「【推しの子】第2期(TVアニメ動画)」

総合得点
65.9
感想・評価
36
棚に入れた
320
ランキング
3068
★★★★☆ 3.3 (36)
物語
3.3
作画
3.5
声優
3.5
音楽
3.2
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

青龍 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

漫画のクロスメディア展開の光と影

『かぐや様は告らせたい』などの赤坂アカ(原作)、『クズの本懐』などの横槍メンゴ(作画)による原作漫画は、『週刊ヤングジャンプ』と『少年ジャンプ+』(集英社)で連載中(既刊14巻、原作既読)。
アニメ2期の監督および制作会社に変更はなし。監督は、『私に天使が舞い降りた!』、『恋する小惑星』などの平牧大輔。制作は、『イエスタデイをうたって』、『NEW GAME!』などの動画工房。
(2024.7.1投稿 評価はデフォルトのままの暫定)


2期は、1期の最終話である11話からの続きということで、12話から(第5章「2.5次元舞台編」(単行本の5巻))。


【あらすじ】
自分の作品に強いこだわりを持つ漫画家・鮫島アビ子(CV.佐倉綾音)が自分の漫画である「東京ブレイド」が2.5次元の舞台となり、その際に、舞台の内容について脚本家ともめたりと…最近見たような…、漫画のクロスメディア展開の光と影を描くような内容になってます。

だから、今回も1期の「恋愛リアリティショー」と同様に芸能界をめぐる1つの問題を提起するような内容を含んでいます。


【漫画のクロスメディア展開の光と影】
12話の冒頭、作中で人気漫画とされている「東京ブレイド」の「2.5次元舞台」で行われているキャスト紹介から始まります。いきなりド派手な演出です。

当然、このシーンは原作漫画にはありません。というか、同じ二次元の漫画とアニメではあっても、無音声で静止画である漫画には有音声で動画であるアニメと同じ表現はできない。

また、舞台における役者の演技の駆け引きも、アニメだと「間」の表現が生じます。他にも、役者の演技の細かいニュアンスの違いも漫画では表現しにくいなどなど…

いってみれば、漫画原作者サイドが、仮に、この辺の細かいイメージを持っていたとしても、漫画では表現できないところがある。そこをアニメ製作者サイドが、どこまで忖度して、そのイメージを再現できるのかが腕の見せどころだったりします。

もっとも、先程も書いたように、表現媒体が違うので、必ずしも同じ表現はできないし、漫画とアニメで同じ表現をすることが適切とはいえない場合もあります。また、同じシーンでも原作者と監督との間で異なる解釈の余地も生じてきます。

加えて、アニメの場合は、尺の問題も生じるので、原作漫画の内容をカットする必要も出てくる。そして、カットした内容と辻褄を合わせるため、原作の内容自体にも修正が加えられることに…


こんな感じで本作は、原作漫画を2.5次元舞台にする際の舞台裏を赤裸々に描いていくわけですが、面白いことに『【推しの子】』という漫画をアニメ化する際にも同じ現象が起こっているという二重構造になってます。


『【推しの子】』の原作漫画では、原作漫画をそのまま他メディアで再現できないことのエクスキューズ的な内容も含まれているのですが、本作では原作漫画をしっかりアニメ化出来ているかも観どころの一つなのかもしれませんね(笑)

投稿 : 2024/07/04
閲覧 : 192
サンキュー:

4

【推しの子】第2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
【推しの子】第2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

青龍が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ