「北極百貨店のコンシェルジュさん(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
9
棚に入れた
31
ランキング
7566
★★★★★ 4.3 (9)
物語
4.2
作画
4.5
声優
4.4
音楽
4.1
キャラ
4.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

欲望や合理性の追求が人類をも絶滅させるのか

多種多様な動物たちが訪れる“北極百貨店”にて新米コンシェルジュとして奮闘する主人公女子店員の成長などを描いた同名コミック(全2巻・未読)の劇場アニメ化作品。

【物語 4.0点】
表層は働く人を応援する明るく楽しい雰囲気のお仕事アニメ。
深層には近現代の科学文明と生物の大量絶滅についての重たいテーマも潜む。


接客を取り扱った作品として観ても解像度が高い。
安易な同意がお客様をクレーマーに仕立ててしまう。
おもてなししたお客様は巡り巡って店の難題解決にも助力する縁となる。
機微を捉えるセンサーも精密です。

一方で絶滅動物“V・I・A”のお客様との交流を通じて、
欲望の赴くままに消費活動行い合理性の論理の元、
自然破壊や希少動物の乱獲を重ねて来た人類の罪と罰を示唆する。
すなわち{netabare} 笑顔によるコミュニケーションという人類のみが有する合理性では割り切れない特徴。
その笑顔で、大量消費の極致である百貨店にて、絶滅動物に接客させる若干の懲罰感を含んだ皮肉な構図。{/netabare}

そもそも、おもてなしなど不要だからと、ディスカウントと利便性が求められる昨今。
百貨店そのものが絶滅危惧種であることが、世界観をいっそう皮肉なものにしている感。


私のように捻くれた見方をすれば重たい余韻も残ってしまいますが、
基本的にはコンシェルジュとお客様の心温まる珠玉のエピソードで、
明日の仕事の活力を充電できる良品。
鑑賞前、70分という尺は短すぎでは?とも懸念しましたが、
終わってみれば夢のようなひと時を過ごした充足感が残る適尺でした。


【作画 4.5点】
アニメーション制作・Production I.G

例えばAIに淘汰されつつある人類だの硬派なSFアニメの印象が強い同スタジオがとなると、
どこで人類文明の罪と罰とかをえぐってくるのだろう?と身構えてしまいますがw
総じて明るい画面でおもてなししてくれますのでご安心下さいませ。

新米コンシェルジュの1年を描くということで、北極百貨店内の四季折々を背景美術が再現。
色彩設計に加え、絵コンテの段階から着彩して映像の方向性を打ち出すコンセプトカラーデザインの工程にも注力。
人物や動物たちのデザインは簡素ながら、短尺での満腹感を得られたのは、
緻密で多彩な背景によるところも大きかったです。

長目の手脚に指先まで神経を通わせて接客する人物の動きなどに躍動感を与える。
この辺りの芸当は本作の監督、作監らが過去に参加したTVアニメ版『ボールルームへようこそ』での経験が生かされていると感じます。
動物たちがゆったりと買い物を楽しむ店内で、お客様のご要望に応えるため東奔西走するコンシェルジュさんのスピード感など、
時に緩急も交えたコミカルなアニメーションにもリズムがありました。

比喩による心情表現も、クレーマーにカスハラを受けた主人公のコンシェルジュバッジが曇って見えるカットなど、上々の出来栄え。


【キャラ 4.5点】
主人公の新米コンシェルジュ・秋乃はややお客様への同意が強い傾向にあるドジっ子店員さん。

彼女を見守る神出鬼没のフロアマネージャー・東堂。
({netabare} 真っ赤に茹で上がった顔で鍋{/netabare} から出現した時はビックリしましたw)
“謎のペンギン”エルルは{netabare} 北極百貨店を取り仕切るオオウミガラスとして、{/netabare}
秋乃に明日の百貨店の可能性を見出そうとする。
外商員トキワは合理的な観点から秋乃をコンシェルジュ不適格と監査しようとする。

三者三様の視点で秋乃を捉えることで、主人公を拡張しつつ、
接客の正解について、鑑賞者をも巻き込んで議論を深める巧妙な人物相関。


癖の強い動物のお客様たち。
いずれも誰かを想うが余り、店に難題をもたらす。
他者を思いやる気持ちはプライスレスを感じられる動物キャラは割りとカップル率高目。
実は本作は今年屈指のカップル向け恋愛映画枠ではないかと私は思っていますw
それだけに{netabare} クレーマーに堕ちたカリブモンクアザラシのマダム。
金持ちセレブでも絶滅種の孤独は心を冒す毒となるを体現しているようで痛切です。{/netabare}


【声優 4.5点】
主人公・秋乃役の川井田 夏海さん。
「申~~~し訳ございませ~~~ん!!」って感じで元気ハツラツなコンシェルジュを好演。
本作が劇場アニメでは初主演となる川井田さん。
今後もどんどんメインどころで聞きたい声優さんです。

“謎のペンギン”エルル役の大塚 剛央さん。
『推しの子』アクアのような少年役だけでなく、
こういう渋い役もこなす引き出しもある方なのだと認識。
中堅ベテランになってからも楽しめそうな声優さんです。

入野 自由さん&花澤 香菜さんのニホンオオカミカップルなど、
エピソードのゲストとなるキャストにも実力者が揃い耳も幸せな本作。

意外な所ではクジャクカップル役の花乃 まりあさん&七海 ひろきさんの元宝塚スターコンビ。
きらびやかな演技と羽根による求愛行動は周りのお客様のご迷惑になりますのでご遠慮下さいませw
って感じでフィットしていました。

味わい深かったのはケナガマンモスのガラス造形家・ウーリー役の津田 健次郎さん。
何だかんだ、{netabare} 亡き妻との思い出の品を壊してしまった{/netabare} ネコ役の諸星 すみれさんとの掛け合いが一番泣けるマイベストカットでした。


【音楽 4.0点】
劇伴担当はtofubeats氏など。
“な~~んで~もそ~ろ~う~ 北極百貨店~~♪”との明快な「北極百貨店のテーマ」をメインフレーズに、
ノスタルジーを刺激しつつ、総じて軽快なBGMで、和やかな店内のムードを好演出。
一方、文明と絶滅動物の深層テーマを掘り下げる場面では重厚なクラシックも起用する。

ED主題歌はMyuk「Gift」
スウェーデン語でやわらかさ、やさしさを意味する“Mjuk”と自身の本名をミックスしてMyuk(みゅーく)と名乗ったシンガーソングライター。
その名の通りの優しい旋律で作品を締めくくる。
秋公開の映画に冬を想起させる歌詞世界はやや時期が早い気もしますが、
シナリオの流れから考えれば的確。


【余談】
秋乃がレストラン研修の際、敢えて呼び出しベルを置かず、
ホールと厨房が呼吸を合わせて、おもてなしを追求する姿を見ていて、
昔、ファミレスで働いていた頃を思い出しました。

ファミレスのベルスターに呼ばれるままマニュアル対応し続けていると、
俺ってまるでロボットみたいだなwと段々心がすり減っていく。
そこで敢えてお客様の顔色を伺って、タイミングをはかってオーダー伺いに行ったりして、
自分がまだ人間であることを確認するという酔狂を試みたりして精神の平衡を保っておりましたw

月日は流れ、今やガストでは注文はタブレット。
近い将来、ホールを躍動するフリフリ衣装のファミレス店員など、
ブルマ女子同様、二次元世界の妄想上の産物になってしまうのでしょうか?
こんな調子で合理性と利便性ばかり求めていたら、
やがて人類自身も絶滅してしまうのではないか?
ガストで配膳してくる猫型ロボットを眺めながら思い耽(ふけ)る私は穿(うが)ち過ぎでしょうかw

投稿 : 2023/11/10
閲覧 : 232
サンキュー:

14

北極百貨店のコンシェルジュさんのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
北極百貨店のコンシェルジュさんのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

101匹足利尊氏が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ