「ワールドトリガー(TVアニメ動画)」

総合得点
64.1
感想・評価
398
棚に入れた
2371
ランキング
2536
★★★★☆ 3.6 (398)
物語
3.7
作画
3.3
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.7

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「終わらない作品」だとばかり思っていたのに・・・^^;

この作品の原作は未読です。特に作品情報も持ち合わせていない上、しかも日曜日の午前6:30からの放送って絶対子供枠だし・・・キャラデザも特に普通だし・・・と1話を視聴するまでは視聴に消極的だったと記憶しています。
でも「少年ジャンプ」の作品なので、きっと魅力があるんだろう・・・と思い、視聴を始めました。
少し前なら「少年ジャンプ」だから・・・といって視聴する事はきっと無かったと思います。
これも色んな作品と出会えた事による意識の改革なんでしょうけれど・・・^^

この物語の舞台は平行世界の日本・・・違いは三門市という地域に異世界と繋がる「ゲート」が開き、ネイバーと呼ばれる人外生物が突如襲ってきた、という点です。
これまで大規模侵攻は1度のみで、後はたまに数匹が訪れる程度しかゲートは開いておりませんが、前回の大規模侵攻時の教訓を踏まえ、三門市に唯一異世界のネイバーと互角に渡り合える能力を持つ界境防衛機関「ボーダー」の基地を設立し、対抗してきました。

この物語の主人公の一人である三雲 修もC級ですが、ボーダーに所属していました。
ある日修は、自らをネイバーだと言う空閑 遊真と出会い・・・大きく物語が動いていきます。

正直終わることを全く想像していたかったのでテレビ欄で「終」の文字を見た時には愕然としてしまいました^^;
2014年の秋アニメから放送が始まり、今まで約6クールも連続で放送されてきたんです。
日曜日にこの作品を見るのが日課になっていたというのに・・・残念で仕方ありません。

この作品はこれまで幾つかの物語に分かれて放送されてきました。
邂逅編、黒トリガー争奪戦編、ボーダー入隊編、大規模侵攻編、B級ランク戦編、逃亡者編、B級ランク戦編 と、7つの物語に分かれています。
この中で起こる様々な出来事・・・何度もピンチを凌ぎつつ、修のチームにスナイパーの雨取千佳を招き入れボーダーのランク戦で上位を目指していく・・・という修、空閑、千佳の3人の成長していく様が描かれています。
これだけ物語を積み重ねてきているので、どの話もじっくり腰を据えた作りになっていて好印象です。

そして何より気持ちが熱くなれるのがランク戦です。
複数の相手と競い合うチーム戦なのですが、修が所属する玉狛支部第二(三雲隊)の隊長でああるところが何より熱いんです。
空閑はこれまでネイバーとしてあちこちで戦ってきた豊富な実践経験を基に切れ味抜群の技を繰り出すアタッカー・・・
千佳は、見た目は小さくてまだあどけなさばかり残る13歳の女の子なのですが、潜在的トリオン量が半端無く、彼女のライフルから繰り出される弾は、何者をも破壊して突き進む重戦車の如く威力を持ったスナイパー・・・
そして隊長の修・・・空閑の様な実践経験も無ければ千佳の様なトリオン量も持っていない普通の中学生なんです。唯一彼にできるのは、あらゆる場面を想定した戦い方を導き出すこと・・・
秘策、奇策を講じる明晰な頭脳を持ってはいますが、戦場では戦力不足でお荷物的存在になってしまうんです。

相手の戦力を削れるところから削っていく・・・チーム戦における常識だと思います。
突破口が1箇所でもできると、その後の展開が大きく変わるので。
そして修も自分自身の弱さに気付いています。
何とかチームの戦力を上げるために奔走するのですが、中々結果に結びつきません。
もちろん、自己研鑽だって怠りません・・・ですが、修が求めるものは一朝一夕で手に入るモノではないのです。

でも・・・だからといって万年B級では絶対ダメで意地でもA級に昇格する理由が修達にはありました。
ですが、ボーダーの中でも頂点を極めるA級部隊・・・そうやすやすとなれる筈がありません。
自分の力を過信せず、自分のやるべき仕事に目一杯取り組む・・・例え結果が出ても出なくても1戦1戦反省をして次に繋がるヒントを掬い上げる・・・正直取り組み自体に派手さはありません。
でもこの地道な取り組みを愚直に繰り返す事で、いつかきっと花を咲かせて欲しいと思います。

他にも魅力的なキャラは山ほど登場します。特に同じ玉狛支部に所属する迅 悠一や、嵐山隊に所属する木虎 藍の修達へのフォローやアドバイスは納得できて格好良いモノばかりでした。

そして物語にのめり込む理由に出演されている声優さんが挙げられます。
あいうらやログホラのミノリ役を演じた田村奈央さん、花澤香菜さん、ゆるゆりの赤座あかり役を演じた三上枝織さん、ゆかなさん、釘宮理恵さん、桑島法子さん、広橋涼さん、能登麻美子さん・・・
改めて抽出してみると豪華声優陣にビックリ・・・^^;
レビューの内容は書きながら考えているので、まさかこんなに有名どころが揃っているとは思いもよりませんでした。
作品を視聴している時には築けなかった声優陣・・・一同に介すると壮観とはこういう事を言うんでしょうね^^

主題歌は、ソナーポケットさんの「GIRIGIRI」、AAAさんの「アシタノヒカリ」、Pileさんの「ドリームトリガー」の3曲でした。
どの曲も覚えてカラオケでチャレンジしましたが、聴いても歌っても気持ちの良い曲でした。

全73話で一旦幕を閉じましたが、最終回でこんなやり取りがありました。
迅:実はこの番組・・・今日が一旦最終回なんだ。
修:え〜っ!?
千:そんな・・・
空:マジなのか、迅さん・・・
迅:マジだ。だが、この番組を見てくれていた皆んなが「もっと見たい」と本気で願ってくれたら、続きが見られるかもしれないと偉い人が・・・じゃなく、俺のサイドエフェクトが言っている。
空:それじゃまた会える日まで・・・

これは2期を予感させる締めくくり方だと思います。
物語的には中途半端なところで終わってしまいましたが・・・原作のストックが無くなったのでしょうか^^;?
ストックなら貯まるまで待ちます。
この作品の続きが視聴できる事を楽しみにしています。

投稿 : 2016/04/16
閲覧 : 126
サンキュー:

19

ワールドトリガーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ワールドトリガーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Ka-ZZ(★)が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ