【魔法使いチャッピー】

魔法使いチャッピーを観るなら、
U-NEXTがおすすめ

※2020年9月にアニメ放題がU-NEXTに事業継承され、あにこれとアニメ放題の契約はU-NEXTに引き継がれました

U-NEXTと言えばドラマとか映画ってイメージだったので、アニメ配信サービスが主じゃないと疑っていたにゅ。
それで直接U-NEXTに聞いてみたにゅよ。

U-NEXTよ。
お主はアニメではないとおもうにゅ。

みんなからそういわれますが、実はU-NEXTはアニメにチカラを入れているんです。アニメ放題を受け継いだのもその一環ですし、アニメに関しては利益度外視で作品を増やしています。
これをみてください。

アニメ見放題作品数

U-NEXT作品数

アニメ見放題エピソード数

U-NEXTエピソード数

※GEM Partners調べ:2019年12月時点
・洋画、邦画、海外TV・OV、国内TV・OVを含むすべてのアニメ作品・エピソード数の総数
・主要動画配信サービスの各社Webサイトに表示されているコンテンツのみをカウント
・ラインナップのコンテンツタイプは各動画配信サービス横断で分析できるようにするため、GEM Partners株式会社独自のデータベースにて名寄せ・再分類を実施

なんと!?あのdアニメストアを超える作品数に成長していたにゅか!?

そうなんです!
時期によって作品数は増減しますが、わたしたちは常にアニメでNo.1であろうと本気で目指しています。

というのも、日本のネットって検索はGoogle、ECはamazon、ソーシャルはTwitterやinstagram、Facebookと、日本がNo.1の市場ってほとんどないですよね?
そしてこのままだと、動画配信もNetflixかhuluになってしまいます。

たしかに。そういわれるとそうにゅね。ちょっと悲しいにゅよ。

実はNetflixは日本以外の国ではほぼほぼNo.1になっているんです。
でも日本ではまだNo.1になれていない。
その理由を調べた結果、日本でNo.1を決めるのは、映画でもドラマでもなく、アニメファンに如何に使ってもらえるかにかかっているという事がわかってきたのです。

そんな大事な頂上決戦が、アニメで決まってしまうにゅか?!

そうです。でもU-NEXTがどんなにアニメを増やしてNo.1になっても、アニメファンに気付いてもらえないと意味がない。だからあにこれさんと一緒にやっていきたいと思っています。

U-NEXTは想いのあるサービスだったにゅね!そういうことならにゅにゅ頑張っちゃうにゅうよ!
日本の文化であるアニメを日本の企業でNo.1にしてみせるにゅ!

ということで、U-NEXTを本気で応援していく事にしたにゅよ!
そもそもU-NEXTとは消費税5%の頃から提携していたこともあって、開発陣とも友達にゅ。


みんな、とりあえずU-NEXTを無料体験するにゅよ~!

しかも、アニメ以外の結果も衝撃!!

U-NEXTアニメ以外比較

洋画、邦画、アニメ、韓流ドラマの4つでNo.1で、それ以外の海外ドラマとか国内ドラマでも2位なんにゅね!!

その通り。
事実、見放題だと作品数もエピソード数も25か月連続でU-NEXTがNo.1なんです。

U-NEXT動画配信サービス見放題作品数調査

全ジャンルの見放題作品数でもU-NEXTがNo.1。
アニメの作品数、エピソード数でNo1.

驚くことに2位のamazonプライムやTSUTAYA TVが44なので、作品数で他社と2倍以上の差が開いているくらい今やU-NEXTの作品数が圧倒的なんです。

ラインナップで選ぶならU-NEXT一択と言っても良いレベルなので、無料期間にNo.1のラインナップを体験できるのも凄く楽しい体験になると思います。

>>初回1ヶ月無料で4000作品のアニメを今すぐみる

ちなみにU-NEXTって
どんなサービスですか?

にゅにゅではわからないので、運営の黒澤が実際に3か月ほど使ってみて良かった点をご紹介します。
最近、毎日ログインしているのでバッチリプレゼンします。

とにかくアニメ作品数が多い。AmazonPrimeで無料がない時も、U-NEXTでたいがい全話観れる!(他社の独占除く)

最初は、アマプラより今期は少ないかなぁ~と思ってたら、放送開始後にどんどん増えて、今やほぼ全部配信している状況です。
先ほどのアニメ見放題作品数のグラフを観ると、U-NEXTが100に対して、アマプラは23なので、ほぼ5倍の作品数があるって事になるので当然と言えば当然ですが。


そして驚くほど高画質でストリーミングが早い。
パッと再生、サッと早送りできます。
なので「FGO絶対魔獣戦線バビロニア」のケツァル・コアトルのあの画面からはみ出しそうなバトルシーンを大迫力でみれて大満足!
SAOで言うと、SAOのバトルシーンの5倍くらいの規模感のシーンもちゃんと止まらず高画質でみれるってことです。

観てください、この今期のアニメのラインナップ。

TVアニメはもっとすごい!今期のアニメ

ここには載せきれないほどの最新アニメが見放題で配信されています。各クールのアニメもU-NEXTでまとめてくれているので、気になる人はそこからみてくださいね。

今期のアニメだけじゃなく、前期、前々期と、最新アニメをほぼ網羅しています。
だから、見逃した前期のアニメを一気に観たり、今期のアニメを1話から視聴したりとアニメファン納得の内容になっています。

そして過去の名作はもちろん、あにこれの総合得点ランキングをほぼ網羅しているというラインナップ!
なので、観たいと思ったらほぼすべて観れるんです。

U-NEXTで気になる高評価アニメ映画

あにこれのアニメ映画ランキング上位がジブリ作品以外はすべてある驚愕のラインナップ!最新作の『天気の子』まであります。

『天気の子』も『復活のルルーシュ』も、そして他のサイトでみかけない『攻殻機動隊』もあるんです!!!!

そしてなんと、なんとあの『劇場版SHIROBAKO】様を独占配信中!
シロバコはわたくし、大興奮で、映画館でも2度観ましたが、年末の大掃除後に今年のアニメ納めとして絶対見るぞと今から楽しみにしています。

1ヶ月じゃ見切れないほどの名作の数々

作品数がNo.1だけあって探し切れなくなりそうですが、僕がU-NEXTを使い始めた事もあって、あにこれで簡単にさがせるようにしますので、楽しみに待っていてくださいね!

※まだまだ配信中がありますが、載せきれないので残りはサイトで確認してください。

これらがすべて1サイトで観れるって、優秀ですよね。。。

あにこれの総合得点ランキング上位作品をほぼ網羅。このラインナップには運営も驚きました!
アニメだけでも凄いのに、アニメ以外もNo.1。

だから、
「気になってたけど観てない映画があった」
「もう一度あのドラマがみたい」

なんて要望にもこたえられちゃうんです。

これからせっかく1ヵ月無料で体験するんですから、アニメ以外の映画もドラマもいっぱい見て楽しんでくださいね。

コスパ最強!U-NEXTメリットまとめ

アニメの最新話の更新がすごい速い。

テレビで放送した翌日にはU-NEXTで配信されるので急に話題になった時においてかれない。
普段アマプラばかり使っていたので、TV放送されてから1週間後に更新されるのが当たり前みたいな気持ちになっていましたが、なんとU-NEXTは次の日に更新されるんです!
これにはわたくし、ビックリです!?
「えっ、次の日に見れちゃうの?」って驚いて、だからいつも録画していたんですけど、最近は録画する数がかなり減りました。

UIが良くて動画の「進める」、「戻す」が簡単。

U-NEXTはUIが本当によい!
動画再生時の操作がスムーズで、再生する話数の選択も使いやすく、ナルト疾風伝のおもしろい話をかいつまんで全500話を一気にみれたのが良かった。

U-NEXT再生時画像

言語設定や再生速度はもちろん、30秒進めたり、10秒戻したりかゆいところに手が届く設計

U-NEXT再生時画像

エピソードの選択もラクラク。長編アニメもかいつまんで観れる。

ダウンロードがとにかく速い。

出かける10分前でダウンロードが間に合うので数話ダウンロードしておくと電車の移動が気付くと一瞬で終わっている。とにかく早い。

U-NEXTダウンロードサンプル

手間なく次々とダウンロードできオフライン視聴できる。ダウンロード中はアイコンが変わる。

アカウントIDが4つももらえるのが便利!

1契約で4つIDを発行できるので、テレビでみながら同時にipadでも別の作品を同時に再生できるのが便利。家族にもアカウント共有できたのでとても喜ばれた。

U-NEXT 対応デバイス

アニメの気分じゃない時に、パッと昔の映画が観られて良かった。

たまにはアニメ以外のものが観たいと思った時に他のコンテンツが充実しているのが地味に嬉しかった。

こんな感じでアニメ作品数がNo.1というのも驚いたにゅけど、それだけでなく、更新が速かったり使い勝手がよかったりと、素晴らしいサービスみたいにゅ。

実際の使いやすさは使ってみないとわからないと思うので、以下から無料体験してみるにゅ!
百聞は一見にしかず。にゅにゅもさっそく使ってみるにゅよ~!

Anitubeなど違法動画サイトで無料で観るのは危険?

「Anitubeなどの違法サイトを使えば無料でみれるから」

と思っていた人も多いかも知れませんが、2019年2月に著作権法の改正案を文化庁がまとめました。

その内容は、
「権利者の許可なく、インターネット上のあらゆるコンテンツについて、著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする」こと。

と定められています。

ただ視聴するだけなら問題ないじゃん!と思うかも知れませんが、視聴するだけでダウンロードしているのはご存知ですか?

動画を違法サイトで視聴するという事は、実はスマホやパソコンにデータをダウンロードしながら、それを画面で再生しています。

つまり今回の著作権法の改正におもいっきり抵触する事となり、従来のような罰金ではなく前科のつく刑事罰として逮捕されるようになります。

また違法なサイトにアクセスした場合は警告文を出すなどの話題も上がっており、これは言い換えれば、

「あなたが違法なサイトにアクセスした瞬間にその証拠を握られる」

ことを意味しています。つまり、違法サイトにアクセスしたら、いつでもあなたを逮捕できる状態になってしまいます。

まだ確定ではないので、今後どうなっていくかはわかりませんが、この大きな違法動画サイトへの流れは変えられません。

だから、早期にちゃんとした正規の動画配信サービスを使うことをおすすめしています。

魔法使いチャッピーのストーリー・あらすじ

東映アニメーション(当時は東映動画)が“原点回帰”を目指して製作した魔女っ子もので、原点である『魔法使いサリー』のリメイク的な要素も強い。当時のパンダブームを受け、パンダのドンちゃんもマスコットキャラとして登場した。旧来の生活に飽きた魔法の国のチャッピーは、人間の国に憧れる女の子。彼女は魔法のバトンを持ち出して弟のジュンとともに人間界へ降りようとするが、なんとパパやママたちも一緒に人間社会に向かってしまう。はたしてチャッピーたち一家が人間界で目の当たりにするものは? 脚本に『人造人間キカイダー』など数多くの特撮番組を手がけた長坂秀佳も参加しているなど、特筆すべき点も多い。(TVアニメ動画『魔法使いチャッピー』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1972年春アニメ
公式サイト
www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/chappy/
主題歌
《OP》スリーシンガーズ『魔法使いチャッピー』《ED》富田耕生『ドンちゃんのうた』

声優・キャラクター

増山江威子、千々松幸子、富田耕生、矢田耕司、渡辺典子、津田延代、小串容子、白川澄子、野沢雅子

スタッフ

企画:飯島敬/宮崎慎一、製作担当:江藤昌治、脚本:辻真先/滝三郎/雪室俊一、演出:芹川有吾/勝田稔男/池田宏、美術:山崎誠/横井三郎/伊藤英二、音楽:筒井広志

既に11件のレビュー・感想・評価が集まっています

kain さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0

タイトルなし

あれアライ熊でしたっけ? ここまで書いて、話をまったく忘れているのに気づきましたorz ...

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

ルカ☆ルカ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

ひみこ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

もっとみる(全11件)

魔法使いチャッピーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
魔法使いチャッピーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの関連ニュース

2019-03-29

ただ1人の推しヒロインと添い遂げ、世界を我がものとせよ!?ブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』メディア体験会レポート - インサイド | おすすめゲーム情報・攻略

ただ1人の推しヒロインと添い遂げ、世界を我がものとせよ!?ブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』メディア体験会レポート >> 続きを見る

2018-07-08

アニメ「BLEACH」×スイパラ、海の家モチーフのコラボカフェ開催 - ナタリー

アニメ「BLEACH」×スイパラ、海の家モチーフのコラボカフェ開催 >> 続きを見る

2017-08-28

「アニサマ」大トリは“クイーン”水樹奈々、2018年もSSAで3DAYS開催(ライブレポート) - ナタリー

「アニサマ」大トリは“クイーン”水樹奈々、2018年もSSAで3DAYS開催(ライブレポート) >> 続きを見る

このアニメの類似作品

この頃(1972年春アニメ)の他の作品

もしかしたら犯罪かもしれない海賊版違法無料動画サイト

アニチューブ(anitube)

アニチューブ(anitube)

「Anitube」は海外で違法に運営されていた動画サイトでした。日本で放送されたほぼすべてのアニメ動画が観れるサイトとして違法サイトの中では代表的なサイトとなっていましたが、漫画村の事件から日本政府が不正海賊版サイトを遮断するようになり、その際ににanitubeも閉鎖されています。今では「Anitubeが見れない!」という状態となっています。代わりになる類似サイトとしてAnitubeX(https://www.anitubex.net/)Anitube Brasil(https://anitubebrasil.net/)もありましたが現在では閉鎖されています。また最近ではアニチューブが移転して復活したという噂もありますが、違法動画サイトでいつ使えなくなるかもわからないので利用は辞めておきましょう。

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)は日本で運営されていた、主にアニメを中心とした無料動画の情報のまとめサイトでした。しかしアニポで紹介されていた動画はすべて違法にアップロードされたアニメ動画であった為、2018年2月に漫画村などの違法にコミックをアップロードしているサイトが社会問題化した流れで閉鎖され「アニポが見れない」と騒がれました。しかし、数日のうちにアニポに変わるサイトとしてanipo.tvとして新URLで復活しています。ただし、新しいアニポは危険なサイトとしてウィルス感染が報告されており、かなり危険そうなイメージです。そもそも違法サイトという事もあって、利用は辞めておいた方が安全だと思われます。

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画は株式会社ドワンゴが運営する動画配信サイト。以前は違法アップロードされたアニメが横行していましたが、現在ではアニメに特化した「ニコニコチャンネル」もあり、有料の動画配信サイトとしてアニメが観れるサイトとなっています。コメントが打てる動画サイトとして有名で、ニコニコ生放送やニコニコ静画なども人気を博しています。

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotionは、フランスで生まれたYoutubeのような動画共有サービスで、日本では違法な動画が多い為、anitubeなどと同じような海賊版サイトと思われがちですが、むしろ世界的にはYoutubeと類似した機能を持つ動画サービスです。ただしここにアップロードされているアニメは基本的にはすべて違法動画であり、視聴したりダウンロードする事は違法な行為となります。

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

Pandora TVは韓国が運営する動画共有サービスです。違法な動画ばかりで、また広告が多く、ウィルスに感染させるバナーなどが多く掲載されていたため、危険なサイト、違法なサイトと日本では認知されています。

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)は中国が運営する動画共有サービスです。基本は個人が動画を共有する事を前提としたサービスでしたが、違法なアニメ動画を大量配信しているサイトです。またその動画をみたい日本人にむけて日本語に対応している事で日本人で違法なサイトでアニメを視聴したい人に人気でした。ただし、中国も徐々に違法な動画の撲滅に動き始めており、以前よりも違法な動画は減り、徐々にアニメを違法で観るサイトとしては下火になりつつあります。

kissanime(キスアニメ)

kissanime(キスアニメ)

キスアニメは日本アニメやドラマ、映画などを違法にアップロードしているサイトです。最近では閉鎖したアニチューブの代わりとして多くのユーザーがkissanimeに移行したようです。ただしkissanimeは運営者やアップロードしている人が不明なために視聴していた動画に何かが仕込まれているという可能性はゼロではなく非常に危険な可能性があります。またウィルス広告が出る、過去にハッキング被害を受けている、という歴史もあり、パソコンやスマホ、タブレットで閲覧するとそのデバイスが壊れてしまう可能性もあるため、kissanimeにアクセスはしないようにしましょう。

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポストは既に閉鎖(非公開)された違法動画の紹介サイトで、anitubeの違法動画へリンクする事でアニメを紹介していたサイトです。名前が似ている事からアニポの正式名称だと思われがちですが別のサイトです。どちらも違法な動画へ利用者を誘導していた事は共通しており、漫画村事件をきっかけに、身の危険を感じた運営者がサイトを閉鎖させたようです。

×
ページの先頭へ