「GTO[ジーティーオー](TVアニメ動画)」

総合得点
72.3
感想・評価
405
棚に入れた
2715
ランキング
926
★★★★☆ 3.8 (405)
物語
4.0
作画
3.5
声優
3.6
音楽
3.9
キャラ
4.0
ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヤンキー母校に帰る

少年マガジンが誇る事実上「最後のヤンキー漫画」である。これ以降のマガジンは少年ジャンプや少年サンデーのようなオタク路線を取り入れて、今日のファンタジー漫画を作り、雑誌からwebへ移り、アイドルのグラビア等を載せることをしなくなる。

この「GTO」の主人公教師「鬼塚永吉」は、著者の前作「湘南純愛組」の続編であり、スピンオフ企画でありながら「湘南」よりも売れてしまった。

当時の社会問題を大いに取り入れ、陰湿ないじめ問題、オタクひきこもり問題、インターネット社会に援助交際と。。。まさに90年代のサブカルを総まとめする作品である。

つまりは「湘南純愛組」で80年代を、「GTO」で90年代の時代の空気を理解することができる。

絵に関しては、北条司や池上遼一などの劇画の路線を貫く泥臭さが残りながら、「スラムダンク」における80年代少女漫画の絵柄も取り入れ、時には「エヴァンゲリオン」のようなオタク路線をとり入れたりするので、まさに「サブカル」の宝庫である。

僕は「スラムダンク」と「GTO」の時代に青春を送ったので、当時まだ微かに「ヤンキー」が都会にも田舎にも存在した時代を生きていた。。

令和になり、すっかりヤンキーは姿を消してしまったが、「若者」にいなくなっただけで、40代以上のおっさんには未だこの感覚で生きている人も多い。

投稿 : 2021/01/31
閲覧 : 53
サンキュー:

2

GTO[ジーティーオー]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
GTO[ジーティーオー]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

たわし(冨岡)が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ