鮭延未可おすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの鮭延未可成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月04日の時点で一番の鮭延未可おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

71.3 1 鮭延未可アニメランキング1位
R.O.D READ OR DIE - リードオアダイ(OVA)

2001年5月23日
★★★★☆ 3.9 (434)
1942人が棚に入れました
読子・リードマンは、神田神保町で非常勤講師の仕事をしながら読書三昧の自堕落な生活を送っている活字中毒のビブリオ・マニア(蔵書狂)であるが、同時に大英図書館特殊工作部に所属し『ザ・ペーパー』と言うコードネームを持つエージェントである。\nある日、アメリカ議会図書館が何者かに襲撃され、大量の稀覯本が盗まれる事件が発生した。犯人が「偉人」と名乗る正体不明の異能者であるという事態を重く見た大英図書館特殊工作部は、読子に稀覯本奪回作戦を命令する。
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

短いが、作画・ストーリーともに完成度の高い紙アクションアニメ!

原作未読。

活字中毒だが、紙を自由に操る能力を持つ、読子・リードマン(よみこりーどまん)。
彼女がある一冊の本を手にしたところ、正体不明の何者かに襲撃を受けてしまう。
その本を巡って、世界を巻き込んだ戦いが始まる。


アクション・バトルアニメ。
一部では称賛の意味をこめて「紙アニメ」と呼ばれているとかなんとか。

見所は、アクションそのものですね。
人物の動き、動物の動き、物の動き、どれも丁寧、かつ、スタイリッシュです。
細かいしぐさから、アクロバティックな格闘まで、手抜き無く描かれているのが特徴。

また、主人公の読子さんは、ドジッ子、眼鏡、三つ編みという3属性をマスターしているキャラ。
しかし、一度紙を使わせるとかっこいいんだなこれが( ゚д゚)!

10年以上前の作品ですが、古くささを感じさせることなく、十分に魅せてくれました。
{netabare}
・読子とリリエンタールの戦い
・三蔵法師と潜水艦の戦い
・ナンシーvsクローンナンシー
・読子と平賀源内のチャンバラ

かっこよかったですねー!
どれも垂涎ものでした。
{/netabare}


ストーリーは、3話という短さ。
しかし、しっかりと伏線を張り、視聴者を騙すテクニックがふんだんに盛り込まれています。

設定も独特で楽しいですね。
短いので詳しくは話せませんが、敵は「偉人」と名乗っています。
これが何を意味するかは……。

そして、ユーモアも効いたやりとりに、熱いストーリー展開。
「うーん、ウマイな!」と何度うなったことか。
何気ないやりとりが、あとで大事な意味をもってくるので、視聴の際はお見逃しなく!

また、命がけの戦いなのに、笑ってしまうシーンもしばしば。
{netabare}
・リリエンタール「しねええええええ……しぬうううううう!!」
・大英図書館スタッフ「北朝鮮からの返信が届かない……あ、今来た」
・大統領「核だ! まだ核攻撃がある!!」SP「取り押さえろ」→大統領失禁(実は1話目でも……)
{/netabare}
ブラックユーモアが効いてますねー。

続き物の原作が元になっているので、全てが解決するわけではありません。
しかし、世界観の紹介から、1つのエピソードを完結させるまでの流れとしては、とても綺麗にまとまっている作品です。

3話合わせてもおよそ100分。
能力バトルもの好きで、短くて楽しめる作品を探している方にかなりオススメです!

投稿 : 2020/07/04
♥ : 39
ネタバレ

とろろ418 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

斬新な動機

まず驚いたのが主人公の行動する動機。
他のキャラたちが任務で本奪回に励む中、ただそれを読みたい一心で「本返して下さい!」と懇願する。
命を懸けてまで本が読みたいのか!? 恐るべし『読子・リードマン』。

設定の方も、かの有名な偉人が敵だったり、主人公が女性で能力が見た目地味(紙使い)だったりと少し風変わり。
その反面、ストーリーはテンプレで推進力はあまりないですが、この場合はあり。理由は下記に。

この作品の良いと思ったところをまとめてみます。
①わかりやすい
  上記の通りストーリーがシンプルで、かつ馴染みやすい設定なので世界に入りやすいです。(孫悟空の話やベートーベンの曲など)
  全3話という短さや動機、目的が明確なのも◎。
②構成がきっちりしている
  特別上手いわけではないですが、ちゃんと伏線が機能してます。
  特に設定を利用しているのが良いですね。(これは厳密には伏線とは呼ばないかな?)
  {netabare}紙のパラシュートで脱出、潜る能力で手を離す、など。{/netabare}
  例えば、かなづちのキャラがいたら
    A.海に入らなかったので一人だけ難を逃れる。またはその逆。
    B.溺れている友達を助けたいけどかなづちなので助けられない。
    C.馬鹿にする周りの人間を見返すために努力し続け、やがて凄い選手に。
  などストーリーや演出面で利用しないと設定の意味が薄いんですよね。
  当たり前のようでこれが為されていない作品って意外と多い気がします。

逆にちょっと残念だったところ。
・ナンシーさん関連
  短い故に一部分の心理描写がイマイチ。{netabare}なんであの男が好きなの?その割にはあっさり殺し過ぎじゃない?
一回くらいは”葛藤→やっぱりできない”くらいの展開が欲しかったです。{/netabare}
  あの設定と締めは流石にないかな。{netabare}クローンや双子はかなり上手くやらないと厳しい。尺を考えれば選択するべきではないと思う。
あんな仕打ちを受けて「妹(クローン)をよろしく」? しかも妹さんにはお咎めなし。
綺麗に終わらせたいのはわかるけど流れ的に不自然。{/netabare}

長々と駄文を連ねましたが、面白かったです。
私は本編の方をまだ見てないのでこれから見ます。o(^o^)o ワクワク
取っつきやすい作品なので見てない方は是非。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 13

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

偉人の謎・・

TV版より先に作られてる。
TV版はOVAから5年後という設定。
※諸設定も結構違う感じ。
「菫川ねねね」は重要人物として名前
だけ登場。TV版との繋がりもある。

スチームパンク風SFファンタジー?
スリルとサスペンスのアクション系。
ん~世界観は可成り独創的で面白い。

挿入歌などはジャズ風でとても良い。
OP/EDの雰囲気は可也好きで良い感じ。
映像も要所で可成り拘りを感じる♪
キャラデザやメカデザも良い感じ。
物語も結構本格的で設定なども好き。
ヒロインを推し間違えた感じがする。
演出ミスかな・・シリアスを殺す・・
映像のギャップより違和感が大きい。

1話 読子さん、事件ですよ。
2話 読子さん、インドですよ。
3話 読子さん、ピンチですよ。

主人公は紙を自在に操る「紙使い」の
読子・リードマン(三浦理恵子)。

大英図書館特殊工作部に所属する
優秀なエージェントでコードネーム
は「ザ・ペーパー」。能力は高いが・・
生粋のビブリオマニアで本以外の事
に関して・・全く無頓着・・

可成り天然系?で行動は無計画・・
正直な所・・声も甘く舌っ足らずで
嵌り過ぎで気持ち悪く苛々する・・
が役割として完璧?・・けして演技
の巧い声優ではない・・

ヒロイン以外の声優も知らない人が
多いけど可也良い感じでシリアスに
嵌っていた・・女性キャラのキャスト
は平均アニ声(甘め)で全体の描写の
トーンとは可也違和感ある。

wiki参照あ~声優じゃないじゃん・・
元CoCo・・ミニスカパン・・女優?
特命係長・只野仁にでてた人らしい。
特命係長・只野仁は再放送で視たけど
結構お馬鹿な展開で面白かった♪
KONTA等ほかも私が知らないだけで・・
話題性優先の声優起用があるのかも?
それなら映画の様に徹底してシリアス
貫けば良かったのにとか思ったり・・

投稿 : 2020/07/04
♥ : 2

61.8 2 鮭延未可アニメランキング2位
Get Ride!アムドライバー[ゲットライド](TVアニメ動画)

2004年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (35)
270人が棚に入れました
舞台は未来世界の地球、そこでは数年前より「バグシーン」と呼ばれる機械生命体の襲来を受けていた。バグシーンには如何なる兵器すら歯が立たず、ピープル(作中で言う一般市民の事)は怯え暮らしていた。
そんな時、人類は技術を駆使し、最新工学「アムテクノロジー」を完成させる。それを利用した強化服「アムジャケット」を纏う「アムドライバー」と呼ばれる戦士達は、バグシーンを次々と撃破しピープルの救世主となった。彼らが少年少女の憧れになるのにはさほど時間がかからず、ピープルの希望はアムドライバーの双肩にかかっているはずであった。
そんなある日、アムドライバーの存在価値を揺るがす一大スキャンダルが連邦政府議員のジャン・ピエール・ジノベゼによって暴露されるのだった…。

セメント さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

やっちゃる!

CMが面白い


これそこそこ面白いんですよね、特に後半がシリアス気味で。
バグシーンという敵を倒すアムドライバーは人々の憧れの的、アムドライバーになりたての主人公も人気者を目指してバグシーンを倒していく、とここまで夕方アニメのノリなんですが、二転三転世界情勢が変わっていって、驚くほど陰鬱な雰囲気になっていくんですよね。
こういう路線なの!?ってな内容で戸惑った視聴者も多かったんじゃないですかね、私は好きですけど。

作画は随分と悪いですね、制作はスタジオディーン。
一部の回なんかは明らかにパースがおかしかったり、前後の絵が繋がってなかったり、かなり酷いです。

特撮の役者さんが多く起用されてるんですよね、主人公のジュナスを演じる鯨井康介さんも特撮の方ですね。
直情的というか、あまり上手くはないです。

音楽はめっちゃいいですね!
1stOPの「SILENT MOON」は特に素晴らしいです、サビのとことか大好きですよ。
アニソンラジオとかで本作の曲が流れると度肝を抜かれますよね、調布FMで1回かかってますね。

キャラじゃないですけど、13話の"リトルフレンズ"って回は何故かよく覚えてます。
アムドライバーに対する不信感が募りつつある情勢で、アムドライバーが好きな子供と親が衝突しあう回です。
煮え切らないエピソードもいくつかあって、ほんと"僕らの問題作"って感じです。


実は放送当時見てなくて後々見ることになったのですが、私の周りだと異様に知名度高いんですよね。
丁度私の世代がハマっているらしくて、たまに本作の話題で盛り上がることがあります。
まぁでもよほど世代じゃないと見てないでしょうね、なかなか見返すこともないでしょう。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

らめええええええええ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

中盤から大化け。完全に別作品に

本作の序盤は驚異的に薄っぺらくネタアニメなのかと・・・・・?(ざわ・・・ ざわ・・・)?・・・・・?(ざわ・・・ ざわ・・・)状態
しかしどっこい
・・・後半の展開が大化けしたのだっ・・・・・!
同じアニメとは思えないほどに!
ハローピープルを初めと常軌を逸する奇妙な和製英語?の数々、挿絵だらけの感動的にしょぼい戦闘。
主人公も冴えません口癖が「やっちゃる!」なんですが小物感が圧倒的
装甲ヒビが入っただけで、世界が終わったかのような反応をしますっ・・・!
なので・・・ネタアニメ?ツッコミ力が試されるのかと思いきや
後半の追い上げは凄まじく、人命を扱った辺りから一気に躍進をはじめての熱血展開!本格的にストーリーが動きます
ある意味・・・・命のやり取りをしだすと激変常軌を逸するんです・・・命はもっと粗末に扱うべきなのだ…!丁寧に扱いすぎると澱み腐るの扱いが重いアニメだったんですコレ
まさか人の命を扱うというナイス変更点だけでっ・・・!ここまで話が様変わりするとは・・・
同時に悲惨すぎるショボいバトルが潰滅的宇宙まで行く位のド派手なバトルになりませーん・・・っ!ゼロゼロゼロ・・・っ!!
終盤のバトルは見ごたえがある
主人公も主人公らしく魅力的に見えてくるから不思議…!!

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

Prism_Ace さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

カゲキにオサレなぼくらの問題作

「かっこいいって何だ?本当にかっこいいアニメ、君は最近見たのか?」のキャッチコピーが相応しい作品だと思います。

【物語】序盤は退屈ですが、10話以降から怒涛の展開が待ち構えています。
【声優】松風雅也や小川輝晃など特撮出演経験者が特徴です。
【キャラ】やっちゃるジェナス、アロンジー!なラグナなど魅力的なキャラクターが揃っています。タフトさんがお気に入りです。キョウモゴハンガオイシイデスッ
【作画】基本アゴがとんがっています(アム作画)
【音楽】シーンのキャラソン「RIDE ON MIND」は遊佐浩二の歌唱曲の中で一番だと思っています。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

59.4 3 鮭延未可アニメランキング3位
吟遊黙示録マイネリーベ wieder(TVアニメ動画)

2006年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (19)
96人が棚に入れました
ヨーロッパの一角に位置するクーヘン王国(架空の国)にある全寮制のローゼンシュトルツ学園。ここに、バルトローメーウス校長に代わり、新しくヴェルナー校長が赴任してきた。
ヴェルナー校長は、家柄が良く、優れた才能を持つ生徒がなれる「シュトラール候補生」の選出を新しくすると宣言した。家柄に捕らわれず、才能を持つものならば誰にでも「シュトラール候補生」にすると言ったことで、学園内はこれまでにない雰囲気に包まれていく。

しーん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

タイトルなし

2016

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0
ページの先頭へ