「やがて君になる(TVアニメ動画)」

総合得点
81.0
感想・評価
604
棚に入れた
2196
ランキング
370
★★★★☆ 3.8 (604)
物語
3.8
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

休止中の足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「気が付けば息もできない」

原作コミックは未読。

物語の都合で仕方なく作画や映像をあてがった作品と、
一コマ一コマの構図に意志を込めて伝えて来る作品は、
ひと目見れば何となく判別できる物ですが、
本作の場合は衝撃的なくらい後者でした。

特に“カメラワーク”が素晴らしいと思いました。
画面のどこに人物を配置するのか。
人物を足下から上へ映していくのか。頭から下へ映していくのか。
それぞれに二人の距離感など、特定の状況や心理を強調する映像効果があって、
本作は間違いなくそれを狙って、執拗に投げかけて来ます。

そこで敢えて指の動きを映すのか?足の動きを追うのか?
当惑や動揺、昂ぶりは表情よりもむしろ手元や足下に顕著に表れる。
当事者である登場人物たちですらも知らない秘密を覗き見するようなアングルが
堪らなくプレミアムで、アブなくて、エロくてw作品世界にどんどん吸い寄せられます。

単純な相思相愛が必ずしも最良な関係とは限らない。好きと言う気持ちの奥深さ。
繊細な心理描写が光るとの評判を耳にして、期待しての視聴でしたが、
冒頭から良い意味での圧力を感じるレベルの鑑賞になるとは嬉しい誤算でした。

そこで路上のミラーに映る二人を見せるのか?
世界の中に確かに存在する二人の気持ちを強調する演出も多彩。
人を想う気持ちが、世界の全てと同格になる。
特別な想いに、自然現象等を巻き込む定番の純文学的な演出も、
この次元で体感すると格別です。

私が一番シビれたのは揺れる心や転換する状況と共に波紋を生じるコーヒーカップ。
この世界のカップは第六感で恋愛波動を察知する感覚器か何かなのでしょうか。

映像、演出に関しては一話にして既に私はメロメロで、ほぼ呼吸するのを忘れかけましたw
一体、作者やスタッフたちは何を考えているのだろう。そう思うとニヤニヤが止まりません。
決して大量の作画枚数を費やさなくても、映像の見せ方で表現できるものがまだまだある。

改めて漫画やアニメ、映像作品に惚れ直すことができる。
例えストーリー、設定等が趣味に合わなくても本作の演出には一見の価値があると思います。


あと、言い忘れていましたが、本作は百合アニメになります。

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 495
サンキュー:

59

やがて君になるのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
やがて君になるのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

休止中の足利尊氏が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ