高橋伸也で不気味なおすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの高橋伸也で不気味な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月11日の時点で一番の高橋伸也で不気味なおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

75.6 1 高橋伸也で不気味なアニメランキング1位
屍鬼[シキ](TVアニメ動画)

2010年夏アニメ
★★★★☆ 3.7 (1374)
7409人が棚に入れました
人口1300人の小さな集落、外場村。外部とは国道1本でしかつながっていない隔絶された地ゆえ、いまだに土葬の習慣が残されていた。

ある日、村の山入地区で3人の死体が発見された。村で唯一の医者である尾崎敏夫はこの死を不審に思っていたが、事件性はないとされ、通常通りに取り扱われた。しかし、これ以降、村人が一人、また一人と死んでいくことに…。

声優・キャラクター
内山昂輝、大川透、興津和幸、戸松遥、悠木碧、高木渉、GACKT

woa さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

限界集落という場所

2010年放送。全22話+未放送話2話。

三方を死に囲まれた限界集落に謎めいた一家が越してくると同時に、死者がよみがえる「起き上がり」という超常現象が起きるという話。ただしこの際よみがえることが出来るのは、起き上がり=屍鬼に吸血された人間に限る。

尾崎敏夫と結城夏野という二人の主人公がいるが、「小説家」の室井がこの作品に命名したように屍鬼と屍鬼と人間の分かちがたさや神に見放された人間(カインがアベルを殺さざる得なかった理由)がテーマとしてあるため、村人視点の群像劇として見るべきだろう。

この群像劇を通して知るのは、死というのは誰しも平等であるが故に恐ろしく、死をもたらすことで死を超越している存在にはより酷い死を与えたいという普遍的な人間心理なのである。

屍鬼において田舎とは反知性主義、反近代的合理主義の象徴なのだ。

未放送話で描かれた周辺人物の心理描写は、集団狂気以上に現実味があるがゆえに、恐ろしいものである。子育てに加え、舅姑の面倒を見なければならない女性が子育てに絶望した時、家に火を放つというのはこのような世の中だからこそとても生々しいのだ。

それは例えば1話では清水恵視点で「旧弊」な村を脱し、都会に出ていく象徴として夏野が描かれ、彼自身は恵に与えられた主人公としての役割に対し障子を閉めるという形で拒絶の意思を表すのである。

夏野は結果的に屍鬼ではなくその亜種である人狼になることによって、物語の表舞台から退いてしまうし、尾崎は尾崎で自ら率いた屍鬼狩りの結果(屍鬼を駆除することが村を守ることになったのか否か)については何も言わないのである。

尾崎の為したことが必然的に集団狂気(サディズム)に繋がってしまう一方、屍鬼である国広律子が取った餓死いう形での「選択」の方が屍鬼という存在、誰かを殺さねば生きていけないというルールへの批判としては徹が彼女と運命を伴にしたことから分かるように根源的批判であり、有効なアンチテーゼだと思う。

(勿論、彼女自身と彼女の犠牲に供された人物が旧知の看護師だった特殊な事情はあるにせよ)

尾崎によって真実が明らかになって以降、米屋の夫妻が米袋を運ぶように屍鬼の亡骸を運び、血液に塗れた素手で、まかないのおにぎりを食べる描写などには尾崎の嘆いた田舎の思考停止具合がよく表れている。

彼らは伝染病の危険性に対してなんらかの反応も自主的には行わないのだから。

また田舎の人情味の深さに憧れて越してきた人物の末路が示すように、田舎という、特に限界集落のような場所では相互に助け合う=監視しあわなければ生活できないという前提条件がまず最初にあるのである。

たとえば井戸端会議で親しく話しているような間柄でも都会の老人ホームがあけば、生活の不安がある現状など脱して仲間には何も告げずそちらへ行ってしまう。老人ホームとは井戸端会議とは無関係な現象だからである

このような田舎のある意味ドライな人間関係が如実に現れるのも、単純に田舎には人が少ないからに過ぎない。都会ほどの人口密度があれば、ある一つの関係性がどこにつながるかをすべて把握をするのは難しいため、ビジネスライクな形式としての関係を維持するメリットは勝さるのだ。

そして都会に憧れる清水恵が笑われていたのは、彼女が自分たち自身の心情をあまりに滑稽かつ如実に反映する存在だったからに他ならない。

砂子と室井の小説観に関しての会話に表れていることがこうした村の現状から浮世離れしており、それが故に砂子は最後の詰めで失敗するのであるが、その失敗も含めて辰巳がいう滅びの美学なのであり、室井の小説は未完に終わるだ。

最終的に桐敷沙子も求めていたものは、20世紀をさまよい続けた人としての感情の行き着く場所、それは外界から閉鎖されている洋館に表れているような「家」であり、切敷の家族であったのだが、死=滅びの上に成り立つその場所や関係性は、結局のところ滅ぶべくして滅ぶのである。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

某名作短編漫画を2クールに引き延ばしたもの

閉鎖的な田舎での人間と屍鬼との戦いの話。

内容は名作短編漫画{netabare}「流血鬼」{/netabare}に酷似している。それを2クールに引き延ばしたような内容。
ただし終わり方は違う。{netabare}「流血鬼」{/netabare}は価値観の違いをテーマとした非常に深く余韻のある終わり方だが、こっちはB級ホラーみたいな平凡なオチ。
{netabare}人間と同様に知性のある吸血鬼の立場からの、彼らの主張話も「流血鬼」の中ですでにやっているし、新しさは何もない。もっとも「流血鬼」も小説「地球最後の男」の翻案なんだけど。それでもヒロインをからめた描き方は藤子F先生オリジナルだろう。{/netabare}

話の進み方は中盤までゆったりとしたスローペースで、登場人物たちがみんな幼稚で頭が悪くてしらけることも多く、入り込めない。ところが終盤の山場になると、登場人物たちの末路を駆け足でバタバタと描くので、とてもあっけなく感じた。シリアスなシーンで唐突にギャグを入れたりと、まさにB級ホラー映画的。
原作者は他に十二国記が有名だけど、これを見てそっちは見る気が無くなった(どっちにしろ長いようなので見ないだろうけど…)。

作画はあまり良くなく、キャラデザがいびつで変。ありえない髪型をしている女キャラが多いのが大きな減点要素。
原作は小説なんだし、漫画版のキャラデザは無視すれば良かったのに。
グロ描写については、1話でいきなりキツいのがあるけど、その後はたまにあるくらい。終盤は激しいシーンが続くが、作画がこんなだしあまりグロ目当てで見る意義は無いのかなと思う。

声優については悠木碧がまどかに近い演技をしているのは良かった。

音楽は、ハミングやスキャットを使った独特のセンスがあって、これはハマってたと思う。
あと前半のEDは好き。音楽だけがいいアニメと言われてもしょうがないかも。

各話感想
{netabare}2話
土葬なのか?まあ火葬したら話がそこで終わってしまうのだろうな。

4話
専門的な医学用語がたくさん出てくるけど正しいのだろうか?

6話
伝染病を疑ってるのになぜ土葬に問題があると考えないのか。

7話
ようやく吸血鬼のことが少しわかってきたが…。

8話
主人公頭悪すぎ。ババア吸血鬼一人倒してもしょうがないし、写真を取って証拠を皆に見せるとかしろよ。

10話
吸血鬼は招かれないと入れないって言い伝えは知らなかった。
とおるちゃーん!そういやまさおはどうなったんだろ。
これやっぱ藤子Fの流血鬼と全く同じ話なんだな。あれってアニメ化されてるんだろうか。というかこの作品が流血鬼のアニメ化かw

11話
いくみもまさおみたいなキャラだな…こいつも場つなぎのためだけのコミックリリーフじゃねーの。
EDで先のグロシーンを見せてしまってるけど、やめてほしかった。でもテコ入れでやむを得なかったのかな。ここまでがスロー展開すぎるんだよ。

13話
ここまで伝染病が疑われる死人が出続けて世間で騒がれないってねーわな。Anotherでも思ったけど。

14話
まさお久しぶりやな。
吸血鬼が十字架などに弱いのは脳のパターン認識の問題というのも流血鬼であったな。藤子F先生は偉大。
ようやくハードなグロシーンが来たな。

15話
死者続出が明るみに出ないように対策はされてたのか。
葬式について辰巳が正論を言うのもなんだかな。人狼って?

17話
最も目障りだった敏夫をなぜ今まで見逃してたのかわからんな。招く招かないはどうにでもなっただろうに。

18話
なんで人狼でもない砂子がそんな支持されてんだろ。

19話
ここで篤のギャグ演出かよw

20話
大川の旦那がパワーもメンタルも無双すぎるw江田島平八郎かよ。
未だになんで辰巳が砂子にこれほどの忠誠を誓ってるのかわからん。

21話
この冒頭の女たちが和気藹々と死体を処理するシーンwこれが描きたかったんだろうな。
最後は駆け足で各キャラ退場だなー2クールあるのに。
えー辰巳が砂子に仕える理由ってそんなんかよ…これは作品としての評価落とすわ。

22話
捕まった昭が生きてたのはなんだかな。
まさおはちらっと出てたけど死んだのか。
EDで数日後の映像ちらっとあったけど尻切れトンボだな。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 11
ネタバレ

medicsan さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

 湿り気を帯びた怖さ...途中で切るのはもったいない  改訂版1.3

 長文を読むのが面倒な人のためにこの作品を3行でまとめると

伏線の数々と謎解き
視聴している者の心理を揺さぶる
途中で切るのはもったいない

 といったところでしょうか。
(3行でまとめるという危険性を覚悟の上で参考にしてください)
 
  「謎解きの見方」は後で記します、
  下の  =私のレビューの目次=  を見てください


ーーーー警告と見方のすゝめーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この作品はホラー作品だと思います。

「怖い作品」「グロい作品」が嫌いな方、苦手な方は

この作品はしんどいかもしれないので避けても良いでしょう。


 また、怖がりの人は、夜間の視聴は控えたほうがいいと思います。

作中の設定により、怯えながら見ることになるかと思います。


 もちろん、それを利用して怖さを強調したい方は構いません。

その場合、一人で夕暮れから深夜、深夜から夜2時など

日が沈みかけから日没に見るのが適しているのではないでしょうか

 この作中は夏です、もちろん夏に見るのが一番いいのでしょうが、

季節の事を言っていたらいつまでも見れないのでいつ見てもいいと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表紙の足を組んでいる男性が、主人公です。


あらすじはあにこれ様のを参照してください。

 




=私のレビューの目次=

ネタバレタグは目次の読みたいところだけ見れるように省略しました

★ネタバレ注意★と書いていなければ、ネタバレしないように書いています



①この作品を継続して観るか否かについて{netabare}



私は今回で3回目の視聴になります

 初めて視聴させてもらったときは、

1話目からの田舎特有の雰囲気や、息の詰まるような雰囲気が

かなりしんどくて視聴を断念しました(2話切りだったような気がします)

 2回目ずいぶん前に再視聴させてもらい、最後まで見たときに

この作品のために欠かすことのできない描写だったのだと気付かされました

 そのため、最初のほうでこの作品を継続して見るかどうかを

決めるのは危険だと考えます。

私はこの作品が好きなのでいつ視聴を断念すればいいのかわかりません。

ごめんなさい。

 今回、3回目の視聴は意見が変わっているかもしれないので、

改めて1話から視聴させてもらいました。
 
{/netabare}

②「謎解きの見方」の一例{netabare}



作中では伏線が張り巡らされています、

 謎解きが好きな方は、

じっくり見ながら考えるのが,おすすめの見方のひとつだと思います。

とはいえ、私も最後まで見た2回目は深く考えて見ていなかったので、

肩の力を抜いて見ても問題ないと思います。

{/netabare}

③この作品の感動したところ{netabare}



本作の凄いところはいくつもありますが、

一つ目は、

”空間”の表現です。

 アニメは基本的に2次元の世界だと思うので、”空間”と聞くと

違和感を感じると思います。

ですが、皆さんも子供のころ夜間に、小さな物音による位置の推測や

自分の鼓動や妄想などで怖がった経験もあるのではないでしょうか

この作品ではそれを思い出させるような描き方、音の使い方がありました。



二つ目は、

真相が明らかになっていくときに

視聴者を置いていかない事ではないかと考えています。

 展開の速さ一つで、興ざめさせるも、さらに興奮させるも

制作者の力量にかかっているように感じるので、

この制作者の方々はすごい人々なのではないかと思います。

もちろん原作が面白くなければ、アニメ化しても面白くないはず、、、

なので、この著者もすごいと思います。



三つ目は、

現実世界と幻覚の描き方のうまさです。

 皆さんは世界の断眠記録があるのをご存知でしょうか。

私も詳しくは知りませんでしたが、

研究者や医師の立会いのもと、被験者を眠らさず記録をとる実験だそうです

個人差はあるようですが、三日を過ぎたあたりから幻覚を見るそうです。

 作中では主人公が幻覚を見る場面があります。 

そのときの彼の体調などの条件と、彼の見えるものの情報、

それによる心理状態、その描き方が良かったです。



四つ目は、

当事者の心理描写のうまさです。

 もちろん、私は当事者の心理状態を見透かせるなんて思っていません。

ですが、もし彼らだったらこう考えるのではないか、

こう行動するのではないか、

というような心の動きが伝わってきたのがよかったです。

{/netabare}

④2回見て気づいたこと{netabare}

最後まで見た2回目は1番目のオープニングが嫌いだったのですが

3回目、今回改めて視聴させてもらって、オルゴールを使っているところが

この作品の雰囲気を引き立てていて結構良いなと思うようになりました。

 時折聞こえるハミングのような声やホーミーのような音も

不気味で苦手だったのですが、

ようやく、無くてはならない演出だと思うようになりました。


 今回気付いた事なのですが、私たち視聴者は第3者視点

いわば、空からの視点と言った方が正しいかも知れませんが

物語の全貌を知りながら見ていると思います。

この作品を1回見終わってから時間を空けて

個々の登場人物の、そのとき知りうる事や行動を考えて

細かく見ていく事の面白さに気付けました。 こんな事を書くと、

当たり前ではないかと言われそうですが一応書いておきます
{/netabare}

⑤原作の著者とアニメ化された作品について{netabare}



私はこのレビューを書くために、

「屍鬼」をググって初めて原作のことと著者を知りました。

著者は、小野 不由美(おの ふゆみ)様で

代表作はテレビアニメ化された「ゴーストハント(テレビアニメ)」、

「十二国記(テレビアニメ)」、そして本作のようです。 


 「ゴーストハント(テレビアニメ)」は私も視聴させてもらい、

非常に面白かった記憶があります。

私もレビューを書かせてもらったので良かったら参考にしてみてください。

「十二国記」は私はまだ見ていないので、面白いかどうかわかりませんが、

あにこれ内では評価が高いようなので知っている方もいるかもしれません

上の作品が好みの方は、本作は見逃せないのではないでしょうか。

 もちろん上の3作を知らずとも

これを機に本作に挑戦してみてはどうでしょうか。




{/netabare}

⑥本作の補足説明{netabare}



作中では、血液の成分など、医療的な説明があります、

真面目に聞いておくに超した事はありませんが、

さらっと聞き流すのもありだと思います。

{/netabare}

⑦本作を見終えての感想(★ネタバレ注意★、読んでも読まなくても)
{netabare}

私は、本作を見て改めて正義や悪といったあいまいな言葉の価値基準が

揺らぎ、考えさせられました。

★ネタバレ注意★{netabare}

 私はもちろん屍鬼ではなく人間なので、

次のような発言をすると変に思う方もいる思いますが、

屍鬼が悪い、人間が悪いといった単純な話ではなく、

人間も屍鬼もそれぞれがとるべき行動をとったまでのように思えます。
(作中でも屍鬼がこれに近いことを言っていますが)

 私も屍鬼の生態を知るまでは、

人間視点でしか出来事を考えていなかったので

徐々に仲間がやられていく恐怖、危機感がなく他人事な雰囲気、閉塞感

いつも屍鬼に一歩越される無力感、疑心暗鬼な感情、そういった感情で

屍鬼には憎しみや不快感、憤怒しか感じていませんでした。

 ですが最後まで見たとき、

あれほど強靭な身体能力と高い知性を持ち、人間を殺してきた屍鬼に

哀れみのような感情を抱きました。

 この感情を抱くのは私だけではないと思います。
{/netabare}
時間の経過とともに移り変わる感情を視聴者に伝える上手さも

この作品を勧める一つの理由ではないかと思います。


もうひとつ、

作中では医師の方と、法師の方が登場しますが、

彼らの職業による出来事のとらえ方も、興味深かったです。

もしよかったら注目してみてください。




{/netabare}

⑧参考:類似作品からの本作の紹介:類似順{netabare}



「ダレン・シャン 」(小説):この作品が好きな人は

           本作はバッチリお勧めできます

「I AM LEGEND」(映画):まあまあ勧められるかも?

「バイオハザード biohazard」(映画):まあまあ勧められるかも?


{/netabare}


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


凄惨な場面の多い作品ですが、興味深い作品なので

もしよかったら挑戦してみてください。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 19

69.6 2 高橋伸也で不気味なアニメランキング2位
東京喰種:re(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (374)
1744人が棚に入れました
群衆に紛れ、ヒトの肉を食らう。
ヒトの形をしながら、
ヒトとは異なる存在・・・“喰種”。

“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕は、
あるひとつの命題を果たすため、
実験体集団を新設。

その名は「クインクス」。

「まともな人間」ではない彼らと、
佐々木琲世(ささきはいせ)一等捜査官が、
“東京”で向き合うものとは!?

「東京喰種√A」の2年後を描く新章「東京喰種:re」いよいよ始動。

声優・キャラクター
花江夏樹、石川界人、内田雄馬、藤原夏海、佐倉綾音、宮野真守、小林ゆう
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

今まであれだけキャラを出して三期はまた別の新キャラたちの話…女性向けシフトも痛い

はぁ…また新キャラばっか。いいキャラが多いのにすぐ殺してしまう燃費の悪い作品。
二期の最終話で唐突に出てきた有馬貴将の生い立ちが気になる人はOVAのJACKを、三期から出てくる掘ちえが気になる人はOVAのPINTOを見ましょう。

1話
{netabare}三期はクインクスという真戸暁率いる半人半喰種の捜査官たちの話になるようだ。真戸パンチ痛そう。恋人の亜門が死んでも頑張ってるようだ。あの唐突のキスはえ?と思ったけど。亜門は生かしておいたほうが良かったよなあ。亜門がいなくなって作品として壊れてしまった気がする。
ともかく鈴屋什造が早く見たい。メインヒロインだったはずの董香はどうなったんだろうなあ。えーと後…あ、主人公の金木は。原作では死んでるんだっけ?アニメはどうすんのかね。
カメラ女子の掘ちえはOVA見てたから知ってるけど見てない人は誰こいつ?状態だよな。
クインクスはあとあやねるの女の子がいるようだけど次で登場か?EDには出てるけど。{/netabare}

二期EDの「季節は次々死んでいく」が文学調の歌詞で好きだったんだが、今回のEDはだめだわ。
なんか色々がっかりだね。

2話
新キャラも出れば懐かしのキャラも出る展開。
{netabare}佐々木は記憶喪失の金木なのか。
オロチの正体は西尾先輩。人間の彼女がいた奴だね。
最強の男・有馬も出てきた。真戸呉緒にもクインケさばきを習ってたとのこと。死後どんどん評価が上がる真戸呉緒。
あやねるのキャラは出し渋ってるな。あやねるは巨乳キャラが多い気がする。
最後、佐々木たちが偶然に董香の店に入るが…数年たって人が丸くなってるな董香w
董香は金木がどうなったかどれだけ知ってるんだろうか?{/netabare}

3話
増える一方の登場人物だが待望のメンバーも登場。
{netabare}才子はあやねるより碧ちゃんの声の方が合うと思ったが二期ですでに出ちゃってるんだね。
月山も出てきたがなんか伏せってる。掘ちえとの過去のシーンはPINTOを見てない人のフォローか。PINTOに無いシーンもあった気もするが。これだけ見ると掘ちえが月山の恋人だと誤解されそう。
ようやく鈴屋什造がご登場だが女の子みたいになっちゃってるな。人間的にかなり成長しているみたい。意識不明の篠原とのシーンはもっと尺が欲しかった。
つーか前回の董香との再会はどうなったんだ。{/netabare}
膨大な数の登場人物のエピソードをぎっしり詰め込みすぎてて物語としての評価は厳しいな。クインクスのメンバーも才子以外魅力を感じない。
才子の顔は常時デフォルメ状態なので作画が楽そう。

4話
{netabare}什造ちゃんが美少女すぎてみんな油断してた件。什造は自分を去勢したマダムをそんなに恨んではないように見える。
女装して2億の透の描写はくどく感じた。才子の活躍はこの三期では見られないのかな。
ヨツメと呼ばれているのはヒナミだよね?かつて真戸呉緒に両親を殺された不憫な幼女がアオギリの樹の幹部になっているようだが、真戸暁と因縁の対決がありそう。
今回は死亡フラグ立てるとアウトというのが教訓やな。死んだ凡人のおっさんの回想に若い頃の有馬が出てたね。{/netabare}

5話
{netabare}CCGの犠牲多すぎでしょ…モブは出れば死ぬって感じ。真戸や什造がいるのである程度は戦力集中してるけど有馬とかも連れて来るべきだったよね。つーか真戸は流石に強かったけど途中から消えたがどこ行ったんだ。戦ってる時は親父みたいなクインケマニアになるなw
瓜江はあっけなかったな。マダムが意外とつええ。
才子がずっと深刻な顔してるけど何もしてなくて笑える。最後は足手まといになっていたけど流石に次あたりあのハンマーで活躍するよな?{/netabare}
あと死亡フラグを回収しすぎだと思う。これならいける!って言った奴が全員死んでるような。

6話
{netabare}一番弱そうなやつが一番素質が高いの法則で、クインクスで一番適正が高いのは才子。
その才子がようやく活躍したが肝心のシーンが描かれてないので何したかわからん。
マダムは敢えて什造にトドメを指して欲しかったがさすがに忍びなかったか。
瓜江はあれで死ななかっただけたいしたもんやな。
佐々木はひなみちゃんに助けてもらったがひなみちゃんでもオウルに勝てず(ひなみのキャラデザは前の方が良かった)。ぼちぼち金木の記憶が戻ってきている様子だが。
最後の才子とひなみのカットから才子はかつてのひなみポジションってことなんだろうな。{/netabare}

7話
{netabare}ナッツクラッカー戦が終わって日常回。今回は登場人物ほとんど全部出した感じでついていけんw
調べると原作をもの凄いカットしているようでアニメはどうしようもないんだね。
あの犠牲で作戦成功とか…死者が多いから旧日本軍みたいに昇進しまくり。什造が特等にまでなったけど相変らず現場にでるのかな。まぁ有馬も特等だけど出てるしな。
ひなみは真戸暁の親の仇なので気まずい部分もある模様。
後半のホームパーティは有馬と真戸を呼んだら落ち着かねーだろ。
ED変わったな。次回予告見ると月山とちえの話になる模様。{/netabare}

8話
{netabare}ハァ…また強い新キャラ…上等の女の子。もう名前覚える気しない。
この作品で唯一の正統派ヒロインひなみちゃんは逃がしてもらえるのか。
掘ちえはいらないと思うんだよね。OVAまで作って優遇してるけどさ。ちえを月山に食わせればいいじゃんw
死ぬ思いして報奨金170万って少なく感じるな。シラズは二等捜査官だからそんなもんなのか。{/netabare}

9話
今期の宮野真守インフレなんとかならんの。
{netabare}月山は堀ちえの写真でだいぶ立ち直った。部下たちやアオギリを気遣ったりとなんだかずいぶんいい奴になっているが掘ちえに感化されたんだろうか。
拷問マスターのキジマって人間なんだろうか。着ぐるみ着てるようにしか見えないが。
後半は月山のために佐々木を拉致するためクインクスが襲われて全員返り討ちにされたが…才子を救ったのは亜(略
こうやって古いキャラを出すから話が破綻していくんだよな。{/netabare}

10話
{netabare}今期は宮野キャラをよく見るが月山が一番まともに見えるw
天下の月山グループもあっけない幕切れだったがなんで今まで存続できてたのだろうか。{/netabare}

11話
死にまくりw死ぬ時にいちいち回想入れるのが安っぽい。そして作画もボロボロ。バトルシーンを静止画とループでやってるから凄くしょぼい。
今の作画リソースでこの作品をアニメ化するのは明らかに無理がある。
{netabare}ピンク髪の上等の子はあっさり死んだなー名前覚えなくてよかったわ(それで済ますのも何なので調べたけどハイルって名前か。声優はプリンセス・プリンシパルのプリンセス)。キジマも死んだけど死に方がグロい。作画がしょぼいからどうでもいいけど。
フルタは結構いいキャラしてんなw
ようやく才子ちゃんの活躍シーンが見られたけど通用せず。シラズのクインケの方が強そう。それでも倒せなかったが。
カナエが女なのは月山は気づいてたってオチだろうな。{/netabare}

12話
{netabare}和修特等が凄い身のこなしだが意外と強いんだろうか。
最終話なのでいつもよりはバトルシーンがマシだけど佐々木…金木が高槻先生と戦う意味無いよなあ。しかもトドメさせなかったようだし。
シラズが死んでいつもゲスいこと言っていた瓜江が情に厚くなるのはベタな感じ。
最後のEDはあの曲辞めて欲しかった。雰囲気台無し。ちえが出てくるのもイラっとした。
続きは10月からの2クール目…最大の注目の金木と董香の子作りはどうなるのか。つーか董香の扱い酷すぎだよな、これじゃただの生む道具じゃん。これほどメインヒロインの扱いが酷いアニメはないだろう。個人的には才子と子作りして欲しい。{/netabare}

【総評】
毎回大勢のキャラクターが登場し、その中には新キャラもいれば一期二期からのキャラもいるって感じで全く追いつけない。名前が出るたびに一旦止めてどういう人物だったか調べるとかしないと理解しきれない。
そして周囲のモブたちは出て来ては死ぬの繰り返し。モブではないキャラもあっさり死ぬ。
新キャラ登場→死亡フラグ立てる→死ぬ→新キャラ登場…の繰り返し。
物語としては完全に破綻している(原作知らんけどもの凄いカットしているようで、無理にアニメ化しなきゃよかったんじゃないのかと思う。作画リソースも全く足りてなかったし)。
新キャラも才子しか魅力を感じない。その才子はかなりのお気に入りだけど。あやねるだし。

それと二期あたりから完全に女性向けの作品にシフトしたと思う{netabare}(男受けが良さそうなハイルが死んだ時点で確信した){/netabare}。正統派ヒロインがひなみだけで、あとは女性ファンが許容できるような男っぽいアネキ系か、才子やちえのようなチンチクリンな子ばかり。ニコ動のコメを見てても「什造く~ん♪」みたいなコメばかりでもう女性しか見てないんだと思う。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 10
ネタバレ

Karisu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

稀に見るクソアニメ。

漫画の良さを緊張感を全て台無しにしている。3話まで見てみたがこれはひどい。まるで子供向けに作っているかのようなアニメーションの雑さとグロさの規制。こんなにも制作会社に恵まれないアニメがあっただろうか。漫画はとても面白く進撃の巨人に引けを取らない物語の壮大さで作画も素晴らしく次々に巻き起こる展開がドラマティックだ。主人公の成長もグロさにおける緊張感もたまらない。しかしその良さをこのアニメに携わっている制作会社が気持ちいいほど全て殺しているのだ。「制作スタッフも頑張っているのに可哀想。」とかいう偽善者が湧きそうだから言うが、アニメを作る会社は視聴者から金を儲けるために原作者にお金を出してアニメを作るんだ。決して視聴者の思いに応えて作り始めることなんてことはない。視聴者はお気に入りの漫画が動くという感動を期待し漫画を買い何年もアニメ化を待ってきている。制作会社はそれに見合った対価をアニメの質で返さなければならないだろう。だがこいつらはまるで原作を読まずに自分たちの好き勝手に作っているようなクソみたいな作画と物語構成を繰り出した。やってくれたな。√Aから東京喰種は終わっている。…どう表現すればいいだろうか、まるでヴァイオレットエヴァーガーデン並みに綺麗な作画で作るべきアニメをイナズマイレブンみたいな作画でアニメ化してるのと同じくらいの酷いぞ。監督と脚本は何も考えてないんじゃないか。もうお前らは老害だよ。視聴者を考えず自惚れて自己満で終わってるカス野郎。なぜ原作者や関係者は何も言わない。東京喰種は脚本の才能がないやつが脚本の練習をする作品じゃないんだよ。練習するならスポンジボブの脚本でもやってろ。まあ前半クソ作画にしておいて後半で作画を良くして大きな戦闘を際立たせる方法を取っているのかもしれないが初手で興味を惹けなかった時点でどのみち期待外れだ。EDとOPは個性的でその部分では成功している。しかしアニメがメインではなく中堅バンドを有名にするための材料にしているようにしか感じない。声優と音楽及びOSTは申し分ないのに上の人間が無能だと全てを台無しにする。

{netabare}
追記:5話目を見ました。
色々お粗末な点が目立つようだ...
・ガギグゲの死亡シーン、あれは子供向けか?
・基本的に強いはずのグールがクソ弱い。まったく脅威に感じない。
・「さすがは鈴屋、早すぎるな..」ど、どこがでしょう?
・ビッグマダムが瓜江を加えてるシーン、作画一枚。
・幕の引き方も「次回!さっさんvsオウル!」みたいな引き方。

オウル目当てで最後の期待をして見たみたけど...やはりこれはひどい。どうしてしまったんだ東京喰種は...東京喰種ファンの方々は√Aのとき作画と物語構成のひどさに落胆したでしょう。しかし:Reがアニメ化することが分かり何年も待ち期待を寄せたはずです。アニメ放映前のPVの雰囲気もとても素晴らしく「あの失敗からしっかり切り替えて良いものを作ってくれるはずだ...!」と誰もが信じて楽しみに待っていたでしょう。しかしこれだ。√Aで作画がひどい回は何度かあったがそれが毎回繰り返されているような劣化度合い。まるでこんな素晴らしい漫画を新人社員の絵の練習に使っているかのようなクオリティ。一秒間の作画枚数もボブネミミッミと大差ないと思ってしまうようなてきとうっぷり。一枚一枚の絵はとても綺麗なのに頑張って絵を描いている作画班が可哀そうだ。脚本を作画を規制をもっと本気で取り組んで作っていたら来週が待ち遠しくなるような本当に緊張感ありの世界観抜群の素敵なアニメになったと思う。予算がなくて十分な人材を雇えないなら無理に作らない方がいい...悲しくなるだけだ。前回の√Aから有馬とエトのところだけ作画枚数増やせばいいやみたいなノリが垣間見えてるぞ。これはあれだな、「アニメ化アニメ化うるさいから仕方なくしてやるよ。言っとくけどリゼロやけいおんみたいに円盤売れてねえんだよ。ひどいクオリティのものが出来てもお前らのせいだぞ?まあアニメ作る目的は漫画買ってもらうためだから低予算でアニメ作って興味だけ引いて漫画の売り上げゲットして採算とるねん。とりま見ろや。あと金木人気で女子層が増えてきてるからちょっとグロいのは良くないかなーって感じですわぁ。まあ名言はちゃんと入れといてやるから我慢しろや。グロは無しやけどな」と喧嘩を売っているようにしか見えない。どんどん予算が無くなってきてるのかねぇ…闇が深いよこのアニメは。今までアニメのみで追ってきた人はぜひ漫画で読んでみてください。もし宜しければReからでなく東京喰種7巻からの閲読をお勧めします。と私みたいな人間に言わせて漫画に誘導するようにわざと低クオリティのものを作ったのか...まあ深読みしてても仕方ないw とにかく漫画の方は目が飛び出るほど物語も絵も素晴らしいのでぜひ目を通していただければ幸いです。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

「東京喰種√A」の2年後を描く新章がこちら…

この物語は「東京喰種」の3期に相当する作品です。
この段階で、2018年の10月から第4期の放送が決まっているので、本シリーズを「起承転結」になぞらえると3期の本作は「転」に該当する訳ですが…
今回の物語は、これまでに比べると相当ぶっ飛んでいたのではないでしょうか。

まずビックリするのは主人公…
これまでの主人公は「金木 研」でしたが、今期の主人公は「佐々木 琲世」という人物なんです。
しかも、天ちゃん演じる霧嶋董香が居ない…
加えて「あんていく」時代の馴染の顔も殆ど出てこないし…
唯一思い出したのは、残虐非道なまでに喰種を駆逐した真戸呉緒の一人娘の真戸暁くらい…

この物語は「東京喰種√A」の2年後を描いた作品になっているそうですが、実際に「東京喰種√A」が放送されたのは2015年の冬アニメ…つまり3年以上も経過している訳です。
それだけ間が空くと記憶も曖昧になります。
だから、今回は過去を思い出しながらの視聴となりました。

この物語の主人公は佐々木 琲世…
彼は喰種捜査官…そして喰種の能力を持った「クインクス」と呼ばれる4人組の班を統率しています。
だから、喰種だった金木とは立場が真逆な存在…ということになります。

喰種捜査官はずっと敵だと思っていました。
だから正直最初は違和感がありましたけどね…

ですが、佐々木 琲世自身に潜む影と、彼が率いるクインクスの4人組が良い味出していたと思います。
以下に紹介します。

瓜江 久生(CV:石川界人さん):出世意欲が最も高いのが特徴。まぁ、それにもちゃんと理由があるんですけどね。普段、あまり口の良い方ではありませんが実は仲間思いの良いヤツだったり…

不知 吟士(CV:内田雄馬さん):ギザギザの歯が特徴。見た目とは裏腹に仲間意識が強く、仲間の安全を最優先にする格好良いヤツです。大切な身内が罹患した難病を治すべく、治療費をセッセと稼いでいます。

六月 透(CV:藤原夏海さん):褐色の肌と右眼の眼帯が特徴。普段から物静か…でも、喰種捜査官としての能力は、この4人の中で一番向上したのではないでしょうか。

米林 才子(CV:あやねる):クインクスの紅一点であり、本作の中で一番愛らしかった存在です。普段から半分ニートみたいな引きこもり生活を送っているのですが、当然捜査官としての任も全うします。CVがあやねるだったから…だと思っているのですが、登場した時の存在感が半端ありませんでした。

佐々木 琲世自身に潜む影…については、気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。
物語の核心に触れる部分だと思いますので。

繰り広げられるのは、人間と喰種の戦い…
視点を真逆に変えても、この部分だけは微塵の揺らぎもありませんでした。
相変わらず人間は喰種の事が大嫌いで、事あるごとに殲滅を企てる…
そして喰種は生きるため…普段はひっそりと暮らしていたとしても、喰種である本能には逆らえないから…
だから彼らは生きる居場所を求めて戦っています。
まぁ、人間側も喰種側も一枚岩じゃないんですけどね…

喰種が怯える事無く安心して生活できる日は来るのでしょうか?
今回も血を欲しているのは、どう考えても人間側にしか見えませんでした。
人間は自分が生きるために他人の血は必要ない筈なんですけどね…

初めから次期を意識して作られた作品なので、次期への布石もしっかり打たれていましたよ。
チラッと董香の姿を見る事ができました。
「物語もいよいよ大詰め」って感じが伝わってくるようです。

オープニングテーマは、Cö shu Nieさんの「asphyxia」
エンディングテーマは、女王蜂さんの「HALF」
個人的にはオープニングが好みでした、前奏のピアノの旋律がとても印象的です。

1クール全12話の物語でした。
役者が揃いつつあります。
これからの物語の展開が楽しみです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 10
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ