素材が良いだけに…Fairy gone フェアリーゴーン(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「Fairy gone フェアリーゴーン」

よみがな:ふぇありーごーん

放送時期:2019年春アニメ(2019年4月〜)

★★★★☆ 3.2
物語:2.8 作画:3.5 声優:3.3 音楽:3.2 キャラ:3.1
総合得点 54.9
感想・評価 71
棚に入れた人 413
ランキング 5153
かつて妖精は、"兵器"だった――。この世界には、動物に憑依することで不思議な力を宿す、妖精が存在していた。妖精が憑依した動物の臓器を摘出し人間に移植することで、妖精を分身として出現させ、兵器として扱えるようになる。妖精を戦争の道具として自在に操る兵士たち、彼らは『妖精兵』と呼ばれた。長きにわたる戦争が終結すると、彼らはその役目を終え、行き場を失う。あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに。それぞれの生きる道を選択する。戦争から9年の歳月が経つ。主人公のマーリヤは、妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する、違法妖精取締機関『ドロテア』に配属されたばかりの女の子。未だ不安定な政治情勢の中、戦争によって受けた傷や過去を持つ犯罪者が現れ、復讐のためテロを起こす。これは、無秩序な戦後に抗い、それぞれの正義を求め戦う『妖精兵』たちの物語――。(TVアニメ動画『Fairy gone フェアリーゴーン』のwikipedia・公式サイト等参照)

どぅーさんの感想・評価

ネタバレ
2019.05.16 16:45 どぅーの評価 | 今観てる| 95が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: Fairy gone フェアリーゴーン(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 5.0

素材が良いだけに…

デザインワーク担当された中田さんの漫画ファンなので見てます。
さすがのデザインの良さ、作画の安定感、声優さんの演技等は良好。

ただストーリーが残念。戦争とか歴史のバックボーン設定が重厚なくせにストーリー内ではただ固有名詞垂れ流すだけで『パルスのファルシ』状態。うっすい。
なんかかつて神だった獣たちへやパンプキンシザーズなどの戦争ファンタジーの劣化版のようにしか感じない。

ほんと素材が良いだけにどうしてこうなった…。デザインはめちゃ好きなのでフィギュアなど出たら買いますが円盤には絶対カネを落としたくない作品。

 サンキュー(1)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

どぅーが他の作品に書いているレビュー

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。