「サマーゴースト(アニメ映画)」

総合得点
72.5
感想・評価
57
棚に入れた
220
ランキング
1098
★★★★☆ 3.8 (57)
物語
3.9
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

ガタリリス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

死者に憧れる生者

個人的には割と好きな作品でした。

幽霊に出会ったひと夏の思い出が本作の舞台。
ノスタルジックで切ない雰囲気が印象に残ってます。

この作品を見て感じたのは、死者の方が活き活きしているなという事w
特に幽霊である彩音さんの楽しそうな表情と、生者である三人の死んだ魚のような表情の対比が面白かったですね。

生きるというのは結構大変な事なので、死に憧れを抱く気持ちも痛いほど分かりますね。
大半の人は一度くらいは希死念慮に取り憑かれた事があると思います。
本作のテーマはズバリ「死」であり、それを通して生の意味を考えるということなのかなと思います。

私が本作を見て感じた一番の事は「死後の世界楽しそう♪」という事ですね。
スピリチュアルでは死後の世界の事はかなり詳細に語られているのですが、それは「死後の世界は思った事がすぐに具現化する世界」なんだそうです。
「思考は現実化する」という話がありますが、それがダイレクトな形で実現する世界が死後の世界なんだそうです。
ただし、現実世界に干渉するにはある程度の制限が掛けられるらしいので、何らかの形で”執着心”を残してしまうと地縛霊みたいな感じになっちゃうらしいです。
現実世界では、思考が現実化するまでにタイムラグがあるからですね。

これを信じるか?信じないか?は各々の判断にお任せますが、本作の死後の世界はこういった世界観に近い印象を持ちましたね。

全体的な雰囲気は良かったのですが、キャラデザが雑なのが珠に傷ですねw
背景なんかは綺麗なのに、キャラデザだけ何でこんな古臭いのか謎です。

ラスト、彩音さんの{netabare} 死体 {/netabare}が見つかって、無事成仏できたみたいで良かったです。
そして、涼くんが{netabare} 亡くなって幽霊{/netabare}になる。
幽霊になった人はみんな幸せそうな笑顔が印象に残ってます。

現世というのは仮の住処であり、本当の世界・帰るべき居場所というのは実は死後の世界の方なんじゃないかなと、しみじみ考えさせられた作品でしたね。

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

投稿 : 2023/09/06
閲覧 : 140
サンキュー:

9

サマーゴーストのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
サマーゴーストのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ガタリリスが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ