おすすめ黒河奈美人気アニメランキング 12

あにこれの全ユーザーが人気アニメの黒河奈美成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月23日の時点で一番の黒河奈美アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

64.2 1 D.C.S.S. ダ・カーポ セカンドシーズン(TVアニメ動画)

2005年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (344)
2117人が棚に入れました
初音島の枯れない桜が枯れてしまってはや二年。
朝倉純一は、風見学園付属から本校へ進学し、友達である白河ことり、天枷美春、水越眞子、杉並といった面々と、いままでとなにも変わらない学園生活を過ごしていた。たたひとつの大きな変化をのぞいて…。
そんなある日、初音島にひとりの少女がやってきた。彼女の名はアイシア。純一の祖母に魔法を教わるため、はるばる北欧からやって来たのだが、祖母はすでに他界しており、唯一の当てを失ってしまう。そこで彼女が選んだ道とは…。

大和撫子

★★★★☆ 4.0

1期より感動しました

1期から2年後の話ですが、1期最終回からのギャップにかなり困惑、たくさんの???が頭の中を飛び回りました。
またあいかわらずドロドロ感がキツく、新キャラについてはまるで「ガンダムSEED DESTINYのシン・アスカ」を見ているようなイライラ感。
とはいえ、ドロドロ感がないところでは、学園ドラマ・日常ドラマとして実に面白い内容です。
そしてそのドラマの裏から感じる不安感。
タイトルが示す「初めにもどって繰り返す」の通り、楽しい日常に1期の悲劇がじわじわともどってきそうな不安感がこのアニメの魅力。
そして最後には涙と感動が十分に味わえました。
そういえば一瞬出てきたあのへんなピンクのヌイグルミキャラはなんだったのだろう?

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

ゆうき。

★★★★☆ 3.8

出来損ないの魔法使いは経験に学ぶ

魔法はみんなを幸せにしてくれるの。
自分の気持ちを我慢しなきゃいけないなんて間違ってるよ!
お願いです、みんなを幸せにしてください。
そうして魔法使いは笑顔を奪っていった。


1期を見ていなくても見ていないなりのおもしろさがあります。
劇中でたびたび出てくる2年前のできごと。気になる方は1期を見るといいですよ。


前半は話の内容はおもしろいのに展開のさせ方がやや強引(古い)。
人の話を聞かない、説明しない、頭が弱いの3コンボ。
白河ことりの出番が増えてなかったら視聴断念もありえましたってくらいです。

後半は早い段階からラストシーンの前フリを入れていて
見始めたら止まらなくなりました。
恋愛部分は1期ですでに主人公が本命を決めているので、新しい展開はないかなって思ってたけど、選ばれなかったヒロインたちの描写がよくできていて、切ない気持ちになりました。

他にも言いたいことはあったけど、全部とあるヒロインが劇中でしゃべってしまったのでここでは割愛。

後半は特に満足できるアニメでした。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

ぱるうらら

★★★★☆ 3.2

『ダカーポⅡ』の原作をやる人は観ておいて損は無いはず。

『D.C.S.S. ダ・カーポ セカンドシーズン』はPCゲーム原作、2クール(全26話)のこそばゆい学園恋愛アニメです。


本作は第1期の2年後のお話。全体的に登場人物の表情が変化しており、違和感を覚えた人もいた事でしょう。しかし何より主人公の顔が一番変化していて最初は同一人物だとは思っていませんでした。顔だけでなく髪の色も違うからもはや別人。ってか、第1期で何故茶髪にしたし(笑)


物語の構成は前作と似ていますが、総集編が無くなって第15話辺りからシリアスな物語が展開されて行くようになります。また前作の様な実写の長いEDやサイドエピソードが無くなったため、1話1話が長くなった様な気がします。いや、多分長くなっているはず。

第1期の2年後のストーリーで原作には存在しないシナリオなため、本作は完全オリジナルストーリーとなってます。前作では全く出てこなかったヒロイン達の話もあります。けれども、今回主にメインとなるのは、ことり、アイシア、音夢、さくらだった気がします。詳しい事は忘れてしまいました。

特に今回は問題児とされるアイシアが登場、要らんことを沢山して視聴者の心に悪いイメージを根強く植えつけていきました。私も画面を叩き割りたくなるほどイライラしていましたし(笑)
また、音夢の理不尽さにイラッときたりも・・・。
とにかく、今作は非常にストレスが溜まると思います。終盤になれば着実に面白くはなってゆきますが、それまでの辛抱がなかなかの苦痛です。まぁ、兎にも角にも耐えてくださいまし。


今更ですが『ダカーポⅡ』の原作をやろうと思っている人は是非是非観ておくべきだと思います。アイシアルートのために...。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8

63.9 2 がくえんゆーとぴあ まなびストレート!(TVアニメ動画)

2007年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (262)
1383人が棚に入れました
価値観の多様化がさらに進んだ2035年、高校へ行くことがあたりまえでなくなった時代・・・。 少子化が進み、生徒数の減少から廃校の危機に立たされる学校も多くなっていた。そんな活気を無くした学校のひとつ「私立聖桜学園」に、一人の転校生が現れる。転校生の名は天宮学美(通称:まなび)。元気少女のまなびは、転校初日で聖桜学園の生徒会長に立候補する。稲森光香、上原むつき、衛藤芽生、小鳥桃葉たちクラスメイトを巻き込んでどんな「まなび旋風」を巻き起こすのか!?\n

声優・キャラクター
堀江由衣、野中藍、井上麻里奈、平野綾、藤田咲、さとうあい、うすいたかやす、立花慎之介、黒河奈美

ワタ

★★★★★ 4.1

ufotableが送るオリジナル学園青春ストーリー

少子化の影響などにより、高校に進学する子供が減少しつつある近未来のお話。
とある女子高に転校してきた本作の主人公まなび。活気を失った学園を復興すべく
生徒会長となり、生徒会の仲間達と共に奮闘する学園青春物語。全12話。

学園祭を成功させるという目標に向かって、一丸となる生徒会メンバー。
その過程で育まれる友情や、それぞれのキャラの成長が見所となっています。

また、ノスタルジーを感じさせる場面が非常に多い。
たとえば、テスト勉強をサボって夜通し街を遊び歩くところなど。
校舎をスプレーで落書きするOP映像も印象的でしたね(一晩ですぐ消える特殊スプレーです)
モラトリアム期間である学生時代だからこそ許される、この学生特有のバカ騒ぎ感がたまらない。
それを共有できる仲間ってのも本当に得難い存在だと思うし、なんだか妙に感傷的になってしまう。

ところで、OP映像に関して、悪影響を及ぼすのでは、という苦情が殺到して
途中から映像が差し替えられたという経緯があります。これを見て子供が真似するとか何とか。
深夜放送なので視聴者は子供じゃないんだし、配慮する必要はなかったと思いますがねー。

細かいところまでよく動く作画、近未来の電子機器デザイン、
小気味良いBGM、次回予告のセンス、独特の演出など見所は随所にあります。
高校生キャラなのにキャラデザがロリ過ぎるところがネックですが、
作り手の情熱をひしひしと感じられる本作品、是非見てもらいたいです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 42

こたろう

★★★★☆ 3.8

あんまり萌えない。だが、そこがイイ

ロリっぽいキャラデザインと1話のドタバタなノリで、萌え系のコメディだと勘違いされる方も多いと思いますが、ジャンルとしては「学園青春アニメ」と言った方がしっくりきます。
テーマとしてはありきたりですが、
「学校は、だた勉強するだけの所ではない」
というメッセージを、それはもう、作品タイトルどうり、ストレートに投げかけてきます。
熱い友情、若者の苦悩、仲間との絆、権力への反骨、学校の在り方への疑問、と、内容はアツくるしいぐらいの青春成分が満載です。
頭身の低いムチッとした可愛いキャラですが、あえて、その柔らかなイメージと作風を一致させていないギャップが特徴的。
ほのぼのとしている部分は少なく、あまり萌えるところが見当たらない。


舞台は、高校へ通うのが常識ではなくなった近未来。
多様化する価値観のなか、ただなんとなく高校に行っている生徒が多い淀んだ雰囲気の学園が、学校大好き!の熱血っ子の転校生に引っ張られて、学校生活の楽しみを充実させていくお話です。
崩壊しかけていた生徒会を立て直し、学園をまとめ上げていくサクセスストーリー。
何度も壁にぶつかりながら苦悩し、それでもメゲずに目標に突き進む、生徒会役員達の深い友情を中心に描いた爽快な学園物語です。

演出にも独特の味があります。
定点カメラからの映像のような構図や記録映像のような画面の動き、スナップ写真のようなショットを多用しています。
製作者がどういう意図なのかは存じませんが、勝手に解釈すると、本作は「生徒会活動記録」なのだろうな、と思えます。第3者が彼女達5人を取材してフィルム編集したような映像の作り方は印象に残るものでした。
この演出は好みの別れるところでしょう。無機質な感じが嫌だという方も多いと思います。
個人的には気に入りましたが・・・・


萌えるのではなく、燃えるキャラクター達。
キャラの見た目と裏腹に、すごくカッコいいアツさのある作品。
「まっすぐゴー!」のポーズを決めて、無言で意思を通わせる彼女達は、凛々しく素敵です。

ほんと、いい意味で意外な作風でした。
埋もれていますが、ベタでアツい青春を味わいたい方にはオススメの一作です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 23

マジ天使

★★★★☆ 3.8

隠れた名作

キャラデザのほうでやや損をしている感じ。
絵柄的には日常系アニメですが、実際は裏腹に完全青春アニメ。

この手の「学園・青春」をテーマにしている作品は多く出尽くした感や、恋愛を混ぜることであやふやになることもあるが本作は「まっすぐに」実に青春しています。

今見直すと序盤から中盤は特によくあるアニメの雛形でどこかで使い古した感が強いのですが、所々「こんな学園生活っていいな」っていう憧れや、学生時代に戻れるなら戻りたいと思わせてくれる心をえぐるような作品でした。

「学園青春系アニメ」を探しているなら文句なしでお勧めできる隠れた名作だと思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8

57.1 3 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love(TVアニメ動画)

2006年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (175)
1191人が棚に入れました
月と地球を結ぶ唯一の窓口がある「満弦ヶ崎中央連絡港市(みつるがさきちゅうおうれんらくこうし)」に住む達哉の元に、スフィア王国(月王国)のお姫様フィーナ・ファム・アーシュライトがホームステイにやってくることに。(公式HPより引用)

声優・キャラクター
生天目仁美、千葉進歩、野々瀬ミオ、後藤麻衣、氷青、黒河奈美、浅川悠、伊藤静、岸尾だいすけ、根岸朗

セメント

★★★☆☆ 3.0

キャベツ

キャベツの名で親しまれる(?)作画崩壊アニメです
今なお、キャベツのためにこのアニメを見る人がいるとか、いないとか


なんてことない一般庶民と温室育ちのお姫様の恋愛に、地球人と月人の共存というテーマを担がせてます
故無駄にスケールがでかいのですが、ストーリーは地に足着き、つまらなくはないと思います
主人公が女の子を手当たり次第に食い散らかすヘタレイメケンエロゲキャラとは違い、自分の意志がしっかりしていて、且フィーナのことだけを一途に想ってる点は割と良いかと
まぁでも、そこだけですかね、あとの原作改悪には目を背けたくなるほどの酷さでした
狂言回しにしたかったんだろうけど、単なるウザキャラにしかなってなかったカメコ爺を筆頭に、鼻をつまむ設定、どどんまい、ユンゲル(笑)、最終回の宇宙人など

かんたん作画ってレベルじゃねーぞ
1話はそんなでもなかったのに、2話で早くも手抜き作画が目立ち、3話にして衝撃走る
目の前に現れるは緑の球体、”綺麗な円描いてるだろ、キャベツなんだぜ、これ”
ヤシガニ再来級の作画崩壊具合にネット界隈で話題騒然、”どうしてこうなった”
原作は7万本の売り上げを記録している超人気作につき、ファンの期待も決して小さくなかった中でのあのキャベツには、確かに体制側の非を追求したくもなります
挙句、太田監督の「亜乱炭椎」なる責任逃れさえしてますからね
”計画的な崩し”と”偶発的な崩れ”は大きく違う
理由は何にせよ、これは明らかにネタとして見られる領域をも超え、遙か遠く大気圏外へ突入しています
というかもはや一周して、作画崩壊アニメの反面教師として役立ってる感があります、一部の制作会社を除いて、最近は顕著な”偶発的な崩れ”をあまり見なくなりましたし
原作は人柱になってしまってますが、結果的にアニメ業界を良い方向に導いたと考えると、ほら、このアニメとも和気藹藹とやっていけそうな気がして来ませんか

声優は、フィーナ役に生天目仁美さん、そうかそうか
母のセフィリア役も同じ声優で、容姿が似ているとしても、そこは変えて欲しかったような気がします

OP「前奏曲(プレリュード)-We are not alone-/大藤史」
We are not alone♪のところは素晴らしいですね
初聞は印象弱かったんですけど、聞いてるうちに好きになりました


俺妹やハヤテでこれのパロネタが出て来ましたね
不名誉高いですが、一介のエロゲ原作アニメが伝説と呼べるほど話題になったことって結構すごいと思います
話の種になるとは思いますので、1度は見ときたいかも・・・?

投稿 : 2019/09/21
♥ : 7

チュウ

★★★★★ 4.3

原作の割りに残念。

う~~ん。どうしてなのだろう?
オーガストの作品は
【月は東に日は西に】も…
【FORTUNE ARTERIAL】も……
そしてこの【夜明けな】も………。
原作の良さがアニメでなかなか伝わらない…。

まぁ、他の2作よりかは原作に近い気もしたけど☆
あの感動も、キャラの素晴らしさも、まだまだ遠く及ばないです↓↓

とは言え、後藤麻衣が演じる朝霧麻衣は素晴らしい!
フィーナやミアもその持ち味を出していましたが、やはり麻衣がダントツでしょう!!

総評としては、アニメの出来自体には原作と比べれば、やはり少し不満が残ります。
しかし、それは駄作と言う訳ではなく、普通に楽しく見れる作品です♪

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9
ネタバレ

TedKoba

★★★★☆ 3.8

作画だけを楽しむなんてもったいない

キャベツがただの緑色の球体で、どう見てもキャベツとは判別できないシーンを筆頭に数々の作画崩壊シーンで名を馳せた作品です。DVD版ではテレビ版から大幅に作画修正がされていました。テレビ版の作画崩壊の件を知らずにDVD版を見たら作画に関して特別悪い印象はもたないかと思います。

ゲームが原作です。物語の事前知識は0でしたが問題はまったくありませんでした。

物語が良かったんです。主に原作をプレイした人をはじめ、みんなそれぞれ意見はあるでしょうが、自分はすごく楽しめました。王道のロマンス。{netabare}まるでロミオとジュリエット。{/netabare}きちんと伏線は回収するし、周りのキャラクターがそれぞれ個性を発揮していて生き生きとしながらも、主人公とヒロインを同時に引き立てていました。最後の謁見の場も策としては見事でしたしね。セリフも良かったです。

個人的に思ったことですが、最近のラノベが原作のラブコメアニメの展開に少々辟易としている人には良いロマンス作品だと思います。原作は俗にいうエロゲーですが、良い物語はその媒体に影響されることなく、その内容を評価されるべきなのは、いまこんなレビュー読んでいるような人には周知のとおりでしょう。私はオススメします。

あと、OP ED ともになかなか雰囲気でてていいですよ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 6

61.2 4 真 恋姫†無双(TVアニメ動画)

2009年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (156)
1148人が棚に入れました
時は、後漢も末の頃…。この世は乱れに乱れておりました 。
そんな中、力を蓄え、ひそかに野心を研ぎ澄ます者、己の力を試さんとさすらう者、守るべきもののために闘おうとする者、そうした、様々な思いを胸にいだく者たちがあやなす運命の糸がからみ、結ばれる…。
乱れた世を平和にしようと立ち上がる関羽と張飛。そして、二人の志しに惹かれ集う乙女たち。彼女たちの新たな戦いが始まろうとしていた…。

声優・キャラクター
後藤麻衣、黒河奈美、西沢広香、鳴海エリカ、本井えみ、小林眞紀、雨宮侑布

大和撫子

★★★★☆ 3.9

アイドルマスター?

中国の壮大な歴史アニメが、萌え・ロリ・百合・下ネタアニメに成り変わり、あげくの果てにはアイドルマスター化へ。
三国志の物語がどんどん別の方向へ変わっていく・・・。
今作では、三国志本来の主人公ともいえる劉備玄徳が新たに加わり、玄徳の宝剣をめぐって蜀の武将達が各地を旅する話です。
そして張角一派による「黄巾の乱」が起こります。
三国志に詳しい人ならこの「黄巾の乱」の事は良く知っているばず。
あの戦乱をこのアニメでどう表現しているか見てもらいたい。
しかし・・・このアニメはこういうものだと温かい目で見てやって下さいね。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4

アスクール

★★★★☆ 3.8

あいかわらず平和な戦いですね^^

一期同様戦いがあるんですが血が流れませんね~~ずいぶん平和だなあと思います。

少し平和すぎて都合いいなあと思うぐらいです。

やっぱりこのアニメは一人一人出てくるキャラやメインのキャラを見たほうが楽しめます。

今回もほとんど戦闘はなく、キャラの過去やいろいろと起こることで終わらせています。

まあそういう意味では一つ一つの物語はよくできていましたね、そこそこ楽しめました。
まあ真剣になって見るような感じではありませんが・・

しかし盗賊のキャラの固定はいったいどういう意味なんでしょう(?)

そういえば今回はあまりメインの人たちの話が少なくて、新しくでてくる人たちのが多かった気がしますね。

恋姫無双というアニメがよくわかりました。少し期待とは違うんですがまあこういう感じも楽しめました(*0*)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

ヒロトシ

★★★★★ 4.2

三国志版アイドルマスター

正直アニメは原作より大分設定を変えて来ている為、前作の恋姫無双は原作の男主人公が好きな私にとっては(男主人公はアニメには存在しない)放映前の時点では微妙に感じた。しかしそれを覆し、張飛や馬超や黄忠のエピソードの完成度が非常に高く、ゲーム原作としては非常に出来の良いアニメを作ってきてくれた。今作はその続編という事で、劉備を初めとした新キャラを増やして、再びアニメオリジナルの設定で挑んできた。

正直私は劉備が好きではないので、彼女の存在のせいで、前作程の面白さは感じられなかった。だが他の新キャラの存在感は抜群で、前作の個性爆発ドタバタギャグアニメの面目は保っていたと思う。男性キャラがほとんど登場しない、美少女だらけそれでいて、王道展開を突き進むアニメだが、原作の男主人公を出現させて、ハーレム状態で話を安易に作り上げなかった所は前作同様評価したい。

ラスト近くに挿入歌として使われる『今を信じて』という歌がある。登場人物の袁術・張勲・郭嘉が歌う挿入歌である。この作品で袁術・張勲・郭嘉を演じているのが、中村繪里子・たかはし智秋・今井麻美というアイマス三人衆なので、歌唱力は折り紙付き、楽曲の完成度も非常に高い。誤解を恐れずに言えば、アニメでもっと評価されてもいい歌だと思っている。キャラソン等あまり購入しないが、あまりの歌の良さに思わず購入を即決してしまった程。

ゲーム原作はアニメにするのが、結構難しい。しかもそれが恋愛ADVのような複数ヒロインを口説き落とすタイプのものだと尚更だ。アマガミはその辺上手くやっていたが、あくまで原作準拠だった。恋姫無双はシリーズ通してほぼアニメオリジナルである。主人公を登場させないという大胆不敵な改変を行って
しかも視聴に耐えうるだけの作品を作ったのだから、中々大したものだと思う。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 11

61.4 5 ななついろ★ドロップス(TVアニメ動画)

2007年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (170)
1129人が棚に入れました
石蕗正晴は、ごく普通の高校2年生。ところがある日、怪しいジュースを飲んでしまい、日が沈むと羊のぬいぐるみになってしまう体質となる。
元に戻るためには、星のしずくを七つ集めて作る薬が必要だと如月先生に知らされる。しかも、星のしずくを採るのは選ばれた人間にしかできない。偶然にも秋姫すももの許に降り立ち、すももは星のしずくを集めることになった…。


声優・キャラクター
野島裕史、結下みちる、後藤麻衣、清水香里、松岡由貴、谷山紀章、高橋広樹、黒河奈美、日野聡、久保田恵、あおきさやか、本井えみ、井上和彦、伊藤美紀

セメント

★★★★☆ 3.3

プリマ・プラム

すももちんが可愛すぎて生きていくのが辛い
すももちんハァハァすももちんハァハァすももちんハァハァ


2007年の夏にやってたアニメですね
如何せんこの時期は競争率が高すぎて、影に隠れてしまってましたが
エロゲ原作とは思えない濃厚且つ緻密な構成で、作画もすごくキレイ
十二分の名作だと思いますよ
ほんと、時期が悪かったですね、なのは3期ハヤテぼくらのグレンラガンDTBらきすた瀬戸花スクイズひぐらし解ゼロ魔と目白押しでしたから


さて、ななついろドロップスといえば厚生労働省です
2007年8月頃のニュースの引用ですが、
>Wikipediaを編集した組織や企業が分かるツール「WikiScanner」を利用し、
省庁のIPアドレスで調べてみると、行政に関わる内容からエンターテインメント関連まで、
さまざまな内容について編集があったことが判明した。
>厚生労働省からは「薬物」などの項目で編集があったほか、
アダルトゲーム「ななついろ★ドロップス」の項目で解説も書き加えられていた。
>農林水産省からは、ガンダム関連で大量の書き込みがあった。

職務中に業務設備を使って一体何をしているんでしょうかね
お役人様がこれでは、日本もハジマってるわけです

厚労省の画像を見てみると、黒河奈美(声優)、さくらんぼキッス(エロゲソング)なども入ってます
変態だー!!!!
そして農水省wwwww
オタクムーブメントはこの上ないですね、流石はオタク大国日本です


厚労省推奨アニメ(笑)にあらせられる『ななついろ★ドロップス』
のいじ絵ですしね、時間があったら見てみるのもまた一興ですよ
あぁ、でも逸般人なってからの方がいいかも
全12話

投稿 : 2019/09/21
♥ : 6
ネタバレ

ピピン林檎

★★★★☆ 3.7

エロゲー原作《萌え萌え&純愛系》魔法少女

←シナリオはそこまで酷くない(むしろ感動系かも?)

◆いとうのいぢ氏キャラデザ原案《魔法少女×マスコット少年》の純愛もの

本作は2006年4月発売の18禁恋愛アドベンチャーゲームが原作で、キャラクターデザイン原案が同時期のラノベ原作アニメの大ヒット『涼宮ハルヒの憂鬱』、『灼眼のシャナ』と同じく「いとうのいぢ」氏となっています。
そのため、両作に比較してキャラの萌え絵化が激しいとはいえ、

(1) ヒロイン(兼主人公)の少女 → 『涼宮ハルヒ』のサブヒロイン(朝比奈みくる)似
(2) ヒロインの親友の少女    → 朝比奈みくるの親友の少女(鶴屋さん)似
(3) ヒロイン相手役の少年    → 『灼眼のシャナ』のサブキャラ(池速人)似

・・・となっていて、シナリオ的にはレビュータイトルのとおりですが、個人的には、それよりも先ずは『ハルヒ』『シャナ』のアナザー・ストーリー的な楽しみ方ができてしまいました。
(※そういえば、『ハルヒ』に朝比奈さんが魔法少女のコスプレをさせられてハルヒに散々弄(いじ)られる映画撮影の話がありましたね。)


◆初っ端の印象は「なんじゃこりゃ?」ですが・・・見慣れてくると、そこまで酷くない内容です。

『ハルヒ』の朝比奈さんは県立北高の2年生という設定ですが、本作のヒロイン(秋姫すもも)は星城学園2年というだけで、作中にはそれが同学園の中等部なのか高等部なのかの説明が一切ありません。

彼女の余りにも初心(うぶ)で引っ込み思案で騙されやすくて子供じみた性格を見てると、「この子、どうみても中等部だろう?」と思うのですが、彼女の同級生である親友(撫子さん)や相手役の少年(つわぶき君)の言動を見てると、どうも高等部っぽいし・・・数学の授業で黒板に書かれている数式・グラフも高等部っぽいし・・・??

・・・ということで、見始めの頃の違和感が半端ない作品なのですが、そこはエロゲー原作だし考えても余り意味ないかも?と諦めて視聴していくと、次第に慣れてくる不思議・・・。

因みに、《魔法少女もの》にはヒロインに魔法の指南をしたり魔法を使って何をすべきか指示を与える小動物型のマスコットが付き物ですが、本作の場合は、ヒロインの同級生の少年が、何かの手違いで夜間だけ強制的にマスコットになってしまうという設定になっていて、ちょっと珍しいなと思いました。

そして、本作には「First love that enompasses you」(※直訳すると「貴方をすっぽりと包み込む初恋」)という副題がついていて、全12話という限られた尺の中で、あまり脇道をせずに、このヒロインと相手役の少年との純愛ものとして一本筋を通したシナリオとなっていることで、意外にもスンナリと楽しめて多少の感動も出来た作品となってしまいました。

《まとめ》
エロゲー原作&萌え絵・萌えキャラで敬遠する人も多い作品だろう・・・とは思いますが、シナリオ的にはむしろ少し前までサンリオ企画でテレビ東京で放送されていた『ジュエルペット』シリーズ、とくにその最大のヒット作となった『ジュエルペットてぃんくる』にちょっと近い作品だった気がします。
(※こう書くと同シリーズのファンの方に怒られそうですが笑・・・少なくとも、ヒロインは同作のヒロイン=桜あかりちゃんと、かなり似ていると思う)
・・・ということで、戦闘系の魔法少女ではない、萌え萌え&純愛系の魔法少女ものを試しに見てみたい方には、意外とお薦め出来る作品かもしれません。


◆視聴メモ
{netabare}
・第1話視聴終了時点
マスコットが実は普通の人間、というのは珍しいかも。
・第2話視聴終了時点
すもも&撫子は、まるで『涼宮ハルヒ』のサブヒロインの一人・朝比奈みくる&彼女の親友・鶴屋さんコンビみたくて笑。
因みに、主人公の初年は『灼眼のシャナ』の主人公(坂井悠二)の親友・池速人に似てる気がする。
・第9話視聴終了時点
第1話に描かれたつわぶきの事故の犯人が確定。{/netabare}


◆制作情報
{netabare}
原作         @ピース(ユニゾンシフト:ブロッサム(2006年4月原作ゲーム))
監督         山本天志
シリーズ構成     島田満
脚本         島田満、成田良美、中弘子
キャラクターデザイン いとうのいぢ(原案)、伊部由起子
音楽         山川恵津子
アニメーション制作  スタジオバルセロナ(※現・ディオメディア){/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

=============== ななついろ★ドロップス (2007年7-9月) =============
{netabare}
第1話 運命はなにいろ? ☆ 星城学園2年・石蕗(つわぶき)正晴の園芸部入りと災難、ステラスピニア・秋姫すもも「星のしずく」集め開始
第2話 あじさい色の記憶 ★ すももの親友・八重野撫子(なこ)のすももサポート ※挿入歌「私のそばに…」
第3話 金いろ願い星 ★ プリマ・アスパラスの侮蔑、すももの七夕の願い、結城ノナ転入
第4話 夏色のプールサイド ★ 異世界フィグラーレの2つの学園の「星のしずく」争奪戦、すももの水泳特訓
第5話 ときめき色の星空 ☆ 夏休み・臨海学校、恋の勘違い(すもも&つわぶき)
第6話 やさしさいろの夕焼け ★ 入学式の出来事、結城との対決、すももの大技・敗北、つわぶき告白
第7話 はちみつ色のとまどい ★ 伝説のステラスピニア・カリン、すももの家庭事情(18年前の出逢い、如月先生との関係)、植物園の一幕
第8話 幸せいろの翼 ☆ 初デート、結城との本気勝負、飛行レシピ習得・輝る翼(すももの才能開花と結城の焦り)
第9話 かなしみ色はサンドベージュ ☆ 結城邸お見舞い、結城との最終決戦、結城のレードル暴走、すももの結城救助、つわぶき身バレ・異変   
第10話 ぎんいろの満月 ☆ つわぶきを救う高難度レシピ、結城の協力、救助成功、カリン帰還、つわぶきの記憶混乱
第11話 なみだ色決心 ☆ ユキちゃんに変化以降の記憶忘却の告知、7つ目の星の雫、つばぶき記憶忘却
第12話 初恋はななついろ ☆ 結城の秘薬調合、好きという気持ちの思い出し、球根の開花 ※ED「コイスル★フローライト」{/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)5、☆(並回)7、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.7

OP 「Shining stars bless☆」
ED 「mo・o!」

投稿 : 2019/09/21
♥ : 12
ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.9

純粋な学園恋愛ファンタジー

原作は18禁恋愛アドベンチャーゲーム 未プレイ

全12話

ハーレム&エロなしです!

魔法少女もので、とにかくピュアな恋愛ものなのです。^^

主人公・石蕗正晴 高校2年生
根は優しいけど人付き合いが苦手な、少し不器用な少年。純情で思いやりのある性格。

ヒロイン・秋姫 すもも
正晴のクラスメイト。恥ずかしがり屋で臆病だが、がんばり屋の女の子。純粋で優しい性格。


ストーリーは単純。

間違いで可愛い羊のぬいぐるみになってしまった主人公を、元に戻すため、魔法少女になって、「星のしずく」を七つ集めます。
昼は人間の姿でいられるが、夜は羊のぬいぐるみになってしまいます。

ベタな設定、展開、ストーリーなんだけど、それでもいいんです!

二人はピュアで純粋な恋愛をします。キュンとなる。 (いい歳してるのに。) (^^;

{netabare}
星のしずくを七つ集め、元に戻ったら・・・今までの事をすべて忘れてしまいます。
切ないです。 うわぁ~ん (ToT)

11話で正晴が元に戻る前に言います。「なにもかも忘れてしまっても、俺、もう一度すももを好きになる。」
ちょと泣ける。
元に戻った正晴は、やっぱりすべて忘れてしまっています。
すももが可愛そうで・・・
切ないです。
最後は・・・・・
{/netabare}

全12話で余計な寄り道的な話も少ないので飽きずに見れました。

声優さんも、知らない人がメインになってて新鮮でした。^^

恋愛ファンタジーものが好きな人には絶対おすすめです。
もう少し評価されても良い作品だと思います。

ベタだけど、ラストは感動でした。 (●´ω`●)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 67

61.2 6 真 恋姫†無双 乙女大乱(TVアニメ動画)

2010年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (147)
1021人が棚に入れました
後漢末の乱世を正すべく立ち上がった関羽と張飛。二人のもとには志を同じくする仲間が集い、やがて関羽と張飛は劉備とともに姉妹の契りを結ぶ。
黄巾の乱を沈めた一行が次に向かうのは…。

大和撫子

★★★★☆ 3.9

三国志の登場キャラがいっぱいで豪華

今作では「十常侍の反乱から董卓VS連合軍+α」のお話を中心にストーリーが展開。
「南蛮遠征」のエピソードもあり、三国志演義にも登場する有名な武将は8、9割方登場したと思います。
それだけに最終回の登場キャラの多さは凄まじく、調べたところ総勢58人とか。
収録現場の状況が非常に気になるところですね。
相変わらずぬるい三国志ではありますが、さすがに前回のアイドルマスター的なハチャメチャな展開はなく、第9話目あたりからは本来の三国志らしさが少し帰ってきたような感じでそれなりに楽しめました。
もし、さらに続編があるとしたら次は順番的に「官渡の戦い」や「赤壁の戦い」になると思うので、それはそれで見てみたいものです。


そうそう、このアニメを見てビックリした事がひとつ。
ラーメンの具のメンマってどう作るか知っています?
タケノコから作られるのとは別に、なんと「割り箸」からも作れるみたいですよ!
これには仰天しました!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

けみかけ

★★★★☆ 3.8

一期、二期と地味に仕事をこなしてきたスタッフには敬意を払いたいが、三期からでも十分楽しめますヨ

【乙女大乱】って
乙女が大きく乱れてどーすんねんwwwwwwwwwwww









総勢50人を超えるヒロインはすべて三国志の登場人物たちをモチーフとしているというスケールだけはハンパない作品です


この作品のキャラクター達にはモデルとなった三国志の武将達の姓名とは別に、本来の女性としての名である『真名』があります
劇中では美少女達は義兄弟ならぬ『姉妹の契り』を交わし、契りを交わしたキャラクター同士はこの真名で呼び合うためオイラは最後まで名前と顔が一致しないキャラばかりでした(笑)


んだけどもそんなことは些細なことですよ、割とメインキャラクターは絞られていますんで慣れです!慣れ!
本筋のお話に支障をきたすほど気にする必要は無いのです、なんせただの萌えアニメですから!(キリッ


ちなみにこのシリーズでは男性目線の主人公みたいなのが登場しません
(たぶん原作にはいるんです、主人公が)
男がほとんど登場せず、敵も味方も美少女だらけ
終始美少女同士の内輪なキャッキャッウフウフが続くというのは、けいおん!や戦国乙女に近い印象を受けます


ところで、三期は前シリーズと比較すると百合百合なお色気シチュエーションは控えめになり、よりコメディ路線が強くなっています
特に「第6話」前半の出来など大変素晴らしく、この回だけでも是非チェックしていただきたいです


制作の「動画工房」といえば手堅く安定した作画で安心クオリティの会社ですが、今作はそれに付け加えヌルヌル動くアクションシーンもほぼ毎話あったりでそちらの面でも楽しめると思います

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

アスクール

★★★★☆ 3.8

なかなかに良かった印象です♪

今回の話も一期や二期と同様な感じでした。
いろんなキャラに視点に合わせた方法で・・。いろんなエピーソドがあります。

結構片手間で見たんで真剣に見てませんでしたがだいたい内容は把握できました。結構単純なんで分かりやすかったですね~

これは内容もいいですがやっぱりキャラに視点を合わせた方が楽しめるような気がします。あまり内容に気をとられすぎると楽しめないかもです^^戦闘も対してすごいってほどではないような気がしましたし・・・。

いろんなキャラの可愛さを見るのが・・自分的には・・。

三期は結構エロイ部分が多くあった気がしました。全体的に百合の量が・・・すごいですね~まあそんな直接的ではないので・・。不快ではないかもですが。

しかし今回の三期は結構勧善懲悪な部分があったような感じがしました。まあそういう意味でもいいのかな(?)

いやーとりあえずリンリンがかわいいです^^ 和みます。単純で純粋で・・好きでした~~。

そういうのもあり恋姫無双は三期通してなかなか楽しめました♪

まあ適当に気を落ち着かせるような感じで視聴する作品ですね~~。
まあ原作に手をだそうとは思いませんでしたが・・。

でもなかなかに見てもらいたいですね♪

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

56.3 7 ムシウタ(TVアニメ動画)

2007年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (76)
520人が棚に入れました
「ねえ、あなたの夢を聞かせてくれない?」
人の夢を喰う代わり寄生主に超常の力を与える「虫」が出現して10年。県立桜架東高校1年の薬屋大助は通学途中で一人の少女・杏本詩歌と出会い、惹かれあう。だが詩歌は「虫憑き」を収容する国の極秘施設からの逃亡者だった。
特別環境保全事務局の最高のエージェントにして最強の虫憑き“かっこう”に出動を命令が下る。容赦のない攻撃で詩歌を追い詰めるが、そこにレイディー・バード率いるレジスタンス組織「むしばね」が出現。
せつなく激しい想いが織りなす、夢みる者達の聖夜の戦記が、今始まる…。

声優・キャラクター
浅沼晋太郎、花澤香菜、生天目仁美、田村ゆかり、平川大輔、高木礼子、志村由美、黒河奈美、白石涼子、浜田賢二、斎賀みつき、井上麻里奈、野中藍、能登麻美子

An@

★★★☆☆ 2.9

虫に同情するくらいになってきていたよ

原作ファンの方申し訳ございません。

原作はもっと良いものかもしれないけど未読の私の感想です。
・・・・なんだこれは・・。

まず、キャラの考え方が暗すぎる。イライラした。
何も話さずまあ一応主人のために戦う虫の方がかわいい具合に。
そして最後までなんかそんなかんじ。

最終回には何も解決していないような。それどころかある主要人物が死んだだけということとか。

同級生の事件が起こってからの態度の豹変具合とか(笑)

結局暴走とか成長とか、夢を喰うの意味もいまいち何故かハテナ。

ようするに!
この作品の原作がおもしろいというのならば!
このアニメはかなりの原作レイプなのでしょう。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0
ネタバレ

ユニバーサルスタイル

★★★★★ 4.5

それぞれの夢を懸けた闘い、青春群像劇?

この作品すごく好きなんですよ。思わず二回通しで見てしまいました。
ただ、話がよく分からない(笑) 雰囲気は好みの系統なんですが、魅力を伝えにくい作品です。

あらすじ
{netabare}
人々の夢や欲望が肥大化したときにどこからか現れて人に寄生してしまう‘虫’。
そして虫に夢や欲望を食われる代わりに強大な力を手にした者たちは‘虫憑き’と呼ばれ、そうでない人々に忌避されていた。

虫憑きは危険な存在として政府によって秘密裏に処理される。そのための組織が「特別環境保全事務局」、略して特環(トッカン)であった。虫憑きに対抗するため、特別に訓練された政府お抱えの虫憑き集団である。

その特環の中でも一際強大な男、‘かっこう’はある時一人の少女に出会った。‘ふゆほたる’と呼ばれる虫憑きの少女に魅かれつつも、任務のため彼女を不能にする。(虫憑きは虫を殺されると‘欠落者’となり廃人化する)


それからしばらく時は経ち、かっこうは任務のため県立桜架高校に一人の生徒「薬屋大助」として潜入する。学生として日常を過ごす内、一人の少女「杏本詩歌(あんもとしいか)」に出会う。何故か惹かれあう二人。しかし彼らはお互いが昔、他の形で出会っていたことを知らなかった・・・。
{/netabare}


ボーイミーツガール・SFアクション・ヒューマンドラマ等、多岐に渡る要素を含んだ娯楽性の高い作品・・・のはずだったのですが、その複雑さに翻弄されてしまいました。


一つは大助と詩歌という二人の複雑な関係性。魅かれあう二人が同時に敵対しあわなければならない悲劇が心を揺さぶります。

詩歌ちゃんが天使すぎてつらい。。。
この子を演じる声優は花澤香菜さんなんですが、この頃はこの頃で独特の癖があって好きです。ちょうどぽてまよと同時期なんですね。
安定感はないけどこの不安な感じが詩歌ちゃんのか弱さに合わさってツボです。

自分がどんなに敵意を向けられても、相手を恨むことなく全てを受け入れて生きていく。とても弱弱しそうな見た目と裏腹に芯の強い内面が好感度高いです。

大助も同じく、周りの人間に疎まれながらも覚悟をもって生きている姿が眩しく映りました。

この二人は一番大事な夢や生きる目的の部分で共通していて、やっぱりお似合いのカップルなんだなと思いました。二人が普通の学園物で結ばれているような光景も見てみたかったです。


SF的な、虫を中心に成り立っている近未来の社会っていうのも面白かったですね。
虫と共に生きることを目指す‘むしばね’という組織と虫を失くそうとする‘特環’という組織の対立。
虫憑きとなった人間の末路、死に場所のような社会の暗部‘ガーデン’の存在。

虫が出現してから10年後の世界らしいので、完全に社会が虫に呼応する体制になっています。
でも政府はそれを国民に悟られまいと裏で処理していて、その日常と非日常の表裏一体な見え方が上手く描かれていました。



それから虫憑き達の信念のぶつかり合い、これは熱かったです。

特にかっこうの、どんなに打ちひしがれようとも立ち上がり、有象無象の虫に単身立ち向かっていく姿はかっこよかったです。
見た目も相まってDTBの黒っぽいかなと思ったり(笑)

一人一人死力を尽くして戦うのは、叶えたい夢や野望があるから。だから虫憑きになって闘っているんです。
悪魔の実を食べて闘う海賊たちみたいなものですね。とにかく熱い闘いでした。


ただ、虫憑き達が何故生まれるのかとか、虫憑きから吸い取った夢や欲望のエネルギーの行方とか、ガーデンの存在とか、諸々最後にまとめてドバッと詰め込まれたせいで全く理解が追い付かなかったです。

1クールでの制作ということ自体が不運なのは間違いないですが、無理矢理にまとめようとして失敗した感アリアリでした。


虫という存在は・・・本当にこれだけは分からないです。
何故虫なんだろう?とずっと疑問でした。
闘いを繰り広げる上でも虫より適した存在はいくらでもいるだろうに、あえて虫にした理由はなんだろうかと考えてしまいました。ムカデや芋虫ってヴィジュアル的に不気味でしょうがなかったので(笑)
どなたか、原作ファンの方いましたら教えて下さい。



その他の評価として、

作画はまずまず良かったです。多種多様な虫の描き分け、苦労しただろうなと思います。
人物は普通ですが、背景が素晴らしかったです。特に雪景色が綺麗でした。


何よりこの作品は音楽が素晴らしい!

サントラ欲しいくらい素晴らしいです。静と動、どちらも良いBGMばかりで特に動的なシーン・バトルシーンで流れる「The Crisis」がお気に入りです。

主題歌はOP「ムシウタ」が良い曲ですねー。正にこのために作られたアニソンって感じで。映像はベタですが、曲自体は独特な響きで印象的です。

ED「サヨナラ」も儚さが表れていて良い曲。麦わら帽を被った詩歌ちゃんが可愛すぎる・・・そこが一番のアピールポイントです。



声優の評価、好きなんですが花澤さんはマイナス要因かと判断しました(笑)

その他は浅沼晋太郎さん・平川大輔さん・田村ゆかりさん、野中藍さん・井上麻里奈さん・藤田咲さん・生天目仁美さん等々、好きな方ばかりで役柄も皆さんマッチしていて良かったと思います。

本筋とは関係ない話です
{netabare}
次回予告は毎回出演声優が自身の夢を語るという形式を取っていて、真面目に語る人もいればボケにしか聞こえない人もいて本当に面白いコーナーでした。動画サイトに上がっているのでこれだけでもオススメです(笑)
{/netabare}


キャラはみんな、好感のもてるものばかりで文句なしです。群像劇の側面もある中で、それなりに描き分けがなされていたと思います。
出番は少なかったけど、野中さんの演じる「愛理衣(えりい)」って子が好きでした。ぼーっとしていて意外と頑張り屋さんな所が良いです。


学園ものとして少年少女の心の移り変わりがあって、SFものとして体制と反体制の闘いがあって、ヒューマンドラマとして虫憑き同士の交流や衝突がある。

一番魅かれたのはこの作品の哀しく静まったような雰囲気です。本当に伝えづらいのですが、こういう雰囲気をもつ作品は好きなんです。
映像と音楽の調和した世界が見ていて圧倒されるというか、出来が良い。

どの要素もクオリティは高いのに、尺や構成の問題で分かりにくかったのが非常に残念でした。多分何回見ても理解しきれる自信がないです。
ここは素直に原作を読んでみようと思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

minisaku

★★★★☆ 3.4

原作読んでると残念さは出ますね。

人の夢を喰う代わり、宿主に超常の力を与える“虫”が出現して
10年が経った日本を舞台に、夢を叶えようと必死で足掻き続ける
少年少女たちを描いた物語。全12話

この作品って原作2.3巻読んじゃってるんですよね。
なので、どうしても比較の評価になってしまいます。

基本、暗い感じのストーリーで設定などは面白いので、
自分は結構好きなのですが、原作と展開のしかたが
違いすぎて、ちょっと戸惑います。

大筋の流れは一緒なんですけどね。なんで、色々イジったのか
理解できない。

この作品って、原作1巻を1クール12話のアニメにしたので
しっかり描かれてるはずなんだけど、なんでこの出来?
って感じなのですよねww

原作を全部読んでるわけではないので、そっちを無条件で
お勧めは出来ませんが、アニメは見なくても良いと思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

56.7 8 機神咆吼デモンベイン(TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (58)
392人が棚に入れました
科学と魔術理論の進歩で発展した世界。覇道財団が実権を握る大都市「アーカムシティ」は、秘密結社ブラックロッジに脅かされていた。大導師と呼ばれる魔人マスターテリオンを首領とするブラックロッジは己の欲望のままに破壊と混沌を撒き散らし、それを阻止するために、覇道財団はその対抗手段として人の手により作った偽神を開発する。その名は「デモンベイン」。そして、アーカムシティに暮らす貧乏探偵・大十字九郎は覇道財団総帥・覇道瑠璃の依頼で魔導書を探す依頼を引き受けてしまう。それが彼の戦いの始まりだった。

声優・キャラクター
伊藤健太郎、神田理江、麻見順子、黒河奈美、子安武人、茂呂田かおる、こおろぎさとみ、浅川悠、折笠愛、瀬戸奈保子、石毛佐和、中田和宏、かわむら拓央、山崎たくみ、佐藤美佳子、若本規夫、矢尾一樹、郷里大輔、川上とも子、広瀬正志、中田譲治、成瀬未亜、緑川光
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.6

ロボットものは苦手だがこれは嫌いじゃない

ニトロプラスの{netabare}ループもの{/netabare}らしいので、まどかやシュタゲが好きな私は見なければならないのかな…と思って、ロボットものは好きじゃないけど見てみた。
{netabare}結論としてはなかなか良かった。最後アルと出会えたのはご都合主義だし、原作の別ルートであの世界に残った九郎がアルを帰してくれたのがわかりにくいけど。
ロボットものだけどクトゥルフ神話をベースにしているのでファンタジーとして見られた。
若本「クトゥルーの力の前にはいかなる攻撃も無力!」すげークトゥルーすげー。
ロリハーレムなのも自分の好みだし、終盤は展開が二転三転して楽しめた。ラスボスが這いよる混沌のニャル子さん(ナイアルラトホテップ)なのはワロタ。
バトルがいつもご都合主義なのも全て仕組まれてたからで一応説明はつく。
ただループもの要素が、ずっとループしてたんだよとセリフで言うだけだったのは残念だった。
あとドクターウエストの声がFateのケイネス先生と同じだと思うとなんか笑えた。Fate/Zeroにもルルイエ出てたしニトロはクトゥルフ好きなのかね。虚淵先生の本棚にもラヴクラフトの本あったし。{/netabare}
ニトロなのでEDがいとうかなこなのも嬉しい。この人の曲はハズレないねー。
…つーか、モダンローズかなりイイ!このアニメにもったいない!いや、別に駄作だとは思わんが。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4

Moji

★★★☆☆ 3.0

デモンベイン=ロボット/(魔道書+契約)+コミカル

全12話だけあって、展開が速く、内容も薄い。
力の差があるのにさっさとやっつけない敵はどうなんだろう?
まぁ、ここで決着を付ければ、主人公の負けで全2話終了だった。
絵自体は’06年の水準なので良いのだが、ロボットと云えど魔術で動くロボットなのでバランスが悪く動きも少ない。
また、登場人物の会話時に動きがなかったり、道行く町の人々も静止画・スライド・回転カットだったりとかなり手抜きが感じられる。
そのかわり、声優は大勢使っているのでそちらに予算が回ったのだろう。
微エロがあるわりには大人向けなストーリーではなく、ニトロプラス原作に期待を裏切られた。
アニメーション制作は今は無き株式会社ヴューワークス。この作品の後、’07年倒産。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

蟹チャーハン

★★★☆☆ 3.0

EDがシュタゲのいとうかなこのスローバラードでぐっときます!

EDがシュタゲのいとうかなこのスローバラードでぐっときます。

魔術+巨大ロボ+幼女+無限宇宙でコスモを感じろ! みたいな作品です。
よくわかりませんか? はい、自分もよくわかりませんでした(笑)が、きちんと12話視聴を終えました。

世界支配を企む魔術結社との果てしなき戦い。単に魔術でバトルしあうだけでなく、人間同士でバトル→決着が着かない場合→巨大ロボかもーん! なシステムのようです。

見た目に巨大ロボどうしが斬ったり殴りあったりしてるだけ風にも見えるんですが、このあたりは最近主流の“魔術を使う=詠唱が必要”なシステムに慣れすぎてしまったから物足りなく感じるだけなのかもしれません。

とりま物語は全12話で、かなり早いピッチで進みます。1話ごとに結社の幹部候補とバトルしあって倒すというより退け、結社の企みを潰そうと奮闘するのですが…。

その結社も実際は内ゲバがひどくて、裏切り者が出たりなんだりでラスボスが何度か変更される不始末というか始末書ものでして、ここらも視聴者を無視した置いてけぼりな流れで少し不満でした。

ともあれ最終回近くではとんでもない新事実が知らされ、未知なるコスモワールドへ突入! 

ネタバレになってしまいますが、倒されたラスボスの“これで俺も解放された”のセリフに、あれだけ街やら破壊して住民殺戮してやらかしておいて、なんかいい人風にして終わらせようとしてない?! と笑ってしまいました。

良くも悪くも善悪対決だけで他にテーマがあるようでない昔のアニメ作品ぽいノリですね。とはいえ、気の強い幼女要素が好きな方なら、倍は楽しめるかもしれません!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

61.0 9 電脳冒険記ウェブダイバー(TVアニメ動画)

2001年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (12)
102人が棚に入れました
西暦2100年、世界はコンピューターネットワーク「ワールドリンク」によって結ばれていた。ワールドリンク上で世界中の子供達が交流できる仮想体験世界「マジカルゲート」に、悪性の自立コンピューターシステムデリトロスが出現。機能の殆どを侵蝕し、ワールドリンク全体、ひいては人間世界をも消滅させようと企む。

マジカルゲートを守る防衛プログラム「ウェブナイト」の1人であるグラディオンは自身とシンクロできる少年、「ウェブダイバー」結城ケントと出会い、最高のパートナーであり親友ともなる彼と共に、洗脳されデリトロスの手先となったウェブナイトと戦い、マジカルゲートに閉じ込められた子供達を救い、マジカルゲートの平和を取り戻すために戦っていく。

声優・キャラクター
小林由美子、菊池志穂
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★★ 4.2

CGが残念と言われる作品だけど内容は結構良作

【良い点】
・小学生らしい元気でかわいらしいキャラクター達。
見てるだけで元気がもらえました!
{netabare}操られてた時のちょっと悪い感じもまたいいですねw。 {/netabare}

・助けた子が仲間になっていく感じ。
{netabare}特に前半はロボットに乗れない子でも協力してたのがよかったですね。 {/netabare}

・音楽
主題歌、BGM、挿入歌ともにかなり良いです!
特にop「DIVER#2100」、「SO DIVE!」がいいです!
「DIVER#2100」はイントロからしてテンションが上がる名曲です。
主題歌が挿入歌として使われることも多いですが違和感がないです。
EDや挿入歌のKATSUMIさんの歌声も癒されます。

・CG以外の作画はいい感じ
結構安定していたと思います。
あとはOP映像は本編の作画の比じゃないくらいかっこいいので必見です。

・世界観
2000年前半というまだネットがそんなに流行ってない時代だからこその
雰囲気がいいですねー。
机の中にPCがあったり~とか楽に登校できるのがあったり~
とか憧れでしたねー!

【悪い点】
うーんやっぱりCGかなぁ・・・。
本当は全部手書きでやるはずだったのに無理矢理変更になったというの
を聞いて結構ショックでした。
大人の事情って嫌だね・・・。
内容は面白いんだから名作になってたと思うんだけどねー。
あのOP映像やグラディオン人間時のかっこいいのを見てるから
余計に勿体ないなぁと思ってしまいました。

【総合評価】
いろいろと心を熱くしてくれる作品でした。
ブルーレイ化しないかなぁ・・・。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

ぱに

★★★★☆ 3.9

懐古シリーズ③

懐古シリーズ第3弾
実はこのシリーズ、アニソンのススメという副題も兼ねている。


全52話、4クール。

子供向けのおもちゃ促販アニメ。
変形シーンはまさにおもちゃでがちゃがちゃやるための重要なところが、3Dで毎回流れた。

登場人物たちの髪型デザインがすごく気になっていて、ジョジョ4部にも負けずとも劣らない奇抜な形をしている。

登場する機体はウェブナイツと呼ばれ、その呼称には○○オンが使われており、統一感を図っている。が、その中で唯一○○オンではない機体がガリューン。
竜の出で立ちで海賊を模した眼帯と船へと変形する。

私も一番好きだったのはガリューン。
後の設定でグラディオンと並ぶランクへと改められたことを鑑みるに、人気の高さが伺える。


余談だが、杉田さんがグラディオン役のため、若かりし頃の歌声を聞きたい方は彼が作詞したグラディオンのテーマ曲を探してみるのもいいだろう。

参考にさせてもらったwikiがかなり細部まで詳しく編集されていて、記憶の補完にはもってこい。ありがたい。



さて、キャラ紹介やストーリーはwikiにぶん投げて、私は主題歌をオススメしたい!
1期2期共に最高の曲で、ぜひ一度は聞いて欲しい。
時代が時代ならデジモンとタイマンを張れるような熱い曲ばかり。
以下、wikiより

1期
OP「DIVER#2100」
作詞:及川眠子 / 作曲:平間あきひこ
編曲:平間あきひこ / 歌:R.A.M

ED「TOGETHER」
作詞:KATSUMI / 作曲:鈴木キサブロー
編曲:京田誠一 / 歌:KATSUMI

2期
OP「SO DIVE!」
作詞:高取ヒデアキ / 作曲:平間あきひこ
編曲:平間あきひこ / 歌:R.A.M

ED「Fighters」
作詞:及川眼子 / 作曲:鈴木キサブロー
編曲:河野陽吾 / 歌:影山ヒロノブ


全部オススメ!
しいて言うならSO DIVE!が一番かな
カラオケで熱唱できること間違いなし!(知っている人が居れば)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

計測不能 10 永遠のアセリア(OVA)

2005年1月1日
★★★★☆ 3.2 (5)
21人が棚に入れました
パソコンゲームのヒット作『永遠のアセリア』のOVA作品。主人公である高嶺悠人は、2度も両親を失いながらも、義妹の佳織と力強く生きていた。しかし、ある日突然、ふたりは異界・ファンタズマゴリアに召喚されてしまう。ラキオス王に囚われた佳織を救い出すため、悠人は望まぬ戦争に身を投じることになる。その右手には神剣求めと巻き込まれた戦乱への葛藤があった。佳織を守りたいという一心だったが、戦友との出会いで次第に守りたいものが増えていく……。『金色のガッシュベル!!』の櫻井孝宏、『AIR』の川上とも子をはじめとする、実力派声優を起用しているところも注目ポイントだ。

Moji

★★★★☆ 3.5

尻切れトンボならぬ、頭切れトンボ

現代から異世界へ召喚されるファンタジーモノ。
キャラ絵は髪の毛を3色使いCGエフェクトも多用されている。
画面比4:3、各巻30分、第1巻「『求め』の声」が2005年、第2巻「動き出した宿命」が2006年に発売され、それっきり…。
なので、ちゃんとした評価は下せず、物語は「面白くなりそうだった…」としかいえない。
2巻2話までのストーリーで考えると、13話以上は必要そうだ。
そういった中途半端な作品なので、お勧めはしないが、機会があればどうぞ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

計測不能 11 いくぜっ!源さん(TVアニメ動画)

2008年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
12人が棚に入れました
舞台は浅草の如き下町情緒溢れる部乱目町(べらんめいちょう)。建設会社「桐島組」の三代目大工源さんは、義理人情にあつく昔気質で大工の腕はピカイチ☆でも少~しおっちょこちょいの源さんが繰り広げるドタバタ人情コメディ。

計測不能 12 ぼくは はちぞう(OVA)

2005年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
『白いジェイク』などで知られる絵本作家・葉祥明のキャラクターを起用したCGアニメーション作品。羽を持つゾウのような見た目で、ミツが大好きなはちぞう。自分がどこで生まれたのか、母親が誰なのかも知らない。そこで、はちぞうは本当の自分と母親を探す旅に出るのだった。そして、この旅路の中で出会った仲間や美しい自然との遭遇を経て、はちぞうは少しずつ成長していく……。はちぞうは、母親を見つけ出すことができるのか?
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ