「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO(TVアニメ動画)」

総合得点
63.1
感想・評価
140
棚に入れた
625
ランキング
2894
★★★★☆ 3.1 (140)
物語
2.9
作画
3.1
声優
3.3
音楽
3.3
キャラ
3.0

Ka-ZZ(★)

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「物語」という名の迷宮へ…

本作品の原作ゲームは未プレイです。
原作ゲームが発売されたのは、今から23年前の1996年とのことです。
当時PC-98シリーズのゲームが一番最初に発売されたとのことで、時代の流れを感じずにはいられません。
でも、確かにその頃はPC-98シリーズのPCを使っていたかもです。

それは良いのですが、視聴に至ったきっかけはこの作品のリメイク版をMAGES./5pb.が制作していたこと、そしてMAGES./5pb.といえば、同じタイムリープ系の「シュタインズ・ゲート」を制作した会社なので、並行世界を上手に表現してくれるのでは、と期待感があったからです。

公式HPのINTRODUCTIONには「現世編」と「異世界編」の2つが用意されていました。
物語の内容に繋がりがあったので気に留めませんでしたが、作り手の意識としては2つの世界は全くの別物だったんですね。


物語前半戦となる「現世編」のINTRODUCTIONがこちら

主人公。有馬たくやは幼少期に母を亡くし、歴史学者である父も2か月前に事故で亡くしてしまった。
全てにおいて活力を失ってしまった学生最後の夏休み。
ある日、用途不明の丸い鏡とガラス玉のはまった妙な物体が入った小包が届けられる。
同梱されていた手紙には父親が生きていると思わせる内容が…?!

「今夜10時に、この物体を持って剣ノ岬(三角山)へ行け」

指示に従いその場へ向かうと、なぞの女性が倒れていた。
そこには学園長と謎の転校生の姿も。
瞬間、地響きとともに光に包まれる…。
並列世界を駆け巡るたびが、今、始まる。

物語後半戦となる「異世界編」のINTRODUCTIONにはネタばれ要素が含まれているので掲載を割愛します。

そういえば、公式HPにどこかの並行世界への入り口が設けてありました。
中に入ると、Twitterで「きり番報告」できるページになっているほか。少し不思議な空間が広がっていました。
私の来訪者番号は、きり番には程遠かったので報告できませんでしたが、どなたかきり番を踏まれた方は是非報告してみて下さい。
何が起こるのか楽しみです。
あ、現代への戻り方も分かりやすかったので、並行世界を永遠に彷徨う事はないと思います^^;

レビューから少し脱線してしまいました^^;

物語の展開としては…まぁ、こんな感じになりますよね。
凡そ自分が正解だと思える答えに辿り着くまで何度でも同じ時間を繰り返す…
タイムリープ系作品の常套手段だと思います。

「シュタインズ・ゲート」のオカリン然り、「魔法少女まどか☆マギカ」ほむほむ然り…
自分では何一つコントロールできませんが、「リゼロ」ナツキスバルの「死に戻り」も同じ類と言えるでしょう。
この作品における時間の繰り返しも、辛い出来事が背景にありましたが、辛さの度合いと執念は前の3作ほどでは無かったかな…

ですが、自らの意志で並行世界に向かおうとする気概と、異世界での有馬たくやの言動は嫌いじゃありませんでした。
出来ることなら最果ての地で、セーレスとユーノと3人で静かに…仲睦まじく暮らすことができたらどれほど良かったことか…
でもそれじゃ、現世編で交わした約束を反故にしてしまう…

たくやが異世界にやってきたのも、セーレスと出会ったのも…そしてユーノが生まれたことすら全てが必然だったんだと思います。
人の命ってもっと神秘的なモノだと思っていたのに、それをも予測に組み込まれていたなんて…

現世と異世界…二つの世界で存在したたくやは、最後に何を選択するのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、亜咲花さんの「この世の果てで恋を唄う少女」と、鈴木このみさんの「MOTHER」
エンディングテーマは、鈴木このみさんの「真理の鏡、剣乃ように」と、亜咲花さんの「神の数式」
全ての楽曲の作詞・作曲は志倉千代丸さんが担当しています。
志倉さんの作る楽曲は個人的に大好きなのですが、今回の4曲も抜群だったと思います。

2クール全26話の物語でした。
2クールの作品で尺は丁度良かったのでは無いでしょうか。
個人的にはセーレスにもっと幸せになって欲しかったですけれど…
でもセーレスの分までユーノが背負っていくのかな。
しっかり堪能させて頂きました。

投稿 : 2019/10/06
閲覧 : 168
サンキュー:

9

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
この世の果てで恋を唄う少女YU-NOのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Ka-ZZ(★)が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ