当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(アニメ映画)」

総合得点
67.6
感想・評価
164
棚に入れた
920
ランキング
2331
★★★★☆ 3.8 (164)
物語
4.0
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2021.8.28

2021.8.28

投稿 : 2021/08/28
閲覧 : 172
サンキュー:

0

ネタバレ

byGar61324 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

子供向けなわりには大人にしか分からないセリフが多い気もする。
作中の映画の中の世界観や雰囲気は好きです。

投稿 : 2021/07/21
閲覧 : 210
サンキュー:

2

ネタバレ

わさ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

後に残る映画

この映画はとにかく終わり方

え!?ここで終わるの?ともなるけど、いい意味では終わった後に余韻が残りすごく考えさせられる映画。 

あとはしんちゃんではたまにある惚れるヒロインではなく、しんちゃんが恋をするヒロインのタイプ

投稿 : 2020/07/03
閲覧 : 235
サンキュー:

0

◇fumi◆ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

しんのすけが迷い込んだシネマの迷宮、カスカベボーイズのホースオペラ大活劇

2004年公開の劇場版クレヨンしんちゃん第12作目 96分

原作 臼井義人 監督脚本 水島努 制作 シンエイ動画 

原恵一監督の劇場版は連続6作で、
9作目「モーレツ大人帝国の逆襲」と10作目「アッパレ戦国大合戦」は名作と名高いです。
11作目「栄光のヤキニクロード」からデジタル作画に移行、
監督は水島努に変わりました。

シリアス作品が続いたため、ヤキニクロードはクレしんの原点に戻ったギャグ作品でしたが、
今回は「アッパレ戦国大合戦」を思い出させるタイプのストーリー物です。
水島監督としては「ジャングルはいつもハレのちグゥ」「ヤキニクロード」に続く監督3作目。
本当は「クレしんパラダイス!メイドイン埼玉」12分というおまけアニメが初監督らしいです。
この作品を最後にシンエイ動画を退社しフリーランスとして数々の名作を手掛けます。

動画仕上げの中心となってるのは京都アニメーションですが、現在も続けているそうです。

この作品の基本は旧来の映画館方式のシネマ愛でしょうか。
西部劇に特化していますが、「戦国アッパレ」に比べると資料の整理が出来ていないような気がします。
西部劇と言っても西部開拓時代の歴史劇ではなく、マカロニウェスタンのはずですが、
幾多ある名作映画のオマージュが足りず歯がゆい思いです。

背景はマカロニウェスタンの街のセットと荒野のみです。
登場人物は全員日本人です。
鎌田行進曲のようなシネマへの想いを期待したんですが、
子供向けと大人向けの間で揺れる中途半端な感じでした。
興行収入もこの作品が落ちているようです。

まあしかし、半分は大人向けと言うことで前作よりは楽しめましたし、
元請として独立した京アニの作画がアニメのレベルを上げているように感じました。
物語はほぼ「戦国アッパレ」と同様で、舞台がマカロニウェスタンになっただけですが、
カスカベボーイズと言うだけあって、
カスカベ防衛隊「しんのすけ」「風間トオル」「桜田ネネ」「佐藤マサオ」「ボーちゃん」
が、アクションで大活躍します。
「戦国」のようなヒロインも登場しますが、比べてしまうと影が薄いです。

04年としては相当高度なアニメーションで現代でも子供なら納得でしょう。

個人的には水島監督の初期挑戦作及びシンエイ&京アニの作画を楽しみました。
大人の鑑賞に堪えられるのかどうか分かりませんが、
レベルの高いアニメーションとしてクレしん好きなら見逃せない秀作だと思いました。

投稿 : 2018/03/23
閲覧 : 597
サンキュー:

13

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

オラはにんきもの

第12作目!!

最後は西部劇の振り向いてぱんっ!かと思ったら全然そんなことはなかった。

物語の本筋の未完成の映画を映画の登場人物として完成させる
というは面白い構想だなっと思ったし、その登場人物に恋したが
一緒に帰れなかったっていうのは、残った彼女の
物語は続いていかないことを考えるとすごく切ない。ただ、あまりショックじゃないのはけっこうあからさまに春日部の人間じゃないと思わせる描写が多かったからである。いや、本当に帰れそうで」最後は違いましたじゃ心にトラウマが残るんだけどね。

と、上記の点はよかったものの、あくまで未完成の映画が舞台であるだけで
西部劇である必要はなかったような気がするのは少し残念かな。最後なんか
スーパーマン状態だしね。何でもあり、それ自体はいいんだけど。

結構波が来るのが遅い映画ではあったけど、あとひく作品で
とても満足しました。あたりです。

投稿 : 2017/02/26
閲覧 : 382

NDD. さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

切ないけどいい作品

しんちゃんが恋をする!
ラストもっとつばきちゃんを絡めるべきだったかなーと

投稿 : 2017/02/01
閲覧 : 375
サンキュー:

1

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

春日部防衛隊がメイン 

 春日部防衛隊がメインの唯一の映画

春日部防衛隊が遊んでいるとき、つぶれた古い映画館を見つけて

荒野の映像がずっと流れていて、

しんのすけがトイレに出て戻ってきた時には誰もいなかった・・・

 夜になり、行方不明になったみんなを心配した野原一家は

古い映画館『カスカベ座』に入って、荒野の映像を見ているうちに

野原一家は荒野に立っていた(;'∀')

 
 見どころ

・荒野に散らばった他の春日部防衛隊メンバーはどうなっているのか

・しんのすけとつばき

・春日部防衛隊ファイヤー!!


 

投稿 : 2015/12/05
閲覧 : 367
サンキュー:

0

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

途中は面白かったんだけど、オチが微妙すぎるんだよなぁ……。
つばきちゃんとの別れ、という点が感動するポイントであるはずなんだけど、絡みも描写もあっさりすぎて、いまいち入り込めない。

つばきちゃんが、自分が映画の人物であることを察していたのかどうかがあやふやなんだよな。現実世界に戻る直前の表情にしても、あれでは「しんのすけとの別れを惜しんだ表情」にはどうしても見えない。
そして、現実世界に帰還してつばきちゃんとの別れに深いショックを受けてたしんのすけが、シロの姿を見ただけであっさり元気を取り戻すってのも、なんかなぁ……。せめて、最後のカットで部屋を振り返る人物がひろしではなく、しんのすけであったならば、まだ余韻に浸れたと思う。

封印されていた正体のアイディアや、映画を終わらせるのに重要な存在であったろうヒロイン役のつばきの存在といったアイディアは良いのだけど、全体的な面白さにはもう一歩足りない。
前作に引き続きかすかべ防衛隊の友情の描写は文句なしにガッツリ描かれていたので、そこは評価したい。


……タイトルのわりに、最終決戦が夜中ってのが、地味に残念。

投稿 : 2015/09/24
閲覧 : 331
ネタバレ

ノリノリメガネ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

西部劇に神隠し

・監督:水島努
・サブキャラ:つばき、マイク、オケガワ博士
・敵:ジャスティス

12作目。みんなで鬼ごっこ中に狭い路地から古びた映画館を見つけるしんのすけ達。無人で動く映写機、それに映し出される映画を見ると、その映画(西部劇)に取り込まれ、登場キャラの一人となってしまう神隠し的ファンタジー作。

映画の中に入ると徐々に記憶を失くしてしまうが、ボーちゃんのみ変わらないのが救い。ボーちゃんがこんなに目立った作品はこれが最初で最後ではないか。

今作ではカスカベ防衛隊の友情としんちゃんの恋心が描かれる。そして失恋も。
後半のロボット戦が少し単調なのが難点。作画はリアル志向で暴力シーン(リンチ・引き回し・鞭打ちなど)も多い。全体的にギャグも少なめでシリアスな、しんちゃん映画としては異色作品と言える。

ラストカットの無人の映画館~のエンドロールがなんだか切ない。

投稿 : 2015/08/16
閲覧 : 326
サンキュー:

1

ネタバレ

無毒蠍 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

クレしん映画史上No.1アクションエンターテインメント!前半の「静」と後半の「動」が物語にメリハリを生み、シリーズ中最高の盛り上がりをつくりだしています。

前作のヤキニクロードが微妙だったので同じ監督の本作はあまり期待せずに視聴したのですが
いい意味でその期待を裏切ってくれました、
ヤキニクロードが焼肉を食べるために問題に立ち向かうというシンプルな設定なのに対して
この作品は春日部防衛隊のメンバーと野原一家が春日部座という映画館で流れてた映画に吸い込まれ
その映画の住人となってしまうという一風変わった設定になってます。
西部劇のような街並みに荒野といった世界観に徐々に春日部での記憶をなくしていくキャラクターたちなど
思わず見入ってしまうような設定が功を奏してますね。

映画の世界にはすでに吸い込まれた元春日部の住人たちもいたりして、
メインキャラクター以外の被害者も多数いる事でスケール感が増してるように感じました。

あれだけ仲の良かった春日部防衛隊の仲間がしんのすけを忘れ、
映画の住人としての役割を淡々とこなしてる姿は悲しいものがあります。
完全に忘れきれてない設定とかうまいところを突いてくるなぁと思いました。
その最後の記憶をなくしてしまったときの絶望はより深そうですもんね。

流れに身を任せ忘れていくマサオくんとネネちゃん。
自ら進んで忘れようとする風間くん。
忘れないように世界に抗うしんのすけとボーちゃん。
時間のとまった世界で彼らの時間が奪われていくというのは皮肉な話です。
ボーちゃんが結構おぼえてくれてたのは嬉しいけど
そんなボーちゃんやしんのすけが徐々に忘れていく様子というのは子供向けとしては
ちょっぴり重い展開ですな、まぁ大人が観るからこそ重く感じてしまうのかもしれませんが。

最初は脱出を試みようと模索する野原一家だけど打開策もないまま日々淡々と生活するだけに。
時間がとまった世界での毎日を描写し続けるだけでも視聴者の焦燥感を煽ります。

世界の時間がとまってるのは続きがないから…帰るためには映画を完結させる。
そこに気がついたとき今までの淡々とした暮らしに終わりをつげ、
キャラクターや物語が怒涛の動きを見せていくことになるのです。
映画を終わらせて元の世界に帰るんだ!というキャラクターたちの熱気が
観てる側にも伝わってくる勢いでシリーズで一番燃える作品だと思います。
「夕陽のカスカベボーイズ」というタイトルが
そのまま作品内の映画のタイトルに当てはまるんじゃないかというくらい大活躍の春日部防衛隊。
映画の世界だからこそ成せる幼稚園児5人のヒーロー誕生…
悪を打ち滅ぼすためのパンツを身にまとい、
いまだかつてないアクション、チームワーク、達成感を観てる側に与えてくれます。

終盤にそんな熱い展開がありながらもこの作品は「静」で終わるのです。
構成的には「静」「動」「静」という感じで一本調子にならずメリハリのきかせかたが上手で
映画を終わらせるために必要不可欠なギミックも素敵でした。
個人的にはオトナ帝国にも負けないくらい良作だと思います。

【A80点】

投稿 : 2014/12/12
閲覧 : 394
サンキュー:

2

ネタバレ

オキシドール大魔神 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かすかべ防衛隊大活躍

しんちゃんたちかすかべ防衛隊が、西部劇の世界観で大活躍する話。トンデモアクションは面白いし、かすかべ防衛隊のガッツには熱くなった。ラストには、しんちゃんとヒロインのちょっと切ない別れがあったり。主題歌も良かった。自分が見てきたクレしん映画の中では、個人的には上位に食い込む出来だった。

投稿 : 2014/11/21
閲覧 : 345
サンキュー:

2

ネタバレ

★ほのぽん★ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

今までにないカスカベ防衛隊にスポットを当てたこと
終盤のカスカベ防衛隊の友情
しんのすけと椿の果たせなかった約束
列車攻防戦と銃撃アクション

どれをとっても
すばらしかった。

投稿 : 2013/04/27
閲覧 : 369
サンキュー:

5

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

西部劇か...燃えるな...終りを見つけるための戦い、彼女は一緒に帰還できなかった...

映画館でスクリーンをずっと見ていたらいつの間にか中に入っていたっていう話

この世界に留まると現実世界の記憶が消え失せてしまう
じゃあこの話を終わらせないと帰ることができない
その前にみんなの記憶を甦らせなければならない

彼女はこの世界の神だったのかもしれないな...

投稿 : 2013/02/05
閲覧 : 271
サンキュー:

2

ネタバレ

ひでーーー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:----

一番好き!!

クレしんの映画の中で一番好きです

投稿 : 2013/01/19
閲覧 : 224
サンキュー:

0

bp さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

最後の最後で泣いた

投稿 : 2012/11/23
閲覧 : 370
サンキュー:

0

ninfami さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

隠れた名作。

これは面白いです。
クレしんの映画シリーズの中では目立たない作品ですが、良作です。

ただ、ちょっと乱暴なシーンがあるので、子供にはあまり見せられないかもです。

この作品に出てくるつばきちゃんは、クレヨンしんちゃん史上一番可愛いヒロインだと確信しています。

投稿 : 2012/07/22
閲覧 : 345
サンキュー:

0

宵の明星 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

春日部防衛隊!ファイヤー!!

ちびっ子がグループになって何かをやっつけるてきなものも、私は好きです。(名探偵コナンの探偵団みたいな)

考えたことあるような誰もが考えたことあるストーリーを、面白おかしく、しんちゃんシリーズらしく進めてくれます。
何より戦闘シーンが見所です。

投稿 : 2012/07/06
閲覧 : 340
サンキュー:

0

未寅愛々々 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ここ最近のクレシン映画では唯一面白かった。

物語りの奥、世界観が深いというか、ここ最近では当たりの作品でした。
アクションシーンがすごく良かったです。

投稿 : 2012/03/28
閲覧 : 410
サンキュー:

0

AKIRA さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

春日部防衛隊にスポットが当てられた作品

終盤に向けて徐々に盛り上がっていく展開と終盤の春日部防衛

隊の活躍、そしてなんといってもヒロインのつばきww

ただ映画のほうのストーリーは良くわからなかったり。

俺が主人公とかジャスティスとか良くわかりませんでした。

それと子供向け映画だと思うの暴力描写はもう少し控えめが

良いかと。

投稿 : 2012/03/21
閲覧 : 605
サンキュー:

5

ネタバレ

ほほえみみ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

齋藤さんが好きだ!!!ぬるい感想。

声優の、齋藤さんがめっちゃかわいいです。
声と演技がすーてきー!

内容はしんちゃんの中ではあまり好きなものではないかなあ。

投稿 : 2012/01/13
閲覧 : 346
サンキュー:

1

ネタバレ

みかみ(みみかき) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

クレしんの中では一番好き

クレしんは、姉が好きでけっこうつられて映画もみちゃったのだけれども、これはよかったね。

細かいはなしは別のとこにかいちゃったので、こっちにはあんま書かないけど。これ、クレしんの中でもいろいろな価値との間のバランスのとりかたとか、かなり優れていて、一時期の劇場版ドラえもんを、これで抜いたなぁ、と思いました。

投稿 : 2011/11/15
閲覧 : 502
サンキュー:

3

ペチ14 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

Q質問 A解答 T突っ込み

Q1、この映画はどうだった?

A1、つばき可愛かったなーw

投稿 : 2011/10/27
閲覧 : 402
サンキュー:

1

ネタバレ

チロル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

神アニメ

これはかなりいいアニメ


クレヨンしんちゃんの映画の中で3番目に大好き!


かすかべ防衛隊かっこいいわ

投稿 : 2011/08/19
閲覧 : 414
サンキュー:

0

メア さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱり映画館で・・・

数あるクレヨンしんちゃんの作品の中で1番気に入っている作品。

偶然見つけた「カスカベ座」という映画館で映画を見ていたら、映画の世界に引き込まれてしまい、つばきに助けられながら向こうの世界でいろいろ解決していく。

この映画の作品は普通に見ても感動できるが(俺は軽く泣いた)
やっぱり見るなら映画館で見たほうが感動できると思う。
とくにラストシーンなんてまさにそれ。
話的に。

見たことない人、是非見てみてください!

投稿 : 2011/05/29
閲覧 : 879
サンキュー:

4

めるぴん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/01/27
閲覧 : 9

サテン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/01/18
閲覧 : 8

☆ぐるてぃ★ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2023/05/30
閲覧 : 12

パンツ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/10/20
閲覧 : 28

8bit さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/08/28
閲覧 : 43

ハルノ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/08/18
閲覧 : 15
次の30件を表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズのストーリー・あらすじ

鬼ごっこをしていたかすかべ防衛隊は、町中を駆け回っているうち、一軒の潰れた古い映画館「カスカベ座」を見つけた。
誰もいないはずの劇場では、ひたすら荒野が映し出されているだけの映画が無音で上映されていた。それを見つめるかすかべ防衛隊。だが、トイレに立ったしんのすけが戻ると、風間達は姿を消してしまっていた。
夜になり、行方不明になったみんなを心配した野原一家はカスカベ座に入るが、荒野の映像にじっと目を奪われているうちに、気が付けば映画と同じ荒野に立っていた。(アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2004年4月17日
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%...

このアニメの類似作品

この頃(2004年4月17日)の他の作品

ページの先頭へ