかも知れません。

冷静さを失うと人の感情は表情に表れるもの、それを読み取る術に長けた者がジャンケン名人となれるのでしょう。露伴先生が2連敗(本当は3連敗)したのも焦燥から生じた表情を賢君に読まれていたのが原因であるという可能性も十分にあり得ます。結局は大人の狡猾さで辛くも勝利を収めた露伴先生でしたが、もし相手がジャンケン少女だったら惨敗してたかも知れませんね(笑)

最後に運勢という言葉について、私はこの言葉に否定的な意見を持っていて、ガラスのシャワーとか風で張り付いた写真の為に車が避けて通る現象とかは昔も今も信じられません。ガラスも風も無機物で、知性や意志が無いので、人ごときの運勢にその運動が左右されるとは思えないのです。(超能力者とかフォースの使い手とかなら別ですが)

見所もありますが疑問も残るお話、今回も理屈が抜けている事には評価を与えられない唐変木なブリキ男のレビューでした。運勢について道理の通る説明が出来る人がいたら無知な私に教えて欲しい。
{/netabare}
27話 ぼくは宇宙人
{netabare}
ミキタカ登場回。登場シーンのあの起き上がり方、漫画版みたいに正面に近いアングルの方が不気味さがあってびっくりさせられたかも知れません。その後の展開は子供時代の私も仗助と億泰とほぼ同じ反応で笑い転げていた記憶があります。胃腸薬についてはトニオさんの薬用石鹸を越えるインパクトがありました(笑)

後半はチンチロリン。高校生って3万も持ってないと夏休み乗り切れないんだろうか? とか子供の頃思ってましたが、自分が高校生になってもまるで使わず‥。ブランド物に興味を示すミーハーな所とか、妙に金に執着のある所とか、仗助って意外と主人公らしくないキャラなのかも知れません。どちらかと言うと脇役タイプ?

私はゲーム好きなので3部のダービー回のグラスにコインを入れていくゲームとか、今回のチンチロリンとか、当時の友人達と大抵はおもちゃのチップとかで、まれに10円をチップ代わりにして真似してやっていました。まぁ、10円賭けでも100円以上の金額が動く事もありますので、強く希望する輩がいないとやりませんでしたが‥。まぁ、その経験から、賭け事は自分が負けても相手を負かしても後で気分が悪くなるものなのでやらぬ方が良いと子供時代に学ばせて頂いた次第。荒木先生に感謝ですね(笑)
{/netabare}
28話 ハイウェイ・スター その1
{netabare}
前半はチンチロリンの続き、後半は新手のスタンド使いのお話。

チンチロリンの結末については連載時にも拍子抜けで残念だった(悪態をついていた)のを覚えています。露伴先生がイカサマを見破る展開を期待していたのですが、最後は露伴先生が仗助に一方的にプレッシャーをかけるだけ‥。下らない横槍で物語終了。見も蓋も無い話でした。偶然を装った必然には心踊らされるものがありますが、作為的に組み立てられた必然にはリアリティがなく、夢中になる事が出来ないものです。イカサマの種が見えている上でのギャンブル描写というのも、やはり面白さに欠ける要因です。3部のダービー兄弟のお話もイカサマを含みますが、あちらは最終局面で種が明かされる点で大きく異なります。

後半について、矢によってスタンド使いが生まれるのは設定上の必然だとしても、結果生まれるスタンド使い達が吉良の父親が望む様に、吉影を追跡する者達に敵対するというのも、上記の様な作為的な必然に当たります。杜王町の多くの人達が吉良吉影という犯罪者を憎むならば、吉良の敵を増やす確率の方が高そうな気がするからです。

こういった次から次へと物語の本筋と脈絡無く敵が登場する、バトルもの特有の流れはちょっと残念ですね。
{/netabare}
29話 ハイウェイ・スター その2
{netabare}
仗助、「問題ない」連発してましたね(汗)子供の頃は漫画の所為か(こんなに言ってたっけ)あまり気にならなかったのですが、今の目で見ると台詞回しの工夫の無さとか違和感とかが目立ちます。あと仗助、通行人から掠め取った携帯電話、ちゃんと返すのかな‥? せめて二つも取らないで、一つ目をクレイジーダイヤモンドで直せば良いのに‥(汗)

他に疑問だったのは前回に出てたトンネル内の部屋、あれは一体何だったのか? 原作コミックが既に手元に無いので確認出来ないのが残念ですが、多分子供時代から今まで私は未だに理解出来ていません。ハイウェイスターの能力の一部として想像で補完するしかなさそうです。(対象が興味を示す光景を見せるとか)

吉良の親父様の口調もギャグっぽさが増してきてやだなぁ‥
{/netabare}
30話 猫は吉良吉影が好き
{netabare}
川尻家の話。ねこは可愛いし、草は美しいけど、猫草は気味が悪いですね。よくよく考えてみると4部ってミキタカとか猫草とかスタンドとは無関係に奇妙な生命体がいます。ファンタジーとは言えルールが不明瞭になると、世界観が曖昧になってしまう印象‥。

自分の父親が別人だったらという想像、父親があまり家にいなかった所為か、あるいは洋画の「ボディスナッチャー」とか「スペースインベーダー」とか、小学生時分に見た事があった所為か、私も抱いた事があります。悪夢が現実に取って代わる様な恐ろしさ、早人君の気持ちが何とな~く分かってしまいました。

最近酷評気味のレビューばかり書いていますが、ジョジョ原作読んでいた時もシアーハートアタックの回をピークに、以降あまり楽しんでいなかった様な‥(汗)
{/netabare}
31~34話 7月15日(木)1~4
{netabare}
今回から、原作では別々に描かれていた「鉄塔に住もう」「エニグマの少年」「チープトリック」のエピソードが同時進行するという構成。

「鉄塔に住もう」
最近レビュー内で度々引用させて頂いている「宇宙船とカヌー」という本がありますが、今回のお話に登場する鋼田一豊大(かねだいちとよひろ)は上記の本に登場する※ジョージ・ダイソンがモデルなのでは? とか思いました。でも鋼田一の場合、樹上じゃなくて鉄塔。小屋も建てずに生活している所に異常さが際立っています。吹きっさらしでは、もし雨とか雪とか降ったら危険かも知れません‥。杜王町のモデルって仙台市らしいので‥。

エネルギー保存の法則については、鉄塔がしっかりひしゃげているし、熱も加わっているはずだから、余剰のパワーにびっくり! という風にも見えますが、ファンタジーなのでそういうものだと見流すのが大人というもの‥でもクレイジー・ダイヤモンドのエネルギーを元あった場所に戻すって、能力の解釈が飛躍し過ぎてやしないかいとか思ったり‥細かい事はうっちゃって見るのが正解なのでしょう(笑)


1話完結のお話を、そのまま1話ずつ描くと冗長な印象になってしまうのでタイトルを「7月15日(木)」として、原作を再構成したのは英断であったと思います。展開のスピード感が増して最終回へと繋ぐ架け橋になるのではないでしょうか?

※:16歳で家を出て、19歳で樹上に家を建てたジョージはそこで生活していたそうです。ロープ以外の材料は全て拾い物から調達したという逞しさ。地上約30メートルの高さまで、梯子と枝を使ってスルスルと巧みに登り、降りる時はロープを使い、樹液で手を汚さずに、野生動物の様に昇り降り出来たそうです‥。さすがにお金は必要で、バイトや手伝いをしていて、自給自足までは達成出来ていなかった様ですが(笑)

「エニグマの少年」
宮本輝之輔、落ち着きのある言動と心の弱みに付け込む能力、小林玉美とか、3部のダービー兄弟を髣髴させる能力です。

原作でもそうだったと思いますが、突如敵として表れ、吉良吉廣に協力する動機が不明瞭だった様に思えます。それに杜王グランドホテルに行く過程にしても、承太郎の人柄とか能力とか聞かされていたら、ちょっと臆病気味のこの人の性格からして、勝ち目が薄いと悟って戦うのを嫌煙したはず‥。あるいは割と自信過剰な人なので勝てると思っていたとか‥? 吉廣に騙されていたのかも知れません(汗)

結局のところエニグマの少年、余計な事言っちゃって墓穴を掘る所とか、小者らしいキャラでした。ジョジョのキャラは戦いに負けると何故かゲームキャラの様にへぼくなってしまいます(性格とか身長とかが変わったり‥)。これがゲームバランスと言うものなのか(笑)

「チープトリック」
露伴先生、小難しい事しないでブリッジしてスパイダーウォークで横断歩道渡ったら面白かったのに‥(笑)

3部の時点では幽波紋と書いてスタンドと読んでいたので、スタンドに抱くイメージは「うしろの百太郎」みたいな守護霊のイメージでしたが、今回のお話で、スタンドと幽霊の明確な区別が付いた気がします。

個人の持つ力のイメージ、精神エネルギーとも表現されていたスタンドですが、それが「スタンドの魂」とどう違うのか、細かいニュアンスがよく分かりません。似たものだと思えるけれど、その様なルールに‥。多分後付設定だから仕方ないのだと思いますが‥。

後半は吉良のお話。早人君に正体がばれてしまいます。お風呂のシーンは恐過ぎました‥。でもこういう場面を見るとシアーハートアタックの回に吉良と康一君が対峙した時の場面を思い出し、吉良が1部や2部で登場したディオやカーズの様な超越的な存在とは一線を画し、人間的な弱さを多分に持った小者である事が明確になります。4部では主人公勢にもその様な弱さがありますが、絵柄が一新された事もさる事ながら、それで、それ以前のシリーズとは作風が変わった印象を受ける気がします。

かと言って3部から続投のキャラ、ジョセフ(ちょっとぼけてるけど)、承太郎などは依然として英雄然とした人物として描かれていますので、年若い主人公達と彼らの対比が面白いシリーズでもあります。

次回から物語はクライマックスへと進んでいきます。
{/netabare}
35・36話 アナザーワン バイツァ・ダスト 1、2
{netabare}
もし自分が小学生で、早人君と同じ立場だったら?と考えると怖さ倍増なお話です。

子供の頃、ホラー映画見た後とか、自分の親がエイリアンとかロボットだったらどうしようとか思って、怯えたまま眠った事ありましたが、過去のそんな体験の所為で、大人になった今でもある程度早人君に近い気持ちになって視聴する事が出来ました(汗)

早人君だったらという立場ですが、私だったら1度や2度バイツァ・ダストの説明を聞いても、俄かには信じられないだろうし、理解出来ないだろうという気がします。あまりにも現実離れした能力なので‥。でも早人君は賢い! わずか4周目で猫草を用いた打開策を思い付いてしまいました。勇気もあるし只者じゃない‥。

ゲームで言う所のリセットボタンに近い能力のバイツァ・ダストを吉良が身に付けたのは、彼が安心を求め続けた故の必然の結果とも取れますが、余りにも強大過ぎる能力なので、漫画を読んでいた当時は興ざめしてしまったのを思い出します。

続く5部以降、もっととんでもない能力が登場しますが、スケールが大き過ぎたり、突拍子が無さ過ぎたり、ジョジョらしい親しみやすさが感じられず、私は段々付いて行けなくなりました(汗)
{/netabare}
37・38話 クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない1、2
{netabare}
バイツァ・ダストは前回のレビューでリセットボタンみたいな能力としましたが、発動タイミングを任意に選べない事を踏まえると無限にリスタートが出来るゲームという表現の方が近いですね。

1.発動=スタート:バイツァ・ダストを任意の人物に仕掛ける。
2.起爆=ゲームオーバー:追跡者を爆殺、運命が定められスタート直後に戻る。
3.解除=セーブ:既に起こった事実が確定して定められた運命は消える。

バイツァ・ダストの不明な点はスタート地点がどこに設定されているのか明確で無い事です。2回目以降の発動では7月16日の朝がスタート地点ですが、1回目の発動はいつ? 7月15日の夜、早人君が死んだ後に発現した能力なので、発動以前の過去にも戻れなければなりません。起爆方法も以後の方法とは異なります。

そうすると"発動=スタート"という解釈は間違っている様にも思えますが、37話冒頭で吉良は早人君に「お前をこれ以上この朝に戻らせるのは危ない事だ‥」と言ってバイツァ・ダストの解除を予告するシーンもあります。これはスタート地点を危難を乗り越えた後に定める事を示しているのだと思われます。以上を踏まえるとバイツァ・ダストは‥

1.起爆手段は一通りではない。
2.発動前の過去にも戻る事が出来る。
3.能力の解除、再発動によってスタート地点を任意に定める事が出来る。

という性質がある事が分かります。こんなのいんちきじゃないか(汗)と言いたい所ですが、1と2は吉良自身でコントロール出来ていないみたいなので、作中の様な吉良にとって危ういドラマが生まれるのでしょう。

猫草をキラークイーンの中に取り込むとか、空気弾が"キラークイーンの能力に固定された"という良く分からない理由で割れないとか、クレイジーDで体に刺さった破片を戻して体ごと移動とか、血の誘導弾とか、付け足しルール他、かなり強引なご都合展開が目立ちましたが、自身の傷を治せない仗助が主役(元々主役だけど)という事もあって非常に緊迫感のあるバトル回でもありました。

後半の家屋内にいる仗助の位置を知る吉良の空気弾攻撃の不気味さや、それを可視化するための煙幕作戦、意表をついたトリック、その種明かしのシーンなどは、因果関係を明確にしている、推理物の性質を帯びた心踊るシーンで、正にジョジョの魅力そのものと言えるのでは無いでしょうか?

でも早人君全編に渡って喋り過ぎとか、空気弾遅過ぎとか、億安も喋り過ぎ(笑)とか演出面にも気になる所が多々あって(漫画だとあまり気になりませんでしたが)時間の流れが一定のアニメで原作漫画の台詞がほぼそのまま再現されるというのは、荒木先生リスペクト故なのでしょうが、かなり不自然な光景に見えてしまいました(汗

ループ物の起源とされる物語はあれこれありますが、それよりかは、原作漫画の表紙裏のカバー部分-何巻のものかは失念(汗)-に荒木先生の好きなものベストというのがあって、それの中にテレビゲームのバイオハザードが入っていたのを思い出すブリキ男なのでした。
{/netabare}
39話 さよなら杜王町-黄金の心
{netabare}
吉良との戦いも決着し、杜王町は少しだけ平穏を取り戻しました。

「傷の痛みが深く表れてくるのはこれからなのだろう‥一体この痛みはどうやって癒せば良いのだろう。」康一君のモノローグにあるこの言葉は自分の一部とも言える家族や恋人、近しい友人を失った者にとって、繰り返し心を苛む疑問です。

もし心の欠けた部分を補ってくれるものがあるとしたら、それは同じく"人"か、緩慢な癒ししか与えてくれないけれど"時間"と答える事しか私には出来ません。でもいくら補ってもそれは決して元通りにはならず、つらい記憶は時折古傷が痛み出す様に疼く事があるものです‥。

吉良の行為は他者の平穏を奪い、自らの平穏を得るというもの、吉良のスタンド能力の第二、第三の爆弾はそれを自動的に行なうもの。この様な罪悪感も自覚も無く人殺しを遂行するものを見ると、私は戦争に使用されるミサイルだのリモコン爆撃機だのを思い出します。殺す者の罪の意識が明らかに薄い‥。吉良は天性の異常者なので、別の理由から罪の意識など感じていないのかも知れませんが、先に挙げたスタンドの性質はその様な吉良の冷酷さの象徴であるかの様にも私には思えました。

我々生物は他者の平穏を壊さなければ生きていけませんが、奪ったものの価値を見つめるという義務を怠った時、他者の痛みに鈍感になります。また命を殺める行為は当然の事として、心を傷付ける事も他者の平穏を壊す行為に当たると言う事も忘れてはなりません。

吉良の様な殺人鬼にも、心を苛む悪人にも出来る事なら会いたくないものですが、もしその様な輩と遭遇してしまったら、彼等の平穏を壊し自らの平穏を守り抜く覚悟は必要になるのかも知れません。それは戦いとも言うけれど、勇気とも言うもので、ジョセフ・ジョースターが黄金の精神と呼ぶものなのではないでしょうか?

町を見守る少女の霊は天に消えて、人々はまた元の生活へと戻っていく。

失われた命が戻ってくる事は決して無いけれど、人は支え合って生きていく。未来への希望が感じられる見事な最終回でした。

※:バイツァ・ダストの能力について、発動時に1時間くらい時間が蒔き戻るらしいです。原作熟知していると思っていましたが今回の早人君の台詞聞くまですっかり忘れてました(原作にそういう説明あったっけ?)
{/netabare}

自分がイタリア料理、延いては料理全般に興味を持つきっかけになった、トニオさんの回ほか珠玉のエピソード満載で綴る"ジョジョ"を創出された原作者の荒木飛呂彦先生にこの場を借りて心から感謝の気持ちを述べたいです。


※:自分の周りにいた友人は口を揃えてそんな事言ってましたが、世間的にはどうだったのだろう? 過去にOVA版あり、悪く無い出来だとは思いますが、個人的には原作漫画の雰囲気を再現しているとは言いがたい印象でした。


以下は本作品と殆ど関係無く、イタリア料理についての豆知識。
{netabare}
[豆知識1 にんにくは絶対に焦がしてはならない]
イタリア料理において、またその他の国の料理においても、にんにくを焦がす事は最大の禁忌です。日本では焦がしにんにくとか普通に有りますが、風味も味も台無しになっているので私は好きではありません。この点を厳守するだけで全てのイタリア料理が格段に美味しくなります。最弱の火でじっくりと柔らかくするのがコツです。

[豆知識2 トマトは少なくても実は美味しい]
400g入りのホールトマト缶はイタリアントマト6~7個分位の容量が有ります。トマトソースのパスタ一人前につきトマト1個で十分なので、単純計算すれば一缶で6~7人前作れる事になります。味についてもその方が生トマトで作った時のトマトパスタに近いものになります。それでも一缶全て使い切ってもそれはそれで美味しいので気分によって量の加減をすると良いと思います。

[豆知識3 茹で汁は捨てないで]
パスタをゆでた後の茹で汁は塩分たっぷりうまみたっぷりなので、これでそのまま肉などを煮て胡椒で味を調えれば立派なスープになります。ブイヨンや野菜などを加えてもとても美味しい。お好み焼きの溶き水、煮込みや麻婆豆腐を作る時、パンを捏ねる時、ピラフやパエリヤを炊く時(この場合は出来るだけ上澄みを使いましょう)など何にでも使えます。

[豆知識4 実はゆでられる。短時間で!]
パスタの茹で時間は大体7分以上になりますが、実はその時間を半分以下に短縮出来る裏ワザが有ります。パスタを予め1時間以上水に浸けとくと良いのです。そうしてからそのままそれを火にかけると、パスタの太さ、形状にもよりますが、沸騰してから1~2分くらいで茹で上がります。グニャグニャになるイメージを持たれる知れませんが、しっかりとアルデンテの食感になります。沸騰後1分過ぎたあたりでパスタの食感を確かめましょう。やはり茹で過ぎは良くないです。

{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 51
ネタバレ

yuugetu さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

思いっきりやってくれたアニメスタッフに感謝

2016年4月~2016年12月放送のTVアニメ。全39話。

放送前に書いた通り、思いっきりやっちゃって欲しいと思っていたら、本当に思い切ったやり方になってました!

脚本は常に安定していて、スムーズに尺に収め原作で描かれなかった部分を補完するよう、細かな部分がカット・改変されています。
それでも尺の振り分けには苦労したようで、思いきった手法を取ったのが31話から34話。本編に関係無いけど面白いシーンがなくなっていたりするのはかなり勿体無いですが、一つの方法として面白いと思います。

原作でも感じていた事ですが、第4部は杜王町の至る所で一見繋がりの無い事件が起こりその全てがテーマを様々な角度から浮き彫りにしていく構造。ラスボスが登場してからの盛り上がりは本当に見事です。

改変に関してはキャラクター同士の関係性の補強などは特によく出来ていて、仗助と億泰と康一の仲の良さ、康一と由花子の恋の発展はかなりわかりやすくなっています。
キャラクターそのものも原作後半準拠で綺麗に整えられて、仗助は原作4部中盤以降の親しみやすい人物像に、承太郎は6部からの設定を反映して大人の貫禄をより強く感じる落ち着いた雰囲気に統一。細かな印象の変化は数えきれず、原作との比較が実に楽しかったです。

個人的にはBGM作曲者が3部と同じで、地続き感が良いなと思う反面、雰囲気が似てしまう時があってちょっと勿体無いと思いました。音楽の使い方も、ホラーのシーンではもう少し無音の部分を増やして欲しかったですね。

作画はアニメーターの個性がよく出ていて楽しかったですが不安定な時もあり、連続3クールはかなり大変だったようでした。本当にお疲れ様でした。


【ヴィジュアル面・演出面】
{netabare}
西位輝実さんのキャラクターデザイン原作に比べ大分シンプルに仕上がっていて賛否ありましたが、私はイメージが固定しすぎない良い絵柄だと思います。4部のエピソードはシリアスからギャグ、気味悪いものから感動するものまで振り幅の大きさが魅力ですが、キャラデザもまた、シリアスにもコミカルにも、濃くもすっきりも見せられる自由度の高さが素晴らしい。
描く人・描き方によって個性的に仕上がり、西位さん自身もBDジャケットのようにしっかり描き込んだ濃い絵も仕上げたりしていて、個人的には非常に楽しく堪能させていただきました。
欲を言えば、第一弾PVやOPのような柔らかい動きをもっと見たかったかも。表情の変化は濃さも残しつつ、優しい印象のシーンが増えましたね。

おなじみの効果音表記は、康一のスタンド演出を目立たせるために全体的に控えめに。
色変えはさらにビビッドになり、テクスチャは漫画のカケアミやスクリーントーンのようなイメージの模様が多く使われています。

演出では画面切り替えにかなり凝っていて、1エピソードをコンパクトにまとめなければならない時、場面を印象強く繋げる際に多用されています。このやり方、効果的かつ挑戦的で新鮮でした。{/netabare}


【4部のテーマは普遍的】
{netabare}
原作で一貫している「日常の中の非日常」は時代が変わっても共通する根源的かつ身近な問題です。
日常は守らなければ続かないもの。それは例えば「プリキュア」などにも共通する要素があると思うのですが、プリキュアも10年以上続いているように、ジョジョ以前からも似たテーマを扱った作品があったように、古びないテーマであると感じています。

アニメの演出面でもそのことに非常に気を配っていると感じました。平和なラジオに載せて吉良の日常(切り取った手)を映すのはその筆頭ですし、悲惨な虹村家のエピソードのラストに明るくちょっとおバカな億泰を持ってくるなんて、日常に引き戻しコミカルに物語を閉じるとても効果的な演出です。
だから実は、トニオさん回みたいな日常回がとても力が入っているんですよね。エピソードカットはせずシーンのカットのみできつい尺に合わせたのは大変だったと思いますし、尺がぎりぎりで勿体無いエピソードもありましたが、日常回を削ってしまうと4部の魅力は少なからず損なわれてしまいますから良い判断だったと思います。

荒木先生の杜王町の描き方はご自身の故郷がモデルですからリアルな部分や身近な感覚がありますね。
アニメでも丹念な町づくりをしつつ、特徴的な画面作りによって非現実感が強くなっています。

リアリティを感じない色使い、閉塞感を感じるような背景は独特。遠くに映る海と山が外界との繋がりを視覚的に阻む杜王町は、劇の舞台のように、幕を閉じるまで出られない「箱庭」です。ディレクターの津田さんが雑誌で「箱庭感を出したい」という内容の発言をされていたと思います。
最終回で承太郎とジョセフが船で杜王町を出るまで、町から生きた人間が出る描写がないのは象徴的でした。

ネットで視聴感想を見ていると、形兆と父親の関係を現実の様々な問題に照らし合わせている人が多かったり、それ以外でも、誰もが自由に感情移入できる間口の広さを本作では改めて実感しました。
誇張こそされていても、荒木先生の人間描写には身近さを感じ、憎たらしいのに愛されるキャラクターもいれば、批判されるべきなのにその境遇に涙せざるを得ないキャラクターもいる。品行方正ないい人は杜王町に存在しません。主人公の仗助だってお金が絡むとちょっとゲスになりますしw
善悪で割り切れない人間がこんなに愛される描かれ方になったのは4部からじゃないかと思います。一度顔を合わせ内面を知れば、彼らは同じ町に住む隣人となりますが、一概に「味方」とは言えないのが面倒で面白い所ですね。

例外はアンジェロ、音石、吉良といった自分のために何も知らない人を踏みにじる存在です。彼らは家族や友人といった「大切なもの」の描写が一切無い。
自分だけが良ければそれで良いという者とは共に生きられないことは、鼠の一件で承太郎が語ったとおりですが、そんな存在が町のどこにいるのか解らないというのは現実でも遭遇する恐怖です。

顔の見えない隣人の恐怖はむしろ原作執筆当時よりも作中の1999年よりも、情報化社会である現代ほうがよほど切迫した問題となっているように感じます。
当時のジャンプでこのテーマを掲げた荒木先生は凄いなと思いますが、アニメスタッフは4部をよく理解し、時代性も加味して若干のアレンジを加えてストーリーと映像に落とし込んでいます。
だからこそ古い作品が原作でありながら斬新で、改変していながら根底に流れるテーマ性が変わらない。
原作を尊重しながら、アニメスタッフの個性と一貫した方向性が見出せる、素晴らしい作品に仕上がっていると感じます。{/netabare}
(2016.12.31)


【以下初回感想】
{netabare}
初回だけ感想を書こうかと思います。

全体的なイメージはぴったりでした。脚本の細かな変更点、演出意図などは合理的で、今後の方向性も感じられました。
ただ、色彩がきつすぎるとは思います。4部の奇妙さは色で出すということですかね?日常描写が多いから、むしろ地味になるかなって思ってた時期が私にもありましたw
ビジュアル面ではソエジマヤスフミさんがクレジットされてないのが気になるところですが…

作画は予想通り大変そうでしたが、自分としてはそういうところまで含めてなんだか好きです(そりゃ良いほうが良いんだけれども)。表情の豊かさ柔らかさを大切にするというスタッフの意思は受け取った!
{netabare}
仗助は原作序盤のヤンキーっぽさはナシ。小野友樹さんの演技もとても良かったです。
PVでも感じましたが、原作と違い最初から「見た目はアレだけど普通の高校生」のイメージで来ましたね。年頃の男子らしく小さな意地を張るシーンもあり、これから成長するキャラクターとして描写していると感じます。
完璧系だった承太郎との差別化も出来ますし、良い方向性だと思います。
康一との会話で「不穏なことに首を突っ込む気は無い」「自分の今の生活にそれなりに満足している」という趣旨のセリフが追加されていて、ここから「守ろうとしなければ平穏は続かない」と気付く流れがより自然になるだろうなと感じました。小林靖子さんやっぱりベテランなだけあって上手ですよね。
{/netabare}
続きが楽しみです。好きな方向性なのでこのまま行って欲しいな。
(2016.4.4)
{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 28
ネタバレ

kororin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

モリモリモリモリ、杜王町RADIO~??「グッモーニン!おはようございます。杜王町RADIO、今日もお相手は私、あなたの隣人カイ原田。清々しい朝ですね~・・・」

[第1部:ファントム・ブラッド]は正義を貫く熱血紳士、ジョナサン・ジョースター
[第2部:戦闘潮流]は軽い態度と裏腹に、情にあついイカサマ師で生まれながらの波紋使い、ジョセフ・ジョースター。
[第3部:スターダスト・クルセイダース]は最期の「硬派不良」で幽波紋(スタンド)使い、空条承太郎。
そして
[第4部:ダイヤモンドは砕けない]はチンピラ不良ではない心優しきマイルドヤンキーのスタンド使い、東方仗助。

舞台は[バブル景気]が静まって[携帯電話]がサラリーマンにやっとこさ普及し始めた1999年。
不動産王になった老年期ジョセフ・ジョースターの遺産分配を調査してたら「隠し子」がいたことが発覚。日本の宮城県仙台市・・・じゃなくてM県S市にある杜王町に在住しているという。
遺産配分報告の為に嫌々ながらも渋々杜王町へ訪れた空条承太郎。しかしそこはディオの悪蹟の余韻と、長年人知れず潜んでいる狡猾な連続殺人鬼が潜んでいて・・・
{netabare}
絵柄のタッチが年代ごとにドンドン変わる荒木先生。初期の劇画っぽさから比べるとかなりポップアートな感じになってるのはアニメも合わせてますね。

第3部もそうでしたが今回も敵・味方と出るわ出るわ「スタンド使い」。
クレイジー・ダイヤモンド:壊して治す。パワーはスター・プラチナをも上回る。「ドララララララララララララララララララララララララララッ!」(い、息が・・・)
アクア・ネックレス:水のスタンド。第3部に出てきたゲブ神のンドゥールと被ってますが、こちらはスタンドキャラが出来てます。
エコーズ・ACT1:漫画の擬音をリアルの音に現出・反響。「ビシッ!バキッ!」
エコーズ・ACT2:漫画の擬音をリアル体現させる。熱い・焼ける=「ジュウ~」・吹き飛ばす=「ドヒュゥゥゥゥゥ!」etc・・・
エコーズ・ACT3:狙った対象に過重をかける。自立で喋るスタンドの先駆け?「エス・エイチ・アイ・ティー!」
ザ・ハンド:空間を削り取る。
バッド・カンパニー:リアルGIジョーの中隊(大隊?)。武器はモノホン並。
ザ・ロック:罪の意識に掛かるデカイ錠前。
サーフィス:「パーマン」のコピーロボットと同じ。化けた対象者に同じ動きをさせる。
ラブ・デラックス:伸縮自在に伸びて操れる「髪の毛」。
パール・ジャム:無数の小型スタンド。凶悪な顔に似合わず料理に紛れて食した対象者の細胞を活性化。極端すぎる老廃物を出させる。(滝のように湧き出す涙・掻きむしった垢がソフトボール大に)
レッド・ホット・チリ・ペッパー:電気・電気・電気・・・
アクトン・ベイビー:透明の赤ちゃん。ストレスが溜まると周りの物質まで透明化。無意識のスタンド使いって?
ヘブンズ・ドアー:仕掛けた相手を「本」にして記憶や経験を読み、加筆することで行動を操ることも。
ラット:ドブネズミのスタンドで小型砲台。針のような砲弾に当たった生物は肉体がドロッドロに融解してしまう。
ハーヴェスト:ゴルフボール大の無数のスタンド。蜂のような黒・黄カラーに蜂のように色んな場所・隙間から使えそうな小銭・サービス券などを集めて回収する。ホームレスも真っ青!
シンデレラ:整形するだけのスタンドと思いきや「運勢」も変えるらしい。性格の悪い美人より、気立ての良いブスが良いとか?
ボーイ・II・マン:5回のジャンケン勝負で勝つごとに相手の能力を1/3づつ吸収し、尚且つ奪った能力も使えることに。
アース・ウインド・アンド・ファイヤー:自称宇宙人・支倉未起隆の変身能力。
ハイウェイ・スター:人型がバラけて無数の「足型」になり対象者に張り付いて養分(体力・栄養など)を急速に吸い上げる。犬並みの嗅覚で時速60kmの速さで追いかける。パワーは貧弱。
スーパーフライ:電線鉄塔と一体化したスタンド。受けた衝撃を貯めて跳ね返すらしいが、後の第6部・ダイバーダウンの元なのかな?
アトム・ハート・ファーザー:幽霊の吉良オヤジが写っている写真に相手の空間を閉じ込める。らしいのだがイマイチわかりにくかった。
チープ・トリック:スタンド使い本人も知らない背中に張り付いた自立型・寄生囁きスタンド。背中を見られると死んでしまうという恐怖観念を常にささやき続ける。もし背中を見られたら宿主の精気を吸い尽くし背中を見た者を次の宿主に。
エニグマ:相手が「弱気のサイン」を見せると何でも「紙」に閉じ込めることが出来る(らしい)。ラーメンやシュレッダー・タクシーの「弱気のサイン」って何だったんだろう?
キラークイーン:本編最悪のスタンド。触ったものは何でも爆弾に変える。自動式・手動式と自在(第一の爆弾)。左手の甲にある小型爆弾戦車。狙った相手に近づいて爆発。べらぼうに硬すぎてスター・プラチナのラッシュでも叩き壊れない(第二の爆弾:シアーハートアタック)。
判りにくいが顔を変えた吉良吉影の正体を知ってしまう者は爆死(第三の爆弾:バイツァ・ダスト_BITE THE DUST[負けて死ね])。

そして「異様」なキャラのオンパレード。
超デコデコ学ラン(学生服):東方仗助・虹村億泰・形兆・噴上裕也・支倉未起隆・間田敏和
背丈低すぎ:広瀬康一・間田敏和・小林玉美・矢安宮重清・靴のムカデ屋のおやじ・ベビー用品店「FAMILY CLUB」の店員
頭がトゲトゲすぎ:矢安宮重清
ビビリすぎ:広瀬康一
解説しすぎ:広瀬康一
ナルシ~~:音石明・噴上裕也
大槻ケンヂすぎ:音石明(実写で本人出たらどうだろう?)
行動が怪しすぎ:トニオ・トラサルディー(最初)・大柳賢・乙雅三
切れると危なすぎ:東方仗助・山岸由花子
オシャレすぎ:岸辺露伴
好奇心が異常すぎ:岸辺露伴
こだわりが異常すぎ:山岸由花子・吉良吉影
杜王町を15年見守る幽霊少女:杉本鈴美
子煩悩異常すぎ:吉良吉廣
生活非常識:鋼田一豊大(鉄塔に住むって、雨風は大丈夫?)
変態性癖:宮本輝之輔・吉良吉影
奇態生物:ストレイ・キャット
ジョセフ・仗助親子の絆を深める為にだけの役割:透明の赤ちゃん etc・・・

お気に入りエピソードは各々あるでしょうが16話『「狩り」に行こう!』はBパート後半が劇画チックな絵に緊迫した演出。スタンドのくせにC・ダイヤモンドがプレッシャーで困った表情したりと面白かったです。
いまやファースト・ガンダム並みに数々の名言も残してくれました。
特に何かと勝気な性格の露伴先生。「・・・だが、断る!」は有名どころですが、26話『ジャンケン小僧がやって来る!』の「君は僕を乗り越えると言ったな。君よりも9年も長く生きてるから教えてやろう。他人を負かすってのはそんな難しいことじゃないんだ。最も難しいことは、いいかい?最も難しいことは『自分』を乗り越えることさ!僕は自分の運をこれから乗り越える!!」
イカサマ前提のハッタリがトンデモ強運をつけることに。
38話『クレイジー・Dは砕けない その2』死んでたと思ってた億泰が復活。いつも粗野な話し方しかしない彼が静かに語る生死を彷徨ってた時に見た兄・形兆の夢。仗助と同じく泣かされかけました。
原作は遥か昔に読んだっきりなので記憶があやふやしており、オチがなかなか思い出せなかったのがアニメで見て思い出せて良かったです。しかし先読み出来ない逆転に次ぐ逆転の展開は面白いですね。{/netabare}

さて、ここまで来たら第5部「黄金の風」もアニメ化なったらいいのにな。でもスタンド名が洋楽ミュージシャンの名前やナンバーだから著作権とかどうなるのだろう?

投稿 : 2020/01/18
♥ : 21

68.8 6 高木渉アニメランキング6位
魔法陣グルグル(TVアニメ動画)

1994年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (211)
1339人が棚に入れました
 壮大なストーリーにちりばめられたギャグ、可愛くてとぼけたキャラクターで人気を集めた衛藤ヒロユキのヒットコミック『魔法陣グルグル』のTVシリーズ第2弾。第1弾はコミックと同名で1994年に放映された。12歳の少女ククリは、伝説の闇魔法グルグルを操るミグミグ族の生き残り。ジミナ村の魔法オババの家で密かに育てられていた彼女は、魔王ギリを倒すために、憧れの勇者ニケと旅立った。以前はちょっと頼りないところのあったニケだったが、光魔法を覚えてからは精神的にも成長。そんな彼にククリの恋心はますます募っていくばかりで…。

声優・キャラクター
瀧本富士子、吉田小南美、緒方賢一、高乃麗、高木渉、萩原果林、西川幾雄、松井菜桜子、山本圭子、石川寛美、こおろぎさとみ、神代知衣、千葉耕市、天野由梨、安西正弘、鳥海勝美、横尾まり

お茶 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

オタク教養的な?

いきなりなんですが、私は副業でせどりをしていたことがありました。簡単に言うとレアものを安く買って高く売るという商売です。そのレアものとかは、いわゆるセドラーの中でも自分の詳しいジャンルになってくるのですが、私の場合オタクもので、よく秋葉原の詳しい連中と談義する際、色々と勉強させてもらいました。

こんな事レビューに書くのもアレなんですがwオタク文化ってゲームなどを始め色々な文化や時代背景に影響し合っている事は存知だと思いますが、幾つものメディアを超えて育っていくものがオタク文化何て話をよくしていました。

VHSの時代とか撮れる時間が今よりもっと短いから、超工夫して録音したり、擦り切れる程見て暗記したセリフを張り合ったり、性能が悪いけどコマ送りの部分のトリビアなんかを張り合っていた、なんてことも。

そんなこんなで、オタクはオタクとして修業を重ねていて、制作側の方もそれに対抗するように、色々と切磋琢磨し合って今日の歪んだオタク世界が出来上がったと、談義しておりました。

そんな中で、本作魔法陣グルグルはパッと見子供向けなんだけども、そんな歪んだ世界を意識しているのかは知りませんがwオタク心をくすぐる作品です。エニックスが絡んでいることも合って、物語は勇者ニケと伝説のグルグル魔法使いククリとのRPG風ギャグファンタジーなんですが、ここにドラクエを始めとするパロがふんだんに取り入れられていて、分かりやすいパロから、上級者向けと、オタクを煽るように笑わせてくる。

それはゲームからある種一般教養的なモノまで多岐に渡って。このネタ分かるか?これはどうだ?ってな感じで、グルグルを始めとして、今ある不思議な日本のアニメは、単にアニメだけではなく広く知識を有しないと読みとけない、いわば知的な娯楽なのではないでしょうかw

投稿 : 2020/01/18
♥ : 42

みかみ(みみかき) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

B級好き入門

むかし大好きでした。

■ギップルはなぜ「くさい」とか言うのか

他の方のレビューを読んでいてそういえば、ギップルが「くっっさーーーい!」とか言いまくってたな、と今さら思い出しました。

あれねぇ、今思うと、作者の衛藤さんの幼さというか、照れ隠しそのものなんだよね。

物語の展開の都合上、一定の「くさい」ことを言わなきゃいけないのだけれども、それをどこかで「くっさー」とツッコミ入れながらでなければ、提示できない。

A.一方で、それっぽいことの大事さを考えつつ
B.しかし、それが別の感覚では否定されるだろう

という、複数のことを並列的に考えるという発想はもちろん大事。もちろん大事であり、それこそ「リアリティの多様性」を考えるという並列思考の萌芽ともいえるもの…なのだけれども、「くさい」という表現によって、それっぽいことを「くさす」ということによって、「それっぽいこと」価値観と、「くさい」と言ってしまう価値観の間をあまりなだらかに接続できてないっつーことなんだよね。そこには、大きな隔たりがあって、接続できない、という感性が、衛藤さんのなかにある、ということの告白でもある。

(1)うさんくさい時代反映論的なはなしをすると…

ただ、もちろん、それは衛藤さん個人のものではなくて、90年台前半、という日本の社会状況とも関わっている。

言ってみれば、「くさい」っていうのは、80年代的な日常のリアリティの中で形成されたものだと思うのですよ。

60年台とか、70年台って、青臭いことをガチで言うのって、そこまで日常のリアリティと乖離してなかったはずなんですよ。それこそ、安保運動とかやってた時期だし、まだまだ「戦後」のリアリティが残っていた。で、青臭い政治談義とかが、リアルな社会状況とそのまま接続しうるという感覚がおそらくあった。

ただ、やっぱバブル期になると日常空間と政治空間、あるいは日常空間と「ガチな話をすること」っていうのが、はっきりと分かれる感覚というのが優勢になってきたと思うのだよね。

で、「くさい」とかって言う言葉を連呼せざるを得ないのは、そこの感覚の乖離がやっぱ強力になったのが、まあバブル期なんだろうな…と、今になってみれば思う。まー、当時はそんなこと思わなかったけれども。

(2)まあ、それとは別に、少年期的な

 あと、まあ、それとは別に、単に10代において、恋愛経験も、社会経験も少ないという状況下では、恋愛とか、そういうことに関わるセリフというのは、単にキャイキャイしてる少年少女のリアリティとは隔絶しているっつー問題がある。
 まー、うさんくさい反映論的なことをいわずに、いうと、まあ、そっちのほうがでかかろう

(3)あと、衛藤さんのおさなさ

 ぶっちゃけ、あとがきとか読むと思うけど、これ書いてるときの衛藤さんってだいぶいろいろと幼い感じがするよね
 しかし、衛藤さんは、その幼さによってかどうかわらないけれども、かなり独自の世界構築はできていて、そのオリジナリティは、やはり今振り返っても、すばらしいものだったと思う。
 やはり、クリエイターにとって一定の幼さとか、粗忽さとか、そういったものって武器よねぇ、と思ったりする。




■衛藤さん最近なにやってんだろ

あと、作画評価「2」をつけておきながらなんですが、
ぐるぐる原作は、本格的に絵が下手なことで有名な衛藤ヒロユキによる作品で、実に絵が下手です。本当に絵が下手です。わたしがいままで読んだプロの漫画家のなかではダントツに下手です。



しかしながら、その下手すぎる絵によってしか醸すことのできない、圧倒的に、だめすぎる驚異的にシュールな世界観は、とても商業誌のそれとはおもえない、なにか異様なにおいを放っていたわけです。



グルグルは、わたしの人生のなかではじめての「B級愛」を感じさせてくれたきっかけともなりました。

衛藤さん、まだ元気でいるのだろうか…

投稿 : 2020/01/18
♥ : 11

ヒロ(4代目) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

ひーらりひらりらひひらりらー。

このアニメで 特徴のありすぎる キャラって

やっぱり キタキタ親父でしょう。

あまりにも インパクトありすぎて 主役だろうと
食ってしまう事も 多々。

すね毛のコシミノダンサー。 誰だよこんな怪異
作り出したの・・・。まぁ 作者さんですけど・・・。

当然こういうキャラが出てくる事が許されている以上
アニメのジャンル  は  ギャグ以外ありえません。

設定は 勇者と魔法使いが 魔王を倒す。
              という設定なんですけどね。

シリアス展開 になると ふんどし妖精や
キタキタオヤジが雰囲気を
ぶち壊しにきてくれるんです。素敵でしょ(笑)

最後は魔法使いククリの華麗な魔法(グルグル)で!!
   
   長い首の猫 っ(あっ 失敗しちゃった。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 6

65.9 7 高木渉アニメランキング7位
ルパン三世 vs 名探偵コナン THE MOVIE(アニメ映画)

2013年12月7日
★★★★☆ 3.8 (176)
1192人が棚に入れました
ある夜、秘宝・チェリーサファイアを頂くという予告状が警察の元に届く。その差出人は、怪盗キッドではなく、なんとルパン三世だった。ICPOの銭形警部は、警視庁の目暮警部らとタッグを組み、ルパン逮捕へと乗り出す。だがルパンの盗みの裏にはアラン・スミシーと名乗る謎の男の姿があり、彼の傍には峰不二子の姿もあった。時を同じくして、海外の超人気アイドル・エミリオがライブのため来日。テレビ中継を見て、エミリオの来日とその傍らの美人マネージャー・クラウディアに釘付けの少年探偵団たち。そんな3人とは別に、コナンは別の人物に目を見張る。エミリオのボディーガードを担当していたのは、なんと次元大介だった。ルパン一味が何かを企んでいることに気付くコナン。だがその直後、事件が新たな展開を見せるのであった。

声優・キャラクター
栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、林原めぐみ、山口勝平、内野聖陽、夏菜

ゆりなさま さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

相性抜群♪

コナンとルパンのコラボ作品♪

この2作品とキャラ達もすごく相性がいいなって思いました!
だからコナンとルパンの合作作ったのナイスだなヽ(*´∪`*)ノ"

コナン側は蘭に似た王女様がでてきます。

ルパン側はルパンがまたお宝狙います。
このお宝が王女様の宮殿にあるという・・

簡単にですがこの2点が大きく重なりお話が進展していきます!

たくさん笑えるシーンがありますので
結構笑って観れましたd(>ω<*)☆
似た者同士キャラとか笑えます!

ルパン作品系は観てないけどーとか
コナン作品観てないけどーとかありますよね。

私の場合はルパンはなんとなくしか知りません。
どちらかと言えばコナンのが詳しいかな。
こんな風にどちらかしか知らなーいとかでも、
全然問題ないです♪
楽しめる作品だと思いますヽ(´∀`*)ノ

うまく作られている作品で拍手だな〜!
たまにはこのような作品もいいものですね♪

おもしろかったですd(>ω<*)☆
不二子ちゃん美しい〜〜♡

投稿 : 2020/01/18
♥ : 27

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

やっぱり調和して良くなっている。

昔に見た作品なので、内容とかに

変なところがあるかもしれません。

これもほかのルパン三世VS名探偵コナン

と同様に、名作の二つが共鳴し調和し

高め合っていい味を出していると思います。

この二つが重なると共鳴し調和する

つまりその波を増幅しているのと副作用

としてまた違った波を引き起こして

それもまた元のいい味と共鳴し合って

いるようでした。

この組み合わせのちからは本当にすごいな

と思いました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 17

ゆん♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ルパン…より次元vsコナン!

この二人の親子漫才が最高!!
信頼度も半端無いしwww
いっそこの二人でコンビ組みなよ!最強だよ!

五右衛門の渋さも良い^^www

劇場コナンが結構シリアス展開も多いのに比べてこちらはかなり軽いノリ!

だけど、締めるとこ締めててカッコ良いシーンも多い。

蘭ちゃんが危ない目にあって、コナンが助けるお約束のハラハラシーンもちゃんとある。

要所要所に出てくるキッド、相変わらず美味しい役所♪

投稿 : 2020/01/18
♥ : 2

68.1 8 高木渉アニメランキング8位
スレイヤーズTRY[トライ](TVアニメ動画)

1997年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (140)
772人が棚に入れました
テレビ版「スレイヤーズ」第3作で一応の完結編。今回は原作の流れから分岐した完全なオリジナルストーリーで、しかも原作者・神坂一の別作品『ロスト・ユニバース』世界にも関わる大事件が展開される。自称・天才美少女魔導士リナとその仲間ガウリィたちの前に、以前に倒した火竜王ガーブの分身である美青年ヴァルガーヴが現れた。さらにこの世界には、別世界の魔王ダーク・スター出現の予兆が窺える。一同の戦いの行方は?

JBさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

なんか違くね?・w・

仕様通りドラグ・スレイブを放った第1話で始まりました。
原作から完全に離れたオリジナルストーリーという事ですが、
ロールを見る限りスタッフの変更はないのですが
やはり原作なしではダメなんでしょうかねぇ。
物語も途中で脱線してダレるし、設定にも矛盾が生じてるし
架橋に入ってからはなんかもぉ無茶苦茶で・・・
異界のエルロゴスとか、極みだぜww
あと、前2作と比べてリナのズル賢さが足りないキガスル・・・=w=;
NEXTで綺麗に終わってたほうがよかったかも??
 
【神魔融合魔法】
闇の王が産み出せし星を紡ぐ五つの光、
その力持て黄昏よりも暗き存在、暁よりもなお眩き存在、
導かれし力を束ね我にただ天空を貫く一条の矢を与えん

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3

大和撫子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

世界観が素晴らしい

シリーズ第3作目で原作にはない完全オリジナルストーリーを展開。
人間・魔族・神族・異界の者達と様々なキャラ達が絡み合う壮大なスケールで描いた世界観は実によくまとまっており最高に面白い内容でした。
いろいろな苦悩や思惑を持つ者達の心境を非常に分かりやすく表現されており、涙流したり感動に震える場面もあります。
また元々豪華だった声優陣に前作で石田彰、今作では桑島法子が加わりもう反則です。
最終話に流れた桑島法子のエンディング曲は名曲中の名曲。
共通した世界観を持つ「ロストユニバース」と合わせて見たい作品でもあります。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 5

Zel さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

闇よりも尚暗き存在、夜よりも尚深き存在、混沌の海に弛いし金色なりし闇の王・・・

1997年放映
NEXTに続く3期

前作で冥王フィブリゾを倒した為外の世界と内陸を隔てていた魔族の結界が崩壊した
リナたち一行は竜族のフィリアの依頼を受け外の世界に旅立つ
今回は別次元から来た者と竜族、魔族との間でちょっと複雑な物語となってる
相変わらず獣神官ゼロスはいい味だしてるけど、過去の2作(特にNEXT)に比べると今作は少しパワー不足かな
個人的には話を広げ過ぎてるように感じた
ファンとしてなら楽しめるのではないだろうか

フィリア役は桑島法子さん
電脳コイルのイサコ、犬夜叉の珊瑚、ヤマト2199の森雪など様々な役を演じてるベテラン声優さん

ヴァルガーヴ役は高木渉さん
はじめの一歩の青木、GTOの鬼塚などを演じてるこちらもまた大御所です

投稿 : 2020/01/18
♥ : 13

61.8 9 高木渉アニメランキング9位
名探偵コナン 業火の向日葵(アニメ映画)

2015年4月18日
★★★★☆ 3.6 (122)
722人が棚に入れました
名探偵コナンの劇場版19作目にしてシリーズ初となる芸術的(アート)ミステリー。

ゴッホが描いた“幻の絵画”を巡って、数々の謎めいた事件が巻き起こるという。

青山剛昌先生が3回描き直したというビジュアルでは、コナンのライバル・怪盗キッドが、今までにない不敵な笑みを浮かべている。

声優・キャラクター
高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平
ネタバレ

ほほえみみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

今年もこの季節がやってきた!ぬるい感想。

今年も見てきました業火の向日葵〜!
毎回コナンの映画で一喜一憂する私ですが、(ここの出来いい!哀ちゃん可愛い!ここのシーンあんまりだなぁ・・・、蘭ねえちゃん強ぇ!!!)今年も例に漏れず一喜一憂してきました。

Good ぽいんと!

{netabare}
・空港で泣き崩れる蘭姉ちゃんほんとにかわいい。
新一の事心配で、もしかしたら死ぬんじゃないかって思って、やっと連絡とれたときにほっとして泣き崩れる蘭姉ちゃんがまじで可愛かったです。もう夫婦。あれ夫婦くらいの絆だわ。新一の事を攻めるでも無く、ただただ心配なんです。ええこやな・・・

・絵が綺麗!
いつも青山先生ここ描いたな、ってのが丸わかりなんですが、今年はかなり綺麗で、ここ青山先生・・・?あれここも青山先生・・・!?ってなりました。作画が美しいと映画って楽しいね!

・おばあちゃんと哀ちゃんの会話。
哀ちゃん大好き人間としては哀ちゃんがピックアップされるとめっちゃ嬉しい。本妻(蘭姉ちゃん)がいるので、すこし切ない感じだとより萌えるんですけど今回超萌えました。本妻はプライベートは任せるけど、仕事はあたいが支えてるんや!っていう哀ちゃんが見れてうれしい。哀ちゃんのコナンに対する絶対的信頼感と、私たちお互い解ってますから感ね!!!恋なんかより、愛なんかより、深いつながりがある感じがして、うーんとってもプライスレス。

・キッド様大活躍。
飛行機から飛び降りてお前よく無事だな!!!から始まり、崩れ落ちる鍾乳洞からの脱出超かっこいいです。あと今回キッドがキッドじゃない、悪キッドだ・・・どうしたのキッドぉ・・・!って心配させる感じね。悪いわーかっこいいわー。ゴッホの向日葵を懸命に守ろうとする姿は騎士のようでした。美術品は大事にするキッド超かっけえ!

・園子大活躍
今回は園子がお嬢様やってて、さすが鈴木財閥のご令嬢だなというのを感じた。ふだんとのギャップにときめく男性は多いのではないでしょうか。

・チャーリー警部良キャラだった
この映画で使い捨てちゃうのが惜しまれる・・・!

・ゴッホになぞらえてた。
兄弟を殺しちゃうところ(しかも向日葵畑で)なんてまさにゴッホの人生のようで、シンクロさせてて鳥肌たった。ゴッホの事調べて見るとより楽しいと思います。

・オーリバル!神曲
主題歌が今回ほんとにマッチしてます!すっごいいい!暑い日差しとそれにむかって燃え盛るように鮮やかに咲く向日葵が脳内で駆け巡りました。映画見終わってからしばらくこれずっと聞いてた。ポルノ兄さんありがとう!

{/netabare}

Bad ぽいんと。

{netabare}

・犯人の動機がマジで謎
はぁ〜〜〜〜!?!?!?!?鑑定士になるのなんて超超超大変なのに!!!しかも美術の勉強とか歴史とか知ったらお前そんな軽々しくそんなことできねぇよ!!!!絵画を敬う人がつく仕事だろうにそんな思い込みでやってるのが本当に謎、っていうかイラっとした。え、え、え、イミワカンナイ!!!

・いきなり出てくる武者小路先生の名前
これね、ほんとに一瞬なんですけど、ウメノおばあちゃん(向日葵みてる老婦人)と、イケメンの庭師みたいな人が生き別れる瞬間に、武者小路先生のなんちゃらを〜みたいなこと言うんだけど、覚えてる限り武者小路なんて名前出てこないからさ、ぐぐったよね・・・。

・7人のサムライ(笑)
チャーリー一人で事足りた感ある。

・哀ちゃんのフラグ
あんなにおばあちゃんと会話して、このあとなんかあるのかな!?大丈夫かな;;!ってなったのに特に何もなく終わって草生えるwwwwおい!!!哀ちゃんを!!!哀ちゃんをもっと生かしてくださいお願いします!!!

・博士のクイズが簡単すぎた。
でも小学生も見る映画だもんね・・・。

・あんまり人が死ななかった・・・
いやこれ言うとおいお前!ってなるけど、でも言うけど、連続殺人事件がさ、面白いよね・・・。

{/netabare}

前半のわくわく感は相当すごいです。
そして来年はいよいよ酒・・・!!!黒の組織くるー!!!!
毎年一喜一憂しては楽しみにしておりますよ!
総評して、やっぱりコナンは面白かった!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 10
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ゲスト声優の使用はほどほどにしましょう。

今や国民的アニメの名探偵コナンの劇場版19作目。

怪盗キッドが出ていますが、前半に登場するキッドはいつもの“義賊”とは程遠い、『嫌な感じ』です。
(終盤に理由が明らかになってホッとしますが・・・。)

後半の、コナンとキッド(新一に扮している)と蘭ちゃんが協力して名画を救出する場面が見せ場だったと思いますが、少しインパクトが弱かったか?
蘭ちゃんファンの私にとって、本編ではほとんど見る事がなくなった蘭ちゃんの活躍シーンは、劇場版の見どころの一つですので、もう少し丁寧に扱って欲しかった。

一番ひどいと感じたのは、ゲスト声優の榮○○々。
女優としてはどうか知りませんが、声優としては全くダメ。
登場場面から最後までずっと、1人だけ違和感のある喋り方。
{netabare}
以下、真犯人にまつわるネタバレなので、未視聴の人は見ない方が良いかもです。
{netabare}
しかも、彼女が真犯人って。
コナンの謎解きシーンが台無しです。
{/netabare}
{/netabare}

今や国民的アニメの名探偵コナンの劇場版ですから、話題集めのためにゲスト声優の起用も仕方ないと思いますが、使用はほどほどに。
特にストーリーに大きくかかわるような重要な役は、プロの声優さんに任せるべきでは・・・。
そんな私は、ジブリの作品がいまいちハマりません(笑)

プロの声優さんの凄さを今更ながら感じつつ。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 18
ネタバレ

沙祈 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

向日葵

5月21日15:30~17:30の回視聴
怪盗キッドが好きではないので、あまり期待してなかったけど結構面白かった。
話しの展開や盛り上げ方がいい感じで最後は強引すぎるのがまた良かった。
背景や顔の作画がちょいちょいおかしいところがあったのが少し気になる。

感想。
{netabare}哀ちゃんが可愛い。とてもカワイイ。出番がもっとあるとよかったな。
園子が司会してるのに驚いた。
今回の怪盗キッドは攻撃的すぎて偽物かと思ったけどそんな事なかった。
犯人の動機がコナン映画の中で一番しょぼい気がする。拍子抜けした。

コナン映画で飛行機事故といえば銀翼の奇術師。さすがにパイロットは昏睡状態にはならなかったけど展開は少し似ている気がした。
コナンの脱出が一番ハラハラ。見終わって気付いたけど、射出ベルトって1発しかボール収容できなかったような…博士が改良したのかな?

博士がちょっと可哀そうな最後だった。

来年の映画が楽しみ!やっと黒の組織が出る映画!{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 5

71.2 10 高木渉アニメランキング10位
名探偵コナン ゼロの執行人(アニメ映画)

2018年4月13日
★★★★☆ 3.8 (92)
538人が棚に入れました
東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか? 「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた―。

声優・キャラクター
高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹、上戸彩、博多大吉
ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

都合良く使われる言葉 巻き込まれ迷惑する人たちのことも考えよう!

 TV放送とリンクしていたので、今年もコナンの映画見に行ったです。

 喫茶ポアロで、安室の作ったケーキが冷蔵庫で解けて崩れてしまった事件の解決後が、この「ゼロの執行人」になるです。

 安室が警備していた東京サミット会場で、爆破事件発生となるです。またお決まりの爆発だったです。それを事故として処理されないようにするため、僅かな証拠から毛利のおっちゃんを犯人にする展開です。
 コナンが欄のためにも、無実を証明しようと活躍する物語だったです。

 見つけられた証拠自体も後に、その展開に至るまでも硬骨に仕組まれたものなのは、コナンの活躍などで明らかになっていくです。

 今回の犯人は、最後の方になるまで前作と違い分からなかったです。

 その犯人にも関連して、この映画で後半よく耳にしたのが、「正義のため」にという言葉です。これを言っている人達の言葉は、自分たちの中だけの正義にしか見えなく、関係のない人も平気で巻き込んでいいとも取れてしまうことろが、アニメにしても許しがたく感じる面あったです。

 物語としてやや難しくも感じたのは、警視庁、検察庁、東京地検のあり方が毛利のおちゃん逮捕によって、それぞれの違いだったです。子供が見ても、こんがらがるとことがあるです。

 にしても、たった一人でこれだけの大規模な犯罪を行うことができたのも、劇場版のコナンならではだったと思ったです。
 この事件に絡む犯行の手口、IOテロ、匿名通信システムの利用が巧みであることが一般の人に真似できそうもない特殊な手口だと思ったです。

 最後に近づくにつれ、手口を通して、信じられない光景を見ることになるです。このピンチを救うのが、あの三人組だったりだけど、見てのお楽しみです。

 迫力あったのは、コナンの乗る安室の車のアクションシーン。安室のドライビングテクニックは、凄かったです。CGがうまく使われていたです。人間離れしたコナンのサッカーボールも凄かったです。

 上手くコナンが、安室に載せられたような結末だったです。スリリングにやや面白さと、キザったらしい安室は、正義正義と何言っているのか?正義の破棄違いをしているようで、訳が分からなかった気がするです。「これでいいのか?」だったです。

{netabare} 来年の予告もあるですが、アニメの主人公になってTV放送されたみんなの知っているあのキャラが、活躍するみたいです。{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 6
ネタバレ

Dkn さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

連載再開、TV放送898話、そして「ゼロの執行人」へ。

(未視聴の方は映画館に直行が一番!)


本作は、“真実を暴く者VS.正義を貫く者──魂がぶつかり合う極秘任務ミステリー!”の触れ込みで公開。
劇場版第22弾の、本編でも重要なポジションである人物「安室透」通称「ゼロ」に焦点を当てたストーリー。

公開してすぐ(2日目)に行ったので客の動員数も凄まじく人でごった返し、上映中の映画で一番人気がありました。
実際劇場に朝イチで行った時には先まで席は埋まっていて、予約席をとってなかったので泣く泣く次の上映にw

今回感じたことが、子供連れで見に来る映画なのか?なんて感じました。子供を意識したポイントや工夫はいくつか
あったものの“真実を暴く者VS.正義を貫く者―― の見出し通り《警察、公安警察、弁護士、検事》が中心の話。
専門用語や各組織の難しい仕組みが入るために、大人は大丈夫(?)ですが子供は100%で楽しめないでしょう。

とはいえ見せ場もありかなり楽しめました。ストーリーで個人的に何箇所か引っかかりましたが、アクションは
年々パワーアップしていて特に今回はすごい。子供も、内容はあやふやでもその点で楽しんでいたかもしれません。
子供向けじゃないのは逆を言えば落ち着いた雰囲気だったということ。人によっては最高傑作になる気がします。

ネタバレ一切したくないのでこのへんで。



~愚痴~

劇場で隣の席の兄ちゃんが口臭キツイわ携帯いじるわで◯してやろうかと… やっぱり公開すぐの昼間はダメだw



《どうでも情報》

名探偵コナンの最新話を見逃したら〈ytvオンデマンド - 読売テレビ〉のアプリから試聴することが出来ます。

〈PCならコチラ↓〉
ytv MyDo!|読売テレビ公式無料動画

https://www.ytv.co.jp/mydo/

特別番組が上記サイト内で公開しています。
劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」公開SP今作のキーパーソン、安室透の謎!

でも、本編を見てなくて「安室透」を知らない人にも映画冒頭で説明がありますし、観なくても大丈夫ですよ。


《ネタバレあり感想》
{netabare}
アクション映画俳優、江戸川コナン!劇場版「相棒」でした(笑)

櫻井武晴が脚本やってて、TV版や今までの劇場版でも書いてる人でしたね。あと刑事モノ(相棒など)を書いてる
脚本家で、完全にテーマやドラマ展開が劇場版相棒。ネット犯罪も規模も犯人の動機もそれっぺぇなあと(笑)
相棒映画はテロ屋出すの好きですよね。

今回は小五郎のおっちゃんが捕まるし、蘭も空手やらない。警察のいつもの面々はポイントで活躍してましたね。
高木刑事が公園でコナンと密会してシリアスやってる時とか結構好きでした。高木くんいつか巻き込まれそうでw

あとガンダム声優がまた増えて、こんどはカミーユ(風見裕也)でしたねwもう衛星落下がコロニー落としにしか…
本編でも風見裕也は出てくるんでしょうか?協力者のくだりなど、国家権力に対して危険な台詞が多い気がします。
ドラマの脚本家らしいです。一般層客向けな、上司や会社やら国やらにムカついてる人のための脚本ですよね。
そこはちょっと狙いすぎてて嫌だなと思った。あと、この脚本家さん、新一と蘭とのイチャイチャ書くの苦手そう。

ゲスト声優が喋ってる時、下手すぎてしかめっ面ですわ。これほどヒドイのは業火の向日葵以来かもしれない?


ちなみに。。

公開前にコナンファンの方から本放送の最新話で前日譚があるから、それを観たほうがいいよと言われ観ました。

第898話「ケーキが溶けた!」事務所の下にあるポアロで起こる、なんてこと無い事件が見事に映画に繋がる話。
ポアロで出すケーキが冷蔵していても溶けてしまう。問題は横にあるネットを介して遠隔操作できるポッドの蒸気が
タクシーの無線と混線した結果、誤作動をお越し冷蔵庫の吸気口から入ってしまっていたことだったという話。
博士の研究所でも動かしてないはずのドローンが、家の横をタクシーが通った時に誤作動で壊れてしまったりと、
本編で使われたトリックやドローンなど、映画の為に書き下ろされた話で劇場でテンション上がっていました。

あと、「ふうん・・キミは大切な人のためならどんな捜査でもするんだ・・」と笑みを浮かべながら言う安室さん。
映画のラストシーン、コナンを本気にさせるためだったという台詞に繋がって、ウヒョー!とテンション爆上がり
ここが今回の事件に巻き込むと決めたキッカケになっていたのですね。安室さんは手段を厭わない感じが好きです。

「博士って・・キミに面白い道具を作ってくれるあの博士?」「う・・うん?」「そお(ニッコリ)」も、
博士にグリーンバックで合成してもらい、ドローンを落下する衛生にぶつける作戦へとつながっていました。

「安室さんって・・ケーキが崩れた原因じゃなくて、崩れないケーキのレシピをずっと考えてたの?」
「そうだよ?だって、それがボクの仕事でしょ?」ここもですかね。探偵と公安警察の違い。怪盗と探偵みたいなw

東京サミットの回覧板は言うまでもないですけどね。ラストで映画の最終決戦の舞台を映してフェードアウト。

福山雅治のEDが流れた時に妃英理(蘭のお母さん)がメシマズで小五郎のおっちゃんと喧嘩になる日常の一コマ。
安室さんが察して898話で出たポアロのモーニングで出してる特製のミルクトマト煮を持ってくる。細かいですね~。
半熟ケーキもあったかな?覚えてないや。

他に何か気づいた人教えて(*´ω`*)


映画ラストのアクション、やり取り、コナンの問いに対しての安室さんの台詞は素直に好きだと思っちゃいました。

ラストのメチャクチャな一連の流れ含め印象に残った映画。
{/netabare}

うん!面白かった(*´艸`*)(笑)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 12
ネタバレ

郷音 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

真実を暴く者vs.正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務“シークレットミッション”ミステリー

2018年公開映画。シリーズ22作目。

今作はコナンと公安の安室透がメインで物語が進んでいく。

{netabare} しょっぱなすぐに劇場版名物の爆破が起きたのは笑ったw

ドローン飛ばしすぎなw

灰原が完全にお母さんポジになってた

探偵団の子供3人に一国家の運命託すとか正気かよw

安室さんのスポーツカーの速さと対等に進むコナンのローラースケートすごすぎ

安室さんの車もボロボロになってもあの最高速とかありえんわ

あと増強シューズって1日1回しか打てないと思ってたんだけど記憶違いか…

前作大活躍だった平次と和葉が一切出てこなくて残念でした

{/netabare}

個人的に今作は面白かったけど、正直前作のほうが好きでした

ちょっとね、学がない俺には話が難しかったですね…

投稿 : 2020/01/18
♥ : 2

66.6 11 高木渉アニメランキング11位
ひるね姫 ~知らないワタシの物語~(アニメ映画)

2017年3月18日
★★★★☆ 3.5 (129)
501人が棚に入れました
2020年の東京オリンピックを目前にした岡山が舞台になっている。

声優・キャラクター
高畑充希、満島真之介、古田新太、高木渉、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介、釘宮理恵
ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

心に魔法を

オリンピックを3日後に控えた東京。
物語は瀬戸内ののどかで美しい街から始まる。
そこで暮らす平凡な女子高生森川ココネ。
自動車修理工場を営む父親と2人暮らし。

彼女はいつも不思議な夢ばかり見ている。
夢の舞台はハートランド。
機械こそが全ての人を幸せにすると謳う国。
{netabare}彼女は魔法のタブレットを狙う追手から逃げ、
街を襲撃する得体の知れない「オニ」と戦う。{/netabare}
次第に夢と現実のリンクに気づき始める。
彼女の家族に事件が起きたのだ。

押井守の影響下から、
キャリアを始めた神山監督ですが、
ここでは独自の色を抑えた、
子供たちも楽しめるハートフルな作品になっています。
その反面、大人には物語への没入が難しいのか、
集中して楽しめるまで大変苦労しました。
テーマは王道の「自分探し」「家族の絆」でしょう。
記事を拝見すると、
世界を救う大きな物語より、
個人の想いに寄り添った小さな物語を目指したそうです。

少女が見る夢のほんとの理由は!?
ポップな映像とスリリングな旅。
一風変わった青春物語。
楽しめる方もたくさんいるんじゃないかな。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 36

雀犬 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

現代版桃太郎はツッコミどころ満載

正直クソアニメだと思う。
映画館で見ていて「?」「??」「?????」
と?マークが何百個も頭に浮かんだ。
作画は劇場アニメだから良いのは当然として、
うーん、後はココネのあひる口のかわいさくらいしか評価できない。

ちょっとだけ真面目に批評すると
家族愛がテーマのわりに父親の愛情をあまり感じられなかった。
インパクト第一の劇場アニメで照れ隠しなんていらないと思うの。
もっとあざといくらいに見せて欲しかったなぁ。
ストーリーは全体的にとっちらかっていて、完成度が低い印象を受ける。

でも穴だらけでツッコミどころ満載ゆえに、
見終わった後ワイワイ盛り上がれると思う。
一人で観に行くのはやめた方が良いかもしれない。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 12
ネタバレ

四文字屋 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

パクリ批判も何のその。心羽ちゃんは、自分でも制御不能な絶妙のタイミングで夢の世界に行ってしまうから、そのたびに観ているこちらはドキドキさせられるんで、

夢を効果的に使った作品が、またひとつ、佳作として劇場映画に名をつらねた。と思う。

例によって事前情報はなるべく入れずに劇場鑑賞。


鑑賞前は複雑に入り組んだサイエンス・ファンタジーを予想していたのだが、
鑑賞してみての印象は思ってたのと違って、もっといい意味で単純で、
話のころがりがいい感じに流れていくんで退屈しない。
この物語のキーポイントとなる「眠り=夢の世界」が、
妙な感じに現実社会とリンクしていて、
主人公・心羽(ココネ)は前ぶれ無く眠ってしまう癖があって、
そうすると、この夢の世界に、唐突に行ってしまうので、
ここが都度つど、ハラハラしたりワクワクしたり、突っ込み入れたくなったりで、面白かった。
{netabare}たとえば夢の中で、サイドカーで空を飛ぶ素敵なシーンがあるのだが、このあいだに現実ではココネと幼馴染みのモリオが四国から大阪までたどり着いてしまっていて、
この作品のキーファクターである自動運転技術が綺麗に描かれて楽しいエピソードになっていた。

そんな感じで、ココネが眠っているときに、
現実世界とリンクする異世界の夢を見るのだが、
このリンクが現実世界での事件が夢をなぞるように進行していくのが構成上のお楽しみになっている。

で、演出上のポイントとしては、
冒頭のシーンで、ハートランドを本作の舞台とするファンタジーだと思わせるミスリードが、上手い(これ他のレビュアーさんからの指摘が既にあり)。
また、ハートランドがディストピア風に描かれているのが、志島自動車を去った母親の、その心象を表していたと最後の方で解るようになってるのもいい構成。{/netabare}

映像も流麗だし、ロードムービーとしても、夢と現実がない混ぜになった、一風変わったものとして、楽しかった。

鑑賞後、他のレビューサイト見てみたら、あまり評判がよろしくないようで、
大雑把に言って、
話のテーマが盛り込みすぎ、またはピンボケで絞り込めていないっていう意見と、
神山監督作品にしては大人の鑑賞に堪えないという意見と、
主に「君の名は。」と「サマーウォーズ」からのパクリだという意見が多く見られた。

で、私はというと、面白く鑑賞出来ましたよ。

描きたかったのは、結局は父から、祖父から、亡くなった母からの家族愛。
この辺、たしかにどうも、子供向けにはややっこしいと批判の対象になってはいるんだが。
わたしゃ子供じゃないからいいんだ。

そして余計なはなしだが、
どうも勘違いしているとしか思えないパクリ批判が横溢しているようで、
いわく、PC、タブレット、パスワード等の使い方が「サマーウォーズ」のパクリだとか、
眠っている最中に夢と現実がリンクして世界が動く演出が「君の名は。」のパクリとか。

なんか批判自体のピントがずれている感じ。

PCの使い方やパスワードの演出は、サマーウォーズではなく、
TV版エヴァの第7話のジェットアローンへのオマージュであることは、
夢の世界に登場する、人の造りしものであるロボット=エンジンヘッドのデザインや、
姫=ココネが腕力で挿入して戻した、稼働停止のために排出された制御棒のシーンから見てとれるし、
パスワードの件やタブレットの件も、同様。

眠りの演出に対する批判については、偶然「君の名は。」から数ヶ月遅れで公開されたせいだと思うが、
本作では眠ることをトリガーにして物語を動かしてはいるが、眠りの効果の設定が全く違うし、
公開時期が近すぎてネタとして取り入れる、というかパクるには時間的余裕がなくて無理だろうし、
夢と現実が交錯する話なんて幾らでもあるんで、こういう批判は、
タイムリープを描いた作品に、時かけのパクリだといちいち文句つけるのと同類だと思う。

さらに言うと、{netabare}この作品では、夢を、世界が自分に有利な方向に導かれる道具として活用しているのが妙味なんで、
目覚めたばかりのココネに、モリオから「あまえ、今すぐ早く寝ろ!」と言われたりしてるのが面白いし、
上述した「自動運転技術」と上手くつながっているのも、面白い。
さらには、ココネが、ウェットないしは反感を抱く可能性のある、おじいちゃんとの初対面のシーンで、
唐突に眠りに落ちてしまい、夢の中で話を進めちゃったりするところなど、
思わず笑っちゃってから焦らせてくれる面白い趣向だったし、
目が覚めるまでに厄介ごとを夢の中で処理しちゃうってのが、可笑しくてたまらなかった。

父親を追うこと、祖父と出会うこと、母親を知ることすべてが重要なテーマなのに、これを全部夢の中でやってしまうんだから、大した演出度胸だ。{/netabare}


それから、そんなに他のレビューを見なかったから、
たまたまこれを指摘している人を見かけなかっただけかもだが、
冒頭の夢のシーンは明らかにカリ城へのオマージュだと見て判る。
姫を幽閉する塔のシーンと、その塔の屋根瓦と、窓から伝って出入りする、あれね。

カリ城で、北の塔への行き来に使われる可動式橋梁設備を、
昔、鑑賞した当時から「これ構造力学的に無理だよな」と思っていたら、
橋梁を可動式にするなら、こういう構造なら行けるでしょ。と絵解きしてくれてたのが個人的にはツボだった。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 14

59.5 12 高木渉アニメランキング12位
ツヨシしっかりしなさい(TVアニメ動画)

1992年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (27)
222人が棚に入れました
優秀な美人姉妹のいることで近所で評判の井川家。しかし、母と姉妹は家事無能力者で、炊事洗濯掃除は単身赴任中の父に代わって一人息子のツヨシが全てを行っていた。そんな彼の苦労や、博覧強記な知識量、実行力に富んだオールマイティーな行動力は誰にも知られることは無く、家の外では美人の姉に甘えるダメな末っ子扱い、家の中では理不尽な母のビンタや姉の叱責にさらされる日々。しかし、そんな中でもツヨシは毎日を気楽に生きているのであった。こうした、主人公の能力と周囲の評価の激しいギャップ、身近な人々に知られざるスーパーマン的活躍を、主人公の呑気なパーソナリティーによって喜劇として描きながら物語が進行する。

みかみ(みみかき) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

今にして思えば、「草食系男子」のはしりか

昔、家族がよくみていた。
あまり、細かい記憶はないが、
今にして思えば「草食系男子」のはしりか、ともおもう。



にしても、ツヨシくんはだいぶ家庭的で、
文化系男子的な「よわさ」のようなものをもっておらず、これはこれでしっかりしているというか、「主夫」だよね。



社会的なジェンダーのありようの多様性のようなものを、つくる一助にもなっている、という点では本作は、お茶の間アニメとして、とてもよかったのではないかと思っている。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3

空知 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

観たいと思っていた方へ---25年ぶりの再放送です

視聴前や視聴中に作品を棚に入れることは滅多にないのですが、
興味のある方への情報にもなりますので。
(多分、再放送は初めてかもしれませんので、ごく少数であってもずっと観てみたいと思っておられた方がいると思いますので。)

このアニメ、やっていたことは覚えているのですが、ちゃんと観たことがありませんでした。


現在では視聴困難作品だと思います(配信では観られるのかな?)
レンタルもないはず。

内容的に、再放送ができないのではないかという書き込みがネットにもあります。

原作組の中には、「なぜあのアニメが2年間もアニメ化されたのか。
集団幻覚だったのではないか?」(笑)などという書き込みもあり、
非常に興味深い作品です。

謎を知りたい。


契約チャンネルで、2017.10.31から始まるので、録画して少しずつ観てみるつもりです。

(11.01からの放送もあります。月末一日だけでも1ヶ月分の契約料を支払わなければならないので、新たに契約してでも観たいという方は、11月1日からの契約が有利。10:30AM~第1話開始)

フジテレビ系で1992年10月4日 - 1994年12月25日放送。
(ちびまる子ちゃんの1期と2期の放送休止期間に放送したらしいです。)

バブル後期から崩壊時が時代背景で、少し荒れた内容が含まれているようなので、興味があります。

全112話。(長いなー)(銀魂なら観られても、この手の作品を8クール観られるかどうか自信なし。)

途中で断念するかもしれませんし、全て観ても感想書かないかもですけど。

視聴前なので、デフォルト3.0

投稿 : 2020/01/18
♥ : 12

62.2 13 高木渉アニメランキング13位
モンスターファーム 伝説への道(TVアニメ動画)

2000年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (24)
214人が棚に入れました
『モンスターファーム ~伝説への道~』は、TVアニメ「モンスターファーム ~円盤石の秘密~」の続編。
【ストーリー】ムーとの戦いから一年。ゲンキは現実社会の生活に戻り、毎日を過ごしていた。しかし、現実世界にモンスターファーム世界のような充実を感じることができず、日々モンスターファームへの世界に対する思いを募らせていた。そんなある日、夕日の中モッチーらしい影を見たゲンキは、それを追って不思議な駄菓子屋へと迷い込む…。

声優・キャラクター
横山智佐、國府田マリ子、白鳥由里、高木渉、内田直哉、矢尾一樹、佐々木望、小杉十郎太

64.5 14 高木渉アニメランキング14位
DEAD LEAVES-デッドリーブス(アニメ映画)

2004年1月16日
★★★★☆ 3.7 (35)
164人が棚に入れました
記憶を無くしたPANDY & RETROは果たして月面刑務所 「DEAD LEAVES」 から脱出できるのか…?!
「イノセンス」 「キル・ビル」 などで世界にその名を轟かすアニメスタジオ・Production I.G が、グラフィックアーティスト・今井トゥーンズとタッグを組んだ、放送禁止用語満載・息つく暇を許さないアクション満載のハイテンションムービー。
ネタバレ

アル串 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

オモシロイ!!

本編約52分、ノンストップ(バイオレンス/ギャグ)アクション。
記憶喪失の男女が刑務所からド派手にドンパチやりながら脱走するお話。

低俗、低モラル、卑猥、飾り気の無い下品。
品性の欠片も見あたらない育ちの悪さ全開。
ナチュラルなワイヒーが炸裂。
精巣からズル剥けの脳天へ剥き出しのヒワイが駆け抜けます。

最初から最後までアガり続ける灼熱の展開がサイコーにファンキー。
突き抜けたバカさ加減、お下劣極まりないギャグ、潔いお下品!!
勢いが止まりません。
吹き出し続ける創作意欲、いやもーこれは吹き出し続ける性欲を創作に注ぎ込んでいると考えてイイでしょう。

サー皆さん、テンション↑↑爆上げ↑↑で、イキましょーッ!!!!!!!!!!!!!

{netabare}
キャストの演技が素晴らしかったです。
ガヤの盛り上がり方もヤバい。

RETRO    山口勝平
PANDY     本田貴子
ギャラクティカ 水谷優子
666      岩田光央
777      梁田清之
ちんこドリル  飛田展男
ヤブ医者    高木 渉

{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4

マイケル---- さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

A funny movie with funny characters.

A funny movie with funny characters.
A * Story * is not there these things, it's more of a randomly played motive for the characters to kill themselves. But the characters are cool.
The * Animation * is cool, makes the scenes fun, but not so good. Very few pictures, which is not a problem, but does not leave the animation so rich, although the psychedelic effects are a good way to disguise the little animation.
* Design * is a cool point here. The very cartoon style leaves the anime with a different air, and the fact of being a violent anime makes it even more interesting.
A * Music * is good, cool mix in shots, and with some interesting compositions.
The * dubbing * is another strong point of this anime. The comic cries of the characters are really well done, which makes the anime even funnier.
A different anime, funny and interesting. Worth seeing, if you are not picky by history and animation.

History- 6,5
Animation- 7,5
Design- 8
Music 7
Dubbing - 8

Final grade- 7.4

投稿 : 2020/01/18
♥ : 0

57.1 15 高木渉アニメランキング15位
宇宙の騎士テッカマンブレードII(OVA)

1994年7月20日
★★★★☆ 3.1 (18)
67人が棚に入れました
 「宇宙の騎士テッカマンブレード」の10年後の世界を描く。監督は前作から変わり、「バーチャファイター」を手がけた殿勝秀樹が担当、脚本は「サクラ大戦 エコール・ド・巴里」で有名な川崎ヒロユキが手がける。3人目のテッカマンに選ばれたユミ。しかし、度重なる失敗の連続で周囲から冷たい目で見られてしまう。その最中、4人目のテッカマンのアキも登場し…。

60.7 16 高木渉アニメランキング16位
GAMBA ガンバと仲間たち(アニメ映画)

2015年10月10日
★★★★☆ 3.6 (16)
58人が棚に入れました
斎藤惇夫による児童文学の傑作「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を原作とするCGアニメ。

声優・キャラクター
梶裕貴、神田沙也加、高木渉、大塚明夫、池田秀一、高戸靖広、藤原啓治、矢島晶子、野沢雅子

けみかけ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ヲタもお涙も狙っちゃった感が遂に滲み出た白組;しかし真っ向勝負に来た姿勢だけは拍手b

原作とも出崎版とも違う第3の『ガンバ』とも言うべき3DCG映画
『SBMドラ』で一般人にも広く名の知れることとなった白組の制作
と、大きく打って出たは良いが、知る人ぞ知る【ビッグバジェットの駄作を数々生んだ“あの白組”】の作品なので期待半分、不安半分って感じでした


メインスタッフは『SBMドラ』等と比較してどちらかと言えば自社の若手に託したように見えます
若手のOJTによる育成と、学生のインターンと、各地で開かれたワークショップが綿密に絡み合い、ついでに一山当てようってわけ
でもそーゆー取り組みは嫌いじゃない
むしろ、いいぞもっとやれってのが率直な気持ち


ネズミのガンバと仲間達が海を越えて白い悪魔と呼ばれる恐ろしいイタチ、ノロイとの死闘を繰り広げる冒険活劇
序盤は現代の東京の風景が流れ、後半の夢見ヶ島(ノロイ島)はたぶん八丈島がモデル


原作はガンバ+15匹、出崎版はガンバ+6匹(シオジも入れれば7匹か)
でしたが今作では、、、
ガンバ(梶裕貴)
潮路(神田沙也加)
マンプク(高木渉)
忠太(矢島晶子)
ボーボ(高戸靖広)
イカサマ(藤原啓治)
ガクシャ(池田秀一)
ヨイショ(大塚明夫)
といった具合
出崎版を知っているとシジンがいないのはなんとなく寂しい;
だいぶ改変、統合があった出崎版よりも原作のキャラに近いです
その中で潮路がちゃんとヒロインとして機能しているのは出崎版に寄せてみた結果ですかね


キャスティングは話題性優先の為かなり豪華なメンツを揃えてます
けどそれって配役決めてからシナリオ仕上げる実写映画屋がよくやるやつじゃないですか・・・でも素直に見どころの一つとしても受け取れます
ガンバが指噛んで巨人化しそう、とか(結局ネタかよw)
矢島晶子さんは永遠に5歳のままですねw保護者の藤原啓治もちゃっかりいますし
池田秀一の口から出る「白い悪魔」というセリフはどこぞの『ガンダム』かと思いましたw


ガンバ達の心強い味方となってくれるオオミズナギドリのツブリが明らかにメスで、しかも野沢雅子なのは嬉しかった改変の一つ


ノロイは原作では身体は小さいが頭がキレる謀略家、出崎版ではラストで怪獣化した巨体のイメージでしたが、今作ではなぜかベルク・カッツェみたいなオカマキャラで野村萬斎が演じました
中盤、催眠術で手下のイタチ達が宴と称し奇妙に踊りだすパートは笑いどころの一つ


基本的に話の流れは恐ろし過ぎた原作と原作を膨らませまくった出崎版のイイトコ取り
しかも100分強にまとめあげているので長過ぎず、短過ぎずでちょうどいい尺でした
もっとも大きく改変されたのは仲間の死、を克明に描いたところでしょうか


歌あり、踊りあり、笑いあり、涙あり、冒険あり、尺ちょうどいい
とまあ、何もかもが完璧に思える今作なんですが、いかんせんキャラのモデリングが、、、スマートなガンバの体型はともかくとして、もうちょっと毛並みが柔らかそうな感じの方が絶対可愛かったろ!って思わずツッコミを入れずにはいられない;
わかるんですけね!毛並みが工数的に大変だってのは!
でもネズミって基本的に毛嫌いされてる生き物ですし、そこは可愛く仕上げるべきだったのでは・・・;


総評としては、残念ながら悪いところが無かったようで突出して褒めたいところも無い映画でした
なんせ「売りたい」って声が完全に漏れちゃってる、これは制作というよりプロモーションとかマーケティングの方々がアホゥなことが原因だと思います
まあ構想に15年、総製作費20億円と聞かされればそれも致し方無いです
よくもまあそこまで金を掛けたな、と呆れるが(笑)
ちなみに『SBMドラ』と比較するまでも無く、全く持って客入りは悪い様子
お子様と一緒に観る作品としては言うほど怖い映画では無いのでオススメできます
とりまコレを糧にしてもっと面白い次回作を期待してますb

投稿 : 2020/01/18
♥ : 14

とまときんぎょ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

野村ノロイが印象的

ガンバを観てきました。
昔の出崎統版「ガンバの冒険」に親子ではまって観てたので、新しいのも気になって。

結論としてはとてもハラハラドキドキさせられ、最後までなかなか気を抜けない展開を楽しめました。本当にホロリともさせられましたよ。

強烈な敵イタチの「ノロイ」がもはや、イタチではなくクリーチャーみたいでした。そして声の野村萬斎のオネエ口調^^;

昔のアニメの、コロコロしたど根性ガエル的な絵柄と違って、全体的に大人みたいな体系なのが、気持ちがついていけるだろうかと心配だったのですが。微細な表情も丁寧に作られていて段々慣れました。
背景の植物の生え仕方や、オオミズナギドリが海の中へ潜ったり上がったりの目線から描かれる、水しぶきと夕陽の差す情景なんかは、壮大な自然番組を観ているかのようでした。

メリハリの効いたアクションシーンのここぞと良いところで、スピードを緩めて浮遊する感じでスローモーに見せるあたりは心憎く、出崎版の劇画調止め絵を思い起こしてみたり。

とくにボーボが個人的にとても心打ちました。
いつも目を細めて穏やかに全てを受け止めていたボーボ。そのマイペースさゆえに足を引っ張ることを密かに気にしていて。彼なりの努力でみんなと力を合わせることに参加できた、その事実が嬉しくてただ誇らしくて。献身は評価のためじゃなく、みんなの役に立ちたくて、得意には見えないその身体を精一杯動かす事が、自分でもこんなに楽しいと実感している姿は、集団の中に居ながらにしてとても自由で柔軟であったように見えました。
また忠太父の、皆が生き延びるための指針を示してきた責任ゆえの年長者の決断場面や、大人に仕切られることに反発していた七郎の更生なども、感情移入させるポイントとしてジワァッ‼︎とくる人情味がありました。



ガンバは、キャラクターの性格づけがうまく仕分けられてますよね。
キャラ立ちがとても豊かなんですが、難を言うとかっちり出来すぎてて、たぶんそのうち忘れてしまいそうです。
出崎版は、作ってる側のクセや悪ノリが強くて、仕草や勢いがはみ出して迫ってくるものがあって、あいつあの時こんな風に言ってたよな〜走ってたよな〜って真似したくなるような強烈な印象があるんです。
この映画版で言えば、ノロイの野村口調は印象に強いんですが、そんな、作品を食う勢いがもっと他にもあったらよかったかもと感じます。


エンディングに流れる倍賞千恵子の小沢健二カバーソングが、物語の興奮が覚めたあとに穏やかでいい感じでしたが、これも妙に品が良くなってしまっている印象のひとつです。
でもこのエンディングアニメだけで「みんなのうた」で流れてたら、すごく見入ってしまうような魅力はあるんですけどね。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 20

このままじゃダメだ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

GAMBA…好き

劇場で視聴。
昔のアニメのガンバや、原作は知りません。
早いうちに見られた方のレビューが賛否両論でマイナスの感想が物語に対して多かったので、あまり期待せず視聴しました。

物語は、前半が少し退屈で眠いなあーと思う場面もあったのですが、ガクシャの「白い悪魔」のセリフで持ちこたえることが出来ました。そして、ノロイ率いるイタチ軍団との対決に差し掛かるのですが…いきなりイタチが踊り始めるんです。一糸乱れぬ姿で。他に笑っている人がいなかったので笑ってはいけないシーンなのかなと思ったのですがちょっと堪えられなくてこっそり笑っていました。

まあ、このように突っ込みどころの多い物語ではあったのですが、泣いてしまうシーンもあったのです。

私が泣いてしまったポイントは、ボーボが死んだ次のシーンでした。
ボーボは好きだったのでフラグが回収されたことがかなりショックでした。しかし、涙が溜まり始めたところで次のシーンにいってしまい泣けない!!
何で何事も無いように話進めてるんだちくしょう。ボーボ良い奴だったな…そんなことを考えていたらとまらなくなって…
隣の人は肩を震わせて笑っていました。ひどいです。

物語はこんなところですね。というか魅力を語るつもりでどんどん評価を下げている気がするのでここまでにしておきます。


続いて声優についてですが、素晴らしかった以外の言葉が出てきません。
野村萬斎が野村萬斎っぽく無い声質だったのでびっくりしました。

キャラについて
キャラは本当に良く出来ていたと思います。
役者に合わせてキャラを作ったのかな?声と性格と顔がぴったりでした。
昔のアニメと比べると、だいぶ顔が違っているので、観ていた方は違和感を感じるかもしれませんが、初見的には最高評価です。

作画について
モデルはそこそこかなという印象を、受けました。
ネズミの毛がふぁさー、っとしていれば凄いとおもうのですが、バンプっぽかったのが残念。(バンプ:白黒画像を表面に貼り付けて凹凸を出す方法)
凄かったのはアニメーションですね。ドラえもんの時はまだ違和感があったのですが、今回は本当に良かったです。
特に表情が素晴らしかった。笑い方が一人一人違うんですよ。
ボーボの笑い方とか本当に可愛い

白組って凄いなと思いました。

これだけ語りがいのある作品に出会ったのは久しぶりです。
良い作品でした。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 11

計測不能 17 高木渉アニメランキング17位
ファイアーエムブレム(OVA)

1996年1月26日
★★★★☆ 3.3 (8)
37人が棚に入れました
シミュレーションRPGというゲームジャンルの先鞭をつけたファミコンソフトの名作をOVA化。 暗黒竜メディウスの復活によりアカネイア大陸は蹂躙され、アリティア国王子マルスは国を追われてしまう。逃げのびた彼は辺境の島国タリスにて捲土重来の機会を待っていたが、ついにタリスにも敵の魔手が伸びてきた。僅かな兵をまとめ上げ、メディウス率いるドルーア帝国へ反旗を翻すマルスに勝機はあるのか? 人気キャラの剣士オグマと傭兵ナバールの夢の対決を描いたり、声優を人気投票で決めたりするなど、ファンに目配せした制作体制をとっていたが残念なことに2巻が刊行されて以後は音沙汰なしとなった。
ネタバレ

Britannia さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

エムブレムファンに捧げる

2話目のシナリオは、なかなか。
見所、声優の配役が良い出来です。
ゲーム未プレイの方にはつまらないと思われる。
{netabare}
【FC】暗黒竜と光の剣、外伝
【SFC】紋章の謎、聖戦の系譜、トラキア776
【GBA】封印の剣、烈火の剣、聖魔の光石
【NDS】新・暗黒竜と光の剣、新・紋章の謎
プレイ済
どれも面白いけど聖戦の系譜が1番好き❤

【3DS】覚醒
【Wii】暁の女神
【GC】蒼炎の軌跡
未プレイ {/netabare}
3DSの覚醒がやりたいがこれだけの為に本体買うの迷う

投稿 : 2020/01/18
♥ : 9

ざんば さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

アニメになっていたとは・・・

まさかのファイアーエムブレムのアニメ!!
あにこれで1番驚いたことかもね(*゚Д゚*)

スマブラでおなじみのマルスのお話ですよ!
ストーリーは原作に沿った話ですし
映像化されるとまた違った良さが見れて楽しいですね

声優は誰でも知っているような人ばかりで
この声は!!とか思いながらみてました
マルスはスマブラと同じ(こっちのが先ですが)緑川さんでしたし
大満足でしたヽ(*゚∀゚*)ノ

ただシーダのキャラがね・・・
ゲームだともっとおしとやかだったのにね
これはこれで好きですけれども

でも残念なことにストーリーはたったの2話しかなくて
すごく中途半端なところで終わってしまってます・・・
私がゲーム中で愛情を注いだジュリアンが出てきたのは
唯一の救いでしたが・・・
もう20年近く経っているので
続きが全く期待できないのはとても残念です(´;ω;`)

でも原作を知っている人は絶対楽しめると思いますので
一見の価値はあると思います
知らなくてもこれを機に原作に興味をもってもらえると嬉しいですね

投稿 : 2020/01/18
♥ : 8

浩平 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

OVA2巻で打ち切るにはもったいないです

OVA2巻からなるゲームの内容を忠実にアニメ化した良作。

~あらすじ~
主人公のマルスは、敵国のドルーア帝国から逃れる為に、仲間共々タリスに亡命した。


この作品を観た当時、ついに待ちに待ったときが来たか!と思いました。
期待通りの出来で声優も豪華だし、音楽も最高でFEファンとしては大満足でした。
声が出ないゲームなので、声優はどうなのかと、気になってみたところ、みんなちゃんとあっていてよかったです。 特に、アベルとカインは、素晴らしかった!
悪い点というと、未完で終わったところと、主人公のマルスの出番が少なかったところくらいです。
それでも、ストーリーはよかったし、キャラクターもみんな、格好よかったです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 2

計測不能 18 高木渉アニメランキング18位
イ・リ・ア ゼイラム the Animation(OVA)

1994年6月23日
★★★★☆ 3.2 (7)
35人が棚に入れました
実写SF映画『ゼイラム』の設定を基にした、全6巻からなるOVAシリーズ。マイス星系に暮らす美少女イリアは、犯罪者を取り締まる捜索者の兄グレンとともにハイジャックされたという宇宙輸送船カルマ号に乗り込んだ。そこで彼女は不死身の生物ゼイラムに遭遇し、苛烈な戦いと渦巻く陰謀に巻き込まれてしまう……。また本作では、キャラクター原案には漫画家の桂正和を起用し、実写版の監督を務める雨宮慶太もビジュアル設定等で制作に参加している。

計測不能 19 高木渉アニメランキング19位
あしたへフリーキック(TVアニメ動画)

1992年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (5)
27人が棚に入れました
原作もののアニメが隆盛だった1992年春季に登場した、その時期には珍しかった、非SFもののオリジナル作品であるサッカーアニメ。政財界にも影響する伍代財閥と欧州名門フェリーニ家の血を引く貴公子然とした美少年・伍代隼(しゅん)。彼ははとこで親友のロベルトとともに、ビジネスの勉強をするため母の故郷である某国へやってきた。だがそこで隼は、偶然にプロサッカー界のスーパースター・ベッケンの超人的なプレーを目撃する。その時、彼の中に湧き上がるいいようのないサッカーへの関心。だが隼の母方の曾祖父は、なぜか隼の心がサッカーに向かうのを固く禁じた! アニメ制作は葦プロが担当。21世紀の新作『蒼穹のファフナー』『魔法先生ネギま』などで監督職も務める才人アニメーター・はばらのぶよしが、さわやかな男子女子のキャラクターデザインを用意。放映開始前から各アニメ誌では応援記事が組まれる当時の話題作だった。物語の舞台は、意識的に無国籍な世界が用意されている。

声優・キャラクター
草尾毅、佐々木望、天野由梨、折笠愛、松本保典、玉川砂記子、山口勝平、菊池正美、高木渉、石野竜三、飯塚昭三、滝沢久美子、西原久美子、子安武人、渡辺美佐、白鳥由里

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

its time to kick off

最初のほうはそんなでもないけど回を追うごとに面白くなっていき
それぞれのキャラの魅力も増していきます。

この作品の主人公の隼くんは変わった人で
不思議な魅力で周りの人を惹きつけていくのですが
見てる側のこっちも隼くんや他のキャラ、この作品自体に
どんどん惹きつけられました。
最後まで嫌な印象で終わるキャラってのがほとんどいなくて
(バレーの相手くらい?
見てて気持ちのいい性格してるキャラが多かったです。

スポーツアニメだけど熱血という感じではない珍しい感じです。
いや ちゃんと熱いところは熱いんですけどねっ!

あと二人して一緒に笑いだすようなシーンが
よくあったけどつられて笑っちゃいますねw。

強いて悪い所をあげるなら次回予告がわりと手抜きってことですねー。
アニメの1シーンそのまま切り取ってるだけなので
まぁこの作品っぽさはあったからそんなに気にはなりませんでしたけどねー。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 1

計測不能 20 高木渉アニメランキング20位
でたとこプリンセス(OVA)

1997年12月1日
★★★★☆ 3.8 (3)
13人が棚に入れました
マンガ家・奥田ひとしの手掛ける、破天荒なヒロインが活躍する爆笑ファンタジーを全3巻のOVAシリーズとして制作。 ソーサランド王国の姫・ラピスは晴れて15歳になり、成人の儀を迎えたことで自分だけの魔法を使えるようになる。その力とは、なんとあらゆる魔法を消し去ってしまうという魔法消去だ。しかし役に立つかどうかまるで不明なその力を何かに活用するでもなく、相変わらずのんきな彼女に業を煮やした母は、魔法の鏡ではるか遠方まで娘を飛ばしてしまうのだった。そんな王女と旅を共にするのは、不死身なだけで超弱い傭兵のコハクを始め、頼りにならない連中ばかり。果たしてラピスは無事お城に帰れるのだろうか。ゆるさが魅力の原作を、新房昭之監督が独特の演出で映像化している。

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

タイトルなし

全3話のOVA作品です。
内容はギャグでファンタジーで変身ヒロインものって感じで
ちょっと某作品に似てる気もするけど
母親に頭を冷やさせるということで変なところに
飛ばされた一家がどたばたしてる楽しく見れる作品です!

敵は一応いるけど目的が主人公が好きだから
自分のものにしたいとか健康にしたいとか
変な理由の人ばかりで憎めない人達ですね。

最近だとこの頃以上によく見るヒロインのお風呂とかの姿を
見てしまって攻撃されるなんてシーンもありましたが
この作品の場合は元々がギャグなうえ、
かなりぼっこぼこにしててそんな部分でも笑えました。

あとはお父さんがなぜか野球の姿で助けにきて
あの人一体誰なんだろう?とわかってない主人公も笑いました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 0

計測不能 21 高木渉アニメランキング21位
サムライスピリッツ 破天降魔の章(TVアニメ動画)

1994年夏アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
13人が棚に入れました
時代劇をモチーフとした人気対戦格闘ゲームが原作のTVスペシャル。 善なる神アニスレイザに選ばれし七人の聖剣士。だがそのひとり、天草四郎時貞の裏切りによって暗黒神アンブロジァの封印は解かれてしまい、それから百年が経過した。アンブロジァ配下の邪神兵によって母を殺されてしまい復讐鬼と化す剣豪・覇王丸の前に、五人の剣士が現れる。かつて聖剣士の仲間であったという彼を迎えに来たのだが、未だ覚醒していない覇王丸はひとり敵陣に突入し、天草の虜となってしまう。このまま、百年前の繰り返しになってしまうのだろうか? SMAPの香取慎吾など人気俳優をキャスティングに組み込んだほか、ゲーム次回作の隠しコマンドを画面上に一瞬表示するなど、多方面に話題性豊かな作品へと仕上がった。

89.1 22 高木渉アニメランキング22位
デュラララ!!(TVアニメ動画)

2010年冬アニメ
★★★★☆ 4.0 (5689)
25208人が棚に入れました
東京・池袋。都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)は、幼馴染の紀田正臣(きだまさおみ)の誘いもあり、地元を離れて池袋にある来良学園に入学することに。正臣曰く、池袋に住む上で敵に回してはいけない存在が何人かいるらしい。特には、喧嘩上等のチンピラ・平和島静雄(へいわじましずお)と、趣味で情報屋を営む折原臨也(おりはらいざや)の二人。そして、奇妙な組織体系を取る詳細不明のカラーギャング“ ダラーズ”。上京した初日、そんな正臣の話に不安をおぼえた帝人が目撃したのは、漆黒のバイクを駆る都市伝説“ 首なしライダー”だった…。さらには連続通り魔事件や池袋に根付くカラーギャング“ 黄巾賊”の存在まで浮上し、池袋の街が壊れてゆく――。

声優・キャラクター
豊永利行、宮野真守、花澤香菜、沢城みゆき、福山潤、神谷浩史、小野大輔、中村悠一、梶裕貴、高垣彩陽、寺島拓篤、堀江一眞、小林沙苗、伊瀬茉莉也、黒田崇矢、藤原啓治、大塚明夫、うえだゆうじ、小山力也、小西克幸、福圓美里、岸尾だいすけ、中原麻衣、高木渉、遠藤大輔、伊丸岡篤、大塚芳忠、戸松遥、岡本信彦、伊藤健太郎、松風雅也、井口祐一、宮島依里、ささきのぞみ、さかいかな、加藤将之、金元寿子、喜多村英梨、藤田咲、大川透、互野ちひろ、高橋伸也、安元洋貴、宮下栄治、松岡文雄、広瀬正志、葉山いくみ、納谷六朗、井澤詩織、仲村萌実

kiki さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

続きが気になり、一気に観終わる!!

はじめは、全体的な模様をうつしていった感じ。はじめから普通に楽しく観ていましたが、11話からさらに面白くなって行きました。そういうことになってくのか、と。

色んな登場人物がいますが、それぞれのキャラにスポットをあてつつ、物語も進行していくので、こいつはこういう人間で、こういう考え方ってのもあるんだな~とか、あぁこいつはそういう風に人との関わり方をしていくのかな~って思いつつ、物語も展開していくので、ホント次から次へと観たくなります。

音楽も、OP曲がかなり良かったと思います。
あと、予告曲も

続編は絶対ありますね。早く見たいです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 27

レイルトレーサー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

自分の中で頂点のアニメ

まずはじめに、1話2話で終わることのないようにしてほしいです。
はっきりいって僕も1話を見た時はそんなにいい印象は持ちませんでした。
出来れば10話まで見てもらいたいのです。デュラララは最終回になるにつれてどんどん面白くなっていきます。
1話見終わるごとに続きが気になり、次の展開が気になりすぎて、ずっと変な笑みを顔に貼り付けながら見入っていました。
最終回はまとまって終わりましたが、それでも続きが知りたくて原作を買ってしまうほどでした。
早く二期がみたいです。
首無しの運び屋を中心にして周囲の人々が池袋の町で思考をめぐらし、躍動し、騒ぎを起こしていく。
キャッチコピーは
『これは、歪んだ歪んだ物語。歪んだ恋の、物語』
キャラにも魅力があります。ぜひ見てほしい作品です。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 21

どうまん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

内輪揉め:ロワナプラ化に失敗した池袋

●率直な感想
原作未読。

前半と後半とでかなり趣が異なる。

前半は、首なしライダーの首を探すことに重点を向けた話となっていて、各登場人物の役回りの概ねが提示されるパートとなっている。
後半は3人の人物に焦点が絞られ(陰で暗躍している1名を含めれば4人)、ある結末へと収束していく。

バッカーノと同様群像劇の類に属する物語であるが、こちらは内面描写を起用する(後半パート)などいくつか違いが見られる。
それらの点に関して良いと見るか悪いと見るかは人によって様々。
個人的には、あまり成功しているとは思えなかった。

●スケールの小ささ
バッカーノよりも登場人物の年齢層が低い事もあって、いかにも中二病的な雰囲気を感じてしまう人は多いと思われる。
全て「イタい」の一言で片づけられてしまいがちなのが惜しい所。
何人かは大人キャラがいるが、彼らに至っては存在意義がよくわからない。
白バイポリスは、敢えて出すまでの必要があったとは到底思えない。

それをさて置いても、少年ギャングが町を取り合うというスケールで考えてしまうと、せっかくの超常現象的なキャラも壊れた人格も、どうにもせせこましく感じてしまう。
大きく広げられそうな物を無理に押し留めている感が否めない。
そのため内輪で小さないざこざを起こしているようにしか見えず、池袋をロワナプラとして見れるほどには、作品として洗練されていないように思えた。

また内面描写があるとは言ってもそこまで深く掘り下げられていないので、終盤の行動に関して疑念の余地がある。
純粋な群像劇を楽しむというのであれば、バッカーノの方が出来は数段上であるように感じられた。

○こんな人向け
・群像劇が好き
・キャラが立っている話が好き
・神谷浩史が好き
・花澤香菜が好き

投稿 : 2020/01/18
♥ : 12

84.8 23 高木渉アニメランキング23位
ワンパンマン(TVアニメ動画)

2015年秋アニメ
★★★★☆ 4.0 (1834)
9935人が棚に入れました
「ワンパンマン」は、強くなりすぎたためにどんな怪人も一撃で倒してしまうヒーロー・サイタマが主人公のアクションもの。

声優・キャラクター
古川慎、石川界人、梶裕貴、悠木碧、山路和弘、津田健次郎、高山みなみ、玄田哲章、安元洋貴、櫻井孝宏、上田燿司、浪川大輔、日野聡、うえだゆうじ、鳥海浩輔、小西克幸、羽多野渉、小野坂昌也、宮野真守、早見沙織、中村悠一
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

面白くするのが困難な設定だが、最終話は凄い。

ニコ動タイムシフトで視聴。

1話。
内容は藤子Fのウルトラスーパーデラックスマンの小池さんの心が壊れないルートみたいな感じ。基本ギャグだが人はかなり死ぬ。結構グロい。
ちょっとテンポが悪いような…アニメはどうしても漫画より間延びする。作画の気合いで乗り切った感じ。
{netabare}社会に自分は影響を与えてないって言ってるけど、ワンパンマンいなかったら怪人だけの世界になってるよね。{/netabare}
作画はかなり良くてバトルは凄かった。マッドハウスなら最後まで持つかもしれない。

2話。
{netabare}バトルの作画の良さは相変わらず。ただワンパンで決着つくのが分かってるから早くも冷めつつあるな…。
ジェノスを活躍させるために敵を複数出すスタイルになるのかな。
静止画長話はですよねーこうしないと作画が持たないですよねーって感じ。ギャグとしてごまかしたが。{/netabare}
予告は毎回ゲスト声優が喋るスタイルらしいが日常っぽいね。
ニコ生で見られる人形劇が意外と面白い。ニコ生で見るのは良いのかもしれない。

3話。さすがに敵に少しひねりを加えてきたね。
{netabare}阿修羅兜はワンパンマンの強さを察知。
そして明かされるワンパンマンが強くなった過程…トレーニング、普通すぎ!wまぁギャグだからな。{/netabare}
いかにマンネリ化を防ぐかが最優先事項になってる出落ち作品はやっぱきついな。

4話。
{netabare}共産党宣言じゃねーか。
ソニックの殺戮シーンはちゃんと血を描いてほしかった。{/netabare}

5話。相変わらず作画は凄い。
{netabare}サイタマいい体しすぎ。なんか登場したころの天津飯を思い出したw
サイタマはジェノスの口添えは断る節度はあるんやね。
1万人以上受けて合格二人とかめっちゃ厳しい試験だな。
次でようやく碧ちゃん登場か。{/netabare}

6話。
{netabare}ニコ生だとCMの時間に悠木碧ちゃんが出てた。
タツマキは碧ちゃんがよくやるようなキャラって感じだな。最近だとクレマンティーヌっぽい。{/netabare}
でもだんだん飽きてきた。今見てる中で一番つまんない。やっぱこの設定じゃ面白くするのは無理があるよ。作画だけじゃな。

宮本茂がかつて「ゲームデザインとはプレイヤーキャラの制約を決めることだ」と言ったけど、この作品って主人公が常時無敵モードだから面白く作りようがないよね。ゲームとアニメの違いはあっても同じだろう。

7話。サイタマの軽い叫び声の演技は賛否両論だね。意図的にああいう声にしたとも言われてるが。
今回は今までよりは深みがあって良かった。{netabare}無知な大衆には、あーおれがやったよ、それがどうした!?って返すしかないだろうね。ファングの視点があるのもいいと思う。
まぁ孤独なヒーローの悲哀もよく描かれてきたテーマだね。最初は漫画版デビルマンか。あと大日本人を思い出した。 {/netabare}

8話。
{netabare}深海王はイカ娘のパロなんだろうか。面白くするにはやっぱりサイタマを戦わせない、しかないんだな…。{/netabare}
ニコ生の途中の小野坂さんのコーナーの下ネタが酷すぎたw(いい意味)

これって結局ドラゴンボール的な楽しみ方をするしかないのかな。サイタマが最強なのは不動として、それ以外のヒーローが強敵にどれだけ善戦できるのかを見るもの。悟空が来るまでクリリンが時間稼ぎしてたのと同じ。

9話。サイタマ「はあ…つまんねえな」←それは俺のセリフ
{netabare}ジェノスが太陽拳みたいな技使ってる。ほんとDBみたいだな。
ドローンが出てくるアニメって初めて見た。
おでん屋台で飲むシーンがほしかったけど、酒が飲めないのは伏線?{/netabare}
これ夕方で子供向けでやればよかったのにね。グロ描写をもっと抑えて。

あとこのアニメのダメなところはOPとED。JAMと森口博子という懐古主義にまみれた古臭い曲で、新しいヒーロー像が見たいのにこれだと、こういうアニメ昔から散々見てきたわって感覚が歌により増幅されてしまう。

10話。碧ちゃんがメインヒロインのアニメって大ヒットか大コケのどちらかが多いような…。
{netabare}タツマキがサイタマを指差したりS級が勢ぞろいする有名な回。
タツマキがONE版の絵になる演出は面白いと思う。
童帝がコナンそのものw{/netabare}
これって男並みに腕力が強い女性が一人もいないというリアルな世界設定なんだろうね。DBっぽいと感じるのはその辺なんだろうな。

11話。
{netabare}タツマキはあれほど強くても原作最新話でサイタマを浮かせる程度しかできないんだよな。でも浮かせられただけでも凄いんだろうけど、サイタマもおおって喜んでたし。今回の念動力を使う宇宙人はそれすらできなかったしな。タツマキは怪我してなかったらもっと善戦できたのかもしれんが。
ボロスはサイタマのパンチを耐えたんじゃなくて、まず外側の鎧が壊されたってだけなんだろうね。{/netabare}

12話。
ボロス戦の作画は凄かった。全アニメを対象に最終回の作画が凄いアニメベスト10を作ったら上位に入るのでは?
{netabare}サイタマのボロスに対する、自分に及ばなかったが強敵への敬意みたいなものは原作から良く描けていたと思う。まぁ北斗の拳っぽいけど。
ボロス戦の箇所だけONE版と村田版を読んだが、サイタマが月まで吹っ飛ばされるのは村田版準拠だが、村田版にある「ちょっと戦いっぽくなってきたじゃねーか」というセリフはカットしてたね。真空だから脳内で思ってたかもしれないけどモノローグも入れなかった。ONE版をリスペクトしたのかな。{/netabare}

【総評】
最終話は良かったけど、全体通すと言ってきた通りこの設定故に退屈に感じることが多かった。
ドラゴンボールオマージュとしては刀語のほうがずっと良くできてると思う。強すぎる事の虚しさも{netabare}七実{/netabare}のほうが上手く描けている。まぁONEと天下の西尾維新を比較すりゃ当然だろうけど。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 30

lostmemory さんの感想・評価

★★★★★ 4.9

ギャグっぽく見えて実はかなり深い作品

ギャグ成分多めで思わず本質が薄れがちだが、この作品はかなり深いテーマを扱っていると思う。

そもそもヒーローとは何なのか?

個々によって理想のヒーロー像は違う。強ければ良いという人もいれば、弱さも必要という人もいる。単にかっこよければ良いと言う人もいるだろう。

そう考えるとサイタマの何気ない悩みにも重みが出てくる
「自分が強すぎる」「知名度が低い」「見た目のせいで人気が出ない」

ヒーローが強すぎて何が悪いのか?
誰にも知られてない者はどんなに活躍してもヒーローではないのか?
男ならイケメンじゃないとヒーローではないのか?

この作品は色んなタイプのヒーローを登場させることで、上記に書いたヒーローとは何なのかを視聴者に問いかけてくる。

ヒーローは特に男性なら子供の頃から憧れの存在だろう。仮面ライダーとか。
だがヒーローとは何か?具体的に説明出来る人はいるだろうか?
今作はそんなヒーローというタブーに深く切り込んだ作品なのだ。

※追記
見終わりました。最後まで良い作画だった。ただ進撃の巨人もそうなん
だけど原作が完結してからアニメ化して欲しかった作品だなあ…

※追記 2017/02/12
円盤の売上も十分良くて2期も余裕で行けますね。ただ上記に書いた
ようにやるなら完結してからにして欲しいなあ

投稿 : 2020/01/18
♥ : 21

たわし(ガガ) さんの感想・評価