「ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―(アニメ映画)」

総合得点
65.3
感想・評価
13
棚に入れた
58
ランキング
2089
★★★★☆ 3.5 (13)
物語
3.5
作画
3.9
声優
3.3
音楽
3.3
キャラ
3.4

DEIMOS

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ポノックは晋治のためにあるのか!

スタジオポノックが生き残りをかけて投入した短編映画。米林、百瀬、山下の三人が監督を手がけた三作品で計1時間ほど。

結論、百瀬のサムライエッグが最も面白い。かぐや姫で見せた線画の手法をここでも活かした。題材が、アレルギー持ちの子供とその母親の掛け合い、というのも面白い。自分が幼少期に病気を持っていた人、そういう子供を持つ親の視点で見れば感動必至。

階段を駆け下りるシーンなど、作画の見所がたっぷり。これを支えたのはあの橋本晋治。山下の透明人間でも人を描かずに質量を表現するという前代未聞のことをやってのけた。このアニメーターの力量には感服する。

最も残念だったのは米林の蟹の話。ポノックは米林を作画監督に降格させるべき。次代を担うタレントは別にいることは自明だ。

投稿 : 2018/09/01
閲覧 : 59
サンキュー:

4

ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

DEIMOSが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ