「機動戦士ガンダム F91(アニメ映画)」

総合得点
72.1
感想・評価
461
棚に入れた
2542
ランキング
1190
★★★★☆ 3.8 (461)
物語
3.7
作画
3.9
声優
3.7
音楽
3.9
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

nyaro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

貴族と軍の腐敗、親と環境。UCユニコーンの要約版…かな?

 構造的にはUCと一緒です。貴族のノブレスオブリージュ、親子問題、地球と宇宙の関係性、環境問題、軍の腐敗、人間の悲惨な死の場面、バイオコンピュータ、強化人間。高貴な少女とガンダムを作り続ける家の少年の物語です。

 UCとの類似性だけでなくいろんな富野作品の既視感満載です。それぞれの作品が作られた時系列はすぐにわかりませんが、逆シャア、Vガン、そういったものを含めて、結局富野氏の言いたいことは何か集約されて行く感じです。それと子供以外の女性の描き方がひどいのも氏の特徴が表れています。

 Zと逆シャアの間的な何かを感じることもできます。ハサウエイにも絡みますね。その辺の言い換えかもしれません。大衆はモノを考えられない。軍は腐敗する。貴族は特権を享受するが一部の理想主義者が暴走を始める。環境が不可逆的な破壊まで進む気配。ガンダムの戦いは局地戦では活躍しますが、本質は変わらない。それぞれの人間に理屈はあるが視野が広くない。女性はコワイ。親の理念は子供にとっては呪いである。

 それを統合すると、文明はリセットするしかない、というニヒリズムというか虚無主義に行き着く気がします。初代ガンダム時は宇宙コロニーは肯定的に人類の未来のような雰囲気もありましたが、最終的には否定しているのでしょうか?
 ニュータイプというコミュニケーションに限界を感じていたのかもしれません。Vガンでひどいことになるし。

 そういえばフェアチャイルドって軍用機を作ってた航空機メーカーですよね。意味があるんでしょうか。

 F91のタイトルロゴに草が絡みついているのに気が付きましたでしょうか?またレタリングの雰囲気が貴族っぽい飾り文字でもありました。ひょっとしたら、人類の未来は大衆による民主主義ではなく、超人=大衆のルサンチマンを克服した人、高い目標のために生きられる人による中世以前の文明レベルで自然と共に生きる独裁が理想と思っているのかも、と思ってしまいます。

 つまり作品の内容そのものはいつものガンダムの要約みたいな感じです。プロット紹介で終わってしまった気もしますが、UCユニコーンの特に前半のエッセンスとして予習になるかもしれません。冒頭しばらくUCと区別がつかないほど似た展開に少し驚くくらいです。
 あるいはF91の続きはユニコーンと似たような展開になるという想像もできます。

 アニメは初めの30分くらいは良く、それ以降はひどくなり、最後だけはかなりいいです。通常は4クール、20分×50話として1000分。エンタメが半分あるとしても500分の主張のエッセンスを120分ですから、物足りないことは物足りないです。


 評価は難しいです。考察は面白いです。しかしストーリーの出来は悪くないけど良いとは言いきれないというレベルで3.5かな。キャラは魅力はないですねえ。ミネバ様とセシリーを比べるとそれは明らかですし、セシリーの内面描写は自分の役割を自分で解説しているような感じです、軍人その他の粗野な描写の意図は汲めなくはないですが不快感はあります。敵役の魅力も鉄仮面だし…3にします。

 歌は森口博子さん?まあ、余計というか要らない?2.5かな。作画は良いところもありますが、物足りない部分も多かったです。3…いや最後に免じて3.5ですかね。声優さんは古き良き演技です、3.5。

 トータルで3.2ですが、そこまでひどくはないです。主観でいえば75点くらいは上げていいかも。

投稿 : 2023/11/09
閲覧 : 177
サンキュー:

8

機動戦士ガンダム F91のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
機動戦士ガンダム F91のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

nyaroが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ