当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「ワールドトリガー(TVアニメ動画)」

総合得点
66.9
感想・評価
557
棚に入れた
2922
ランキング
2613
★★★★☆ 3.6 (557)
物語
3.7
作画
3.3
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ワールドトリガーの感想・評価はどうでしたか?

きゅん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

修とことんうざ弱い

主人公が1番嫌い。
内容面白いキャラもいいキャラ多いよ
ただ修ってやつがウザい弱いうめんどくさい。
弱すぎてイライラしてくる

投稿 : 2023/12/20
閲覧 : 46
サンキュー:

0

ネタバレ

たろすけ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

主人公がヘタレすぎ

助けてもらったので入隊したが
何も考えていない
作中トレーニングとかそういうのは全くない
ただ頭で考えてるだけ
戦闘中も色々考えるにしても弱いし潜在能力も皆無
かといって練習するわけでもないし人を頼ってばかり
なんて覚醒とかそういう要素を付ければもっと
人気でたんだろうと思う
後 回想が多すぎる
戦闘中にでも回想あるのがうざかった
サブの回想もやたらと多い
一番のネックはやはり主人公
正義感やマジメ以外何もない
戦闘力は皆無に等しい 能力も平均以下のギリギリレベル
努力もしないクズ
足手まといしかならない
成長もしない主人公ってどうかと思う

投稿 : 2023/12/19
閲覧 : 142
サンキュー:

2

§レイン・スターク§ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

★★★☆

第一期 73話(長編物です)

2021.4.25 ★★★☆(3.8) 2度目観賞評価
2021.1.8 ★★★☆(3.6) 1度目観賞評価

投稿 : 2023/08/06
閲覧 : 367
サンキュー:

1

はちごー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

群像劇×バトル

原作は素晴らしいです。大量のキャラをいっぺんに動かす群像劇と、地に足ついた合理的な戦略を立てて、それそれの陣営がランクを競い合う作品です。
話は無茶苦茶面白いんですが、アニメ1期はJUMPの悪い癖である引き伸ばしや、作画が微妙な点が相当足を引っ張っている印象です。原作14巻までが1期の範囲なので、そこからアニメ2期に入った方が宜しいかと思います。

投稿 : 2023/07/28
閲覧 : 110
サンキュー:

2

ゴリラ太郎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

マジでリメイクして

一期の作画とアニメオリジナルのストーリーが微妙すぎる。
漫画は神。
服は原作から微妙。

投稿 : 2023/04/15
閲覧 : 458
サンキュー:

3

ワンフォ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ありそうで他にないアニメ

能力バトルものだが類似する作品がない。
よくある劣って見られてるけど実はチート能力があって…みたいなことはなく主人公の修は戦闘員の中ではガチで能力が低い。
修行したら一気に強くなることもなく戦略を学んだら一気に賢くなることもない。
強いて言うなら人望というか人柄のお陰で強力な先輩達からなんでも教えてもらえる人脈こそが最大の武器。

もう一人の主人公である遊真がバチクソ強く彼を軸に戦略を練ってなんとか勝つといった戦いが多いので見る人によっては他人任せに感じてフラストレーションがたまるかも。

主人公がクソ強い作品なんて山ほどあるので個人的に凡人が必死に足掻く本作は楽しめた。

ただし作画の悪さや引き伸ばしが酷いのは残念ポイント

投稿 : 2023/02/11
閲覧 : 152
サンキュー:

2

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

戦術アニメ

登場人物が多く原作でも隊とメンバー表を見ながらの読まないといけない作品。アニメの方がメンバー確認しなくてもサクサク見れるように作られてる気がした。
作画に関しては朝の子供視聴の時間帯であったので、視聴層向け。話の展開も最初少し子供向けに作られてる気がした。それにしてもキャラは多い。しかしキャラ多いのに性格付けも個々よくできてる。キャラが多いので声優もよい。

展開はジャンプ王道の友情・成長・バトルの王道展開で、バトルがチーム戦で特別な能力も勿論多々あるが、わりと戦術面が前に出てていて面白い。
ただ、アニメオリジナル新章で突然ペースダウンしてしまったのが残念。1期はオリジナル話を終わらせ再びランク戦の途中、よくある一度挫折するところまで。

非力な三雲が隊長として、二人を引っ張り頭脳プレーを見るのは面白い。

100点中79点

投稿 : 2022/12/07
閲覧 : 113
サンキュー:

2

しゆん@異世界 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

修の努力を見習いたい。

面白すぎて2日で73話見てしまった。

自分はなろう系ばっか見てきたけど、主人公が弱くても努力で這い上がっていく光景はまた一興だな。

まあ、弱すぎてイライラすることもあるけど。

人望は主人公補正半端なくて、B級なのにA級の最上位の面々と仲がいい。

人望TUEEEだなw

最終的にジンさんくらい強くなってくれることを期待している。

強いて欠点を挙げるなら引き伸ばしがひどいことかな。

でも、先が読めない展開で、どんどん次を見たくなるから満点だ。

投稿 : 2022/09/04
閲覧 : 167
サンキュー:

3

ネタバレ

とがめ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.5 作画 : 1.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ありゃりゃ

大規模侵攻までの2クールにするべきだったと思う。作画がよくない。むしろひどい。引き伸ばし、アニオリ、大幅な尺を取る前回のあらすじがいらない。川井憲次さんの音楽はとてもワクワクして素晴らしかった。

投稿 : 2022/08/17
閲覧 : 114
サンキュー:

1

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

SFスーパー英雄(?)列伝58

天地人
「ふう、やっとワールドトリガーの感想を書いた」
ユーマ
「お前・・・つまんないネタ書くね(グサッ)」
迅悠一
「あんたの感想はイマイチだ、俺のサイドエフェクトがそう言ってる(グサグサ)あげせん食う?」
キトラ
「ダメでもともと、外しても経験、いかにも三流の考えそう事ね、サンキューもらうつもりで書かなければ読んでもらえるための経験は積めないわ(チュドーン)」
天地人
「(ヨロッ)自分がそう書くべきだと思ったネタから一度でも逃げたら、きっと本当に書かなくちゃいけない時にも逃げるようになる。自分がそういう人間だって知ってるんだ。」

・・・すいません、いいセリフだったんで思わず使ってしまいました(汗)

本題に戻って、第1話を観た時の感想は、なんかイマイチな作品だな~って感じだったんですけど、観てるうちにはまってしまいました。
戦闘シーンもいいんですけど、それよりも会議での何気なセリフがいいですね。
派閥というか、考え方に相違があるボーダーという組織ですが、イヤミなヤツも自分の仕事は有能で、いざという時はしっかりまとまって動いてますし、普段描かれない組織というものをアニメとしてはしっかり描いてると思います。
記者会見でのシーンも面白かったです。
ただ、ヒロインのオサム(違)じゃなくてチカの魅力が弱いというか、どっちかというとキトラの方がヒロインっぽい感じですか。
各チームのオペレーターが結構、魅力的でカワイイのが多いんですけど、最後までチカはイマイチでした。
あと、前回のあらすじ紹介が長い(笑)最後のオマケ(?)も含めると1回あたりの内容は意外と短いのもマイナスポイントでした。
まあ、原作に追いついてきたので、ここでの終了は惜しいですが、仕方がないですね。
ぜひ、迅さんのサイドエフェクトが当たって、続編が来年あたり放送される事を祈ってます。

※ 2016/04/14新SFスーパー英雄(?)列伝71として天地人で投稿したものを転記しました。

で、続編なんですが、確かに放送されましたけど、来年〈2017年)じゃなくて2021年になっちゃいましたね。
これって、迅さんのサイドエフェクトが当たったのか、それとも外れたんでしょうか。どっちなんだろう(う~ん)

迅悠一
「(ボソッ)予知を教えてもその通りになるとは限んないしね」

投稿 : 2022/02/19
閲覧 : 237
サンキュー:

5

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

登場人物多いんだよね

原作既読(最新巻迄 2022.1)
1~3rdシーズンまで視聴済
自分はアニメから原作読みだした口です。元々、週刊連載だったのですが、作者の健康上の問題で休載から月刊に移っています。原作の葦原先生にはお体には十分気を付けて無理せずお仕事を続けて頂きたいと思います。
3rdシーズンでほぼ原作ストック使ってますので、次はオリジナル話とか入れなければ、ちょっと間が空きそうです。
基本的にジャン〇作品ですのでジャン〇らしい友情とか努力とかをベースに主人公達の成長物語といえるでしょう。
ただ、昔のジャン〇系みたく、場当たり的に次々インフレバトルというより、かなり先の構想まで踏まえた上で物語が練ってある印象があり、主人公達の成長もかなりゆっくりです。まぁその主人公もこの人と限定しにくい。(下手するとたまたまスポット当たったのがそのメンバーであり、あくまで組織の一員位の印象。他にも魅力的なキャラが多く、キャラ管理大変そうなんだけど、スピンオフ作り放題な感じ)。その分、強烈な物語をリードするこれぞ主人公というキャラがいないのが弱いとも言えるかもしれませんね。
まぁ、今後も楽しみな作品ではあります。

私のツボ:毎回声優が多い

投稿 : 2022/01/23
閲覧 : 259
サンキュー:

4

のぞみ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

作画がひどい…

とにかく作画が悪い。手抜き感がありワールドトリガーの良さが引き出されていない。
原作の漫画はとても良作であるのでそちらをおすすめする。

後半の10話ほどはアニメオリジナルストーリーとなっている。
無理やり差し込んだ感が強く内容もあまり洗練されているようには感じなかった。

一期は話数が多く挫折も考えられる。
二期や三期は作画も良いため、初めてワールドトリガーに触れるのならば、二期から見始めてハマるのであれば一期を見始めても充分楽しめると思う。

投稿 : 2022/01/04
閲覧 : 572
サンキュー:

2

ネタバレ

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

王道のジャンプ系作品

放送当時バトルアニメに飽きてたのでスルーしてたのですが、2期が放送されるタイミングで視聴しました。
わくわくする展開がたくさんあってめちゃくちゃ面白かったです。
ジャンプ系の熱いアニメが好きな人におすすめです。
{netabare} 迅が呪術の五条悟にキャラめっちゃ似てました。呪術の作者は確実にワートリ読んでると思います。逆に読んでなかったらすごいです。それぐらいキャラかぶってます。 {/netabare}

投稿 : 2021/09/02
閲覧 : 389
サンキュー:

1

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラがしっかりしてるアニメは面白い。

原作に100点を上げたい作品。
もうかなり前のアニメですが最近二期を見たので一期の感想も思い出せる範囲で。
{netabare}
他の人も書いている通り、この作品ならではの良さが沢山あるいい作品。
A級隊員、B級隊員とあるが、B級隊員も全員がしっかりと戦略を練って戦うので、かなり印象に残る。
それに戦略や連携次第ではたとえ実力不足でもでもアフトクラトルの強敵を倒したり、互角に戦ったりできるのもいいところ。
一部チートキャラはいるが、常識の範囲内だし、一人で強敵を蹂躙しまくって無双みたいな展開が全然ない。
大規模侵攻のパートは活躍しないキャラがほんとに一人もおらず、全員が何かしらいい働きをするのでめっちゃ面白かった。

このアニメ、珍しく主人公がクソ雑魚なのだが、しっかりと戦略を練ることで他のB級隊員と拮抗できるのもいいところ。
戦闘シーンだけでなく、相手チームへの対策を考えているところも面白いのはすごい。
で、戦略を練るのは主人公側だけでないのもいい。
相手との駆け引きがこれほどうまく描けてる作品はないと思う。
実際、その戦略も納得できるものが多く、それはおかしくね?となったりすることが全然ない。VS荒船隊、諏訪隊が特によかった。
このアニメの全体としての面白さの一番の要因もやっぱり戦略かな。
ユウマがヴィザ翁を倒すところも戦略的でよかったし、トリガーを切ってハイレインのトリガーに対抗するという手法も面白かった。
ほんとに、大規模侵攻の出来はすごい。

さっき言ったように主人公が非常に弱いが、ちゃんと魅力があるのもいい。
仲間思いでしっかりと戦略を練るし、うまくいかなければしっかりと反省し、努力もする。
ほんとに弱いにも拘らず、このアニメ内でかなり好きなキャラの部類。
弱い主人公が戦略で勝っていくというのが好きなのもある。

と、原作には100点を上げたい出来だった。
アニメとしてはダメな点がかなりあってそこで少し減点。
引き延ばしと作画の悪さ。
引き延ばしはまだいいけど、あらすじ紹介、OP、最後の謎コーナーのせいで酷い時で本編が10分ぐらいしかないというw
構成も酷い。何でこのタイミングでその回想を?って感じることが結構あった。

あと、アニオリ回が絶望的につまらない。
自分、このアニメを見たとき原作は読んでなかったのですが、ゼノ編が始まった一話目で、あれ?なんかつまらなくね?となって、もしかしてアニオリか?と感づいてしまうほどにはつまらなかった。
最初から最後までしっかりとつまらなかった。

ちゃんと原作を再現してたなら自分の中でトップクラスのアニメだったと思う。
{/netabare}

投稿 : 2021/09/01
閲覧 : 356
サンキュー:

1

ネタバレ

k57x83 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

戦力・戦術 あとは引き伸ばし

最近期待のアニメ
youtubeでざっくり予習してからアマプラで
(とてつもない苦行と思いながら)一気見


引き伸ばしさえなければ名作だったのに


●物語、キャラが一級品
他作品だと使い捨て扱いされるようなキャラにまで
しっかりした背景、思考力を持たせてある
(ただし、これは原作がそうだからと思われる)

そのため、各人が知略をめぐらし、行動することにより
濃密な物語が展開する
モブの行動、選択一つ取ってもしっかりとしたバックボーンがあり
物語に納得できる
昨今には珍しいタイプのアニメ(漫画)と思う

異世界なろう系で腐った脳みそをリフレッシュするのに最適



●ただし引き伸ばしが凄い
73話がんばっているのはわかるが、
そのために引き伸ばしが本当に酷い

随所に引き伸ばし入れてあるし
長い所もあるので視聴が苦行

うおおおおおおおで1分近く使っていたのには笑うしかなかった
アニオリ?も15話近くぶっこまれているが
本編にほぼ関係ないので飛ばして問題ないと思います

あまりに引き伸ばしが酷かったので物語の評価を-1



そしてこのアニメ、なんと2期で大化けする
唯一の欠点だった引き伸ばしがなくなりかなり良くなっている
今時1期はいまいちで2期で化けるアニメなんてそうそうない

苦行を乗り越えたカタルシスが味わえる・・・かも

投稿 : 2021/06/11
閲覧 : 509
サンキュー:

3

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作は、ようやく連載再開ですね・・・

週刊少年ジャンプは40年近い愛読書です(笑)。

この作品も、連載開始当初から楽しく拝見していたのですが・・・。
2016年より、現在休載中。
2018年10月29日発売の48号で連載再開。
5話掲載した後に『ジャンプスクエア』に移籍。 (ええっ!月刊誌か・・・)

まあ、楽しみな反面、少々残念な感じも・・・。(笑)

という訳で、この作品も、少々おかしな終わり方をしています。
これは、原作の都合なので、致し方ないと思います。
できたら、アニオリを挟むのではなく、オリジナルの区切りの良いところで一旦終わって貰いたかったかな?

登場人物が個性豊かで、とてもお気に入りな作品のひとつです。
主人公周りの千佳ちゃん、桐絵ちゃん、栞ちゃんをはじめ、女性陣がとても可愛い作品でもあります。(笑)

アニオリのくだりになってからは、かなり魅力が減速します・・・。
無理に73話もする必要があったのかな?って感じです。

声優さんが豪華な作品でもあります。

投稿 : 2021/04/22
閲覧 : 750
サンキュー:

29

ネタバレ

まつまつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

登場人物多いがみんな魅力的な作品

原作未読
2014年からこんなアニメが2年間も放映されていたのに当時全く存在を知らなかった・・・
この当時何をしていたかの記憶が無い。

異世界からやって来る侵略者達(ネイバーと言われている)を倒すために設立されたボーダーという組織の話。

とにかく登場人物が多い。
が、捨てキャラみたいな感じが殆どいなくてどのキャラクターも魅力的な面があって面白い。
組織内ではそれぞれのチームがランク戦で組織のトップチームに成る為にシノギを削る。
言ってしまえば全員ライバルなのであるが、いざネイバーと戦う時は全員で協力して立ち向かう。
組織として非常に理想的な関係である。
チームや登場人物それぞれ特徴があり、戦術も練り込まれているし、情報量が多くても解説もちゃんとしてくれるので分り易い。

三雲修、空閑遊真、雨取千佳3人で結成された三雲隊が中心の話だが、
遊真がぶっちぎりで強いお陰でとんとん拍子で勝ち進む。
修は戦略を立てる点では優れているが戦闘能力がとことん低く、千佳も一撃の破壊力は凄いが人に当てられず、戦略も練れないので、建物の破壊以外ほぼ使えない。
こんなんで結成して僅かな期間でトップチーム入りとはあまりにも自惚れ過ぎだろと正直観ていてイライラしてくるのだが、三雲隊の周りの先輩達も同じ事を思っていて代弁してくれるので、スッキリするのも良い。
まぁ最後のB級上位戦では流石に負けるのだけれど。
修があまりに真面目過ぎてまっすぐにしか物事が観られないのが欠点だが、その真面目さと芯の強さは評価されて、周りの先輩達が協力してくれる。

弱いのに正義感だけ強くて周りに迷惑掛ける主人公はあまり好きでは無いのだが、成長していく姿は好感が持てる。

最後に林藤支部長の声(CV藤原啓二)を聴くとちょっとしんみりした気分。
2ndシーズンに引き続き期待。
特に作画はもう少し良くなってもらいたい。

投稿 : 2021/03/15
閲覧 : 286
サンキュー:

4

ハレ0210 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 1.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

別の制作会社に制作して欲しかった…

原作の大ファンで読んでいる漫画の中で1、2番を争うくらい好きな漫画です。(設定が細かいため少年ジャンプを読んでつまらないと思った人は、単行本かの方が話しが分かりやすいのでオススメです。)そのため、原作ファンから見た感想になります。(あくまで個人的な感想です笑)少し長くなるかも知れませんが、少しでも参考になればと思います。
まず、良い点から。
・物語がしっかり描写されていて、内容が凄く分かりやすかったです。
・漫画でもキャラは動いている方なのですが、アニメだとさらに良くキャラが動いていて、見ていてとても面白いと感じました。漫画では、ここはどうしてこうなったんだろうか?と、少し分かりにくい描写がされている所がアニメだと分かりやすかったです。
・声優がとても豪華で、キャラと凄くマッチしています。ほとんどのキャラの声が本当にハマっていて見ていてとても感動しました。(遊真や迅さん、小南など)
・OPはどれも良い曲だったので良かったです。(一時期ソナーポケットの「GIRIGIRI」にハマってました笑)
そして、悪い点です。
正直、原作と比べてしまうと悪い所ばかり目立ちました。
・とにかく作画が酷すぎです。特にキャラの顔。これはもう致命所ですね笑。作画を原作に合わせているのかどうか良く分かりませんが、小学生の低学年が見るような作画になってしまっています。原作の作画が私はとても好きだったので、凄くショックを受けました。原作も他の漫画と比べて、少し子供っぽい所はあるのですが、この作品には凄くマッチしていて好きだったのでとても残念です。
・戦闘シーンの描写が雑な所が何個かありました。この作品では、キャラの技術や戦術などを駆使して戦う漫画なので、例えば、アニメの後半でお互いの剣を使って戦うシーンでは、剣のスピードが速すぎて(作画が雑で)、ただ剣と剣をぶつけているだけに見えて、何をしているねか良く分からず、全然迫力がなくて残念です。ワールドトリガーの良さを台無しにしています。
・物語の進みが遅いです。バトルシーンならまだ良いのですが、日常のシーンをオリジナルで描写されてもつまらないだけでした。とにかく長く話数を稼ごうという制作会社の狙いがバレバレです。
・オリジナルストーリーがつまらな過ぎて見る価値無し。(ネタバレ注意!)
49話の「異世界からの逃亡者」から63話「反転する未来」までオリジナルストーリーだったのですが、酷すぎました。敵が戦っては撤退、戦っては撤退の繰り返しです。ゲートを使い異世界に逃げるのでは無く、主人公達の世界の中に身を潜めています。(主人公達を監視出来るくらい近い距離で)それなのに、主人公達は反撃に出ない。(←表現下手ですみません)そして、最終的には敵があっさり(一撃で)倒される。「なんだこの糞アニメは⁈ワールドトリガーバカにしてんのか⁈」と叫びたくなるくらい酷かったです。見る価値無しです。
・だらだらと物語を進め原作ストックを空っぽにしてしまいました。原作では10巻で区切りが良い所だったにもかかわらず、無理矢理話しを進め、オリジナルストーリーまで加え、最後は中途半端な終わり方をしていました。個人的には、せめて10巻の所で一旦終わって、続きを違う会社が作ってくれ!と思っていたのですが、まんまとやられました笑。とりあえず、1話から他の会社が作り直して頂くことを祈るのみです涙。
・放送時間が朝なので、朝アニメだから見ない、と思って見ていない人が多いと思います。まだ夕方に放送していたら、知名度が上がっていたと思うので残念ですね。そもそも作画が良ければ夜でも行けるクオリティはあるのでもったいない。(個人的な感想)

最後に、この作品は物語も良いし、声優さんにも恵まれているのに、作画のせいで全てが台無しになっていると感じました。それでも、漫画とは違った良さもあり、この評価となりました。
とりあえず、私なりに分かりやすいように書いたつもりですが、意味が分からない所もあるかと思います。その辺りは目をつぶって頂ければ…。
そして、あくまで、これは私個人的な感想に過ぎません。違う人から見れば良かったとか、悪かったとか人それぞれなので、あまり気にしないでください笑
ただ一つ言えるのは、原作の方が絵と作画がマッチしているし、面白いです。アニメを見て面白いと感じた人や、作画が嫌いで見るのを止めた人は、機会があれば、原作を是非手に取って頂ければと思います。
最後まで見て頂きありがとうございます。少しでも皆様の参考になればと思います。

投稿 : 2021/02/14
閲覧 : 635
サンキュー:

7

ネタバレ

キシリトール昆布 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

周回するほど面白い

原作は未読で正月にアマゾンプライムで一気見。

主役の三雲くんが普通に弱い(?)のがイイ!
他の作品だと血筋で・・・眠っていた才能が・・・と強くなるが、
それも無く若干成長するけど弱いままで頑張るw

根性や気力で強くなる!というのも作品内で否定しているところもイイ!

組織内でのチーム階級戦はナルトの中忍・上忍試験などを見ているようで、
それはそれで面白い。

人によっては物足らなく感じるでしょうけど、
胸糞悪いキャラや超重苦しい展開が絶妙なラインで回避しているところが個人的に見やすくて好き。

一番好きなシーンは
「チカ子に手ぇ出すじゃねー!こんにゃろー!!!」
何回見ても熱くなる!

投稿 : 2021/02/03
閲覧 : 309
サンキュー:

3

モアイ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

面白いんだけどぉー。

内容は面白いのに、画面止まった?と思うくらいの引き延ばしが多々あるせいで苦痛。連続視聴には向かないかも。
戦闘シーンはそんな事ないので面白い。

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 325
サンキュー:

2

ブル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

古きジャンプアニメ

1期73話は、観ていて1〜2話飛ばしても話が繋がるという点では、○○ゴンボールや、○○白書のように良い作品ではあるものの、無駄が多過ぎると思ったのでその点かなりマイナス。

登場キャラの殆どが鈍ちんキャラで、ストレスを感じさせる内容が多かった。

長くても36話でまとめられて、もっと緊張感のある仕上がりに出来れば評価されたと思う。

ストーリー自体は悪くないので、2期に期待したいところだが、4年近くあいて放送された2期1話はダイジェスト形式だったので、今作も1話飛ばしでも観れるものにならないよう祈る。

投稿 : 2021/01/13
閲覧 : 264
サンキュー:

1

めんまぁ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

the普通

まあ普通に面白いただそれだけ。この作品を通じて何か感じたとかは特にない。てか無駄な回多いし最終回半端なところで終わりすぎ。まあ2期もやってるし見ても良いんじゃねくらい。

投稿 : 2021/01/11
閲覧 : 211
サンキュー:

1

qMzjq68449 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

一期から進化した!

とてもよかった!作画が進化している。

投稿 : 2021/01/11
閲覧 : 205
サンキュー:

1

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

チーム戦シューティングゲームのシュミレーション

異世界人と戦う話で、おもちゃのような人型、虫型ロボット兵器には興醒めだったが、それを補って、余りある戦術シュミレーションには引き込まれた。

戦闘能力に劣る主人公を甘やかせず、漫画的御都合主義や勢いだけでごまかさず、努力と学習を一つ一つ一つ愚直に描いている。

そのため本筋(異世界に誘致された兄と友達を奪還する)はなかなか進まない。本編もブツ切れで終わる。
山場の昇格試合の最中、第三次侵攻が起きたところで幕が引かれる。なんとも残念な芸のない終わり方。

そして、5年間のフリーズがようやくとけるわけです。

投稿 : 2021/01/04
閲覧 : 275
サンキュー:

10

ゆき さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作読んでほしい

アニメから入り原作も既存感まで読みました。
本当によく言われるようにアニメの作画がよければ、、

是非原作を読んでほしいです(*´꒳`*)
何度も読んでいますが毎回面白い。
あまりこーゆうことは言わないですが
ワートリを見ないと人生損です!!!!

二期の作画が結構いい感じなので今からたのしみです~!

投稿 : 2020/12/15
閲覧 : 310
サンキュー:

3

Fanatic さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

戦略&戦術を駆使したチーム戦がアツい!一風変わったバトル物☆

制作は東映アニメーション。
原作は、2013年から週間少年ジャンプで連載されていた漫画ですが、2019年からはジャンプスクエアに移って現在も連載中です。

監督は、1~48話が、「クレヨンしんちゃん」初代監督や、「本好きの下克上」などを手がけた本郷みつるさん。49~73話が、「ゲゲゲの鬼太郎6」「プリキュアオールスターズ」等の小川孝治さん。

因みに新(2nd)シーズンは、「ドラゴンボール」や「ワンピース」に携わっていた畑野森生さんが監督予定とのこと。この作品は原作力が肝だと思いますので、誰がディレクションするのであれ、続編が決定したことは素直に嬉しいです。

内容は、いわゆるバトル系に分類される作品ですが、バトルの内容が、他のジャンプ系王道作品で多く見られる〝個々の対戦〟とは、かなり毛色が違います。

登場する武器(トリガー)の種類は多いのですが、ユニークウェポンというのは、一部のトリガーを除いてほとんど出てきません。
個々のボーダー隊員が、自分の能力に合わせてトリガーを選び、その特性を生かしつつ、チームで連携しながら戦っていく――いわゆる戦略・戦術戦がメインとなります。

それぞれのトリガーには、攻撃力や耐久力、可変タイプ、あるいは、飛び道具なら射程や威力、連射性能や弾速、さらに、機動専用のグラスホッパーやトラップ専用のスコーピオンなど特性が細かく設定されています。

さらに、トリオン能力の高い隊員特有の「サイドエフェクト」と呼ばれる特殊能力、それらの使用タイミング、さらに地形利用や心理操作をも組み合わせて勝敗を決していきます。

序盤、6話まではキャラクター紹介も兼ねた邂逅編。
退屈ですが、ここで切らずに我慢してください。
7話からはブラックトリガー争奪戦、及びボーダー入隊編が始まり、ボーダー隊員同士の、駆け引きの楽しめるバトルが徐々に増えていきます。

22話からは、地球人の主敵であるネイバーの大規模侵攻がはじまり、それを迎え撃つボーダー隊員たちの活躍が描かれます。
敵には、一般的なトリオン兵以外に、ブラックトリガーを持つ強敵が何人か混ざっていて、彼(彼女)らとの局地的な対戦、及び、彼らの目的を阻止する為の中域戦略戦が熱を帯びて、一気に話が盛り上がっていきます。

何で、ゲート多発地帯にいつまでも住民が住んでいるんだろう……という疑問もありますが、そこはまあ、住民の「慣れ」らしいので、そういうことにしておきます。

そして、38話からは、個人的に一番好きな、B級ランク戦に突入。
戦闘員とオペレーターで編成された複数のチームが、バトルロイヤル形式でA級昇格を目指します。
各チームが、互いに相手の行動を読み合い、連携を駆使して戦術戦を繰り広げる様子は本作の醍醐味でしょう。

49話からは逃亡者編。
原作漫画休載などの影響もあったのか、ストックが尽きかけて水増しのために挿入したアニオリパートのようです。
合宿中に起こった事件、という感じでメインプロットからはほぼ独立しているパートなんですが、つまらないので観る必要ないですw
どうしても気になる方は、64話の冒頭に数分のダイジェスト回想があるので、それで十分でしょう。
その64話から、再びB級ランク戦が再開され、73話で一期終了。

実際に戦うのは生身ではなくトリオン体と呼ばれる擬似生体なので、過激なゴア表現が苦手という方にも安心の健全バトルです。

正直、バトルに関しては、例えば同じジャンプ系で話題になってる「鬼滅の刃」のように、派手な演出と強力な個性で勝負を決する王道ものよりも、駆け引き重視の方なら本作の方が説得性があってずっと惹きこまれる内容だと思います。
主人公や仲間の成長も、覚醒や、特訓による急激なフィジカル強化みたいなご都合主義的要素は極力排除されていて、トリガーの使い方や使用種類、その組み合わせ、戦術面での閃きや創意工夫などで強くなっていく流れも説得力があります。

では、この作品がなぜそこまで話題にならなかったのか……。
(私が気づかなかっただけ?)
序盤、若干スロースタート気味の部分もありますし、主人公の三雲修が地味すぎるというのもあるかもしれません。
でもやはり、決定的なのは作画のジョボさでしょう。

最近の集英社系作品は、クオリティの高いアニメを作ってコンテンツの拡大を図る戦略になっているように見えますが、この頃はその発想はなかったんでしょうか?
2014年当時の平均的な作画レベルを考えても、なぜ天下の集英社がこんなに粗い作画で作った?と首を傾げたくなるクオリティ。
本作がもし、鬼滅の刃や呪術廻戦なみに……とまでは言わなくても、青エクくらいのクオリティで作られていたなら、大人の視聴にも耐え得るバトル物として話題作になっていた気がします。

とりあえず新シーズンも始まるようですし、未視聴の方は今のうちに試してみてはいかがでしょう。
6クールと長丁場ですが、49~63話は観る価値がないので、実質5クール弱。
作画に足を引っ張られて評価点は伸びていませんが、おすすめです!

投稿 : 2020/12/02
閲覧 : 309
サンキュー:

9

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

俺TUEEEもいいけど、凡人が成長し 努力が報われることこそ面白いんだ。

原作:漫画 未読
全73話

感想

2014年10月から放送された当時は、日曜早朝のジャンプ作品で、しかも絵柄がイマイチな子供向けっぽい感じだったので、1話も観ることなく切ってしまってました。
今回、BS朝日で毎週2話ずつ再放送されてたので、なんとなく観始めたところ・・・
あれ?キャラデザや背景はそうでもないけど、話はまずまず面白いし、主人公の三雲が自分の好きな凡人設定の努力型タイプなので、感情移入し易くて中盤以降はハマって観てました。

面白くなってきたのは、遊真と千佳を入れた三雲隊を結成してからのB級ランク戦が始まってから。
戦闘にはそれぞれ自分にあった戦い方のスタイルがあり、接近戦型、中間型、遠距離型があり、それぞれ武器も違えばその種類も多様にあるので、チーム戦ともなればいろんな戦略要素も出てくるので面白いです。

途中観てて思ったのが、主人公の三雲は最初から能力的に普通で、なんならトリオン量は並み以下。武道を嗜んでた訳でも素早い動きができる訳でもなし。
それじゃぁと、コードギアスのルルみたいな戦略に長けた頭脳も持ってもいません。
ホントに弱くて、三雲がない頭使って作戦を立て、努力してる姿が健気でちょっと同情してしまいます。
少しずつ成長はしてるけど、全73話まで飛躍的な成長はなく、コレといった武器すら持てないまま終わってしまい、あまり明るい材料がないので、ちょっと不満というかスカッとできず終い。
欲を言えば、とあるの上条当麻みたいなイマジンブレイカーみたいな能力が、努力した結果 目覚めるとか、それこそさっき言ってたルルーシュみたいな頭脳があるとか・・・
なんでもいいんです
最後には何か、三雲だけが持ってる武器(能力)が1つ見つけて欲しかったな。
一応、三雲にもまだサイドエフェクトってのがないから、今後、三雲だけの何かしらのサイドエフェクトが身に着けられれば、もっと面白くなると思う。(知らんけど)
でもまぁ、この作品はダブル主人公で、もう一人の主人公が能力の高い空閑 遊真だから、三雲の方は逆にワザと普通の凡人設定にしたのかもですががが。
それにしても三雲は隊長なのに、この先伸びしろがあまり見込めず、急成長もないだろうし頭打ちじゃないかなぁっと。
遊真は卓越された戦闘能力。
千佳には膨大なトリオン量の能力。
そりゃ隊長の三雲にしたら劣等感パないよね。
これがホントの「界境防衛機関ボーダーの劣等生」だお。

俺TUEEEキャラが活躍するのはスカッとできてそれはそれでいいんだけど、僕としては、凡人の三雲ほどもっと活躍して欲しいんですよね。
(やっぱ挫折を味わい、それに負けじと努力してる人ほど報われて欲しいじゃん?)
なので ちょっと残念に思う次第です。
まぁ その役が遊真です!って言われるとそれまでなんですけどね(苦笑)

最終話は、ランク戦が始まる中、敵が攻めてくるところで終わってしまい、なんとも中途半端。
これを当時、2期の発表のないまま終わられるのはなんとももどかしかったんじゃないでしょうか?
一応、来年1月から2期が始まるので、この時期に再放送で観れた自分はある意味幸せだったのかも。
2期で三雲がどれだけ成長して活躍できるのか?
放送楽しみにしてます。

投稿 : 2020/11/29
閲覧 : 250
サンキュー:

18

すぴりっと さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニオリ以外一気に観た

これめっちゃ面白い!
大規模侵攻終結から始まるアニオリパートは故あって飛ばしてしまったけれども、復活したギガ数が20ほど消滅しちゃったテヘッでも後悔はしていない!ってくらい面白い。

続きは?続きは無いのですか?
てか漫画は完結しているのですか?
とりあえず古本屋さんではロクに売ってないのは知ってる。

続き観たすぎるーーー。
2期?なのかな?あります様に。。

投稿 : 2020/11/27
閲覧 : 294
サンキュー:

5

pikotan さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一味違うバトル系

初回放送時はキャラデザや作画から子供向け作品と思い視聴を見送りましたが、今年春からBS朝日で放送が始まったのを機に試しに視聴したところ面白くてハマってしまいました。
毎週楽しみに観ていたのですが、BS朝日では49話から63話までがカットされたので、dアニメストアに切り替え49話以降は一気に視聴しました。
カットされた理由は分かりませんが、調べたら49話から63話というのはアニメオリジナルストーリーで評判が悪かったようですね。
確かに皆さんコメントされているようにアニオリ部分は面白さがイマイチでした。
無理に引き延ばさないで原作どおり進めた方が良かったのではないかと思います。
今回のBS朝日のようにアニオリ部分をカットした方が物語の流れが自然でした。

さて、私が本作を面白いと感じた点は戦術を駆使して戦うところです。
他のバトル系作品は多くがキャラクターの能力頼みで、特に主人公はチートとも思える強大な能力を持っていたり、切れたら強くなったりピンチになると隠れていた能力が都合よく発動するとか等が一般的ですが、本作の主人公である三雲修は真逆です。
ある出来事によりB級隊員になったものの実力は明らかにC級レベル。
本人も弱いことを自覚しているのでランク戦ではチームの勝利のために様々な作戦を立てて戦います。
勿論他のチームも作戦を立ててきますからどのチームも思い通りに事が進みませんし、相手の腹の内を探りながら戦っていく様は観ていて飽きないですね。
三雲修は知力で勝負するタイプなので、戦闘員よりも作戦指揮等に徹した方が実力を発揮できるように思いますが、とにかく頑張っている主人公は応援したくなりますね。

それから本作はキャラクター数がとても多いですが、各キャラクターの設定がしっかりしていると思います。
キャラ被りがほぼないように思えますし、シンプルな絵柄なのにきちんと描き分け出来ているのは素晴らしい。
あと男性視聴者としては、女性キャラが魅力的なのもポイント高いです。
三雲君達に優しくアドバイスをする宇佐美さん、いつも烏丸さんの嘘に騙されて怒っている小南さん、口では厳しいことを言いながらも実は面倒見の良い木虎さん、各人違った魅力がありますね。
後期オープニングで女性オペレーターがエスカレーターに集まっているシーンも好きです。

総じて満足度の高い作品でしたが、唯一残念だったのは作画がイマイチだったことです。
フェイトや鬼滅みたいな作画だったらもっと楽しめたのに。
何はともあれ年明け1月から始まる2期が楽しみです。

投稿 : 2020/11/16
閲覧 : 254
サンキュー:

9

ニワカオヤジ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 5.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

アニメの作画さえ良ければ鬼滅超えは約束されていたのに・・・

原作漫画は既読で、バトル系漫画としてはトップクラスに面白くて、いつも次巻が出るのを心待ちにしています。
以下、ほぼ原作のレビューです。

敵・味方とも戦闘能力(頭脳・技量)に大差がなく、武器も汎用のものを応用して使用しているので、勝利するには戦術とチームワークが全て、というところが他のバトル漫画と一線を画しています。
よって、
〇チートキャラがほとんど存在しないのでドラゴンボール等のように戦力がインフレしない
〇弱い味方・敵が修行や怒りのパワーで突然に覚醒しない。
〇「ティロ・フィナーレ!」とか必殺技の名を叫んだりしない。
〇ジョジョのように矛盾だらけの謎理論で煙に巻くことがない。
などバトルもので陥るテンプレな展開が全くなく、延々と戦ってますが飽きません。
(注:ドラゴンボールもジョジョもまどマギも全て好きです)


単純な線で描かれている上にキャラクターの数が異常に多いのにちゃんと描き分けされてるし、女の子は判子絵で全員可愛いということはなく、やや不器量、普通、まあまあ可愛い、可愛い、美人、と様々なレベルの女の子がいるのが凄いです。

ただし、アニメでは顔の作画がわりとひどくて、可愛いキャラもゆがんでいるのが難点。単純な線で描かれているのでバランスがちょっと崩れただけで作画崩壊が目立ちます。

同じジャンプのバトル漫画である「鬼滅の刃」がアニメで大ヒットしたのに対し、物語としては本作の方が内容が濃くて(2020年10月現在で単行本がどちらも22巻)数倍は優れているし、こっちは深夜じゃなくて朝に放映してたのに、ブームにもならず地味に終わっているのが悔やまれます。

アニメはやはり内容よりも作画が重要なんですね。

投稿 : 2020/10/31
閲覧 : 328
サンキュー:

23

次の30件を表示

ワールドトリガーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ワールドトリガーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ワールドトリガーのストーリー・あらすじ

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション! (TVアニメ動画『ワールドトリガー』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年秋アニメ
制作会社
東映アニメーション
主題歌
≪OP≫ソナーポケット『GIRIGIRI』、AAA『アシタノヒカリ』

声優・キャラクター

村中知、梶裕貴、田村奈央、中村悠一、田中秀幸、岡本信彦、福山潤、釘宮理恵、前野智昭、花澤香菜、森田成一、草尾毅、藤原啓治、石川界人、緑川光、佐々木望、小堀友里絵、柳田淳一、古川登志夫、島﨑信長、中博史

スタッフ

原作:葦原大介、 監督:本郷みつる、シリーズ構成:吉野弘幸、音楽:川井憲次、キャラクターデザイン・総作画監督:海谷敏久/鶴田仁美、美術設定:李炫定、美術監督:今野慎一

このアニメの類似作品

この頃(2014年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ