アニメ掲示板

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

あにこれのレビューは一方通行で、意見交換するのには向いていませんよね。ここでは、自分の感想を意見交換することを目的とします。最新のアニメに限らず、旧作、マイナーな作品などでも構いません。人それぞれの感想に嘘はありませんので、相手への誹謗中傷は厳禁です。あくまで自分の感想と、そう考えた根拠を語り合う場として利用します。

86-エイティシックス- 最終回まで

12話はどう見ても総集編なので飛ばして視聴。

評価が難しい作品だけど、まず4話くらいかな?レギオンは2年間で活動停止しないから、共和国は滅ぶって話が出てきた辺りから、視聴がとても楽になった。

そこから、12話まで快調なペースで視聴する事が出来たのだが、僕が良く言う4話くらいから劇的に面白くなったのか?と聞かれたら、解らない。

あまりにも救いが無いシナリオな為、光明が射す瞬間が訪れる事を期待して視聴意欲が沸いたという部分が非常に大きい。

そして、結果として光明は射さなかった。強いて言えば10月から2期が開始するというニュースが光明なんだけど、1期という括りで評価する場合、それは関係ない。

こんな理不尽な戦いに投じられたら、カッコよく戦って死ぬよりも、反乱を起こした方が可能性があると思うのは僕だけか?少なくとも暴動が発生すると思う。

また、主人公の女の子の仕事の意味が解らない。最前線と安全な場所という構図を作るのに一工夫足りない気もする。全くやる気のないその他軍人とかも度が過ぎていると感じる。

細かい事を言えば、最初からかなり差別意識の強い状態で差別される側を強制徴兵しても、士気が低すぎて使い物にならない。ある程度祖国に対して思い入れがある状態だと仮定するなら、最終的に豚扱いされるまで差別されてしまう事が不自然に思う。

細かい事と書いたのは、作中ではそこがあまり気にならなかったから。結局、86側が達観してしまっていて、無理矢理戦場に連れてこられるような描写が無いからなんだと思う。

シチュエーションとしては極めて斬新な作品なんだけど、オーソドックスなニュータイプ主人公が大活躍して戦争に勝利するというベタなタイプを何一つ超えなかった。

こういう話を作ってはいけないのではない。作るのだったら史実にするべきだ。それなら誰も文句を言えない。わざわざ頭捻って何で不幸な話を書こうとするのか?意味が解らない。

幼なじみが絶対に負けないラブコメ 最終回まで

タイトルから判断されるイメージとは、僕的にかなり違う作品だったが、それは良いとして、既視感が非常に強いタイプで、キャラが可愛いのに、妙に面白くない。

伝説の子役が高校生になって・・・・ってシチュエーションって、個人的に無難に興味深い内容だとは思えない。何故かと言うと、子供と高校生じゃ全然違うし、子供時代は可愛かったのに、大人になると、可愛くもなければ、カッコよくもないなんてことはざら。

従って、消えた子役、伝説の元子役ってステータスの使い方がシックリ来ない感じがした。そんな過去の人が現在のイケメンアイドルみたいな同級生のステージに乱入してダンスを披露するとか、普通に考えておかしいでしょ。

この作品は、過度に子供でも社会を動かせると考えている匂いがキツイというか、その場その場での行動と結果が、じっくり考えた茶番というか、ご都合の域を全く出ていないと感じる。いいタイミングでテレビ局から依頼が来るとか、CM作成とか撮影なんて結構な金が動くビジネスなのに高校生に予算の半分をかけるとか。

肝心要の女の子たちも、多分最終回でヒロインの一人が語った「おさかの」という概念が全てを表していると感じる。

「おさかの」とは幼馴染みたいな彼女とか、押さえておきたい彼女という意味。この作品は主人公中心に3人のヒロインが全員幼馴染という特徴があるので、結局、3人とも「おさかの」として、付かず離れずって形で収めたって話なんだと思う。

告白したけど、主人公が一人に選べなくて迷っているなら、「今の無しで」みたいな感じで結論を保留するスタイル。

こんな作品だから、女の子達は主人公の事が好きだと丸出しで、アピールしてれば恋は叶うと考えてそうなアホさがあるというか。勝手に終始デレデレしている感じで、ひどく魅力が無いヒロインたち。

昨今だと「異世界魔王」とかハーレム物だけど、ヒロインたちが、自分を選んでくれと主人公に迫ったりしない。それがハーレム物。一人選んだらハーレムが成立しない。

片や三角関係物とかは、告白されたのに結論を出せない主人公なんて優柔不断で済まされるレベルじゃない不誠実さ。ゆえに最後の結論まで告白されないし、告白されたらYESなりNOなりきっちり答えて終わらせる。

本作は何だ?すげぇ可愛い女の子に迫られ、明らかに自分の事が好きだと解るのに結論を出さない事で、この状態をキープする作品。斬新なラブコメだと思う。そして全く面白くないラブコメ。

ラブコメの魅力は主人公が女の子をデレさせる為の納得できる行動と、デレた女の子の可愛さにあると思うけどね。終始一貫してデレている女の子をなびかせておくだけのラブコメってなんだ?こんなのいらんでしょ。

精霊幻想記 4話まで

異世界転生、地球人時代の武道経験を生かして、子供なのに強く、魔法の才能もある。どこにでもある俺TUEE物の体を成しているのだが、この手の作品の中でも序盤の話の持って行き方はトップクラスだと思う。

まず、過度の階級社会で貧民の人権など認められていないような世界で、理不尽な扱いを受けるという取っ掛かりが良い。「盾の勇者の成り上がり」もそうだけど、こういう話にすると視聴者は憤りを共感しやすいし、共感しなくても、理不尽な状況の改善、ストレスの発散を自然と願うから、話の続きが気になる作りになる。

この手の作品で異世界転生者が異世界のイロハを何らかの理由で知っていて、何の迷いもなく「冒険者ギルドに行こう」みたいな事を言い出す作品が多い。この手の作品は冒険者になってから始まるようなもの。つまり、転生してからギルド行くまでなんて、話が始まってないと言える。だから糞つまらない。本作のように最初からシナリオが動き出す方が遥かに上と言える。

次に主人公が強いと言っても、圧倒的に強いわけではなく、きちんと魔法学校みたいなところで修行している所。主人公が強くないと始まらないのだけど、最初から最強の作品はハーレムを作るような話には向いているけど、シナリオを考えた場合、強いから負けるはずがなく、結局単調な話になりがち。

4話まで見てあえて気になる点を言えば、だんだん普通の異世界転生物みたいになってしまった感じがすると言うか。

階級社会の解消をテーマにしても1クールくらいのアニメは作れたと思う。「盾の勇者の成り上がり」も汚名返上するまで1クールくらいかかってたと思うし。

本作はOPなどを見るに結局はハーレム的になるような気がするけど、故郷に向かって冒険を始めて、可愛い獣人の仲間が出来るとか、だんだんありきたりな方向に進んでいるのが気になるところ。

ラブライブ!スーパースター!! 2話まで

無印、サンシャイン、虹ヶ咲は何だかんだ言って、皆同じような顔だった気がするけど、本作のキャラデは同じ人なのだろうか?旧作とは雰囲気が違う気がするが、残念な事に一番可愛くない。

ストーリー展開は無印、サンシャインと似たり寄ったりの王道な感じだが、その分違う話にする必要性がネックになって、今一つな感じになりそう。

虹ヶ咲が駄作だった為、イメージが悪く期待できない僕がいる。

アイドルのサクセスストーリーは私的ツボだと何度か書いた気がするけど、「レモンエンジェルプロジェクト」とか「らぶドル」は普通に面白かった。

見たことある人もそう多くないだろうけど、「Re:ステージ!」とか「22/7」とかよりずっと面白いと思うけどなぁ。虹ヶ咲なんて比較にもならない気がする。

ここ最近のレベルを考えるとアイドルのサクセスストーリーは高確率で低レベル作品に思える。

本作もあまり期待しない方がいろんな意味で良さそう。

蜘蛛ですが、なにか? 最終回まで

悪くはない作品だと思う。

主人公が蜘蛛になったからと言って、都合の良いレベルアップと都合の良いスキルで、どんどん強くなっていくという展開は、ありきたりな水準を出ていない。悠木碧演じるコミカルなキャラクターも鬱陶しい感じが若干あって別に良くもない。

蜘蛛バトルは戦略性や絵的に結構頑張っていたのかも知れないけど、まぁ蜘蛛だからね。アニメの世界では蜘蛛みたいな動きする人間も簡単に描けるけど、人間ベースの方が強そうに見える。蜘蛛が蜘蛛っぽい動きや糸出すのは普通の事だし。

マイナス面が目立つ書き込みになったけど、良かった部分は、蜘蛛が主人公のパートは結構な過去の話からスタートしていて、勇者が主人公のパートは現在を描いている。蜘蛛がどういう経緯で現在何やってるのか?ってのがだんだん近づいてくるストーリーや、ゲーム世界なのかファンタジー世界なのか微妙な世界観が少しずつ明らかになって行く感じ。

まぁシナリオなのかな。

最後の方では勇者のパーティーが弱すぎて、演出的に魔王側、吸血鬼側が悪のように描かれている関係で、何か妙にスッキリしない。最後の最後で蜘蛛はほぼ人間のような姿で魔王軍に属している事が判明。勇者が守っていたエルフ側が悪のようなどんでん返し。

どんでん返しは良いんだけど、これだと勇者がアホでしょ。蜘蛛とか魔王が結局勝者になるような話って、それが主人公だろうが何だろうが少し受け入れられない感がある。結局、蜘蛛が主人公って時点で無理が出てくる作風って事なんじゃないかな。

強い奴は何だかんだ言って時間をかけて強くなっているのだと思われ、ご都合な強さではないのだが、ステータスだとかスキルだとか言い出すと、それは気合とか根性では勝てないって話になってしまう。また、人間の成長力の無さに理不尽な思いを抱く。引けない戦いをしている勇者のパーティーを応援する気になるんだけど、見ていて絶望しかない感じになる。

Dとかいう管理者含め、全体的に人間らしい感情が希薄なキャラが多い印象。人間なら当然の説明責任を果たさない感じ。それが複雑なシナリオに繋がっているのではあるが。お話は非常に興味深いんだけど、全体的に悪趣味な感じが鼻についてしまう作品。まぁ主人公を蜘蛛にした時点でお察し。

※アニメ掲示板へのカキコミは、ユーザー名が表示されます。

ここ最近、掲示板で個人に対する誹謗中傷が増えています。運営にて該当のスレ、コメントの削除などを順次対応していますが、アニメ掲示板はアニメをより楽しむ為の掲示板です。あにこれ内の誰かを非難したり、悪く言ったりする事は掲示板の目的に反しますので、そういった目的での利用はやめてください。

投稿に関しては利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。利用規約の禁止事項や免責事項に反する場合、事前の通告なしに投稿を削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
権利侵害に関する削除依頼についてはこちらからご連絡ください

タイトルの通りです。
絡むもおk。
スルーもおk。

モットーは、
ぬるく、ゆるく。されど全力。

マジか、dアニで『巨神ゴーグ』観れるようになっとるやん!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/24/news078.html

権利者に無断で動画や画像利用して版権侵害しとる連中がバンバン逮捕されとる罠
ここも無転多くてヤベーとちゃうかw

コンテンツ海外流通促進機構さんよ知的財産盗む連中ガンガン摘発頼むぜよ

あにこれは、そのAT-X先行の最終話、ちゃんとAT-Xで観たの?違法アップロード動画で観たんじゃないの?
と言いたくなる奴がすごく多い

正式タイトルは「100日間生きたワニ」なんだよなぁ。
すでに登録されてるんだよなぁw
https://www.anikore.jp/anime/13392/

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10246886740
運営バーカ
ネット20年やったけど、ネットサービスの中であにこれの運営が一番頭が悪い

※アニメ掲示板へのカキコミは、ユーザー名が表示されます。

ここ最近、掲示板で個人に対する誹謗中傷が増えています。運営にて該当のスレ、コメントの削除などを順次対応していますが、アニメ掲示板はアニメをより楽しむ為の掲示板です。あにこれ内の誰かを非難したり、悪く言ったりする事は掲示板の目的に反しますので、そういった目的での利用はやめてください。

投稿に関しては利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。利用規約の禁止事項や免責事項に反する場合、事前の通告なしに投稿を削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
権利侵害に関する削除依頼についてはこちらからご連絡ください

タイトル通り
昔、あるいは子供の頃に見た、
タイトルのわからない、でも記憶、印象に残っているアニメを
誰かが質問して、誰かが答えるスレです。

「おすすめのアニメ教えて」というスレではありません。


質問する時は

「何年くらい前」あるいは 「何ヵ月くらい前」に見たのか、

そして作品について覚えていることを書いて投稿してください。

>>138
主人公が黄色い髪ではないので流石に違うと思いますが、「ロックマンエグゼ」を挙げておきます。

>>137
画像検索したら『オオカミさんと七人の仲間たち』が出てきました。

2000年 おそらく2005年か2006年
キッズステーションで深夜見てた記憶があるアニメです。1クールで主人公が自分の精神状態に合わせて剣が出現して、同じ力を持った者と戦う様な物語です。どうしてもタイトルが思い出せません
お知恵貸して頂きたいです。よろしくお願いします

2000年から2008年までの間の土曜日か日曜日の朝に放送されていたアニメで、主人公たちは身体にモンスターに変身する球体を埋め込んでいて、主人公は序盤それを制御できず途中まで鳥頭のモンスターを使っていたという記憶しかないのですが、どなたか詳細が分かったら教えて下さい。
思い出せずモヤモヤして夜しか眠れません。

2000年前後だと思います。主人公の少年が旅していたのかとある町にやってきて暴れてる連中がいました。戦車みたいで前にドリルがついていてそれで町を破壊したり地面に潜ったりしてそれを止めようとします。太陽と思っていたものが核だと築きポニーみたいな緑色のペットにまたがり空を飛んでそれを壊して話が終わります。
タイトルが分かる方がいましたら教えてほしいです。

※アニメ掲示板へのカキコミは、ユーザー名が表示されます。

ここ最近、掲示板で個人に対する誹謗中傷が増えています。運営にて該当のスレ、コメントの削除などを順次対応していますが、アニメ掲示板はアニメをより楽しむ為の掲示板です。あにこれ内の誰かを非難したり、悪く言ったりする事は掲示板の目的に反しますので、そういった目的での利用はやめてください。

投稿に関しては利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。利用規約の禁止事項や免責事項に反する場合、事前の通告なしに投稿を削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
権利侵害に関する削除依頼についてはこちらからご連絡ください

下記の作品について登録の検討をお願いします。

◆タイトル
幼女戦記『砂漠のパスタ大作戦』

◆よみがな
ようじょせんき『さばくのぱすただいさくせん』

◆放送時期
2021年6月27日

◆カテゴリ
OVA
参考
https://twitter.com/youjosenki/status/1408983674322829316

◆あらすじ
過酷な現場に食料面で少しでも配慮をしようと、レルゲン大佐が戦場に送付したのはなんと乾燥パスタで……。

下記の作品について登録の検討をお願いします。

◆タイトル
OAD付き 転生したらスライムだった件(13)限定版 「外伝:HEY!尻!」

◆よみがな
おーえーでぃーつき てんせいしたらすらいむだったけん(13)げんていばん「がいでん:へい!しり!」

◆発売日
2019年12月04日

◆カテゴリ
OAD

◆あらすじ
以下の内容紹介があらすじと思われます。
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000318383

下記の作品について登録の検討をお願いします。

◆タイトル
OAD付き 転生したらスライムだった件(14)限定版 「外伝:リムルの華麗な教師生活 その1」

◆よみがな
おーえーでぃーつき てんせいしたらすらいむだったけん(14)げんていばん「がいでん:りむるのかれいなkとうしせいかつ その1」

◆発売日
2020年03月27日

◆カテゴリ
OAD

◆あらすじ
以下の内容紹介があらすじと思われます。
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000318384

下記の作品について登録の検討をお願いします。

◆タイトル
OAD付き 転生したらスライムだった件(15)限定版 「外伝:リムルの華麗な教師生活 その2」

◆よみがな
おーえーでぃーつき てんせいしたらすらいむだったけん(15)げんていばん「がいでん:りむるのかれいなkとうしせいかつ その2」

◆発売日
2020年07月09日

◆カテゴリ
OAD

◆あらすじ
以下の内容紹介があらすじと思われます。
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000318386

下記の作品について登録の検討をお願いします。

◆タイトル
OAD付き 転生したらスライムだった件(16)限定版 「外伝:リムルの華麗な教師生活 その3」

◆よみがな
おーえーでぃーつき てんせいしたらすらいむだったけん(16)げんていばん「がいでん:りむるのかれいなkとうしせいかつ その3」

◆発売日
2020年11月27日

◆カテゴリ
OAD

◆あらすじ
以下の内容紹介があらすじと思われます。
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000328254

※アニメ掲示板へのカキコミは、ユーザー名が表示されます。

ここ最近、掲示板で個人に対する誹謗中傷が増えています。運営にて該当のスレ、コメントの削除などを順次対応していますが、アニメ掲示板はアニメをより楽しむ為の掲示板です。あにこれ内の誰かを非難したり、悪く言ったりする事は掲示板の目的に反しますので、そういった目的での利用はやめてください。

投稿に関しては利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。利用規約の禁止事項や免責事項に反する場合、事前の通告なしに投稿を削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
権利侵害に関する削除依頼についてはこちらからご連絡ください

このスレッドでは、しりとりの改良型“しりとり・改参式”をしたいと思います。
推理小説などによく出て来る、文字を五十音順に前後にズラして表現する暗号がありますが、今回はそれをしりとりに取り入れます。
ちなみにタイトルはとある作品の名ゼリフっぽくなってるだけなので気にしないでください。

ルールは以下の通り。

ルールⅠ.前の人の最後の文字を五十音順に5つ後ろにズラして、次の人はその文字で始めます。
①「あ行」は以下の通り。以降、同じように5つずつズレていく。
「あ ⇒ か / が」「い ⇒ き / ぎ」「う / ヴ ⇒ く / ぐ」「え ⇒ け / げ」「お ⇒ こ / ご」
②「ま行」「や行」は以下の通り(※「や行」の「い / え」は飛ばしましょう)。
「ま ⇒ や」「み ⇒ ゆ」「む ⇒ よ」「め ⇒ ら」「も ⇒ り」「や ⇒ る」「ゆ ⇒ れ」「よ ⇒ ろ」
③「ら行」「わ行」は以下の通り(※「わ行」の「ゐ / う / ゑ / を」は飛ばしましょう)。
「ら ⇒ わ」「り ⇒ ん」「る ⇒ あ」「れ ⇒ い」「ろ ⇒ う / ヴ」「わ ⇒ え」
④「ん」は以下の通り。
「ん ⇒ お」
⑤「だ行」「ば行 / ぱ行」は以下の通り(※濁点のないものと同じになります)。
「だ ⇒ な」「ぢ ⇒ に」「づ ⇒ ぬ」「で ⇒ ね」「ど ⇒ の」「ば / ぱ ⇒ ま」「び / ぴ ⇒ み」「ぶ / ぷ ⇒ む」「べ / ぺ ⇒ め」「ぼ / ぽ ⇒ も」
⑥「ゐ」「ゑ」「を」は以下の通り(※「あ行」の「い / え / お」として処理しましょう)。
「ゐ ⇒ き / ぎ」「ゑ ⇒ け / げ」「を ⇒ こ / ご」

ルールⅡ.基本的には前の人の最後の文字を五十音順に5つ後ろにズラしたものを使う。ただし例外があります(詳細は以下を参照)。
①「(゛)濁点 ⇔ (゜)半濁点」「(゛)(゜)あり ⇔ なし」の相互変換可能。
②小文字の場合「小文字 ⇒ 大文字」に変換してズラした文字になります。
[例]「ぁ ⇒ か / が」「っ ⇒ ぬ」「ょ ⇒ ろ」など
③「(ー)長音」「記号など」は無視で。

ルールⅢ.もちろん「り ⇒ ん」で終わったら終了です(まあ、「ん」で始まるワードがあれば続けるけど・・・)。

ルールⅣ.アニメ・漫画・ライトノベル関連のワードならなんでも可。ただしキャラクター名を使用するときは、カブる場合があるのでフルネームで。名称不明の場合は、姓だけ、名だけでも可。略称、愛称などはそのままでも可。

ルールⅤ.1ページ(25レス)以内に同じキーワード(で同一人物)を入れない。それ以降なら同じでも良い。同音異義語、別作品で同じキーワード、同姓同名の別人なら1ページ(25レス)以内でも可。

ルールⅥ.できれば画像を貼ってください。

ルールⅦ.CV.(Character Voice) / キャラクター解説などは任意で(スレ主がやりたがってるだけなので・・・)。

ルールⅧ.1ユーザーでの連続投稿が可(常識の範囲内でお願いします)。

ルールⅨ.投稿がカブってしまった場合は、次にどちらから繋げていっても良しとします。ただし適用されなかった方の投稿も、[ルールⅤ]の1ページ(25レス)以内に・・・が適用されます(全く同じものがカブってしまった場合だけは別)。


次にスレ主が、前回の >973:“しりとり・改” >>1000:dvmsi35301 さんのキーワードからしりとり・改参式を投稿したらスタートで!


よろしかったら、こちらの方にもご参加ください。↓
http://6255.teacup.com/animesenyou/bbs/index/all

『ちおちゃんの通学路』より
「野々村 真奈菜(ののむら まなな)」

CV.小見川千明

本作の副主人公格の女子高生。ちおの幼なじみであり腐れ縁な親友。
外見は髪を二つに分けて束ね、おでこを出している程度で、地味で平凡だが、ちおに比べればメイクセットを持ち歩いて化粧をするぐらいの女子らしいたしなみはある。己のルックスには自信過剰で、ことあるごとに「清純な美少女」や「大人っぽい女」を気取る傾向があるが、実質が伴っていないために毎度滑る。
行状の矮小で小市民的な点ではちお同等、時にはさらに悪質。ことあるごとにスクールカースト上位者に取り入ろうと(嘘の)男性経験を語る、教員に媚びて進路志望で将来の目標を「教師」と偽るなど、損得勘定で外面を装う小賢しい行動を繰り返す。
ちおとは小学校からの付き合いで性格を熟知しており、時に息のあったコンビネーションを見せる一方、逆にちおを平気で裏切り、蹴落とし、利用する腹黒さも見せる。ちおを焚きつけてワルノリに走らせては後からはしごを外すマッチポンプ行為をたくらむのは日常茶飯事。その実、自身もけっこうなお調子者であり、浅知恵で馬鹿げた真似をしでかしたあげく、ひどい目に遭うことも度々。
二人の関係は「何でも話せる間柄でありながら、同時に常に裏切りを警戒する油断ならない相手」という一言では言えない関係。親友にして悪友、というまさに腐れ縁である。
顔芸のバリエーションが主人公のちお以上に豊富であり、美少女気取りの作り笑顔から、侮蔑もあらわな無表情、漫画のタヌキのような垂れ目顔、ホラー漫画の悪鬼のごとき怨嗟の様相などなど、場面ごとの表情変化が幅広い。
普段は鈍くさいが、キレると我を忘れ、巨漢の安藤を殴り倒したり、ビルからビルへ飛び移るなど意外なポテンシャルの高さをみせることも。
ちお・真奈菜コンビの隠し芸として、創作ダンス「まななっちお」がある。
シリーズのほぼ全編にわたりちおの相棒として活躍するレギュラーキャラではあるが、登場は細川雪や安藤よりも遅い第4話からである。作者の川崎によれば、第1話執筆時点では設定すらされていなかった、追加キャラクターであった。

な ⇒ 次は「は」だったり「ば」だったり、あとは時々「ぱ」だったり。

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』より、
「パニバル」
CV.久保ユリカ


紫色の髪と、同じく紫色の瞳の黄金妖精(レプラカーン)の少女。伸ばした前髪で右目を隠している。
中性的な気取った喋り方だが実際常に冷静というかマイペース、妙に大人びた雰囲気を漂わせる。特に口下手というわけでもない(むしろ理屈をこねるのも一人前である)が、とりあえず剣で語り合おうとか言い出す程度には剣術好き。
発生したての後輩(二歳〜三歳児程度)と遊ぶ時もとりあえずオモチャの剣。幼児相手にガチりすぎて遊んでもらえなかったりするけどやっぱり愛情表現は剣。
(ピクシブ百科事典より)


初登場時は9歳の幼体妖精。
原作第二部(終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?)では14歳の成体妖精パニバル・ノク・カテナとして登場。


る ⇒ 次は『あ』

もしよければなんですけど、みなさんのおすすめのラブコメを教えてもらえないでしょうか?

『安達としまむら』より
「安達 桜(あだち さくら)」

CV.鬼頭明里

この作品の主人公。作品開始時は高校1年生。天秤座。黒髪のショートヘアーで左利き。しまむらと比較すると背も高く体つきも大きいがやせ型の体型をしている。しまむらが安達からイメージする動物は「犬」であり、安達自身も自分が犬みたいだと思っている。
授業には殆ど出ずに体育館など学校内のあちこちでサボっている、教師も生徒も公認の不良少女。周囲曰く、冷たい印象の美人だが実際は感情表現を出すことと人付き合いが苦手なだけであり、根は真面目で周囲に気配りが出来る等生活態度はしっかりしている。授業をしまむら以上にサボっているにも関わらずしまむらよりも学校の成績は良い。学校には自転車で通学しており、時折しまむらと2人乗りしている。
授業に出ない本当の理由はクラス内で孤独でいる事に耐えられない為であったが、しまむらに特別な感情を抱くようになってからは一時期を除き授業に出ている。
非常にネガティブな性格であり、自身の過去の言動や行動に対して引きずってしまうタイプ。極限までパニックを起こすと「なんだばしゃあ」と意味不明の言葉を発してしまう。その一方で計画性は高く、クリスマスにしまむらから遊ぶ場所を決めて欲しいと言われた際は同じ場所に3回下見に出かけたり、しまむらの家に泊まる際は用意周到に荷物を準備して予定より1時間前から向かっている。また礼儀正しい一面もあり、しまむらの母親等年長者に対してはしっかりとした敬語を使っているが、しまむらに対してもメールの文章を何故か敬語で送信している。
好きな食べ物としてミネラルウォーターを挙げており、しまむらから植物かとツッコまれている。丁寧に食事はするものの、食べる事への興味が無い為ほぼ無感情で食べている。
しまむらと出会う以前から暇な時間をつぶすため中華料理店でアルバイトをしているが、店長から「若い」といった理由で仕事着はチャイナドレスを着用している。そんな中で偶然入って来たしまむらからチャイナドレス姿が可愛いと言われ、しまむらとクリスマスに出かけた際はチャイナドレスを着用していた。アルバイトで貯めたお金は、安達自身が無趣味ということもありほとんど手を付けていない。
家族とはほとんど時間を共にしておらず、親子仲は上手くいっていない。そのため、しまむらと母親がサウナで勝負した結果、突然母親と一緒に食事をした時は嬉しさよりも違和感の方が強かったとしまむらに告げている。
たまたま同じ体育館の2階で授業をサボっていた事をきっかけにしまむらと知り合い仲良くなって行くが、しまむらとキスをする夢を見た日を境にしまむらに特別な感情を抱くようになる。最初の頃はしまむらに対する想いを否定していたが、日野達とカラオケに行った帰りの公園でしまむらに頭を撫でられた事で自分の想いが本物だと確信する。
しまむらに告白したいと思っているが、しまむらと対面すると赤面したりたどたどしい言葉遣いや挙動不審な態度を取った上、告白直前で言葉を逸らしてしまうなど上手く行っていない。

ら ⇒ 次は「わ」ですよ~。

『戦翼のシグルドリーヴァ』より
「渡来・園香(わたらいそのか)」
CV.菊池紗矢香


通称 ソノ
誕生日 4月27日
年齢 14歳
血液型 AB型
身長 147㎝

基地の最年少で、こう見えて国内有数の戦歴を持つワルキューレ。誰に対しても穏やかに接するが、時々素直すぎる一言で他人の心をちくりと抉ることがある。花壇の手入れは彼女の担当で、館山基地の各所には彼女の育てた花々が飾られている。
(公式サイトより)


か → 次は『さ』

※アニメ掲示板へのカキコミは、ユーザー名が表示されます。

ここ最近、掲示板で個人に対する誹謗中傷が増えています。運営にて該当のスレ、コメントの削除などを順次対応していますが、アニメ掲示板はアニメをより楽しむ為の掲示板です。あにこれ内の誰かを非難したり、悪く言ったりする事は掲示板の目的に反しますので、そういった目的での利用はやめてください。

投稿に関しては利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。利用規約の禁止事項や免責事項に反する場合、事前の通告なしに投稿を削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
権利侵害に関する削除依頼についてはこちらからご連絡ください

初心者の方へ(アニコレって?)
ビジネス/広告/コラボに関して
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。